Architecture
News

ケンプラッツ

これからできる大規模オフィスビル調査データ2020(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2019年に完成または2020年以降に完成予定の都内118の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産の価格がわかる本 改訂版(日経不動産マーケット情報の本)

不動産で収益向上をめざす実務者必読!! オフィスビル、商業施設、ホテルなどのアセットごとに、価格の評価に関する知識を習得できます。

決定版!グリーンインフラ(日経コンストラクションの本)

新ビジネスで市場拡大へ。第一線の識者50人以上が国内外の最新事例を解説します!

土はなぜ崩れるのかセット(日経コンストラクションの本)

Q&A形式で学ぶ「土はなぜ崩れるのか」をセットにしました!

これからできる大規模オフィスビル調査データ2019(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2018年に完成または2019年以降に完成予定の都内126の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産テック 巨大産業の破壊者たち(日経不動産マーケット情報の本)

不動産会社化するグーグル、アマゾン、ソフトバンク―。巨大IT企業の目には何が映っているのか?

エコハウス時代の換気トラブルを徹底取材(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 今後増すと見込まれる換気設備の重要性とリスクを踏まえ、日経ホームビルダー7月号の特集では、近年発生したトラブルの事例を徹底取材。その内容を7つに分類しました。

冷凍よりも「調理して高く売れ」、転換期の保存(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

5月24日号の特集「稼げる保存」は、文化財の「活用」を訴え続けているデービッド・アトキンソン氏のインタビューから始まります。同氏は、日本のこれまでの建築保存を「冷凍保存」と...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2018(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

都内128の大規模ビルプロジェクトの詳細データを収録!<日経不動産マーケット情報(編)/ 本体24,000円+税、読者特価:本体10,000円+税 / 発行日:2018年5月31日>

平均年収は680万円に回復するも…5年ぶり労働実態調査どう読む?(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 2018年5月10日号の特集は「労働実態調査2018 脱・長時間労働」です。一級建築士365人のアンケート回答を得て、年収や労働時間、やりがいなどを分析しました。同様の調査を10年前の2008年...

現場ロボット普及前夜、建設会社が手を結べば…(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 古くは「桃太郎」、ベテラン世代は「七人の侍」、現役世代は「ドラゴンボール」……。こういうタイプのストーリー展開を「戦士集結型物語」と名付けるとすると、今号の特集「真の...

家ブログを侮ってはいけない(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 住宅を建設する際に、インターネット上のブログへ工事や打ち合わせの内容を細かく記録する“家ブロガー”が増えています。手間をいとわずにそうした取り組みに注力する建て主は、...

創刊42年、「座して待つ」からの脱却(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 新築需要だけではこの先食っていけない──。今や建築実務者の多くが感じている危機感でしょう。しかし、それ以外に一体どうやって稼げばいいのか──。そのヒントを探るのが4月12...

注目の話題は「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月26日~4月1日のアクセスランキング1位は、2017年が「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」、2016年が「引き戸が人気、省エネ先進国ドイツの窓の最新トレンド」、2015年が「パッシブデ...

注目の話題は「ユニクロの新オフィス公開」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月19日~3月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「ユニクロの新オフィス公開、物流倉庫の最上階」、2016年が「24時間換気があるのに換気不足」、2015年が「『さすが免震と思ったの...

注目の話題は「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月12日~3月18日のアクセスランキング1位は、2017年が「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」、2016年が「ぎふメディアコスモスの屋根に水たまり」、2015年が「またか、東洋ゴム工業が免震材...

中高層建築は木材をこう使う(木材活用 最前線)

東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの2...

激甚化する水害(日経コンストラクションの本)

激甚化する水害や土砂災害について、豊富な写真と資料を交えてメカニズムや社会に与える影響を解説。<気候変動による水害研究会(著)/ 価格:本体2,000円+税 / 発行日:2018年3月27日>

注目の話題は「『働き方改革』を先導する本社移転」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 2月26日~3月4日のアクセスランキング1位は、2017年が「『働き方改革』を先導する本社移転」、2016年が「地震被害で有罪判決、構造設計者の反論」、2015年が「谷口吉郎がホテルオークラ...

木造のコツは「燃え抜けない」設計(木材活用 最前線)

中大規模木造には、新しい木質材料や技術工法が次々と登場しており、また法制度の整備も進んでいる。中大規模建築の木造化・木質化について防火の観点から、桜設計集団代表の安井昇...

ArchDaily

Johannes House Extension / MADAM architectuur

The existing house in the middle of the fields is very charming. It’s architecture does not interact with it’s context so it seems as if the house accidentally ended up there.

Algarve House / tip architects

The construction was implemented along the terrain, integrating itself into the landscape, preserving the totality of the existing tree structure and benefiting from an East/West exposure and the East/Southeast ocean views.

Climate Change and the Arrival of the Baseless House

Like most of you, I have spent the last two months quarantined. I’m a bit embarrassed to say it, but just as nobility fled the cities during the plagues of the Middle Ages, we’ve been lucky enough to escape densely populated Boston, a hotpot for the pandemic, and spend our days along the shore in Marshfield, a small town about 45 minutes south, where we have a weekend house. I must constantly remind myself that it could be far worse.

COVID-19 & the Future of Architectural Education

The Midnight Charette is an explicit podcast about design, architecture, and the everyday. Hosted by architectural designers David Lee and Marina Bourderonnet, it features a variety of creative professionals in unscripted conversations that allow for thoughtful takes and personal discussions. A wide array of subjects are covered with honesty and humor: some episodes provide useful tips for designers, while others are project reviews, interviews, or explorations of everyday life and design. The Midnight Charette is also available on iTunes, Spotify, and YouTube.

Caselas School and Kindergarten / Site Specific Arquitectura + Patrícia Marques e Paulo Costa

The school is located on the border between Caselas neighbourhood and Monsanto Natural Park in Lisboa. Caselas was built from the ground up in 1949, as a low-density suburban housing estate, recreating the village environment. The plot configures an interruption of the forest mass, whose presence is still recognizable by the mature and consolidated pine forest that defines its southern perimeter and the big pine tree located at the school entrance. To the north, the plot faces three-story multi-family dwelling buildings. The plot also makes the topographic transition between the pinewood - high level - and the neighbourhood - low level. The original school was built in 1956, according to the Centennial Plan - Extremadura typology. Included four rooms spread over two floors, in two autonomous wings (male and female), complemented by a porch to the north, with the sanitary facilities. Later, two secondary buildings were built.

Radical Repair: Log 48 in Conversation with Mabel O. Wilson

“The center of architecture is shifting and cannot hold,” writes guest editor Bryony Roberts in Log 48: Expanding Modes of Practice. This moment of change, in which issues of inequity and intersectionality are coming to the fore, represents “an invitation to think differently, a chance to reask the questions that haunted the 20th century.” To that end, Roberts conducted a series of interviews with experimental architects exploring new forms of practice, including this conversation with Mabel O. Wilson.

Carmelites Extension / NOTAN OFFICE

Urban transition and new orientations. The project adds two floors on an existing volume and reorganize entirely the plan with a creation of a patio, transforming an urban house into a two apartment construction, a duplex on the two first floors and a triplex above it.

Machiya in Kawagoe House / K+S Architects

This house is located in a quiet residential area, which is to Northside of Kurazukuri Zone (Old storehouse zone) in Kawagoe City. In the summer Koedo Kawagoe Fireworks Display is exciting in the whole city, in the autumn Kawagoe Festival, a lot of lantern lights in front of the house are fantastic and traditional.What is the best harmony of their family's lifestyle and the traditional Kawagoe City? This project has three important themes.

Half Space / Y.AN DESIGN

Backgroun
Since the Reform and Opening-up, a “third-generation” living type has appeared in rural areas of southern Zhejiang province, which has formed a unique local landscape of 5-storey residential buildings with narrow width and long depth. The style of multiple-storey and narrow-width has isolated each storey, homogenized functions, and reduced spatial interactions. Besides, the limited number of family members has led to a waste of the top storey in the house or even all high stories in the residential buildings.

La Cucina / Myeongborang / Choon Choi Architects

La Cucina / Myeongborang is located at the highest point in the Hannam district on the south side of Namsan, commanding a panoramic view of the city, from Han River to the N-Tower. Whereas the previous building on this prominent site, Gallery Bing, dominated its surroundings with its monolithic, crystalline form, the new building seems to disappear into its soft and muted atmosphere, as its veiled and reflective surfaces optically blur and disintegrate the building.

House in Chau Doc / NISHIZAWAARCHITECTS

Located in a suburb of ChauDoc town in AnGiang province, Southern Vietnam, this house is a sharing residence of 3 nuclear families who are kin. Although this project budget was tightened with local standards, which only allowed us to build a house with thin corrugated metal panels, we have tried to satisfy not only the regional spirits but also the rich lifestyle in which is fulfilled by sunlight, greenery and natural ventilation, as it were, living in a half-outdoor gardens.

Mauritius Commercial Bank / Jean-Francois Koenig Architect

The Mauritius Commercial Bank building designed by Mauritian architect Jean-Francois Koenig in 2006 and completed in 2012 is situated in the centre of the island of Mauritius to decentralise from head office in the Capital City Port Louis to be closer to the living areas of the workforce thereby reducing travelling time and distance from the workplace.

Taylor Beach House / SPF: architects

SPF:a has completed renovations on the Taylor Beach House, a 1977 home originally designed by noted California modernist Jerrold E. Lomax, FAIA (1927-2014). Located along the Malibu, CA coast, the Taylor Beach House is well appointed with 5,000 square feet of modern living space, 50 feet of beach frontage, and unobstructed ocean views from each floor.

Stoke Newington House / Material Works Architecture

Material Works were commissioned to design a a small addition to this victorian terraced house in Stoke Newington, London. With a limited budget and limited space for building in, the challenge was to transform the existing dark and cramped kitchen space into a bright and open space that would cater to the needs of a growing family. To achieve this an extensive roof light was installed above the new addition made from frameless glass panels supported on solid oak roof joists. The new external walls were built with reclaimed local bricks to add character and texture to the interior finish. The rear wall was opened up with large sliding glass doors set above a new window seat in oak veneer to match the structural timber and create additional storage.

AD Classics: Fundació Joan Miró / Josep Lluís Sert

Located on Montjuic hill in Barcelona and designed by the rationalist style architect Josep Lluis Sert, ​​the Fundació Joan Miró (Joan Miró Foundation) is a unique space imagined by Miró with a dream of bringing art to the entire world.

Antel Arena / Bacchetta | Flores | Carámbula

The building aims to be a system that harmoniously integrates the new expected uses with a space of high-quality landscaping and urbanity, with various proposed activities with a strong symbolic character. An open, flexible urban facility is generated that allows the development of various contents and promotes social integration.

Etheral Luminosity from Above: General Motors Technical Center

The General Motors Technical Center fascinates with architecture filled with an abundance of light. Interior offices and showrooms evoke the impression of a calm overcast sky for a human environment and beauty. The campus designed by Eero Saarinen represents an influential icon of midcentury design. Susan Skarsgard's book "Where Today Meets Tomorrow" opens intriguing perspectives to the origin of the American landmark.

Belvedere Pavilion / Kawahara Krause Architects

Belvedere was built in Hamburg’s central park Planten un Blomen as part of the “Hamburger Architektur Sommer” (the Hamburg architecture triennial) and to mark the 30th anniversary of the city partnership between Hamburg and Osaka. Designed by Kawahara Krause Architects and with a colour concept by Japanese artist Nobuko Watabiki, the pavilion functions as an interaction of art and architecture and creates a quiet retreat in the fluid space of the vast park. As a public platform it invites visitors to enjoy and experience new perspectives of this popular and familiar park.

Urban Renovation of Tianjin Tractor Factory / Archiland

As an old industrial base in Tianjin, the Tractor Factory of Tianjin made outstanding contribution to the industrial development of China in the 1950s. As time develops, the industrial function of this plot is no longer prominent. Therefore, this renovation is not only a transformation of function, but also a successful conservation of the critical industrial heritages in Tianjin.

VISAYA Hotel / ATDESIGN

White Building
The hotel was built in this natural landscape, pure and independent in its all-white architecture. Because the building is located on a hillside, shen mo, the designer, takes measures according to local conditions, laying out a stepped walkway leading to a high place, where you need to pass through a "box" to enter the house, greet guests with a sense of ceremony, and ascend the steps to the destination. To surrounding environment using acme, designers use large area be born glass to make the natural landscape and space out of the window, the whole building is like a space open to nature, to satisfy the people are yearning for natural and pure, in such a minimalist space, feel the time rest, enjoy the beautiful artistic conception.

Dezeen

West Stow Lodge by Project Orange features a traditional exterior and a pared-back interior

Oak joinery, white-painted bricks, and concrete flooring were used to make the interior of this new house in Suffolk, England, more contemporary than its traditional pitched-roof exterior (+ slideshow). (more…)

Interactive online documentary Refugee Republic awarded twice at Dutch Design Awards 2015

Dutch Design Week 2015: agency Submarine Channel won two prizes at this year's Dutch Design Awards with its web narrative that presents life and experiences in a refugee camp. (more…)

Lukstudio suspends metal wires to look like drying noodles at Chinese restaurant

Shanghai-based Lukstudio has reinterpreted a traditional Chinese food drying rack with a metal grid structure and hanging wires for a noodle bar in Changsha (+ slideshow). (more…)

Ben Jones’ Dot Net video uses animation to recreate Battles’ “technicolour sounds”

Music: director Ben Jones has collaborated with experimental rock band Battles on a riotous animation-heavy film that questions society's addiction to "screen time". (more…)

FCC Arquitectura and Paulo Lobo transform old Portuguese wine estate into a tourist attraction

A wine estate near the city of Lixa, Portugal, has been converted into a hotel for wine tourism, featuring rustic stone structures and contemporary buildings clad in pre-weathered steel or timber slats (+ slideshow). (more…)

Lose track of time on Dezeen’s new clocks Pinterest board

We've created a clocks Pinterest board full of unique time-keeping devices to remind UK readers to turn their clocks and watches back an hour as British Summertime officially ends tonight. Follow Dezeen on Pinterest | See more clock-related design on ...

This week, Sagrada Família reached a milestone and Nike launched Back to the Future shoes

This week on Dezeen: Antoni Gaudi's Sagrada Família basilica entered the final stage of construction this week 90 years after the architect's death, while Nike celebrated Back to the Future day with the release of its eagerly anticipated self-lacing shoes. (more…)

Daniele Cristiano’s Calibro sideboard references an old ammunition box

Italian designer Daniele Cristiano has created a multipurpose storage unit that is shaped to look like a vintage ammunition chest. (more…)

MOS Architects creates modular house made entirely from corridors

Chicago Architecture Biennial 2015: New York-based studio MOS Architects has created an installation that explores the possibility of building homes using only corridor and hallway-like spaces (+ slideshow). (more…)

Floris Schoonderbeek’s Groundfridge chills food without electricity

Dutch Design Week 2015: this globe-shaped fridge by Dutch designer Floris Schoonderbeek is intended to be buried underground, keeping food cool without using electricity. (more…)

US job of the week: designer at Atelier de Troupe

Our US job of the week on Dezeen Jobs is for a designer at Los Angeles studio Atelier de Troupe, which designed 18 new suites for the boutique hotel L'Hôtel du Ministère (pictured). Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Snøhetta’s new building for SFMOMA nears completion

San Francisco Museum of Modern Art has released the first images of Snøhetta's near-complete extension building showing its striated facade and atrium. (more…)

Staab Architekten chosen to extend Berlin’s Bauhaus-Archiv with “almost frail” design

Berlin architect Volker Staab has won a competition to extend the Bauhaus archive and museum in the German capital, designed by founder Walter Gropius in the 1960s. (more…)

“Robotic construction and 3D printing are the future” says Wolf D Prix

Combining robotic fabrication with 3D printing offers "amazing" opportunities for architecture and could help solve the global refugee crisis, according to Coop Himmelb(l)au founder Wolf D Prix (+ interview). (more…)

The Dezeen Jobs guide to getting your first job in the design industry

How can young designers break into the industry? In the first of a new series of careers-advice columns from Dezeen's recruitment platform Dezeen Jobs, Rob Bye offers some tips. (more…)

Bird heads and leaping golfers adorn Jason Page’s alternative golfing suits

Dutch Design Week 2015: golf outfits have received a graphic makeover from Design Academy Eindhoven graduate Jason Page, whose collection of alternative attire is designed to make the sport more accessible. (mor...

Rick Owens opens first Los Angeles store in 1920s ribbon factory

Fashion designer Rick Owens has opened his first store in Los Angeles on North La Brea avenue – installing architectural elements influenced by a legendary filmmaker within a former industrial space (+ slideshow). (more…)

Assemble’s Granby Workshop social enterprise in Liverpool will sell locally produced homeware

Turner Prize-nominated architecture collective Assemble has launched a Liverpool-based workshop selling homeware made in collaboration with local artists and craftspeople (+ slideshow). (more…)

Job of the week: project architects at DSDHA

Our job of the week on Dezeen Jobs is for architects at DSDHA, whose projects include a house designed to camouflage with its surroundings. Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Gaudi’s Sagrada Família enters final stage of construction

The Sagrada Família basilica has entered its final stage of construction, over 100 years since its foundation stone was laid and 90 years after its designer Spanish architect Antoni Gaudi died. (more…)

Plataforma Arquitectura

Casas Triada / Lucía Villers

Triada es un proyecto de tres pequeñas casas en la ciudad montañosa de Guanajuato en México. En un terreno con 10 metros de frente por 16 metros de profundidad y una pendiente del 30%, las casas se escalonan siguiendo la forma de la montaña y se desarrollan en desniveles adaptados al terreno, esto permite diferenciar una casa de otra.

¿Por qué necesitamos ir más allá de los renders?

La arquitectura, como cualquier otra profesión, necesita herramientas específicas para suceder. Mientras el poeta usa la pluma y el carpintero usa la sierra, el arquitecto también usa algunos instrumentos para traducir sus diseños en muros, pisos y techos. La complejidad de la arquitectura, sin embargo, requiere más que una pluma y una sierra de mano, mucho más que una regla y un tablero de dibujo; se requiere actividad colectiva y múltiples etapas, hasta que se haga la arquitectura real, la concreta, y para esto, hay pasos que deben seguirse y, para cada uno, existen diferentes herramientas.

Casa Lerida / Cristian Yazigi + Crescente Böhme Alemparte

El proyecto está ubicado en Calle Lérida, en la comuna de Las Condes, Santiago, en lo que fue un loteo de viviendas económicas construido en la década de los 70’.

Casa de Neil y Kate Rowntree / ateliermob

En Junio del año 2017, un gran incendio forestal estalló en Pedrógão Grande y se extendió a través del bosque hasta Figueiró dos Vinhos, Castanheira de Pêra, Sertã, Penela, Góis y Pampilhosa da Serra, afectando a alrededor de 500 casas (259 de las cuales eran casas principales) y donde 64 personas perdieron la vida tratando de escapar de los incendios.

Centro de orientación Hillbrow / Local Studio

Antes del inicio de este proyecto, la Fundación Outreach proporcionó un maravilloso servicio de orientación a las víctimas de traumas en Hillbrow, un área plagada de crímenes y violencia. En los últimos años, los consejeros del centro recibieron capacitación adicional para manejar traumas únicos relacionados con migrantes y refugiados.

Casa de Manuel Valente / ateliermob

En Junio del año 2017, un gran incendio forestal estalló en Pedrógão Grande y se extendió a través del bosque hasta Figueiró dos Vinhos, Castanheira de Pêra, Sertã, Penela, Góis y Pampilhosa da Serra, afectando a alrededor de 500 casas (259 de las cuales eran casas principales) y donde 64 personas perdieron la vida tratando de escapar de los incendios.

Casa en Chau Doc / NISHIZAWAARCHITECTS

Situada en un suburbio de la ciudad de Chau Doc, en la provincia de AnGiang al sur de Vietnam, esta casa es una residencia compartida de 3 familias de parientes. A pesar que el presupuesto del proyecto se ajustó a los estándares locales, y que sólo permitió construir una casa con delgados paneles de metal, se intentó satisfacer no sólo el espíritu regional, sino también un rico estilo de vida que está completo por la luz solar, el verde y la ventilación natural, por así decir, una vida en medio de jardines al aire libre.

Residencia Yeoju / YKH Associates

Esta casa de retiro de tres pisos, situada en Yeoju, una ciudad suburbana de Seúl, ha sido diseñada para un científico exitoso y CEO de una famosa compañía. La extensión del sitio es grande, pero tenía un área edificable comparativamente pequeña. El sitio se encuentra en una ladera rodeada de naturaleza y hermosos paisajes. En consecuencia, el propietario buscó particularmente tener una sala de estar / cocina más abierta y espaciosa. Las zonas de programa requeridas están configuradas para ser más privadas a medida que avanza: una zona interactiva familiar en el primer piso, con las zonas privadas en el segundo y tercer piso. El diseño se inició al yuxtaponer todos los espacios habitables linealmente en dirección este-oeste para obtener una buena cantidad de luz solar y las mejores vistas para cada espacio individual.

Casa La Vida / Zozaya Arquitectos

Casa “La Vida” se encuentra en el mágico pueblo de Troncones. Cuenta con un terreno de forma rectangular con un área de 2000 m2. La superficie del terreno es plana, teniendo el acceso por la calle principal de Troncones. El concepto central del proyecto era crear una casa contemporánea, con grandes espacios pero conservando el estilo Zihuatanejo ya tradicional en la zona, aprovechando los materiales locales y la excelente mano de obra de nuestros maestros locales.

Terminal eléctrica de Brunswick / Beca

La terminal eléctrica de Brunswick está ubicada aproximadamente a 5 kilómetros al noreste del centro de Melbourne, en el suburbio de Brunswick East. Mientras que la instalación ha estado en funcionamiento en King Street desde 1939, se requirió una actualización para proporcionar una fuente de energía alternativa y así asegurar el flujo de electricidad al área central y los suburbios internos. La clave del proceso fue entregar una instalación eléctrica funcional y al mismo tiempo cumplir con las expectativas de la comunidad, integrándose en el sensible corredor adyacente Merri Creek, mejorando las visualizaciones para el vecindario residencial.

Hospedaje 26 Nam Ngu / Nemo Studio

26 Nam Ngu es un alojamiento situado en la calle Nam Ngu, en el centro de la ciudad. Esta calle a pesar de ser estrecha se encuentra llena de restaurantes y tiendas . Además, podemos encontrar varias casas, incluidos edificios antiguos, reconstruidos y nuevos. Esta vivienda adosada tiene 6,5 m de ancho y 25 m de largo. Al no contar con grandes dimensiones decidimos crear más espacio para este proyecto. En la fachada, ubicamos diversos balcones en madera para que los visitantes descansen y tengan vistas hacia la calle. Plantamos vegetación en la cubierta y en la fachada como área verde para el edificio y el vecindario. Al entrar, hay una espaciosa sala de recepción y amplias escaleras que conducen al entrepiso y al bar en el sótano.

Oficinas MrSteam / Olson Kundig

MrSteam es una fábrica de duchas de vapor que abarca la naturaleza industrial de la empresa, así como el edificio en sí, que ha sido ocupado desde la década de 1960. Ubicado en el distrito industrial-comercial de Long Island, el edificio contiene las oficinas e instalaciones de fabricación de la empresa. Un rediseño minimalista y brillante del espacio interior que resalta el carácter crudo e histórico del edificio trabajador. El nuevo diseño vincula el pasado con el presente, revelando los elementos estructurales originales del edificio de 1931 con nuevas inserciones que satisfacen las necesidades del creciente personal profesional de ventas y operaciones de MrSteam.

El impasse de la arquitectura diseñada para personas afectadas por desastres

El vuelo de un pájaro, una lluvia de verano, la modificación del nivel del mar, los relámpagos en una tormenta o una sequía prolongada son algunos fenómenos naturales que, si bien ocurren con frecuencia, pasan relativamente desapercibidos. Sin embargo, algunos otros son capaces de llaman significativamente nuestra atención, como puede ser la erupción de un volcán, un terremoto, la aparición de un nuevo virus o una gran inundación. Aun así, si los mismos se producen en una región deshabitada y no causan daños materiales considerables, siguen siendo sólo fenómenos naturales. En cambio, si se producen en lugares del planeta donde habitan muchas personas y como consecuencia producen muertes, lesiones, interrupciones en las actividades productivas, grandes pérdidas financieras y la necesidad de desplazamiento de la población, entonces se consideran desastres naturales.

Domino Park presenta círculos de distancia social para adaptarse a la crisis COVID-19

Si bien los espacios públicos de todo el mundo están tratando de innovar e implementar medidas de seguridad para abrir durante la pandemia de coronavirus, Domino Park ha introducido una serie de círculos pintados para el distanciamiento social. Esta intervención estratégica de diseño urbano asegura que las personas "sigan los procedimientos de distanciamiento social adecuados recomendados por los Centros para el Control y Prevención de Enfermedades (CDC) y el gobierno".

Casa BP / Rakta Studio

La Casa BP está ubicada en un distrito relativamente nuevo, al oeste de Yakarta, en Indonesia. La casa está formada por cajas de hormigón a la vista, apiladas y desplazadas entre sí. Al llegar a la entrada principal a través de una gran rampa que se extiende frente a la casa, una caja de hormigón colgante se cubre con madera como punto focal principal. Los espacios de vida principales se elevan al segundo y tercer piso para mejorar las condiciones visuales y permitir salas de servicio en el primer piso.

Guía para adaptar calles frente a una pandemia, NATCO en la lucha contra COVID-19

La Asociación Nacional de Funcionarios de Transporte de la Ciudad (NACTO por sus siglas en inglés) ha publicado pautas para proporcionar a las ciudades estrategias "para rediseñar y adaptar sus calles para nuevos usos, tanto durante la crisis COVID-19 como en la recuperación". Streets for Pandemic Response and Recovery destaca los enfoques de diseño de calles más actualizados que las ciudades están utilizando en todo el mundo.

Casa Jungla Caracas / Oppenheim Architecture + Croigarquitectos

Oppenheim Architecture de Miami a colaborado con la oficina croigarquitectos de Caracas en un proyecto residencial en la capital venezolana. La Casa de la jungla se le ha llamado. Dicha casa se posa en el tupido fogaje del trópico caraqueño, calmada y confidente con una ruina del pasado.

Casas Lago Colico / Benjamin Goñi Arquitectos + Claro + Westendarp Arquitectos

El encargo fue diseñar dos casas iguales para dos familias en un sitio angosto en pendiente suave y con orilla de lago.

Estudio fotográfico Masquerade / 123 architects

Ubicado en Qikeshu, en el noreste de Beijing, ‘Masquerade’ se encuentra muy cerca de la próspera zona artística de la ciudad, que alberga varios estudios de cine y fotografía que se encuentran dentro de antiguas fábricas de ladrillos.

El proyecto contempla la transformación de un edificio industrial de dos pisos, en un estudio de fotografía. En lugar de simplemente servir como un taller típico para el cliente, el nivel superior ha sido diseñado para albergar un espacio de reunión social VIP, ampliando la función y las actividades del estudio.

Dinamarca establece nuevos estándares de arquitectura sostenible

El diseño sostenible es más que agua, energía y carbono. Para la arquitectura, está profundamente arraigada en la comprensión de los ciclos de vida y el cambio cultural sistemático. En los últimos treinta años, la palabra "sostenibilidad" comenzó a perder peso al transformarse en una palabra de moda poco definida. Pero las ideas detrás del término general han crecido y expandido, y a su vez, se están diseñando nuevos edificios icónicos para repensar lo que depara el futuro.

designboom

jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian

moved by the music of the traditional chinese string instrument ruan-xian, jeff dayu shi has formed a set of bamboo presented at beijing design week 2015. The post jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian appeared first ...

neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch

when touched, the packages will timidly glow right where the contact was generated, thanks to a thermochromic paint coating that makes it sensitive to heat. The post neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch appe...

gwwo constructs dupont environmental education center

a four-story timber structure located on a protected marshland unites the natural and urban worlds, providing an educative program for the community. The post gwwo constructs dupont environmental education center appeared first on designboom | archite...

custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched


the ‘big bad wolf’ track monster was created with no cutting or welding to XJR1300 frame and everything except the tank, handlebar, and rear light was custom made.

The post custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched appeared first on designboom | architecture & design magazine.

magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms

esparto grass rugs, woven by the women of murcia, traditionally assume circular or rectangular forms, magma and dhiama modify this tradition for a new look. The post magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms appeared first on desig...

schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop

created for the design workshop of studio renova ring, a steel and timber combined table and stool set has been developed. The post schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop appeared first on designboom | architecture...

ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink


the company’s advanced thermal technology cools and heats food and beverages while maintaining precise temperatures for hours.

The post ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink appeared first on designboom | architecture & design magazine.

MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam

the furniture showroom uses internal courtyards, skylights, with an emphasis on eco-friendly techniques to give visitors a comfortable experience. The post MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam appeared fi...

anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport


located in a grove of trees, the three-sided, partially-covered structure provides protected parking for a single car, with two additional uncovered spots for guests.

The post anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport appeared first on designboom | architecture & design magazine.

frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum


the display focuses on the bold ideas that are the driving force behind gehry’s creativity, tying together their background and process with his unwavering conviction.

The post frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum appeared first on designboom | architecture & design magazine.

galway hotel paris concept by architect taras kashko

located in the city's historic district, the conceptual lodge features 25 guest and grand guest rooms, with a lounge/bar, and shops at the ground floor level. The post galway hotel paris concept by architect taras kashko appeared first on designboom |...

philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience


shadow, light and and sound intercept and surround architectural elements, immersing visitors in an environment where spacial dimensions seem to participate in an orchestrated score.

The post philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience appeared first on designboom | architecture & design magazine.

d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam


the design aimed to turn the space into one that could look and feel nicer than at home while the challenge was found when illuminating the dark space that only had a few big windows in the front façade.

The post d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam appeared first on designboom | architecture & design magazine.

stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano


this updated version has a shallower depth than its predecessor, responding to the fact that television screens today are much thinner compared to those of the past.

The post stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano appeared first on designboom | architecture & design magazine.

model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you


the new ‘no.3’ twin tube single arc cantilever frame features elegant double curved down tubes that increases lateral stiffness for speed while absorbing road shock for comfort.

The post model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you appeared first on designboom | architecture & design magazine.

jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york


just steps from the city's elegant fifth avenue, construction work has finally begun on the much-anticipated skyscraper.

The post jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york appeared first on designboom | architecture & design magazine.

morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square


in zocalo square, the heartland and most significant public space in mexico city, morag myerscough and luke morgan have realized a landmark installation that encourages visitors and passersby to consider their surrounds.

The post morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square appeared first on designboom | architecture & design magazine.

miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut

comprising 1.200sqm, the design of this penthouse was primarily driven by the desire to create airy spaces that would unite comfort with a minimalist feel. The post miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut appeare...

bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality


conceived as aesthetically pleasing sex toys and displayed during dutch design week, the designer hopes the unusual and intricate pair of objects will break the barriers between art and objects of lust.

The post bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality appeared first on designboom | architecture & design magazine.

renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car


the idea of simplicity, visible and aesthetically assumed structure, geometric elegance and light guided the designers in the creation of the ‘coupé c’ concept car.

The post renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car appeared first on designboom | architecture & design magazine.

architecturephoto.net

植田実が、倉俣史朗が1975年に完成させた山梨の「山荘T」に関する、西沢大良の考察を紹介したテキストが公開(山荘Tの原図も掲載)

植田実が、倉俣史朗が1975年に完成させた山梨の「山荘T」に関する、西沢大良の考察を紹介したテキスト […]

鍋島貴+寺岡万征 / wipeによる、東京・杉並区の集合住宅「Skyterrace」

鍋島貴+寺岡万征 / wipeが設計した、東京・杉並区の集合住宅「Skyterrace」です。 都内 […]

ヴィトラが、自社ミュージアムから125の椅子を紹介する約90分の動画「Chair Times」を期間限定で公開

ヴィトラが、自社ミュージアムから125の椅子を紹介する約90分の動画「Chair Times」を期間 […]

浅子佳英と田村圭介が、渋谷と新型コロナウイルスのトピックを絡めて語っている対談「SHIBUYA──迷宮ターミナルの歴史といま、そして未来」

浅子佳英と田村圭介が、渋谷と新型コロナウイルスのトピックを絡めて語っている対談「SHIBUYA──迷 […]

コミュニティデザイナーの山崎亮に、浅子佳英が話を聞いているインタビュー「ポストコロナの社会で未来像はいかに描けるか」

コミュニティデザイナーの山崎亮に、浅子佳英が話を聞いているインタビュー「ポストコロナの社会で未来像は […]

o+hパートナー、EIKA studioの榮家志保が、新型コロナウイルスでのリモートワークでの気づきを反映した空間改修の小さなアイデアを記した論考「プライベート・スペースの前線に立つ」

o+hパートナー、EIKA studioの榮家志保が、新型コロナウイルスでのリモートワークでの気づき […]

ツバメアーキテクツの山道拓人が、自作の“BONUS TRACK”と“下北線路街 空き地”を通してアフターコロナについても考察している論考「徒歩圏開発モデルで、地域をメンテナンスする」

ツバメアーキテクツの山道拓人が、自作の“BONUS TRACK”と“下北線路街 空き地”を通してアフ […]

山田優 / SNARK Inc.+横尾真 / OUVIによる、群馬・みどり市の住宅「西鹿田の家」

山田優 / SNARK Inc.+横尾真 / OUVIによる、群馬・みどり市の住宅「西鹿田の家」です […]

アトリエダコスタによる、ポルトガル・ジェメゼスの、図式的平面と古典を感じさせるシンメトリーなファサードが特徴的な休暇住宅の写真と図面

アトリエダコスタのサイトに、ポルトガル・ジェメゼスの、図式的平面と古典を感じさせるシンメトリーなファ […]

坪井飛鳥+細貝貴宏+上田哲史 / atelier thuによる、兵庫・加古川市の住宅「Kata」

坪井飛鳥+細貝貴宏+上田哲史 / atelier thuが設計した、兵庫・加古川市の住宅「Kata」 […]

長坂常に、1:1を知ることで設計が変わっていくこと、独立当初の仕事がない時期の過ごし方、自身へのドローグデザインの影響等について聞いているインタビュー動画

スキーマ建築計画の長坂常に、1:1を知ることで設計が変わっていくこと、独立当初の仕事がない時期の過ご […]

【ap job更新】 大分の「DABURA.m株式会社」が、メンバーを募集中

大分の「DABURA.m株式会社」の、メンバー募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページ […]

コンラン&パートナーズのデザインによる、東京・港区の集合住宅「Kita Aoyama Apartments」の写真と図面

コンラン&パートナーズのデザインによる、東京・港区の集合住宅「Kita Aoyama Apartme […]

OV-Aによる、チェコ ノヴィー・ボルの、築200年の2棟の歴史的建築をオリジナルの状態に修復・改修し、うろこ状に貼られたガラスのファサードが特徴的な新棟で接続したオフィス「Headquater Lasvit in Nový Bor」の写真と図面

OV-Aによる、チェコ ノヴィー・ボルの、築200年の2棟の歴史的建築をオリジナルの状態に修復・改修 […]

アイ・ウェイウェイがチャリティーの為にデザインしたマスクの写真

アイ・ウェイウェイがチャリティーの為にデザインしたマスクの写真がdesignboomに掲載されていま […]

T・W・ライアン・アーキテクチャーによる、アメリカ・ヴァージニア州の、3つの切妻と煙突が特徴的でミニマリズムを感じさせる住宅「 Three Chimney House」の写真と図面

T・W・ライアン・アーキテクチャーによる、アメリカ・ヴァージニア州の、3つの切妻と煙突が特徴的でミニ […]

隈研吾による、石川・金沢市の、兼六園の茶店通りに建つ茶店のリノベーション「見城亭」の写真

隈研吾のウェブサイトに、石川・金沢市の、兼六園の茶店通りに建つ茶店のリノベーション「見城亭」の写真が […]

杉本博司による動画「頃難に思う」

写真家の杉本博司による動画「頃難に思う」です。 杉本博司「頃難に思う」 読売新聞(4月15日朝刊)に […]

アムステルダムとバーレーンを拠点とし、特異な作風で注目されるアンネ・ホルトロップに、オープンを控えるロンドンのマルジェラ新旗艦店の考え方や、教授を務めるETHZでの教育等について聞いているインタビュー

アムステルダムとバーレーンを拠点とし、特異な作風で注目されるアンネ・ホルトロップに、オープンを控える […]

アーティストのアイ・ウェイウェイが2009年に行った、ミース設計のバルセロナパヴィリオンの2つの池の水を、牛乳とコーヒーに入れ替えるというインスタレーション作品の動画

アーティストのアイ・ウェイウェイが2009年に行った、ミース設計のバルセロナパヴィリオンの2つの池の […]

建築系検索エンジンKenKen!

みんなでクリエイティブナイト第4回 「アフターコロナとデザイン」

みんなでクリエイティブナイト第4回 「アフターコロナとデザイン」を開催!ゲスト:豊田啓介氏(建築家/noiz ・gluonパートナー)、高橋寿太郎氏(創造系不動産代表)ファリシテーター:西澤 ...

「隈研吾・西澤明洋が語るアフターコロナの建築とデザイン」YouTubeライブ配信

建築倉庫ミュージアムが、緊急特別企画として、「隈研吾・西澤明洋が語るアフターコロナの建築とデザイン -建築倉庫×クリエイティブナイト-」を2020年5月14日(木)19時よりYouTubeにてラ...

岐阜イノベーション工房2020シンポジウム : 都市の“辺境”(フロンティア)

建築家・豊田啓介さんをゲストにお招きし、その取り組みにくわえて、その背後にある視点や考え方、課題を学びます。このシンポジウムに参加することにより、大きく変化し続ける世界...

第12期 家づくり学校 受講生募集のお知らせ

家づくり学校は、実際に建てるための知識を学び、自分らしく生きる道を見つける場です。住宅の設計は楽しいもの。しかし勉強しなければいけないことがたくさんあり、実際の仕事では...

藤森照信 『建築が人にはたらきかけること』刊行記念 トークイベント

藤森照信先生の「建築が人にはたらきかけること」の刊行を記念して宮沢 洋さんをゲストに迎えトークイベントを開催します。

光嶋裕介×ドミニク・チェン 「未来をつくる建築」

情報学研究者で起業家のドミニク・チェンさんと、建築家の光嶋裕介さん。共に、海外の地で育ち、日本文化の外からそれぞれの世界を学び、いま日本で独自の働き方をする同世代として...

トークイベント&サイン会『藤森照信 建築が人にはたらきかけること』刊行記念 藤森照信×門井慶喜

建築史家であり、建築家・藤森照信さんの新刊書籍『藤森照信 建築が人にはたらきかけること』の刊行を記念した対談&サイン会を開催いたします。対談ゲストには小説家の門井慶喜さんをお招きします。

Japan Home & Building Show 2020

「Japan Home & Building Show」は、建材やインテリア製品、構造材・部材、設備、サービスなど住宅から商業施設、まちづくりにおける建築に関する幅広い製品が出展する展示会です。

住宅における良好な温熱環境の 実現に向けた実務者向け講習会

本講習では、住宅における良好な温熱環境実現研究委員会」における研究成果をもとに、温熱環境改善の必要性、住宅改修における水回り設計に資する温熱環境暫定水準案、温熱環境改善...

『 SDGs×建築×環境 』 第1回 地域から考えるSDGs

群馬の地で、SDGs をより身近なものに感じていただくため、住環境について考えます。

住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査 第4回報告会

この度、平成26年度より国土交通省の採択を受け実施して参りました「スマートウェルネス住宅等推進調査事業」に関する【第4回報告会】を開催いたします。

建築家講演会 保坂 猛 『自然現象と人と建築』のご案内

若手建築家の保坂猛さんをお招きし、講演会を開催いたします。自然の光を取り込み、自然と一体となって風景をつくることを目指した建築は、シンプルで素直でありながらダイナミック...

インポッシブル・アーキテクチャー ―建築家たちの夢

約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」を、図面、模型、関連資料などを通して読み解きながら、未だ見ぬ新たな建築の姿を展望します

光の教会

建築家・安藤忠雄による「光の教会」をテーマにした展覧会

ベクターワークス de オフィスレイアウト講座

人気の汎用CADソフト「Vectorworks」を使ったオフィスレイアウトを短期でマスター!全7回の集中コースが、東京・表参道のスクールで2月に開講。「Vectorworks」は、感覚的な操作性の良さから...

企画展 高山明/Port B「模型都市東京」展

演出家・アーティストである高山明(Port B)の企画によって、どこでも再現可能な形態でつくられた都市のインフラ/構成要素を「模型」として捉え、現在の東京のリアルな姿を浮かび上...

増田信吾+大坪克亘展 それは本当に必要か。

若手建築家ユニット 増田信吾+大坪克亘の個展

第29回 わたしらしい住まいづくり

女性建築士が企画運営し、毎年開催している「わたしらしい住まいづくり」。今年のテーマはリノベーションです。今回は1月25日(土)港図書館の読み聞かせ&ワークショップからスタートします。1月28日(金)~2月9日(日)は、金山の都市センターで開催。作品展や住まいの相談会、2月1日(土)には毎年好評のセミナーがあります。ぜひ、ご来場ください。

「持続する豊かさを求めて」 長谷川逸子×冨永美保

建築家・長谷川逸子さんの著作集『長谷川逸子の思考』(左右社)刊行を記念して、ゲストに冨永美保さん(トミトアーキテクチャ)をお招きしたトークイベントを開催します。

クラシックホテル展 -開かれ進化する伝統とその先-

ホテルの原点とでもいうべき日本を代表する11のクラシックホテルを中心に、その変遷を辿るとともに、建築空間に積み重なる”ものがたり”に焦点を当てます。

建設通信新聞

公告一般入札・阪神高速道路

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【阪神高速道路】 〈簡易…

入札結果・京都市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市】 (2月28日)▽京都市醍醐…

連載・住民の感性を考慮した長寿命化修繕計画(8)

【国際建設技術協会国際建設技術研究所 研究第三部主任研究員(ニュージェック)保田 敬一/飽きのこない…

研修計画は197コース/国土交通大学校

 国土交通大学校は、2017年度の研修計画を策定した。「国民の安全・安心の確保」「生産性向上による成…

入札結果・近畿整備局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近畿整備局】 (2月21日)▽京都御…

建設論評・成長戦略を競う時だ

 大手ゼネコンを始めとする建設業界の業績が好調だ。2017年度の第3四半期決算では、四半期決算を開示…

入札結果・近江八幡市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近江八幡市】 (2月28日)▽近江八…

話題縦横・JAPIC研究会が提言/“日本を元気にする”複数プロジェクト

【地方創生の起爆剤として注目】 日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、宗岡正二会長)の国土・未来プ…

入札結果・東近江市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【東近江市】 (2月27日)▽市立能登…

催し物・第3回なら景観フォーラム

 ◇奈良県主催「第3回なら景観フォーラム」 11日午後1時30分から午後4時まで、奈良市の奈良県文化…

本日、一部地域で新聞が届かないため、電子版を公開いたします

17年度予算・木津川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 京都府木津川市の2017年度予算案は、一般会計が前年度…

17年度予算・寝屋川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 大阪府寝屋川市の2017年度予算案は一般会計が前年度比…

入札結果・京都市上下水道局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市上下水道局】 (2月23日)▽…

コンペ&プロポーザルDigest

【◆発注者【件名・設計範囲】委託方法=末尾は本紙掲載日】◎募 集◆大阪府【守口警察署新築工事基本・実…

17年度予算・伊丹市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。伊丹市   骨格で2.2%減 兵庫県伊丹市の2017年度…

三方よしのインフラメンテ/JFMAら/福島で3月7日にシンポ

 日本ファシリティマネジメント協会 (JFMA、山田匡通会長)とインフラメンテナンス国民会議は7日、…

JIA日本建築大賞・優秀建築賞・新人賞・25年賞・環境建築賞

 日本建築家協会(JIA)は、25日に開いた優秀建築選公開審査でJIA建築大賞のほか、新人賞、環境建…

二川幸夫写真集『天上の庭』/3月4日からGAギャラリーで展示

 建築写真家であり出版人としても建築の表現を追求した二川幸夫が遺した最後の写真集『天上の庭』(エーデ…

公告一般入札・西日本高速道路新名神京都事務所

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【西日本高速道路新名神京…

AKICHIATLAS

14th iDA-International Design Awards

国際デザイン賞。建築のほか、インテリア、プロダクト、グラフィック、ファッションのカテゴリーが設けられている。学生部門もある。5年以内の作品が対象。

Under 35 Architects exhibition 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会 2020 出展者募集

若手建築家による建築展への出展者募集

第30回 2019年度 北陸建築文化賞

北陸・信越地方の建築文化の発展に顕著な貢献が認められる業績または建築作品を表彰する。

第55回 セントラル硝子国際建築設計競技 / Central Glass International Architectural Design Competition

今年のテーマは「ボディ・カルチャー・クラブ」

第4回 Woodyコンテスト (木造住宅・木製家具コンペ)

京都府内産スギ、ヒノキの特性を活かした木造住宅や家具のアイデアを募集

屋上等特殊空間の緑化に積極的に取り組み、優れた成果をあげてい…

屋上等特殊空間の緑化に積極的に取り組み、優れた成果をあげている民間企業、公共団体、個人等を顕彰。

25年以上に渡って美しく生き続けている建築物を表彰

25年以上に渡って美しく生き続けている建築物を表彰

ニチハカタログ掲載商品(金属製外装材含む)を外装あるいは内装…

ニチハカタログ掲載商品(金属製外装材含む)を外装あるいは内装に使用した作品のコンテスト

SABED 環境シミュレーション設計賞 2020

環境建築設計のレベルアップを目指した設計賞。社会人部門と学生部門がある

第1回 スカイコート学⽣プランニングコンペ

ワンルームマンションのアイディアコンペ

Chicago Architectural Club – Burnham Prize 2020

シカゴアーキテクチャービエンナーレに合わせて行われるアイディアコンペ。シカゴが直面している課題を捉え、市民のための都市を描く。

モダニズム建築の保存・再生プロジェクトを表彰するアワードで、…

モダニズム建築の保存・再生プロジェクトを表彰するアワードで、5年以内の作品が対象。2012年に八幡浜市立日土小学校が受賞している

(仮称)呉市立天応義務教育学校校舎等設計プロポーザル

学校の設計プロポーザル

東京建築士会住宅建築賞 2019

東京建築士会が主催する住宅建築賞。最近3年以内に竣工し、東京圏に建つ一戸建住宅、集合住宅及び併用住宅等が対象。

2020年 日本建築学会賞

近年中に完成した建築に関する論文、作品、技術、業績を表彰。1949年以来の伝統ある建築賞。

2019年 日本建築仕上学会 学会賞

建築全般に関する仕上げ分野の進歩発展を図るとともに、広く建築界の発展と公共の福祉に貢献するために、建築仕上げに関する極めて顕著な業績に対して表彰する。

第50回 富山県建築賞

富山県内の地域社会の発展に寄与し、かつ優秀な建築作品に対して表彰するアワード。

適切な維持保全を実施したり、優れた改修を実施した既存の建築物…

適切な維持保全を実施したり、優れた改修を実施した既存の建築物を表彰。良好な建築ストックの形成に寄与することを目的として実施されるアワードプログラム。

優れた風景を生み出した作品を選定し、その実現に貢献した関係者…

優れた風景を生み出した作品を選定し、その実現に貢献した関係者を顕彰

まちづくり、ものづくり、仕組みづくり等、持続可能な共生社会の…

まちづくり、ものづくり、仕組みづくり等、持続可能な共生社会の実現に向けた革新的なUD活動や提案を顕彰。

10+1

建築の概念の拡張 |石上純也|田根剛|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_it_thumb-thumb-400xauto-2374.jpg" /></p> ───本対談は、2018年4月、「石上純也──Freeing Architecture」展(カルティエ現代美術財団)の開催およびそのカタログである『自由な建築』(LIXIL出版)の発行を機に、非公開で行われました。それからおよそ2年を経て、両氏ともに注目すべき活動を展開され続けていますが、ここで語られていることは、両氏の活動の軌跡を捉えるためだけでなく、現代の建築を考える上でも確かな意義があるもの

202003 リサーチとデザイン ──ネットワークの海で建築(家)の主体性と政治性を問う |青井哲人|連勇太朗|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_am_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2364.jpg" /></p> 観察と実践をめぐる中動態的モデル:コーンとサンドウィッチ 青井哲人──編集部から投げかけられたテーマは「リサーチとデザインの関係をめぐって」というものです。関連する近年の話題として、貝島桃代さんがキュレーターを務めた2018年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の日本館展示「建築の民族誌(Architectural Ethnography)」がありました。デザインを直接に扱ってはいませんが、当然

202003 いまこそ「トランスディシプリナリティ」の実践としてのメディアを ──経験知、生活知の統合をめざして |南後由和|貝島桃代|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_nk_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2361.jpg" /></p> 都市や空間の枠組みからの解放と創造 編集──本日はよろしくお願いします。今日は南後さん、貝島さんの近年のご関心、お仕事から、世界的なさまざまな建築・都市メディアの展開、そして今号で更新が最後となる「10+1 website」の20年間、そしてこれからのメディアのあり方、議論の方法など、多岐にわたるお話を伺いたいと思っています。南後さんがサバティカルから一時帰国された際に、進行中のとても興味深い研

202003 独立した美術・批評の場を創出するために |五十嵐太郎|鷲田めるろ|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_iw_thumb-thumb-400xauto-2362.jpg" /></p> ビルバオの衝撃から芸術祭まで 編集──五十嵐太郎さんと鷲田めるろさんには、雑誌時代から「10+1」のなかで美術や建築をめぐるさまざまな議論を展開していただきました。最終号の本特集では美術と建築のあり方を総括していただき、今後の展望についてお話を伺いたいと思います。まずは「10+1」が活動してきた26年の間における美術、建築の動向についてお聞かせください。 鷲田めるろ氏 鷲田めるろ──よろし

第12回:大変動の時代の建築 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 変化の時代に何ができるか 私たちの社会はいま、巨大な変化のうねりのなかにある。その変化は地球規模の気候変動にも、あるいは同じくグローバルな社会変動にも現れている。この圧倒的スケールの変化のなかで、私たち一人ひとりに何ができるのか? 建築にいったい何ができるのか? ときに無力感に苛まれながらも、さまざまな分野のなかで多様な人々が日々奮闘している時代に、私たちは生きている。 筆者自身も、この変化

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画として、2月15日に磯崎新氏と浅田彰氏による対談が行われます。 日時 2020年2月15日(土)14:00- 会場 国立国際美術館 B1階 講堂 (大阪府大阪市北区中之島4-2-55) 参加費 無料、定員130名、要事前申込 申込方法の詳細はウェブサイトをご確認ください ウェブサイト イ

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しかし、「公=みんなのもの・場所」としてとらえてみると、「公」とは、一人ひとりの「私」が重なり合い、立ち上がっていくものとして考えることができます。「公」と「私」をどのように認識するかによって、まちでの生活や個人のふるまいを妨げたり、逆に広げたりすることにもつながるのではないでしょうか。 今回のディス

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どのような出来事の変遷を経て、形成されてきたのでしょうか。それをなぞろうと、私ではない他者の記憶や記録というフィルター越しに風景を眺めなおしたとき、「いま」の捉えかたはどのように変容するのでしょうか。 今回のディスカッションでは、記録の少ない敗戦直後の東京の姿を探るため、米軍やアメリカ人個人によって

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してきました。  本展は、演出家・アーティストである高山明(Port B)の企画によって、どこでも再現可能な形態でつくられた都市のインフラ/構成要素を「模型」として捉え、現在の東京のリアルな姿を浮かび上がらせる試みです。高山明の演劇的手法によって、展示空間は日々生成変化する場となり、東京という都市に接

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。[ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水)19:00 - 21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョ

ソトノバ・アワード2019公開最終審査会(千代田・2/8)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 2019年12月-2020年1月にかけて、募集をした、ソトノバ・アワード2019。2017年、2018年に引き続き、3回目の開催です。日本全国から10のプロジェクトの応募がありました。二次審査でもある、公開最終審査会には、10のプロジェクトが選出されました。そこで、公開最終審査会を開催します。応募者のプレゼンと審査を傍聴できるほか、一般投票賞が当日参加者の投票により決まります。 [ウェブサイ

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開催します。 藤森氏は建築史家としての活動を経て1991年45歳で建築家デビュー。以降28年にわたり、どこか壊かしさを感じる藤森流の建築を数多く発表しています。 本セミナーでは近作解説のほか、素材の調達方法、建築を移動可能に仕上げる「木造モノコック」などにも触れながら、藤森氏の設計スタイルについてお

展覧会「Daisuke Motogi / DDAA LAB Exhibition "FRUITS BOWL"」(渋谷区・2/4-2/16)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築家・元木大輔が代表をつとめるDDAAによる展覧会&quot;FRUITS BOWL&quot;を開催します。同名のZINEの販売のほか、会期中の2月8日にはフルーツサワーを出すイベントも。ぜひ足をお運びください。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月4日(火)- 2月16日(日) 開館時間 12:00 - 20:00 会場 ユトレヒト (東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマ

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2020/02/symposium_200307-thumb-400xauto-2359.jpg" /></p> 日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのような変容をもたらすのか、テクノロジーは建築デザインをどこに導こうとするのかをテーマにシンポジウムを企画する。 かつて近代建築を語る際、「機能的なものは美しい」という命題が繰り返された。戦後日本において、幾人かの建築家はテクノロジーの進歩を素直に建築に表現すれば自ずと近代建築になり、今は見た目が無骨で

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水) 19:00-21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ

第12回:大変動の時代の建築 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 変化の時代に何ができるか 私たちの社会はいま、巨大な変化のうねりのなかにある。その変化は地球規模の気候変動にも、あるいは同じくグローバルな社会変動にも現れている。この圧倒的スケールの変化のなかで、私たち一人ひとりに何ができるのか? 建築にいったい何ができるのか? ときに無力感に苛まれながらも、さまざまな分野のなかで多様な人々が日々奮闘している時代に、私たちは生きている。 筆者自身も、この変化

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既成概念にとらわれず、「看板=サイン」を広義に捉え、そのあり方や可能性について様々な角度から考察、探求するプロジェクトです。前回開催から3年ぶりとなる本展示では、東京「村世界」を会場に、札幌文化芸術交流センター[SCARTS]テクニカルディレクター・岩田拓朗、建築家・加藤正基、ネオンベンダー・山本祐

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫刻という幸いについて」が開催されます。 - 彫刻家・青木野枝は、大気や水蒸気をモティーフに、万物がうつろいゆくなかの生命の尊さをあらわしてきました。その彫刻は、鉄や石膏という固く重い素材を用いながら、周囲の空気をまとって、とても軽やかに見えます。 作品のほとんどが展示場所に合わせて作られ、展示が終

第11回:建築の「時間デザイン」と「メンテナンス」という哲学 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> パリ、ノートル=ダム大聖堂の屋根火災 2019年4月15日の夕刻、パリのノートル=ダム大聖堂の尖塔で火災が発生し、夜のあいだに大聖堂の屋根全体を焼き尽くす大惨事となった。筆者にとって最愛の建築ともいうべきパリ大聖堂がこれほどの被害を受けたことは、個人的にいまなお大きな衝撃なのだが、これから進むであろう大聖堂の修復は、建築の時間デザイン(文化財修復/リノベーション)の問題を考えるうえで、私たちに本

202001 アーバニズム、建築、デジタルデザインの実践とグラデュアリズム |中島直人|秋吉浩気|中村健太郎|谷繁玲央|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2019/12/1912_nant_05-thumb-400xauto-2355.jpg" /></p> 政治的、産業的な意思決定の中心から疎外された建築家 谷繁玲央──今日はよろしくお願いします。「10+1 website」の4月号では八束はじめさん、市川紘司さん、連勇太朗さんによる鼎談「平成=ポスト冷戦の建築・都市論とその枠組みのゆらぎ」が行われました。そこではゼロ年代の建築家の動向や、今後の建築家の職能はどうあるかが議論されました。この20年ほどの間、建築の言説が停滞していることと並行し、建築