Architecture
News

ケンプラッツ

ワークプレイスが創る会社の未来(日経不動産マーケット情報の本)

オフィスは今、「企業価値を創造するワークプレイス」の時代へ。変革を支えるプロ集団が考え方、取り組み方を詳細に解説。「アフターコロナ」も勝ち抜くワークプレイス改革の本質を...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2020(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2019年に完成または2020年以降に完成予定の都内118の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産の価格がわかる本 改訂版(日経不動産マーケット情報の本)

不動産で収益向上をめざす実務者必読!! オフィスビル、商業施設、ホテルなどのアセットごとに、価格の評価に関する知識を習得できます。

決定版!グリーンインフラ(日経コンストラクションの本)

新ビジネスで市場拡大へ。第一線の識者50人以上が国内外の最新事例を解説します!

土はなぜ崩れるのかセット(日経コンストラクションの本)

Q&A形式で学ぶ「土はなぜ崩れるのか」をセットにしました!

これからできる大規模オフィスビル調査データ2019(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2018年に完成または2019年以降に完成予定の都内126の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産テック 巨大産業の破壊者たち(日経不動産マーケット情報の本)

不動産会社化するグーグル、アマゾン、ソフトバンク―。巨大IT企業の目には何が映っているのか?

エコハウス時代の換気トラブルを徹底取材(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 今後増すと見込まれる換気設備の重要性とリスクを踏まえ、日経ホームビルダー7月号の特集では、近年発生したトラブルの事例を徹底取材。その内容を7つに分類しました。

冷凍よりも「調理して高く売れ」、転換期の保存(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

5月24日号の特集「稼げる保存」は、文化財の「活用」を訴え続けているデービッド・アトキンソン氏のインタビューから始まります。同氏は、日本のこれまでの建築保存を「冷凍保存」と...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2018(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

都内128の大規模ビルプロジェクトの詳細データを収録!<日経不動産マーケット情報(編)/ 本体24,000円+税、読者特価:本体10,000円+税 / 発行日:2018年5月31日>

平均年収は680万円に回復するも…5年ぶり労働実態調査どう読む?(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 2018年5月10日号の特集は「労働実態調査2018 脱・長時間労働」です。一級建築士365人のアンケート回答を得て、年収や労働時間、やりがいなどを分析しました。同様の調査を10年前の2008年...

現場ロボット普及前夜、建設会社が手を結べば…(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 古くは「桃太郎」、ベテラン世代は「七人の侍」、現役世代は「ドラゴンボール」……。こういうタイプのストーリー展開を「戦士集結型物語」と名付けるとすると、今号の特集「真の...

家ブログを侮ってはいけない(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 住宅を建設する際に、インターネット上のブログへ工事や打ち合わせの内容を細かく記録する“家ブロガー”が増えています。手間をいとわずにそうした取り組みに注力する建て主は、...

創刊42年、「座して待つ」からの脱却(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 新築需要だけではこの先食っていけない──。今や建築実務者の多くが感じている危機感でしょう。しかし、それ以外に一体どうやって稼げばいいのか──。そのヒントを探るのが4月12...

注目の話題は「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月26日~4月1日のアクセスランキング1位は、2017年が「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」、2016年が「引き戸が人気、省エネ先進国ドイツの窓の最新トレンド」、2015年が「パッシブデ...

注目の話題は「ユニクロの新オフィス公開」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月19日~3月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「ユニクロの新オフィス公開、物流倉庫の最上階」、2016年が「24時間換気があるのに換気不足」、2015年が「『さすが免震と思ったの...

注目の話題は「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月12日~3月18日のアクセスランキング1位は、2017年が「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」、2016年が「ぎふメディアコスモスの屋根に水たまり」、2015年が「またか、東洋ゴム工業が免震材...

中高層建築は木材をこう使う(木材活用 最前線)

東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの2...

激甚化する水害(日経コンストラクションの本)

激甚化する水害や土砂災害について、豊富な写真と資料を交えてメカニズムや社会に与える影響を解説。<気候変動による水害研究会(著)/ 価格:本体2,000円+税 / 発行日:2018年3月27日>

注目の話題は「『働き方改革』を先導する本社移転」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 2月26日~3月4日のアクセスランキング1位は、2017年が「『働き方改革』を先導する本社移転」、2016年が「地震被害で有罪判決、構造設計者の反論」、2015年が「谷口吉郎がホテルオークラ...

ArchDaily

Architecture with Built-in Furniture: 10 Projects with Brick Fixtures

Many architects work in a variety of areas, designing everything from the layout of a city block to the most minute details of a building. A common trend among these projects is that the furnishings, the very things that make a structure usable and livable, are often afterthoughts for the project's creators and only become important when the structure is already built.

Jardin Anglais Cafe Pavilion / Dreier Frenzel Architecture + Communication

Initially thought of as a military installation, Chillon Castle has become meanwhile an international tourist destination. The gentle meanders of the garden layouts, inspired by Rousseau, offer the visitor the opportunity to take a stroll. The paths lead to iconic views of the lake, the Alps and the castle, the gaiety of a walk along the water’s edge adds to the refinement of the medieval architecture.

Online Masterclass: The Culture Factor and the Workplace in the Era of COVID-19

IE School of Architecture and Design and ArchDaily, would like to invite you to join this outstanding online masterclass by Elvira Muñoz, Academic Director of the Master in Strategic Design of Spaces and Principal of Interior Design for EMEA at AECOM, where she will will explain why businesses have had to shift more rapidly than ever to adapt to a new world of work.

Monks and Cowboys: Michael Sorkin’s Forward from Miró Rivera’s Latest Monograph

The author or editor of over twenty books, Michael Sorkin was a renowned architect, urbanist, and writer. Principal and founder of Michael Sorkin Studios and president of the non-profit research group Terreform, a nonprofit urban research and advocacy center, Sorkin was especially famous for his writings for the Village Voice and the Nation. The Professor of Architecture and Director of the Graduate Program in Urban Design at the City College of New York who passed away earlier this year due to complications resulting from COVID-19 wrote the forward for Miró Rivera’s Monograph Miró Rivera Architects: Building a New Arcadia.

Sipoonlahti School Extension / Architects Rudanko + Kankkunen

Sipoonlahti school is a holistic learning environment, where new and old structures, indoors and outdoors join to support the new Finnish curriculum. The project is a result of an invited architectural competition in 2016. The winning design by Architects Rudanko + Kankkunen and Architects Frondelius + Keppo + Salmenperä was called ”Tandem” to emphasize the connection between the new and the old. The red and black brick-clad extension parts are placed in front of the existing school, and they join the old school building's main room seamlessly.

The New Bund School of No.2 Secondary School of East China Normal University and Bing Chang Tian New Bund Kindergarten / Atelier Z+, Dplus-Studio

The New Bund School, which combines nine-year system primary and secondary schools with kindergarten, is located in Riverside International Community in the southwest of Shanghai New Bund International Business District, its northeastern corner is separated by a river with the central area of the New Bund and its western and northern sides are connected with communities; the school itself is a good place where one can overlook the Huangpu River. As a key development area in the post-Expo era, the New Bund area has become the second commercial carrier to supplement the functions of Lujiazui Central Business District. The planning structure of the whole community is an efficient, convenient and pleasant small neighborhood model. Although the school plot is large, the plot ratio is close to 1.5, which will certainly make it a high-density campus. Therefore, the design of the New Bund School needs to effectively respond to the urban public environment on a macro-scale, while on the micro-scale, it needs to form a campus environment with efficient spatial organization and convenient communication based on the demand for horizontal and vertical spatial compounding. The efficient and interesting public communication space which is squeezed out in the functional compounding is just the most critical perceptual point in the spatial experience of New Bund School, which also forms the functional architecture support and core design concept of the entire campus.

Whitetail Woods Regional Park Camper Cabins / HGA Architects and Engineers

Nestled into the hillside of a new regional park within the Minneapolis/St. Paul metropolitan area, three new camper cabins - built by county employees with the aid of high school students in a vocational training program - weave their way into a stand of pine trees. They serve as a key amenity in the first phase of the parks master plan.

Fengtay Agriculture R&D Center / Bio-architecture Formosana

Fengtay Foundation is a non-profit organization in southern Taiwan that is dedicated to promote organic agriculture. The park features office space for the foundation, laboratories for inspection and certification of organic products, and a logistical center for the cleaning and packaging of agricultural products.

Viz.ai Office / Switchup

Viz.ai uses AI technology to improve the efficiency of processes related to brain scans and life-saving brain surgery. As such an innovative company doing good in the medical world, Switchup sought to design an office space that accentuates the modern, high-tech nature of their work, as well as the biological do-gooding.

Metro YMCA Workplace Adaptation / Bora Architects + LEVER Architecture

This project was a unique challenge to breathe new life into an iconic building we completed over 40 years ago, adapting it for an entirely new use for current and future needs. In 1977 we designed the original YMCA athletic facility to blend into its park-like site at the base of a prominent hillside, its sweeping northeast radius following the topography while defining a cantilevered internal running track. The building’s excavation into the slope intensified its relationship to the forested hillside in the backdrop. The “Metro Y,” as it came to be known, was lauded for its contemporary, modernist design, appearing in Progressive Architecture Magazine in 1978.

min/MAX House / Punch Architecture

The site for minimum/maximum is one of those rare diamonds in the rough. Upon first viewing, the site seems cluttered in a maze of flora as it is layered with beautiful native plants and trees, but when one looks beyond that, it becomes clear that the site has some of the most panoramic and unobstructed views of Red Rock Canyon and Sandstone Bluff that one could ever hope for. 

College of Architects Province of Córdoba/ Adolfo Mondejar + Pablo Mondejar + Dolores Gomez Macedo

Three squares. In 2008, the Architects Association of the Province of Cordoba and FADEA decided to promote a tender for its new headquarters, located in the current building of the association. The idea considered an institutional building based on three squares.

Arcwood Factory / Kadarik Tüür Arhitektid

Arcwood by Peetri Puit is an Estonian company that produces engineered wood products from laminated wood to CLT panels with a big part of the work being custom-made orders. Their new factory, opened in 2016, is located in Põlva, South-Estonia. At first, the intention was to build two separate buildings – an office and a simple factory building. However, during the work process, the two merged together with the office block acting as a presentable entrance for both the office staff as well as the factory employees.

Happy Panda II Restaurant / Hou de Sousa

Happy Panda II is a Chinese restaurant located in the Cumbaya neighborhood of Quito, Ecuador. The project notably features a canopy of colorful lantern-like chandeliers composed of paracord and painted steel tubes. This is the second commission Hou de Sousa has built for the Happy Panda Restaurant Group (the first of which was completed in 2013).

Terbregsehof 11 / Loer Architecten

Terbregsehof 11 is the new headquarters office, workshop and showroom for interior design and build company 13Speciaal. At a corner in the canal, the building is located in a kind of ‘no man’s land’ beside a highway crossroad on the outskirts of Rotterdam. The building replaces a abandoned house that was bought by the client in 2016 and had been squatted for years. The building stands directly in the water on two sides, with its exterior forming the retaining walls of the canal. The design comprises a ground floor workshop, first floor office and a showroom to exhibit the company’s work that has expansive views on the third floor. Like a timber Stanley Kubrick monolith with openings punched in for the sun to shine through, the building overlooks the busy traffic intersection as well as the wooded park Kralingse Bos diagonally opposite.

Bus or Bust? The Future of Public Transit in Life After COVID-19

With the promising news of a potential vaccine that could soon return the world to a semi-normal way of life, questions are being raised about what the future of public transit might look like. While some predict that it will be years before we revert back to the muscle memory ways of packing like sardines into crowded subway cars during rush hour commutes, it’s not just about how individuals feel being within close proximity of one another while moving about the city. It has more to do with how our other daily habits, which have been reshaped as a result of the pandemic, might change the overall goals for public transit systems around the globe. What strategies might be implemented to bring ridership back to normal levels and to bring the mobility landscape back to where it once was as society continues to undergo major fundamental shifts?

146 Residences in Aarhus / CEBRA

A tribute to a historic quarter. For the first time since the Øgade quarter in Aarhus was established around year 1900, the area is now extended with an entirely new street. This quarter has always been among the city’s most attractive neighbourhoods due to its cosy streets, varying residential architecture and intimate courtyards.

Schmidt Hammer Lassen and BOGL to Transform a Former Prison Site in Denmark

Schmidt Hammer Lassen Architects and BOGL were selected by the municipality of Albertslund and Freja Ejendomme to re-imagine Vridsløselille, a facility that housed once a state prison, and transform the site into an attractive, green district with a distinct identity derived from its unique heritage. The scheme was chosen alongside another project by COBE to create a combined vision for the future development of the area.

Tenhachi House / Tenhachi Architect & Interior Design

This is a renovation for our own apartment in Kanagawa. .8 (TENHACHI) Architect & Interior design reconfigured the layout of the 67-square-meter property, creating one big open space with two open box spaces. The concrete ceiling and beams are left exposed throughout, contrasting with the white walls and furniture doors that have been added. None of the walls reach the ceiling, which allows us to see that the new infill pieces are different from the structure of the original concrete.

City of Los Angeles Launches $100,000 Low-Rise Housing Competition

The City of Los Angeles has launched a $100,000 housing design challenge for low-rise developments. The competition asks architects and landscape architects to imagine "appealing and sustainable" models of low-rise, multi-unit housing. Organized by the Mayor’s Office and Chief Design Officer Christopher Hawthorne, the initiative aims to create new paths to home-ownership and housing affordability in Los Angeles.

Dezeen

West Stow Lodge by Project Orange features a traditional exterior and a pared-back interior

Oak joinery, white-painted bricks, and concrete flooring were used to make the interior of this new house in Suffolk, England, more contemporary than its traditional pitched-roof exterior (+ slideshow). (more…)

Interactive online documentary Refugee Republic awarded twice at Dutch Design Awards 2015

Dutch Design Week 2015: agency Submarine Channel won two prizes at this year's Dutch Design Awards with its web narrative that presents life and experiences in a refugee camp. (more…)

Lukstudio suspends metal wires to look like drying noodles at Chinese restaurant

Shanghai-based Lukstudio has reinterpreted a traditional Chinese food drying rack with a metal grid structure and hanging wires for a noodle bar in Changsha (+ slideshow). (more…)

Ben Jones’ Dot Net video uses animation to recreate Battles’ “technicolour sounds”

Music: director Ben Jones has collaborated with experimental rock band Battles on a riotous animation-heavy film that questions society's addiction to "screen time". (more…)

FCC Arquitectura and Paulo Lobo transform old Portuguese wine estate into a tourist attraction

A wine estate near the city of Lixa, Portugal, has been converted into a hotel for wine tourism, featuring rustic stone structures and contemporary buildings clad in pre-weathered steel or timber slats (+ slideshow). (more…)

Lose track of time on Dezeen’s new clocks Pinterest board

We've created a clocks Pinterest board full of unique time-keeping devices to remind UK readers to turn their clocks and watches back an hour as British Summertime officially ends tonight. Follow Dezeen on Pinterest | See more clock-related design on ...

This week, Sagrada Família reached a milestone and Nike launched Back to the Future shoes

This week on Dezeen: Antoni Gaudi's Sagrada Família basilica entered the final stage of construction this week 90 years after the architect's death, while Nike celebrated Back to the Future day with the release of its eagerly anticipated self-lacing shoes. (more…)

Daniele Cristiano’s Calibro sideboard references an old ammunition box

Italian designer Daniele Cristiano has created a multipurpose storage unit that is shaped to look like a vintage ammunition chest. (more…)

MOS Architects creates modular house made entirely from corridors

Chicago Architecture Biennial 2015: New York-based studio MOS Architects has created an installation that explores the possibility of building homes using only corridor and hallway-like spaces (+ slideshow). (more…)

Floris Schoonderbeek’s Groundfridge chills food without electricity

Dutch Design Week 2015: this globe-shaped fridge by Dutch designer Floris Schoonderbeek is intended to be buried underground, keeping food cool without using electricity. (more…)

US job of the week: designer at Atelier de Troupe

Our US job of the week on Dezeen Jobs is for a designer at Los Angeles studio Atelier de Troupe, which designed 18 new suites for the boutique hotel L'Hôtel du Ministère (pictured). Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Snøhetta’s new building for SFMOMA nears completion

San Francisco Museum of Modern Art has released the first images of Snøhetta's near-complete extension building showing its striated facade and atrium. (more…)

Staab Architekten chosen to extend Berlin’s Bauhaus-Archiv with “almost frail” design

Berlin architect Volker Staab has won a competition to extend the Bauhaus archive and museum in the German capital, designed by founder Walter Gropius in the 1960s. (more…)

“Robotic construction and 3D printing are the future” says Wolf D Prix

Combining robotic fabrication with 3D printing offers "amazing" opportunities for architecture and could help solve the global refugee crisis, according to Coop Himmelb(l)au founder Wolf D Prix (+ interview). (more…)

The Dezeen Jobs guide to getting your first job in the design industry

How can young designers break into the industry? In the first of a new series of careers-advice columns from Dezeen's recruitment platform Dezeen Jobs, Rob Bye offers some tips. (more…)

Bird heads and leaping golfers adorn Jason Page’s alternative golfing suits

Dutch Design Week 2015: golf outfits have received a graphic makeover from Design Academy Eindhoven graduate Jason Page, whose collection of alternative attire is designed to make the sport more accessible. (mor...

Rick Owens opens first Los Angeles store in 1920s ribbon factory

Fashion designer Rick Owens has opened his first store in Los Angeles on North La Brea avenue – installing architectural elements influenced by a legendary filmmaker within a former industrial space (+ slideshow). (more…)

Assemble’s Granby Workshop social enterprise in Liverpool will sell locally produced homeware

Turner Prize-nominated architecture collective Assemble has launched a Liverpool-based workshop selling homeware made in collaboration with local artists and craftspeople (+ slideshow). (more…)

Job of the week: project architects at DSDHA

Our job of the week on Dezeen Jobs is for architects at DSDHA, whose projects include a house designed to camouflage with its surroundings. Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Gaudi’s Sagrada Família enters final stage of construction

The Sagrada Família basilica has entered its final stage of construction, over 100 years since its foundation stone was laid and 90 years after its designer Spanish architect Antoni Gaudi died. (more…)

Plataforma Arquitectura

Casa Elisa / Grupo Boreal

Casa Elisa es una vivienda unifamiliar ubicada en una zona serrana llamada San Clemente, al sur oeste de Cordoba, Argentina. Desde el comienzo del proyecto trabajamos en conjunto con el cliente, realizando un proceso de diseño en el que la participación del cliente fue muy activa.

Apartamento Colores de mi vida / WY-TO architects

Este proyecto tenía como objetivo convertir un espacio cerrado y segregado en uno integrado y conectado, mejorando así la calidad de la vivienda. La eliminación de las paredes divisorias existentes que separaban la cocina de la sala de estar y la escalera, fue una parte integral de la solución de diseño, creando una continuidad perfecta de un espacio unificado. La estantería de exhibición se extiende a lo largo de la sala de estar y el área de la cocina para abrir aún más el espacio.

De fábricas a viviendas: Adaptación contemporánea de la arquitectura industrial de España

La progresiva desindustrialización de las ciudades, ya sea por cambios en las normativas de protección ambiental -en términos de ruido y emisiones- o por el aumento del valor del suelo, ha provocado un sistemático desplazamiento de los edificios fabriles hacia la periferia de los conglomerados urbanos. Por este motivo, numerosas naves industriales han quedado vacías y obsoletas, perdiendo sus funciones originales. Por sus dimensiones, grandes luces, flexibilidad e indeterminación espacial, sin embargo, estos edificios suelen presentarse como espacios oportunos para llevar adelante refuncionalizaciones que permitan la incorporación de nuevos programas.

Los ganadores del concurso Parque Deportivo y Cultural San Patricio del Chañar en Neuquén, Argentina

Se dieron a conocer los ganadores del Concurso nacional de ideas y anteproyectos “Parque Deportivo y Cultural San Patricio del Chañar” (PDC.SPDC, Neuquén, Argentina). Esta convocatoria, promovida por la Municipalidad de San Patricio del Chañar, auspiciada la Federación Argentina de Entidades de Arquitectos (FADEA) y organizada por la Regional 1 del Colegio de Arquitectos de la Provincia del Neuquén (CAN), invitaba a los profesionales arquitectos de Argentina a generar propuestas para el desarrollo de un nuevo espacio verde urbano a funcionar como Parque Deportivo y Cultural de la ciudad. Ofreciendo equipamientos de calidad para el uso de la comunidad, el concurso buscaba impulsar los beneficios de la vida en relación al deporte, la cultura y el aire libre, favoreciendo la interrelación social de las personas, la vida comunitaria, la actividad ciudadana, y la construcción de lazos de pertenencia colectiva.

Edificio residencial Santa Catarina / Diana Barros Arquitectura

Este edificio se encuentra en una de las calles más transitadas de la ciudad de Oporto, la Rua de Santa Catarina, con una fachada que da hacia la calle Rua da Firmeza.

Cómo los baños públicos configuran lugares en China

En los últimos años, con el desarrollo urbano acelerado de los espacios públicos en China, se han asignado numerosos roles nuevos a los baños públicos. Los(as) diseñadores(as) han presentado una variedad de propuestas que sugieren convertir los baños públicos en un lugar donde la reunión social se puede redefinir y la estadía temporal puede ser más atractiva. Aunque la escala de los baños públicos es significativamente menor que la de cualquier otro tipo de arquitectura, los(as) arquitectos(as) chinos(as) han estado trabajando de manera innovadora para adaptar los baños públicos a los contextos sociales cambiantes. A continuación se muestran algunos ejemplos que demuestran algunos experimentos arquitectónicos actuales con el diseño de baños públicos en China.

Cabañas campistas del parque regional Whitetail Woods / HGA Architects and Engineers

Enclavadas en la ladera de un nuevo parque regional en el área metropolitana de Minneapolis / St. Paul, tres nuevas cabañas campistas - construidas por empleados del condado con la ayuda de estudiantes de secundaria en un programa de formación profesional - tejen su camino en un grupo de pinos. Sirven como equipamiento clave en la primera fase del plan maestro de parques.

Restaurante Green Grass Condesa / Taller David Dana

Ubicado en la colonia Condesa sobre la avenida Nuevo León. El proyecto consiste en la remodelación de un restaurante de dos niveles cuyo objetivo principal radicó en redefinir la imagen del lugar y organizar el programa arquitectónico existente.

Casa El caballo de Turín / Jorge Ramón Giacometti Taller de Arquitectura

El cliente, un escritor ecuatoriano, llegó al taller con una encomienda: diseñar y construir su casa en el cráter del volcán Pululahua. Nos dejó una acuarela que interpretaba un escenario del teatro italiano, nos pidió que leyéramos un par de sus novelas y nos dejó por tarea ver una película húngara llamada El Caballo de Turín; tendríamos que vernos seis meses después.

Carlos Zapata presenta nueva torre residencial de uso mixto en Quito

El arquitecto Carlos Zapata ha presentado una nueva torre residencial de uso mixto en Quito, Ecuador. Ubicado en el extremo norte del parque La Carolina, el diseño se ha convertido en uno de los edificios más altos de la ciudad. La torre de 24 niveles se define por una abertura de tres pisos en su punto medio que crea una piscina comunitaria y un área de descanso, así como una serie de jardines verticales. La nueva torre se hizo para abrazar el cielo abierto de Quito y las impresionantes vistas de las montañas de los Andes.

Instalación Diodón / Dosis

En la península de Jutlandia hay un nuevo habitante. Una nueva especie ha sido avistada en la región del triángulo. Es Diodón, un ser colorido y transparente que misteriosamente se activa con las fiestas. A medio camino entre una medusa y un pez globo Diodón sólo sobrevive rodeado de gente, de música y diversión. Al quedarse su ecosistema en silencio, al desocuparse su territorio, Diodón se desinfla y desaparece. Hay fuentes que afirman que Diodón ha sido sintetizado en la península Ibérica, conocida también como la tierra de las fiestas. A Diodón le gusta que le toquen, que entre gente en su cuerpo, gente que realiza extravagantes acciones que atraen a la multitud. Así es como es feliz y se nutre.

Casa Panorama / Jim Caumeron Design

Esta casa es un retiro de fin de semana ubicada a 3 horas de la bulliciosa ciudad de Manila. El cliente solicitó un lugar donde pudiera descansar durante el fin de semana como una forma de escapar de la ciudad. El proyecto está ubicado en una comunidad de casas típica filipina, en su mayoría de estilo mediterráneo. El cliente le pidió a Jim Caumeron que diseñara la casa diferente a la de sus vecinos con un presupuesto limitado. El área de la propiedad es de 300 metros cuadrados. Para reducir el costo del proyecto, la superficie del edificio se redujo a 100 metros cuadrados. 

Oficina Pantera Filmes / Matú Arquitetura

Pantera Filmes es una productora cinematográfica ubicada en el centro de São Paulo. Al cambiar de domicilio, buscó a Matú Arquitetura para un proyecto funcional que solucionara el espacio de trabajo y el almacenamiento de los materiales de filmación.

Memorial Temporal Cuerpo Ausente, significar en el Río Mapocho

El Día de los Derechos Humanos se celebra cada 10 de diciembre - y después de visitar numerosos sitios que recuerdan los escenarios de lamentables crímenes de lesa humanidad y violencia, se puede realizar una observación: el lugar de la memoria no sólo se encuentra en un edificio. Es además, el lugar donde se evoca a través del encuentro, el reclamo y el gesto.

Educación espacial y el futuro de las ciudades en África: Una entrevista con Matri-Archi

Dirigido por las diseñadoras arquitectónicas Khensani de Klerk y Solange Mbanefo, Matri-Archi es un colectivo con sede entre Suiza y Sudáfrica que tiene como objetivo unir a las mujeres africanas para el desarrollo de la educación espacial en las ciudades africanas. A través de la práctica del diseño, la escritura, los podcasts y otras iniciativas, Matri-Archi se enfoca en el reconocimiento y el empoderamiento de las mujeres en el campo de la concepción del espacio y la industria arquitectónica.

14 instalaciones efímeras intervienen patios históricos en Puebla, México

La ciudad de Puebla –ubicada en el altiplano central de México–, es particularmente conocida por el trazo de sus calles y su arquitectura principalmente barroca. Ciudad Patrimonio de la Humanidad por la UNESCO desde 1987, alberga una dinámica cultural de amplio espectro que se centra en la preservación del patrimonio edificado y su apreciación a la distancia, como si se tratara de una obra en un museo. Es así que en nuestros trayectos cotidianos nos percatamos de la monumentalidad de sus fachadas, pasando desapercibido, en la mayoría de las ocasiones, que tras los grandes portones de madera se esconden lo que hemos llamado “el corazón de la casa poblana”.

Departamento AMV / Studio Gabriel Garbin Arquitetura

Para este proyecto de remodelación de un departamento de 150 metros cuadrados ubicado en el barrio de Moema, São Paulo, buscamos integra todos los espacios. La sala de estar, el balcón y la cocina estaban completamente interconectados. Para ello, retiramos algunas paredes reemplazándolas por elementos permeables en la división de sala de estar y cocina, lo que permite un uso social y mayor privacidad cuando es necesario. También eliminamos las puertas corredizas que separaban el balcón de la sala, transformando el área social en un espacio abierto.

La arquitectura de los muros de escalada: Instalaciones y gimnasios deportivos

Los escaladores tienen su propio tipo de arquitectura. Esta adopta una variedad de superficies, materiales y estructuras, ya sea en exteriores o interiores. Hoy en día, más centros recreativos e instalaciones deportivas incluyen paredes de escalada a medida que el deporte crece en popularidad. Como espacios para desarrollar fuerza y relajarse, los gimnasios de escalada son construidos como sus propios mundos interiores para explorar.

Edifício Nouveau Lisboa / SQ+ Arquitetos Associados

Situado en la intersección entre la Avenida de Berna y la Avenida da República, Nouveau Lisboa aporta una nueva perspectiva al arte de saber vivir, con un diseño contemporáneo e innovador. Ubicado en el paisaje urbano del centro de Lisboa, el edificio se destaca entre los edificios antiguos, presentando un contorno rectilíneo con una paleta de colores neutros que se adapta al horizonte de la ciudad.

Casa 23 / Arquitectura en Estudio

El predio se ubica a las afueras del municipio de Villeta, en la parte media de una urbanización campestre, gozando de una extraordinaria vista sobre el paisaje circundante. Haciendo parte de la ladera de la montaña, la topografía es significativamente abrupta, sobre todo en su parte alta del predio, donde goza de una impresionante vista. El diseño escoge este lugar para emplazarse, capturando la mejor vista y enfrentándose al reto de adaptarse a la fuerte pendiente.

designboom

jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian

moved by the music of the traditional chinese string instrument ruan-xian, jeff dayu shi has formed a set of bamboo presented at beijing design week 2015. The post jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian appeared first ...

neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch

when touched, the packages will timidly glow right where the contact was generated, thanks to a thermochromic paint coating that makes it sensitive to heat. The post neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch appe...

gwwo constructs dupont environmental education center

a four-story timber structure located on a protected marshland unites the natural and urban worlds, providing an educative program for the community. The post gwwo constructs dupont environmental education center appeared first on designboom | archite...

custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched


the ‘big bad wolf’ track monster was created with no cutting or welding to XJR1300 frame and everything except the tank, handlebar, and rear light was custom made.

The post custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched appeared first on designboom | architecture & design magazine.

magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms

esparto grass rugs, woven by the women of murcia, traditionally assume circular or rectangular forms, magma and dhiama modify this tradition for a new look. The post magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms appeared first on desig...

schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop

created for the design workshop of studio renova ring, a steel and timber combined table and stool set has been developed. The post schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop appeared first on designboom | architecture...

ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink


the company’s advanced thermal technology cools and heats food and beverages while maintaining precise temperatures for hours.

The post ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink appeared first on designboom | architecture & design magazine.

MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam

the furniture showroom uses internal courtyards, skylights, with an emphasis on eco-friendly techniques to give visitors a comfortable experience. The post MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam appeared fi...

anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport


located in a grove of trees, the three-sided, partially-covered structure provides protected parking for a single car, with two additional uncovered spots for guests.

The post anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport appeared first on designboom | architecture & design magazine.

frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum


the display focuses on the bold ideas that are the driving force behind gehry’s creativity, tying together their background and process with his unwavering conviction.

The post frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum appeared first on designboom | architecture & design magazine.

galway hotel paris concept by architect taras kashko

located in the city's historic district, the conceptual lodge features 25 guest and grand guest rooms, with a lounge/bar, and shops at the ground floor level. The post galway hotel paris concept by architect taras kashko appeared first on designboom |...

philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience


shadow, light and and sound intercept and surround architectural elements, immersing visitors in an environment where spacial dimensions seem to participate in an orchestrated score.

The post philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience appeared first on designboom | architecture & design magazine.

d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam


the design aimed to turn the space into one that could look and feel nicer than at home while the challenge was found when illuminating the dark space that only had a few big windows in the front façade.

The post d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam appeared first on designboom | architecture & design magazine.

stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano


this updated version has a shallower depth than its predecessor, responding to the fact that television screens today are much thinner compared to those of the past.

The post stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano appeared first on designboom | architecture & design magazine.

model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you


the new ‘no.3’ twin tube single arc cantilever frame features elegant double curved down tubes that increases lateral stiffness for speed while absorbing road shock for comfort.

The post model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you appeared first on designboom | architecture & design magazine.

jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york


just steps from the city's elegant fifth avenue, construction work has finally begun on the much-anticipated skyscraper.

The post jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york appeared first on designboom | architecture & design magazine.

morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square


in zocalo square, the heartland and most significant public space in mexico city, morag myerscough and luke morgan have realized a landmark installation that encourages visitors and passersby to consider their surrounds.

The post morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square appeared first on designboom | architecture & design magazine.

miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut

comprising 1.200sqm, the design of this penthouse was primarily driven by the desire to create airy spaces that would unite comfort with a minimalist feel. The post miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut appeare...

bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality


conceived as aesthetically pleasing sex toys and displayed during dutch design week, the designer hopes the unusual and intricate pair of objects will break the barriers between art and objects of lust.

The post bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality appeared first on designboom | architecture & design magazine.

renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car


the idea of simplicity, visible and aesthetically assumed structure, geometric elegance and light guided the designers in the creation of the ‘coupé c’ concept car.

The post renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car appeared first on designboom | architecture & design magazine.

architecturephoto.net

シェルターが木造部実施設計を担当した、神奈川・小田原市の、日本最大級の木造商業施設「ミナカ小田原」の完成見学会等が開催されます

シェルターが木造部実施設計を担当した、神奈川・小田原市の、日本最大級の木造商業施設「ミナカ小田原」の […]

二俣公一 / ケース・リアルによる、東京・品川区の住宅「東五反田の家」

二俣公一 / ケース・リアルが設計した、東京・品川区の住宅「東五反田の家」です。 都心の閑静な住宅街 […]

東京藝術大学 青木淳研究室による建築展「シン・マサキキネンカン」が、東京藝術大学構内 正木記念館で開催。青木による本展解説のテキストも紹介

東京藝術大学 青木淳研究室による建築展「シン・マサキキネンカン」が、東京藝術大学構内 正木記念館で開 […]

安田アトリエの建築設計、内田デザイン研究所の内装設計による、京都市の宿泊施設「MUNI KYOTO」

安田アトリエの建築設計、内田デザイン研究所の内装設計による、京都市の宿泊施設「MUNI KYOTO」 […]

髙橋正嘉+原田小夜子 / ハイランドデザインによる、長野・安曇野市の、アトリエ付きの自邸「穂高有明の住宅」

髙橋正嘉+原田小夜子 / ハイランドデザインによる、長野・安曇野市の、アトリエ付きの自邸「穂高有明の […]

安藤忠雄が、イタリアの歴史あるデザイン・建築誌「domus」のゲストエディターに。2020年はデイビッド・チッパーフィールドが務めたポジション

安藤忠雄が、イタリアの歴史あるデザイン・建築誌「domus」のゲストエディターを務めるそうです - […]

藤本壮介の設計で千葉の小湊鉄道に新たな公衆トイレが完成。2012年にも同鉄道沿線駅にガラス張りの公衆トイレを設計し話題に

藤本壮介の設計で千葉の小湊鉄道に新たな公衆トイレが完成しています - www.chibanippo. […]

グラフィックの枠を超え建築家とも協同する原田祐馬 / UMAの単著『One Day Esquisse:考える「視点」がみつかるデザインの教室』をプレビュー

グラフィックの枠を超え建築家とも協同する原田祐馬 / UMAの単著『One Day Esquisse […]

佐々木祐治 / U.L.A.Designによる、神奈川・横浜市の住宅「Garden Wall House #2」

佐々木祐治 / U.L.A.Designが設計した、神奈川・横浜市の住宅「Garden Wall H […]

武保学 / きりん による、三重・伊賀市の、既存町屋のホテル客室への改修計画「城下町の客室」

武保学 / きりん による、三重・伊賀市の、既存町屋のホテル客室への改修計画「城下町の客室」です。 […]

伊原慶+和久田幸佑 / TA+A + 和久田幸佑建築設計事務所 + 三愛設計 設計共同体による、高知県・土佐町の、スポーツ観光拠点施設「湖の駅 さめうらカヌーテラス」

伊原慶+和久田幸佑 / TA+A + 和久田幸佑建築設計事務所 + 三愛設計 設計共同体が設計した、 […]

坂茂の設計で完成した、栃木・那須郡の宿泊施設「アートビオトープ・スイートヴィラ」の写真

坂茂のウェブサイトに、栃木・那須郡の宿泊施設「アートビオトープ・スイートヴィラ」の写真が掲載されてい […]

仙台市役所本庁舎建替設計プロポで、石本建築事務所・千葉学建築計画事務所JVが受注候補者に。提案書も公開

仙台市役所本庁舎建替基本設計プロポーザルで、石本建築事務所・千葉学建築計画事務所設計共同企業体が受注 […]

堀部安嗣と横内敏人による対談「住宅設計の現場で考えること」の動画。2017年2月に行われたもの

堀部安嗣と横内敏人による、対談「住宅設計の現場で考えること」の動画です。2017年2月に行われたもの […]

青木淳の講演会「アップデート(対話)」がオンラインで開催

青木淳の講演会「アップデート(対話)」がオンラインで開催されます - cita-lecture-se […]

日本全国の道路や橋などのインフラ老朽化問題を取り上げたNHKのウェブ特集記事「壊れたら もう直せない…」

日本全国の道路や橋などのインフラ老朽化問題を取り上げたNHKのウェブ特集記事「壊れたら もう直せない […]

岸本将太+姫野友哉 / 岸本姫野建築設計事務所による、大阪市の住宅「大正の家」

岸本将太+姫野友哉 / 岸本姫野建築設計事務所が設計した、大阪市の住宅「大正の家」です。 木津川沿い […]

馬場正尊 / Open A(監修)、塚越智之+宮下淳平 / 塚越宮下設計による、東京・港区の、複合ビルの低層部のファサード改修「南麻布の幕屋」

馬場正尊 / Open A(監修)、塚越智之+宮下淳平 / 塚越宮下設計が設計した、東京・港区の、複 […]

【ap job更新】 合同会社わくわくデザインが、設計スタッフ(正社員・パートタイム、外部パートナー)、模型製作アルバイトを募集中

合同会社わくわくデザインの、設計スタッフ(正社員・パートタイム、外部パートナー)、模型製作アルバイト […]

中村堅志 / 中村建築による、神奈川の「2棟の住宅〜横浜市の3世帯住宅〜」

中村堅志 / 中村建築が設計した、神奈川の「2棟の住宅〜横浜市の3世帯住宅〜」です。 敷地は、最寄り […]

建築系検索エンジンKenKen!

建築設計 2.0.1-設計者とユーザーの関わり方-

本イベントは、芝浦工業大学 建築研究会1年生と4年生が『バーチャルSNS cluster』で設計者とユーザーの設計段階における新たな関わり方を模索します。 イベント参加者は、私たちの研究内...

東京のワクワクする未来を考える 都市計画家 饗庭伸×コミュニティデザイナー 山崎亮

第5回目は、饗庭さんがコミュニティデザイナーの山崎亮さんをゲストに招き対談します。山崎さんはコミュニティデザイナーとして、地域の人が地域の課題を自分たちで解決するために...

広瀬鎌二建築展SH+第3回/VR展

去る11/14~19に建築会館ギャラリーで開催された「広瀬鎌二建築展SH+第3回」をVRで再構成しました。図面・写真・原図・動画など、様々なコンテンツをバーチャルに体験できます。

都市計画家 饗庭伸×哲学者 篠原雅武 「東京のワクワクする未来を考える」

このプログラムは、ニューヨーク在住の都市建築家である重松健さんと、東京在住の都市計画家である饗庭伸さんをコーディネーターとしてお招きし、それぞれが掲げる未来の東京の都市...

JIA建築セミナー2020「2030年、活動と建築と人がつなぐものーワークショップのパイオニアたち」

「プレイフルラーニング」をキーワードに先進的かつ独創的な学の場つくりを実践する上田信行先生(同志社女子大学名誉教授・ネオミュージアム館長)と、建築家の小堀哲夫氏(小堀哲...

「改正省エネ法」情報交換セミナー 第3回「説明義務制度」にポジティブに取り組む!そ

2021年度から300㎡未満の住宅・建築物の設計時に建築士に課せられる義務への備え シリーズ第3回目ですが、初めての方でも受けられます!

謳う建築

建築×詩(ことば)のコラボレーション 多彩な文芸家が、住まいを体感し創作します。

隈研吾展

現代日本を代表する建築家のひとり、隈研吾(1954-)の大規模な個展

重松健×乙武洋匡 「東京のワクワクする未来を考える」

このプログラムは、ニューヨーク在住の建築・都市計画家である重松健さんと、東京在住の都市計画家である饗庭伸さんをデュアルコーディネーターとしてお招きし、それぞれが掲げる未...

【建築家登壇! 無料講演会のご案内】Japan Home & Building Show

著名な建築家・学識者が登壇し、建築業界の動向・最新情報を発信します。様々なテーマを取り上げ、講演会を通じて皆さんの課題解決となるヒントを提供します。聴講料無料! オンラ...

ひろしまたてものがたりフェスタ2020

建築公開イベント「ひろしまたてものがたりフェスタ2020」では、11月20~23日の4日間で広島・呉市内の22建物でのガイドツアーや特別公開を行います。

オープンしなけん2020

品川区にある歴史的・魅力的建築物を巡る1日限りのイベント「オープンしなけん2020」を今年も開催します。

東京のワクワクする未来を考える 饗庭伸×藤村龍至 produced by シティラボ東京

このプログラムは、ニューヨーク在住の都市建築家である重松健さんと、東京在住の都市計画家である饗庭伸さんをデュアルコーディネーターとしてお招きし、それぞれが掲げる未来の東...

建築家・ジョサイア・コンドル没後100年メモリアル 「十六夜ピアノ・コンサート 〜月を眺めながら〜」

「日本近代建築の父」ジョサイア・コンドル没後100年メモリアル 「十六夜ピアノ・コンサート 〜月を眺めながら〜」 桑名市 六華苑で10月2日(金)開催

分離派建築会100年展

大正時代、日本の建築界に鮮烈なインパクトをもって現れた新星たちがいました。日本で最初の建築運動とされる分離派建築会です。分離派建築会が希求した建築の芸術とは何か。日本近...

日本博・日本の近代化遺産

幕末から終戦までの間に建設され、日本の近代化に貢献した建造物「近代化遺産」。誰でも気軽に通常非公開の「近代化遺産」が特別に見学できる『日本博・日本の近代化遺産』を全国各...

JIA建築セミナー2020

1978年以来の歴史を誇っております。43年目にあたる2020年度も、長年の間に培われた良き伝統を受け継ぎつつも、時代の状況に応じた新風を織り込んだセミナー用意していま...

建築設計 2.0 ―New Normalな社会に向けて―

今や社会活動は、現実空間にとどまらず仮想空間においても展開されている。仮想空間でも社会活動が行われるようになった今、建築設計者は、現実空間にとどまらず仮想空間へ「場」を...

杉並建築展2020「これからの価値 ~ Values of the future~ 」

杉並区にて建築・まちづくり展を企画しました。コロナ下でこれからの価値がどうあるべきかを建築家で集まり提言しています。

角川武蔵野ミュージアム竣工記念対談|隈研吾×松岡正剛

急告!スペシャル対談、9/5(土)開催決定! 隈研吾×松岡正剛 「石の超建築」を読み解く2つの対話!

建設通信新聞

公告一般入札・阪神高速道路

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【阪神高速道路】 〈簡易…

入札結果・京都市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市】 (2月28日)▽京都市醍醐…

連載・住民の感性を考慮した長寿命化修繕計画(8)

【国際建設技術協会国際建設技術研究所 研究第三部主任研究員(ニュージェック)保田 敬一/飽きのこない…

研修計画は197コース/国土交通大学校

 国土交通大学校は、2017年度の研修計画を策定した。「国民の安全・安心の確保」「生産性向上による成…

入札結果・近畿整備局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近畿整備局】 (2月21日)▽京都御…

建設論評・成長戦略を競う時だ

 大手ゼネコンを始めとする建設業界の業績が好調だ。2017年度の第3四半期決算では、四半期決算を開示…

入札結果・近江八幡市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近江八幡市】 (2月28日)▽近江八…

話題縦横・JAPIC研究会が提言/“日本を元気にする”複数プロジェクト

【地方創生の起爆剤として注目】 日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、宗岡正二会長)の国土・未来プ…

入札結果・東近江市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【東近江市】 (2月27日)▽市立能登…

催し物・第3回なら景観フォーラム

 ◇奈良県主催「第3回なら景観フォーラム」 11日午後1時30分から午後4時まで、奈良市の奈良県文化…

本日、一部地域で新聞が届かないため、電子版を公開いたします

17年度予算・木津川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 京都府木津川市の2017年度予算案は、一般会計が前年度…

17年度予算・寝屋川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 大阪府寝屋川市の2017年度予算案は一般会計が前年度比…

入札結果・京都市上下水道局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市上下水道局】 (2月23日)▽…

コンペ&プロポーザルDigest

【◆発注者【件名・設計範囲】委託方法=末尾は本紙掲載日】◎募 集◆大阪府【守口警察署新築工事基本・実…

17年度予算・伊丹市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。伊丹市   骨格で2.2%減 兵庫県伊丹市の2017年度…

三方よしのインフラメンテ/JFMAら/福島で3月7日にシンポ

 日本ファシリティマネジメント協会 (JFMA、山田匡通会長)とインフラメンテナンス国民会議は7日、…

JIA日本建築大賞・優秀建築賞・新人賞・25年賞・環境建築賞

 日本建築家協会(JIA)は、25日に開いた優秀建築選公開審査でJIA建築大賞のほか、新人賞、環境建…

二川幸夫写真集『天上の庭』/3月4日からGAギャラリーで展示

 建築写真家であり出版人としても建築の表現を追求した二川幸夫が遺した最後の写真集『天上の庭』(エーデ…

公告一般入札・西日本高速道路新名神京都事務所

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【西日本高速道路新名神京…

AKICHIATLAS

はまっこ郊外暮らしコンペ 2020

横浜市内での魅力的な「郊外の暮らし方」を、既存の戸建て住宅地で実現するすまいづくり・ まちづくりのアイディアを広く募集

NICHIHA SIDING AWARD 2020

ニチハカタログ掲載商品(金属製外装材含む)を外装あるいは内装に使用した作品のコンテスト

第4回 JIA四国建築賞

四国4県に造られた建築作品、群、あるいは活動において、特に4県それぞれの四国らしさ、すなわち社会性、歴史性、文化的文脈が受け継がれ、昇華されたものを顕彰。

JIDF学生文化デザイン賞

世界を驚かすクリエイティブなプロジェクトを募集。テーマは自由、ジャンルは問わない。

第27回 ユニオン造形デザイン賞

公益財団法人 ユニオン造形文化財団が行う学生及び実務経験10年以内の社会人を対象としたアイディアコンペ。今年のテーマは「古さの戦略」。

環境建築物を表彰するアワードで、5年以内の竣工作品が対象。

環境建築物を表彰するアワードで、5年以内の竣工作品が対象。

International Prize Domus Restoration and Conservation

建築物の改修・保存に関する恒例アワードで、今年の対象は論文。特別賞としてBIMテクノロジー部門が設けられる。

Utah Black Success Center Design Competition

ユタ州の商工会議所が黒人コミュニティの拠点となるセンター建設を計画、そのアイディアを広く募集。

都市計画やランドスケープ、アンビルト作品も参加可能なアワード…

都市計画やランドスケープ、アンビルト作品も参加可能なアワード。2018年以降の作品が対象。登録料高め、賞金なし。

楯岡高校跡地利活用施設改修工事設計業務公募型プロポーザル

改修工事プロポーザル

中層木造建築のアワード

中層木造建築のアワード

第19回 屋上・壁面緑化技術コンクール

屋上等特殊空間の緑化に積極的に取り組み、優れた成果をあげている民間企業、公共団体、個人等を顕彰。

富山県産材の利用の促進に関し、優良な事例の施設の建築主及び設…

富山県産材の利用の促進に関し、優良な事例の施設の建築主及び設計、施工に関わった者を顕彰

テッサロニキ中心部の見本市会場を再開発する目的で、コンベンシ…

テッサロニキ中心部の見本市会場を再開発する目的で、コンベンションセンターの実施コンペが行われる。事前審査で選ばれた15チームがコンペティションステージに進む。

2017年以降に建てられた木造プロジェクトを表彰するアワード…

2017年以降に建てられた木造プロジェクトを表彰するアワード。強度、耐久性、美しさ、費用対効果など、木材の魅力を生かしたプロジェクトを募集。

メドック地区の著名シャトーが、醸造エリアの再構築案を求める実…

メドック地区の著名シャトーが、醸造エリアの再構築案を求める実施コンペ。事前審査で選ばれた5チームがコンペティションステージに進む。

2020 Architectural Visualization Awards

ビジュアライゼーションアワード。カテゴリーは3つ、インテリア、エクステリア、コンセプチュアル。審査は一般投票と審査員によって行われる。

Design Educates Awards 2021

建築、プロダクト、ユニバーサルデザイン、レスポンシブデザインの4カテゴリーが設けられたドイツのアワード。今年の審査員には伊東豊雄氏が含まれている。

建築全般に関する仕上げ分野の進歩発展を図るとともに、広く建築…

建築全般に関する仕上げ分野の進歩発展を図るとともに、広く建築界の発展と公共の福祉に貢献するために、建築仕上げに関する極めて顕著な業績に対して表彰する。

愛知建築士会名古屋北支部が行う建築コンクール。建築物及び工作…

愛知建築士会名古屋北支部が行う建築コンクール。建築物及び工作物、モニュメントやプロダクトの類、その他のテーマに属したモノ。インスタレーションや実験的に作られたモノ、その他建築のカテゴリーを広げるアイディアを持ったものも応募できる。

10+1

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫刻という幸いについて」が開催されます。 - 彫刻家・青木野枝は、大気や水蒸気をモティーフに、万物がうつろいゆくなかの生命の尊さをあらわしてきました。その彫刻は、鉄や石膏という固く重い素材を用いながら、周囲の空気をまとって、とても軽やかに見えます。 作品のほとんどが展示場所に合わせて作られ、展示が終

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画として、2月15日に磯崎新氏と浅田彰氏による対談が行われます。 日時 2020年2月15日(土)14:00- 会場 国立国際美術館 B1階 講堂 (大阪府大阪市北区中之島4-2-55) 参加費 無料、定員130名、要事前申込 申込方法の詳細はウェブサイトをご確認ください ウェブサイト イ

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しかし、「公=みんなのもの・場所」としてとらえてみると、「公」とは、一人ひとりの「私」が重なり合い、立ち上がっていくものとして考えることができます。「公」と「私」をどのように認識するかによって、まちでの生活や個人のふるまいを妨げたり、逆に広げたりすることにもつながるのではないでしょうか。 今回のディス

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どのような出来事の変遷を経て、形成されてきたのでしょうか。それをなぞろうと、私ではない他者の記憶や記録というフィルター越しに風景を眺めなおしたとき、「いま」の捉えかたはどのように変容するのでしょうか。 今回のディスカッションでは、記録の少ない敗戦直後の東京の姿を探るため、米軍やアメリカ人個人によって

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してきました。  本展は、演出家・アーティストである高山明(Port B)の企画によって、どこでも再現可能な形態でつくられた都市のインフラ/構成要素を「模型」として捉え、現在の東京のリアルな姿を浮かび上がらせる試みです。高山明の演劇的手法によって、展示空間は日々生成変化する場となり、東京という都市に接

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。[ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水)19:00 - 21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョ

ソトノバ・アワード2019公開最終審査会(千代田・2/8)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 2019年12月-2020年1月にかけて、募集をした、ソトノバ・アワード2019。2017年、2018年に引き続き、3回目の開催です。日本全国から10のプロジェクトの応募がありました。二次審査でもある、公開最終審査会には、10のプロジェクトが選出されました。そこで、公開最終審査会を開催します。応募者のプレゼンと審査を傍聴できるほか、一般投票賞が当日参加者の投票により決まります。 [ウェブサイ

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開催します。 藤森氏は建築史家としての活動を経て1991年45歳で建築家デビュー。以降28年にわたり、どこか壊かしさを感じる藤森流の建築を数多く発表しています。 本セミナーでは近作解説のほか、素材の調達方法、建築を移動可能に仕上げる「木造モノコック」などにも触れながら、藤森氏の設計スタイルについてお

展覧会「Daisuke Motogi / DDAA LAB Exhibition "FRUITS BOWL"」(渋谷区・2/4-2/16)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築家・元木大輔が代表をつとめるDDAAによる展覧会&quot;FRUITS BOWL&quot;を開催します。同名のZINEの販売のほか、会期中の2月8日にはフルーツサワーを出すイベントも。ぜひ足をお運びください。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月4日(火)- 2月16日(日) 開館時間 12:00 - 20:00 会場 ユトレヒト (東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマ

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

<p><img src="https://www.10plus1.jp/information/assets_c/2020/02/symposium_200307-thumb-400xauto-2359.jpg" /></p> 日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのような変容をもたらすのか、テクノロジーは建築デザインをどこに導こうとするのかをテーマにシンポジウムを企画する。 かつて近代建築を語る際、「機能的なものは美しい」という命題が繰り返された。戦後日本において、幾人かの建築家はテクノロジーの進歩を素直に建築に表現すれば自ずと近代建築になり、今は見た目が無骨で

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水) 19:00-21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ

202003 リサーチとデザイン ──ネットワークの海で建築(家)の主体性と政治性を問う |青井哲人|連勇太朗|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_am_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2364.jpg" /></p> 観察と実践をめぐる中動態的モデル:コーンとサンドウィッチ 青井哲人──編集部から投げかけられたテーマは「リサーチとデザインの関係をめぐって」というものです。関連する近年の話題として、貝島桃代さんがキュレーターを務めた2018年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の日本館展示「建築の民族誌(Architectural Ethnography)」がありました。デザインを直接に扱ってはいませんが、当然

202003 いまこそ「トランスディシプリナリティ」の実践としてのメディアを ──経験知、生活知の統合をめざして |南後由和|貝島桃代|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_nk_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2361.jpg" /></p> 都市や空間の枠組みからの解放と創造 編集──本日はよろしくお願いします。今日は南後さん、貝島さんの近年のご関心、お仕事から、世界的なさまざまな建築・都市メディアの展開、そして今号で更新が最後となる「10+1 website」の20年間、そしてこれからのメディアのあり方、議論の方法など、多岐にわたるお話を伺いたいと思っています。南後さんがサバティカルから一時帰国された際に、進行中のとても興味深い研

202003 独立した美術・批評の場を創出するために |五十嵐太郎|鷲田めるろ|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_iw_thumb-thumb-400xauto-2362.jpg" /></p> ビルバオの衝撃から芸術祭まで 編集──五十嵐太郎さんと鷲田めるろさんには、雑誌時代から「10+1」において美術や建築をめぐるさまざまな議論を展開していただきました。最終号の本対談では美術と建築のあり方を総括していただき、今後の展望についてお話を伺いたいと思います。まずは「10+1」が活動してきた26年の間における美術、建築の動向についてお聞かせください。 鷲田めるろ氏 鷲田めるろ──よろし

建築の概念の拡張 |石上純也|田根剛|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_it_thumb-thumb-400xauto-2374.jpg" /></p> ───本対談は、2018年4月、「石上純也──Freeing Architecture」展(カルティエ現代美術財団)の開催およびそのカタログである『自由な建築』(LIXIL出版)の発行を機に、非公開で行われました。それからおよそ2年を経て、両氏ともに注目すべき活動を展開され続けていますが、ここで語られていることは、両氏の活動の軌跡を捉えるためだけでなく、現代の建築を考える上でも確かな意義があるもの

建築の概念の拡張 |石上純也|田根剛|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_it_thumb-thumb-400xauto-2374.jpg" /></p> ───本対談は、2018年4月、「石上純也──Freeing Architecture」展(カルティエ現代美術財団)の開催およびそのカタログである『自由な建築』(LIXIL出版)の発行を機に、非公開で行われました。それからおよそ2年を経て、両氏ともに注目すべき活動を展開され続けていますが、ここで語られていることは、両氏の活動の軌跡を捉えるためだけでなく、現代の建築を考える上でも確かな意義があるもの

202003 リサーチとデザイン ──ネットワークの海で建築(家)の主体性と政治性を問う |青井哲人|連勇太朗|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_am_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2364.jpg" /></p> 観察と実践をめぐる中動態的モデル:コーンとサンドウィッチ 青井哲人──編集部から投げかけられたテーマは「リサーチとデザインの関係をめぐって」というものです。関連する近年の話題として、貝島桃代さんがキュレーターを務めた2018年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の日本館展示「建築の民族誌(Architectural Ethnography)」がありました。デザインを直接に扱ってはいませんが、当然

202003 いまこそ「トランスディシプリナリティ」の実践としてのメディアを ──経験知、生活知の統合をめざして |南後由和|貝島桃代|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_nk_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2361.jpg" /></p> 都市や空間の枠組みからの解放と創造 編集──本日はよろしくお願いします。今日は南後さん、貝島さんの近年のご関心、お仕事から、世界的なさまざまな建築・都市メディアの展開、そして今号で更新が最後となる「10+1 website」の20年間、そしてこれからのメディアのあり方、議論の方法など、多岐にわたるお話を伺いたいと思っています。南後さんがサバティカルから一時帰国された際に、進行中のとても興味深い研

202003 独立した美術・批評の場を創出するために |五十嵐太郎|鷲田めるろ|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_iw_thumb-thumb-400xauto-2362.jpg" /></p> ビルバオの衝撃から芸術祭まで 編集──五十嵐太郎さんと鷲田めるろさんには、雑誌時代から「10+1」のなかで美術や建築をめぐるさまざまな議論を展開していただきました。最終号の本特集では美術と建築のあり方を総括していただき、今後の展望についてお話を伺いたいと思います。まずは「10+1」が活動してきた26年の間における美術、建築の動向についてお聞かせください。 鷲田めるろ氏 鷲田めるろ──よろし

第12回:大変動の時代の建築 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 変化の時代に何ができるか 私たちの社会はいま、巨大な変化のうねりのなかにある。その変化は地球規模の気候変動にも、あるいは同じくグローバルな社会変動にも現れている。この圧倒的スケールの変化のなかで、私たち一人ひとりに何ができるのか? 建築にいったい何ができるのか? ときに無力感に苛まれながらも、さまざまな分野のなかで多様な人々が日々奮闘している時代に、私たちは生きている。 筆者自身も、この変化