Architecture
News

ケンプラッツ

ワークプレイスが創る会社の未来(日経不動産マーケット情報の本)

オフィスは今、「企業価値を創造するワークプレイス」の時代へ。変革を支えるプロ集団が考え方、取り組み方を詳細に解説。「アフターコロナ」も勝ち抜くワークプレイス改革の本質を...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2020(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2019年に完成または2020年以降に完成予定の都内118の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産の価格がわかる本 改訂版(日経不動産マーケット情報の本)

不動産で収益向上をめざす実務者必読!! オフィスビル、商業施設、ホテルなどのアセットごとに、価格の評価に関する知識を習得できます。

決定版!グリーンインフラ(日経コンストラクションの本)

新ビジネスで市場拡大へ。第一線の識者50人以上が国内外の最新事例を解説します!

土はなぜ崩れるのかセット(日経コンストラクションの本)

Q&A形式で学ぶ「土はなぜ崩れるのか」をセットにしました!

これからできる大規模オフィスビル調査データ2019(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2018年に完成または2019年以降に完成予定の都内126の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産テック 巨大産業の破壊者たち(日経不動産マーケット情報の本)

不動産会社化するグーグル、アマゾン、ソフトバンク―。巨大IT企業の目には何が映っているのか?

エコハウス時代の換気トラブルを徹底取材(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 今後増すと見込まれる換気設備の重要性とリスクを踏まえ、日経ホームビルダー7月号の特集では、近年発生したトラブルの事例を徹底取材。その内容を7つに分類しました。

冷凍よりも「調理して高く売れ」、転換期の保存(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

5月24日号の特集「稼げる保存」は、文化財の「活用」を訴え続けているデービッド・アトキンソン氏のインタビューから始まります。同氏は、日本のこれまでの建築保存を「冷凍保存」と...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2018(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

都内128の大規模ビルプロジェクトの詳細データを収録!<日経不動産マーケット情報(編)/ 本体24,000円+税、読者特価:本体10,000円+税 / 発行日:2018年5月31日>

平均年収は680万円に回復するも…5年ぶり労働実態調査どう読む?(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 2018年5月10日号の特集は「労働実態調査2018 脱・長時間労働」です。一級建築士365人のアンケート回答を得て、年収や労働時間、やりがいなどを分析しました。同様の調査を10年前の2008年...

現場ロボット普及前夜、建設会社が手を結べば…(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 古くは「桃太郎」、ベテラン世代は「七人の侍」、現役世代は「ドラゴンボール」……。こういうタイプのストーリー展開を「戦士集結型物語」と名付けるとすると、今号の特集「真の...

家ブログを侮ってはいけない(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 住宅を建設する際に、インターネット上のブログへ工事や打ち合わせの内容を細かく記録する“家ブロガー”が増えています。手間をいとわずにそうした取り組みに注力する建て主は、...

創刊42年、「座して待つ」からの脱却(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 新築需要だけではこの先食っていけない──。今や建築実務者の多くが感じている危機感でしょう。しかし、それ以外に一体どうやって稼げばいいのか──。そのヒントを探るのが4月12...

注目の話題は「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月26日~4月1日のアクセスランキング1位は、2017年が「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」、2016年が「引き戸が人気、省エネ先進国ドイツの窓の最新トレンド」、2015年が「パッシブデ...

注目の話題は「ユニクロの新オフィス公開」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月19日~3月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「ユニクロの新オフィス公開、物流倉庫の最上階」、2016年が「24時間換気があるのに換気不足」、2015年が「『さすが免震と思ったの...

注目の話題は「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月12日~3月18日のアクセスランキング1位は、2017年が「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」、2016年が「ぎふメディアコスモスの屋根に水たまり」、2015年が「またか、東洋ゴム工業が免震材...

中高層建築は木材をこう使う(木材活用 最前線)

東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの2...

激甚化する水害(日経コンストラクションの本)

激甚化する水害や土砂災害について、豊富な写真と資料を交えてメカニズムや社会に与える影響を解説。<気候変動による水害研究会(著)/ 価格:本体2,000円+税 / 発行日:2018年3月27日>

注目の話題は「『働き方改革』を先導する本社移転」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 2月26日~3月4日のアクセスランキング1位は、2017年が「『働き方改革』を先導する本社移転」、2016年が「地震被害で有罪判決、構造設計者の反論」、2015年が「谷口吉郎がホテルオークラ...

ArchDaily

Public Space at Dutch Holocaust Memorial of Names / Rijnboutt + Studio Libeskind

The development plan for the public space around the Dutch Holocaust Memorial of Names, designed by Daniel Libeskind, was created by Rijnboutt. The plan aims to carefully integrate the monument into its surroundings and use sustainable, high- quality materials that do justice to the monument.

House F / Tom Munz Architekt

Starting point. The building site is in Romanshorn, a town on the shores of Lake Constance with an important railway branch junction. The main body of the settlement is a densely built-up area, with three main arms. The railway station is at the centre. Further inland, workers' housing districts were built according to plans. The historic castle and church district lies in a slightly elevated position on the banks of the lake and shapes the city's skyline.

Sports Complex in Sant Francesc Xavier / MCEA (Manuel Costoya Estudio de Arquitectura)

The intervention carried out is located on a plot included within the delimitation of the site of cultural interest of the historical complex of Sant Francesc Xavier and in the surroundings of the Sa Tanca Vella chapel, the oldest on the island and declared an asset of cultural interest in the monument category in 1993. Although the intervention carried out is limited to the implementation of different sports uses, the initially developed arrangement covered a larger area, with the introduction of cultural uses such as the open-air auditorium, the arrangement of the surroundings near the Sa Tanca Vella chapel, and the reorganization of the existing urban gardens on the plot.

MOTTAGI 99 Building / AGIT STUDIO

Located in a residential area in downtown Seoul with physical regulations that create fundamental environmental constraints, project ‘MOTTAGI 99’ (The word ‘mottagi’ means cutting off a corner: chamfering) blurs the many rigid boundaries of the surrounding area. It leaves a new gap in the standardized urban landscape. This project started with a question about the typology of urban housing, which has become the result of a combination of urban regulation and individual profit desires against it. ‘MOTTAGI 99’ is a five-story multi-family housing for five families and with retail on the first floor.

Shimotsuma Junior High School / MIKAMI Architects

Conventional words like “heart of the region” suit this school well. As a school at the heart of the Shimotsuma municipal area, it is also the alma mater of many people who make up the core of locals in the city. Shimotsuma City is also characterized by the nearby Lake Sanuma and beyond that, the two peaks of Shihō Tsukuba (Mount Tsukuba) can be seen.

House in Sakai / FujiwaraMuro Architects

The site for this project is located near a major intersection where passing trucks and other traffic create major noise and shaking. The clients, a married couple with two children, nevertheless wanted to build a home in this location, in part because they had inherited the lot from relatives.

Mandarin Oriental Hotel and Residences / John McAslan + Partners

The Mandarin Oriental Hotel and Residences in Doha, designed by John McAslan + Partners, with interior design by David Collins Studio and Jouin Manku is the first hotel to open in Msheireb Downtown Doha. The hotel addresses Al Baraha Square - the largest covered open-air square in the Middle East and accommodates 123 guest rooms, 35 suites, and 91 apartment residences.

MOO House / Agustín Aguirre + FRAM arquitectos

MOO House is located in Buenos Aires, Argentina. The house preserves the historical feature of an object left in time, almost nostalgic. Its pure, clean and timeless form emerges above a new limit, constituted by the gate that separates the house from the street. This limit seeks the dialogue between the historical and the current, light and the heavy, real and the conceptual, white and brown, the interior and the exterior.

Urban Redevelopment of Marechal Deodoro Square / Sotero Arquitetos

Marshall Deodoro Square, formerly known as Dourado Wharf, is a public space located in the port area of Salvador that has been listed as a heritage site by IPHAN. Sotero Arquitetos took on the location’s renovation design seeking to preserve its original landscape composition while modernizing the outline of the public equipment.

Plumstead Centre / HawkinsBrown

HawkinsBrown has transformed an under-used library building on Plumstead High Street into a combined centre that provides public cultural, leisure and sports facilities on behalf of the Royal Borough of Greenwich. New amenities include separate children’s and adults’ libraries, a café, flexible collaboration space, a gym and badminton court, and two large studios for performing arts, yoga, or exhibitions.

Loft E&L / ALT Architectuur

The new volume creates a spatial tension with the old steel structure, the sloping roof planes, and the rough materiality. The architectural intervention itself can be read as one large piece of furniture that organises the entire programme. This creates a sculptural volume that you walk in and out of, cook in, put things in and take things out of, look through in both directions,... The piece of furniture faces the panorama of the harbour.

Construction Begins on OMA/ Iyad Alsaka’s Prestige Liberty Towers, a Mixed-Used Complex in Mumbai, India

Led by Iyad Alsaka, Adrianne Fisher, and Wael Sleiman, OMA’s latest project, the Prestige Liberty Towers, breaks ground in Mumbai, India. Expected to be completed in 2025, the mixed-used complex is the firm’s first venture in India, located in the historic textile mills at the heart of the city.

Concrete Can Be A (More) Sustainable Material

"If the cement industry were a country, it would be the third-largest emitter of carbon dioxide in the world, with about 2.8 billion tons, surpassed only by China and the United States." This statement in Lucy Rodgers' BBC report on the ecological footprint of concrete stands out as quite shocking. With more than 4 billion tonnes produced each year, cement accounts for around 8 percent of global CO2 emissions and is a key element in the production of concrete, the most manufactured product in the world. To give you an idea, about half a ton of concrete is produced per person in the world every year, enough to build 11,000 Empire State buildings. With these huge numbers, is there any way to reduce this impact?

Spring Huts in Tangshan / MONOARCHI

MONOARCHI has completed four hot spring huts in the southeast corner of Tangshan Mountain in Nanjing. The 5,000sqm site is on a hill and has one side of stacked rocks, standing out as a solitary island from the woods. According to the geomorphic features of the site, the architect chose the four most distinctive locations to place the four huts, from hiding in the deep woods, to gradually transitioning into the stone-piled land.

SOM Explores Future Timber Construction Methods at the 2021 Chicago Biennial

Skidmore, Owings & Merrill (SOM) has collaborated with University of Michigan Taubman College to create the SPLAM [SPatial LAMinated timber], a robotically-fabricated timber pavilion for the 2021 Chicago Architecture Biennial. The pavilion employs prefabricated framing panels manufactured using robotic technology, and will serve as an open-air education facility and gathering space for a school in Chicago. The pavilion was inaugurated on September 17, with the opening of the Chicago Biennial, and will remain on display until December 18th.

Redhill Barn / TYPE

Architectural practice TYPE has reclaimed a dilapidated stone barn in Devon, giving it renewed purpose as a sustainable, contemporary rural family home.

SUMMIT One Vanderbilt is New York’s Newest Glass Observation Deck

SUMMIT One Vanderbilt is New York’s latest observation viewpoint, soon opening to the public on top of the KPF-designed tower. Featuring an observation deck, skyboxes, an all-glass elevator, complemented by a walk-through art installation, the entertainment space designed by Snøhetta provides visitors with a multisensory experience.

A Reflection on Prostitution and Spatial Segregation in the Cities

Sex Day is an unofficial holiday created by marketers celebrated on September 6th in Brazil, highlighting one of the greatest taboos in modern society: sexuality. From an architectural and urban point of view, the immorality associated with sexual activities, especially in exchange for payment, deeply impacts our society and also affects the territory.

Getting Technical: An Introduction to Color Temperature and Technical Lighting

Commercial spaces must be enticing enough to pull people in, and comforting enough to keep them there. It’s this balance that makes the utilization of technical lighting so important to master.

Roche Multifunctional Workspace Building / Christ & Gantenbein

Roche’s campus in Grenzach-Wyhlen was established more than a century ago as its first manufacturing base near the Swiss border. It now houses around 1450 employees working for Roche Pharma AG (Germany). The campus’ architectural heritage reveals how collaboration has evolved: from a functional industrial space dominated by the manufacture to a human-centered environment fostering interaction and teamwork within a rational and industrial framework.

Dezeen

West Stow Lodge by Project Orange features a traditional exterior and a pared-back interior

Oak joinery, white-painted bricks, and concrete flooring were used to make the interior of this new house in Suffolk, England, more contemporary than its traditional pitched-roof exterior (+ slideshow). (more…)

Interactive online documentary Refugee Republic awarded twice at Dutch Design Awards 2015

Dutch Design Week 2015: agency Submarine Channel won two prizes at this year's Dutch Design Awards with its web narrative that presents life and experiences in a refugee camp. (more…)

Lukstudio suspends metal wires to look like drying noodles at Chinese restaurant

Shanghai-based Lukstudio has reinterpreted a traditional Chinese food drying rack with a metal grid structure and hanging wires for a noodle bar in Changsha (+ slideshow). (more…)

Ben Jones’ Dot Net video uses animation to recreate Battles’ “technicolour sounds”

Music: director Ben Jones has collaborated with experimental rock band Battles on a riotous animation-heavy film that questions society's addiction to "screen time". (more…)

FCC Arquitectura and Paulo Lobo transform old Portuguese wine estate into a tourist attraction

A wine estate near the city of Lixa, Portugal, has been converted into a hotel for wine tourism, featuring rustic stone structures and contemporary buildings clad in pre-weathered steel or timber slats (+ slideshow). (more…)

Lose track of time on Dezeen’s new clocks Pinterest board

We've created a clocks Pinterest board full of unique time-keeping devices to remind UK readers to turn their clocks and watches back an hour as British Summertime officially ends tonight. Follow Dezeen on Pinterest | See more clock-related design on ...

This week, Sagrada Família reached a milestone and Nike launched Back to the Future shoes

This week on Dezeen: Antoni Gaudi's Sagrada Família basilica entered the final stage of construction this week 90 years after the architect's death, while Nike celebrated Back to the Future day with the release of its eagerly anticipated self-lacing shoes. (more…)

Daniele Cristiano’s Calibro sideboard references an old ammunition box

Italian designer Daniele Cristiano has created a multipurpose storage unit that is shaped to look like a vintage ammunition chest. (more…)

MOS Architects creates modular house made entirely from corridors

Chicago Architecture Biennial 2015: New York-based studio MOS Architects has created an installation that explores the possibility of building homes using only corridor and hallway-like spaces (+ slideshow). (more…)

Floris Schoonderbeek’s Groundfridge chills food without electricity

Dutch Design Week 2015: this globe-shaped fridge by Dutch designer Floris Schoonderbeek is intended to be buried underground, keeping food cool without using electricity. (more…)

US job of the week: designer at Atelier de Troupe

Our US job of the week on Dezeen Jobs is for a designer at Los Angeles studio Atelier de Troupe, which designed 18 new suites for the boutique hotel L'Hôtel du Ministère (pictured). Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Snøhetta’s new building for SFMOMA nears completion

San Francisco Museum of Modern Art has released the first images of Snøhetta's near-complete extension building showing its striated facade and atrium. (more…)

Staab Architekten chosen to extend Berlin’s Bauhaus-Archiv with “almost frail” design

Berlin architect Volker Staab has won a competition to extend the Bauhaus archive and museum in the German capital, designed by founder Walter Gropius in the 1960s. (more…)

“Robotic construction and 3D printing are the future” says Wolf D Prix

Combining robotic fabrication with 3D printing offers "amazing" opportunities for architecture and could help solve the global refugee crisis, according to Coop Himmelb(l)au founder Wolf D Prix (+ interview). (more…)

The Dezeen Jobs guide to getting your first job in the design industry

How can young designers break into the industry? In the first of a new series of careers-advice columns from Dezeen's recruitment platform Dezeen Jobs, Rob Bye offers some tips. (more…)

Bird heads and leaping golfers adorn Jason Page’s alternative golfing suits

Dutch Design Week 2015: golf outfits have received a graphic makeover from Design Academy Eindhoven graduate Jason Page, whose collection of alternative attire is designed to make the sport more accessible. (mor...

Rick Owens opens first Los Angeles store in 1920s ribbon factory

Fashion designer Rick Owens has opened his first store in Los Angeles on North La Brea avenue – installing architectural elements influenced by a legendary filmmaker within a former industrial space (+ slideshow). (more…)

Assemble’s Granby Workshop social enterprise in Liverpool will sell locally produced homeware

Turner Prize-nominated architecture collective Assemble has launched a Liverpool-based workshop selling homeware made in collaboration with local artists and craftspeople (+ slideshow). (more…)

Job of the week: project architects at DSDHA

Our job of the week on Dezeen Jobs is for architects at DSDHA, whose projects include a house designed to camouflage with its surroundings. Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Gaudi’s Sagrada Família enters final stage of construction

The Sagrada Família basilica has entered its final stage of construction, over 100 years since its foundation stone was laid and 90 years after its designer Spanish architect Antoni Gaudi died. (more…)

Plataforma Arquitectura

Casa de ladrillo en Southwark / Satish Jassal Architects

Situada sobre un muro de ladrillo existente e incorporando una variedad de estilos y patrones de este material, incluyendo un muro estructural único conectado verticalmente, Casa de ladrillo en Southwark en Bermondsey, Londres, es un escaparate de este material de construcción tan versátil. La nueva construcción, con tres dormitorios, diseñada y dirigida por Satish Jassal Architects, consta de dos plantas y un sótano repartidos en dos alas, construidas en ladrillo, a las que se accede por una escalera central.

Zuccardi Valle de Uco en Argentina, el mejor viñedo del mundo este 2021

Zuccardi Valle de Uco en Mendoza, Argentina, ha sido seleccionada por tercera vez como el mejor viñedo del mundo y el mejor viñedo de América del Sur en el ranking World's Best Vineyards. Por este motivo, nos parece merecido destacar la obra de la bodega llevada adelante por los arquitectos Tom Hughes, Fernando Raganato y Eugenia Mora. De la mano de las siguientes fotografías tomadas por el estudio García+Betancourt, conoce el proyecto a continuación.

Grupo Centro Tierra: “Con el uso de simples estrategias bioclimáticas, se puede alcanzar una vivienda rural digna, confortable y segura contra sismos”

Centro Tierra es un grupo de investigación multidisciplinario de la Pontificia Universidad Católica del Perú que se dedica a la investigación, implementación y difusión de conocimientos relacionados con la arquitectura de tierra y el uso de materiales locales. En base a la investigación centrada en la tierra como principal material de construcción, el equipo se acerca a las culturas locales de Perú y el altiplano a través de la diversidad constructiva que les es propia. Al interior de este se diseñan propuestas de construcción sostenible enfocadas en el hábitat rural y el patrimonio cultural edificado, haciendo énfasis en su conservación, optimización y puesta en valor. A su vez, los resultados obtenidos de las investigaciones realizadas en torno al diseño bioclimático y sismorresistente, son puestos en práctica por medio de una serie de procesos participativos que entrelazan mediante el intercambio de conocimientos, el legado constructivo local con la innovación tecnológica gestada desde la academia.

Inequidad ambiental: Los diferentes niveles de riesgos climáticos de una transición verde desigual

Desde el acuerdo de París de 2015, la mitigación del cambio climático se ha establecido como un objetivo común que abarca todo el mundo; sin embargo, tanto los impactos de la crisis climática como las acciones que se están tomando actualmente varían ampliamente en todo el mundo. Por el momento, las ciudades más destacadas están superando a los gobiernos a la hora de abordar la crisis climática y promover una transición verde, pero sus acciones se ven contrarrestadas por la inacción y un aumento de las emisiones de carbono en otros lugares. Además, las vulnerabilidades y la capacidad de adaptación a diferentes niveles de alteraciones climáticas varían de un país a otro. Al discutir las desigualdades ambientales a través de la lente de los riesgos climáticos y las acciones de mitigación, a continuación se destaca la necesidad de un esfuerzo global coordinado y transdisciplinario para abordar la crisis climática.

Ben-Avid y messina | rivas diseñan el próximo Museo Marítimo de Brasil

Organizado por el Departamento de Cultura de Abrigo do Marinheiro (DCAMN), en asociación con la Armada de Brasil y el Departamento de Río de Janeiro del Instituto Brasileño de Arquitectos (IAB / RJ), el concurso nacional para el Museo Marítimo de Brasil tuvo como ganador al equipo compuesto por las oficinas de Messina | rivas (São Paulo, Brasil) y Ben-Avid (Córdoba, Argentina). El grupo binacional presentó un proyecto que busca "recuperar la cercanía al agua y lo que puede representar como un espacio común entre las diferencias". Conoce la propuesta a continuación.

Design District de Londres abre sus puertas al público: Un nuevo hogar para las industrias creativas

El nuevo Centro Creativo construido en el corazón de la península de Greenwich, el Design District de Londres, ha abierto sus puertas al público y se ha propuesto convertirse en un destino destacado para la comunidad creativa de la ciudad. El proyecto consta de 16 edificios diseñados por un colectivo de ocho estudios de arquitectura de renombre y cuyo paisajismo corre a cargo de Schulze+Grassov. La propuesta pretende reunir a empresas emergentes, artistas y emprendedores de numerosos sectores, generando un nuevo y vibrante barrio.

Casas Boulevard / Paralelo Colectivo

El proyecto consistió en el desarrollo de un conjunto de cuatro viviendas agrupadas en un solar ubicado en el borde del casco histórico de la ciudad de La Plata. El terreno pequeño de medidas 8 metros de frente por 17 de fondo, requería un planteo muy sintético y ordenado para poder cumplir con el requerimiento de superficie por parte del comitente sin perder una buena espacialidad y continuidad fluida del espacio, así como la iluminación natural para el conjunto en general.

Pasarela de comunicación en el colegio San Agustín / PALENZVELA. Taller de Arquitectura

El objeto de la presente ampliación consiste en la incorporación de una pasarela y escalera que unifica los dos volúmenes que componen el colegio San Agustín, situado a menos de 2 km del Parque Natural de Puntas Entinas-Sabinar en el plastificado paisaje del poniente almeriense.

Centro de Atención Primaria – UBS – Parque do Riacho / Saboia+Ruiz Arquitetos

"Para mí los patios son como espacios exteriores domesticados: en ellos se está en contacto con la naturaleza, se escucha el canto de los pájaros, se huele el campo después de las lluvias y se puede mirar de noche a las estrellas. Pero también son lugares que están protegidos de las corrientes de aire, aislados de ruidos. En sus corredores puedes estar mientras llueve" (HAGERMAN, Oscar. Oscar Hagerman. Monterrey: Biblioteca de Diseño Quórum, 2006)

Estudio Hunt / Hunt Architecture

Con dos niños pequeños en casa, quedó claro que nuestro modesto bungalow de 1940 era demasiado pequeño para nuestra creciente familia y nuestro estudio de arquitectura. Necesitábamos más espacio y teníamos mucho en nuestro patio trasero. Decidimos construir una unidad de apoyo en nuestra propiedad para albergar nuestra oficina de arquitectura y una suite de invitados. En aquel momento, nunca imaginamos lo valioso que sería este tipo de espacio de trabajo durante una pandemia mundial.

¿Tiene solución la desigualdad en las ciudades de Latinoamérica?

A diferencia del concepto de igualdad, la equidad nos enseña que todos necesitan atención, pero no necesariamente la misma ayuda. Por tanto, a través de un concepto de equidad urbana, es posible mantener las singularidades de cada comarca de un municipio, preservando su diversidad y riqueza, pero sin olvidar las necesidades de infraestructura que implican directamente desde la calidad del espacio público hasta los servicios básicos que un residencia privada recibe, diseñando la ciudad de manera bastante independiente de la región que recibe la inversión.

¿Hacia una globalización de los paisajes del agua?

Citymakers está trabajando con Archdaily para publicar una serie de artículos, conversaciones y entrevistas con diferentes actores de la coproducción de ciudad, que están detrás del Citymakers Barcelona Lab 2021, programa que regresará a Barcelona entre el 8 y 12 de Noviembre de 2021.

Foto-reportaje: El Atelier Baumann de Coop Himmelb(l)au en la revista francesa L’Architecture d’aujourd’hui de 1986

"Domingos Libro" es presentado por Carmelo de Enorme Studio, donde cada 15 días, entra en profundidad sobre publicaciones de arquitectura olvidadas, libros y revistas de arquitectura de los 60, 70 y 80's, que tienen las más interesantes historias por detrás.

Espacios de encuentro: cuando la gastronomía se conjuga con el diseño de iluminación

Como parte de un proyecto colaborativo creado por mujeres creativas, surge "Ostras & Burbujas" un evento que tuvo lugar el pasado 28 de agosto en Cucina, Ciudad de México. Dicho evento se formuló a partir de la idea de crear un espacio inmersivo que partiera desde la idea de jugar con la percepción visual –en donde se jugó con el diseño y control de iluminación a cargo de Paola Jose, fundadora de SOMBRA con la tecnología de Lutron & Ketra–, alterando la atmósfera por medio de la luz y sumándole una experiencia culinaria encabezada por la chef mexicana Montserrat Garza quien conjugó el gusto, el olfato y el tacto mediante una cena compuesta de diversos tiempos y maridada por Cava Negra.

Ampliación de vivienda David Peña / Christian Silva arquitecto

Encontrar la forma de ampliar una vivienda y taller de cerámica era el objetivo de este encargo. Se reorganizó el programa proyectando una escalera y un volumen de treinta metros cuadrados en una terraza de la vivienda existente.

15 casas con sus propios hornos a leña para pizza

La socialización humana tiene una fuerte conexión con la comida. Ya sea sentados alrededor de una mesa o al momento de preparar un plato de comida, la interacción que surge de la acción de cocinar se vuelve aún más placentera cuando el espacio favorece el bienestar. Además, la manera en que se preparan las recetas marca la diferencia, sea en un fogón a leña o en una parrilla, cada una aporta su propio condimento a esta actividad.

Bodega el bajo / Valdivieso Arquitectos

Un programa muy simple dio lugar a esta obra: una bodega para herramientas y maquinaria agrícola, con un taller de trabajo en su interior. El objetivo era construir un pequeño galpón que a la manera de las antiguas llaverías de los Fundos, conformara el centro de operaciones de una unidad agrícola menor, donde se pudieran guardar herramientas, maquinarias y cosechas, albergando al mismo tiempo distinta tareas agrícolas, como la selección de frutos, reparación de herramientas, etc.

Complejo residencial Saint-Michel Nord / Saia Barbarese Toupouzanov Architectes

Durante los últimos tres años, el estudio de arquitectura Saia Barbarese Topouzanov ha revitalizado el complejo residencial Saint-Michel Nord, un complejo de viviendas sociales de 185 unidades en el barrio de Saint-Michel de Montreal, diseñado por el arquitecto de Montreal Philip Bobrow a principios de la década de 1970, cuando el brutalismo estaba de moda. Ahora, el complejo cuenta con mucha luz y color, y se ha convertido en una parte alegre del paisaje, un entorno digno y respetuoso para todos los residentes.

Tras un estudio del conjunto habitacional -cuyos componentes habían llegado al final de su vida útil- la propuesta que finalmente se adoptó supuso una remodelación de todo el conjunto, incluyendo la creación de una calle en el centro de la manzana y la incorporación de una tercer piso a los edificios de dos pisos existentes. El resumen del proyecto incluía la reutilización de la estructura de madera de los edificios y el requisito de mantener el mismo número de unidades que antes.

BIG comienza la construcción del proyecto de regeneración urbana CityWave en Milán

El trabajo de Bjarke Ingels Group para el barrio CityLife de Milán ha sido oficialmente iniciado. El edificio de oficinas de última generación marca la finalización del área de CityLife en la ciudad italiana, un proyecto de regeneración urbana para proporcionar un entorno habitable caracterizado por la sostenibilidad, la mejora de la calidad de vida y los servicios all-inclusive. La estructura pretende “ser un nuevo paradigma para las oficinas del futuro, fruto de una nueva idea del lugar de trabajo basada en soluciones innovadoras que ponen la calidad de vida en el centro y redefinen el concepto de sostenibilidad”.

Usos deportivos en Sant Francesc Xavier / MCEA | Arquitectura

La intervención realizada se sitúa en una parcela incluida dentro de la delimitación de bien de interés culturual del conjunto histórico de Sant Francesc Xavier y en el entorno de la capilla Sa Tanca Vella, la más antigua de la isla y declarada Bien de Interés Cultural (BIC) en la categoría de monumento en el año 1993. Si bien la intervención ejecutada se limita a la implantación de distintos usos deportivos, la ordenación inicialmente desarrollada abarcó un ámbito mayor, con la introducción de usos de carácter cultural como el de auditorio al aire libre, la ordenación del entorno próximo de la capilla Sa Tanca Vella y la reordenación de los huertos urbanos ya existentes en la parcela.

designboom

jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian

moved by the music of the traditional chinese string instrument ruan-xian, jeff dayu shi has formed a set of bamboo presented at beijing design week 2015. The post jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian appeared first ...

neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch

when touched, the packages will timidly glow right where the contact was generated, thanks to a thermochromic paint coating that makes it sensitive to heat. The post neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch appe...

gwwo constructs dupont environmental education center

a four-story timber structure located on a protected marshland unites the natural and urban worlds, providing an educative program for the community. The post gwwo constructs dupont environmental education center appeared first on designboom | archite...

custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched


the ‘big bad wolf’ track monster was created with no cutting or welding to XJR1300 frame and everything except the tank, handlebar, and rear light was custom made.

The post custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched appeared first on designboom | architecture & design magazine.

magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms

esparto grass rugs, woven by the women of murcia, traditionally assume circular or rectangular forms, magma and dhiama modify this tradition for a new look. The post magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms appeared first on desig...

schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop

created for the design workshop of studio renova ring, a steel and timber combined table and stool set has been developed. The post schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop appeared first on designboom | architecture...

ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink


the company’s advanced thermal technology cools and heats food and beverages while maintaining precise temperatures for hours.

The post ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink appeared first on designboom | architecture & design magazine.

MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam

the furniture showroom uses internal courtyards, skylights, with an emphasis on eco-friendly techniques to give visitors a comfortable experience. The post MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam appeared fi...

anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport


located in a grove of trees, the three-sided, partially-covered structure provides protected parking for a single car, with two additional uncovered spots for guests.

The post anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport appeared first on designboom | architecture & design magazine.

frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum


the display focuses on the bold ideas that are the driving force behind gehry’s creativity, tying together their background and process with his unwavering conviction.

The post frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum appeared first on designboom | architecture & design magazine.

galway hotel paris concept by architect taras kashko

located in the city's historic district, the conceptual lodge features 25 guest and grand guest rooms, with a lounge/bar, and shops at the ground floor level. The post galway hotel paris concept by architect taras kashko appeared first on designboom |...

philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience


shadow, light and and sound intercept and surround architectural elements, immersing visitors in an environment where spacial dimensions seem to participate in an orchestrated score.

The post philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience appeared first on designboom | architecture & design magazine.

d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam


the design aimed to turn the space into one that could look and feel nicer than at home while the challenge was found when illuminating the dark space that only had a few big windows in the front façade.

The post d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam appeared first on designboom | architecture & design magazine.

stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano


this updated version has a shallower depth than its predecessor, responding to the fact that television screens today are much thinner compared to those of the past.

The post stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano appeared first on designboom | architecture & design magazine.

model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you


the new ‘no.3’ twin tube single arc cantilever frame features elegant double curved down tubes that increases lateral stiffness for speed while absorbing road shock for comfort.

The post model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you appeared first on designboom | architecture & design magazine.

jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york


just steps from the city's elegant fifth avenue, construction work has finally begun on the much-anticipated skyscraper.

The post jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york appeared first on designboom | architecture & design magazine.

morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square


in zocalo square, the heartland and most significant public space in mexico city, morag myerscough and luke morgan have realized a landmark installation that encourages visitors and passersby to consider their surrounds.

The post morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square appeared first on designboom | architecture & design magazine.

miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut

comprising 1.200sqm, the design of this penthouse was primarily driven by the desire to create airy spaces that would unite comfort with a minimalist feel. The post miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut appeare...

bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality


conceived as aesthetically pleasing sex toys and displayed during dutch design week, the designer hopes the unusual and intricate pair of objects will break the barriers between art and objects of lust.

The post bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality appeared first on designboom | architecture & design magazine.

renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car


the idea of simplicity, visible and aesthetically assumed structure, geometric elegance and light guided the designers in the creation of the ‘coupé c’ concept car.

The post renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car appeared first on designboom | architecture & design magazine.

architecturephoto.net

藤原慎太郎+室喜夫 / 藤原・室 建築設計事務所による、兵庫・西宮市の住宅「夙川の家」。厳しい法規条件の敷地に、スキップフロア形式に合わせて周辺の様々な景色を取り込む開口を持った建築を計画

藤原慎太郎+室喜夫 / 藤原・室 建築設計事務所が設計した、兵庫・西宮市の住宅「夙川の家」です。厳し […]

OMA / イヤド・アルサカの設計で着工した、インド・ムンバイの複合施設「Prestige Liberty Towers」。二つの高層オフィスタワーと基壇部の商業施設で構成され、2025年の完成を予定

OMA / イヤド・アルサカ(Iyad Alsaka)の設計で着工した、インド・ムンバイの複合施設「 […]

【ap job更新】 建築家の須磨一清が主宰する、宿泊機能付きサテライトオフィスの設計から運営までを行う「Island and office株式会社」が、設計スタッフを募集中

建築家の須磨一清が主宰する、宿泊機能付きサテライトオフィスの設計から運営までを行う「Island a […]

【ap job更新】 エリア再生・既存ストック再生に特化した「再生建築研究所」が、中途と、2022年度の新卒・第二新卒の設計スタッフを募集中

エリア再生・既存ストック再生に特化した「再生建築研究所」の、中途と、2022年度の新卒・第二新卒の設 […]

須藤剛建築設計事務所による、埼玉・川口市の、木造3階建ての住宅を改修した「ガイアノーツオフィス」。住宅街という立地を考慮し、1階に滞在時間の長い執務室を配置して、街に働く風景が現れることで“顔の見えるオフィス”となることを意図

須藤剛建築設計事務所が設計した、埼玉・川口市の、木造3階建ての住宅を改修した「ガイアノーツオフィス」 […]

杉下均建築工房による、岐阜・関市の「後藤昭夫藝術館」。約15mの砂利敷の光を抑えた“羨道”のような土間を通り抜け、自然光での作品鑑賞がなされる展示部にいたる空間を構成

杉下均建築工房が設計した、岐阜・関市の「後藤昭夫藝術館」です。約15mの砂利敷の光を抑えた“羨道”の […]

木村日出夫+木村淳子 / STUDIO RAKKORA ARCHITECTSによる、京都市の「原谷の公民館」。地域の多様で自由な活動を包含し、内外の連続性を持つ木質空間が、地域の景観に新たな印象をもたらす

木村日出夫+木村淳子 / STUDIO RAKKORA ARCHITECTSが設計した、京都市の「原 […]

石上純也のチームが「徳島文化芸術ホール(仮称)」設計プロポで、優先交渉権者に選定。技術提案書や公開プレゼンテーションの動画も公開

石上純也のチームが「徳島文化芸術ホール(仮称)」設計プロポーザルで、優先交渉権者に選定されています。 […]

最も注目を集めたトピックス [期間:2021/9/13-9/19]

アーキテクチャーフォトで、先週(期間:2021/9/13-9/19)注目を集めたトピックスをまとめて […]

吉岡徳仁による、クリスチャン・ディオールのためにデザインした椅子「Medallion of Light」。364の透明なプレートを積層した輝きを放つ椅子

吉岡徳仁による、クリスチャン・ディオールのためにデザインした椅子「Medallion of Ligh […]

中山英之が2021年9月に行った講演「,and then」の動画

中山英之が2021年9月11日に行った講演「,and then」の動画です。愛知淑徳大学での中山の展 […]

クリスト&ジャンヌ=クロードによる、パリの凱旋門を包むアート「L’Arc de Triomphe, Wrapped」が公開。亡くなった作家の意思を継ぎ政府機関等の協力もあり実現された作品を、製作段階の様子を含め紹介

クリスト&ジャンヌ=クロードによる、パリの凱旋門を包むアート「L’Arc de Triomphe, […]

ファラが設計した、ポルトガル・ポルトの、工場を転用した集合住宅「reasonable housing」。既存の柱位置を起点とし、“規則”、“例外”、“アンバランスな対称性”によって平面に幾何学的な秩序をつくりだす

ファラが設計した、ポルトガル・ポルトの、工場を転用した集合住宅「reasonable housing […]

SDレビュー2021の入選作品の展覧会レポート(後編)。“実施を前提とした設計中ないしは施工中のもの”という条件の建築コンペで、若手建築家の登竜門としても知られる

SDレビュー2021の入選作品の展覧会レポート(後編)です(前編はこちらからどうぞ)。“実施を前提と […]

SDレビュー2021の入選作品の展覧会レポート(前編)。“実施を前提とした設計中ないしは施工中のもの”という条件の建築コンペで、若手建築家の登竜門としても知られる

SDレビュー2021の入選作品の展覧会レポート(前編)です。“実施を前提とした設計中ないしは施工中の […]

太田健裕 / 太田設計舎と窪田建設による、長野・伊那市の医療施設「このはなクリニック」。木造トラスで構成された光天井は、内部に様相の変化を取り込むことで施設の医療理念を反映すると共に、構法と部材寸法の設計によって施工性も考慮

太田健裕 / 太田設計舎と窪田建設が設計した、長野・伊那市の医療施設「このはなクリニック」です。木造 […]

【ap job更新】 子ども教育施設を主軸に、住宅・店舗など幅広く手掛ける「ユニップデザイン株式会社」が、設計スタッフ(経験者・正社員)を募集中

子ども教育施設を主軸に、住宅・店舗など幅広く手掛ける「ユニップデザイン株式会社」の、設計スタッフ(経 […]

海法圭が空間設計に加え運用にも参画した、秋田での展覧会「200年をたがやす」の会場写真。保存運動が起こった建築を舞台に、地域における新たな公共文化施設の在り方の態度表明を展覧会のかたちを借りて模索する試み

海法圭建築設計事務所が空間設計に加え運用にも参画した、秋田での展覧会「200年をたがやす」の会場写真 […]

今津康夫 / ninkipen!による、大阪・高槻市の二世帯住宅「㐂の家」。施工者自身の住宅であり、構造材は天然乾燥の吉野杉を用い、加工は全て手刻みで行われる

今津康夫 / ninkipen!が設計した、大阪・高槻市の二世帯住宅「㐂の家」です。施工者自身の住宅 […]

2021年のプリツカー賞を受賞した、ラカトン&ヴァッサルの受賞セレモニー動画が公開。彼らの代表作を紹介すると共に、世界各地から審査員の建築家らや、フランス大統領までがコメントを寄せる

2021年のプリツカー賞を受賞した、ラカトン&ヴァッサルの受賞セレモニー動画が2021年9月14日に […]

建築系検索エンジンKenKen!

◎AF=Forum AB研究会  これからを担う若手建築家の活動と実践② 「o h 大西麻貴 百田有希」

大西麻貴+百田有希 O+Hの近年の仕事をめぐって、若手建築家が如何に公共空間にアプローチするかをめぐって考えたい。(香月真大)◇コーディネーター:布野修司+安藤正雄+斉...

周防 貴之氏×卯城 竜太氏トークイベント「スクラップアンドビルド」

10月15日(金)から10月25日(月)に大阪市にて開催される「Under 35 Architects exhibition 2021」(U-35展)関連イベントにて、SUO 周防 貴之氏、Chim↑Pom 卯城 竜太氏によるトークイベント「スクラップ...

ル・コルビュジエ~変貌する建築家

芝浦工業大学オンライン公開講座のお知らせ。本公開講座では、コルビュジエの多様性についても紹介します。思想的な事柄だけではなく、その作品のヴィジュアル面だけ見ても初期と後...

ル・コルビュジエ~変貌する建築家~

芝浦工業大学オンライン公開講座のお知らせ。本公開講座では、コルビュジエの多様性についても紹介します。思想的な事柄だけではなく、その作品のヴィジュアル面だけ見ても初期と後...

埼玉会館建築セミナー

毎年開催している「埼玉会館 前川國男建築セミナー」の第8回目です。今回は埼玉県内の前川建築の魅力と特徴に迫ります。

建築家・坂倉準三と髙島屋の戦後復興-「輝く都市」をめざして―

文化庁国立近現代建築資料館や髙島屋史料館所蔵資料、また新たに制作した模型・CG(京都工芸繊維大学大学院松隈洋研究室制作)等で坂倉の足跡を辿る。入館無料。

<オンライントークイベント>”調光調色”時代の、照明デザイン

40代の若手照明デザイナー4名をお迎えし、今・これから求められている光について考えていきます。 / 2021年9月8日(水) 18:30~20:00 / オンライン / 参加費無料(事前登録制) / 建築CPD情報提...

【参加無料】建築設計事務所のオンライン企業説明会

建築設計事務所によるオンライン企業説明会を開催します。情報が少なく、不安なイメージがある建築設計事務所。実際にはどんな人が働いているのでしょうか?具体的な業務内容や採用...

Change"ByUs" ―思い込みを疑わない「私」へ未来思考を豊かにする建築―

悲惨な社会事象を眼前にしても、「自分は関係ない」「まあ大丈夫」と座視した経験は誰にでもあるに違いない。変化の時代である今、日常的に巻き起こる事柄に臨機応変に応答したい。...

Cange"By Us" ―思い込みを疑わない「私」へ未来志向を豊かにする建築―

悲惨な社会事象を眼前にしても、「自分は関係ない」「まあ大丈夫」と座視した経験は誰にでもあるに違いない。変化の時代である今、日常的に巻き起こる事柄に臨機応変に応答したい。...

建築家 香山壽夫氏 × 劇作家 長塚圭史氏 対談「ひらかれた劇場 」YouTubeライブ配信

建築家対談シリーズ第1弾を開催、建築家・香山壽夫氏と劇作家・長塚圭史氏による特別対談「ひらかれた劇場」を2021年8月23日(月)18:00よりYouTubeにてライブ配信いたします。

大林コレクション展「安藤忠雄 描く」

大林コレクション展「安藤忠雄 描く」では、長さ10mにおよぶドローイングを中心に、初期建築作品のスケッチ、未完のプロジェクトのシルクスクリーンを含む平面作品15点を展示。

伝統木造のレジリエンス[生き延びる力]を考える

伝統木造構法の柔軟性あるいはその限界を見定め、あるいは伝統家屋の日本らしさとはどこにあるのか、またその住環境をどうとらえるか、といった多角的な視野から問題を提起し、その...

はじめての木造建築の防耐火設計/NPO木の建築フォラム講習会

最新の建築基準法・告示など防火法令の概念を知ったうえで、木造建築に関する火災安全設計を学ぶ2日間のオンライン講義です。

「フレーベル館 Kinder Platz」これからの幼児教育にとって、光の果たす可能性とは?

テーマは「幼児教育・保育」と「光」。感受性豊かな子どもたちは、光も含む身の周りの環境からたくさんの影響を受けているはず。幼児教育のプロであるフレーベル館の田口さんととも...

JARA建築ヴィジュアライゼーション展2021 ~深める・広める・繋がる~

「深める・広める・繋がる」をテーマとしたJARA創立40周年の記念展示。会員による建築パースや映像、 海外団体の作品に加え、建築パースの進化とともに歩んできたJARAの40年間の足跡 や...

住宅設備・建築建材業界の最先端製品、サービスと出会えるオンライン展示会「BDフェア」

2021年7月28日(水)~30日(金)住宅設備・建築建材業界の営業活動を応援するオンライン展示会「BDフェア」を開催いたします。

エネルギーまちづくり塾

エネルギーまちづくり塾 第4期を開講します。「エネルギーと地域」や「断熱」のことを基本から、一般の方から経験のないプロまでわかりやすく学ベる講座です。2020年度に3期開講した...

丹下健三 1938-1970 戦前からオリンピック・万博まで

広島平和記念公園及び記念館や国立代々木競技場などのナショナルプロジェクトや、これまで紹介されてこなかった自邸の増築案、構造資料といった建築資料を交えて丹下健三の前半生を...

第29回〈現代世界の建築家〉展 INTERNATIONAL 2021

世界の建築デザインの潮流を探る展覧会。世界で活躍する国内外の建築家36組による, 最新プロジェクトを紹介します。

建設通信新聞

公告一般入札・阪神高速道路

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【阪神高速道路】 〈簡易…

入札結果・京都市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市】 (2月28日)▽京都市醍醐…

連載・住民の感性を考慮した長寿命化修繕計画(8)

【国際建設技術協会国際建設技術研究所 研究第三部主任研究員(ニュージェック)保田 敬一/飽きのこない…

研修計画は197コース/国土交通大学校

 国土交通大学校は、2017年度の研修計画を策定した。「国民の安全・安心の確保」「生産性向上による成…

入札結果・近畿整備局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近畿整備局】 (2月21日)▽京都御…

建設論評・成長戦略を競う時だ

 大手ゼネコンを始めとする建設業界の業績が好調だ。2017年度の第3四半期決算では、四半期決算を開示…

入札結果・近江八幡市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近江八幡市】 (2月28日)▽近江八…

話題縦横・JAPIC研究会が提言/“日本を元気にする”複数プロジェクト

【地方創生の起爆剤として注目】 日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、宗岡正二会長)の国土・未来プ…

入札結果・東近江市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【東近江市】 (2月27日)▽市立能登…

催し物・第3回なら景観フォーラム

 ◇奈良県主催「第3回なら景観フォーラム」 11日午後1時30分から午後4時まで、奈良市の奈良県文化…

本日、一部地域で新聞が届かないため、電子版を公開いたします

17年度予算・木津川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 京都府木津川市の2017年度予算案は、一般会計が前年度…

17年度予算・寝屋川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 大阪府寝屋川市の2017年度予算案は一般会計が前年度比…

入札結果・京都市上下水道局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市上下水道局】 (2月23日)▽…

コンペ&プロポーザルDigest

【◆発注者【件名・設計範囲】委託方法=末尾は本紙掲載日】◎募 集◆大阪府【守口警察署新築工事基本・実…

17年度予算・伊丹市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。伊丹市   骨格で2.2%減 兵庫県伊丹市の2017年度…

三方よしのインフラメンテ/JFMAら/福島で3月7日にシンポ

 日本ファシリティマネジメント協会 (JFMA、山田匡通会長)とインフラメンテナンス国民会議は7日、…

JIA日本建築大賞・優秀建築賞・新人賞・25年賞・環境建築賞

 日本建築家協会(JIA)は、25日に開いた優秀建築選公開審査でJIA建築大賞のほか、新人賞、環境建…

二川幸夫写真集『天上の庭』/3月4日からGAギャラリーで展示

 建築写真家であり出版人としても建築の表現を追求した二川幸夫が遺した最後の写真集『天上の庭』(エーデ…

公告一般入札・西日本高速道路新名神京都事務所

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【西日本高速道路新名神京…

AKICHIATLAS

徳島文化芸術ホール(仮称)設計プロポーザル

ホールのプロポーザル

地下鉄西神・山手線三宮駅東コンコースデザイン改修工事設計プロポーザル

駅コンコースのデザインプロポーザル

綾部市里山交流研修センター設計プロポーザル

プロポーザル情報

(仮称)しまなみサクラ公園交流施設整備設計プロポーザル

プロポーザル情報

新ふなのえこども園・成美地区公民館基本設計プロポーザル

プロポーザル情報

北海道固有の空間デザインの価値と可能性を予見させる作品を顕彰

北海道固有の空間デザインの価値と可能性を予見させる作品を顕彰

建築史学の発展と水準の向上に寄与することを目的として、毎年、建築史学における優秀な個別業績に対し、建築史学会賞を贈る。

建築史学の発展と水準の向上に寄与することを目的として、毎年、建築史学における優秀な個別業績に対し、建築史学会賞を贈る。

第48回 五三会建築設計競技

広島工業大学 建築・環境系学科同窓会「五三会」主催のアイディアコンペ。今年の課題は「付加価値のある家」

Asia Young Designer Award 2021

AYDA(ASIA YOUNG DESIGNER AWARD)は、日本ペイントグループが建築を学ぶ学生を対象に開催する国際コンペ。

Lumion Competition 2021

Lumionユーザおよび非ユーザ対象のレンダリングコンペ

建築プロジェクトがもつ固有の技術的テーマや素材、施工法などをイノベーティブに追求する人やチームを表彰

建築プロジェクトがもつ固有の技術的テーマや素材、施工法などをイノベーティブに追求する人やチームを表彰

CG NURIE AWARD

家具やインテリア雑貨などの高品質なCGオブジェクトデータを扱うダウンロードサイト「3D STOCK」のオープンを記念して開催する建築CGパース制作コンペ

新伊達博物館建築設計プロポーザル

博物館の設計プロポーザル

福山東警察署駅前交番庁舎設計プロポーザル

設計プロポーザル情報

世宗特別自治市で国立デジタルヘリテージセンター実施コンペ。外国人は韓国のアーキテクトを代表として共同で参加すること。

世宗特別自治市で国立デジタルヘリテージセンター実施コンペ。外国人は韓国のアーキテクトを代表として共同で参加すること。

世宗特別自治市で国立博物館の実施コンペ。外国人は韓国のアーキテクトを代表として共同で参加すること。

世宗特別自治市で国立博物館の実施コンペ。外国人は韓国のアーキテクトを代表として共同で参加すること。

プラハ市のコンサートホール実施コンペ。ポートフォリオから15組を選出、そのうちの5組がコンペティションステージへ進む。建設予算は31億円。

プラハ市のコンサートホール実施コンペ。ポートフォリオから15組を選出、そのうちの5組がコンペティションステージへ進む。建設予算は31億円。

東北6県に造られた住宅を対象とし、デザイン・性能・工法等において東北の景観と環境に根ざした優れた住宅を設計した建築家と施主・施工者を顕彰する。

東北6県に造られた住宅を対象とし、デザイン・性能・工法等において東北の景観と環境に根ざした優れた住宅を設計した建築家と施主・施工者を顕彰する。

第48回 全国造園デザインコンクール

日本造園建設業協会が主催する造園アイディアコンペ

HOKKAIDO BALLPARK ART PRIZE 2023

2023年春に誕生するHOKKAIDO BALLPARKに常設展示するアート作品を募集

10+1

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫刻という幸いについて」が開催されます。 - 彫刻家・青木野枝は、大気や水蒸気をモティーフに、万物がうつろいゆくなかの生命の尊さをあらわしてきました。その彫刻は、鉄や石膏という固く重い素材を用いながら、周囲の空気をまとって、とても軽やかに見えます。 作品のほとんどが展示場所に合わせて作られ、展示が終

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画として、2月15日に磯崎新氏と浅田彰氏による対談が行われます。 日時 2020年2月15日(土)14:00- 会場 国立国際美術館 B1階 講堂 (大阪府大阪市北区中之島4-2-55) 参加費 無料、定員130名、要事前申込 申込方法の詳細はウェブサイトをご確認ください ウェブサイト イ

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しかし、「公=みんなのもの・場所」としてとらえてみると、「公」とは、一人ひとりの「私」が重なり合い、立ち上がっていくものとして考えることができます。「公」と「私」をどのように認識するかによって、まちでの生活や個人のふるまいを妨げたり、逆に広げたりすることにもつながるのではないでしょうか。 今回のディス

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どのような出来事の変遷を経て、形成されてきたのでしょうか。それをなぞろうと、私ではない他者の記憶や記録というフィルター越しに風景を眺めなおしたとき、「いま」の捉えかたはどのように変容するのでしょうか。 今回のディスカッションでは、記録の少ない敗戦直後の東京の姿を探るため、米軍やアメリカ人個人によって

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してきました。  本展は、演出家・アーティストである高山明(Port B)の企画によって、どこでも再現可能な形態でつくられた都市のインフラ/構成要素を「模型」として捉え、現在の東京のリアルな姿を浮かび上がらせる試みです。高山明の演劇的手法によって、展示空間は日々生成変化する場となり、東京という都市に接

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。[ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水)19:00 - 21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョ

ソトノバ・アワード2019公開最終審査会(千代田・2/8)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 2019年12月-2020年1月にかけて、募集をした、ソトノバ・アワード2019。2017年、2018年に引き続き、3回目の開催です。日本全国から10のプロジェクトの応募がありました。二次審査でもある、公開最終審査会には、10のプロジェクトが選出されました。そこで、公開最終審査会を開催します。応募者のプレゼンと審査を傍聴できるほか、一般投票賞が当日参加者の投票により決まります。 [ウェブサイ

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開催します。 藤森氏は建築史家としての活動を経て1991年45歳で建築家デビュー。以降28年にわたり、どこか壊かしさを感じる藤森流の建築を数多く発表しています。 本セミナーでは近作解説のほか、素材の調達方法、建築を移動可能に仕上げる「木造モノコック」などにも触れながら、藤森氏の設計スタイルについてお

展覧会「Daisuke Motogi / DDAA LAB Exhibition "FRUITS BOWL"」(渋谷区・2/4-2/16)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築家・元木大輔が代表をつとめるDDAAによる展覧会&quot;FRUITS BOWL&quot;を開催します。同名のZINEの販売のほか、会期中の2月8日にはフルーツサワーを出すイベントも。ぜひ足をお運びください。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月4日(火)- 2月16日(日) 開館時間 12:00 - 20:00 会場 ユトレヒト (東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマ

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

<p><img src="https://www.10plus1.jp/information/assets_c/2020/02/symposium_200307-thumb-400xauto-2359.jpg" /></p> 日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのような変容をもたらすのか、テクノロジーは建築デザインをどこに導こうとするのかをテーマにシンポジウムを企画する。 かつて近代建築を語る際、「機能的なものは美しい」という命題が繰り返された。戦後日本において、幾人かの建築家はテクノロジーの進歩を素直に建築に表現すれば自ずと近代建築になり、今は見た目が無骨で

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水) 19:00-21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ

202003 リサーチとデザイン ──ネットワークの海で建築(家)の主体性と政治性を問う |青井哲人|連勇太朗|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_am_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2364.jpg" /></p> 観察と実践をめぐる中動態的モデル:コーンとサンドウィッチ 青井哲人──編集部から投げかけられたテーマは「リサーチとデザインの関係をめぐって」というものです。関連する近年の話題として、貝島桃代さんがキュレーターを務めた2018年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の日本館展示「建築の民族誌(Architectural Ethnography)」がありました。デザインを直接に扱ってはいませんが、当然

202003 いまこそ「トランスディシプリナリティ」の実践としてのメディアを ──経験知、生活知の統合をめざして |南後由和|貝島桃代|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_nk_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2361.jpg" /></p> 都市や空間の枠組みからの解放と創造 編集──本日はよろしくお願いします。今日は南後さん、貝島さんの近年のご関心、お仕事から、世界的なさまざまな建築・都市メディアの展開、そして今号で更新が最後となる「10+1 website」の20年間、そしてこれからのメディアのあり方、議論の方法など、多岐にわたるお話を伺いたいと思っています。南後さんがサバティカルから一時帰国された際に、進行中のとても興味深い研

202003 独立した美術・批評の場を創出するために |五十嵐太郎|鷲田めるろ|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_iw_thumb-thumb-400xauto-2362.jpg" /></p> ビルバオの衝撃から芸術祭まで 編集──五十嵐太郎さんと鷲田めるろさんには、雑誌時代から「10+1」において美術や建築をめぐるさまざまな議論を展開していただきました。最終号の本対談では美術と建築のあり方を総括していただき、今後の展望についてお話を伺いたいと思います。まずは「10+1」が活動してきた26年の間における美術、建築の動向についてお聞かせください。 鷲田めるろ氏 鷲田めるろ──よろし

建築の概念の拡張 |石上純也|田根剛|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_it_thumb-thumb-400xauto-2374.jpg" /></p> ───本対談は、2018年4月、「石上純也──Freeing Architecture」展(カルティエ現代美術財団)の開催およびそのカタログである『自由な建築』(LIXIL出版)の発行を機に、非公開で行われました。それからおよそ2年を経て、両氏ともに注目すべき活動を展開され続けていますが、ここで語られていることは、両氏の活動の軌跡を捉えるためだけでなく、現代の建築を考える上でも確かな意義があるもの

建築の概念の拡張 |石上純也|田根剛|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_it_thumb-thumb-400xauto-2374.jpg" /></p> ───本対談は、2018年4月、「石上純也──Freeing Architecture」展(カルティエ現代美術財団)の開催およびそのカタログである『自由な建築』(LIXIL出版)の発行を機に、非公開で行われました。それからおよそ2年を経て、両氏ともに注目すべき活動を展開され続けていますが、ここで語られていることは、両氏の活動の軌跡を捉えるためだけでなく、現代の建築を考える上でも確かな意義があるもの

202003 リサーチとデザイン ──ネットワークの海で建築(家)の主体性と政治性を問う |青井哲人|連勇太朗|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_am_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2364.jpg" /></p> 観察と実践をめぐる中動態的モデル:コーンとサンドウィッチ 青井哲人──編集部から投げかけられたテーマは「リサーチとデザインの関係をめぐって」というものです。関連する近年の話題として、貝島桃代さんがキュレーターを務めた2018年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の日本館展示「建築の民族誌(Architectural Ethnography)」がありました。デザインを直接に扱ってはいませんが、当然

202003 いまこそ「トランスディシプリナリティ」の実践としてのメディアを ──経験知、生活知の統合をめざして |南後由和|貝島桃代|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_nk_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2361.jpg" /></p> 都市や空間の枠組みからの解放と創造 編集──本日はよろしくお願いします。今日は南後さん、貝島さんの近年のご関心、お仕事から、世界的なさまざまな建築・都市メディアの展開、そして今号で更新が最後となる「10+1 website」の20年間、そしてこれからのメディアのあり方、議論の方法など、多岐にわたるお話を伺いたいと思っています。南後さんがサバティカルから一時帰国された際に、進行中のとても興味深い研

202003 独立した美術・批評の場を創出するために |五十嵐太郎|鷲田めるろ|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_iw_thumb-thumb-400xauto-2362.jpg" /></p> ビルバオの衝撃から芸術祭まで 編集──五十嵐太郎さんと鷲田めるろさんには、雑誌時代から「10+1」のなかで美術や建築をめぐるさまざまな議論を展開していただきました。最終号の本特集では美術と建築のあり方を総括していただき、今後の展望についてお話を伺いたいと思います。まずは「10+1」が活動してきた26年の間における美術、建築の動向についてお聞かせください。 鷲田めるろ氏 鷲田めるろ──よろし

第12回:大変動の時代の建築 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 変化の時代に何ができるか 私たちの社会はいま、巨大な変化のうねりのなかにある。その変化は地球規模の気候変動にも、あるいは同じくグローバルな社会変動にも現れている。この圧倒的スケールの変化のなかで、私たち一人ひとりに何ができるのか? 建築にいったい何ができるのか? ときに無力感に苛まれながらも、さまざまな分野のなかで多様な人々が日々奮闘している時代に、私たちは生きている。 筆者自身も、この変化