Architecture
News

ケンプラッツ

ワークプレイスが創る会社の未来(日経不動産マーケット情報の本)

オフィスは今、「企業価値を創造するワークプレイス」の時代へ。変革を支えるプロ集団が考え方、取り組み方を詳細に解説。「アフターコロナ」も勝ち抜くワークプレイス改革の本質を...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2020(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2019年に完成または2020年以降に完成予定の都内118の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産の価格がわかる本 改訂版(日経不動産マーケット情報の本)

不動産で収益向上をめざす実務者必読!! オフィスビル、商業施設、ホテルなどのアセットごとに、価格の評価に関する知識を習得できます。

決定版!グリーンインフラ(日経コンストラクションの本)

新ビジネスで市場拡大へ。第一線の識者50人以上が国内外の最新事例を解説します!

土はなぜ崩れるのかセット(日経コンストラクションの本)

Q&A形式で学ぶ「土はなぜ崩れるのか」をセットにしました!

これからできる大規模オフィスビル調査データ2019(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2018年に完成または2019年以降に完成予定の都内126の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産テック 巨大産業の破壊者たち(日経不動産マーケット情報の本)

不動産会社化するグーグル、アマゾン、ソフトバンク―。巨大IT企業の目には何が映っているのか?

エコハウス時代の換気トラブルを徹底取材(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 今後増すと見込まれる換気設備の重要性とリスクを踏まえ、日経ホームビルダー7月号の特集では、近年発生したトラブルの事例を徹底取材。その内容を7つに分類しました。

冷凍よりも「調理して高く売れ」、転換期の保存(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

5月24日号の特集「稼げる保存」は、文化財の「活用」を訴え続けているデービッド・アトキンソン氏のインタビューから始まります。同氏は、日本のこれまでの建築保存を「冷凍保存」と...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2018(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

都内128の大規模ビルプロジェクトの詳細データを収録!<日経不動産マーケット情報(編)/ 本体24,000円+税、読者特価:本体10,000円+税 / 発行日:2018年5月31日>

平均年収は680万円に回復するも…5年ぶり労働実態調査どう読む?(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 2018年5月10日号の特集は「労働実態調査2018 脱・長時間労働」です。一級建築士365人のアンケート回答を得て、年収や労働時間、やりがいなどを分析しました。同様の調査を10年前の2008年...

現場ロボット普及前夜、建設会社が手を結べば…(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 古くは「桃太郎」、ベテラン世代は「七人の侍」、現役世代は「ドラゴンボール」……。こういうタイプのストーリー展開を「戦士集結型物語」と名付けるとすると、今号の特集「真の...

家ブログを侮ってはいけない(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 住宅を建設する際に、インターネット上のブログへ工事や打ち合わせの内容を細かく記録する“家ブロガー”が増えています。手間をいとわずにそうした取り組みに注力する建て主は、...

創刊42年、「座して待つ」からの脱却(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 新築需要だけではこの先食っていけない──。今や建築実務者の多くが感じている危機感でしょう。しかし、それ以外に一体どうやって稼げばいいのか──。そのヒントを探るのが4月12...

注目の話題は「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月26日~4月1日のアクセスランキング1位は、2017年が「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」、2016年が「引き戸が人気、省エネ先進国ドイツの窓の最新トレンド」、2015年が「パッシブデ...

注目の話題は「ユニクロの新オフィス公開」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月19日~3月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「ユニクロの新オフィス公開、物流倉庫の最上階」、2016年が「24時間換気があるのに換気不足」、2015年が「『さすが免震と思ったの...

注目の話題は「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月12日~3月18日のアクセスランキング1位は、2017年が「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」、2016年が「ぎふメディアコスモスの屋根に水たまり」、2015年が「またか、東洋ゴム工業が免震材...

中高層建築は木材をこう使う(木材活用 最前線)

東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの2...

激甚化する水害(日経コンストラクションの本)

激甚化する水害や土砂災害について、豊富な写真と資料を交えてメカニズムや社会に与える影響を解説。<気候変動による水害研究会(著)/ 価格:本体2,000円+税 / 発行日:2018年3月27日>

注目の話題は「『働き方改革』を先導する本社移転」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 2月26日~3月4日のアクセスランキング1位は、2017年が「『働き方改革』を先導する本社移転」、2016年が「地震被害で有罪判決、構造設計者の反論」、2015年が「谷口吉郎がホテルオークラ...

ArchDaily

Open Air: New Ways We Can Live Together in Nature

“We need a new spatial contract." This is the call of Hashim Sarkis, curator of the Venice Biennale 2021, as an invitation for architects to imagine new spaces in which we can live together. Between a move towards urban flight and global housing crises, the growth of more low-rise, dense developments may provide an answer in the countryside. Turning away from single family homes in rural areas and suburbs, modern housing projects are exploring new models of shared living in nature.

Lahofer Winery / CHYBIK + KRISTOF

Nestled in the Moravian countryside, the Lahofer Winery fuses the region’s longstanding wine tradition with a contemporary design in constant dialogue with the surrounding vines. Reflective of modern wine-making processes, the building brings together three distinct interconnected structures – a wine-making facility, the winery’s administrative base, and a visitor center and adjoining tasting room. Emulating archetypal wine cellars of the region, the vault of the winery rests on a grid of arched beams. Acting as a mirror of this shape, an undulant roof serves as an amphitheater for cultural events open to both locals and visitors, merging the winery into the ground – and the culture – on which it rests.

Reduce, Reuse and Recycle: the Three R’s Rule Applied to Architecture

As levels of pollutant emissions have increased over the years, awareness has also grown regarding actions that can be taken to minimize the damage caused to the planet. As a way to promote waste reduction or prevention, the 3 R's rule is created: reduce, reuse and recycle. These actions, together with sustainable consumption standards, have been promoted as a means to protect natural resources and minimize waste.

Rural House in Portugal / HBG Arquitectos

The brief was to transform an ancient community oven, owned by the client’s family for decades, into a comfortable, single bedroom vacation house, with space to gather the family when needed. The original construction was a small, single-story volume, with thick exposed granite walls and a gable roof. A walled area, including an almost ruined porch, complemented the property.

Francis Kéré: “I Am Privileged to Be Able to Serve My Community”

As part of our partnership with the 27th World Congress of Architects, we are sharing here an interview with architect Francis Kéré, a speaker confirmed for the UIA2021RIO, conducted by architect Miguel Pinto Guimarães.

Mighty Buildings Creates New 3D Printed ADU in San Diego

Construction technology company Mighty Buildings has completed a new 3D-printed Accessory Dwelling Unit in San Diego, California. The company recently launched with the aim of using 3D printing and robotic automation to build more affordable and sustainable homes. Their pilot project, the Mighty Duo B, comprises two modular units that took eight total weeks from fabrication to assembly on site.

Say No Mo Beauty Salon / balbek bureau

Say No Mo is a conceptually new format of a beauty salon. The ‘heart’ of the salon is a bar used for both beauty services and traditional cocktail receptions. The main task faced by balbek bureau from the very start of the design process was to break away from a traditional perception of a conventional beauty salon, and its gender distinction.

Sunrise Pavilion / Feldman Architecture

Conceived as a garden pavilion complimenting an existing contemporary guest house, Sunrise was designed to respond to its rugged, remote, and beautiful surroundings. The clients, a newly retired couple, have used the property and guest house as a weekend retreat for years. Admirers of our work, they were interested in collaborating with our firm to build a sleek, modern cabin in the hills above the Sonoma Wine Country. Both husband and wife have a strong appetency for cultivating the land. She is an avid gardener, passionate about sustaining and growing her own production garden while he enjoys maintaining the property, and discovering, post-retirement, the relaxing qualities of the Healdsburg hills.

Dot Comme Gallery Shop / Sibling Architecture

Fashion collector Octavius ‘Otto’ La Rosa has an archive of one-thousand-plus avant-garde fashion garments, which includes pieces by Comme des Garçons, Yohji Yamamoto, Issey Miyake, and Walter Van Beirendonck. These garments can be purchased online, but have seldom made it to public viewing in the past.

Xian Conference Center / gmp Architects

Construction of the Silk Road International Conference Center has been completed. In 2017, the Architects von Gerkan, Marg and Partners won the competition for the conference center which, together with the Silk Road International Exhibition Center, also by gmp, forms the Center for Trade and Industry of Shaanxi Province.

Headquarters of Yasha Group / goa

Resonant Magnetic Field
It is not merely an office building
For enterprises, the headquarters building should be able to create a resonant magnetic field between the corporate culture and the place, and become the “second home” of workers to help enterprises shape a unique “sense of belonging” and “cohesion”. For cities, given the fact of emerging tycoons in the current era and the construction of extra huge headquarters building in succession, the headquarters building has the potential to become a new type of "urban complex" if it can ensure its own operation while giving back to urban life.

Resort in House / ALPES Green Design & Build

Urban Vietnam today is rapidly expanding using symmetrical and uniform architecture (townhouses) providing boring and dry architectural morphology.  Interiors often are closed in, cramped and absorb heat.

Curtin University Midland Campus / Lyons Architects + Silver Thomas Hanley

Curtin University’s ‘Midland Campus’ is a 3,000m2 three-storey Health Sciences educational facility for multidisciplinary training. The site resides near the confluences of the Helena and Swan rivers in the culturally rich area of ‘pre’ and ‘post’-colonial histories, with significant heritage rail workshops adjacent to traditional Whadjuk country.

Water House / Di Frenna Arquitectos

Built in Colima, under a tropical-humid climate; It was decided to take advantage of the opportunity to design a project that could be lived and opened completely to the outside. The emplacement was rooted in a “U” formed plan to praise a characteristic yellow-flowered Primavera tree and other Parotas that accompanied it. Therefore, the architectural program could be developed facilitating the privacy of the house and its views; allowing the creation of their own environment and embracing the key components: the trees, the pool and the inner courtyard.

The Broken House / NPS Arquitectos

It was probably a few hours after the "Grândola Vila Morena"1 by Zeca Afonso, echoed on the telephony, the 2nd 'password-song’ of a revolution that would free Portugal from a dictatorial regime, on 25 April 1974, that a journey which had begun a few months earlier was abruptly interrupted. The construction site was abandoned that same day, becoming a kind of contemporary ruin of an anonymous residential building. 42 years later the process was retaken, redefining a new journey to turn this peculiar lot into a House – Atelier.

Cuartel del Mar Restaurant / More&Co

With a terrace overlooking the beach of Playa de la Barrosa, a patio with a capacity for 250 people and a restaurant area for 100 diners, El Cuartel del Mar, the new space of Azotea Grupo, is located in an unbeatable location.

105 Collective Housing La Jaguère / Guinée et Potin Architects

The challenges, both urban, architectural and landscaped, of block 5 of the Jaguère eco-neighborhood are major; it is a question of contributing to the writing of the identity of a new district of Rezé, rich in a geographical location and strategic landscape.

Eagle County Regional Airport Concourse Replacement / Gensler

The Eagle County Regional Airport serves both locals and visitors of Eagle County and the Vail Valley. A reimagined concourse was constructed with six new gates in a design-build collaboration with Gensler and Hensel Phelps. The primary purpose of the project was to resolve gate lounge sizing issues to accommodate both current and future enplanements, as well as enhance the overall passenger experience.

Devon Passivhaus / McLean Quinlan

Planning for this project was won under Paragraph 79, the Country House Clause, with a design taking inspiration from the surroundings. The overall design is simple and clean. An elegant brick front complements the brickwork of the of garden wall and a discrete front door opening references the gate in the garden wall. Further down, an oriel window breaks through, hinting at what is behind.

Tiny House Made from Recycled Materials Begins Construction in Bali

Bali-based Stilt Studios has begun construction on a new prefabricated tiny house made out of recycled Tetra Pak cartons. The team has also launched a Kickstarter campaign to create awareness for the use of recycled materials. Designed to promote local, circular economies, the first prototype is now being built and sales of the tiny house will commence in October this year.

Dezeen

West Stow Lodge by Project Orange features a traditional exterior and a pared-back interior

Oak joinery, white-painted bricks, and concrete flooring were used to make the interior of this new house in Suffolk, England, more contemporary than its traditional pitched-roof exterior (+ slideshow). (more…)

Interactive online documentary Refugee Republic awarded twice at Dutch Design Awards 2015

Dutch Design Week 2015: agency Submarine Channel won two prizes at this year's Dutch Design Awards with its web narrative that presents life and experiences in a refugee camp. (more…)

Lukstudio suspends metal wires to look like drying noodles at Chinese restaurant

Shanghai-based Lukstudio has reinterpreted a traditional Chinese food drying rack with a metal grid structure and hanging wires for a noodle bar in Changsha (+ slideshow). (more…)

Ben Jones’ Dot Net video uses animation to recreate Battles’ “technicolour sounds”

Music: director Ben Jones has collaborated with experimental rock band Battles on a riotous animation-heavy film that questions society's addiction to "screen time". (more…)

FCC Arquitectura and Paulo Lobo transform old Portuguese wine estate into a tourist attraction

A wine estate near the city of Lixa, Portugal, has been converted into a hotel for wine tourism, featuring rustic stone structures and contemporary buildings clad in pre-weathered steel or timber slats (+ slideshow). (more…)

Lose track of time on Dezeen’s new clocks Pinterest board

We've created a clocks Pinterest board full of unique time-keeping devices to remind UK readers to turn their clocks and watches back an hour as British Summertime officially ends tonight. Follow Dezeen on Pinterest | See more clock-related design on ...

This week, Sagrada Família reached a milestone and Nike launched Back to the Future shoes

This week on Dezeen: Antoni Gaudi's Sagrada Família basilica entered the final stage of construction this week 90 years after the architect's death, while Nike celebrated Back to the Future day with the release of its eagerly anticipated self-lacing shoes. (more…)

Daniele Cristiano’s Calibro sideboard references an old ammunition box

Italian designer Daniele Cristiano has created a multipurpose storage unit that is shaped to look like a vintage ammunition chest. (more…)

MOS Architects creates modular house made entirely from corridors

Chicago Architecture Biennial 2015: New York-based studio MOS Architects has created an installation that explores the possibility of building homes using only corridor and hallway-like spaces (+ slideshow). (more…)

Floris Schoonderbeek’s Groundfridge chills food without electricity

Dutch Design Week 2015: this globe-shaped fridge by Dutch designer Floris Schoonderbeek is intended to be buried underground, keeping food cool without using electricity. (more…)

US job of the week: designer at Atelier de Troupe

Our US job of the week on Dezeen Jobs is for a designer at Los Angeles studio Atelier de Troupe, which designed 18 new suites for the boutique hotel L'Hôtel du Ministère (pictured). Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Snøhetta’s new building for SFMOMA nears completion

San Francisco Museum of Modern Art has released the first images of Snøhetta's near-complete extension building showing its striated facade and atrium. (more…)

Staab Architekten chosen to extend Berlin’s Bauhaus-Archiv with “almost frail” design

Berlin architect Volker Staab has won a competition to extend the Bauhaus archive and museum in the German capital, designed by founder Walter Gropius in the 1960s. (more…)

“Robotic construction and 3D printing are the future” says Wolf D Prix

Combining robotic fabrication with 3D printing offers "amazing" opportunities for architecture and could help solve the global refugee crisis, according to Coop Himmelb(l)au founder Wolf D Prix (+ interview). (more…)

The Dezeen Jobs guide to getting your first job in the design industry

How can young designers break into the industry? In the first of a new series of careers-advice columns from Dezeen's recruitment platform Dezeen Jobs, Rob Bye offers some tips. (more…)

Bird heads and leaping golfers adorn Jason Page’s alternative golfing suits

Dutch Design Week 2015: golf outfits have received a graphic makeover from Design Academy Eindhoven graduate Jason Page, whose collection of alternative attire is designed to make the sport more accessible. (mor...

Rick Owens opens first Los Angeles store in 1920s ribbon factory

Fashion designer Rick Owens has opened his first store in Los Angeles on North La Brea avenue – installing architectural elements influenced by a legendary filmmaker within a former industrial space (+ slideshow). (more…)

Assemble’s Granby Workshop social enterprise in Liverpool will sell locally produced homeware

Turner Prize-nominated architecture collective Assemble has launched a Liverpool-based workshop selling homeware made in collaboration with local artists and craftspeople (+ slideshow). (more…)

Job of the week: project architects at DSDHA

Our job of the week on Dezeen Jobs is for architects at DSDHA, whose projects include a house designed to camouflage with its surroundings. Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Gaudi’s Sagrada Família enters final stage of construction

The Sagrada Família basilica has entered its final stage of construction, over 100 years since its foundation stone was laid and 90 years after its designer Spanish architect Antoni Gaudi died. (more…)

Plataforma Arquitectura

Casa 2m26 Kyoto / 2M26

Diseñado por el estudio 2m26, Casa 2m26 Kyoto es un edificio 4 en 1, es decir, una casa, una oficina, un taller de carpintería y un lugar para eventos. Los arquitectos, Mélanie Heresbach y Sébastien Renauld, renovaron esta antigua casa de estilo Nagaya de más de cien años para transformarla en su hogar-estudio. Estas estructuras generalmente se construyen en pequeños barrios residenciales de clase media, que dan la bienvenida a una población diversa de artesanos, comerciantes y trabajadores, generalmente conectados entre sí por paredes de arcilla, como casas adosadas que comparten el mismo techo.

Villa Jeanneret-Perret, Le Corbusier ensayando la vivienda moderna

La casa Jeanneret-Perret de Le Corbusier, conocida como "Maison Blanche", ya comenzaba a repensar las tradiciones hacia 1912. 

Casa Black Perch / Vastu Shilpa Consultants

Black Perch es la extensión y remodelación de un bungalow existente, de 40 años de antigüedad, situado en un tejido urbano estrecho, utilizando la mayor parte de suelo permitida antes de que se añadiera la extensión. Como no había ningún otro espacio disponible, la extensión se ubica sobre el edificio existente, de dos niveles. Se añade una gran sala de estar con cocina y un estudio con habitación de invitados en la parte superior de la casa. Todos los espacios tienen vistas a un gran patio abierto al cielo, que baja por el tejado inclinado existente.

Casa Cadarso / Guillermo Álvarez + fama(sss) + Ana Petra Moriyón

A la hora de afrontar el proyecto, la ubicación en Madrid fue uno de los mayores atractivos del lugar. Entre el parque del Oeste y el Campo del Moro al sur, abrigadas por la loma de la cuesta de San Vicente y el promontorio del templo de Debod, se recogen seis manzanas en desnivel de camino a la Plaza de España.

Centro Maggie en Leeds / Heatherwick Studio

Los Centros Maggie son espacios mantenidos por una institución filantrópica que ofrece apoyo físico y psicológico gratuito a pacientes sometidos a tratamiento contra el cáncer. Este Centro es un edificio de 462 metros cuadrados y se encuentra dentro del campus del Hospital de la Universidad de St. James en Leeds. Diseñado por Heatherwick Studio, este complejo es el número 26 de la organización que opera en el Reino Unido y el primer proyecto de infraestructura hospitalaria construido por el estudio en sus casi treinta años de experiencia.

6 Museos de Brasil con visitas online para recorrer sin salir de casa

Las medidas restrictivas y de aislamiento tomadas por diversos países del mundo para hacer frente al COVID-19 no sólo han alterado los aspectos sociales de nuestras ciudades. El hábito de visitar museos y exposiciones también tuvo que ser interrumpido y, aunque la experiencia de estar físicamente frente a una obra representa una oportunidad irreemplazable para involucrarnos más profundamente con los artistas, la posibilidad de visitar tanto las colecciones como los edificios culturales que las contienen de manera virtual nos permite llenar el tiempo de ocio en nuestra nueva vida cotidiana. Las visitas online también son relevantes en cuanto posibilitan el acceso al arte y la cultura de una manera más amplia y fácil. También pueden ser un estímulo para aquellos que no están acostumbrados a este tipo de actividad, de manera que despierten nuevos intereses y, tras el período de confinamiento, habiliten una participación activa de más ciudadanos en los circuitos artísticos y culturales de las ciudades.

Alemania, México y Portugal entre los ganadores del VII Premio Internacional Arquitectura Sagrada

Por séptima ocasión, la Fundación Frate Sole convocó la edición 2020 del Premio Internacional de Arquitectura Sagrada dirigida a todos los profesionales que hayan realizado el proyecto de una iglesia en el transcurso de la última década (a partir del 4 de octubre de 2010) en el ámbito de las confesiones cristianas.

Casa Bunker / Nha Dan Architects

En proyectos anteriores, se ha utilizado un sistema de vigas y columnas de concreto para liberar los planos de las columnas, conectando de mejor manera los diferentes espacios y conectando el exterior y el interior. En la Casa Bunker, utilizamos este sistema concreto no solo como una estructura, sino también como particiones espaciales que guían la estética del proyecto.

Vicente Guallart diseña una ciudad autosuficiente de madera con viviendas post-covid

Vicente Guallart ha resultado ganador en la categoría 'Instalaciones residenciales y comunitarias' de un concurso internacional que buscaba definir los estándares para los edificios de una nueva ciudad situada a 100 km de Beijing, China. El proyecto titulado 'La ciudad autosuficiente', es un diseño que concreta en cuatro manzanas un modelo urbano, donde las personas pueden vivir, trabajar y descansar en el entorno de su vivienda, y en época de crisis sanitaria, energética o alimentaria poder dar una respuesta adecuada desde el mismo entorno.

Resort en Casa / ALPES Green Design & Build

Vietnam Urbano hoy se está expandiendo rápidamente utilizando una arquitectura simétrica y uniforme (viviendas adosadas) que proporcionan una morfología arquitectónica aburrida y seca. Los interiores a menudo están cerrados, apretados y absorben el calor.

Casa El Barrial / ByMura Design Studio

El Barrial es una auténtica experiencia de descanso y de convivencia en familia. Ubicado en la zona “El Barrial”, en el municipio de Santiago, Nuevo León. Alejado de la ciudad, del ruido y del estrés que desaparecen poco a poco por un camino de terracería hasta perderse en medio del bosque sobre una colina con vistas panorámicas a un valle de árboles y montañas infinito. Sin duda un destino que inspira paz y conexión con la naturaleza, al encontrar el balance perfecto entre las necesidades del cliente y el sitio, que le dan una esencia única al proyecto. Una esencia dictada principalmente por la naturaleza que se vuelve el personaje principal del proyecto desde cualquier punto de vista. Es imposible no asombrarse por las vistas a través de los grandes ventanales que caracterizan la arquitectura de la cabaña, escenarios que nos motivaron a darle esa prioridad a la naturaleza en todo momento. La propuesta de diseño se enfocó en tomar como prioridad el paisaje exterior, adueñarnos del mismo y traerlo hacia el interior.

Baldosas hidráulicas: Fabricación artesanal y diseño personalizado

Las baldosas hidráulicas son revestimientos producidos de forma totalmente artesanal, con materia prima a base de cemento. Es una opción versátil que no sólo puede utilizarse en áreas públicas, como plazas y aceras, sino que también puede aplicarse en revestimientos interiores, incluyendo pisos, muros y muebles. Su versatilidad se debe a que son altamente personalizables, desde sus colores y patrones hasta su geometría y sus dimensiones.

Edificio Ramallo 3212 / ENarquitectura

El proyecto se ubica en el barrio de Saavedra. Al noreste de CABA en el limite con gran Buenos Aires. Se buscó que el edificio permita vivenciar el clima barrial de estrecha relación vecinal y baja densidad que mantiene su entorno.

Casa bóveda / Hiroshi Nakamura & NAP

El techo juega un papel importante para la "tolerancia de un espacio", que afirma y acepta a los demás. La extensión del techo es benévola, e invita silenciosamente a la gente a entrar y velar por ellos. Al mismo tiempo, se elimina físicamente y es un poco reticente.

Para este proyecto hemos pensado mucho en el techo y su disposición ambivalente, donde mantiene un amplio espacio, pero nos abraza generosamente.

Se aprueba el proyecto Paradise en Londres, un nuevo edificio corporativo sin huella de carbono

Las autoridades de la ciudad de Londres acaban de aprobar un nuevo edificio corporativo "cero carbono", diseñado por la oficina de FCBStudios. Titulado 'Paradise', el proyecto recupera y transforma una antigua estructura industrial ubicada en el distrito de Vauxhall.

Casa en Hudson Valley / Rangr Studio

Diseñados para adaptarse al paisaje de la tierra y mezclarse con su entorno, tres volúmenes en un terreno de 30 hectáreas en el condado de Columbia, Nueva York, proporcionan un hogar a una joven familia de cuatro miembros. La casa, a pesar de incluir dos garajes, siete dormitorios y cuatro salas de estar, se siente como un hogar íntimo. Un balcón que conecta los dormitorios da a una sala de estar y a un comedor de doble altura, dando a los propietarios una vista de toda la casa, lo que contribuye en gran medida a la sensación de intimidad. 

Clínica dental en Los Remedios / PRÁCTICA

Este proyecto consiste en la reforma de un local comercial para una nueva clínica dental de tres gabinetes más sala de formación de 20 alumnos. Se centra en el aprovechamiento de la luz natural, y la optimización de circulaciones de este compacto pero diverso programa de necesidades.

Centro de hospedaje de emergencia “Promesa al amanecer” / AIR + Moon Architecture

La ciudad de París creó un Centro de hospedaje de emergencia para personas sin hogar en el Bois de Boulogne, al lado del barrio más caro de París. El proyecto fue muy político y enfrentó una fuerte resistencia por parte de los habitantes ricos de este distrito de París, debido a que no querían tener "pobres o refugiados" en su vecindario. Se hicieron todos los movimientos legales e ilegales, incluidos dos incendios durante la construcción. Después de ser inaugurados, los habitantes finalmente cambiaron de opinión y estaban muy contentos de tener a esas "nuevas personas agradables" en su vecindario, inundándolas con regalos y ropa...

Francis Kéré: “Soy privilegiado por poder servir a mi comunidad”

En el marco de nuestra colaboración con el 27º Congreso Mundial de Arquitectos UIA2021RIO, compartimos una entrevista del arquitecto Diébédo Francis Kéré -conferencista confirmado para la edición 2021 del Congreso- realizada por el arquitecto Miguel Pinto Guimarães.

Nueva York en pausa: ¿por qué es la oportunidad de crear un futuro equitativo a través del entorno construido?

Es difícil imaginar la ciudad de Nueva York sin los vagones del metro abarrotados, las largas colas y las abrumadoras multitudes de turistas que se sentían esenciales para la vida diaria. Una vez que el miedo a la pandemia de COVID-19 haya disminuido, la ciudad, como otras en todo el mundo, se nublará y se alterará fundamentalmente incluso después de que se haya restablecido la prosperidad económica. En lo que parece una discusión de puerta giratoria, excepto que ahora se pregunta con urgencia, ¿cómo queremos que sean las ciudades en los años venideros?

designboom

jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian

moved by the music of the traditional chinese string instrument ruan-xian, jeff dayu shi has formed a set of bamboo presented at beijing design week 2015. The post jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian appeared first ...

neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch

when touched, the packages will timidly glow right where the contact was generated, thanks to a thermochromic paint coating that makes it sensitive to heat. The post neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch appe...

gwwo constructs dupont environmental education center

a four-story timber structure located on a protected marshland unites the natural and urban worlds, providing an educative program for the community. The post gwwo constructs dupont environmental education center appeared first on designboom | archite...

custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched


the ‘big bad wolf’ track monster was created with no cutting or welding to XJR1300 frame and everything except the tank, handlebar, and rear light was custom made.

The post custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched appeared first on designboom | architecture & design magazine.

magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms

esparto grass rugs, woven by the women of murcia, traditionally assume circular or rectangular forms, magma and dhiama modify this tradition for a new look. The post magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms appeared first on desig...

schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop

created for the design workshop of studio renova ring, a steel and timber combined table and stool set has been developed. The post schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop appeared first on designboom | architecture...

ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink


the company’s advanced thermal technology cools and heats food and beverages while maintaining precise temperatures for hours.

The post ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink appeared first on designboom | architecture & design magazine.

MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam

the furniture showroom uses internal courtyards, skylights, with an emphasis on eco-friendly techniques to give visitors a comfortable experience. The post MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam appeared fi...

anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport


located in a grove of trees, the three-sided, partially-covered structure provides protected parking for a single car, with two additional uncovered spots for guests.

The post anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport appeared first on designboom | architecture & design magazine.

frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum


the display focuses on the bold ideas that are the driving force behind gehry’s creativity, tying together their background and process with his unwavering conviction.

The post frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum appeared first on designboom | architecture & design magazine.

galway hotel paris concept by architect taras kashko

located in the city's historic district, the conceptual lodge features 25 guest and grand guest rooms, with a lounge/bar, and shops at the ground floor level. The post galway hotel paris concept by architect taras kashko appeared first on designboom |...

philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience


shadow, light and and sound intercept and surround architectural elements, immersing visitors in an environment where spacial dimensions seem to participate in an orchestrated score.

The post philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience appeared first on designboom | architecture & design magazine.

d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam


the design aimed to turn the space into one that could look and feel nicer than at home while the challenge was found when illuminating the dark space that only had a few big windows in the front façade.

The post d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam appeared first on designboom | architecture & design magazine.

stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano


this updated version has a shallower depth than its predecessor, responding to the fact that television screens today are much thinner compared to those of the past.

The post stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano appeared first on designboom | architecture & design magazine.

model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you


the new ‘no.3’ twin tube single arc cantilever frame features elegant double curved down tubes that increases lateral stiffness for speed while absorbing road shock for comfort.

The post model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you appeared first on designboom | architecture & design magazine.

jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york


just steps from the city's elegant fifth avenue, construction work has finally begun on the much-anticipated skyscraper.

The post jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york appeared first on designboom | architecture & design magazine.

morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square


in zocalo square, the heartland and most significant public space in mexico city, morag myerscough and luke morgan have realized a landmark installation that encourages visitors and passersby to consider their surrounds.

The post morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square appeared first on designboom | architecture & design magazine.

miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut

comprising 1.200sqm, the design of this penthouse was primarily driven by the desire to create airy spaces that would unite comfort with a minimalist feel. The post miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut appeare...

bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality


conceived as aesthetically pleasing sex toys and displayed during dutch design week, the designer hopes the unusual and intricate pair of objects will break the barriers between art and objects of lust.

The post bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality appeared first on designboom | architecture & design magazine.

renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car


the idea of simplicity, visible and aesthetically assumed structure, geometric elegance and light guided the designers in the creation of the ‘coupé c’ concept car.

The post renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car appeared first on designboom | architecture & design magazine.

architecturephoto.net

今津康夫 / ninkipen!による、兵庫・川西市の「鶴之荘保育園」

今津康夫 / ninkipen!が設計した、兵庫・川西市の「鶴之荘保育園」です。 兵庫県川西市の中心 […]

奥野八十八 / アトリエ・ブリコラージュによる、京都市の住宅「洛北の家」

奥野八十八 / アトリエ・ブリコラージュが設計した、京都市の住宅「洛北の家」です。 京都、東山を見渡 […]

原研哉とLIXILが、共同開発した公共用トイレの便器などの写真

原研哉とLIXILが、共同開発した公共用トイレの便器などの写真が、原デザイン研究所のサイトに掲載され […]

アンドレス・ジャックによる、スペイン・マドリッドの、カラフルな色彩と素材の質感が独特な雰囲気を生み出しているコミュニティ施設「Run Run Run Intervention」の写真と図面

アンドレス・ジャックによる、スペイン・マドリッドの、カラフルな色彩と素材の質感が独特な雰囲気を生み出 […]

様々な建築家にも信頼される写真家ゴッティンガムが、法律家・水野祐のサポートを得て制作した契約書についての記事「創造性を高める契約書 〜 写真家ゴッティンガムが示す共同著作のビジョン」が、期間限定で無料公開中

様々な建築家にも信頼される写真家ゴッティンガムが、法律家・水野祐のサポートを得て制作した契約書につい […]

伊東豊雄の新しい作品集『伊東豊雄 自選作品集: 身体で建築を考える』

伊東豊雄の新しい作品集『伊東豊雄 自選作品集: 身体で建築を考える』がamazonで予約受付中です。 […]

石黒泰司+和祐里 / アンビエントデザインズによる、広島の介護老人保健施設「計画と雰囲気」

石黒泰司+和祐里 / アンビエントデザインズが設計した、広島の介護老人保健施設「計画と雰囲気」です。 […]

乾久美子らが審査した、徳島の、あらわし木造4階建て集合住宅の設計コンペ「awaもくよんプロジェクト」の結果と提案書が公開

乾久美子らが審査した、徳島の、あらわし木造4階建て集合住宅(県営住宅新浜町団地建替)の設計コンペ「a […]

SNSを中心に話題となっていた、渋谷区の鍵を閉めるとガラスが不透明になるトイレの設計者は“坂茂”

なんじゃこの公衆トイレは!?工事中だった公園の新しいトイレはまさかの中が丸見え?と思ったら、鍵をかけ […]

【ap job更新】 noizが、設計スタッフ(実務経験者・ジュニアアーキテクト)を募集中

noizの、設計スタッフ(実務経験者・ジュニアアーキテクト)募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボー […]

片山正通 / Wonderwallが設計した、コンクリート壁が特徴的な東京・恵比寿公園の公共トイレが完成。日本財団による「THE TOKYO TOILET」プロジェクトの一環とのこと

片山正通 / Wonderwallが設計した、コンクリート壁が特徴的な東京・恵比寿公園の公共トイレが […]

「動画:崩落事故の橋再建、伊ジェノバで落成式 遺族ら反発」(AFP BB NEWS)

「動画:崩落事故の橋再建、伊ジェノバで落成式 遺族ら反発」という記事が、AFP BB NEWSに掲載 […]

ペトラ・ブレーゼにオンラインで話を聞いている動画。聞き手はMAXXIのアーティスティックディレクターのホウ・ハンルー

ペトラ・ブレーゼにオンラインで話を聞いている動画。聞き手はMAXXIのアーティスティックディレクター […]

レム・コールハースにオンラインでCOUNTRY SIDEをテーマに話を聞いている動画。聞き手はMAXXIのアーティスティックディレクターのホウ・ハンルー

レム・コールハースにオンラインでCOUNTRY SIDEをテーマに話を聞いている動画です。聞き手はM […]

隈研吾が、自身の東大での最終講義「コンピューテーショナルデザインとクラフト」を振り返って感想を書いているエッセイ

隈研吾が、自身の東大での最終講義「コンピューテーショナルデザインとクラフト」を振り返って感想を書いて […]

構造家の木下洋介が「2020年第15回 日本構造デザイン賞」を受賞

構造家の木下洋介が「2020年第15回 日本構造デザイン賞」を受賞しています - www.jsdcl […]

「たっぷりと時間をかけたスイスの住宅建設計画」(swissinfo)

「たっぷりと時間をかけたスイスの住宅建設計画」という記事が、swissinfoに掲載されています - […]

チームラボが、アルマーニ / 銀座タワーの為に制作した「デジタルウォール」の動画

チームラボが、アルマーニ / 銀座タワーの為に制作した「デジタルウォール」の動画です。こちらのアルマ […]

伊東豊雄が審査員長を務めた、くまもとアートポリスプロジェクト「立田山憩の森・お祭り広場公衆トイレ」の結果と提案書が公開

伊東豊雄が審査員長を務めた、くまもとアートポリスプロジェクト「立田山憩の森・お祭り広場公衆トイレ」の […]

前田圭介 / UIDによる、広島市の住宅「PeacoQ」

前田圭介 / UIDが設計した、広島市の住宅「PeacoQ」です。 緩やかに湾曲する雛壇状の宅地北面 […]

建築系検索エンジンKenKen!

板倉構法(落とし込み板壁)の構造と防火性能に関する講習会〔総合編〕【名古屋会場】

板倉構法(落とし込み板壁)の構造と外壁の防火性能に関する講習会を愛知県名古屋市にて開催いたします。板倉構法は、耐力壁として木摺りタイプで壁倍率最大2.2倍、桟付きパネル式で...

日本初の純木造7階建てテナントビル「髙惣木工ビル」構造見学会

宮城県仙台市にて純木造7階建てテナントビルの構造見学会を開催致します。

高知県立林業大学校 隈研吾校長 特別講義 オンライン開催

建築家・隈研吾氏が校長を務める高知県立林業大学校は、令和2年10月23日(金) 19:00〜21:30にて、隈研吾校長 特別講義をオンラインにより開催いたします。

森林(もり)を活かす都市(まち)の木造化推進オンラインセミナー

9月2日(水)「森林(もり)を活かす都市(まち)の木造化推進オンラインセミナー」を開催いたします。

都市は自然

建築家・團紀彦が、本展の展示構成を手掛けています。美術作品、関連資料他、様々な展示物を通じ、日本の自然観、都市観に基づいた團紀彦の解釈による「共生」の展観を試みます。

8月開催_オンライン建築スタディプログラム 日本×北欧

8月に日本と北欧の建築学生がオンラインで建築を学ぶスタディプログラムを開講いたします。このプログラムでは、さまざまなオンラインツールを使ってデザインしコミュニケーション...

隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 ― 石と木の超建築

隈研吾がこれまで手掛けた建築創造を集大成! 展覧会場に浮かび上がる、石と木の超建築群

開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―

バウハウス開校100年を日本で祝う巡回展「きたれ、バウハウス」が、東京ステーションギャラリーで開催されます。

【生放送】隈研吾×藤村龍至×東浩紀「『点・線・面』(岩波書店)刊行記念イベント(仮)」

建築家・隈研吾氏の新刊『点・線・面』(岩波書店)の刊行を記念し、同じく建築家の藤村龍至氏と、ゲンロン創業者・東浩紀のトークイベントを開催します。

みんなでクリエイティブナイト第4回 「アフターコロナとデザイン」

みんなでクリエイティブナイト第4回 「アフターコロナとデザイン」を開催!ゲスト:豊田啓介氏(建築家/noiz ・gluonパートナー)、高橋寿太郎氏(創造系不動産代表)ファリシテーター:西澤 ...

「隈研吾・西澤明洋が語るアフターコロナの建築とデザイン」YouTubeライブ配信

建築倉庫ミュージアムが、緊急特別企画として、「隈研吾・西澤明洋が語るアフターコロナの建築とデザイン -建築倉庫×クリエイティブナイト-」を2020年5月14日(木)19時よりYouTubeにてラ...

岐阜イノベーション工房2020シンポジウム : 都市の“辺境”(フロンティア)

建築家・豊田啓介さんをゲストにお招きし、その取り組みにくわえて、その背後にある視点や考え方、課題を学びます。このシンポジウムに参加することにより、大きく変化し続ける世界...

第12期 家づくり学校 受講生募集のお知らせ

家づくり学校は、実際に建てるための知識を学び、自分らしく生きる道を見つける場です。住宅の設計は楽しいもの。しかし勉強しなければいけないことがたくさんあり、実際の仕事では...

藤森照信 『建築が人にはたらきかけること』刊行記念 トークイベント

藤森照信先生の「建築が人にはたらきかけること」の刊行を記念して宮沢 洋さんをゲストに迎えトークイベントを開催します。

光嶋裕介×ドミニク・チェン 「未来をつくる建築」

情報学研究者で起業家のドミニク・チェンさんと、建築家の光嶋裕介さん。共に、海外の地で育ち、日本文化の外からそれぞれの世界を学び、いま日本で独自の働き方をする同世代として...

トークイベント&サイン会『藤森照信 建築が人にはたらきかけること』刊行記念 藤森照信×門井慶喜

建築史家であり、建築家・藤森照信さんの新刊書籍『藤森照信 建築が人にはたらきかけること』の刊行を記念した対談&サイン会を開催いたします。対談ゲストには小説家の門井慶喜さんをお招きします。

Japan Home & Building Show 2020

「Japan Home & Building Show」は、建材やインテリア製品、構造材・部材、設備、サービスなど住宅から商業施設、まちづくりにおける建築に関する幅広い製品が出展する展示会です。

住宅における良好な温熱環境の 実現に向けた実務者向け講習会

本講習では、住宅における良好な温熱環境実現研究委員会」における研究成果をもとに、温熱環境改善の必要性、住宅改修における水回り設計に資する温熱環境暫定水準案、温熱環境改善...

『 SDGs×建築×環境 』 第1回 地域から考えるSDGs

群馬の地で、SDGs をより身近なものに感じていただくため、住環境について考えます。

住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査 第4回報告会

この度、平成26年度より国土交通省の採択を受け実施して参りました「スマートウェルネス住宅等推進調査事業」に関する【第4回報告会】を開催いたします。

建設通信新聞

公告一般入札・阪神高速道路

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【阪神高速道路】 〈簡易…

入札結果・京都市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市】 (2月28日)▽京都市醍醐…

連載・住民の感性を考慮した長寿命化修繕計画(8)

【国際建設技術協会国際建設技術研究所 研究第三部主任研究員(ニュージェック)保田 敬一/飽きのこない…

研修計画は197コース/国土交通大学校

 国土交通大学校は、2017年度の研修計画を策定した。「国民の安全・安心の確保」「生産性向上による成…

入札結果・近畿整備局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近畿整備局】 (2月21日)▽京都御…

建設論評・成長戦略を競う時だ

 大手ゼネコンを始めとする建設業界の業績が好調だ。2017年度の第3四半期決算では、四半期決算を開示…

入札結果・近江八幡市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近江八幡市】 (2月28日)▽近江八…

話題縦横・JAPIC研究会が提言/“日本を元気にする”複数プロジェクト

【地方創生の起爆剤として注目】 日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、宗岡正二会長)の国土・未来プ…

入札結果・東近江市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【東近江市】 (2月27日)▽市立能登…

催し物・第3回なら景観フォーラム

 ◇奈良県主催「第3回なら景観フォーラム」 11日午後1時30分から午後4時まで、奈良市の奈良県文化…

本日、一部地域で新聞が届かないため、電子版を公開いたします

17年度予算・木津川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 京都府木津川市の2017年度予算案は、一般会計が前年度…

17年度予算・寝屋川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 大阪府寝屋川市の2017年度予算案は一般会計が前年度比…

入札結果・京都市上下水道局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市上下水道局】 (2月23日)▽…

コンペ&プロポーザルDigest

【◆発注者【件名・設計範囲】委託方法=末尾は本紙掲載日】◎募 集◆大阪府【守口警察署新築工事基本・実…

17年度予算・伊丹市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。伊丹市   骨格で2.2%減 兵庫県伊丹市の2017年度…

三方よしのインフラメンテ/JFMAら/福島で3月7日にシンポ

 日本ファシリティマネジメント協会 (JFMA、山田匡通会長)とインフラメンテナンス国民会議は7日、…

JIA日本建築大賞・優秀建築賞・新人賞・25年賞・環境建築賞

 日本建築家協会(JIA)は、25日に開いた優秀建築選公開審査でJIA建築大賞のほか、新人賞、環境建…

二川幸夫写真集『天上の庭』/3月4日からGAギャラリーで展示

 建築写真家であり出版人としても建築の表現を追求した二川幸夫が遺した最後の写真集『天上の庭』(エーデ…

公告一般入札・西日本高速道路新名神京都事務所

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【西日本高速道路新名神京…

AKICHIATLAS

日本建築家協会が主催する建築賞の公募

日本建築家協会が主催する建築賞の公募

第4回 アート&デザイン新世代賞

アート&デザイン新世代賞は若者を対象とした全く新しいカタチの新人賞

第3回 片岡安賞(日本建築協会論考コンクール)

建築と社会をテーマとした論考を募集。今回の募集テーマは「建築におけるダイバーシティとは」

第15回 日本構造デザイン賞

建築設計の分野で優れた成果を発揮した構造設計者を顕彰し、構造デザイン活動の活性化を図り、建築文化の発展に寄与することが賞の目的。構造設計者の優れた業績に対して社会評価が行われる機会の少ない状況を改善しようという、故松井源吾教授の高邁な思想に基づいて、1990年に設立された「松井源吾賞」を継承する形で、2006年に発足した表彰システム。

awaもくよんプロジェクト設計競技

公営住宅の建て替え設計競技

第7回 再築大賞

再利用できる資材を活用し、身体・環境に配慮した長期耐用住宅の実例を募集。

2019年度 JIA日本建築大賞・JIA優秀建築賞・JIA優秀建築選

日本建築家協会が主催する建築賞の公募

家具デザインの募集

家具デザインの募集

第45回 「北の住まい」住宅設計コンペ

今年のテーマは「新キタスマ様式」

第27回 空間デザイン・コンペティション

今年の課題は 「幸せな空間をつくるガラス」

富山県内の地域社会の発展に寄与し、かつ優秀な建築作品に対して…

富山県内の地域社会の発展に寄与し、かつ優秀な建築作品に対して表彰するアワード。

第14回 長谷工住まいのデザインコンペティション

今年の課題は「集まって生きるかたち」

中国地方の建築文化の発展に顕著な貢献が認められる建築活動を表…

中国地方の建築文化の発展に顕著な貢献が認められる建築活動を表彰

近年中に完成した建築に関する論文、作品、技術、業績を表彰。1…

近年中に完成した建築に関する論文、作品、技術、業績を表彰。1949年以来の伝統ある建築賞。

ARCASIA学生論文募集

ACAE(ARCASIA建築教育委員会)による学生論文募集 “TOY”:Thesis of the Year 2020

新進建築家を対象とした建築賞

新進建築家を対象とした建築賞

中部圏域の地域社会の発展に寄与し、かつ「持続可能な社会」を目…

中部圏域の地域社会の発展に寄与し、かつ「持続可能な社会」を目指すという時代の要請に対応し、地域と環境に根ざした優れた作品を表彰。

イソバンド®️・耐火イソバンドPro®️・イソダッハ®️等N…

イソバンド®️・耐火イソバンドPro®️・イソダッハ®️等NISCパネルを使用した建築物のコンテスト

福岡国際建築コンペティション

福岡市を舞台に建築のアイデアを募る国際コンペ

県営住宅建て替え等のプロポーザル

県営住宅建て替え等のプロポーザル

10+1

建築の概念の拡張 |石上純也|田根剛|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_it_thumb-thumb-400xauto-2374.jpg" /></p> ───本対談は、2018年4月、「石上純也──Freeing Architecture」展(カルティエ現代美術財団)の開催およびそのカタログである『自由な建築』(LIXIL出版)の発行を機に、非公開で行われました。それからおよそ2年を経て、両氏ともに注目すべき活動を展開され続けていますが、ここで語られていることは、両氏の活動の軌跡を捉えるためだけでなく、現代の建築を考える上でも確かな意義があるもの

202003 リサーチとデザイン ──ネットワークの海で建築(家)の主体性と政治性を問う |青井哲人|連勇太朗|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_am_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2364.jpg" /></p> 観察と実践をめぐる中動態的モデル:コーンとサンドウィッチ 青井哲人──編集部から投げかけられたテーマは「リサーチとデザインの関係をめぐって」というものです。関連する近年の話題として、貝島桃代さんがキュレーターを務めた2018年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の日本館展示「建築の民族誌(Architectural Ethnography)」がありました。デザインを直接に扱ってはいませんが、当然

202003 いまこそ「トランスディシプリナリティ」の実践としてのメディアを ──経験知、生活知の統合をめざして |南後由和|貝島桃代|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_nk_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2361.jpg" /></p> 都市や空間の枠組みからの解放と創造 編集──本日はよろしくお願いします。今日は南後さん、貝島さんの近年のご関心、お仕事から、世界的なさまざまな建築・都市メディアの展開、そして今号で更新が最後となる「10+1 website」の20年間、そしてこれからのメディアのあり方、議論の方法など、多岐にわたるお話を伺いたいと思っています。南後さんがサバティカルから一時帰国された際に、進行中のとても興味深い研

202003 独立した美術・批評の場を創出するために |五十嵐太郎|鷲田めるろ|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_iw_thumb-thumb-400xauto-2362.jpg" /></p> ビルバオの衝撃から芸術祭まで 編集──五十嵐太郎さんと鷲田めるろさんには、雑誌時代から「10+1」のなかで美術や建築をめぐるさまざまな議論を展開していただきました。最終号の本特集では美術と建築のあり方を総括していただき、今後の展望についてお話を伺いたいと思います。まずは「10+1」が活動してきた26年の間における美術、建築の動向についてお聞かせください。 鷲田めるろ氏 鷲田めるろ──よろし

第12回:大変動の時代の建築 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 変化の時代に何ができるか 私たちの社会はいま、巨大な変化のうねりのなかにある。その変化は地球規模の気候変動にも、あるいは同じくグローバルな社会変動にも現れている。この圧倒的スケールの変化のなかで、私たち一人ひとりに何ができるのか? 建築にいったい何ができるのか? ときに無力感に苛まれながらも、さまざまな分野のなかで多様な人々が日々奮闘している時代に、私たちは生きている。 筆者自身も、この変化

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画として、2月15日に磯崎新氏と浅田彰氏による対談が行われます。 日時 2020年2月15日(土)14:00- 会場 国立国際美術館 B1階 講堂 (大阪府大阪市北区中之島4-2-55) 参加費 無料、定員130名、要事前申込 申込方法の詳細はウェブサイトをご確認ください ウェブサイト イ

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しかし、「公=みんなのもの・場所」としてとらえてみると、「公」とは、一人ひとりの「私」が重なり合い、立ち上がっていくものとして考えることができます。「公」と「私」をどのように認識するかによって、まちでの生活や個人のふるまいを妨げたり、逆に広げたりすることにもつながるのではないでしょうか。 今回のディス

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どのような出来事の変遷を経て、形成されてきたのでしょうか。それをなぞろうと、私ではない他者の記憶や記録というフィルター越しに風景を眺めなおしたとき、「いま」の捉えかたはどのように変容するのでしょうか。 今回のディスカッションでは、記録の少ない敗戦直後の東京の姿を探るため、米軍やアメリカ人個人によって

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してきました。  本展は、演出家・アーティストである高山明(Port B)の企画によって、どこでも再現可能な形態でつくられた都市のインフラ/構成要素を「模型」として捉え、現在の東京のリアルな姿を浮かび上がらせる試みです。高山明の演劇的手法によって、展示空間は日々生成変化する場となり、東京という都市に接

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。[ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水)19:00 - 21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョ

ソトノバ・アワード2019公開最終審査会(千代田・2/8)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 2019年12月-2020年1月にかけて、募集をした、ソトノバ・アワード2019。2017年、2018年に引き続き、3回目の開催です。日本全国から10のプロジェクトの応募がありました。二次審査でもある、公開最終審査会には、10のプロジェクトが選出されました。そこで、公開最終審査会を開催します。応募者のプレゼンと審査を傍聴できるほか、一般投票賞が当日参加者の投票により決まります。 [ウェブサイ

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開催します。 藤森氏は建築史家としての活動を経て1991年45歳で建築家デビュー。以降28年にわたり、どこか壊かしさを感じる藤森流の建築を数多く発表しています。 本セミナーでは近作解説のほか、素材の調達方法、建築を移動可能に仕上げる「木造モノコック」などにも触れながら、藤森氏の設計スタイルについてお

展覧会「Daisuke Motogi / DDAA LAB Exhibition "FRUITS BOWL"」(渋谷区・2/4-2/16)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築家・元木大輔が代表をつとめるDDAAによる展覧会&quot;FRUITS BOWL&quot;を開催します。同名のZINEの販売のほか、会期中の2月8日にはフルーツサワーを出すイベントも。ぜひ足をお運びください。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月4日(火)- 2月16日(日) 開館時間 12:00 - 20:00 会場 ユトレヒト (東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマ

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2020/02/symposium_200307-thumb-400xauto-2359.jpg" /></p> 日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのような変容をもたらすのか、テクノロジーは建築デザインをどこに導こうとするのかをテーマにシンポジウムを企画する。 かつて近代建築を語る際、「機能的なものは美しい」という命題が繰り返された。戦後日本において、幾人かの建築家はテクノロジーの進歩を素直に建築に表現すれば自ずと近代建築になり、今は見た目が無骨で

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水) 19:00-21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ

第12回:大変動の時代の建築 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 変化の時代に何ができるか 私たちの社会はいま、巨大な変化のうねりのなかにある。その変化は地球規模の気候変動にも、あるいは同じくグローバルな社会変動にも現れている。この圧倒的スケールの変化のなかで、私たち一人ひとりに何ができるのか? 建築にいったい何ができるのか? ときに無力感に苛まれながらも、さまざまな分野のなかで多様な人々が日々奮闘している時代に、私たちは生きている。 筆者自身も、この変化

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既成概念にとらわれず、「看板=サイン」を広義に捉え、そのあり方や可能性について様々な角度から考察、探求するプロジェクトです。前回開催から3年ぶりとなる本展示では、東京「村世界」を会場に、札幌文化芸術交流センター[SCARTS]テクニカルディレクター・岩田拓朗、建築家・加藤正基、ネオンベンダー・山本祐

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫刻という幸いについて」が開催されます。 - 彫刻家・青木野枝は、大気や水蒸気をモティーフに、万物がうつろいゆくなかの生命の尊さをあらわしてきました。その彫刻は、鉄や石膏という固く重い素材を用いながら、周囲の空気をまとって、とても軽やかに見えます。 作品のほとんどが展示場所に合わせて作られ、展示が終

第11回:建築の「時間デザイン」と「メンテナンス」という哲学 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> パリ、ノートル=ダム大聖堂の屋根火災 2019年4月15日の夕刻、パリのノートル=ダム大聖堂の尖塔で火災が発生し、夜のあいだに大聖堂の屋根全体を焼き尽くす大惨事となった。筆者にとって最愛の建築ともいうべきパリ大聖堂がこれほどの被害を受けたことは、個人的にいまなお大きな衝撃なのだが、これから進むであろう大聖堂の修復は、建築の時間デザイン(文化財修復/リノベーション)の問題を考えるうえで、私たちに本

202001 アーバニズム、建築、デジタルデザインの実践とグラデュアリズム |中島直人|秋吉浩気|中村健太郎|谷繁玲央|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2019/12/1912_nant_05-thumb-400xauto-2355.jpg" /></p> 政治的、産業的な意思決定の中心から疎外された建築家 谷繁玲央──今日はよろしくお願いします。「10+1 website」の4月号では八束はじめさん、市川紘司さん、連勇太朗さんによる鼎談「平成=ポスト冷戦の建築・都市論とその枠組みのゆらぎ」が行われました。そこではゼロ年代の建築家の動向や、今後の建築家の職能はどうあるかが議論されました。この20年ほどの間、建築の言説が停滞していることと並行し、建築