Architecture
News

ケンプラッツ

ワークプレイスが創る会社の未来(日経不動産マーケット情報の本)

オフィスは今、「企業価値を創造するワークプレイス」の時代へ。変革を支えるプロ集団が考え方、取り組み方を詳細に解説。「アフターコロナ」も勝ち抜くワークプレイス改革の本質を...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2020(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2019年に完成または2020年以降に完成予定の都内118の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産の価格がわかる本 改訂版(日経不動産マーケット情報の本)

不動産で収益向上をめざす実務者必読!! オフィスビル、商業施設、ホテルなどのアセットごとに、価格の評価に関する知識を習得できます。

決定版!グリーンインフラ(日経コンストラクションの本)

新ビジネスで市場拡大へ。第一線の識者50人以上が国内外の最新事例を解説します!

土はなぜ崩れるのかセット(日経コンストラクションの本)

Q&A形式で学ぶ「土はなぜ崩れるのか」をセットにしました!

これからできる大規模オフィスビル調査データ2019(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2018年に完成または2019年以降に完成予定の都内126の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産テック 巨大産業の破壊者たち(日経不動産マーケット情報の本)

不動産会社化するグーグル、アマゾン、ソフトバンク―。巨大IT企業の目には何が映っているのか?

エコハウス時代の換気トラブルを徹底取材(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 今後増すと見込まれる換気設備の重要性とリスクを踏まえ、日経ホームビルダー7月号の特集では、近年発生したトラブルの事例を徹底取材。その内容を7つに分類しました。

冷凍よりも「調理して高く売れ」、転換期の保存(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

5月24日号の特集「稼げる保存」は、文化財の「活用」を訴え続けているデービッド・アトキンソン氏のインタビューから始まります。同氏は、日本のこれまでの建築保存を「冷凍保存」と...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2018(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

都内128の大規模ビルプロジェクトの詳細データを収録!<日経不動産マーケット情報(編)/ 本体24,000円+税、読者特価:本体10,000円+税 / 発行日:2018年5月31日>

平均年収は680万円に回復するも…5年ぶり労働実態調査どう読む?(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 2018年5月10日号の特集は「労働実態調査2018 脱・長時間労働」です。一級建築士365人のアンケート回答を得て、年収や労働時間、やりがいなどを分析しました。同様の調査を10年前の2008年...

現場ロボット普及前夜、建設会社が手を結べば…(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 古くは「桃太郎」、ベテラン世代は「七人の侍」、現役世代は「ドラゴンボール」……。こういうタイプのストーリー展開を「戦士集結型物語」と名付けるとすると、今号の特集「真の...

家ブログを侮ってはいけない(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 住宅を建設する際に、インターネット上のブログへ工事や打ち合わせの内容を細かく記録する“家ブロガー”が増えています。手間をいとわずにそうした取り組みに注力する建て主は、...

創刊42年、「座して待つ」からの脱却(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 新築需要だけではこの先食っていけない──。今や建築実務者の多くが感じている危機感でしょう。しかし、それ以外に一体どうやって稼げばいいのか──。そのヒントを探るのが4月12...

注目の話題は「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月26日~4月1日のアクセスランキング1位は、2017年が「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」、2016年が「引き戸が人気、省エネ先進国ドイツの窓の最新トレンド」、2015年が「パッシブデ...

注目の話題は「ユニクロの新オフィス公開」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月19日~3月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「ユニクロの新オフィス公開、物流倉庫の最上階」、2016年が「24時間換気があるのに換気不足」、2015年が「『さすが免震と思ったの...

注目の話題は「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月12日~3月18日のアクセスランキング1位は、2017年が「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」、2016年が「ぎふメディアコスモスの屋根に水たまり」、2015年が「またか、東洋ゴム工業が免震材...

中高層建築は木材をこう使う(木材活用 最前線)

東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの2...

激甚化する水害(日経コンストラクションの本)

激甚化する水害や土砂災害について、豊富な写真と資料を交えてメカニズムや社会に与える影響を解説。<気候変動による水害研究会(著)/ 価格:本体2,000円+税 / 発行日:2018年3月27日>

注目の話題は「『働き方改革』を先導する本社移転」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 2月26日~3月4日のアクセスランキング1位は、2017年が「『働き方改革』を先導する本社移転」、2016年が「地震被害で有罪判決、構造設計者の反論」、2015年が「谷口吉郎がホテルオークラ...

ArchDaily

Kyoto St. Catherine High School Restroom / Atelier Satoshi Takijiri Architects

This project was a women’s toilet design competition for a private high school with nursing education as its central focus. We were asked to use the power of design to renovate a toilet, an enclosed space often found in schools, into a new place. We decided to create a space that was filled with booths by two operations.

The Courtyard House / Associated Architects

The Courtyard house is illustrative, where we tried to reflect back into our traditional courtyard houses with modern intervention where the dialogue between the spaces and activities revolves around the courtyard, which we refer to as the heart of the house. The space is designed based on square form derived out of nine squares. The long central axis leads to the direct vision across the house from the gate allowing nature to flow inside. From a partially square plan with a 22 meter front facade length, one of its edges provides privacy in relation to the neighbours & the other three sides generously open to the landscapes. The elevation of the house strikes a modern & contemporary note in an urban milieu.

House 24 / Park + Associates

In a usual circumstance, the front of the house is the most important - not in our case. House 24 is sited on a triangular plot, a constraint that we took on as an opportunity to really engage with the siting and planning of the house - to achieve a meaningful footprint that actualised the client’s spatial, functional, and privacy requirement. Moreover, the site adjoins a lushly landscaped state land that we endeavoured to take advantage of at every available opportunity and every habitable space.

Juniper House / Murman Arkitekter

This house is more than a weekend cottage. This house is an experiment. You approach it via a cul-de-sac that ends in a sheep fence towards the open moor. There is a grove of high junipers and a couple of white plastered houses visible. Embedded in a glade 5 meters to the right lies Juniper House. The house is barely visible, like a mirror of its own surroundings.

The Birdhouses / Werkt Studio

This house from the ’80s is located inside a residential area on the outskirts of Copenhagen. The family of 5 not only needed more but also better spaces, so they came to us for an extension and a renovation of their home. What first inspired the project was the placement of the house, oriented towards the south, looking over a lake and surrounded by nature. After trying various volumes and shapes for the extension, we came up with this succession of Birdhouses that decrease in size as you moved away from the main house. The idea was to divide the entire house into different houses allowing their children to visit and stay without disturbing the natural flow and functionality of the house.

Summer Cottage Pötzleinsdorf / Schuberth und Schuberth

What is the most unique feature? Colour concept, a mix of materials, high utilization of space through ‘space collage’

Varden Ski Restaurant / Nordic Office of Architecture

Right on the tree line, where the forest becomes an open wind-swept mountain plateau, lies Varden restaurant (“The Cairn”). Situated in the Olympic village of Kvitfjell, in the heart of the Norwegian mountain landscape, the restaurant offers a grand 360-degree view for its visitors. The clientele usually consists of alpine and cross-country skiers seeking refuge from the wind and snow, or just a nice sunny spot to enjoy a good meal before continuing their adventures.

“Because you Know Yourself Better, you Observe Things Deeper”: In Conversation with Anupama Kundoo

In Louisiana Channel's latest interview, Indian architect Anupama Kundoo shares her thoughts on the importance of balancing between traveling and being in solitude with oneself. "I think travel is important, but if you're not rooted yourself, you will go to a hundred places and not see anything", explained the architect, "traveling helps you step back from what you take for granted".

Legero United Campus / Dietrich | Untertrifaller Architekten

The Legero United Campus near Graz consists of two differently sized rings. Generous glazing, the facade of bronze-colored anodized aluminum changing in sunlight, and the lushly planted inner courtyards blur the boundaries between inside and outside. The larger office ring is designed to be topped up by an additional floor at any time, meeting the customer’s desire for a ‘growing’ headquarter that can be extended without producing temporary measures.

BKO SINT-JOZEF Kindergarten / denc!-studio

Customization. Because well-defined redevelopment recipes don’t work and therefore, customization is fundamental in heritage conservation, the City of Eeklo organized a competition to ensure that its planned reconversion from the church building to out-of-school childcare runs smoothly. To say the least: ‘a challenge!

Runxuan Textile Office / Masanori Design Studio

Project Background
The project is located in Zhangcha, which is a famous textile town in Foshan, China. Most villages here have an industry park, and textile workshops are scattered throughout the town. Rationale International — Masanori Design Studio was entrusted to conceive a workspace for RUNXUAN TEXTILE, which hoped the new office could help enhance its brand image and competiveness in the market. The space occupies the first floor of a property. The facade of the entire building are available for the brand, but the property owner required that facade renovation should ensure ventilation of the second floor and respect the existing tile cladding.

Little Creatures Brewery / Robert Simeoni Architects

Little Creatures Brewery established its east coast base in 2012 taking over the historic textile mill, The Valley Worsted Mills, in the industrial area of South Geelong.

Extraordinary Ordinary House / Love Architecture

This residence in central Tokyo is the second of two houses located a minute’s walk from one another, both occupied on a routine basis by the client. The client’s sole request was that we create a modern space made up of elements lacking in the first house. This explains the rather unusual plan: a rec room and wine cave in the basement, a garage and lounge on the first floor, a space for entertaining on the second, and walk-in closets on the third.

Temporary Chapel Alhambra’s Cross / Colab-19 + Sociedad Colombiana de Arquitectos

The people of the Colombian capital saw themselves losing hope in the idea of in-person Easter celebrations as the prospects of a third wave of Covid-19 cases intensified. Colombian culture at large is fundamentally religious, and social distancing measures in response to the pandemic have affected the religious community in particular with the prohibition of large congregations. Believers have seen themselves disconnected from their faith and churches have gone into economic crisis. 

Iperceramica Headquarters / Mario Cucinella Architects

The project of the new office building of Bayker-Iperceramica was born to be a simple and functional envelope, characterized by a strongly contemporary image. The new headquarters will be developed on two levels above ground for a total of approximately 1,700 square meters. The load-bearing structures were designed in prefabricated exposed wood elements (laminated wood pillars, load-bearing partitions, and X-Lam floors), thus ensuring the use of the latest construction technologies in terms of materials, sustainability and prefabrication systems.

Casa Rossa Chemnitz / bodensteiner · fest

Built at the turn of the 20th century, the building at 41 Gießerstraße stood empty for almost 30 years. While the surrounding buildings were gradually redeveloped and the Chemnitz Sonnenberg quarter grew in popularity, the roof became leaky, timber ceilings collapsed and ferns took root in number 41. For years, the efforts of the city of Chemnitz to revitalise the privately-owned building were in vain. Only a compulsory auction made it possible to save the building at the eleventh hour. Due to its dilapidated condition, it was first necessary to restore the stability of the building and secure its structure. The old timber floors were replaced room by room with suspended brick floors like a chessboard and the roof was secured against collapse. In the original design, the toilets of the flats were accessed from the half-landing of the central staircase.

Wooden Production Facility for Timber Construction and Carpentry / AMJGS Architektur + Marti AG Matt

Located at the center of the small village of Matt in Switzerland, a replacement building for a wood construction company was designed after a fire had destroyed the original production facility. The new hall resembles the old one, but the construction was rethought. Wood was chosen as the main construction material, making use of its endless possibilities.

5 Ways to Organize a Building

This episode of Architecture w/ Stewart explores the only five ways of organizing the plan of a building, at least they are the only ones according to Francis Ching as listed in the canonical text Form, Space, and Order. Each of the five: central, linear, radial, clustered, and grid, offer unique benefits and opportunities to architects, clients, or visitors. Some of the strategies are reserved for formal ceremonial buildings, while others are better for providing less rigid and more organic exploration by occupants. Some yield complete and autonomous forms while others can shrink or grow at ease. However, every single building is, in some way, a combination of these five basic strategies. Using paper cutout shapes, plastic human figures, and representative examples from history and recent constructions, Stewart demonstrates the value and possibilities of each organizational strategy.

Are World’s Fairs a Thing of the Past? The Role that Architecture Played on One of History’s Biggest Stages

World’s Fairs seem to be a memory of the distant past. These mega-scale events once brought us culinary staples, technological advancements, and introduced some of the most notable examples of architecture and landmarks that impact how we think about design and construction even in the present day. Throughout the numerous fairs and expos that were held, architectural discourse itself significantly advanced and the pomp and circumstance that surrounded these muscular flexes of international innovation reimagined what life would be like in the decades to come.

Grimshaw Wins Competition to Transform Shenzhen Airport Terminal into Green Hub

A multidisciplinary design team led by global architecture firm Grimshaw was selected as the winner of an international competition to design the Shenzhen Airport East Integrated Transport Hub. The winning design, which was inspired by the Mangrove tree, will provide travelers effortless transfers between high speed rail and other public transportation means in a new green and interactive way.

Dezeen

West Stow Lodge by Project Orange features a traditional exterior and a pared-back interior

Oak joinery, white-painted bricks, and concrete flooring were used to make the interior of this new house in Suffolk, England, more contemporary than its traditional pitched-roof exterior (+ slideshow). (more…)

Interactive online documentary Refugee Republic awarded twice at Dutch Design Awards 2015

Dutch Design Week 2015: agency Submarine Channel won two prizes at this year's Dutch Design Awards with its web narrative that presents life and experiences in a refugee camp. (more…)

Lukstudio suspends metal wires to look like drying noodles at Chinese restaurant

Shanghai-based Lukstudio has reinterpreted a traditional Chinese food drying rack with a metal grid structure and hanging wires for a noodle bar in Changsha (+ slideshow). (more…)

Ben Jones’ Dot Net video uses animation to recreate Battles’ “technicolour sounds”

Music: director Ben Jones has collaborated with experimental rock band Battles on a riotous animation-heavy film that questions society's addiction to "screen time". (more…)

FCC Arquitectura and Paulo Lobo transform old Portuguese wine estate into a tourist attraction

A wine estate near the city of Lixa, Portugal, has been converted into a hotel for wine tourism, featuring rustic stone structures and contemporary buildings clad in pre-weathered steel or timber slats (+ slideshow). (more…)

Lose track of time on Dezeen’s new clocks Pinterest board

We've created a clocks Pinterest board full of unique time-keeping devices to remind UK readers to turn their clocks and watches back an hour as British Summertime officially ends tonight. Follow Dezeen on Pinterest | See more clock-related design on ...

This week, Sagrada Família reached a milestone and Nike launched Back to the Future shoes

This week on Dezeen: Antoni Gaudi's Sagrada Família basilica entered the final stage of construction this week 90 years after the architect's death, while Nike celebrated Back to the Future day with the release of its eagerly anticipated self-lacing shoes. (more…)

Daniele Cristiano’s Calibro sideboard references an old ammunition box

Italian designer Daniele Cristiano has created a multipurpose storage unit that is shaped to look like a vintage ammunition chest. (more…)

MOS Architects creates modular house made entirely from corridors

Chicago Architecture Biennial 2015: New York-based studio MOS Architects has created an installation that explores the possibility of building homes using only corridor and hallway-like spaces (+ slideshow). (more…)

Floris Schoonderbeek’s Groundfridge chills food without electricity

Dutch Design Week 2015: this globe-shaped fridge by Dutch designer Floris Schoonderbeek is intended to be buried underground, keeping food cool without using electricity. (more…)

US job of the week: designer at Atelier de Troupe

Our US job of the week on Dezeen Jobs is for a designer at Los Angeles studio Atelier de Troupe, which designed 18 new suites for the boutique hotel L'Hôtel du Ministère (pictured). Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Snøhetta’s new building for SFMOMA nears completion

San Francisco Museum of Modern Art has released the first images of Snøhetta's near-complete extension building showing its striated facade and atrium. (more…)

Staab Architekten chosen to extend Berlin’s Bauhaus-Archiv with “almost frail” design

Berlin architect Volker Staab has won a competition to extend the Bauhaus archive and museum in the German capital, designed by founder Walter Gropius in the 1960s. (more…)

“Robotic construction and 3D printing are the future” says Wolf D Prix

Combining robotic fabrication with 3D printing offers "amazing" opportunities for architecture and could help solve the global refugee crisis, according to Coop Himmelb(l)au founder Wolf D Prix (+ interview). (more…)

The Dezeen Jobs guide to getting your first job in the design industry

How can young designers break into the industry? In the first of a new series of careers-advice columns from Dezeen's recruitment platform Dezeen Jobs, Rob Bye offers some tips. (more…)

Bird heads and leaping golfers adorn Jason Page’s alternative golfing suits

Dutch Design Week 2015: golf outfits have received a graphic makeover from Design Academy Eindhoven graduate Jason Page, whose collection of alternative attire is designed to make the sport more accessible. (mor...

Rick Owens opens first Los Angeles store in 1920s ribbon factory

Fashion designer Rick Owens has opened his first store in Los Angeles on North La Brea avenue – installing architectural elements influenced by a legendary filmmaker within a former industrial space (+ slideshow). (more…)

Assemble’s Granby Workshop social enterprise in Liverpool will sell locally produced homeware

Turner Prize-nominated architecture collective Assemble has launched a Liverpool-based workshop selling homeware made in collaboration with local artists and craftspeople (+ slideshow). (more…)

Job of the week: project architects at DSDHA

Our job of the week on Dezeen Jobs is for architects at DSDHA, whose projects include a house designed to camouflage with its surroundings. Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Gaudi’s Sagrada Família enters final stage of construction

The Sagrada Família basilica has entered its final stage of construction, over 100 years since its foundation stone was laid and 90 years after its designer Spanish architect Antoni Gaudi died. (more…)

Plataforma Arquitectura

Apartamento Sabará / Felipe Rodrigues Arquitetura

A partir del análisis de la unidad existente y de las demandas del cliente, los esfuerzos de diseño se centraron en las principales áreas sociales del apartamento. Observando el plano original, había una gran necesidad de unificar el salón y el comedor, que estaban parcialmente compartimentados. La cocina también presentaba una disposición cuestionable, con evidentes problemas de proporción y circulación. Como en un juego de lógica, con pocos movimientos de las "líneas" divisorias, el espacio final resultó bastante interesante. Por lo tanto, se definieron las premisas del proyecto.

Casa 24 / Park + Associates

Descripción por los arquitectos. En una circunstancia habitual, el frente de la casa es el más importante, sin embargo, no en nuestro caso.

La Casa 24 se sitúa en un terreno triangular, una restricción que tomamos como oportunidad para participar realmente con la ubicación y la planificación de la casa -para lograr una huella significativa que contemple la espacialidad, la funcionalidad y la privacidad, que es un requisito específico del cliente. Por otra parte, el sitio colinda con una tierra del estado de exuberante paisaje que nos esforzamos en aprovechar.

Casa Juniper / Murman Arkitekter

Esta casa es más que una casa de fin de semana. Esta casa es un experimento. Te acercas a ella a través de un callejón sin salida (cul-de-sac) que termina en una valla de ovejas hacia el páramo abierto. Hay un bosque de altos enebros y un par de casas blancas enlucidas visibles. Incrustado en un claro 5 metros a la derecha se encuentra la Casa Juniper. La casa es apenas visible, como un espejo de su propio entorno.

Sede de la Cruz Roja Española / Burgos & Garrido arquitectos

Hemos puesto la Arquitectura al servicio de los ciudadanos que usarán el edificio, de quienes trabajarán en él, y de quienes tendrán la responsabilidad de cuidarlo y mantenerlo. Y al tiempo, su estructura geométrica y formal rigurosa, permite una organización espacial extraordinariamente compacta, flexible y sencilla y fácil de usar.

Ampliación en madera de casa de campo / Hut Architektury Martin Rajnis

El cliente e inversor deseaba una ampliación de su casa de campo en el sur de Bohemia, en la que pudiera descansar y relajarse: un mirador y un observatorio. Ampliamos el volumen de una de las alas del edificio con una estructura de madera semitransparente de abeto y alerce. En términos de articulación de la forma, la ampliación está en completa armonía con la casa original. Sin embargo, en cuanto a la estructura, el armazón de madera transparente, junto con su atmósfera zen, contrasta por completo.

Mezquita de Argelia / KSP Juergen Engel Architekten

Como parte de las celebraciones de la fiesta nacional de Argelia festejada el 1 de noviembre, se colocó la primera piedra de la nueva "Mosquée d’Algérie", diseñada por KSP Juergen Engel Architekten, en una ceremonia oficial propia de la cultura de Argelia. Este acto formal marcó el comienzo de la construcción de la tercera mezquita más grande del mundo después de los lugares de peregrinación islámica en La Meca y Medina. Con su sala de oración para hasta 37.000 personas y un minarete de aproximadamente 265 metros de altura, la Mezquita será en el futuro uno de los edificios religiosos más grandes del mundo islámico.

El complejo ofrece espacio para hasta 120.000 visitantes diarios y, además de la sala de oración y el minarete, cuenta con otras instalaciones como un centro cultural, una escuela de imanes, una biblioteca, departamentos, una estación de bomberos, un museo y un centro de investigación.

Aprender al aire libre: IDOM y Rosan Bosch presentan una escuela diseñada para funcionar durante la pandemia en Perú

El proyecto de IDOM y Rosan Bosch Studio para la escuela primaria del Markham College en Lima (Perú), propone un modelo abierto y flexible que permitiría que 750 alumnos continúen con sus estudios incluso en situaciones de pandemia.

¿Cómo la pandemia ha impulsado la creatividad?

WeTransfer lanzó recientemente su Informe de Ideas 2020, que muestra los efectos que COVID-19 ha tenido en la creatividad. En un momento en que la economía, las tasas de empleo y la moral general estaban cayendo, el informe encontró un motivo de esperanza: casi la mitad (45,3 por ciento) de los 35.000 creativos encuestados afirmaron que experimentaron ideas más creativas durante la pandemia que antes.

IDEA B+LAB / Obraestudio + Quicazán Taller

Partiendo del encargo de la construcción de un edificio de laboratorios de negocios para un campus universitario inmerso en extensas áreas verdes, se piensa en una solución estructural de fijación mecánica, de fácil ensamble, que garantice espacios interiores agradables y enlazados permanentemente con el exterior, y la creación de recintos abiertos de diversas escalas que abran múltiples posibilidades de uso. 

¿Cuál es el rol de los renders en la arquitectura?

Con representaciones cada vez mejores volviéndose omnipresentes en la arquitectura, tanto estudiantes como profesionales sienten la presión de dominar un conjunto adicional de habilidades para transmitir sus ideas. ¿Hasta qué punto los renders hacen o deshacen un portafolio o un proyecto? ¿Qué importancia tienen en el proceso de diseño? ¿Los renders informan sobre un conjunto particular de habilidades además de las del software? Este artículo explora diferentes perspectivas sobre el papel de las representaciones dentro de la profesión.

Edificio Kokonut / Riparia

En un predio de 1,019.54 m² con restricción frontal, posterior y lateral, previamente impactado, se propuso un edificio fragmentado en tres volúmenes que respondieran a tres cosas. La primera a la geometría de trapecio del predio. La segunda a los árboles sobrevivientes del previo desplante. Y, la tercera, a potencializar las vistas.

Después del Brexit, los arquitectos británicos dejarán de ser reconocidos en la Unión Europea

Architects Registration Board, que es el organismo responsable de otorgar licencias y registrar a los arquitectos del Reino Unido, ha anunciado que los arquitectos ya no tienen la validación automática de sus calificaciones en los países de la Unión Europea después del Brexit.

Esta decisión significa que los arquitectos que deseen seguir su carrera en los 27 países de la Unión, están obligados a presentar certificados de cumplimiento y documentación específica a las autoridades competentes de cada país.

Manejo y gestión de nuestros entornos territoriales: Un número es solo un número

Cuando escuchamos titulares como: “la ciudad debe tener una densidad justa”, o “barrios a 15 minutos”, tiempo y densidad son un número. Pero es imprescindible entender que son sólo un número, hasta que estén en contexto con la experiencia de convivencia de las personas en su territorio. Ya no podemos postergar la evidente realidad de que tanto un número, un estándar, un “benchmark”, o una meta, son un acompañamiento para poder tener conversaciones necesarias en el manejo y gestión de nuestros entornos territoriales.

Casa en Huerta de Rey / Mecanismo

Burgos es la provincia española con más pueblos. La mayoría de ellos, en proceso de despoblación.

Museo de la Cultura Kadokawa / Kengo Kuma & Associates + KAJIMA DESIGN

El Museo de la Cultura de Kadokawa es un laberinto futurista y cultural que hace referencia a varias oposiciones binarias que surgieron en los tiempos modernos, como la ciudad y los suburbio s, la alta cultura y la cultura periférica, la tridimensional y la transversalidad. El sitio, la meseta de Musashino, fue creado a partir de la colisión de cuatro placas tectónicas que rodean Japón.

Tienda GINLEE / Wynk Collaborative

Tienda GINLEE está diseñada para ser un tranquilo respiro de la ciudad, con líneas suaves y una paleta de blancos, grava y detalles de madera y acero inoxidable. Un acogedor patio "exterior" con exuberante vegetación, bañado en una luz blanca difusa, constituye el punto central de la tienda, atrayendo la mirada del visitante hacia el interior al entrar.

Ganadores del concurso para la reconstrucción y rehabilitación del Complejo Al Nouri en Mosul

En noviembre pasado, la UNESCO, el Ministerio de Cultura iraquí y el Iraqi Sunni Endowment anunciaron conjuntamente un concurso internacional de diseño para la reconstrucción y rehabilitación del histórico Complejo Al Nouri en Mosul. Una de las ciudades más antiguas del mundo, Mosul ("punto de enlace" en árabe) está comenzando un proceso de recuperación después de años de conflicto, guiado por una iniciativa titulada acertadamente "Revive el espíritu de Mosul". La rehabilitación del Complejo Al Nouri, que data originalmente del siglo XII y ha constituido una faceta central de la vida de la ciudad desde entonces, es una parte central de esta iniciativa, y está destinada a señalar la resiliencia, la esperanza, la cohesión social y la reconciliación de la ciudad. a raíz de los conflictos. Seis meses después de que se anunciara originalmente la competencia, finalmente se escogió a los ganadores.

Estilos de renderizado: aspectos, diferencias y cómo hacerlo

Los renders, como composiciones capaces de comunicar el aspecto tridimensional de un proyecto desde un soporte bidimensional, es decir, la imagen, permiten una noción previa de lo que seguirá siendo la obra arquitectónica. Sin embargo, contrariamente a lo que a menudo se imagina, la representación no es sinónimo de una representación realista de la arquitectura.

Casa Morro da Manteiga / LEIVA arquitetura

Los clientes vinieron a nosotros para cumplir un viejo sueño: construir su propia casa en el campo y vivir en la tranquilidad del área rural, después de regresar de la capital Porto Alegre al campo. El ritmo y la calidad de vida son diferentes: poder sentarse en el balcón y escuchar el canto de los pájaros, poder respirar el aire puro y sentarse al sol en cualquier momento del día, mover la tierra e incluso recoger el suyo. comida. Los recursos eran limitados por lo que se decidió realizar la construcción por parte del programa Minha Casa Minha Vida - faixa 01, programa creado por el gobierno brasileño para la construcción de bajos custos, que dirigió el proyecto desde el inicio: no podíamos hacer un proyecto que corría el riesgo de que el cliente no pudiera completar eso. Y así comenzamos. El cliente tenía tres deseos bien puntuados: quería la vista del atardecer desde su habitación, quería usar ladrillos a la vista y quería privacidad.

La ventilación natural no es la solución más eficiente en todos los casos

La ventilación tiene dos propósitos principales en una habitación: primero, eliminar los contaminantes y entregar aire limpio. Segundo, satisfacer las necesidades metabólicas de los ocupantes, proporcionando temperaturas agradables (si el tiempo lo permite). Sabemos que los ambientes con ventilación inadecuada pueden generar serios problemas en la salud de las personas y, especialmente en climas cálidos, molestias térmicas. Un estudio de la Universidad de Harvard demostró que en edificios con buena ventilación y mejor calidad del aire (con menores índices de dióxido de carbono), los ocupantes presentaron un mejor desempeño de sus funciones cognitivas, respuestas más rápidas a situaciones extremas y un mejor razonamiento en actividades estratégicas.

designboom

jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian

moved by the music of the traditional chinese string instrument ruan-xian, jeff dayu shi has formed a set of bamboo presented at beijing design week 2015. The post jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian appeared first ...

neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch

when touched, the packages will timidly glow right where the contact was generated, thanks to a thermochromic paint coating that makes it sensitive to heat. The post neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch appe...

gwwo constructs dupont environmental education center

a four-story timber structure located on a protected marshland unites the natural and urban worlds, providing an educative program for the community. The post gwwo constructs dupont environmental education center appeared first on designboom | archite...

custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched


the ‘big bad wolf’ track monster was created with no cutting or welding to XJR1300 frame and everything except the tank, handlebar, and rear light was custom made.

The post custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched appeared first on designboom | architecture & design magazine.

magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms

esparto grass rugs, woven by the women of murcia, traditionally assume circular or rectangular forms, magma and dhiama modify this tradition for a new look. The post magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms appeared first on desig...

schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop

created for the design workshop of studio renova ring, a steel and timber combined table and stool set has been developed. The post schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop appeared first on designboom | architecture...

ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink


the company’s advanced thermal technology cools and heats food and beverages while maintaining precise temperatures for hours.

The post ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink appeared first on designboom | architecture & design magazine.

MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam

the furniture showroom uses internal courtyards, skylights, with an emphasis on eco-friendly techniques to give visitors a comfortable experience. The post MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam appeared fi...

anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport


located in a grove of trees, the three-sided, partially-covered structure provides protected parking for a single car, with two additional uncovered spots for guests.

The post anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport appeared first on designboom | architecture & design magazine.

frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum


the display focuses on the bold ideas that are the driving force behind gehry’s creativity, tying together their background and process with his unwavering conviction.

The post frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum appeared first on designboom | architecture & design magazine.

galway hotel paris concept by architect taras kashko

located in the city's historic district, the conceptual lodge features 25 guest and grand guest rooms, with a lounge/bar, and shops at the ground floor level. The post galway hotel paris concept by architect taras kashko appeared first on designboom |...

philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience


shadow, light and and sound intercept and surround architectural elements, immersing visitors in an environment where spacial dimensions seem to participate in an orchestrated score.

The post philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience appeared first on designboom | architecture & design magazine.

d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam


the design aimed to turn the space into one that could look and feel nicer than at home while the challenge was found when illuminating the dark space that only had a few big windows in the front façade.

The post d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam appeared first on designboom | architecture & design magazine.

stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano


this updated version has a shallower depth than its predecessor, responding to the fact that television screens today are much thinner compared to those of the past.

The post stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano appeared first on designboom | architecture & design magazine.

model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you


the new ‘no.3’ twin tube single arc cantilever frame features elegant double curved down tubes that increases lateral stiffness for speed while absorbing road shock for comfort.

The post model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you appeared first on designboom | architecture & design magazine.

jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york


just steps from the city's elegant fifth avenue, construction work has finally begun on the much-anticipated skyscraper.

The post jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york appeared first on designboom | architecture & design magazine.

morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square


in zocalo square, the heartland and most significant public space in mexico city, morag myerscough and luke morgan have realized a landmark installation that encourages visitors and passersby to consider their surrounds.

The post morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square appeared first on designboom | architecture & design magazine.

miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut

comprising 1.200sqm, the design of this penthouse was primarily driven by the desire to create airy spaces that would unite comfort with a minimalist feel. The post miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut appeare...

bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality


conceived as aesthetically pleasing sex toys and displayed during dutch design week, the designer hopes the unusual and intricate pair of objects will break the barriers between art and objects of lust.

The post bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality appeared first on designboom | architecture & design magazine.

renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car


the idea of simplicity, visible and aesthetically assumed structure, geometric elegance and light guided the designers in the creation of the ‘coupé c’ concept car.

The post renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car appeared first on designboom | architecture & design magazine.

architecturephoto.net

オラファー・エリアソンによる、バイエラー財団での展覧会「LIFE」の会場写真。レンゾ・ピアノ設計の美術館のガラスを取り除き内外を繋く作品を発表

アーティストのオラファー・エリアソンによる、バイエラー財団での展覧会「LIFE」の会場写真です。レン […]

北村直也建築設計事務所による、岐阜市の「岐阜ビルの2階のリノベーション」

北村直也建築設計事務所が設計した、岐阜市の「岐阜ビルの2階のリノベーション」です。一階部分も北村の設 […]

今西伴仁 / Atelier tomatoによる、高知・四万十市の、商店街の旧銀行跡地に建つ複合施設「shimanto + terrace はれのば」。地元民間有志が街の為に事業主となり建設

今西伴仁 / Atelier tomatoが設計した、高知・四万十市の、商店街の旧銀行跡地に建つ複合 […]

TOTO通信の2021年春号「特集:建築家のもうひとつの仕事」のオンライン版が公開。寳神尚史・藤田雄介・菅原大輔・小泉誠に設計ではない仕事の話を聞く

TOTO通信の2021年春号「特集:建築家のもうひとつの仕事」のオンライン版が公開されています。寳神 […]

井原正揮+井原佳代 / ihrmkによる、東京・港区の集合住宅「はつせ三田」

井原正揮+井原佳代 / ihrmkが設計した、東京・港区の集合住宅「はつせ三田」です。 オーナー住戸 […]

H・アルキテクトスが、2021年4月にバーバード大学の主催で行った講演「Where the Invisible Becomes Visible」の動画

スペイン・バルセロナを拠点とするH・アルキテクトスが、2021年4月12日にバーバード大学の主催で行 […]

宮崎浩+プランツアソシエイツの設計で完成した「長野県立美術館」の動画。林昌二建築の建替えや谷口吉生建築に隣接する事でも注目

宮崎浩+プランツアソシエイツの設計で完成した「長野県立美術館」の動画です。日建設計の林昌二が設計した […]

平田晃久が、群馬の「太田西複合拠点公共施設」設計プロポで最優秀者に特定。提案書も公開

平田晃久建築設計事務所が、群馬の「太田西複合拠点公共施設」設計プロポーザルで最優秀者に特定されていま […]

川原達也+エレン・クリスティナ・クラウゼ / KAWAHARA KRAUSE ARCHITECTSによる、ベルリン建築ギャラリーでの自身の個展「EQUIVOCAL」。会場構成も自身の作品として構想

川原達也+エレン・クリスティナ・クラウゼ / KAWAHARA KRAUSE ARCHITECTSに […]

白井晟一の建築展「白井晟一 入門」が、自身が設計した渋谷区立松濤美術館で開催

白井晟一の建築展「白井晟一 入門」が、自身が設計した渋谷区立松濤美術館で開催されます - shoto […]

妹島和世による、2021年の東京大学入学式での祝辞の全文

妹島和世による、2021年の東京大学入学式での祝辞の全文を紹介します。 こちらの内容は関係者・関係機 […]

『建築家ビャルケ・インゲルス氏:「快楽主義的持続可能性」を語る』(Bloomberg)

『建築家ビャルケ・インゲルス氏:「快楽主義的持続可能性」を語る』という動画が、Bloombergに掲 […]

【ap job更新】 志高く楽しく働ける環境作りに取り組む「古谷デザイン建築設計事務所」が、設計スタッフを募集中

志高く楽しく働ける環境作りに取り組む「古谷デザイン建築設計事務所」の、【募集職種】募集のお知らせです […]

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、兵庫・川辺郡の「猪名川霊園礼拝堂・休憩棟」

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる、兵庫・川辺郡の「猪名川霊園礼拝堂・休憩棟」です […]

ネリ&フーによる、韓国・ソウルの、ファッションブランドMCMの旗艦店「MCM HAUS」。既存の5階建の建物等を改修

ネリ&フーによる、韓国・ソウルの、ファッションブランドMCMの旗艦店「MCM HAUS」です。既存の […]

杉本博司と榊田倫之による新素材研究所のモノグラフ『Old Is New 新素材研究所の仕事』をプレビュー

現代美術作家の杉本博司と建築家の榊田倫之による新素材研究所のモノグラフ『Old Is New 新素材 […]

杉山幸一郎による連載エッセイ “For The Architectural Innocent” 第9回「与条件を立てる / 素材絵画」

  ※このエッセイは、杉山幸一郎個人の見解を記すもので、ピーター・ズントー事務所のオフィシャルブログ […]

藤本壮介とWOHA マン・サム・ウォンによる「未来の建築―新しい空間とつながりの創造にむけて」をテーマに行われた講演の動画。国際文化会館の主催で行われたもので日本語同時通訳版

藤本壮介とWOHA マン・サム・ウォンによる「未来の建築―新しい空間とつながりの創造にむけて」をテー […]

三井嶺建築設計事務所による、神奈川・逗子市の住宅「逗子の家『森の図書館』」

三井嶺建築設計事務所が設計した、神奈川・逗子市の住宅「逗子の家『森の図書館』」です。 急峻な小山の麓 […]

武保学 / きりんによる、三重・伊賀市の店舗「場所を見守る土産物店」

武保学 / きりんが設計した、三重・伊賀市の店舗「場所を見守る土産物店」です。 小さな建築であっても […]

建築系検索エンジンKenKen!

<オンラインセミナー>『60分でわかる、光の基礎知識』

昨年度、約3,000名に受講いただいた、照明基礎セミナーを今年度も開催。開催日時:2021年4月22日(木) 18:00~19:00

ARTPLAZA U_40 建築家展 2021 出展建築家募集のお知らせ

今年で12回目となる「ARTPLAZA U_40 建築家展 」磯崎新氏が設計した大分のアートプラザ(旧大分県立大分図書館)を会場として行われる建築展です。今年は全国から40歳未満の建築家を募集し、...

オリガミ・アーキテクチャー 一枚の紙から世界の近現代建築を折る

建築家の故・茶谷正洋が1981年に始めた新しい建築の表現、折り紙建築。往復はがき大からA2を二つ折りしたサイズで展開する折り紙建築は、見る人にその繊細さと同時に、建築の写しの手...

建築家・建築史家の藤森照信氏をゲストに迎え、「住宅の未来を考える」Vol.2

建築家・建築史家の藤森照信氏をゲストに迎え、モダンリビング創刊70周年記念オンラインイベント「住宅の未来を考える」Vol.2

「建物公開2021 艶めくアール・デコの色彩」展

東京都庭園美術館では、2021年4月24日(土)~6月13日(日)の会期で「艶めくアール・デコの色彩」展を開催いたします。本展は、年に一度の建物公開展です。

建築スタジオトーク vol.02 コンテナ町屋 CONCON もやし町屋 トークセッション

新たに建築士試験に合格された方(35歳以下)を対象に、京都を拠点に活動されている建築家

アトリエ設計事務所のオンライン企業説明会【建築学生・若手向け】

アトリエ設計事務所によるオンライン企業説明会を開催します(参加無料)。アトリエ設計事務所の代表者から、具体的な業務内容や採用情報に加え、仕事の“やりがい”や、“おもしろ...

伊東建築塾「自分の興味をカタチにする」作品展示会

10代向けのクリエイティヴスクール「GAKU」(渋谷PARCO9階)にて、伊東建築塾による中高生の作品展示会&トークイベントを開催

一般社団法人 建築環境設計支援協会 2020年度冬期講座(オンライン)のご案内

一般社団法人 建築環境設計支援協会(SABED)では、年2回講座を開講しています。2020年度冬期は、建築 CFD、屋内環境を主な対象とした照明(昼光照明)シミュレーション、BIM(Building Inform...

アート・アーカイヴ資料展XXI 槇文彦と慶應義塾 Ⅰ:反響するモダニズム

本展では三田キャンパスと日吉キャンパスを軸に、慶應義塾と槇文彦の関係性を結節点として彼の建築を取り上げる。長い伝統をもつ三田キャンパスや、それとは全く異なる歴史を辿った...

わたしらしい住まいづくり 第30回記念セミナー「3.11&コロナ後の建築」上野千鶴子氏

東京大学入学式祝辞で日本中をざわつかせ、多くの人の心を突き動かした社会学者・上野千鶴子氏。上野氏に建築を熱く語っていただきます。わたしらしい住まいづくりだから聞ける上野...

「保坂猛」オンライン建築家講演会「LOVE HOUSE から LOVE2 HOUSE へ」

建築家の保坂猛さんのオンライン講演会を開催いたします。保坂氏は大学院在学中より建築設計SPEED STUDIOを同級生と設立。現在は保坂猛建築都市設計事務所を設立し、様々な設計に取り組...

建築家セミナー2021 建築家 豊田啓介 『建築情報学から広がる未来』

今回の建築家セミナーの講師は、建築にデザインとデジタル技術を掛け合わせた『コンピューテーショナルデザイン』を提唱する建築家の豊田啓介氏。第一部として豊田氏のご講演、第二...

パビリオン・トウキョウ2020

藤森照信、妹島和世、藤本壮介、平田晃久、石上純也、藤原徹平、会田誠 他

建築設計 2.0.1-設計者とユーザーの関わり方-

本イベントは、芝浦工業大学 建築研究会1年生と4年生が『バーチャルSNS cluster』で設計者とユーザーの設計段階における新たな関わり方を模索します。 イベント参加者は、私たちの研究内...

東京のワクワクする未来を考える 都市計画家 饗庭伸×コミュニティデザイナー 山崎亮

第5回目は、饗庭さんがコミュニティデザイナーの山崎亮さんをゲストに招き対談します。山崎さんはコミュニティデザイナーとして、地域の人が地域の課題を自分たちで解決するために...

広瀬鎌二建築展SH+第3回/VR展

去る11/14~19に建築会館ギャラリーで開催された「広瀬鎌二建築展SH+第3回」をVRで再構成しました。図面・写真・原図・動画など、様々なコンテンツをバーチャルに体験できます。

都市計画家 饗庭伸×哲学者 篠原雅武 「東京のワクワクする未来を考える」

このプログラムは、ニューヨーク在住の都市建築家である重松健さんと、東京在住の都市計画家である饗庭伸さんをコーディネーターとしてお招きし、それぞれが掲げる未来の東京の都市...

JIA建築セミナー2020「2030年、活動と建築と人がつなぐものーワークショップのパイオニアたち」

「プレイフルラーニング」をキーワードに先進的かつ独創的な学の場つくりを実践する上田信行先生(同志社女子大学名誉教授・ネオミュージアム館長)と、建築家の小堀哲夫氏(小堀哲...

「改正省エネ法」情報交換セミナー 第3回「説明義務制度」にポジティブに取り組む!そ

2021年度から300㎡未満の住宅・建築物の設計時に建築士に課せられる義務への備え シリーズ第3回目ですが、初めての方でも受けられます!

建設通信新聞

公告一般入札・阪神高速道路

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【阪神高速道路】 〈簡易…

入札結果・京都市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市】 (2月28日)▽京都市醍醐…

連載・住民の感性を考慮した長寿命化修繕計画(8)

【国際建設技術協会国際建設技術研究所 研究第三部主任研究員(ニュージェック)保田 敬一/飽きのこない…

研修計画は197コース/国土交通大学校

 国土交通大学校は、2017年度の研修計画を策定した。「国民の安全・安心の確保」「生産性向上による成…

入札結果・近畿整備局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近畿整備局】 (2月21日)▽京都御…

建設論評・成長戦略を競う時だ

 大手ゼネコンを始めとする建設業界の業績が好調だ。2017年度の第3四半期決算では、四半期決算を開示…

入札結果・近江八幡市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近江八幡市】 (2月28日)▽近江八…

話題縦横・JAPIC研究会が提言/“日本を元気にする”複数プロジェクト

【地方創生の起爆剤として注目】 日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、宗岡正二会長)の国土・未来プ…

入札結果・東近江市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【東近江市】 (2月27日)▽市立能登…

催し物・第3回なら景観フォーラム

 ◇奈良県主催「第3回なら景観フォーラム」 11日午後1時30分から午後4時まで、奈良市の奈良県文化…

本日、一部地域で新聞が届かないため、電子版を公開いたします

17年度予算・木津川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 京都府木津川市の2017年度予算案は、一般会計が前年度…

17年度予算・寝屋川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 大阪府寝屋川市の2017年度予算案は一般会計が前年度比…

入札結果・京都市上下水道局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市上下水道局】 (2月23日)▽…

コンペ&プロポーザルDigest

【◆発注者【件名・設計範囲】委託方法=末尾は本紙掲載日】◎募 集◆大阪府【守口警察署新築工事基本・実…

17年度予算・伊丹市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。伊丹市   骨格で2.2%減 兵庫県伊丹市の2017年度…

三方よしのインフラメンテ/JFMAら/福島で3月7日にシンポ

 日本ファシリティマネジメント協会 (JFMA、山田匡通会長)とインフラメンテナンス国民会議は7日、…

JIA日本建築大賞・優秀建築賞・新人賞・25年賞・環境建築賞

 日本建築家協会(JIA)は、25日に開いた優秀建築選公開審査でJIA建築大賞のほか、新人賞、環境建…

二川幸夫写真集『天上の庭』/3月4日からGAギャラリーで展示

 建築写真家であり出版人としても建築の表現を追求した二川幸夫が遺した最後の写真集『天上の庭』(エーデ…

公告一般入札・西日本高速道路新名神京都事務所

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【西日本高速道路新名神京…

AKICHIATLAS

アジア建築を表彰するアワード、今年の開催地は上海。

アジア建築を表彰するアワード、今年の開催地は上海。

Reconstruction and Rehabilitation of Mosul’s Al Nouri Complex

紛争によって破壊された礼拝堂とその周辺施設の、再建計画コンペ。ユネスコとイラク文化省・スンニ基金による共催。

International Competition for Library; SONGDO International City, S. Korea

仁川市が国際的な文化都市となるような図書館の実施コンペ。門戸は広い。

HIROSHIMA DESIGN CHALLENGE 2021

事業者とクリエイターが共同で新たな製品やサービスの開発に挑戦するプロジェクト。

鋸南町都市交流施設周辺整備設計プロポーザル

交流施設関連のプロポーザル

URまちの暮らしコンペティション「スターハウスの未来にある暮らし」/ URban Life Design Competition

登録有形文化財に登録され、旧赤羽台団地に保存することになったスターハウス。今回は、特徴的なY字プランをもった歴史あるスターハウスをリノベーション案を募集。

駅前拠点施設の設計プロポーザル

駅前拠点施設の設計プロポーザル

博覧会会場の概略検討業務プロポーザル

博覧会会場の概略検討業務プロポーザル

駅前空間に関する設計プロポーザル

駅前空間に関する設計プロポーザル

40歳未満の若手建築家による作品展、ARTPLAZA U_40 建築家展の出展者を公募

40歳未満の若手建築家による作品展、ARTPLAZA U_40 建築家展の出展者を公募

第10回 子どものまち・いえワークショップ提案コンペ

建築をテーマにした子ども向けのワークショップの企画を募集。応募対象は学生。最優秀賞の企画は日本建築学会の支援のもとで実施される。

優れたサインデザイン作品を広く社会にアピールすることにより、サインデザインの普及及び啓発を図ることを目的として、1966年以来続けられてきたわが国で唯一のサインデザイン賞。

優れたサインデザイン作品を広く社会にアピールすることにより、サインデザインの普及及び啓発を図ることを目的として、1966年以来続けられてきたわが国で唯一のサインデザイン賞。

木の家設計グランプリ 2021

「コロナ時代に考える職住一体の住まい」をテーマに木造住宅のアイディアを募集する。

「京都ブランド」のイメージアップに貢献している作品等を募集

「京都ブランド」のイメージアップに貢献している作品等を募集

第1回 JAG『ガーデンデザイナー』アワード

ガーデン・ランドスケープデザインの作品賞

学校法人北上学園 専修大学北上高等学校第1校舎建替設計プロポーザル

校舎建替設計プロポーザル

第30回 BELCA賞

適切な維持保全を実施したり、優れた改修を実施した既存の建築物を表彰。良好な建築ストックの形成に寄与することを目的として実施されるアワードプログラム。

Jacques Rougerie Foundation – INTERNATIONAL COMPETITION IN ARCHITECTURE 2021

海洋建築で有名なフランスの建築家ジャック・ルジュリの財団が主催する恒例アイディアコンペ。人類や地球環境の問題に着目した海洋建築や宇宙建築のアイディアを募集する。

​2021 RIBA Norman Foster Scholarship

ノーマンフォスター財団が支援するトラベルスカラーシップ。参加資格を持つのは招待された大学に在籍している学生で、1年修了していることが条件。各大学が1人を推薦でき、日本で招待されているのは計12大学。

第48回 日新工業建築設計競技

今年の課題は「人間の家」

10+1

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫刻という幸いについて」が開催されます。 - 彫刻家・青木野枝は、大気や水蒸気をモティーフに、万物がうつろいゆくなかの生命の尊さをあらわしてきました。その彫刻は、鉄や石膏という固く重い素材を用いながら、周囲の空気をまとって、とても軽やかに見えます。 作品のほとんどが展示場所に合わせて作られ、展示が終

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画として、2月15日に磯崎新氏と浅田彰氏による対談が行われます。 日時 2020年2月15日(土)14:00- 会場 国立国際美術館 B1階 講堂 (大阪府大阪市北区中之島4-2-55) 参加費 無料、定員130名、要事前申込 申込方法の詳細はウェブサイトをご確認ください ウェブサイト イ

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しかし、「公=みんなのもの・場所」としてとらえてみると、「公」とは、一人ひとりの「私」が重なり合い、立ち上がっていくものとして考えることができます。「公」と「私」をどのように認識するかによって、まちでの生活や個人のふるまいを妨げたり、逆に広げたりすることにもつながるのではないでしょうか。 今回のディス

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どのような出来事の変遷を経て、形成されてきたのでしょうか。それをなぞろうと、私ではない他者の記憶や記録というフィルター越しに風景を眺めなおしたとき、「いま」の捉えかたはどのように変容するのでしょうか。 今回のディスカッションでは、記録の少ない敗戦直後の東京の姿を探るため、米軍やアメリカ人個人によって

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してきました。  本展は、演出家・アーティストである高山明(Port B)の企画によって、どこでも再現可能な形態でつくられた都市のインフラ/構成要素を「模型」として捉え、現在の東京のリアルな姿を浮かび上がらせる試みです。高山明の演劇的手法によって、展示空間は日々生成変化する場となり、東京という都市に接

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。[ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水)19:00 - 21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョ

ソトノバ・アワード2019公開最終審査会(千代田・2/8)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 2019年12月-2020年1月にかけて、募集をした、ソトノバ・アワード2019。2017年、2018年に引き続き、3回目の開催です。日本全国から10のプロジェクトの応募がありました。二次審査でもある、公開最終審査会には、10のプロジェクトが選出されました。そこで、公開最終審査会を開催します。応募者のプレゼンと審査を傍聴できるほか、一般投票賞が当日参加者の投票により決まります。 [ウェブサイ

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開催します。 藤森氏は建築史家としての活動を経て1991年45歳で建築家デビュー。以降28年にわたり、どこか壊かしさを感じる藤森流の建築を数多く発表しています。 本セミナーでは近作解説のほか、素材の調達方法、建築を移動可能に仕上げる「木造モノコック」などにも触れながら、藤森氏の設計スタイルについてお

展覧会「Daisuke Motogi / DDAA LAB Exhibition "FRUITS BOWL"」(渋谷区・2/4-2/16)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築家・元木大輔が代表をつとめるDDAAによる展覧会&quot;FRUITS BOWL&quot;を開催します。同名のZINEの販売のほか、会期中の2月8日にはフルーツサワーを出すイベントも。ぜひ足をお運びください。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月4日(火)- 2月16日(日) 開館時間 12:00 - 20:00 会場 ユトレヒト (東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマ

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

<p><img src="https://www.10plus1.jp/information/assets_c/2020/02/symposium_200307-thumb-400xauto-2359.jpg" /></p> 日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのような変容をもたらすのか、テクノロジーは建築デザインをどこに導こうとするのかをテーマにシンポジウムを企画する。 かつて近代建築を語る際、「機能的なものは美しい」という命題が繰り返された。戦後日本において、幾人かの建築家はテクノロジーの進歩を素直に建築に表現すれば自ずと近代建築になり、今は見た目が無骨で

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水) 19:00-21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ

202003 リサーチとデザイン ──ネットワークの海で建築(家)の主体性と政治性を問う |青井哲人|連勇太朗|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_am_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2364.jpg" /></p> 観察と実践をめぐる中動態的モデル:コーンとサンドウィッチ 青井哲人──編集部から投げかけられたテーマは「リサーチとデザインの関係をめぐって」というものです。関連する近年の話題として、貝島桃代さんがキュレーターを務めた2018年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の日本館展示「建築の民族誌(Architectural Ethnography)」がありました。デザインを直接に扱ってはいませんが、当然

202003 いまこそ「トランスディシプリナリティ」の実践としてのメディアを ──経験知、生活知の統合をめざして |南後由和|貝島桃代|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_nk_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2361.jpg" /></p> 都市や空間の枠組みからの解放と創造 編集──本日はよろしくお願いします。今日は南後さん、貝島さんの近年のご関心、お仕事から、世界的なさまざまな建築・都市メディアの展開、そして今号で更新が最後となる「10+1 website」の20年間、そしてこれからのメディアのあり方、議論の方法など、多岐にわたるお話を伺いたいと思っています。南後さんがサバティカルから一時帰国された際に、進行中のとても興味深い研

202003 独立した美術・批評の場を創出するために |五十嵐太郎|鷲田めるろ|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_iw_thumb-thumb-400xauto-2362.jpg" /></p> ビルバオの衝撃から芸術祭まで 編集──五十嵐太郎さんと鷲田めるろさんには、雑誌時代から「10+1」において美術や建築をめぐるさまざまな議論を展開していただきました。最終号の本対談では美術と建築のあり方を総括していただき、今後の展望についてお話を伺いたいと思います。まずは「10+1」が活動してきた26年の間における美術、建築の動向についてお聞かせください。 鷲田めるろ氏 鷲田めるろ──よろし

建築の概念の拡張 |石上純也|田根剛|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_it_thumb-thumb-400xauto-2374.jpg" /></p> ───本対談は、2018年4月、「石上純也──Freeing Architecture」展(カルティエ現代美術財団)の開催およびそのカタログである『自由な建築』(LIXIL出版)の発行を機に、非公開で行われました。それからおよそ2年を経て、両氏ともに注目すべき活動を展開され続けていますが、ここで語られていることは、両氏の活動の軌跡を捉えるためだけでなく、現代の建築を考える上でも確かな意義があるもの

建築の概念の拡張 |石上純也|田根剛|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_it_thumb-thumb-400xauto-2374.jpg" /></p> ───本対談は、2018年4月、「石上純也──Freeing Architecture」展(カルティエ現代美術財団)の開催およびそのカタログである『自由な建築』(LIXIL出版)の発行を機に、非公開で行われました。それからおよそ2年を経て、両氏ともに注目すべき活動を展開され続けていますが、ここで語られていることは、両氏の活動の軌跡を捉えるためだけでなく、現代の建築を考える上でも確かな意義があるもの

202003 リサーチとデザイン ──ネットワークの海で建築(家)の主体性と政治性を問う |青井哲人|連勇太朗|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_am_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2364.jpg" /></p> 観察と実践をめぐる中動態的モデル:コーンとサンドウィッチ 青井哲人──編集部から投げかけられたテーマは「リサーチとデザインの関係をめぐって」というものです。関連する近年の話題として、貝島桃代さんがキュレーターを務めた2018年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の日本館展示「建築の民族誌(Architectural Ethnography)」がありました。デザインを直接に扱ってはいませんが、当然

202003 いまこそ「トランスディシプリナリティ」の実践としてのメディアを ──経験知、生活知の統合をめざして |南後由和|貝島桃代|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_nk_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2361.jpg" /></p> 都市や空間の枠組みからの解放と創造 編集──本日はよろしくお願いします。今日は南後さん、貝島さんの近年のご関心、お仕事から、世界的なさまざまな建築・都市メディアの展開、そして今号で更新が最後となる「10+1 website」の20年間、そしてこれからのメディアのあり方、議論の方法など、多岐にわたるお話を伺いたいと思っています。南後さんがサバティカルから一時帰国された際に、進行中のとても興味深い研

202003 独立した美術・批評の場を創出するために |五十嵐太郎|鷲田めるろ|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_iw_thumb-thumb-400xauto-2362.jpg" /></p> ビルバオの衝撃から芸術祭まで 編集──五十嵐太郎さんと鷲田めるろさんには、雑誌時代から「10+1」のなかで美術や建築をめぐるさまざまな議論を展開していただきました。最終号の本特集では美術と建築のあり方を総括していただき、今後の展望についてお話を伺いたいと思います。まずは「10+1」が活動してきた26年の間における美術、建築の動向についてお聞かせください。 鷲田めるろ氏 鷲田めるろ──よろし

第12回:大変動の時代の建築 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 変化の時代に何ができるか 私たちの社会はいま、巨大な変化のうねりのなかにある。その変化は地球規模の気候変動にも、あるいは同じくグローバルな社会変動にも現れている。この圧倒的スケールの変化のなかで、私たち一人ひとりに何ができるのか? 建築にいったい何ができるのか? ときに無力感に苛まれながらも、さまざまな分野のなかで多様な人々が日々奮闘している時代に、私たちは生きている。 筆者自身も、この変化