Architecture
News

ケンプラッツ

決定版!グリーンインフラ(日経コンストラクションの本)

新ビジネスで市場拡大へ。第一線の識者50人以上が国内外の最新事例を解説します!

土はなぜ崩れるのかセット(日経コンストラクションの本)

Q&A形式で学ぶ「土はなぜ崩れるのか」をセットにしました!

これからできる大規模オフィスビル調査データ2019(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2018年に完成または2019年以降に完成予定の都内126の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産テック 巨大産業の破壊者たち(日経不動産マーケット情報の本)

不動産会社化するグーグル、アマゾン、ソフトバンク―。巨大IT企業の目には何が映っているのか?

エコハウス時代の換気トラブルを徹底取材(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 今後増すと見込まれる換気設備の重要性とリスクを踏まえ、日経ホームビルダー7月号の特集では、近年発生したトラブルの事例を徹底取材。その内容を7つに分類しました。

冷凍よりも「調理して高く売れ」、転換期の保存(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

5月24日号の特集「稼げる保存」は、文化財の「活用」を訴え続けているデービッド・アトキンソン氏のインタビューから始まります。同氏は、日本のこれまでの建築保存を「冷凍保存」と...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2018(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

都内128の大規模ビルプロジェクトの詳細データを収録!<日経不動産マーケット情報(編)/ 本体24,000円+税、読者特価:本体10,000円+税 / 発行日:2018年5月31日>

平均年収は680万円に回復するも…5年ぶり労働実態調査どう読む?(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 2018年5月10日号の特集は「労働実態調査2018 脱・長時間労働」です。一級建築士365人のアンケート回答を得て、年収や労働時間、やりがいなどを分析しました。同様の調査を10年前の2008年...

現場ロボット普及前夜、建設会社が手を結べば…(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 古くは「桃太郎」、ベテラン世代は「七人の侍」、現役世代は「ドラゴンボール」……。こういうタイプのストーリー展開を「戦士集結型物語」と名付けるとすると、今号の特集「真の...

家ブログを侮ってはいけない(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 住宅を建設する際に、インターネット上のブログへ工事や打ち合わせの内容を細かく記録する“家ブロガー”が増えています。手間をいとわずにそうした取り組みに注力する建て主は、...

創刊42年、「座して待つ」からの脱却(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 新築需要だけではこの先食っていけない──。今や建築実務者の多くが感じている危機感でしょう。しかし、それ以外に一体どうやって稼げばいいのか──。そのヒントを探るのが4月12...

注目の話題は「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月26日~4月1日のアクセスランキング1位は、2017年が「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」、2016年が「引き戸が人気、省エネ先進国ドイツの窓の最新トレンド」、2015年が「パッシブデ...

注目の話題は「ユニクロの新オフィス公開」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月19日~3月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「ユニクロの新オフィス公開、物流倉庫の最上階」、2016年が「24時間換気があるのに換気不足」、2015年が「『さすが免震と思ったの...

注目の話題は「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月12日~3月18日のアクセスランキング1位は、2017年が「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」、2016年が「ぎふメディアコスモスの屋根に水たまり」、2015年が「またか、東洋ゴム工業が免震材...

中高層建築は木材をこう使う(木材活用 最前線)

東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの2...

激甚化する水害(日経コンストラクションの本)

激甚化する水害や土砂災害について、豊富な写真と資料を交えてメカニズムや社会に与える影響を解説。<気候変動による水害研究会(著)/ 価格:本体2,000円+税 / 発行日:2018年3月27日>

注目の話題は「『働き方改革』を先導する本社移転」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 2月26日~3月4日のアクセスランキング1位は、2017年が「『働き方改革』を先導する本社移転」、2016年が「地震被害で有罪判決、構造設計者の反論」、2015年が「谷口吉郎がホテルオークラ...

木造のコツは「燃え抜けない」設計(木材活用 最前線)

中大規模木造には、新しい木質材料や技術工法が次々と登場しており、また法制度の整備も進んでいる。中大規模建築の木造化・木質化について防火の観点から、桜設計集団代表の安井昇...

2017年4月号 「意匠と雨仕舞いは両立せず?」 後編(事例で分かる雨漏り修理のツボ)

 築5年の鉄骨造の店舗併用住宅で、大量の雨漏りが発生。2階の外壁は意匠性塗装仕上げ、1階は磁器質タイル。見栄えのする外観だが、外装材に十分な防水性能が備わっていなかった。前...

注目の話題は「タマホーム新事業、4000万円の家の実力は?」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 2月19日~2月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「タマホーム新事業、4000万円の家の実力は?」、2016年が「不明瞭な『新国立』B案の落選理由」、2015年が「官公庁のただ働かせ体質...

ArchDaily

City of the Future Shares Thoughts on Retail and Vibrant Streets

City of the Future is a bi-weekly podcast from Sidewalk Labs that explores ideas and innovations that will transform cities.

House in Itu / Grupo SP

A special program: a weekend residence for a family in an extensive area, set to become the main home in the medium term, defines the concept adopted for this project. The house is organized by a longitudinal circulation block that defines its settling on the plot: a 3 meters wide by 45 meters long concrete structure working as a beam. This volume, closed to the street and open to the site, houses the service areas and a gently sloped ramp, linking spaces at the mid-levels that accommodate the house to the ground slope.

OMA / Iyad Alsaka and Reinier De Graaf Uncover Conceptual Design for their First Project in Kuwait

Led by Iyad Alsaka, Reinier de Graaf, Jad Semaan, and Adrianne Fisher, OMA’s proposal was selected as the winning entry for a residential project on Kuwait City’s waterfront. In collaboration with local partner Kuwait-based consultant Pace, The Wafra tower will be OMA's first venture in the country upon its completion.

TAB 2019: Curator Yael Reisner on her Lifelong Fight for Beauty

Opened in the middle of September, Tallinn Architecture Biennale 2019 (TAB 2019) explores its theme "Beauty Matters" through all possible architectural means. Wood and textiles, 3D-printed structures and VR are only a few components of the main exhibition of the biennial, curated by Tel Aviv-born, London-based architect Yael Reisner.

Twin House / Javier Corvalán + Laboratorio de Arquitectura

The house is immersed in the Yucatan coast in a 7 meters front seaview. With the intention of respecting the ground where it is located, the house is built with a cartesian structure of concrete columns and ceilings that in the distance purposely appear a great lightness, and under it roof creates a great atmosphere that brings refuge and favors coexistence.

Camellia Hill Café Picnic / studio fragment

Picnic on the Camellia Hill
Camellia Hill is a large natural park on Jeju Island. People can think that Camellia is just a fairly common plant in Jeju. However, it is a warm creature that protects us from the stiff sea breeze of Jeju with its signature thick, bountiful leaves. Camellia is common in Jeju Island, but its warm properties are unique. As unique as it is, it is a place where everyone who visits Camelia Hill can receive a handful of warm hearts. It is also the starting point for conveying such feelings.

House in Ashiya / Kazunori Fujimoto Architect & Associates

The site is located at the foot of Mt. Rokko, blessed with the green scenery of the mountain. The traffic on the frontal road, which is also a sightseeing route, is a little heavy, and the next house blocks the view. The house would be better where each person can have a sense of distance and relationship with each other. Also, it would be better the relationship between the inside-outside space is the same as the relationship between the family.

Da Wang Jing Mixed-use Development / Andrew Bromberg at Aedas

Standing dominantly at the second largest CBD in Beijing, the Da Wang Jing Mixed-use Development designed by Andrew Bromberg at Aedas, is a dynamic commercial gateway at junction of the arterial expressway from the airport to central Beijing and the North 5th Ring Road, where it can be seen from distance like a shining urban oasis. The design juxtaposes the staid image of Grade A offices and corporate headquarters together with an amicable spatial experience to all users, making a vivid interpretation on Andrew Bromberg’s concept of "co-existence of people and nature".

Songjeong Picture Book Village Public Facilities / studio MANI

Songjeong Picture book Village is a project to design a plaza, a bus stop and a visitor center in Songjeong Village, a small town in South Korea. It was the beginning of winter when we first visited the village with officials. Although the site was dilapidated with the bare trees and damaged bus stop, the simple houses of 30 families and the old trees made it possible to imagine the beautiful scenery of springtime. 

JJ House / Ivan Priatman Architecture

JJ House is a house for a family of four in Surabaya, Indonesia. The house is characterized by a series of parallel primary walls that become the primary organizing element of the house. Towards the front of the house, the walls separate the garage and service areas, the house entrance, and the bedrooms. The entrance space defined by two primary walls, continues to a straight corridor leading to the main living-dining area towards the back of the house, becoming the spine of the house with bedrooms flanking one side and service areas flanking the other side.

Cotacachi House / Arquitectura X

A couple from the Caribbean seek retreat amid the northern Andes in a small town, two hours north of Quito, an orchard site in a valley 2470 meters above sea level, between the Imbabura and Cotacachi mountains, to the east and west respectively. The couple needs a design proposal in 4 days before going home, or they will sell the site: we have to design a house without knowing the site and after meeting the couple for two hours.

Light of Internet World Internet Conference Center / Archi-Union + Fab-Union

Along a winding path, we walk off the road to a picturesque traditional water town, Wuzhen. Jiangnan, the regions south of the Yangtze River, remains unchanged as the traditional water town, would better be the stage of the lifestyle, rather than the memories of the past water regions.

Beyond Bauhaus RIBA Exhibition / Pezo von Ellrichshausen

Instead of a literal translation of the Bauhaus aesthetic, we propose an architectonic experience that evokes both its original ethos and its current deviations. Our exhibition explores a severe sense of order, a kind of rational objectivity, together with a rather oblique presentation of the archival material. Beyond Bauhaus, in our view, can be understood as a form of ubiquitous transparency: a precisely regulated yet universal space that promotes a degree of mystery, curiosity and an endless variety of informal human encounters.

Abreu Advogados Offices / OPENBOOK Architecture

The challenge for this design consisted in transforming a pre-existing warehouse into the headquarters of a law firm with 350 employees. The main objective was to maintain the volumetric logic of the existing building, while renovating it into a modern office.

RF Apartment / SuperLimão Studio

An apartment with 160 m² from the 50's in Paulista Avenue, in São Paulo (Brazil) with a lot of history and customers willing to expose all the marks of time. SuperLimão's project in the Artacho Jurado's classic Saint Honoré building, won as residents a couple linked to art, architecture and photography and wanted an apartment to receive friends for dinners and get togethers.

M01 House / MINIMO

Victor and Raquel needed their new house to become a large and flexible home with light and fluid space as protagonists. In the integral refurbishment of this house, located in a neighbourhood of Madrid, two strategies have been combined to generate a fluid and flexible space: the creation of a central service core and the separation of the house into two areas, a public and a private one.

Functional Exploration Centre / TRANSFORM

Overlooked by a series of large-scale structures of Jussieu, the new Centre for Functional Exploration takes place in one of the last free spaces of the main campus of the Faculty of Sciences and Engineering of Sorbonne University. The project is born from two wills: on the one hand, to optimize the flow of the different functional circuits in order to create an efficient machine, on the other hand to insert in a heterogeneous set of buildings a silent form which does not aim to stand out, but rather to blend in.

Wooden Boards: Differences Between MDF, MDP, Plywood, and OSB

For some years now, wood has received an increasing amount of attention in the construction industry. With concerns raised about sustainability and the carbon footprint of buildings, new construction methods and innovative possibilities in the use of timber have developed rapidly. This interest in wood stems in part from its renewability, though this benefit is contingent on sustainable logging and the appropriate management of forests to be allowed to regenerate naturally. However, it is the versatility of wood that serves as the primary impetus for its widespread use. From boards, to beams, to floors, and even to thermal and acoustic tiles and insulators, wood can be used in several different stages of a single project and with different degrees of processing and finishing.

10 Innovative Outdoor Benches Shaping Public Spaces

In order to create vibrant public spaces, people need to have a constant presence in these locations, whether they are on their own or in groups. In fact, they need to linger in these places and establish social interactions. To do so, one major element has to be incorporated in the urban setting: the bench.

House BRAS / DDM Architectuur

Living in a landscape
House BRAS is located on a lush green site abutting a pond in the middle of an old allotment in the suburbs of Antwerp. The house is designed to blend into its surrounding natural landscape. The meandering plan allows daylight to penetrate during all seasons and at any time of the day while achieving unobstructed views of the garden.

Dezeen

West Stow Lodge by Project Orange features a traditional exterior and a pared-back interior

Oak joinery, white-painted bricks, and concrete flooring were used to make the interior of this new house in Suffolk, England, more contemporary than its traditional pitched-roof exterior (+ slideshow). (more…)

Interactive online documentary Refugee Republic awarded twice at Dutch Design Awards 2015

Dutch Design Week 2015: agency Submarine Channel won two prizes at this year's Dutch Design Awards with its web narrative that presents life and experiences in a refugee camp. (more…)

Lukstudio suspends metal wires to look like drying noodles at Chinese restaurant

Shanghai-based Lukstudio has reinterpreted a traditional Chinese food drying rack with a metal grid structure and hanging wires for a noodle bar in Changsha (+ slideshow). (more…)

Ben Jones’ Dot Net video uses animation to recreate Battles’ “technicolour sounds”

Music: director Ben Jones has collaborated with experimental rock band Battles on a riotous animation-heavy film that questions society's addiction to "screen time". (more…)

FCC Arquitectura and Paulo Lobo transform old Portuguese wine estate into a tourist attraction

A wine estate near the city of Lixa, Portugal, has been converted into a hotel for wine tourism, featuring rustic stone structures and contemporary buildings clad in pre-weathered steel or timber slats (+ slideshow). (more…)

Lose track of time on Dezeen’s new clocks Pinterest board

We've created a clocks Pinterest board full of unique time-keeping devices to remind UK readers to turn their clocks and watches back an hour as British Summertime officially ends tonight. Follow Dezeen on Pinterest | See more clock-related design on ...

This week, Sagrada Família reached a milestone and Nike launched Back to the Future shoes

This week on Dezeen: Antoni Gaudi's Sagrada Família basilica entered the final stage of construction this week 90 years after the architect's death, while Nike celebrated Back to the Future day with the release of its eagerly anticipated self-lacing shoes. (more…)

Daniele Cristiano’s Calibro sideboard references an old ammunition box

Italian designer Daniele Cristiano has created a multipurpose storage unit that is shaped to look like a vintage ammunition chest. (more…)

MOS Architects creates modular house made entirely from corridors

Chicago Architecture Biennial 2015: New York-based studio MOS Architects has created an installation that explores the possibility of building homes using only corridor and hallway-like spaces (+ slideshow). (more…)

Floris Schoonderbeek’s Groundfridge chills food without electricity

Dutch Design Week 2015: this globe-shaped fridge by Dutch designer Floris Schoonderbeek is intended to be buried underground, keeping food cool without using electricity. (more…)

US job of the week: designer at Atelier de Troupe

Our US job of the week on Dezeen Jobs is for a designer at Los Angeles studio Atelier de Troupe, which designed 18 new suites for the boutique hotel L'Hôtel du Ministère (pictured). Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Snøhetta’s new building for SFMOMA nears completion

San Francisco Museum of Modern Art has released the first images of Snøhetta's near-complete extension building showing its striated facade and atrium. (more…)

Staab Architekten chosen to extend Berlin’s Bauhaus-Archiv with “almost frail” design

Berlin architect Volker Staab has won a competition to extend the Bauhaus archive and museum in the German capital, designed by founder Walter Gropius in the 1960s. (more…)

“Robotic construction and 3D printing are the future” says Wolf D Prix

Combining robotic fabrication with 3D printing offers "amazing" opportunities for architecture and could help solve the global refugee crisis, according to Coop Himmelb(l)au founder Wolf D Prix (+ interview). (more…)

The Dezeen Jobs guide to getting your first job in the design industry

How can young designers break into the industry? In the first of a new series of careers-advice columns from Dezeen's recruitment platform Dezeen Jobs, Rob Bye offers some tips. (more…)

Bird heads and leaping golfers adorn Jason Page’s alternative golfing suits

Dutch Design Week 2015: golf outfits have received a graphic makeover from Design Academy Eindhoven graduate Jason Page, whose collection of alternative attire is designed to make the sport more accessible. (mor...

Rick Owens opens first Los Angeles store in 1920s ribbon factory

Fashion designer Rick Owens has opened his first store in Los Angeles on North La Brea avenue – installing architectural elements influenced by a legendary filmmaker within a former industrial space (+ slideshow). (more…)

Assemble’s Granby Workshop social enterprise in Liverpool will sell locally produced homeware

Turner Prize-nominated architecture collective Assemble has launched a Liverpool-based workshop selling homeware made in collaboration with local artists and craftspeople (+ slideshow). (more…)

Job of the week: project architects at DSDHA

Our job of the week on Dezeen Jobs is for architects at DSDHA, whose projects include a house designed to camouflage with its surroundings. Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Gaudi’s Sagrada Família enters final stage of construction

The Sagrada Família basilica has entered its final stage of construction, over 100 years since its foundation stone was laid and 90 years after its designer Spanish architect Antoni Gaudi died. (more…)

Plataforma Arquitectura

Casa de huéspedes Mugen Plus / ENDO SHOJIRO DESIGN + td-Atelier

Renovamos la Kyoto Machiya (casa tradicional de madera) construida hace unos 120 años en el área de Nishijin, Kyoto y la convertimos en una casa de huéspedes. Este hostal es operado por el cercano ryokan (alojamiento japonés) "Kyo-Hatago MUGEN".

Casa Rocafull / Paco Oria Estudio

Se trata de resucitar una vivienda entre medianeras con 100 años de antigüedad y en estado de abandono.

Cómo diseñar y construir un skatepark para reactivar el espacio público

El siguiente proyecto, un encargo desarrollado por el arquitecto Sebastian Castro Aedo junto con Bowlpark, propone 7 nuevas intervenciones y una serie de reparaciones en el Skatepark del Parque Araucano. El proyecto, aplicado a un parque público ubicado al oriente de la ciudad de Santiago en la comuna de Las Condes, muestra diversas maneras en las que es posible activar espacios específicos, posibilitando nuevas formas de utilizar los circuitos con una mayor fluidez.

El futuro del transporte: nuevas innovaciones para mejorar la movilidad

Entre los nuevos avances tecnológicos derivados de la automatización y el actual crecimiento de la población urbana, el tránsito de las ciudades se ha comenzando a reimaginar tanto en el campo de lo terrestre como en el de lo aéreo. Desde la progresiva transformación de los transportes públicos, buscando brindar servicios de movilidad más centrados en el usuario, hasta el replanteamiento de las condiciones reglamentarias y organizativas a nivel urbano, los avances tecnológicos se presentan hoy como una herramienta para ampliar las oportunidades del transporte en las ciudades de todo el mundo.

Casa En Cotacachi / Arquitectura X

Una pareja proveniente de una isla del Caribe busca descanso en Los Andes del norte de Ecuador, a dos horas de Quito, en un terreno campestre a 2470 metros sobre el nivel del mar, en el valle formado entre los volcanes Imbabura y Cotacachi ubicados al este y oeste respectivamente. La pareja necesita una propuesta de diseño en 4 días antes de volver a su hogar, o venderán el terreno: debemos diseñar una casa sin conocer el sitio y habiendo conocido a los clientes solo por 2 horas.

Exhibición RIBA Beyond Bauhaus / Pezo von Ellrichshausen

En vez de una traducción literal de las “estética Bauhaus”, proponemos un experiencia arquitectónica que evoca tanto sus valores originales como sus desviaciones actuales. Nuestro diseño explora un severo sentido de orden, una suerte de objetividad normativa, con una presentación más bien oblicua del material de archivo. Beyond Bauhaus, según lo vemos, se podría entender como una forma de transparencia ubicua: un espacio precisamente regulado y a la vez universal que promueve un cierto misterio, curiosidad y una variedad infinita de encuentros humanos (acaso tropiezos).

XXI Bienal de Arquitectura de Chile “adhiere al descontento social” y pausa todas sus actividades

Un imprevisto estallido social en Chile ha alcanzado su punto más álgido este fin de semana tras el anuncio de un Estado de Excepción Constitucional en regiones de todo Chile y las primeras jornadas de toque de queda en Santiago desde 1987. A raíz de la situación que vive el país sudamericano, la XXI Bienal de Arquitectura y Urbanismo de Chile ha decidido "pausar" todas las actividades del evento, según informó el equipo curatorial el pasado 19 de octubre.

Conoce todos los detalles sobra la instalación ‘Dicotomías del Poder’ por Dellekamp / Schleich

Como parte de las exhibiciones realizadas dentro del marco de la edición 2019 del Abierto Mexicano de Diseño, el despacho Dellekamp / Schleich presentó la instalación Dicotomías del Poder en el Museo Numismático Nacional de la Ciudad de México, la cual tendrá lugar del 9 de octubre al 17 de noviembre de martes a domingo de 10:00 a 16:00 horas.

Casa El Cielo / Ricardo de Castro

En las profundidades de las montañas colombianas de la Sierra Nevada, se esconde un proyecto residencial especial. Ubicado en la Vereda Bella Vista, vía a San Lorenzo. A una altura de 1890 m, se erige ésta casa de dos niveles, de uso residencial-vacacional que refleja la belleza de la tierra indígena ancestral con los lujos y la comodidad actual, caracterizada por su impetuosa vista y rodeada por el velo blanco de las nubes que generan la sensación de una casa flotando en El Cielo. El diseño fue concebido en la interacción de dos volúmenes desplazados horizontalmente, adaptándose a la topografía de la montaña y logrando una yuxtaposición entre el espacio interior y exterior. Su implantación en sentido Nor-este, permite la total apertura hacia el paisaje, el aprovechamiento de los vientos y una insolación moderada tanto en el día como en horas de la tarde.

XVII Bienal de Arquitectura de Buenos Aires presenta los proyectos ganadores del Premio Bienal BA

El pasado 18 de octubre, en el marco de la XVII edición de la Bienal Internacional de Arquitectura de Buenos Aires y dando cierre a un ciclo de conferencias magistrales, debates y exposiciones celebradas en la Usina del Arte de Buenos Aires, se anunciaron los ganadores del premio “Evolución Ladrillo”, de los premios CICA (Comité internacional de críticos de arquitectura), los premios Bienal BA por categorías y el Gran Premio Bienal, distinguiendo a un total de 28 estudios de arquitectura, instituciones y organizaciones por su labor en el campo de la arquitectura.

Casa Gemela / Laboratorio de Arquitectura

La casa se encuentra en un terreno frente al mar, inmerso en la costa yucateca con siete metros de frente. Con la intención de respetar el suelo donde se erige, la casa se desplanta en una estructura cartesiana de losas y columnas de concreto que en la lejanía pretenden aparentar una gran ligereza, nunca dominar en el paisaje. La forma esvelta y aerodinámica responde al sitio permitiendo que el flujo de los vientos no sea impedido, la materialidad de la casa le da un carácter que responde al uso vacacional y a la necesidad de resistir a la condición natural en la que se encuentra.

Casa de verano / Sweco Architects

Esta es una casa de verano que en todo momento privilegia la luz del sol, desde el desayuno en la terraza orientada al este hasta la cena en el espacio central al aire libre. La casa está cuidadosamente diseñada para abrir sus vistas a la naturaleza circundante mientras protege la privacidad de los propietarios. Tres volúmenes de la casa enmarcan la gran terraza que da a todas las habitaciones, uno es el edificio principal, otro la sección juvenil y por último la casa de huéspedes.

Yardhouse / Assemble

“Yardhouse” es un nuevo edificio con espacio de trabajo accesible basado en “Sugarhouse Yard”, diseñado y construido por Assemble. La investigación fue financiada conjuntamente por Assemble y la “London Legacy Development Corporation” (Corporación de Desarrollo del Legado en Londres).

El Hedonista / Nuno Pimenta + Frederico Martins

"El Hedonista" fue seleccionado para ser uno de los dormitorios del "Hotel ShabbyShabby", evento insertado en el Theather der Welt, en Mannheim - el festival de teatro más influyente en Alemania. 

Construcción sin humanos: cómo la evolución de la tecnología impacta en el diseño

La industria de la construcción ha evolucionado a lo largo del tiempo, pero siempre a través de los constructores. ¿Qué sucede cuando las personas ya no son parte del edificio y la construcción? Esta es la pregunta formulada por la empresa multinacional británica de infraestructura Balfour Beatty, y han publicado su respuesta en el 2050 Innovation Paper. El informe de la industria se ha convertido en un punto de referencia para quienes observan la evolución de los edificios y el diseño.

Anthro Salon / GRAY Arquitectura & Forma

El proyecto fue llevado a cabo a través de la remodelación y ampliación de una residencia, la cual se convirtió en un salón de belleza con varios servicios, dentro de los cuales destaca la Suite de Novias con un carácter contrastante respecto al salón. En planta baja se encuentran las áreas de estancia y las estaciones de corte, color y lavado.

Oficina Anpha / AD9 Architects

La Oficina Anpha se formó después de algunos grandes cambios con respecto a su función por parte del inversor. Al principio, nos encargaron crear una casa para 5 miembros de la familia, incluida una abuela, una pareja casada y sus dos hijos. Nos estamos acostumbrando más a los proyectos de vivienda de Saigón, sin embargo, esta construcción tiene una gran extensión, y queremos utilizar esa función para crear espacios que sean interactivos y conectados para los miembros de la familia. Reservamos una gran parte de la longitud del tragaluz, que es el espacio principal para conectar el resto de los espacios de la casa, las actividades, el equilibrio entre lo estático y no estático, el movimiento del aire, la luz y la naturaleza.

Spa del hotel Kempinski Grand Arena Bansko / M1K3 PROJECT

El proyecto presenta una renovación interior completa del centro de spa del hotel Kempinski Grand Arena Bansko, en Bulgaria.

Casa del arroyo / Tham & Videgård Arkitekter

El sitio está ubicado en la costa suroeste de Suecia en una antigua zona agrícola que se inclina suavemente hacia el mar. En medio de un vasto y abierto paisaje cultivado, esta parcela constituye una excepción, ya que hay plantaciones de muchos árboles diferentes y arbustos en flor, lo que otorga el carácter de un pequeño jardín botánico.

Centro de Visitantes del Castillo de Pombal / COMOCO

El castillo de la ciudad portuguesa de Pombal atestigua el poder del tiempo como el principal contribuyente para la transformación del entorno construido. La parte superior de una colina que domina el valle del río Arunca ha sido ocupada desde la época del imperio romano, y desde entonces ha cumplido múltiples roles y ha sido base de muchas prácticas sociales y espaciales. A partir de una pequeña comunidad de la provincia, que evolucionó de una estructura militar de vital importancia en una red territorial defensiva. Finalmente con el tiempo se convirtió en un destino turístico y un dispositivo de identificación para la región. Después de diseñar la reorganización de la colina del Castillo de Pombal, los Comoco Arquitectos se encargaron del diseño de un centro de visitantes para el pupilo del castillo, incluyendo el paisaje de la zona y la revitalización de los servicios ya instalados en la Torre de Menagem (torre del homenaje del castillo).

designboom

jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian

moved by the music of the traditional chinese string instrument ruan-xian, jeff dayu shi has formed a set of bamboo presented at beijing design week 2015. The post jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian appeared first ...

neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch

when touched, the packages will timidly glow right where the contact was generated, thanks to a thermochromic paint coating that makes it sensitive to heat. The post neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch appe...

gwwo constructs dupont environmental education center

a four-story timber structure located on a protected marshland unites the natural and urban worlds, providing an educative program for the community. The post gwwo constructs dupont environmental education center appeared first on designboom | archite...

custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched


the ‘big bad wolf’ track monster was created with no cutting or welding to XJR1300 frame and everything except the tank, handlebar, and rear light was custom made.

The post custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched appeared first on designboom | architecture & design magazine.

magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms

esparto grass rugs, woven by the women of murcia, traditionally assume circular or rectangular forms, magma and dhiama modify this tradition for a new look. The post magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms appeared first on desig...

schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop

created for the design workshop of studio renova ring, a steel and timber combined table and stool set has been developed. The post schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop appeared first on designboom | architecture...

ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink


the company’s advanced thermal technology cools and heats food and beverages while maintaining precise temperatures for hours.

The post ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink appeared first on designboom | architecture & design magazine.

MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam

the furniture showroom uses internal courtyards, skylights, with an emphasis on eco-friendly techniques to give visitors a comfortable experience. The post MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam appeared fi...

anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport


located in a grove of trees, the three-sided, partially-covered structure provides protected parking for a single car, with two additional uncovered spots for guests.

The post anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport appeared first on designboom | architecture & design magazine.

frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum


the display focuses on the bold ideas that are the driving force behind gehry’s creativity, tying together their background and process with his unwavering conviction.

The post frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum appeared first on designboom | architecture & design magazine.

galway hotel paris concept by architect taras kashko

located in the city's historic district, the conceptual lodge features 25 guest and grand guest rooms, with a lounge/bar, and shops at the ground floor level. The post galway hotel paris concept by architect taras kashko appeared first on designboom |...

philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience


shadow, light and and sound intercept and surround architectural elements, immersing visitors in an environment where spacial dimensions seem to participate in an orchestrated score.

The post philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience appeared first on designboom | architecture & design magazine.

d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam


the design aimed to turn the space into one that could look and feel nicer than at home while the challenge was found when illuminating the dark space that only had a few big windows in the front façade.

The post d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam appeared first on designboom | architecture & design magazine.

stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano


this updated version has a shallower depth than its predecessor, responding to the fact that television screens today are much thinner compared to those of the past.

The post stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano appeared first on designboom | architecture & design magazine.

model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you


the new ‘no.3’ twin tube single arc cantilever frame features elegant double curved down tubes that increases lateral stiffness for speed while absorbing road shock for comfort.

The post model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you appeared first on designboom | architecture & design magazine.

jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york


just steps from the city's elegant fifth avenue, construction work has finally begun on the much-anticipated skyscraper.

The post jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york appeared first on designboom | architecture & design magazine.

morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square


in zocalo square, the heartland and most significant public space in mexico city, morag myerscough and luke morgan have realized a landmark installation that encourages visitors and passersby to consider their surrounds.

The post morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square appeared first on designboom | architecture & design magazine.

miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut

comprising 1.200sqm, the design of this penthouse was primarily driven by the desire to create airy spaces that would unite comfort with a minimalist feel. The post miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut appeare...

bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality


conceived as aesthetically pleasing sex toys and displayed during dutch design week, the designer hopes the unusual and intricate pair of objects will break the barriers between art and objects of lust.

The post bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality appeared first on designboom | architecture & design magazine.

renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car


the idea of simplicity, visible and aesthetically assumed structure, geometric elegance and light guided the designers in the creation of the ‘coupé c’ concept car.

The post renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car appeared first on designboom | architecture & design magazine.

architecturephoto.net

隈研吾らが2014年に完成させた「東京大学大学院 情報学環 ダイワユビキタス学術研究館」のVR動画

隈研吾らが2014年に完成させた「東京大学大学院 情報学環 ダイワユビキタス学術研究館」のVR動画で […]

El Croquisでも特集されている、6A・アーキテクツのトム・エマーソンへのインタビュー「素材とディテール」(日本語)

El Croquisでも特集されている、6A・アーキテクツのトム・エマーソンへのインタビュー「素材と […]

内藤廣による、神戸・六甲山に建つ「住居No.40」内のギャラリーで、アート展「有馬晋平展」が開催。会期中には内藤も参加するトークも開催。

内藤廣による、神戸・六甲山に建つ「住居No.40」内のギャラリーで、アート展「有馬晋平展」が開催され […]

『新しい都市の姿「再考」 磯崎新氏インタビュー』(大分合同新聞)

『新しい都市の姿「再考」 磯崎新氏インタビュー』が、大分合同新聞に掲載されています - www.oi […]

クリスチャン・ケレツの設計で2009年に完成した、スイスのロイチェンバッハ学校を特集したドキュメンタリー動画「チューリヒの灯台」(日本語字幕付)

クリスチャン・ケレツの設計で2009年に完成した、スイスのロイチェンバッハ学校を特集したドキュメンタ […]

メキシコの女性建築家 タチアナ・ビルバオのインタビュー動画「Architecture and Nature」

メキシコの女性建築家 タチアナ・ビルバオのインタビュー動画「Architecture and Nat […]

高田博章建築設計による、東京・港区の「白金の保育園 / 見上げるもの見守るもの」

高田博章建築設計が設計した、東京・港区の「白金の保育園 / 見上げるもの見守るもの」です。 東京都で […]

京智健・伊藤立平・前田茂樹によるトークセッション「木造建築の新しいかたち」が大阪で開催

京智健・伊藤立平・前田茂樹によるトークセッション「木造建築の新しいかたち」が大阪で開催されます。開催 […]

ギャラリー間の2020年の展示ラインナップが公開。新たにSANAA展、アンサンブル・スタジオ展、中川エリカ展が開催。

ギャラリー間の2020年の展示ラインナップが公開されています - jp.toto.comギャラリー間 […]

T-Square Design Associatesによる、兵庫・芦屋市の住宅「風棲家」の動画

T-Square Design Associatesが設計した、兵庫・芦屋市の住宅「風棲家」の動画で […]

畝森泰行建築設計事務所による「東京の住宅」の動画

畝森泰行建築設計事務所が設計した「東京の住宅」の動画です。建築家のサイトには架構の写真が1枚掲載され […]

最も注目を集めたトピックス [期間:2019/10/14-10/20]

アーキテクチャーフォトで、先週(期間:2019/10/14-10/20)注目を集めたトピックスをまと […]

アトリエ・ワンの塚本由晴と貝島桃代が、丹下健三の「国立代々木競技場」と、隈研吾らの「新国立競技場」を案内している動画

アトリエ・ワンの塚本由晴と貝島桃代が、丹下健三の「国立代々木競技場」と、大成建設・梓設計・隈研吾建築 […]

田中亮平+許光範 / G ARCHITECTS STUDIOと山翠舎による、東京・大田区の「糀谷の和食屋さん」

田中亮平+許光範 / G ARCHITECTS STUDIOと山翠舎が設計した、東京・大田区の「糀谷 […]

南木隆助の空間設計・展示ディレクション・映像脚本による「とらや 和菓子の原理展」

南木隆助の空間設計・展示ディレクション・映像脚本による「とらや 和菓子の原理展」です。 東急プラザ銀 […]

安藤忠雄が手掛けた建築を自身で撮影した写真による展覧会「安藤忠雄 ― 光を求めて」が開催

安藤忠雄が手掛けた建築を自身で撮影した写真による展覧会「安藤忠雄 ― 光を求めて」が、GINZA S […]

NPO法人建築思考プラットホームが、倉俣史朗などの著名デザイナーの関係者にデザインアーカイブの実態を聞いたインタビュー

NPO法人建築思考プラットホームが、倉俣史朗などの著名デザイナーの関係者にデザインアーカイブの実態を […]

金山大+小泉宙生 / SWINGによる、大阪の、訪問看護ステーション「ポプラ」

金山大+小泉宙生 / SWINGが設計した、大阪の、訪問看護ステーション「ポプラ」です。 アルコール […]

倉俣史朗による椅子「How High the Moon」が復刻、展示会で公開

倉俣史朗による椅子「How High the Moon」が復刻、展示会で公開されます - www.f […]

チャールズ・ジェンクス氏が亡くなりました

チャールズ・ジェンクス氏が亡くなりました - www.theguardian.comチャールズ・ジェ […]

建築系検索エンジンKenKen!

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」〈ゲスト:猪熊純〉

RADの川勝真一さんをファシリテーターに、建築家の猪熊純さんをゲストにお迎えし、「シェアから広がるパブリック」をテーマにお話を伺います。プライベートとパブリックの二項対立を...

デザインで変える!元気になる病室デザインコーナー(HOSPEX Japan2019)

無機質なイメージが多い病室空間を、デザインで変える展示を開催します。患者さんが元気になる、看護師もモチベーションがあがるような病室をHOSPEX Japan展示会の主催者企画として展示...

「法政建築文化祭 2019」

「法政建築文化祭 2019」企画概要この度、法政大学建築同窓会有志は、大江宏賞創設 15 周年を記念して、在学生、若手卒業生を中心とした交流企画「法政建築文化祭 2019」を開催します。

Japan Home & Building Show 2019

「Japan Home & Building Show」は、建材やインテリア製品、構造材・部材、設備、サービスなど住宅から商業施設、まちづくりにおける建築に関する幅広い製品が出展する展示会です。

建築家 隈研吾氏トークイベント

“未来へ「TSUNAGU」暮らしとデザイン”をテーマに建築家 隈研吾氏のトークイベントを実施。特別対談ゲストに小山薫堂氏が登場。

ミナガワビレッジから学ぶ建築士によるストック活用の未来

ストックの時代を生き抜くために、私たち建築士はどのような知識を習得し、職域を発展させるべきか。東京建築士会ストック委員会ではこの問題について調査・検討を進め、それに基づ...

建築週間

JIA近畿支部 主催の関西建築家大賞そして関西建築家新人賞をアーカイブしつつ、これからの建築文化を考える試み。トークショーなどございます。

特別展「小出邸と堀口捨己-1920年代の創作活動、その造形と色彩-」

「小出邸」が東京都の有形文化財(建造物)として指定を受けたことを記念し、江戸東京たてもの園では、10月16日(水)から令和2年2月16日(日)まで、特別展「小出邸と堀口捨己−1920年...

第38回近畿建築祭奈良大会

今年の近畿建築祭は、第1部地域の魅力を引き出すことを目的とした活動事例を発表する『近畿あ一きてくとVol.27』を、第2部東京2020オリンピック競技大会公式映画監督に就任された河瀬直...

建築学科の学生がリアルな設計事務所を知るためのイベント「 第18回設計事務所カフェ」

設計事務所に就職をしたいけれど、設計事務所って実際はどんなところなのだろう?今、自分は何をすべきなのだろう?そんな疑問にお答えしつつ、お互いの交流と応援を目的とした集ま...

安藤忠雄−光を求めて

銀座 蔦屋書店(東京都中央区 GINZA SIX 6F )では、建築家・安藤忠雄のポートフォリオ最新作『ANDO BOX Ⅵ』の展覧会を銀座 蔦屋書店内の「GINZA ATRIUM」にて開催いたします。

「木造建築の新しいかたち」U-35 関連イベント

大阪市にて開催される「Under 35 Architects exhibition 2019」(U-35)関連イベントにて建築家の先生方によるトークイベントを開催致します。

〈武相荘の講座〉縄文の手ざわり 弥生の切れあじ 〜金属器、稲作、茅葺き〜

日本を代表する茅葺き職人のお二人、塩澤実さんと相良育弥さんの対談・講演会です。今回は「茅葺き」という視点から古代の暮らしを考える回です。

若手建築家によるトークセッションin東京「アトリエ設計事務所で働くとは?」

時代の変化にあわせて、アトリエ設計事務所の働き方も変化しています。建築業界の第一線で活躍する方々は、日々どんな働き方をして、何を想い設計に取り組んでいるのでしょうか。独...

明治学院歴史資料館 講演会  洋風建築の声を聴く―明治学院の歴史的建造物を学ぶ― ※要事前申込み

11月9日(土)、明治学院の歴史的建造物の魅力を学ぶ講演と見学会を行います。

辰野金吾没後100年特別展 「辰野金吾と日本銀行 ―日本近代建築のパイオニア―」

[磯崎新の謎]展

記念展覧会「HILLSIDE TERRACE 1969-2019 ―アーバンヴィレッジ代官山のすべて―」

第9回グリーン・スチール・セ ミナー(大阪地区)

地球温暖化防止、循環型社会の構築、自然との調和などに貢献する鋼材の優れた環境性能をご理解いただくため、建設に携わる方々を広く対象に「第9回グリーン・スチール・セミナー」...

第9回グリーン・スチール・セ ミナー(東京地区)

地球温暖化防止、循環型社会の構築、自然との調和などに貢献する鋼材の優れた環境性能をご理解いただくため、建設に携わる方々を広く対象に「第9回グリーン・スチール・セミナー」...

建設通信新聞

公告一般入札・阪神高速道路

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【阪神高速道路】 〈簡易…

入札結果・京都市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市】 (2月28日)▽京都市醍醐…

連載・住民の感性を考慮した長寿命化修繕計画(8)

【国際建設技術協会国際建設技術研究所 研究第三部主任研究員(ニュージェック)保田 敬一/飽きのこない…

研修計画は197コース/国土交通大学校

 国土交通大学校は、2017年度の研修計画を策定した。「国民の安全・安心の確保」「生産性向上による成…

入札結果・近畿整備局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近畿整備局】 (2月21日)▽京都御…

建設論評・成長戦略を競う時だ

 大手ゼネコンを始めとする建設業界の業績が好調だ。2017年度の第3四半期決算では、四半期決算を開示…

入札結果・近江八幡市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近江八幡市】 (2月28日)▽近江八…

話題縦横・JAPIC研究会が提言/“日本を元気にする”複数プロジェクト

【地方創生の起爆剤として注目】 日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、宗岡正二会長)の国土・未来プ…

入札結果・東近江市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【東近江市】 (2月27日)▽市立能登…

催し物・第3回なら景観フォーラム

 ◇奈良県主催「第3回なら景観フォーラム」 11日午後1時30分から午後4時まで、奈良市の奈良県文化…

本日、一部地域で新聞が届かないため、電子版を公開いたします

17年度予算・木津川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 京都府木津川市の2017年度予算案は、一般会計が前年度…

17年度予算・寝屋川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 大阪府寝屋川市の2017年度予算案は一般会計が前年度比…

入札結果・京都市上下水道局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市上下水道局】 (2月23日)▽…

コンペ&プロポーザルDigest

【◆発注者【件名・設計範囲】委託方法=末尾は本紙掲載日】◎募 集◆大阪府【守口警察署新築工事基本・実…

17年度予算・伊丹市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。伊丹市   骨格で2.2%減 兵庫県伊丹市の2017年度…

三方よしのインフラメンテ/JFMAら/福島で3月7日にシンポ

 日本ファシリティマネジメント協会 (JFMA、山田匡通会長)とインフラメンテナンス国民会議は7日、…

JIA日本建築大賞・優秀建築賞・新人賞・25年賞・環境建築賞

 日本建築家協会(JIA)は、25日に開いた優秀建築選公開審査でJIA建築大賞のほか、新人賞、環境建…

二川幸夫写真集『天上の庭』/3月4日からGAギャラリーで展示

 建築写真家であり出版人としても建築の表現を追求した二川幸夫が遺した最後の写真集『天上の庭』(エーデ…

公告一般入札・西日本高速道路新名神京都事務所

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【西日本高速道路新名神京…

AKICHIATLAS

「CRES」「arti」ブランド商品が納入されたインテリア空…

「CRES」「arti」ブランド商品が納入されたインテリア空間を対象としたアワード

イタリア文化協会による現代芸術賞

イタリア文化協会による現代芸術賞

地域の山の杉を活かす 家具・空間提案 学生コンテスト 2019

愛知県産の杉幅広板を使った家具のコンテスト

びぜんたてものリボーンコンペ 2019

空き家を活用した建物設計含む利活用事業アイデアを募集

西陣 路地の家具デザインコンペ

路地空間を豊かにするストリートファニチャーのアイディアを募集

Concurso Arquine No. 22 | Pabellón MEXTRÓPOLI 2020

メキシコで行われる建築都市フェスティバルの会場に、リサイクル・リユース可能なパヴィリオンを建設する。

第10回 アーバン・デザイン甲子園

近畿圏の大学・大学院におけるアーバン・デザインや都市計画・まちづくりの演習、実践、卒業設計等を集め、教員・学生が一同に会し、作品発表・意見交換・情報交流を行う。

The Restaurant & Bar Design Awards 2019

レストラン・バーのデザインを表彰する恒例アワード。2018年完成の作品が対象で、必ずデザイナーと経営者の連名で応募する。

昼光の研究と昼光を生かした作品を表彰するアワード。昨年は三分…

昼光の研究と昼光を生かした作品を表彰するアワード。昨年は三分一博志氏が受賞。

KRob 2019

建築のドローイングコンペ。手書きやデジタルなどの部門がある。

はまっこ郊外暮らしコンペ

横浜市内での魅力的な「郊外の暮らし方」を、既存の戸建て住宅地で実現するすまいづくり・ まちづくりのアイディアを広く募集

2019 LUMION YOUTH AWARD

3Dレンダリングソフト"LUMION"を使用した動画作品の募集

北陸・信越地方の建築文化の発展に顕著な貢献が認められる業績ま…

北陸・信越地方の建築文化の発展に顕著な貢献が認められる業績または建築作品を表彰する。

Timeabu Kindergarten Competition: Design & Construction

木の下に集まるガーナの子どもたちのために、保育園・幼稚園を設計するアイディアコンペ。建設は地元のボランティアや労働者を集めたワークショップ形式で行いたいとのこと。

FUTURE MONUMENTS

パリ最古の凱旋門サンドニ門の地に、2020年のモニュメントを提案するコンペ。

ファン・デ・ナゴヤ美術展 2021

芸術文化の新たな発信源となるような、斬新な美術展の企画を募集いたします。 ファイン・アート、デザイン、建築などジャンルは問いません。個展・グループ展を問わず、企画性の高いものを採択いたします。

第26回 ユニオン造形デザイン賞

公益財団法人 ユニオン造形文化財団が行う学生及び実務経験10年以内の社会人を対象としたアイディアコンペ。今年のテーマは「働きものの住宅」。

第2回 ウッドトランスフォームシステムコンペティション

木で作った日常品が災害時に人々の役に立つモノにトランスフォームする。そんなアイディアを募集。

遊具の設計プロポーザル

遊具の設計プロポーザル

(一財)日本鯨類研究所太地支所設計プロポーザル

研究所施設の設計プロポーザル

10+1

早稲田大学・吉村靖孝研究室《CROSS WAVE HUT》展示(新宿区・11/2-11/3)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/10/crosswavehut-thumb-400xauto-2341.jpg" /></p> 吉村靖孝研究室では、「半動産建築研究」と称し、モバイルハウスやコンテナ建築など土地への定着の度合いが弱い建築や、シェアハウス等の所有の感覚が薄い建築について研究しています。 その中でも、車輪が付いた動く家や軽トラックの荷台に載る小さな家などのモバイルハウスは、日本でも2010年頃から高い関心を集めています。これらは、人々のライフスタイルや所有の感覚の変化など社会的な状況を反映し、住宅の新しいあ

ARCH-ABLE PUBLIC OFFERING(中央区・11/11)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/10/public-offering-thumb-400xauto-2339.jpg" /></p> 建築家の生み出したデザインのデジタルデータをアーカイブし、CCライセンスのもとに公開しようとするサイトARCH-ABLEのデータサイトが今年の5月にローンチとなりました。 立ち上げ時にはスキーマ建築計画、ノイズ、早稲田大学吉村靖孝研究室、ドミノアーキテクツ、ノウサクジュンペイアーキテクツの皆さんから家具や治具、空間体験そのもの等様々なデータを提供頂き、ローンチイベントでは「誰に向けてデータを

201910 生環境構築史の見取り図 |松田法子|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2019/10/1910_matsuda_02-thumb-400xauto-2335.jpg" /></p> 生環境構築史 2019年2月に「生環境構築史」(中谷礼仁・松田法子・青井哲人)の構想を公開した★1。その後、学生を含めた生環境構築史勉強会もスタートした。この間に交わされてきた議論も踏まえて、生環境構築史の概要と進捗について述べてみたい。 生環境とは、ヒトが生きる環境の全般であり、構築史とは、ヒトがその環境を獲得し、何らかの空間として枠取ってきた歴史を指す。 生環境構築史の考えの基礎にあるのは

201910 建築の制作論的転回──多自然主義の展望〈後編〉 |能作文徳|川島範久|上妻世海|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2019/10/1910_nkk_21-thumb-400xauto-2334.jpg" /></p> 《西大井のあな》を歩く 編集──鼎談の前編では、各々の活動を紹介していただきながら近代、そしてポストモダン以降の建築のあり方について議論しました。後編では、まず能作さんに自邸、事務所、ゲストルームを兼ね備えた《西大井のあな》をご案内いただき、より具体的に建築の制作について議論できればと思います。 能作──再びよろしくお願いします。この建物はバブル期に建てられたおよそ築30年の住宅で、延床面積

201910 建築の制作論的転回──多自然主義の展望〈前編〉 |能作文徳|川島範久|上妻世海|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2019/10/1910_nkk_01-thumb-400xauto-2333.jpg" /></p> 過剰性=欠如に由来する人類の「制作」能力 編集──本日はよろしくお願いします。建築家の能作文徳さん、川島範久さんには「10+1 website」4月号で公開した座談「生環境の環を歩きながら『地球の声』に耳を澄ます」にご参加いただきました。産業革命以降、人間が地球活動から自立し、超高層の建設や宇宙開発を展開してきた歴史の延長で、建築は場所性や素材など「とりまくもの」との諸関係から自立した空間として

シンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」(兵庫・11/23)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/10/senryokino-thumb-400xauto-2332.jpg" /></p> 2019年11月23日(土・祝)にシンポジウム「占領期の都市空間を考える──記憶をいかに継承するか」を開催します。第二次世界大戦後からサンフランシスコ講和条約締結までの間、日本はGHQの占領下に置かれました。占領期と呼ばれるこの時期の都市の様子はどのようなものだったのでしょうか、市民生活にどのような影響を与えたのでしょうか。本シンポジウムでは、当時の様子を振り返るとともに、その記憶の継承のあ

講演会「『バウハウス』美学によるプロパガンダ──戦前における日本のグラフィックデザイン」(港区・10/25)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 10月25日まで東京ドイツ文化センターで開催中の「バウハウス オープン・エンド」展の関連企画として、講演会「『バウハウス』美学によるプロパガンダ──戦前における日本のグラフィックデザイン」が催されます。 - 1927-1933年の間にバウハウスで学んだ4人の日本人のうち、山脇巌(1898-1987)と妻の道子(1910-2000)は1930-1932年、バウハウスに留学した。もともとは建築が専門

JIAデザイントーク2019 第1回「共に考え、共につくるデザイン」原田祐馬(大阪・10/23)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/10/1023desigintalk-thumb-400xauto-2330.jpg" /></p> 日本建築家協会による「JIAデザイントーク」の第1回が、10月23日に大阪市で開催されます。「共に考え、共につくるデザイン」と題して、デザイナーでUMA / design farmの代表・原田祐馬氏がトークを行います。 会期 2019年10月23日(水) 18:30 - 20:30 会場 上町荘 (大阪府大阪市中央区上本町西4-1-68) 入場料 1,000円(学生は無料)

戦後空間シンポジウム 04「バブル・震災・オウム教─1990年代、戦後空間の廃墟から─」

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 主旨: 「戦後空間シンポジウム」第 4回目のシンポジウムは戦後空間の変質に目を向け、80年代後半から90年代を扱う。バブルは戦後空間を駆動させた高度経済資本の成長が、イメージゲームにまで展開した。震災は公共福祉を目的とし邁進してきた建築・都市の法的精神を温存させつつも、安全と従来の生活文化に矛盾を生じせしめ、その後の建築行政のあり方の方向性を決定した。オウム教は「ユートピア」を目指す組織が、その

「街はだれのもの?」上映会&トーク(豊島区・10/25-27)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/10/machi-thumb-400xauto-2331.jpg" /></p> ブラジル都市部にあふれるグラフィティ。それは多様なルーツ、カルチャーが混沌とするブラジルの街から生まれた社会に関わるためのひとつの手段だった。東京で活動するグラフィックデザイナーの編者が、サンパウロに滞在した半年間で体感した都市風景。そこには歪んだ社会に抗いながら、その混沌の波を巧みに乗りこなすグラフィテイロ(グラフィティアーティストのブラジルでの呼称)たちがいた。彼らが彩るその風景は、私たちが

建築・都市の制作論的転回──単一的主体のゆらぎと超克(仮)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 「10+1 website」5月号では、座談「生環境の環を歩きながら地球の声に耳を澄ます」を公開した。生環境とは、地球活動と社会構造の関係性を原理0-4の階梯で示した概念である。座談では、産業革命以降地球活動から自立し、人間にとって好都合な環境を構築した「原理3」を批判的にとらえ、地球環境との諸関係を再構築する「原理4」のあり方が議論された。このとき建築・都市とはどういうものか、例えば人類学やメタ

シンポジウム「建築がいる美術と写真 ー築土構木ー」(京都・10/20)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/09/a-project_191020-thumb-400xauto-2328.jpg" /></p> ミサワホームのAプロジェクトが主催するシンポジウムが10月20日に京都市下京区の徳正寺で行われます。 - 今回のシンポジウムは「建築がいる美術と写真」。サブタイトルに土木の語源の「築土構木」というキーワードを掲げ、自然災害が頻発する昨今、我々にとってどのように自然環境を見据え次の人間社会に建築をつなげられるかを語っていただこうという狙いです。 ゲストは美術家の岩崎貴宏さんと写真家の山岸剛さ

アントニー・ボダン「え」展(新宿区・10/10-11/3)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> フランス・ナントを拠点に活動する造形美術家アントニー・ボダンの展覧会が10月10日よりアンスティチュ・フランセ東京で開催されます。 - アントニー・ボダンは、(ほぼ)徹底して、抽象画、日常性、工業、プリミティフな身振りをつなぐ創作プロセスを採用する。大量生産された日用品を素材として選び、現実世界や日常生活に密接した抽象画を作る。アントニー・ボダンはそれらオブジェの空洞に侵入し、絵の具でそれを満

中山英之 , and then 仙台展(仙台・10/11-10-16)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/10/and_then_sendai-thumb-400xauto-2329.jpg" /></p> 東北工業大学建築学科では、2019年にギャラリー間で開催された、建築家中山英之による展覧会・上映会を、仙台の東北工業大学一番町ロビーにて、2019年10月11日(金)- 10月16日(水)の6日間開催いたします。
国内外で広く活躍する中山氏の作品を映像・模型等で紹介する展覧会の開催、また学生・高校生に向けた講演会・ワークショップを行います。 「これは、過去に建ち、建築家の知らない時間を過ごして

「磯崎新 觀海庵 縁起」(群馬・9/13-10/23)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 黒い色調で統一されたシャープなフォルムが特徴的なハラ ミュージアム アーク(1988年設立・2008年増築)その建築家 磯崎新による展覧会「觀海庵 縁起」を開催いたします。 日本を代表する建築家・磯崎新は、米寿を迎えた本年(2019年)、建築界のノーベル賞と目されるプリツカー賞を受賞し大きな話題となりました。磯崎にとって節目となるこの時期に、自ら設計を手掛けた国内にある3つの美術館(ハラ

トークイベント「Snøhetta SMALL TALK」(港区・10/15)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 世界的に注目されている北欧ノルウェー発祥の建築デザイン事務所「Snøhetta」は、ノルウェーのオスロをはじめ、ニューヨーク、インスブルック、サンフランシスコ、パリに事務所を持ち、いまや32か国240名の組織事務所です。その業務は、建築・ランドスケープ・インテリア・プロダクト・グラフィックと多岐に渡り、オスロ・オペラハウスからノルウェーのクローネ紙幣までデザインを手掛けています。今回は、Snø

[磯崎新の謎]展(大分・9/23-11-24)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/09/isozakiarata-no-nazo-thumb-400xauto-2326.jpg" /></p> 大分市が誇る建築家・磯崎新(1931~)は建築の枠を超え、思想、美術、デザインなど多岐に渡る分野でも活躍する世界的にも稀有な存在です。本展では、展示室を2つのテーマに分け、それぞれのテーマに一貫する磯崎の思考を紐解きます。一つは、東西文化を融合させた独自の空間を作り上げた過程を建築模型に加えて、多くが日本未公開のインスタレーションにより示し、その思想に迫ります。もう一方では、活動初期の60年

建築レクチュアシリーズ217 槇文彦(大阪・10/4)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/09/217_aaf_191004-thumb-400xauto-2327.jpg" /></p> 大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7回(2カ月に1度、午後7時から)開催する建築レクチュアシリーズ。建築家として作家的な思想をお聞きしながら、作品づくりの手法や建築へのアプローチなどを探ります。 日時 ■ゲストスピーカー:槇文彦 2019年10月4日(金)19:00 - 20:30(18:00開場) 会場 グランフロント大阪(ナ

「構造展─構造家のデザインと思考─」構造家 佐々木睦朗 特別講演会(品川区・10/5)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築倉庫ミュージアムで開催中の「構造展─構造家のデザインと思考─」(10月14日まで)の関連企画として、佐々木睦朗氏と難波和彦氏による特別講演会が開催されます 日時 2019年10月5日(土) 14:00 - 15:40(13:30受付開始) 会場 寺田倉庫TERRATORIA (東京都品川区東品川2-6-10 建築倉庫ミュージアム) 登壇者 佐々木睦朗(構造家) 対談相手 難波和彦

第5回「吉阪隆正賞」授賞式/記念シンポジウム(千代田区・11/18)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 第5回「吉阪隆正賞」を受賞した西沢立衛氏による記念シンポジウムが、11月18日にアテネ・フランセ文化センターで行われます。 日時 2019年11月18日(月) 18:00 - (開場17:30) 会場 アテネ・フランセ4階ホール (東京都千代田区神田駿河台2-11) 受賞者/登壇者 西沢立衛 プログラム ■授賞式(18:00 - 18:30) ■記念講演 講演者:西沢立衛(18:30