Architecture
News

ケンプラッツ

ワークプレイスが創る会社の未来(日経不動産マーケット情報の本)

オフィスは今、「企業価値を創造するワークプレイス」の時代へ。変革を支えるプロ集団が考え方、取り組み方を詳細に解説。「アフターコロナ」も勝ち抜くワークプレイス改革の本質を...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2020(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2019年に完成または2020年以降に完成予定の都内118の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産の価格がわかる本 改訂版(日経不動産マーケット情報の本)

不動産で収益向上をめざす実務者必読!! オフィスビル、商業施設、ホテルなどのアセットごとに、価格の評価に関する知識を習得できます。

決定版!グリーンインフラ(日経コンストラクションの本)

新ビジネスで市場拡大へ。第一線の識者50人以上が国内外の最新事例を解説します!

土はなぜ崩れるのかセット(日経コンストラクションの本)

Q&A形式で学ぶ「土はなぜ崩れるのか」をセットにしました!

これからできる大規模オフィスビル調査データ2019(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2018年に完成または2019年以降に完成予定の都内126の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産テック 巨大産業の破壊者たち(日経不動産マーケット情報の本)

不動産会社化するグーグル、アマゾン、ソフトバンク―。巨大IT企業の目には何が映っているのか?

エコハウス時代の換気トラブルを徹底取材(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 今後増すと見込まれる換気設備の重要性とリスクを踏まえ、日経ホームビルダー7月号の特集では、近年発生したトラブルの事例を徹底取材。その内容を7つに分類しました。

冷凍よりも「調理して高く売れ」、転換期の保存(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

5月24日号の特集「稼げる保存」は、文化財の「活用」を訴え続けているデービッド・アトキンソン氏のインタビューから始まります。同氏は、日本のこれまでの建築保存を「冷凍保存」と...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2018(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

都内128の大規模ビルプロジェクトの詳細データを収録!<日経不動産マーケット情報(編)/ 本体24,000円+税、読者特価:本体10,000円+税 / 発行日:2018年5月31日>

平均年収は680万円に回復するも…5年ぶり労働実態調査どう読む?(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 2018年5月10日号の特集は「労働実態調査2018 脱・長時間労働」です。一級建築士365人のアンケート回答を得て、年収や労働時間、やりがいなどを分析しました。同様の調査を10年前の2008年...

現場ロボット普及前夜、建設会社が手を結べば…(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 古くは「桃太郎」、ベテラン世代は「七人の侍」、現役世代は「ドラゴンボール」……。こういうタイプのストーリー展開を「戦士集結型物語」と名付けるとすると、今号の特集「真の...

家ブログを侮ってはいけない(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 住宅を建設する際に、インターネット上のブログへ工事や打ち合わせの内容を細かく記録する“家ブロガー”が増えています。手間をいとわずにそうした取り組みに注力する建て主は、...

創刊42年、「座して待つ」からの脱却(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 新築需要だけではこの先食っていけない──。今や建築実務者の多くが感じている危機感でしょう。しかし、それ以外に一体どうやって稼げばいいのか──。そのヒントを探るのが4月12...

注目の話題は「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月26日~4月1日のアクセスランキング1位は、2017年が「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」、2016年が「引き戸が人気、省エネ先進国ドイツの窓の最新トレンド」、2015年が「パッシブデ...

注目の話題は「ユニクロの新オフィス公開」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月19日~3月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「ユニクロの新オフィス公開、物流倉庫の最上階」、2016年が「24時間換気があるのに換気不足」、2015年が「『さすが免震と思ったの...

注目の話題は「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月12日~3月18日のアクセスランキング1位は、2017年が「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」、2016年が「ぎふメディアコスモスの屋根に水たまり」、2015年が「またか、東洋ゴム工業が免震材...

中高層建築は木材をこう使う(木材活用 最前線)

東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの2...

激甚化する水害(日経コンストラクションの本)

激甚化する水害や土砂災害について、豊富な写真と資料を交えてメカニズムや社会に与える影響を解説。<気候変動による水害研究会(著)/ 価格:本体2,000円+税 / 発行日:2018年3月27日>

注目の話題は「『働き方改革』を先導する本社移転」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 2月26日~3月4日のアクセスランキング1位は、2017年が「『働き方改革』を先導する本社移転」、2016年が「地震被害で有罪判決、構造設計者の反論」、2015年が「谷口吉郎がホテルオークラ...

ArchDaily

A Bamboo Majlis for the 2021 Venice Biennale Designed by Simón Vélez and Stefana Simic

Part of the official collateral events of the 17th International Architecture Exhibition of la Biennale di Venezia, Caravane Earth Foundation will bring a unique bamboo Majlis, to the gardens of the Abbazia di San Giorgio Maggiore in Venice. Designed by internationally acclaimed bamboo architects Simón Vélez and Stefana Simic, the project will be on display from 22 May to 21 November 2021.

McGill University Power Plant / FABG

McGill University needed a new building to house three 1.5 MW emergency facilities, generators that will protect research activities in the event of a power outage. The McGill University thermal power plant and the Wong, Rutherford, Administration, and Leacock pavilions are powered by a single emergency generator located in the Ferrier building in the immediate vicinity of the boiler room. This presents risks that should be limited by Housing New generators in separate spaces in the immediate vicinity.

The Thai Pavilion at the 2021 Venice Biennale Explores the Ethnic Culture of Kuy

Titled "elephant", the Thai pavilion at the 17th International Architecture Exhibition of La Biennale di Venezia answers the question of how architecture can promote the way human beings and other species live together naturally and culturally based on the culture of Kuy and their elephants. Curated by Apiradee Kasemsook and designed by Boonserm Premtada of Bangkok Project Studio, the Thai pavilion will be on display at the Sale d’Armi, Arsenale, from May 22nd to November 21st.

Coopworth House / FMD Architects

Nestled in the rural surrounds of Bruny Island, Tasmania, Coopworth is a contemporary interpretation of a country farmhouse. The site’s resident Coopworth sheep, the wide-ranging views to the water and mountain ranges beyond, as well as the weathering red lead shacks dotted over the island provide an ever-changing landscape with which the house converses.

The Pavilion of the Netherlands at the 2021 Venice Biennale Deconstructs Typical Public Spaces

Titled "Who is We", the Pavilion of the Netherlands at the 17th International Architecture Exhibition – La Biennale di Venezia deconstructs normal concepts of space, visualizing what is often overlooked behind the structures that typically define urban spaces. Curated by a team led by Francien van Westrenen, the pavilion will be on display from 22 May to 21 November 2021.

Acne Studios Stockholm Store / ARQUITECTURA-G

This former bank suffered a robbery in which hostages were taken, leading to the term Stockholm syndrome. After the bank closed, several interventions added a series of layers over the years, masking the original neoclassic architecture.

The Irish Pavilion for the 2021 Venice Biennale Explores the Impact of Data Production on Everyday Life

For this edition of the Venice Architecture Biennale, the Irish Pavilion focuses on data technologies and their presence within the physical landscape, exploring the cultural end environmental implications of data production and consumption. Titled Entanglement and curated by the multidisciplinary research and design collective ANNEX, the exhibition challenges the presumed immateriality of the Cloud, highlighting the infrastructure of data production and its impact on everyday life while also examining Ireland’s role in the evolution of global communication.

OMA / Jason Long Unveils Design for Music Venue in Houston

OMA New York / Jason Long has revealed the design for The Terminal, a new performance venue serving as a cultural anchor for POST Houston, the office's redevelopment of the historic Barbara Jordan Post Office in downtown Houston. Integrated within the eastern wing of the mixed-use design, the 5,000 capacity music venue makes use of industrial materials and lighting effects to create a performative space on and off the stage.

Uncertainty, The Spanish Pavilion in the 2021 Biennale of Venice: Is Uncertainty Our Only Certainty?

A sneak peak of Uncertainty, the highlight of the Spanish Pavilion at the 2021 Biennale of Venice taking place from May 22 to November 21 of this year.

How BIG Created The Smile Using Black Stainless-Steel Panels

Designed by the Danish architecture office BIG-Bjarke Ingels Group, the monumental smile made of black blasted stainless steel extends along 126th Street in East Harlem, Manhattan. Inspired by the surface of the moon and the cultural influences of the city district, the T-shaped building fits seamlessly into the surrounding red and brown brick buildings. The interlocking chessboard-like facade panels were manufactured in the Cologne factory POHL Facade Division. Flanked by room-high windows, The Smile reflects sunlight and vastness into the daily lives of its residents.

A Theme Park-Inspired Urban Design in Italy and a Floating Neighbourhood in Iran: 10 Unbuilt Projects Submitted to Archdaily

Urban design is increasingly striving for more inclusive, sustainable environments, bringing together various groups and activities, and fostering social interaction. This week's curated selection of the Best Unbuilt Architecture focuses on urban designs, large-scale urban development projects and masterplans submitted by the ArchDaily Community, showcasing how architects around the world work with and shape the urban fabric of highly diverse environments.

What Exactly is the Art Museum in Modern Times?

"Is a museum defined by its collection? Or by its architecture? In The Art Museum in Modern Times, Charles Saumarez Smith suggests it is both and still something more". Lauren McQuistion, an architectural designer and Ph.D. Candidate in the Constructed Environment at the University of Virginia School of Architecture discusses in her Architect's Newspaper piece, Saumarez's book, exploring the notion of a modern museum.

Alpex Cultural Centre / Atelier Archiplein

Alpex Cultural Centre is located in Scionzier, a town in the Rhône-Alpes region of south-eastern France. The project involved the transformation of a former machining factory, with the firm commissioned to extend and convert the building into a new cultural centre, forming part of a broader master plan to renovate and revitalize the heart of Scionzier.

LAMAISON Hotel & Guesthouse / CBAG.Studio Architects

LAMAISON hotel lives from the changing history of the site and its modern extensions. Its character is rooted in the stately mansion of a former courthouse, which is not listed, but looking back at a history of being a courthouse in five different countries in less than a hundred years, it is an important historic building for the whole region. At the same time, it got neglected, having lost its function as a courthouse in the year 2001. With the new use as a hotel, the villa got carefully restored and can be experienced once more. 

Bjarke Ingels, Keré, Kamara: Discover the Internships and Lectures of ‘Architecture for Humanity’ 2021 Edition

Pandemic, economic crisis, migration and climate change: every area –from the periphery of our metropolis to the most remote tropical village– can now be defined as an "emergency context". The United Nations –already before the pandemic cycle– estimated that the fragmentation of conflicts, combined with the effects of the economic and ecological crisis, was generating a humanitarian emergency greater than that caused by the Second World War.

Overlap House / Akihisa Hirata

How much can you let the nature of the city flow in - The idea of designing architecture like a natural environment has not changed since I have founded my own office but recently its way of thinking has changed a bit. Even though the soft form and the space containing the difference have the certain possibility, it seems that "naturalness" is considered as the degree of influx of things that cannot be controlled completely by others.

Awaawaroa Bay / Cheshire Architects

The patrons of this home fell in love with this south-facing site and the idea of occupying it without formality and off grid.

Strawberry Farm Activity Hall / Describing Architecture Studio

In Longba Town, Zhuxi County, a new municipal road "Changlong Avenue" crosses the main entrance of the original town with a 30-degree cutting angle. The triangular plot between the new municipal road and the main road of the original town is the site of Strawberry farm activity hall and picking greenhouse. The Longba town government hopes to take cultivation, picking, and related experience activities of strawberries as the new starting point of the rural economy in Longba Town, and form the entry point of rural vitality at the intersection of old and new roads.

Mustard Building / Aurora Arquitectos + Furo

Mustard building - the interior serenity. The second chapter of the rose-house begins with the city code. The rules allow us to construct a new addition to the existent building on the back of the plot facing Princesa Street. 

P26 Building / VOX arquitectura + PDI

In a property with little frontage, but of good depth and with a regulatory limit for the construction of a total height of ten meters above the level of the sidewalk, this project of four apartments per level with different typologies and programs is being developed in the Santa Maria neighborhood 

Dezeen

West Stow Lodge by Project Orange features a traditional exterior and a pared-back interior

Oak joinery, white-painted bricks, and concrete flooring were used to make the interior of this new house in Suffolk, England, more contemporary than its traditional pitched-roof exterior (+ slideshow). (more…)

Interactive online documentary Refugee Republic awarded twice at Dutch Design Awards 2015

Dutch Design Week 2015: agency Submarine Channel won two prizes at this year's Dutch Design Awards with its web narrative that presents life and experiences in a refugee camp. (more…)

Lukstudio suspends metal wires to look like drying noodles at Chinese restaurant

Shanghai-based Lukstudio has reinterpreted a traditional Chinese food drying rack with a metal grid structure and hanging wires for a noodle bar in Changsha (+ slideshow). (more…)

Ben Jones’ Dot Net video uses animation to recreate Battles’ “technicolour sounds”

Music: director Ben Jones has collaborated with experimental rock band Battles on a riotous animation-heavy film that questions society's addiction to "screen time". (more…)

FCC Arquitectura and Paulo Lobo transform old Portuguese wine estate into a tourist attraction

A wine estate near the city of Lixa, Portugal, has been converted into a hotel for wine tourism, featuring rustic stone structures and contemporary buildings clad in pre-weathered steel or timber slats (+ slideshow). (more…)

Lose track of time on Dezeen’s new clocks Pinterest board

We've created a clocks Pinterest board full of unique time-keeping devices to remind UK readers to turn their clocks and watches back an hour as British Summertime officially ends tonight. Follow Dezeen on Pinterest | See more clock-related design on ...

This week, Sagrada Família reached a milestone and Nike launched Back to the Future shoes

This week on Dezeen: Antoni Gaudi's Sagrada Família basilica entered the final stage of construction this week 90 years after the architect's death, while Nike celebrated Back to the Future day with the release of its eagerly anticipated self-lacing shoes. (more…)

Daniele Cristiano’s Calibro sideboard references an old ammunition box

Italian designer Daniele Cristiano has created a multipurpose storage unit that is shaped to look like a vintage ammunition chest. (more…)

MOS Architects creates modular house made entirely from corridors

Chicago Architecture Biennial 2015: New York-based studio MOS Architects has created an installation that explores the possibility of building homes using only corridor and hallway-like spaces (+ slideshow). (more…)

Floris Schoonderbeek’s Groundfridge chills food without electricity

Dutch Design Week 2015: this globe-shaped fridge by Dutch designer Floris Schoonderbeek is intended to be buried underground, keeping food cool without using electricity. (more…)

US job of the week: designer at Atelier de Troupe

Our US job of the week on Dezeen Jobs is for a designer at Los Angeles studio Atelier de Troupe, which designed 18 new suites for the boutique hotel L'Hôtel du Ministère (pictured). Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Snøhetta’s new building for SFMOMA nears completion

San Francisco Museum of Modern Art has released the first images of Snøhetta's near-complete extension building showing its striated facade and atrium. (more…)

Staab Architekten chosen to extend Berlin’s Bauhaus-Archiv with “almost frail” design

Berlin architect Volker Staab has won a competition to extend the Bauhaus archive and museum in the German capital, designed by founder Walter Gropius in the 1960s. (more…)

“Robotic construction and 3D printing are the future” says Wolf D Prix

Combining robotic fabrication with 3D printing offers "amazing" opportunities for architecture and could help solve the global refugee crisis, according to Coop Himmelb(l)au founder Wolf D Prix (+ interview). (more…)

The Dezeen Jobs guide to getting your first job in the design industry

How can young designers break into the industry? In the first of a new series of careers-advice columns from Dezeen's recruitment platform Dezeen Jobs, Rob Bye offers some tips. (more…)

Bird heads and leaping golfers adorn Jason Page’s alternative golfing suits

Dutch Design Week 2015: golf outfits have received a graphic makeover from Design Academy Eindhoven graduate Jason Page, whose collection of alternative attire is designed to make the sport more accessible. (mor...

Rick Owens opens first Los Angeles store in 1920s ribbon factory

Fashion designer Rick Owens has opened his first store in Los Angeles on North La Brea avenue – installing architectural elements influenced by a legendary filmmaker within a former industrial space (+ slideshow). (more…)

Assemble’s Granby Workshop social enterprise in Liverpool will sell locally produced homeware

Turner Prize-nominated architecture collective Assemble has launched a Liverpool-based workshop selling homeware made in collaboration with local artists and craftspeople (+ slideshow). (more…)

Job of the week: project architects at DSDHA

Our job of the week on Dezeen Jobs is for architects at DSDHA, whose projects include a house designed to camouflage with its surroundings. Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Gaudi’s Sagrada Família enters final stage of construction

The Sagrada Família basilica has entered its final stage of construction, over 100 years since its foundation stone was laid and 90 years after its designer Spanish architect Antoni Gaudi died. (more…)

Plataforma Arquitectura

Viviendas para la Villa Olímpica, edificios UG4-P2 y UG4-P3 / Martín Szydlowski + Edgardo Barone + Mariana Baulán

El proyecto obtuvo el 1º Premio en el Tercer Concurso Nacional de Anteproyectos Viviendas para la Villa Olímpica en el año 2014. Las viviendas tuvieron como primer destino alojar a los participantes de los Juegos Olímpicos de la Juventud del 2018, realizados en la Ciudad de Buenos Aires, para luego ser otorgadas vía créditos hipotecarios a los futuros propietarios. Ubicados en el ´Barrio Olímpico´ en Villa Soldati, al sur de la Ciudad de Buenos Aires, estos edificios hacen foco en la propuesta y resolución de espacios comunes en altura, denominados "espacios de encuentro", pintados con los colores de los anillos olímpicos. Intentan generar lugares amigables y de perspectivas continuas, donde los usos diversos cargan de vida al conjunto, y constituyen una oportunidad para brindar una oferta de ventilación y calidad ambiental generosa tanto para sí, como para todo el conjunto.

Trail House / Gluckman Mayner Architects

Para el Resort Enchantment ubicado en Sedona, Arizona, se ha diseñado una adición que contempla una instalación pensada en los ciclistas de montaña, excursionistas y amantes de la naturaleza. El complejo de 105 hectáreas está ubicado en Boynton Canyon, un cañón ubicado en el Bosque Nacional Coconino, que proporciona un impresionante campamento base para aventuras al aire libre.

Para responder a la belleza natural del sitio, Gluckman Tang Architects trabajó con el resort para crear un centro de actividades que sirve como punto de reunión para los huéspedes del resort que estén interesados ​​en caminar por los senderos, andar en bicicleta de montaña o sumergirse en las vistas de rocas rojas que son exclusivas de Sedona.

La Torre Cápsula Nakagin en Tokio podría ser demolida

Uno de los ejemplos icónicos de la Arquitectura Metabolista podría estar encaminada a la demolición. Se trata de la Torre Cápsula Nakagin de Kisho Kurokawa, ya que según informó Japan Forward, la asociación responsable de su gestión vendió el edificio a principios de este año. La demolición de la Torre ha sido intensamente especulada en los últimos años debido al precario estado de la estructura y la incompatibilidad con los estándares sísmicos actuales.

Tienda Acne Studios Estocolmo / ARQUITECTURA-G

Este antiguo banco sufrió un atraco en el que se tomaron rehenes, dando lugar al término síndrome de Estocolmo. Después del cierre del banco, varias intervenciones agregaron una serie de capas a lo largo de los años, enmascarando la arquitectura neoclásica original.

Torre Taipei / Akihisa Hirata

Los habitantes de Taiwán han ideado varias áreas intermedias que permiten adaptar la vida cotidiana al clima cálido y húmedo característico de la zona. Esta torre es una casa colectiva de 12 pisos situada en una zona comercial de la ciudad de Taipei. El edificio permite explotar hábilmente los lugares situados en la extensión de la carretera a lo largo de la ciudad.

La oficina del tiempo / Reutov Design

La oficina del tiempo es un proyecto de reconstrucción de una pequeña oficina creativa en un edificio del siglo XIX. Este espacio fue una antigua fábrica zarista para la producción de armas. Después de la revolución y la Segunda Guerra Mundial bajo la URSS, se ubicó aquí un complejo científico y técnico, que luego fue completamente abandonado para después convertirse en un antiguo centro de oficinas.

Never Never Cube / Studio Ardete

Ubicado en el área industrial de sec 82 Mohali, este proyecto es un edificio comercial que tiene como enfoque principal ser alquilado para oficinas o centros de exhibición en el ámbito corporativo. Fue un trabajo exigente convertir estas dos parcelas orientadas al sureste en algo que deje vibraciones felices a todos a su alrededor y, además, ser una posición que inspire los proyectos en estado prenatal a ser de un estatuto similar, trayendo así clase y animar a las cajas, de otro modo mundanas, grises, insípidas.

MUSEO FRANCISCO SOBRINO / Pablo Moreno Mansilla

El objeto de la actuación es la adecuación de las antiguas naves del Matadero Municipal y la construcción de espacios adyacentes que permitan la transformación del conjunto en un espacio museístico cuyo protagonista principal es el escultor cinético Francisco Sobrino.

La arquitectura china desde los ojos de los ingenieros estructurales

Por definición, "estructura" es un término muy amplio y ampliamente utilizado en diferentes disciplinas. En arquitectura, por su parte, el término "estructura" puede utilizarse tanto para referirse a una obra construida como para describir el conjunto de elementos portantes que componen un edificio, encargados de distribuir y transmitir sus cargas al suelo.

Edificio Morrison / BBOA – Balparda Brunel Oficina de Arquitectura

El encargo de este Proyecto tiene lugar en Fisherton, un Barrio residencial suburbano hacia el oeste de la ciudad de Rosario, Argentina; cuyo origen data de finales del 1800, como consecuencia del desarrollo de las Infraestructuras del Ferrocarril Central Argentina, que vincularían la ciudad hacia el oeste del país. Inicialmente concebido como sector de quintas y chacras donde habitaría el personal jerárquico de las compañías a cargo de los FFCC; en su mayoría provenientes de Inglaterra, dando lugar a la aparición de construcciones de marcada tendencia estilística acorde a la Arquitectura Inglesa del siglo XIX; grandes casonas de ladrillo a la vista, perímetro libre, cubiertas inclinadas, conformadas por varios ‘cuerpos’, situadas dentro de grandes porciones de tierra con prominentes jardines y arboledas tupidas.

Parque infantil MacroLotto Zero Prato / Ufficio Planificazione degli Spazi Pubblici del Comune di Prato

El parque infantil MacroLotto Zero Prato es una de las principales intervenciones de reutilización en el proyecto más amplio de regeneración urbana "P.I.U. Prato", que involucra el área Macrolotto Zero, un tejido industrial urbano altamente explotado con fines residenciales y productivos, sin espacios ni servicios públicos.

Casa planta / büro für bauform

El edificio muestra cómo nos imaginamos a la gente viviendo en el futuro. El jardín de la azotea aumenta la biodiversidad de las ciudades, mejora la calidad del aire y refresca el edificio mediante la sombra y la vaporización del agua. Además, los residentes comparten el jardín para cultivar verduras y frutas cerca de sus casas. La idea de comunidad es la piedra angular de este proyecto. La imagen del edificio se basa en su aspecto histórico, que fue demolido durante los bombardeos de la Segunda Guerra Mundial. Inacabado, crudo y abierto, el volumen arquitectónico es una representación de sus propios restos

Casa Tonallán / Amarillo Amate Arquitectura

Casa Tonallán es una síntesis entre la tradicional casa de campo mexicana y la vivienda moderna; se desarrolla a partir de una construcción pre-existente, integrándose con un nuevo programa concebido a partir de la dinámica familiar. 

Casa Bonanza / Mário Martins Atelier

Esta casa de esquina es el resultado de la rehabilitación de un antiguo pajar, cuyos techos altos han permitido dividir el edificio en tres pisos con bastante apertura, espacios vacíos y libre comunicación vertical.

Casa Fitzroy / Mitsuori Architects

Esta renovación y ampliación de una estrecha casa con una sola fachada fue el comienzo de la mudanza poco convencional de una familia de los suburbios al centro de la ciudad de Fitzroy. Nuestros clientes buscaban crear un hogar urbano vanguardista pero confortable para ellos y sus dos hijos mayores.

Open House Madrid 2021 rinde homenaje a Luis Gutiérrez Soto, referente de la arquitectura moderna en España

Durante la próxima edición del Open House Madrid, que tendrá lugar del 24 al 26 de septiembre, se rendirá homenaje al arquitecto español Luis Gutiérrez Soto, un referente y promotor del movimiento moderno en España.

Casa Galicia / LOI Arquitectura

Nos encontramos en un barrio de viviendas unifamiliares de baja densidad que permiten destacar la verticalidad del arbolado urbano de la ciudad. El terreno está unificado en forma de "L", donde el lado más corto presenta una vivienda y el lado más largo un área de servicios propio de la vivienda, cada lado del lote responde a calles y condiciones diferentes. El terreno se enfrenta al Norte, contiene una construcción de quincho – lavadero - garage de ladrillos visto y presenta un naranjo y una gran palmera. El punto de quiebre de unión de los dos terrenos se lo considera como espacio común y de esparcimiento. Tomamos la parte más larga del Terreno, este sector se desprende de la otra parte por una subdivisión que le dan los Padres a su hija. Quedando así un terreno de 10.00mts de frente x 19.00mts de largo.

Un museo de plástico, hecho de plástico, que será completamente reciclado

El plástico es un material increíble. El gran problema es cómo lo usamos y cómo lo desechamos en la naturaleza. Con esta idea en mente fue creado el Museo del Plástico, para mostrar el papel vital que juega el plástico en nuestras vidas, así como las posibilidades que ofrece su reutilización y reciclaje. Inaugurado en Madrid el 8 de Mayo, el museo no solo contiene piezas de plástico, sino que está construido íntegramente con este material. A través de los elementos presentados en su interior –objetos imprescindibles para el cuidado de la salud, la comunicación, la construcción, la alimentación y la movilidad sostenible–, el visitante podrá conocer todo lo que nos aporta el plástico cuando se utiliza correctamente.

Taquería Los Alexis / RA! + Modesto Romero

La Roma Norte es una colonia de la Ciudad de México llena de historia y movimiento, conocida por su oferta cultural, gastronómica y arquitectura, En la calle de Chiapas se ubica el local de tacos “Los Alexis” un espacio que rinde tributo al comercio informal que se apropia del espacio reinterpretando un “changarro” de tacos callejero dentro de un local comercial, con un menú simple de 2 tacos, los Taurinos y los de Asada.

La representación de la arquitectura en los antiguos manuscritos persas

El antiguo territorio persa, actualmente ocupado por Irán, atravesó un período de gran crecimiento y expansión durante los siglos XIV y XVI, principalmente bajo el dominio de las dinastías Timurid y Safavid. Durante estos dos siglos de soberanía y prosperidad, se han construido cientos de miles de mezquitas y palacios —edificios simbólicos y religiosos que han atraído a más y más creyentes y han establecido nuevos destinos de peregrinación en el país. Sin embargo, entre las innumerables estructuras icónicas construidas hasta finales del siglo XVI en Irán, no muchas han sobrevivido hasta nuestros días. En este contexto, los pocos manuscritos antiguos conservados son una rica fuente de información que nos ayuda a comprender la complejidad y la inmensidad de la arquitectura persa.

designboom

jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian

moved by the music of the traditional chinese string instrument ruan-xian, jeff dayu shi has formed a set of bamboo presented at beijing design week 2015. The post jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian appeared first ...

neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch

when touched, the packages will timidly glow right where the contact was generated, thanks to a thermochromic paint coating that makes it sensitive to heat. The post neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch appe...

gwwo constructs dupont environmental education center

a four-story timber structure located on a protected marshland unites the natural and urban worlds, providing an educative program for the community. The post gwwo constructs dupont environmental education center appeared first on designboom | archite...

custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched


the ‘big bad wolf’ track monster was created with no cutting or welding to XJR1300 frame and everything except the tank, handlebar, and rear light was custom made.

The post custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched appeared first on designboom | architecture & design magazine.

magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms

esparto grass rugs, woven by the women of murcia, traditionally assume circular or rectangular forms, magma and dhiama modify this tradition for a new look. The post magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms appeared first on desig...

schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop

created for the design workshop of studio renova ring, a steel and timber combined table and stool set has been developed. The post schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop appeared first on designboom | architecture...

ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink


the company’s advanced thermal technology cools and heats food and beverages while maintaining precise temperatures for hours.

The post ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink appeared first on designboom | architecture & design magazine.

MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam

the furniture showroom uses internal courtyards, skylights, with an emphasis on eco-friendly techniques to give visitors a comfortable experience. The post MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam appeared fi...

anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport


located in a grove of trees, the three-sided, partially-covered structure provides protected parking for a single car, with two additional uncovered spots for guests.

The post anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport appeared first on designboom | architecture & design magazine.

frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum


the display focuses on the bold ideas that are the driving force behind gehry’s creativity, tying together their background and process with his unwavering conviction.

The post frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum appeared first on designboom | architecture & design magazine.

galway hotel paris concept by architect taras kashko

located in the city's historic district, the conceptual lodge features 25 guest and grand guest rooms, with a lounge/bar, and shops at the ground floor level. The post galway hotel paris concept by architect taras kashko appeared first on designboom |...

philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience


shadow, light and and sound intercept and surround architectural elements, immersing visitors in an environment where spacial dimensions seem to participate in an orchestrated score.

The post philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience appeared first on designboom | architecture & design magazine.

d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam


the design aimed to turn the space into one that could look and feel nicer than at home while the challenge was found when illuminating the dark space that only had a few big windows in the front façade.

The post d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam appeared first on designboom | architecture & design magazine.

stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano


this updated version has a shallower depth than its predecessor, responding to the fact that television screens today are much thinner compared to those of the past.

The post stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano appeared first on designboom | architecture & design magazine.

model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you


the new ‘no.3’ twin tube single arc cantilever frame features elegant double curved down tubes that increases lateral stiffness for speed while absorbing road shock for comfort.

The post model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you appeared first on designboom | architecture & design magazine.

jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york


just steps from the city's elegant fifth avenue, construction work has finally begun on the much-anticipated skyscraper.

The post jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york appeared first on designboom | architecture & design magazine.

morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square


in zocalo square, the heartland and most significant public space in mexico city, morag myerscough and luke morgan have realized a landmark installation that encourages visitors and passersby to consider their surrounds.

The post morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square appeared first on designboom | architecture & design magazine.

miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut

comprising 1.200sqm, the design of this penthouse was primarily driven by the desire to create airy spaces that would unite comfort with a minimalist feel. The post miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut appeare...

bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality


conceived as aesthetically pleasing sex toys and displayed during dutch design week, the designer hopes the unusual and intricate pair of objects will break the barriers between art and objects of lust.

The post bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality appeared first on designboom | architecture & design magazine.

renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car


the idea of simplicity, visible and aesthetically assumed structure, geometric elegance and light guided the designers in the creation of the ‘coupé c’ concept car.

The post renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car appeared first on designboom | architecture & design magazine.

architecturephoto.net

杉戸洋・中村竜治・Nerhol・ミヤギフトシ・宮永愛子・目[mé]によるアート展「第八次椿会 ツバキカイ 8 このあたらしい世界」が資生堂ギャラリーで開催

杉戸洋・中村竜治・Nerhol・ミヤギフトシ・宮永愛子・目[mé]によるアート展「第八次椿会 ツバキ […]

最も注目を集めたトピックス [期間:2021/5/10-5/16]

アーキテクチャーフォトで、先週(期間:2021/5/10-5/16)注目を集めたトピックスをまとめて […]

妹島和世が、ヴェネチアビエンナーレ国際建築展2021の審査委員長を務めることが発表。審査員5名のうち4名を女性建築家らが担う

妹島和世が、ヴェネチアビエンナーレ国際建築展2021の審査委員長を務めることが発表されました。 その […]

【ap job更新】 株式会社 堀池瞬建築事務所が、意匠設計スタッフを募集中

株式会社 堀池瞬建築事務所の、意匠設計スタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページ […]

スタジオ・アン・ホルトロップによる、バーレーンの、芸術作品の倉庫兼アーカイブ「35 Green Corner Building」の写真と図面。敷地内の土でコンクリートブロックを成形し構造体に使用

スタジオ・アン・ホルトロップによる、バーレーンの、芸術作品の倉庫兼アーカイブ「35 Green Co […]

【ap job更新】 飯田善彦建築工房が、設計スタッフ(経験者・新卒既卒)とアルバイト(模型製作・ライブラリーカフェ運営)を募集中

飯田善彦建築工房の、設計スタッフ(経験者・新卒既卒)とアルバイト(模型製作・ライブラリーカフェ運営) […]

奥和田健建築設計事務所による、兵庫・川西市の住宅「さかのさんのいえ」

奥和田健建築設計事務所が設計した、兵庫・川西市の住宅「さかのさんのいえ」です。 兵庫県東部の私鉄の駅 […]

アーティストのエルネスト・ネトへのインタビュー動画。ブラジル出身で布を用いたインスタレーション作品で世界的に知られる

アーティストのエルネスト・ネトへのインタビュー動画です。ブラジル出身で布を用いたインスタレーション作 […]

bews / ビルディング・エンバイロメント・ワークショップ+東鉄工業による、東京・八王子市の「ヤマデン本社屋工場 1期工事」

bews / ビルディング・エンバイロメント・ワークショップ+東鉄工業 建築本部が設計した、東京・八 […]

青木淳と品川雅俊のASと昭和設計が進めている「松本平広域公園陸上競技場」の基本設計案を市民向けに解説している動画

青木淳と品川雅俊のASと昭和設計が進めている、長野の「松本平広域公園陸上競技場」の基本設計案を市民向 […]

MVRDVの設計で着工した、中国・深センの「Shenzhen Terraces」。テラスを積層し立体的公園にように計画され劇場・図書館・大学等20以上のプログラムを内包する建築

MVRDVの設計で着工した、中国・深センの「Shenzhen Terraces」です。テラスを積層し […]

中村創 / DAN設計室のデザイン監修、オカケンの設計施工による、神奈川・大和市の、建売住宅「南林間のふたつの家」

中村創 / DAN設計室のデザイン監修、オカケンの設計施工による、神奈川・大和市の、建売住宅「南林間 […]

坂牛卓+O.F.D.A.による、山梨・甲府市の「地域総合子ども家庭支援センター・テラ 第一期工事」

坂牛卓+O.F.D.A.が設計した、山梨・甲府市の「地域総合子ども家庭支援センター・テラ 第一期工事 […]

ザハ・ハディド・アーキテクツの上海での大規模回顧展をプレビュー。代表作・進行中のプロジェクト・プロダクト作品を140枚以上の豊富な写真で振り返る

ザハ・ハディド・アーキテクツが中国・上海で行う大規模回顧展「ZHA Close Up – Work […]

【ap job更新】 原研哉が主宰する「日本デザインセンター原デザイン研究所」が、サインデザイン領域に経験のあるデザイナーを募集中

原研哉が主宰する「日本デザインセンター原デザイン研究所」の、サインデザイン領域に経験のあるデザイナー […]

大堀伸 / ジェネラルデザインによる、東京・神宮前の店舗「NEIGHBORHOOD HARAJUKU」

大堀伸 / ジェネラルデザインが設計した、東京・神宮前の店舗「NEIGHBORHOOD HARAJU […]

中村創 / DAN設計室による、神奈川の、既存戸建て住宅の改修「秦野の家」

中村創 / DAN設計室による、神奈川の、既存戸建て住宅の改修「秦野の家」です。 ご夫婦、子供、犬で […]

MADの設計で2023年末の完成を予定する、中国の「嘉興市民センター」。都市の新たな公共空間となる中庭と都市の風景や歴史を参照した有機的な外観が特徴

MADの設計で2023年末の完成を予定する、中国の「嘉興市民センター」です。都市の新たな公共空間とな […]

【ap job更新】 前田茂樹が主宰する「ジオ-グラフィック・デザイン・ラボ」が、シニアスタッフを募集中

前田茂樹が主宰する「ジオ-グラフィック・デザイン・ラボ」の、シニアスタッフ募集のお知らせです。詳しく […]

アルヴァ・アアルトが1936年に完成させた自邸の、日本語解説付オンラインツアー動画が、期間限定で公開中

アルヴァ・アアルトが1936年に完成させた自邸の、日本語解説付オンラインツアー動画が、期間限定で公開 […]

建築系検索エンジンKenKen!

<オンライントークイベント>『魅せる』-光環境の進化を考える- 奥田紫乃氏×中山英之氏×岡安泉氏

「見えの好ましさ」を研究されておられる同志社女子大学 教授:奥田紫乃さん、建築家:中山英之さん、照明デザイナー:岡安泉さんをお迎えし、オンライントークイベントを開催しま...

【オンラインイベント】2拠点生活の実践者に聞く!「脱・都心」のライフデザイン

テレワークで注目された通勤時間からの開放、そして住む場所の自由。郊外居住や多拠点生活を選ぶ人も増えているというけれど、暮らしや住まい、働き方はどう変わるのか?「脱・都心...

SDGs×建築×環境  第3回 サステナブル建築デザインとSDGs

[JIA 関東甲信越支部 環境委員会 SDGs 企画]

サーキュラーエコノミー × 建築

ヨーロッパの取り組みから日本の建築のサーキュラーエコノミーを考えるーサーキュラーエコノミー研究家の安居昭博さんをゲストにお招きし、最新動向をうかがい、日本における建築の...

<オンラインセミナー>『60分でわかる、光の基礎知識』

昨年度、約3,000名に受講いただいた、照明基礎セミナーを今年度も開催。開催日時:2021年4月22日(木) 18:00~19:00

ARTPLAZA U_40 建築家展 2021 出展建築家募集のお知らせ

今年で12回目となる「ARTPLAZA U_40 建築家展 」磯崎新氏が設計した大分のアートプラザ(旧大分県立大分図書館)を会場として行われる建築展です。今年は全国から40歳未満の建築家を募集し、...

オリガミ・アーキテクチャー 一枚の紙から世界の近現代建築を折る

建築家の故・茶谷正洋が1981年に始めた新しい建築の表現、折り紙建築。往復はがき大からA2を二つ折りしたサイズで展開する折り紙建築は、見る人にその繊細さと同時に、建築の写しの手...

建築家・建築史家の藤森照信氏をゲストに迎え、「住宅の未来を考える」Vol.2

建築家・建築史家の藤森照信氏をゲストに迎え、モダンリビング創刊70周年記念オンラインイベント「住宅の未来を考える」Vol.2

「建物公開2021 艶めくアール・デコの色彩」展

東京都庭園美術館では、2021年4月24日(土)~6月13日(日)の会期で「艶めくアール・デコの色彩」展を開催いたします。本展は、年に一度の建物公開展です。

建築スタジオトーク vol.02 コンテナ町屋 CONCON もやし町屋 トークセッション

新たに建築士試験に合格された方(35歳以下)を対象に、京都を拠点に活動されている建築家

アトリエ設計事務所のオンライン企業説明会【建築学生・若手向け】

アトリエ設計事務所によるオンライン企業説明会を開催します(参加無料)。アトリエ設計事務所の代表者から、具体的な業務内容や採用情報に加え、仕事の“やりがい”や、“おもしろ...

伊東建築塾「自分の興味をカタチにする」作品展示会

10代向けのクリエイティヴスクール「GAKU」(渋谷PARCO9階)にて、伊東建築塾による中高生の作品展示会&トークイベントを開催

一般社団法人 建築環境設計支援協会 2020年度冬期講座(オンライン)のご案内

一般社団法人 建築環境設計支援協会(SABED)では、年2回講座を開講しています。2020年度冬期は、建築 CFD、屋内環境を主な対象とした照明(昼光照明)シミュレーション、BIM(Building Inform...

アート・アーカイヴ資料展XXI 槇文彦と慶應義塾 Ⅰ:反響するモダニズム

本展では三田キャンパスと日吉キャンパスを軸に、慶應義塾と槇文彦の関係性を結節点として彼の建築を取り上げる。長い伝統をもつ三田キャンパスや、それとは全く異なる歴史を辿った...

わたしらしい住まいづくり 第30回記念セミナー「3.11&コロナ後の建築」上野千鶴子氏

東京大学入学式祝辞で日本中をざわつかせ、多くの人の心を突き動かした社会学者・上野千鶴子氏。上野氏に建築を熱く語っていただきます。わたしらしい住まいづくりだから聞ける上野...

「保坂猛」オンライン建築家講演会「LOVE HOUSE から LOVE2 HOUSE へ」

建築家の保坂猛さんのオンライン講演会を開催いたします。保坂氏は大学院在学中より建築設計SPEED STUDIOを同級生と設立。現在は保坂猛建築都市設計事務所を設立し、様々な設計に取り組...

建築家セミナー2021 建築家 豊田啓介 『建築情報学から広がる未来』

今回の建築家セミナーの講師は、建築にデザインとデジタル技術を掛け合わせた『コンピューテーショナルデザイン』を提唱する建築家の豊田啓介氏。第一部として豊田氏のご講演、第二...

パビリオン・トウキョウ2020

藤森照信、妹島和世、藤本壮介、平田晃久、石上純也、藤原徹平、会田誠 他

建築設計 2.0.1-設計者とユーザーの関わり方-

本イベントは、芝浦工業大学 建築研究会1年生と4年生が『バーチャルSNS cluster』で設計者とユーザーの設計段階における新たな関わり方を模索します。 イベント参加者は、私たちの研究内...

東京のワクワクする未来を考える 都市計画家 饗庭伸×コミュニティデザイナー 山崎亮

第5回目は、饗庭さんがコミュニティデザイナーの山崎亮さんをゲストに招き対談します。山崎さんはコミュニティデザイナーとして、地域の人が地域の課題を自分たちで解決するために...

建設通信新聞

公告一般入札・阪神高速道路

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【阪神高速道路】 〈簡易…

入札結果・京都市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市】 (2月28日)▽京都市醍醐…

連載・住民の感性を考慮した長寿命化修繕計画(8)

【国際建設技術協会国際建設技術研究所 研究第三部主任研究員(ニュージェック)保田 敬一/飽きのこない…

研修計画は197コース/国土交通大学校

 国土交通大学校は、2017年度の研修計画を策定した。「国民の安全・安心の確保」「生産性向上による成…

入札結果・近畿整備局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近畿整備局】 (2月21日)▽京都御…

建設論評・成長戦略を競う時だ

 大手ゼネコンを始めとする建設業界の業績が好調だ。2017年度の第3四半期決算では、四半期決算を開示…

入札結果・近江八幡市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近江八幡市】 (2月28日)▽近江八…

話題縦横・JAPIC研究会が提言/“日本を元気にする”複数プロジェクト

【地方創生の起爆剤として注目】 日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、宗岡正二会長)の国土・未来プ…

入札結果・東近江市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【東近江市】 (2月27日)▽市立能登…

催し物・第3回なら景観フォーラム

 ◇奈良県主催「第3回なら景観フォーラム」 11日午後1時30分から午後4時まで、奈良市の奈良県文化…

本日、一部地域で新聞が届かないため、電子版を公開いたします

17年度予算・木津川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 京都府木津川市の2017年度予算案は、一般会計が前年度…

17年度予算・寝屋川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 大阪府寝屋川市の2017年度予算案は一般会計が前年度比…

入札結果・京都市上下水道局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市上下水道局】 (2月23日)▽…

コンペ&プロポーザルDigest

【◆発注者【件名・設計範囲】委託方法=末尾は本紙掲載日】◎募 集◆大阪府【守口警察署新築工事基本・実…

17年度予算・伊丹市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。伊丹市   骨格で2.2%減 兵庫県伊丹市の2017年度…

三方よしのインフラメンテ/JFMAら/福島で3月7日にシンポ

 日本ファシリティマネジメント協会 (JFMA、山田匡通会長)とインフラメンテナンス国民会議は7日、…

JIA日本建築大賞・優秀建築賞・新人賞・25年賞・環境建築賞

 日本建築家協会(JIA)は、25日に開いた優秀建築選公開審査でJIA建築大賞のほか、新人賞、環境建…

二川幸夫写真集『天上の庭』/3月4日からGAギャラリーで展示

 建築写真家であり出版人としても建築の表現を追求した二川幸夫が遺した最後の写真集『天上の庭』(エーデ…

公告一般入札・西日本高速道路新名神京都事務所

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【西日本高速道路新名神京…

AKICHIATLAS

ARCASIA 学生デザインコンペ 2021

ARCASIA主催の学生アイディアコンペ。今年のテーマは"PUBLIC SPACES IN 15-MINUTE LIFE CIRCLE"

ARCASIA学生論文募集 2021

ACAE(ARCASIA建築教育委員会)による学生論文募集 "TOY":Thesis of the Year 2021

25年以上に渡って美しく生き続けている建築物を表彰

25年以上に渡って美しく生き続けている建築物を表彰

イギリスの建築雑誌が主催する住宅建築アワード。5年以内の作品が対象、登録料高め。

イギリスの建築雑誌が主催する住宅建築アワード。5年以内の作品が対象、登録料高め。

モダニズム建築の保存・再生プロジェクトを表彰するアワードで、10年以内の作品が対象

モダニズム建築の保存・再生プロジェクトを表彰するアワードで、10年以内の作品が対象

ARCHITECTURAL RECORD誌が主催するインテリアアワード。過去1年以内に完成した、インテリアのプロジェクトが対象。

ARCHITECTURAL RECORD誌が主催するインテリアアワード。過去1年以内に完成した、インテリアのプロジェクトが対象。

INTERNATIONAL STUDENT TALL BUILDING DESIGN COMPETITION 2021

現代社会における高層建築の価値を、都市・環境・社会などの相対視によって再定義するアイディアコンペ。

第31回 2020年度 北陸建築文化賞

北陸・信越地方の建築文化の発展に顕著な貢献が認められる業績または建築作品を表彰する。

古民家移築プロポーザル

古民家移築プロポーザル

住関連分野における研究発展のため、若手研究者・実務家の育成及び支援を目的に、将来の「住生活の向上」に役立つ優れた博士論文を表彰。

住関連分野における研究発展のため、若手研究者・実務家の育成及び支援を目的に、将来の「住生活の向上」に役立つ優れた博士論文を表彰。

都市構想策定のプロポーザル

都市構想策定のプロポーザル

(仮称)緑の森公園保育所設計プロポーザル

保育所の設計プロポーザル

Under 35 Architects exhibition 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会 2021 出展者募集

若手建築家による建築展への出展者募集

2020年度 関西まちづくり賞

都市計画・まちづくり分野における地域独自の取り組みや次の時代につながる新しい試みなどを募集。

第24回 木材活用コンクール

木の良さを活かした作品を広く募集。優れた作品を審査、顕彰することを通じて、木材の新しい用途の普及や木材利用の拡大に貢献し、豊かな暮らしや社会の実現に寄与することを目的とする。

第1回 JIA東北建築大賞 2020

景観、環境に根ざした優れた建築の設計者らを顕彰

近年、アトリエ型に比して世に認められるチャンスが少ない組織型設計体の特に若手設計者によって設計された、創造的で、かつ機能的、技術的にも卓越した建築作品と、その設計者を表彰する。光鯱会(名古屋工業大学建築学科同窓会)が、創設100周年にあたり、鈴木禎次の名を冠する本賞を、記念事業として創設した。

近年、アトリエ型に比して世に認められるチャンスが少ない組織型設計体の特に若手設計者によって設計された、創造的で、かつ機能的、技術的にも卓越した建築作品と、その設計者を表彰する。光鯱会(名古屋工業大学建築学科同窓会)が、創設100周年にあたり、鈴木禎次の名を冠する本賞を、記念事業として創設した。

SDレビューは、実際に「建てる」という厳しい現実の中で、設計者がひとつの明確なコンセプトを導き出す思考の過程を、ドローイングと模型によって示そうというもの。実現見込みのないイメージやアイデアではなく、実現作を募集する。

SDレビューは、実際に「建てる」という厳しい現実の中で、設計者がひとつの明確なコンセプトを導き出す思考の過程を、ドローイングと模型によって示そうというもの。実現見込みのないイメージやアイデアではなく、実現作を募集する。

適切な維持保全を実施したり、優れた改修を実施した既存の建築物を表彰。良好な建築ストックの形成に寄与することを目的として実施されるアワードプログラム。

適切な維持保全を実施したり、優れた改修を実施した既存の建築物を表彰。良好な建築ストックの形成に寄与することを目的として実施されるアワードプログラム。

九州地方のローカリティに基づき建築分野の文化向上に貢献した作品を顕彰する。住宅部門と一般建築物部門の2つの部門がある。

九州地方のローカリティに基づき建築分野の文化向上に貢献した作品を顕彰する。住宅部門と一般建築物部門の2つの部門がある。

10+1

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫刻という幸いについて」が開催されます。 - 彫刻家・青木野枝は、大気や水蒸気をモティーフに、万物がうつろいゆくなかの生命の尊さをあらわしてきました。その彫刻は、鉄や石膏という固く重い素材を用いながら、周囲の空気をまとって、とても軽やかに見えます。 作品のほとんどが展示場所に合わせて作られ、展示が終

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画として、2月15日に磯崎新氏と浅田彰氏による対談が行われます。 日時 2020年2月15日(土)14:00- 会場 国立国際美術館 B1階 講堂 (大阪府大阪市北区中之島4-2-55) 参加費 無料、定員130名、要事前申込 申込方法の詳細はウェブサイトをご確認ください ウェブサイト イ

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しかし、「公=みんなのもの・場所」としてとらえてみると、「公」とは、一人ひとりの「私」が重なり合い、立ち上がっていくものとして考えることができます。「公」と「私」をどのように認識するかによって、まちでの生活や個人のふるまいを妨げたり、逆に広げたりすることにもつながるのではないでしょうか。 今回のディス

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どのような出来事の変遷を経て、形成されてきたのでしょうか。それをなぞろうと、私ではない他者の記憶や記録というフィルター越しに風景を眺めなおしたとき、「いま」の捉えかたはどのように変容するのでしょうか。 今回のディスカッションでは、記録の少ない敗戦直後の東京の姿を探るため、米軍やアメリカ人個人によって

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してきました。  本展は、演出家・アーティストである高山明(Port B)の企画によって、どこでも再現可能な形態でつくられた都市のインフラ/構成要素を「模型」として捉え、現在の東京のリアルな姿を浮かび上がらせる試みです。高山明の演劇的手法によって、展示空間は日々生成変化する場となり、東京という都市に接

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。[ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水)19:00 - 21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョ

ソトノバ・アワード2019公開最終審査会(千代田・2/8)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 2019年12月-2020年1月にかけて、募集をした、ソトノバ・アワード2019。2017年、2018年に引き続き、3回目の開催です。日本全国から10のプロジェクトの応募がありました。二次審査でもある、公開最終審査会には、10のプロジェクトが選出されました。そこで、公開最終審査会を開催します。応募者のプレゼンと審査を傍聴できるほか、一般投票賞が当日参加者の投票により決まります。 [ウェブサイ

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開催します。 藤森氏は建築史家としての活動を経て1991年45歳で建築家デビュー。以降28年にわたり、どこか壊かしさを感じる藤森流の建築を数多く発表しています。 本セミナーでは近作解説のほか、素材の調達方法、建築を移動可能に仕上げる「木造モノコック」などにも触れながら、藤森氏の設計スタイルについてお

展覧会「Daisuke Motogi / DDAA LAB Exhibition "FRUITS BOWL"」(渋谷区・2/4-2/16)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築家・元木大輔が代表をつとめるDDAAによる展覧会&quot;FRUITS BOWL&quot;を開催します。同名のZINEの販売のほか、会期中の2月8日にはフルーツサワーを出すイベントも。ぜひ足をお運びください。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月4日(火)- 2月16日(日) 開館時間 12:00 - 20:00 会場 ユトレヒト (東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマ

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

<p><img src="https://www.10plus1.jp/information/assets_c/2020/02/symposium_200307-thumb-400xauto-2359.jpg" /></p> 日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのような変容をもたらすのか、テクノロジーは建築デザインをどこに導こうとするのかをテーマにシンポジウムを企画する。 かつて近代建築を語る際、「機能的なものは美しい」という命題が繰り返された。戦後日本において、幾人かの建築家はテクノロジーの進歩を素直に建築に表現すれば自ずと近代建築になり、今は見た目が無骨で

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水) 19:00-21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ

202003 リサーチとデザイン ──ネットワークの海で建築(家)の主体性と政治性を問う |青井哲人|連勇太朗|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_am_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2364.jpg" /></p> 観察と実践をめぐる中動態的モデル:コーンとサンドウィッチ 青井哲人──編集部から投げかけられたテーマは「リサーチとデザインの関係をめぐって」というものです。関連する近年の話題として、貝島桃代さんがキュレーターを務めた2018年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の日本館展示「建築の民族誌(Architectural Ethnography)」がありました。デザインを直接に扱ってはいませんが、当然

202003 いまこそ「トランスディシプリナリティ」の実践としてのメディアを ──経験知、生活知の統合をめざして |南後由和|貝島桃代|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_nk_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2361.jpg" /></p> 都市や空間の枠組みからの解放と創造 編集──本日はよろしくお願いします。今日は南後さん、貝島さんの近年のご関心、お仕事から、世界的なさまざまな建築・都市メディアの展開、そして今号で更新が最後となる「10+1 website」の20年間、そしてこれからのメディアのあり方、議論の方法など、多岐にわたるお話を伺いたいと思っています。南後さんがサバティカルから一時帰国された際に、進行中のとても興味深い研

202003 独立した美術・批評の場を創出するために |五十嵐太郎|鷲田めるろ|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_iw_thumb-thumb-400xauto-2362.jpg" /></p> ビルバオの衝撃から芸術祭まで 編集──五十嵐太郎さんと鷲田めるろさんには、雑誌時代から「10+1」において美術や建築をめぐるさまざまな議論を展開していただきました。最終号の本対談では美術と建築のあり方を総括していただき、今後の展望についてお話を伺いたいと思います。まずは「10+1」が活動してきた26年の間における美術、建築の動向についてお聞かせください。 鷲田めるろ氏 鷲田めるろ──よろし

建築の概念の拡張 |石上純也|田根剛|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_it_thumb-thumb-400xauto-2374.jpg" /></p> ───本対談は、2018年4月、「石上純也──Freeing Architecture」展(カルティエ現代美術財団)の開催およびそのカタログである『自由な建築』(LIXIL出版)の発行を機に、非公開で行われました。それからおよそ2年を経て、両氏ともに注目すべき活動を展開され続けていますが、ここで語られていることは、両氏の活動の軌跡を捉えるためだけでなく、現代の建築を考える上でも確かな意義があるもの

建築の概念の拡張 |石上純也|田根剛|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_it_thumb-thumb-400xauto-2374.jpg" /></p> ───本対談は、2018年4月、「石上純也──Freeing Architecture」展(カルティエ現代美術財団)の開催およびそのカタログである『自由な建築』(LIXIL出版)の発行を機に、非公開で行われました。それからおよそ2年を経て、両氏ともに注目すべき活動を展開され続けていますが、ここで語られていることは、両氏の活動の軌跡を捉えるためだけでなく、現代の建築を考える上でも確かな意義があるもの

202003 リサーチとデザイン ──ネットワークの海で建築(家)の主体性と政治性を問う |青井哲人|連勇太朗|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_am_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2364.jpg" /></p> 観察と実践をめぐる中動態的モデル:コーンとサンドウィッチ 青井哲人──編集部から投げかけられたテーマは「リサーチとデザインの関係をめぐって」というものです。関連する近年の話題として、貝島桃代さんがキュレーターを務めた2018年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の日本館展示「建築の民族誌(Architectural Ethnography)」がありました。デザインを直接に扱ってはいませんが、当然

202003 いまこそ「トランスディシプリナリティ」の実践としてのメディアを ──経験知、生活知の統合をめざして |南後由和|貝島桃代|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_nk_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2361.jpg" /></p> 都市や空間の枠組みからの解放と創造 編集──本日はよろしくお願いします。今日は南後さん、貝島さんの近年のご関心、お仕事から、世界的なさまざまな建築・都市メディアの展開、そして今号で更新が最後となる「10+1 website」の20年間、そしてこれからのメディアのあり方、議論の方法など、多岐にわたるお話を伺いたいと思っています。南後さんがサバティカルから一時帰国された際に、進行中のとても興味深い研

202003 独立した美術・批評の場を創出するために |五十嵐太郎|鷲田めるろ|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_iw_thumb-thumb-400xauto-2362.jpg" /></p> ビルバオの衝撃から芸術祭まで 編集──五十嵐太郎さんと鷲田めるろさんには、雑誌時代から「10+1」のなかで美術や建築をめぐるさまざまな議論を展開していただきました。最終号の本特集では美術と建築のあり方を総括していただき、今後の展望についてお話を伺いたいと思います。まずは「10+1」が活動してきた26年の間における美術、建築の動向についてお聞かせください。 鷲田めるろ氏 鷲田めるろ──よろし

第12回:大変動の時代の建築 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 変化の時代に何ができるか 私たちの社会はいま、巨大な変化のうねりのなかにある。その変化は地球規模の気候変動にも、あるいは同じくグローバルな社会変動にも現れている。この圧倒的スケールの変化のなかで、私たち一人ひとりに何ができるのか? 建築にいったい何ができるのか? ときに無力感に苛まれながらも、さまざまな分野のなかで多様な人々が日々奮闘している時代に、私たちは生きている。 筆者自身も、この変化