Architecture
News

ケンプラッツ

不動産の価格がわかる本 改訂版(日経不動産マーケット情報の本)

不動産で収益向上をめざす実務者必読!! オフィスビル、商業施設、ホテルなどのアセットごとに、価格の評価に関する知識を習得できます。

決定版!グリーンインフラ(日経コンストラクションの本)

新ビジネスで市場拡大へ。第一線の識者50人以上が国内外の最新事例を解説します!

土はなぜ崩れるのかセット(日経コンストラクションの本)

Q&A形式で学ぶ「土はなぜ崩れるのか」をセットにしました!

これからできる大規模オフィスビル調査データ2019(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2018年に完成または2019年以降に完成予定の都内126の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産テック 巨大産業の破壊者たち(日経不動産マーケット情報の本)

不動産会社化するグーグル、アマゾン、ソフトバンク―。巨大IT企業の目には何が映っているのか?

エコハウス時代の換気トラブルを徹底取材(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 今後増すと見込まれる換気設備の重要性とリスクを踏まえ、日経ホームビルダー7月号の特集では、近年発生したトラブルの事例を徹底取材。その内容を7つに分類しました。

冷凍よりも「調理して高く売れ」、転換期の保存(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

5月24日号の特集「稼げる保存」は、文化財の「活用」を訴え続けているデービッド・アトキンソン氏のインタビューから始まります。同氏は、日本のこれまでの建築保存を「冷凍保存」と...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2018(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

都内128の大規模ビルプロジェクトの詳細データを収録!<日経不動産マーケット情報(編)/ 本体24,000円+税、読者特価:本体10,000円+税 / 発行日:2018年5月31日>

平均年収は680万円に回復するも…5年ぶり労働実態調査どう読む?(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 2018年5月10日号の特集は「労働実態調査2018 脱・長時間労働」です。一級建築士365人のアンケート回答を得て、年収や労働時間、やりがいなどを分析しました。同様の調査を10年前の2008年...

現場ロボット普及前夜、建設会社が手を結べば…(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 古くは「桃太郎」、ベテラン世代は「七人の侍」、現役世代は「ドラゴンボール」……。こういうタイプのストーリー展開を「戦士集結型物語」と名付けるとすると、今号の特集「真の...

家ブログを侮ってはいけない(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 住宅を建設する際に、インターネット上のブログへ工事や打ち合わせの内容を細かく記録する“家ブロガー”が増えています。手間をいとわずにそうした取り組みに注力する建て主は、...

創刊42年、「座して待つ」からの脱却(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 新築需要だけではこの先食っていけない──。今や建築実務者の多くが感じている危機感でしょう。しかし、それ以外に一体どうやって稼げばいいのか──。そのヒントを探るのが4月12...

注目の話題は「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月26日~4月1日のアクセスランキング1位は、2017年が「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」、2016年が「引き戸が人気、省エネ先進国ドイツの窓の最新トレンド」、2015年が「パッシブデ...

注目の話題は「ユニクロの新オフィス公開」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月19日~3月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「ユニクロの新オフィス公開、物流倉庫の最上階」、2016年が「24時間換気があるのに換気不足」、2015年が「『さすが免震と思ったの...

注目の話題は「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月12日~3月18日のアクセスランキング1位は、2017年が「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」、2016年が「ぎふメディアコスモスの屋根に水たまり」、2015年が「またか、東洋ゴム工業が免震材...

中高層建築は木材をこう使う(木材活用 最前線)

東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの2...

激甚化する水害(日経コンストラクションの本)

激甚化する水害や土砂災害について、豊富な写真と資料を交えてメカニズムや社会に与える影響を解説。<気候変動による水害研究会(著)/ 価格:本体2,000円+税 / 発行日:2018年3月27日>

注目の話題は「『働き方改革』を先導する本社移転」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 2月26日~3月4日のアクセスランキング1位は、2017年が「『働き方改革』を先導する本社移転」、2016年が「地震被害で有罪判決、構造設計者の反論」、2015年が「谷口吉郎がホテルオークラ...

木造のコツは「燃え抜けない」設計(木材活用 最前線)

中大規模木造には、新しい木質材料や技術工法が次々と登場しており、また法制度の整備も進んでいる。中大規模建築の木造化・木質化について防火の観点から、桜設計集団代表の安井昇...

2017年4月号 「意匠と雨仕舞いは両立せず?」 後編(事例で分かる雨漏り修理のツボ)

 築5年の鉄骨造の店舗併用住宅で、大量の雨漏りが発生。2階の外壁は意匠性塗装仕上げ、1階は磁器質タイル。見栄えのする外観だが、外装材に十分な防水性能が備わっていなかった。前...

ArchDaily

The Platypus Cafe / Radius Interior Design Studio

Simple Longboards, a Vienna-based skateboard brand, planned to construct its first global concept store in 2019. Simple Longboards evaluated five cities as candidates for the shop location: Amsterdam, Seoul, Taipei, Tokyo, and Vienna. Ultimately, our city, Taipei, stood out and became the first location for Simple Longboards' project for constructing global concept stores.

Ashui Pavilion / MIA Design Studio

Ashui Pavilion is a lightweight architectural structure serving as an exhibition area, to honor the works, architects, investors, and suppliers who have contributed to Vietnamese architecture in 2019. The Ashui Awards ceremony was held in the early days of 2020 at the Pavilion on the promenade of Hoan Kiem Lake, Hanoi.

The Schoolhouse / Rome Office

This highly distinctive neighborhood landmark was originally built in 1894 to house the McDonogh #30 School in New Orleans’ Third Ward, a function it held for nearly half a century. The exuberant late Victorian design was at one point a lively confection of Italianate, Romanesque, Eastlake, and Neo-Classical elements and details. After decades of renovations by numerous tenants,these elements were removed from the façade and the interior underwent significant architectural changes. For nearly 20 years, the building sat vacant and blighted in various states of deterioration.

Bear Run Cabin / David Coleman Architecture

Located on a rain-drenched site in the rugged, north-western foothills of the Cascade Mountains, this modest, sustainable building has a big presence in a big landscape. Surrounded by dramatic, mountain peaks, the site slopes to the east and overlooks a large woodlot. Our clients wanted a building that had presence in and subservience to the wild landscape. This duality became the thematic tag that informed the design.

Concepción Beistegui Apartaments / Miguel de la Torre Arquitectos

Concepción Beistegui 811 is located in Colonia del Valle, south of Mexico City, an area that has undergone multiple changes since its inception and which today stands out as one of the areas with greater development and infrastructure for communication, transportation and services of Mexico.

NORTIS Temporary Office / Triart Arquitetura

The project had as a starting point the use of blocks of different shapes - material utilized in the construction industry and, depending on the manner it is worn, it might make the project more sophisticated.

Nemo House / Mobius Architects

The architecture of the building is subordinated to the vicinity of the Masurian lake, over which the house was built. The buildings did not disturb the landscape by opening the interior transparently to the beauty of the landscape. The house was designed in a rectangular plan with a length of 50m, using practically the whole building plot.

13 Residential Projects that Use Raw Brick Facades

Rotation, displacement, and interleaving of blocks are some of the options that enable the diversity of raw brick patterns in architecture. The shape of these elements, usually used for the construction of walls, has been explored in a creative way to compose facades of residential buildings, representing the formal identity of the building itself and its relationship with its context.

Rathgar House / Peter Legge Associates

This renovation of, and extension to, a large Victorian end-of-terrace house in Rathgar, saw the upper levels stripped back to their original features and proportions, with insensitive additions removed, so as to again reveal the essential character of the spaces.

Germany Tells the Story of the Past in its “2038” Pavilion at the 17th International Venice Biennale

Entitled 2038, the German pavilion looks back from the future to the past, which is, in fact, our modern time. Seeking to provide answers, the pavilion imagines the world in the era of “New Serenity”, and tells the “story of a world in which everything has just about gone well”, an alternative future without war.

One Thousand Museum Residential Tower / Zaha Hadid Architects

One Thousand Museum is a 62-storey residential tower opposite Museum Park in Miami. With views across Biscayne Bay, this popular 30-acre park was redeveloped in 2013 as one of downtown Miami’s primary public spaces and includes the city’s new art and science museums.

Varnishes, Stains, Oils, Waxes: What are the Most Suitable Finishes for Wood?

In recent years, much attention has been given to timber constructions. Being a sustainable and renewable material, which captures a huge amount of carbon during its growth, the innovations related to this material have allowed for increasingly higher constructions. However, when we talk about wood we approach an immense variety of species, with different strengths, nuances, potentials, limitations and recommended uses. While there are extremely hard and heavy woods, with strengths comparable to concrete, there are other soft and soft woods that are suitable for other purposes.

Casa Landaburu / Jordi Hidalgo Tané

A few kilometers from Bera, the "Landaburu borda" is a small traditional building, anchored in the magnificent landscape of the Navarre mountains.

Real-time Rendering in Architecture Evolves to Become a Natural Workflow Enhancement

The field of architectural visualization has come a long way: It used to be a very time and cost-intensive process that only larger firms could afford and was usually outsourced to specialist companies that let their supercomputers render images for days or even weeks. Whilst this still might sound familiar to some architectural companies, the reality today is that something else is becoming the new standard in visualization: real-time rendering.

Mjøstårnet The Tower of Lake Mjøsa / Voll Arkitekter

We have all the responsibility to find new ways of thinking. And not only thinking, but actually doing. Mjøstårnet is the first time in history that something like this has been constructed on this scale. It’s also, the first time in history that the materials and the expertise have been sourced locally. Our client says that standing on top of the viewing platform of Mjøstårnet, you can “actually see” where the timber comes from and where it was processed. And that’s part of our sustainable movement being put into practice. Together with our client and constructor, we began to sketch out the project in early 2015. 

Louis Vuitton Opens New Flagship Store in Osaka Designed by Jun Aoki and Peter Marino

The Louis Vuitton Maison Osaka Midosuji is now open to the public. As a result of a close collaboration between architects Jun Aoki and Peter Marino, the four-floor luxury store is a reflection of the city’s international travel hub status. The very first Louis Vuitton café, entitled Le Café V, created in cooperation with celebrated chef Yosuke Suga, sits atop Louis Vuitton Maison Osaka Midosuji, as well as Sugalabo V, the chef’s exclusive restaurant.

OMA Designs New Headquarters for Belgium’s National Railway Company

OMA and partner Reinier de Graaf, together with Jaspers-Eyers Architects, have won the competition to design the new headquarters of Belgium's National Railway Company in Brussels. The design preserves three monumental buildings in the Brussels-South train station along Fonsny Avenue. At 75,000 square meters, the headquarters project brings all departments under the same roof with work space for 4,000 employees.

Black Girls Code: Danish Kurani Designs a New York City Tech Lab for Young Women

Architect Danish Kurani has recently completed a new tech lab in New York City in partnership with Black Girls Code. As a place where young women from all over New York can come together to learn about technology, the revamp project includes 3,900 square feet of space at Google’s New York offices that were turned into a tech exploration lab.

House Over a Courtyard / Ayllón Paradela Deandrés Arquitectos

Nowadays, life demands a kind of architecture that is primarily flexible, over one that is strictly functional. Household mutations is what defines the contemporary home, understood as a combination of indeterminate, ever-changing rituals. Every person’s home is the stage on which life unfolds, from the ordinary to the extraordinary; a haven, but also a space for leisure, and―why not―even a workplace.

HOVERBOX Installation / NAICE architecture & design

A large white box hovers over the ice; in the box, there a people walk about, bide their time, or seemingly hover over the floor. What is happening? 

Dezeen

West Stow Lodge by Project Orange features a traditional exterior and a pared-back interior

Oak joinery, white-painted bricks, and concrete flooring were used to make the interior of this new house in Suffolk, England, more contemporary than its traditional pitched-roof exterior (+ slideshow). (more…)

Interactive online documentary Refugee Republic awarded twice at Dutch Design Awards 2015

Dutch Design Week 2015: agency Submarine Channel won two prizes at this year's Dutch Design Awards with its web narrative that presents life and experiences in a refugee camp. (more…)

Lukstudio suspends metal wires to look like drying noodles at Chinese restaurant

Shanghai-based Lukstudio has reinterpreted a traditional Chinese food drying rack with a metal grid structure and hanging wires for a noodle bar in Changsha (+ slideshow). (more…)

Ben Jones’ Dot Net video uses animation to recreate Battles’ “technicolour sounds”

Music: director Ben Jones has collaborated with experimental rock band Battles on a riotous animation-heavy film that questions society's addiction to "screen time". (more…)

FCC Arquitectura and Paulo Lobo transform old Portuguese wine estate into a tourist attraction

A wine estate near the city of Lixa, Portugal, has been converted into a hotel for wine tourism, featuring rustic stone structures and contemporary buildings clad in pre-weathered steel or timber slats (+ slideshow). (more…)

Lose track of time on Dezeen’s new clocks Pinterest board

We've created a clocks Pinterest board full of unique time-keeping devices to remind UK readers to turn their clocks and watches back an hour as British Summertime officially ends tonight. Follow Dezeen on Pinterest | See more clock-related design on ...

This week, Sagrada Família reached a milestone and Nike launched Back to the Future shoes

This week on Dezeen: Antoni Gaudi's Sagrada Família basilica entered the final stage of construction this week 90 years after the architect's death, while Nike celebrated Back to the Future day with the release of its eagerly anticipated self-lacing shoes. (more…)

Daniele Cristiano’s Calibro sideboard references an old ammunition box

Italian designer Daniele Cristiano has created a multipurpose storage unit that is shaped to look like a vintage ammunition chest. (more…)

MOS Architects creates modular house made entirely from corridors

Chicago Architecture Biennial 2015: New York-based studio MOS Architects has created an installation that explores the possibility of building homes using only corridor and hallway-like spaces (+ slideshow). (more…)

Floris Schoonderbeek’s Groundfridge chills food without electricity

Dutch Design Week 2015: this globe-shaped fridge by Dutch designer Floris Schoonderbeek is intended to be buried underground, keeping food cool without using electricity. (more…)

US job of the week: designer at Atelier de Troupe

Our US job of the week on Dezeen Jobs is for a designer at Los Angeles studio Atelier de Troupe, which designed 18 new suites for the boutique hotel L'Hôtel du Ministère (pictured). Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Snøhetta’s new building for SFMOMA nears completion

San Francisco Museum of Modern Art has released the first images of Snøhetta's near-complete extension building showing its striated facade and atrium. (more…)

Staab Architekten chosen to extend Berlin’s Bauhaus-Archiv with “almost frail” design

Berlin architect Volker Staab has won a competition to extend the Bauhaus archive and museum in the German capital, designed by founder Walter Gropius in the 1960s. (more…)

“Robotic construction and 3D printing are the future” says Wolf D Prix

Combining robotic fabrication with 3D printing offers "amazing" opportunities for architecture and could help solve the global refugee crisis, according to Coop Himmelb(l)au founder Wolf D Prix (+ interview). (more…)

The Dezeen Jobs guide to getting your first job in the design industry

How can young designers break into the industry? In the first of a new series of careers-advice columns from Dezeen's recruitment platform Dezeen Jobs, Rob Bye offers some tips. (more…)

Bird heads and leaping golfers adorn Jason Page’s alternative golfing suits

Dutch Design Week 2015: golf outfits have received a graphic makeover from Design Academy Eindhoven graduate Jason Page, whose collection of alternative attire is designed to make the sport more accessible. (mor...

Rick Owens opens first Los Angeles store in 1920s ribbon factory

Fashion designer Rick Owens has opened his first store in Los Angeles on North La Brea avenue – installing architectural elements influenced by a legendary filmmaker within a former industrial space (+ slideshow). (more…)

Assemble’s Granby Workshop social enterprise in Liverpool will sell locally produced homeware

Turner Prize-nominated architecture collective Assemble has launched a Liverpool-based workshop selling homeware made in collaboration with local artists and craftspeople (+ slideshow). (more…)

Job of the week: project architects at DSDHA

Our job of the week on Dezeen Jobs is for architects at DSDHA, whose projects include a house designed to camouflage with its surroundings. Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Gaudi’s Sagrada Família enters final stage of construction

The Sagrada Família basilica has entered its final stage of construction, over 100 years since its foundation stone was laid and 90 years after its designer Spanish architect Antoni Gaudi died. (more…)

Plataforma Arquitectura

Skateparks de hormigón: fotografías de paisajes deportivos brutalistas

El skate, como deporte, comenzó a gestarse en el estado de California durante las décadas de 1960 y 1970, período en el cual las actividades extremas como el surf adquirieron una gran popularidad entre la población de los Estados Unidos. Iniciándose como una adaptación urbana de este deporte acuático, el skateboarding se posicionó rápidamente como uno de los pasatiempos predilectos entre los jóvenes y, para 1980, logró expandirse por todo el mundo, potenciando la activación de diversos espacios públicos en desuso en ciudades de todo el planeta.

Fotografías de una aldea budista olvidada en Myanmar

La histórica aldea de Indein, Myanmar, fue fundada por monjes alrededor del siglo III a.c., quienes querían difundir el budismo en todo el país. Cientos de pagodas, adornos y estatuas de Buda se construyeron alrededor del área, pero con el tiempo, el pueblo fue abandonado y sus templos se consumieron con vegetación. Hoy en día, el sitio se erige como una contradicción visual de lo antiguo y lo nuevo, ya que la gente ha comenzado a renovar y preservar las estructuras históricas poco a poco, rodeando los templos en ruinas con nuevas estupas blancas.

Arquitectura sin arquitectura: ¿Qué pasó con los programas del Parque Biblioteca España en Medellín?

El hito arquitectónico que adornaba el paisaje urbano que beneficiaba a las comunas 1, 2, 3 y 4 de la ciudad de Medellín cerró sus puertas desde el año 2013. Sin embargo este era un espacio funcional donde se refugiaban cientos de usuarios que querían profundizar sus conocimientos culturales, ya fuera por la biblioteca o los distintos espacios destinados a otros usos.

Casa Carmela / Fae + NOMADA

La casa se ubica en el sector noroeste de la ciudad de Córdoba, Argentina. El barrio se destaca por su buena calidad ambiental, su carácter residencial y abierto, lotes entre medianeras y viviendas de hasta dos niveles.

Una infografía de los edificios más antiguos en las 100 principales ciudades de Estados Unidos

Las historias de los edificios de Estados Unidos ha sido construía por la innegable cultura que sus habitantes han ido construyendo, es por eso que lejos de ser solo objetos arquitectónicos, evocan momentos que expresan los anhelos de sus habitantes en distintos contextos políticos y económicos. En todos los casos, estos edificios representan la lucha diaria que trae consigo un monumental legado de quienes vivieron allí.

Barnices, Aceites, Ceras: ¿Cuáles son los acabados más adecuados para la madera?

En los últimos años se ha prestado mucha atención a las construcciones en madera. Al ser un material sostenible y renovable, que captura una enorme cantidad de carbono durante su crecimiento, las innovaciones relacionadas con el material han sido constantes, permitiendo construcciones cada vez más altas e incluso uniéndose a otros materiales. Sin embargo, cuando hablamos de madera nos acercamos a una inmensa variedad de especies, con diferentes fortalezas, matices, potenciales, limitaciones y usos recomendados. Si bien existen maderas extremadamente duras y pesadas, con resistencias comparables al concreto, existen otras maderas blandas y suaves que son adecuadas para otros fines.

Casa Colibrí / ViGa Arquitectos

Después de seis años desde el desarrollo del proyecto hasta su construcción final, Casa Colibrí se alza en un terreno con impresionantes vistas hacia el sur de la ciudad. La topografía del terreno acentúa las perspectivas, y se vuelve la condicionante principal para la ubicación de cada uno de los volúmenes que conformarán el proyecto.

Casa Claw / Botticini + Facchinelli ARW

El proyecto está ubicado en una colina, con dirección hacia la montaña Adamello y el lago Iseo, con una vista que se abre a la reserva natural de la turbera de Sebino. La casa define su propia modalidad de ocupación a partir de dos elementos innovadores: la conexión con el suelo y la relación con el paisaje.

Casa tren / ON Architecture INC.

Una pareja que ha estado viviendo en la ciudad me encargó que diseñara una pequeña casa donde vivirían con sus padres de la tercera edad. El sitio tenía una forma inapropiada para su uso y una diferencia significativa entre sus niveles más altos y más bajos. En la mayoría de los casos de planificación de una casa de campo en un sitio más bajo que el camino, uno nivela el sitio antes de construir la casa.

Oficina de turismo Plainfaing / Studiolada

Un pequeño manifiesto de 150 metros cuadrados a favor de las rutas cortas y el simple placer de los materiales, nos da la oportunidad de abrazar la variedad y los matices de los productos disponibles en un territorio específico.

La historia de Plainfaing, una oficina de turismo, es, en primer lugar, sobre su planificación. La comunidad de Saint-Die-des-Vosges, desea mejorar su atractivo para los turistas, por lo que simplemente eligió construir este nuevo edificio cerca de un polo de gran afluencia: la Confiserie des Hautes Vosges, una confitería tradicional. Esta fábrica artesanal de "bonbon des Vosges" recibe a casi 250.000 visitantes al año, y es uno de los primeros sitios en Francia para el turismo "industrial".

Casa Landaburu / Jordi Hidalgo Tané

A pocos kilómetros de Bera, Landaburu Borda, una pequeña construcción tradicional anclada en la ladera del monte, observa el sobrecogedor paisaje lejano de los montes navarros.

¿Quién debería ganar el Premio Pritzker 2020?

La Fundación Hyatt ha revelado la fecha oficial de anuncio del próximo Premio Pritzker 2020 y como es habitual, ha comenzado la especulación en torno a quién será el próximo arquitecto o arquitecta ganadora del máximo galardón de nuestra disciplina.

Habitat Filter / Matt Drysdale + Matt Myers + Tim Dow

Diseñada para Transurban y situada en el Recinto de Arte de Melbourne en una isla inaccesible sin la autopista, esta importante instalación escultórica proporciona un enfoque integrado de obras de arte combinadas con el hábitat.

La energía de los paneles solares proporciona electricidad para la iluminación y las cajas enrejadas proporcionan refugio para la vida silvestre.

Sobre la locura de un estilo arquitectónico vetado por el gobierno de Estados Unidos

Este artículo fue originalmente publicado en Common Edge.

Casas de hormigón en Uruguay: 10 obras que utilizan concreto visto en sus interiores

La utilización del hormigón como recurso constructivo suele ofrecer ciertas ventajas asociadas a la resistencia y los tiempos de ejecución de una obra. Las mismas, combinadas con la plasticidad, versatilidad y valor estético, han generado que muchos arquitectos y arquitectas opten por este sistema para materializar sus proyectos. La reivindicación de las tendencias en torno a la aplicación vista del concreto –es decir, sin revestimientos adicionales- ha generado, a la vez, numerosas exploraciones en torno a sus cualidades expresivas, dando origen a nuevos proyectos que experimentan con las terminaciones de este material en sus espacios interiores.

Estaciones de la Línea 2 – CCR Metro Bahía / JBMC Arquitetura e Urbanismo

La Línea 2 del Metro de Salvador es una obra pública concesionada del Estado de Bahía que, con una construcción y gestión privada, permite establecer una conexión entre el centro económico de Salvador, en la región de Iguatemi/ Rodoviária y el Aeropuerto Internacional.

Premio Pritzker 2020 será anunciado el martes 3 de marzo

La Fundación Hyatt ha revelado la fecha oficial del anuncio del Premio Pritzker 2020. El galardón más importante de arquitectura será anunciado el martes 3 de marzo de 2020 a las 10:00 EST (15:00 GMT).

La arquitectura del trabajo: condiciones laborales y la nueva normalidad

El trabajo da lugar al diseño. Como el agregado del esfuerzo físico y mental utilizado en la creación de bienes y servicios, el trabajo está vinculado tanto a lo que creamos como a nuestro proceso. En un campo conformado por la producción, la arquitectura y el diseño dependen del trabajo de una amplia gama de profesionales. Pero a medida que los trabajadores dedican cada vez más horas y las medidas tradicionales de cambio de seguridad, han surgido cuestiones de prácticas laborales en medio de condiciones más amplias de la cultura laboral contemporánea.

Estacionamiento Italia 723 / Taller de Arquitectura La Fundación

La situación preexistente. Edificio patrimonial, ubicado en la intersección norte-oeste de las calles Santa Fe e Italia de la ciudad de Rosario, fue construido a principios del siglo XX, un conjunto formalmente unitario de nueve viviendas distribuidas en planta baja y alta, que conformaban las conocidas casas de renta, alquiladas para diferentes usos hasta la primera década de este siglo, cuando se convirtieron en pensiones, rentando habitaciones, exclusivamente, por su privilegiada posición urbana.

Cómo incorporar materiales de Hormigón en BIM: Descarga y aplica 29 archivos en tu proyecto

¿Cómo incorpora BIM los materiales como el Hormigón?

BIM, sigla de Building Information Modeling, propone utilizar modelos en 3 dimensiones con información para crear el entorno construido y a partir de esto extraer información necesaria para la documentación y construcción de proyectos de Arquitectura. Esto se logra a través del modelado de diversos componentes, como puertas, ventanas, pilares y muros, los cuales, al sumarlos, proponen un proyecto de arquitectura. Los materiales, sin embargo, no son componentes 3D en BIM, sino que forman parte de la composición de dichos componentes. En este artículo revisaremos cómo se comportan los Materiales en BIM tomando como ejemplo los productos que nos ofrece Melón Hormigones.

designboom

jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian

moved by the music of the traditional chinese string instrument ruan-xian, jeff dayu shi has formed a set of bamboo presented at beijing design week 2015. The post jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian appeared first ...

neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch

when touched, the packages will timidly glow right where the contact was generated, thanks to a thermochromic paint coating that makes it sensitive to heat. The post neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch appe...

gwwo constructs dupont environmental education center

a four-story timber structure located on a protected marshland unites the natural and urban worlds, providing an educative program for the community. The post gwwo constructs dupont environmental education center appeared first on designboom | archite...

custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched


the ‘big bad wolf’ track monster was created with no cutting or welding to XJR1300 frame and everything except the tank, handlebar, and rear light was custom made.

The post custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched appeared first on designboom | architecture & design magazine.

magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms

esparto grass rugs, woven by the women of murcia, traditionally assume circular or rectangular forms, magma and dhiama modify this tradition for a new look. The post magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms appeared first on desig...

schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop

created for the design workshop of studio renova ring, a steel and timber combined table and stool set has been developed. The post schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop appeared first on designboom | architecture...

ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink


the company’s advanced thermal technology cools and heats food and beverages while maintaining precise temperatures for hours.

The post ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink appeared first on designboom | architecture & design magazine.

MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam

the furniture showroom uses internal courtyards, skylights, with an emphasis on eco-friendly techniques to give visitors a comfortable experience. The post MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam appeared fi...

anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport


located in a grove of trees, the three-sided, partially-covered structure provides protected parking for a single car, with two additional uncovered spots for guests.

The post anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport appeared first on designboom | architecture & design magazine.

frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum


the display focuses on the bold ideas that are the driving force behind gehry’s creativity, tying together their background and process with his unwavering conviction.

The post frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum appeared first on designboom | architecture & design magazine.

galway hotel paris concept by architect taras kashko

located in the city's historic district, the conceptual lodge features 25 guest and grand guest rooms, with a lounge/bar, and shops at the ground floor level. The post galway hotel paris concept by architect taras kashko appeared first on designboom |...

philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience


shadow, light and and sound intercept and surround architectural elements, immersing visitors in an environment where spacial dimensions seem to participate in an orchestrated score.

The post philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience appeared first on designboom | architecture & design magazine.

d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam


the design aimed to turn the space into one that could look and feel nicer than at home while the challenge was found when illuminating the dark space that only had a few big windows in the front façade.

The post d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam appeared first on designboom | architecture & design magazine.

stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano


this updated version has a shallower depth than its predecessor, responding to the fact that television screens today are much thinner compared to those of the past.

The post stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano appeared first on designboom | architecture & design magazine.

model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you


the new ‘no.3’ twin tube single arc cantilever frame features elegant double curved down tubes that increases lateral stiffness for speed while absorbing road shock for comfort.

The post model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you appeared first on designboom | architecture & design magazine.

jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york


just steps from the city's elegant fifth avenue, construction work has finally begun on the much-anticipated skyscraper.

The post jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york appeared first on designboom | architecture & design magazine.

morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square


in zocalo square, the heartland and most significant public space in mexico city, morag myerscough and luke morgan have realized a landmark installation that encourages visitors and passersby to consider their surrounds.

The post morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square appeared first on designboom | architecture & design magazine.

miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut

comprising 1.200sqm, the design of this penthouse was primarily driven by the desire to create airy spaces that would unite comfort with a minimalist feel. The post miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut appeare...

bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality


conceived as aesthetically pleasing sex toys and displayed during dutch design week, the designer hopes the unusual and intricate pair of objects will break the barriers between art and objects of lust.

The post bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality appeared first on designboom | architecture & design magazine.

renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car


the idea of simplicity, visible and aesthetically assumed structure, geometric elegance and light guided the designers in the creation of the ‘coupé c’ concept car.

The post renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car appeared first on designboom | architecture & design magazine.

architecturephoto.net

日建設計の山梨知彦による、藤村龍至と小林正美がモデレーターを務めた講演「建築デザインの可能性とみらい」の動画

日建設計の山梨知彦による、藤村龍至と小林正美がモデレーターを務めた講演「建築デザインの可能性とみらい […]

ネリ&フーによる、中国・北京近くの、既存ビルを改修した文化施設「Junshan Cultural Center」の写真など

ネリ&フーによる、中国・北京近くの、既存ビルを改修した文化施設「Junshan Cultural C […]

初公開の丹下の手帳も展示される「渋谷の東京オリンピックと丹下健三」展が、渋谷の博物館で開催中

初公開の丹下の手帳も展示される「渋谷の東京オリンピックと丹下健三」展が、渋谷の博物館で開催されていま […]

コールハースとAMOディレクターのサミール・バンタルらによる、グッゲンハイム美術館で始まった“田舎”をテーマにした建築展「Countryside, The Future」の会場写真

OMAのレム・コールハースとAMOディレクターのサミール・バンタルらによる、アメリカ・ニューヨークの […]

長谷川欣則+堀越ふみ江 / ウエノアトリエ UENOAによる、埼玉・東松山市の住宅「QUARTER house」

長谷川欣則+堀越ふみ江 / ウエノアトリエ UENOAが設計した、埼玉・東松山市の住宅「QUARTE […]

玉上貴人が20年以上前の設計事務所勤務時代、先輩から出題されたという立体クイズ

玉上貴人が20年以上前の設計事務所勤務時代、先輩から出題されたという立体クイズがfacebook上で […]

X+Livingによる、インドの階段井戸を想起させる空間を持つ、中国・重慶市の書店「Chongqing Zhongshuge Bookstore」の写真など

X+Livingによる、インドの階段井戸を想起させる空間を持つ、中国・重慶市の書店「Chongqin […]

タトアーキテクツ / 島田陽建築設計事務所が2017年に完成させた、大阪の「高槻の住居」の写真など

タトアーキテクツ / 島田陽建築設計事務所が2017年に完成させた、大阪の「高槻の住居」の写真と図面 […]

慶應SFC時代の佐藤雅彦研究室での、佐藤雅彦とのやり取りを当時の学生が回顧して執筆されている「佐藤先生に教わったこと」

慶應SFC時代の佐藤雅彦研究室での、佐藤雅彦とのやり取りを当時の学生が回顧して執筆されている「佐藤先 […]

蘆田暢人建築設計事務所による、新潟・南魚沼市の、築約50年の温泉旅館の改修「ryugon」

蘆田暢人建築設計事務所による、新潟・南魚沼市の、築約50年の温泉旅館の改修「ryugon」です。施設 […]

最も注目を集めたトピックス [期間:2020/2/17-2/23]

アーキテクチャーフォトで、先週(期間:2020/2/17-2/23)注目を集めたトピックスをまとめて […]

a+uのズントーやH&deM特集の編集やギャラリー間の企画委員を務めたことでも知られる、シンガポール工科設計大学のヘッドオブピラーのエルウィン・ビライによる講演の動画

a+uのズントーやH&deM特集の編集やギャラリー間の企画委員を務めたことでも知られる、シン […]

クラーソン・コイヴィスト・ルーネが建築・空間デザイン監修した、東京・日本橋兜町の築97年のビルを改修した、ホテルや店舗などの複合施設「K5」

クラーソン・コイヴィスト・ルーネが建築・空間デザイン監修した、東京・日本橋兜町の築97年のビルを改修 […]

A Nomad Sub+ナノメートルアーキテクチャーによる、大阪市の障碍者就労支援施設「PALETTE」

A Nomad Sub(坂東幸輔+須磨一清)+ナノメートルアーキテクチャー(野中あつみ+三谷裕樹)が […]

五十嵐太郎による連載・反東京としての地方建築を歩く の7回目「建築における沖縄らしさ」

五十嵐太郎による連載・反東京としての地方建築を歩く の7回目「建築における沖縄らしさ」が、wirel […]

コールハースとAMOディレクターのサミール・バンタルらによる、グッゲンハイム美術館で始まった”田舎”をテーマにした建築展「Countryside, The Future」の新しい会場写真

コールハースとAMOディレクターのサミール・バンタルらによる、グッゲンハイム美術館で始まった”田舎” […]

スティーブン・シェンク+服部大祐 / Schenk Hattoriによる、2020年4月完成予定のベルギー・イーパーのインフォメーションセンター「Entrance Pavilion in Palingbeek」

スティーブン・シェンク+服部大祐 / Schenk Hattori(シェンクハットリ)による、202 […]

コールハースと書籍『S, M, L, XL』を制作したことでも知られるデザイナー ブルース・マウのインタビュー動画

レム・コールハースと書籍『S, M, L, XL』を制作したことでも知られるデザイナー ブルース・マ […]

ヘルツォーグ&ド・ムーロンが計画している、スイスの高速道路沿いの礼拝堂の画像など

ヘルツォーグ&ド・ムーロンが計画している、スイスの高速道路沿いの礼拝堂の画像などがdesignboo […]

コールハースらがキュレーションしている、“田舎”をテーマにした、NYのグッゲンハイム美術館での建築展「Countryside, The Future」の会場写真

レム・コールハースらがキュレーションしている、“田舎”をテーマにした、NYのグッゲンハイム美術館での […]

建築系検索エンジンKenKen!

藤森照信 『建築が人にはたらきかけること』刊行記念 トークイベント

藤森照信先生の「建築が人にはたらきかけること」の刊行を記念して宮沢 洋さんをゲストに迎えトークイベントを開催します。

光嶋裕介×ドミニク・チェン 「未来をつくる建築」

情報学研究者で起業家のドミニク・チェンさんと、建築家の光嶋裕介さん。共に、海外の地で育ち、日本文化の外からそれぞれの世界を学び、いま日本で独自の働き方をする同世代として...

トークイベント&サイン会『藤森照信 建築が人にはたらきかけること』刊行記念 藤森照信×門井慶喜

建築史家であり、建築家・藤森照信さんの新刊書籍『藤森照信 建築が人にはたらきかけること』の刊行を記念した対談&サイン会を開催いたします。対談ゲストには小説家の門井慶喜さんをお招きします。

Japan Home & Building Show 2020

「Japan Home & Building Show」は、建材やインテリア製品、構造材・部材、設備、サービスなど住宅から商業施設、まちづくりにおける建築に関する幅広い製品が出展する展示会です。

住宅における良好な温熱環境の 実現に向けた実務者向け講習会

本講習では、住宅における良好な温熱環境実現研究委員会」における研究成果をもとに、温熱環境改善の必要性、住宅改修における水回り設計に資する温熱環境暫定水準案、温熱環境改善...

『 SDGs×建築×環境 』 第1回 地域から考えるSDGs

群馬の地で、SDGs をより身近なものに感じていただくため、住環境について考えます。

住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査 第4回報告会

この度、平成26年度より国土交通省の採択を受け実施して参りました「スマートウェルネス住宅等推進調査事業」に関する【第4回報告会】を開催いたします。

建築家講演会 保坂 猛 『自然現象と人と建築』のご案内

若手建築家の保坂猛さんをお招きし、講演会を開催いたします。自然の光を取り込み、自然と一体となって風景をつくることを目指した建築は、シンプルで素直でありながらダイナミック...

インポッシブル・アーキテクチャー ―建築家たちの夢

約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」を、図面、模型、関連資料などを通して読み解きながら、未だ見ぬ新たな建築の姿を展望します

光の教会

建築家・安藤忠雄による「光の教会」をテーマにした展覧会

ベクターワークス de オフィスレイアウト講座

人気の汎用CADソフト「Vectorworks」を使ったオフィスレイアウトを短期でマスター!全7回の集中コースが、東京・表参道のスクールで2月に開講。「Vectorworks」は、感覚的な操作性の良さから...

企画展 高山明/Port B「模型都市東京」展

演出家・アーティストである高山明(Port B)の企画によって、どこでも再現可能な形態でつくられた都市のインフラ/構成要素を「模型」として捉え、現在の東京のリアルな姿を浮かび上...

増田信吾+大坪克亘展 それは本当に必要か。

若手建築家ユニット 増田信吾+大坪克亘の個展

第29回 わたしらしい住まいづくり

女性建築士が企画運営し、毎年開催している「わたしらしい住まいづくり」。今年のテーマはリノベーションです。今回は1月25日(土)港図書館の読み聞かせ&ワークショップからスタートします。1月28日(金)~2月9日(日)は、金山の都市センターで開催。作品展や住まいの相談会、2月1日(土)には毎年好評のセミナーがあります。ぜひ、ご来場ください。

「持続する豊かさを求めて」 長谷川逸子×冨永美保

建築家・長谷川逸子さんの著作集『長谷川逸子の思考』(左右社)刊行を記念して、ゲストに冨永美保さん(トミトアーキテクチャ)をお招きしたトークイベントを開催します。

クラシックホテル展 -開かれ進化する伝統とその先-

ホテルの原点とでもいうべき日本を代表する11のクラシックホテルを中心に、その変遷を辿るとともに、建築空間に積み重なる”ものがたり”に焦点を当てます。

JIA三重 建築文化講演会2020

日本建築家協会東海支部三重地域会(JIA三重)では、建築文化の創造と発展に貢献することを目的として、毎年「建築文化講演会」と題し、話題の建築家の先生をお招きして講演会を開催...

第16回全国高等専門学校デザインコンペティション

この度、東京都立産業技術高等専門学校は、主管校として一般社団法人全国高等専門学校連合会が主催する「第16回全国高等専門学校デザインコンペティション」(通称:デザコン20...

伊賀市指定有形文化財旧上野市庁舎見学会

市指定の有形文化財(建造物)となった旧上野市庁舎は、日本の戦前・戦後のモダニズム建築をリードした建築家・坂倉準三が設計した庁舎建築を代表する建物です。旧上野市庁舎の魅力...

ちのかたち 〜建築的思考のプロトタイプとその応用〜

日建学院北千住校の新規OPENを記念して、藤村龍至先生による建築系学生向け特別講演会です。【参加費無料】

建設通信新聞

公告一般入札・阪神高速道路

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【阪神高速道路】 〈簡易…

入札結果・京都市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市】 (2月28日)▽京都市醍醐…

連載・住民の感性を考慮した長寿命化修繕計画(8)

【国際建設技術協会国際建設技術研究所 研究第三部主任研究員(ニュージェック)保田 敬一/飽きのこない…

研修計画は197コース/国土交通大学校

 国土交通大学校は、2017年度の研修計画を策定した。「国民の安全・安心の確保」「生産性向上による成…

入札結果・近畿整備局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近畿整備局】 (2月21日)▽京都御…

建設論評・成長戦略を競う時だ

 大手ゼネコンを始めとする建設業界の業績が好調だ。2017年度の第3四半期決算では、四半期決算を開示…

入札結果・近江八幡市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近江八幡市】 (2月28日)▽近江八…

話題縦横・JAPIC研究会が提言/“日本を元気にする”複数プロジェクト

【地方創生の起爆剤として注目】 日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、宗岡正二会長)の国土・未来プ…

入札結果・東近江市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【東近江市】 (2月27日)▽市立能登…

催し物・第3回なら景観フォーラム

 ◇奈良県主催「第3回なら景観フォーラム」 11日午後1時30分から午後4時まで、奈良市の奈良県文化…

本日、一部地域で新聞が届かないため、電子版を公開いたします

17年度予算・木津川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 京都府木津川市の2017年度予算案は、一般会計が前年度…

17年度予算・寝屋川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 大阪府寝屋川市の2017年度予算案は一般会計が前年度比…

入札結果・京都市上下水道局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市上下水道局】 (2月23日)▽…

コンペ&プロポーザルDigest

【◆発注者【件名・設計範囲】委託方法=末尾は本紙掲載日】◎募 集◆大阪府【守口警察署新築工事基本・実…

17年度予算・伊丹市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。伊丹市   骨格で2.2%減 兵庫県伊丹市の2017年度…

三方よしのインフラメンテ/JFMAら/福島で3月7日にシンポ

 日本ファシリティマネジメント協会 (JFMA、山田匡通会長)とインフラメンテナンス国民会議は7日、…

JIA日本建築大賞・優秀建築賞・新人賞・25年賞・環境建築賞

 日本建築家協会(JIA)は、25日に開いた優秀建築選公開審査でJIA建築大賞のほか、新人賞、環境建…

二川幸夫写真集『天上の庭』/3月4日からGAギャラリーで展示

 建築写真家であり出版人としても建築の表現を追求した二川幸夫が遺した最後の写真集『天上の庭』(エーデ…

公告一般入札・西日本高速道路新名神京都事務所

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【西日本高速道路新名神京…

AKICHIATLAS

第34回 日本建築学会東海賞

東海地方の建築作品を表彰する建築賞

住まいの環境デザイン・アワード 2020

「人と環境と住空間デザインとの真の融合」をテーマに、これからの住まいのあり方を示唆するような住宅作品を募集。

JIAゴールデンキューブ賞 2019/2020

子どもを対象とした建築や都市環境の教育活動を評価し、支援するために設立された賞。 子どもむけの建築やまちづくりの教育活動ならびに教材を広く公募し、優れた活動や教材を表彰する。

くまもとアートポリスプロジェクト 熊本地震震災ミュージアム中核拠点施設整備基本設計 公募型プロポーザル

施設整備の基本設計プロポーザル

第51回 中部建築賞

中部圏域の地域社会の発展に寄与し、かつ「持続可能な社会」を目指すという時代の要請に対応し、地域と環境に根ざした優れた作品を表彰。

DETAIL Prize 2020

ドイツの建築誌、DETAIL主催の隔年アワード。2017年以降の作品対象、今回から学生・学校部門が新設された。教育・研究プログラムに焦点を当てて表彰するとのこと。

第8回 サステナブル建築賞

建築物として優れ、且つ環境負荷低減、省エネルギーに顕著な成果を上げる建築物を顕彰。

土木学会デザイン賞 2019

優れた風景を生み出した作品を選定し、その実現に貢献した関係者を顕彰。

INTERNATIONAL OPEN PUBLIC COMPETITION FOR THE CONCEPTUAL DESIGN FOR THE MULTIFUNCTIONAL HALL / CONGRESS CENTER IN BANJA LUKA

コンベンションセンターを有する多機能ホールのアイディアコンペ。

イギリスの建築雑誌が主催する住宅建築アワード。5年以内の作品…

イギリスの建築雑誌が主催する住宅建築アワード。5年以内の作品が対象、登録料高め。

サンミゲル島の港町ポンタ・デルガーダにパヴィリオンを建設する…

サンミゲル島の港町ポンタ・デルガーダにパヴィリオンを建設する。7月に開かれるフェスティバルの期間中、ステージやバーとして使われる。

第51回 毎日・DAS学生デザイン賞

学生を対象に在学中に制作した作品を募集

2020年 日本造園学会全国大会 学生公開デザインコンペ

日本造園学会全国大会の一環として開催されるアイデアコンペ

減災デザイン&プランニング・コンペ 2020

「減災」に向けたデザインやプランニングを募集

International Competition of Ideas for the multifunctional center, Port of Culture, in Mariupol (UA)

マリウポリに文化センターをつくるアイディアコンペ。

学校の設計プロポーザル

学校の設計プロポーザル

深圳でオペラハウスの実施コンペ。

深圳でオペラハウスの実施コンペ。

レストラン・バーのデザインを表彰する恒例アワード。2019年…

レストラン・バーのデザインを表彰する恒例アワード。2019年完成の作品が対象で、必ずデザイナーと経営者の連名で応募する。

田村市屋内遊び場遊具提案及び設計等プロポーザル

遊具の設計プロポーザル

第15回 関西建築家大賞

関西圏を対象とした建築賞

10+1

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既成概念にとらわれず、「看板=サイン」を広義に捉え、そのあり方や可能性について様々な角度から考察、探求するプロジェクトです。前回開催から3年ぶりとなる本展示では、東京「村世界」を会場に、札幌文化芸術交流センター[SCARTS]テクニカルディレクター・岩田拓朗、建築家・加藤正基、ネオンベンダー・山本祐

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫刻という幸いについて」が開催されます。 - 彫刻家・青木野枝は、大気や水蒸気をモティーフに、万物がうつろいゆくなかの生命の尊さをあらわしてきました。その彫刻は、鉄や石膏という固く重い素材を用いながら、周囲の空気をまとって、とても軽やかに見えます。 作品のほとんどが展示場所に合わせて作られ、展示が終

第11回:建築の「時間デザイン」と「メンテナンス」という哲学 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> パリ、ノートル=ダム大聖堂の屋根火災 2019年4月15日の夕刻、パリのノートル=ダム大聖堂の尖塔で火災が発生し、夜のあいだに大聖堂の屋根全体を焼き尽くす大惨事となった。筆者にとって最愛の建築ともいうべきパリ大聖堂がこれほどの被害を受けたことは、個人的にいまなお大きな衝撃なのだが、これから進むであろう大聖堂の修復は、建築の時間デザイン(文化財修復/リノベーション)の問題を考えるうえで、私たちに本

202001 アーバニズム、建築、デジタルデザインの実践とグラデュアリズム |中島直人|秋吉浩気|中村健太郎|谷繁玲央|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2019/12/1912_nant_05-thumb-400xauto-2355.jpg" /></p> 政治的、産業的な意思決定の中心から疎外された建築家 谷繁玲央──今日はよろしくお願いします。「10+1 website」の4月号では八束はじめさん、市川紘司さん、連勇太朗さんによる鼎談「平成=ポスト冷戦の建築・都市論とその枠組みのゆらぎ」が行われました。そこではゼロ年代の建築家の動向や、今後の建築家の職能はどうあるかが議論されました。この20年ほどの間、建築の言説が停滞していることと並行し、建築

202001 グラデュアリズム──ネットワークに介入し改変するための方策 |谷繁玲央

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 0 解題「グラデュアリズム」 2018年12月号の『建築雑誌』の誌面上に「建築のグラデュアリズム──始まりも終わりもない建築へ」という論考を執筆した。長らく建築家による明快なステートメントが失われているなかで、現在30歳前後の建築家たちの仕事に、小規模なプロジェクトを時間的・空間的に繰り返し着実な社会改良を目指すような姿勢を見出し、「グラデュアリズム(漸進主義)」という言葉を与えた。具体的な建築

202001 『建築を政治的なものに変える5つの方法──設計実践の政治序説』イントロダクションより |アルベナ・ヤネヴァ

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2019/12/yaneva_thumb-thumb-400xauto-2357.jpg" /></p> 建築と社会統制の古典的な寓話から残されたものは何か? Albena Yaneva, Five Ways to Make Architecture Political: An Introduction to the Politics of Design Practice. 建築や建築技術の政治的影響を説明するには、どんな話をするのが最もよいのだろう? 建築物が権力を与えられ、

建築の漸進的展開(仮)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築の漸進的展開(仮) 1970年代以降日本は他の先進諸国に漏れず、グローバル化の進行に合わせて小さな政府を志向していきました。新自由主義的な状況の常態化は、建築家の職能も「市場」へ解放しました。究極的には一握りのスターアーキテクトとハウスメーカー以外の選択肢を排除してきた状況があります。そしてこの20年ほどの間は、建築の言説が停滞していることと並行し、建築家はひとつの大きな運動や主義として

第11回:建築の「時間デザイン」と「メンテナンス」という哲学 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> パリ、ノートル=ダム大聖堂の屋根火災 2019年4月15日の夕刻、パリのノートル=ダム大聖堂の尖塔で火災が発生し、夜のあいだに大聖堂の屋根全体を焼き尽くす大惨事となった。筆者にとって最愛の建築ともいうべきパリ大聖堂がこれほどの被害を受けたことは、個人的にいまなお大きな衝撃なのだが、これから進むであろう大聖堂の修復は、建築の時間デザイン(文化財修復/リノベーション)の問題を考えるうえで、私たちに本

「いま」を考えるトークシリーズVol.9「観光と都市のモビリティそしてアート」(京都・1/11)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 多様な角度から同時代の社会を知り、捉え直すためのトピックを挙げ、それにまつわるゲストを招く連続トークシリーズ〈「いま」を考えるトークシリーズ〉。今年度よりロームシアター京都の機関誌「ASSEMBLY」と連動した内容で実施し、Vol.9、10では二回にわたって「観光と芸術」について検討を深めます。  Vol.9では、オーバーツーリズムに伴うモビリティや都市の在り方の未来、また人や物質の移動に関する

展覧会「アイノとアルヴァ 二人のアアルト 建築・デザイン・生活革命」(江東区・12/20-2/27)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 世界的建築家のアルヴァ・アアルトとその妻、アイノ・アアルトが1920年から1930年にかけて追及した、小さくとも豊かに生活するための、住宅デザインに焦点をあてます。アアルト夫妻は「日常の暮らしにこそデザインが必要である」という思想から建築設計だけでなく、家具、グラスウェアなど現在も使われ続ける名品を多く残しました。また、機能的で衛生面を重視したキッチン設計はアイノ・アアルトが行動力学を追求した効

安藤忠雄早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」(新宿区・1/21)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/12/waseda_ando-thumb-400xauto-2353.jpg" /></p> 2020年1月21日に早稲田大学西早稲田キャンパスにて、 安藤忠雄氏の早稲田大学特別講演会「夢かけて走る」が開催されます。 日時 2020年1月21日(火)16:00 - 17:10(開場15:00) ※講演の前後に、書籍販売・購入者を対象にサイン会を開催予定です 会場 早稲田大学 西早稲田キャンパス57号館2階202教室 (新宿区大久保3-4-1) 定員 500名 申込/参加費

展覧会 「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」(港区・1/11-3/22)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/12/1901modern-design-thumb-400xauto-2352.jpg" /></p> 1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中のドイツ人建築家ブルーノ・タウト(1880-1938)が顧問に招かれて剣持勇(1912-1971)らの指導にあたります。また建築家アントニン・レーモンド(1888-1976)とインテリア・デザイナー ノエミ・レーモンド(1889-1980)夫妻が、高崎の芸術文化を支援する実業家・井上房一郎(1898-

「岡﨑乾二郎-視覚のカイソウ」展 対談 斎藤環+岡﨑乾二郎(愛知県・1/13)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 豊田市美術館で開催中の展覧会「岡﨑乾二郎-視覚のカイソウ」の関連企画として、本展出品作家の岡﨑乾二郎氏と精神科医の斎藤環氏による対談が行われます。 日時 2020年1月13日(月・祝)14:00 - 16:00(開場13:30) 会場 豊田市美術館美術館1F講堂 (愛知県豊田市小坂本町8丁目5番地1) 定員 150名(先着順) 申込方法 申込方法についてはウェブサイトをご確認くだ

移動する中心|GAYA 活動メンバー募集「サンデー・インタビュアーズ」説明会(世田谷区・11/27)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/11/gaya-thumb-400xauto-2350.jpg" /></p> ロスト・ジェネレーションによる「声」の採集《準備編》 何を好み、嫌ったのか。 いつ笑い、泣いたのか。 どのように喜び、傷ついたのか。 わたしはもっと知りたい。 あなたを。 家の押入れに眠っていた8ミリフィルム。そこには、昭和の世田谷の暮らしや街並みが、市井の人々の視点から記録されていました。『移動する中心|GAYA』は、2015年から世田谷区内で収集し、デジタル化してきた16時間分のホーム

建築の新しい位置づけ刊行記念対談:『仲俊治|2つの循環』 |仲俊治|能作文徳|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2019/11/1910_nn_12-thumb-400xauto-2349.jpg" /></p> 2つの循環──SocialとEcologicalの重なり 司会──LIXIL出版の長島と申します。今日は『仲俊治|2つの循環』(現代建築家コンセプト・シリーズ 26、LIXIL出版、2019)の刊行を記念し、建築家の能作文徳さんを招いて、仲さんと対談をしていただきます。まず仲さんから、新刊のご紹介をお願いします。 仲俊治──今日は大勢の方々にお集まりいただきありがとうございます。どうぞよろし

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(千代田区・-2/2)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/11/madoten-thumb-400xauto-2343.jpg" /></p> わたしたちのくらしにとって窓はほんとうに身近なもの。それは光や風を室内に取り入れながら、寒さや暑さからわたしたちを守ってくれます。また、室内にいるわたしたちに外の世界の新鮮な眺めをもたらしてくれます。 「窓学」を主宰する一般財団法人 窓研究所とタッグを組んで行われるこの展覧会では、アンリ・マティスの絵画からカッティングエッジな現代美術、また美術の枠を飛び出して世界の窓の歴史まで、さまざまな切り口

トークイベント『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』刊行記念 藤森照信×田村尚子(中央区・11/21)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/11/tsutikabetokaki-thumb-400xauto-2344.jpg" /></p> 『土壁と柿 妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵 保存 修理の記録』の刊行を記念して、建築家であり建築史家の藤森照信さん、保存修理の撮影をされた写真家・田村尚子さんによるトークイベントを開催します。 千利休が築いた茶室「待庵」は、現在4棟しかない国宝茶室のひとつです。天井、土壁、窓とそこから入る光。わずか二畳という極小空間に凝縮された建築意匠は日本の美意識のひとつの極致ともいえます。 この度刊行された

シンポジウム「建築家・根津耕一郎の仕事」(兵庫・11/16)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/11/nedukoichirou-thumb-400xauto-2345.jpg" /></p> 1960年代から70年代を中心に、関西を拠点として数多くの建築物を設計した建築家・根津耕一郎氏のシンポジウムが、11月16日に神戸市立こうべまちづくり会館にて開催されます。 日時 2019年11月16日(土)13:30 - 16:30 会場 神戸市立こうべまちづくり会館 (神戸市中央区元町通4-2-14) 入場料 一般:1,000円 学生:500円(当日受付にてお支払いください) 定

中村好文『芸術家(アーティスト)のすまいぶり』刊行記念「アーティストの住まいぶりと暮らしぶりから学んだこと」トークイベント(渋谷区・12/3)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/11/nakamura_yoshifumi-thumb-400xauto-2346.jpg" /></p> アーティストにとって、住まいは「生き方の姿勢が、かたちになって見えるもの」(本文より)── ホンカク建築家(本・書く・建築家)を自認する中村好文さん。最新刊『芸術家のすまいぶり』では、その中村さんが12軒のアーティストのアトリエと住まいをふらりと訪ね、アーティストの「住まいぶり」を平易で滋味のある文章で紹介します。描く人、刻む人、紡ぐ人、奏でる人......日々の暮らしと制作活動が渾然一体とな

アート&メディア・フォーラム「ポスト・オープンデータ時代のカルチュラル・レジスタンス」(目黒区・12/15)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/11/cultural_resistance-thumb-400xauto-2347.jpg" /></p> 21世紀に入り、IoTや人工知能、バイオテクノロジー、ロボティクスが飛躍的に発達し、20世紀にSFで物語られてきたことが現実になってきています。しかし、こうした技術革新は大きな恩恵を与える一方で、SNSをとおした情報操作やフェイクニュース、AIに潜むバイアス、ロボティクスやバイオテクノロジーを取り巻く倫理のような新しい問題が懸念されています。 他方で、地域紛争や格差社会に潜む暴力性、人間によって