Architecture
News

ケンプラッツ

決定版!グリーンインフラ(日経コンストラクションの本)

新ビジネスで市場拡大へ。第一線の識者50人以上が国内外の最新事例を解説します!

土はなぜ崩れるのかセット(日経コンストラクションの本)

Q&A形式で学ぶ「土はなぜ崩れるのか」をセットにしました!

これからできる大規模オフィスビル調査データ2019(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2018年に完成または2019年以降に完成予定の都内126の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産テック 巨大産業の破壊者たち(日経不動産マーケット情報の本)

不動産会社化するグーグル、アマゾン、ソフトバンク―。巨大IT企業の目には何が映っているのか?

エコハウス時代の換気トラブルを徹底取材(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 今後増すと見込まれる換気設備の重要性とリスクを踏まえ、日経ホームビルダー7月号の特集では、近年発生したトラブルの事例を徹底取材。その内容を7つに分類しました。

冷凍よりも「調理して高く売れ」、転換期の保存(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

5月24日号の特集「稼げる保存」は、文化財の「活用」を訴え続けているデービッド・アトキンソン氏のインタビューから始まります。同氏は、日本のこれまでの建築保存を「冷凍保存」と...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2018(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

都内128の大規模ビルプロジェクトの詳細データを収録!<日経不動産マーケット情報(編)/ 本体24,000円+税、読者特価:本体10,000円+税 / 発行日:2018年5月31日>

平均年収は680万円に回復するも…5年ぶり労働実態調査どう読む?(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 2018年5月10日号の特集は「労働実態調査2018 脱・長時間労働」です。一級建築士365人のアンケート回答を得て、年収や労働時間、やりがいなどを分析しました。同様の調査を10年前の2008年...

現場ロボット普及前夜、建設会社が手を結べば…(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 古くは「桃太郎」、ベテラン世代は「七人の侍」、現役世代は「ドラゴンボール」……。こういうタイプのストーリー展開を「戦士集結型物語」と名付けるとすると、今号の特集「真の...

家ブログを侮ってはいけない(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 住宅を建設する際に、インターネット上のブログへ工事や打ち合わせの内容を細かく記録する“家ブロガー”が増えています。手間をいとわずにそうした取り組みに注力する建て主は、...

創刊42年、「座して待つ」からの脱却(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 新築需要だけではこの先食っていけない──。今や建築実務者の多くが感じている危機感でしょう。しかし、それ以外に一体どうやって稼げばいいのか──。そのヒントを探るのが4月12...

注目の話題は「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月26日~4月1日のアクセスランキング1位は、2017年が「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」、2016年が「引き戸が人気、省エネ先進国ドイツの窓の最新トレンド」、2015年が「パッシブデ...

注目の話題は「ユニクロの新オフィス公開」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月19日~3月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「ユニクロの新オフィス公開、物流倉庫の最上階」、2016年が「24時間換気があるのに換気不足」、2015年が「『さすが免震と思ったの...

注目の話題は「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月12日~3月18日のアクセスランキング1位は、2017年が「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」、2016年が「ぎふメディアコスモスの屋根に水たまり」、2015年が「またか、東洋ゴム工業が免震材...

中高層建築は木材をこう使う(木材活用 最前線)

東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの2...

激甚化する水害(日経コンストラクションの本)

激甚化する水害や土砂災害について、豊富な写真と資料を交えてメカニズムや社会に与える影響を解説。<気候変動による水害研究会(著)/ 価格:本体2,000円+税 / 発行日:2018年3月27日>

注目の話題は「『働き方改革』を先導する本社移転」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 2月26日~3月4日のアクセスランキング1位は、2017年が「『働き方改革』を先導する本社移転」、2016年が「地震被害で有罪判決、構造設計者の反論」、2015年が「谷口吉郎がホテルオークラ...

木造のコツは「燃え抜けない」設計(木材活用 最前線)

中大規模木造には、新しい木質材料や技術工法が次々と登場しており、また法制度の整備も進んでいる。中大規模建築の木造化・木質化について防火の観点から、桜設計集団代表の安井昇...

2017年4月号 「意匠と雨仕舞いは両立せず?」 後編(事例で分かる雨漏り修理のツボ)

 築5年の鉄骨造の店舗併用住宅で、大量の雨漏りが発生。2階の外壁は意匠性塗装仕上げ、1階は磁器質タイル。見栄えのする外観だが、外装材に十分な防水性能が備わっていなかった。前...

注目の話題は「タマホーム新事業、4000万円の家の実力は?」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 2月19日~2月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「タマホーム新事業、4000万円の家の実力は?」、2016年が「不明瞭な『新国立』B案の落選理由」、2015年が「官公庁のただ働かせ体質...

ArchDaily

World Photography Day: 15 Architectural Photographers to Follow on Instagram

Photography is still one of the most widely used means of representation and communication in architecture. Although it does not incorporate the temporal dimension, the level of fidelity with which photography represents the other three dimensions of the built world makes it one of architect's favorite tools to convey their buildings.

Kooroomba Chapel / Wilson Architects

The strategy for the chapel at Kooroomba was to engender an emotive response to place, for the special event of a wedding or the inquisitive exploration of the site’s landscape setting. Three aesthetic concepts established the arrangement of the experience: the Pastoral, the Picturesque, and the Sublime. 

Bullguer Center / SuperLimão Studio

The center of São Paulo is characterized by the diversity of surroundings of diferent natures that we can find. Between boardwalks and viaducts, the sometimes inhospitable or chaotic scenario can offer a momentary welcome in a safe environment. And why not with chips and mayonnaise apart?

Weflow Hostel / JH-Atelier

Summary
Weflow Hostel is located at the corner of a block and the north side of the Inner-Ring Viaduct in Shanghai. It’s backside is a old residence community. Before the renovation, this was a small family hotel in poor condition,the rooms ware generally narrow and half of rooms are without windows. The first floor was rented by someone as a warehouse. After Weflow rent this building, JH-Atelier made a renovation-design to transform this property to a full functional hostel.

Oak House / Kennedy Nolan

A project in the venerable tradition of alterations and additions to heritage houses - a testing ground for Architect’s ideas.  This adaptive re-use of a double fronted Victorian house incorporates a re-working of the existing house, a new pavilion forming a central court yard, a garage and workshop building to the rear laneway and a small swimming pool.  The house is distinctive for its mature Oak tree which towers above the garden and a red steel brise-soleil which performs many functions, including that of sun-shading.

Point Roadknight Holiday House / Atelier Wagner

Point Roadknight is a two-storey cedar-clad family holiday house in Anglesea with a dominant upper level overlooking a tennis court that has been enjoyed and much loved by the owners’ family since its construction in 1988. The next generation of children has placed greater demands on the house and the owners saw this as an opportunity to add second living space, create some spatial efficiencies, renew and insulate the building envelope and refurbish the existing fittings and finishes.

In-Between Fabric Exhibition / B+P Architects

Evolution

Kulturraum Blumenegg Pavilion / ma_ma

The object Blumenegg Pavilion is an event space in the midst of the remaining walls of the ruins of Blumenegg Castle. It is to be run by an association as a cultural and leisure centre and used by the surrounding region. The building, with a floor space of 60 square metres, is intended to accommodate various events and consists of the main room and a small kitchen.

Family Box / Crossboundaries

Yes, it takes a village to raise a child.”  - Hillary Clinton 

Holiday Home in Vitznau / alp Architektur Lischer Partner

The clients' desire was to live in a timber house. However, the challenging geology, the exceptional hillside location and the existing environment prompted us to design a solid construction in which the hard shell of the concrete facade encases and protects the soft core of the timber house. The prefabricated timber frame cassettes were erected, sealed and insulated on site and clad with single skin concrete. The timber construction stands as 'a house in a house'. In combination with the concrete shell, it was possible to optimise its load bearing dimensions as it does not have to resist any shear forces.

V19 Residence / Viraje arquitectura

The project takes place in the old town of Castellón where housing typologies on very narrow and longitudinal plots are common. A complete demolition of an old family house was carried out in order to realize the new project. One of the customer's concerns was to achieve good and natural illumination on all of the floors of the house and to also meet the needs of the program. The result is a perforated project that is planned on the ground floor, first floor, second floor and rooftop with a plot size of approximately 3.80 x 24 meters.

Palau Sator Refurbishment / Arquitectura-G

The house is located in the core of a medieval village in the Empordà area. It is built over the ruins of the original house, keeping the stone walls as they were found. There is a little passageway inside the plot at the ground floor level. 

The Paris Researcher Pioneering a New Way to Recycle Building Materials

Anna Saint Pierre's Granito project is harvesting the ingredients for new architectural building blocks from demolished structures.

How to Make a Portfolio That Will Get You Hired

The Midnight Charette is an explicit podcast about design, architecture, and the everyday. Hosted by architectural designers David Lee and Marina Bourderonnet, it features a variety of creative professionals in unscripted and long-format conversations that allow for thoughtful takes and more personal discussions. Honesty and humor are used to cover a wide array of subjects: some episodes provide useful tips for designers, while others are project reviews, interviews, or simply explorations of everyday life and design. The Midnight Charette is available for free on iTunes, YouTube, Spotify, and all other podcast directories.

Quanzhou Vanke “Tang” Town / cnS

The design concept of the vertical beam society is carried out from the three basic functions of the link “old sugar factory reserved area, podium garage, platform corridor”. Under the principle of retaining the space texture of the original factory area, the new building and the old building are precise. Harmony and coexistence creates a comfortable consumption scene. The core reserved area is centered on the “Factory Director's Office” built of stone, combined with the boundary of the newly-built residential parking lot, and “adding a small yard” to create a bumpy interface.

The Top 10 Design Cities of 2019

Design trends are often the result of foreign cultural influences, avant-garde creations, and innovative solutions for people's ever-evolving needs. Although the design world seems like one big mood board, some cities have managed to outshine the rest with their recent projects.

Yongnian Food Market, Julu Foods Group / Roarc Renew

Why Choose a Food Market?
Yongnian Road, an old road in Shanghai. Yongnian Food Market, an old food market in Shanghai. The road and the food market, which are located in multiple neighborhoods, have forty years of history. People here have become accustomed to them. As time changes, the road needs demolition and the food market over the road also needs upgrading. We believe that one thing never changes regardless of demolition or transformation, Luwan or Huangpu, enlarging urban space or moving populations, that is, better city better life starts from Expo 2010 will never end. It is also the exact reason why Roarc Renew takes this case, better city better life. We always believe that it is not only a simple yet grand slogan for Expo 2010, but also a reflection of all aspects of sustainably renewable Shanghai in post-Expo era. Since its founding in 2016, Roarc Renew has finished a series of projects, from transformation of an old rivet plant MIXPACE to upgrading historical buildings of Carlowitz & Co. by the Bund and renewal of commercial space at Parkside (today’s Joy City), we had built a better understanding of city renewal. We are eager to have a chance to join in more social livelihood projects and implement our ideas about “weak design”, accumulating more experience of various sorts in the aspect of city renewal.

HEYTEA Store at Hongqiao Xintiandi, Shanghai / DAS Lab

A brand is a tool of cultural communication. In the interior design of HEYTEA store at Hongqiao Xintiandi, we chose space as a medium and try to find the core of emerging brands of tea drinks from local market, and to establish a unique identity of this pioneering brand.

Xingshe Public Toilets / COBBLESTONE DESIGN CANADA

“Children are playing in the streets, and some people go to the toilets which are no longer monotonous. The outdoor staffs go to rest in the lounge, while other people are walking and talking in the streets. These streets are consequently activated. The toilets that we designed including 10 completed and 20 being to be build, aim to create such an atmosphere of the city.”

Kunshan New Life Hub / BAU

Microcosm
In an attempt to counter the tendencies towards segregation of programs and land-use in current Chinese planning, BAU added a diversity of opportunities for work, housing, recreation and public facilities to the original brief for a shopping centre with restaurants. Consequently, small office/home office (SOHO) accommodation, sports facilities and a community multi-purpose hall have been added to the original brief for retail and restaurants. In short the shopping centre has become a microcosm of the city.

Dezeen

West Stow Lodge by Project Orange features a traditional exterior and a pared-back interior

Oak joinery, white-painted bricks, and concrete flooring were used to make the interior of this new house in Suffolk, England, more contemporary than its traditional pitched-roof exterior (+ slideshow). (more…)

Interactive online documentary Refugee Republic awarded twice at Dutch Design Awards 2015

Dutch Design Week 2015: agency Submarine Channel won two prizes at this year's Dutch Design Awards with its web narrative that presents life and experiences in a refugee camp. (more…)

Lukstudio suspends metal wires to look like drying noodles at Chinese restaurant

Shanghai-based Lukstudio has reinterpreted a traditional Chinese food drying rack with a metal grid structure and hanging wires for a noodle bar in Changsha (+ slideshow). (more…)

Ben Jones’ Dot Net video uses animation to recreate Battles’ “technicolour sounds”

Music: director Ben Jones has collaborated with experimental rock band Battles on a riotous animation-heavy film that questions society's addiction to "screen time". (more…)

FCC Arquitectura and Paulo Lobo transform old Portuguese wine estate into a tourist attraction

A wine estate near the city of Lixa, Portugal, has been converted into a hotel for wine tourism, featuring rustic stone structures and contemporary buildings clad in pre-weathered steel or timber slats (+ slideshow). (more…)

Lose track of time on Dezeen’s new clocks Pinterest board

We've created a clocks Pinterest board full of unique time-keeping devices to remind UK readers to turn their clocks and watches back an hour as British Summertime officially ends tonight. Follow Dezeen on Pinterest | See more clock-related design on ...

This week, Sagrada Família reached a milestone and Nike launched Back to the Future shoes

This week on Dezeen: Antoni Gaudi's Sagrada Família basilica entered the final stage of construction this week 90 years after the architect's death, while Nike celebrated Back to the Future day with the release of its eagerly anticipated self-lacing shoes. (more…)

Daniele Cristiano’s Calibro sideboard references an old ammunition box

Italian designer Daniele Cristiano has created a multipurpose storage unit that is shaped to look like a vintage ammunition chest. (more…)

MOS Architects creates modular house made entirely from corridors

Chicago Architecture Biennial 2015: New York-based studio MOS Architects has created an installation that explores the possibility of building homes using only corridor and hallway-like spaces (+ slideshow). (more…)

Floris Schoonderbeek’s Groundfridge chills food without electricity

Dutch Design Week 2015: this globe-shaped fridge by Dutch designer Floris Schoonderbeek is intended to be buried underground, keeping food cool without using electricity. (more…)

US job of the week: designer at Atelier de Troupe

Our US job of the week on Dezeen Jobs is for a designer at Los Angeles studio Atelier de Troupe, which designed 18 new suites for the boutique hotel L'Hôtel du Ministère (pictured). Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Snøhetta’s new building for SFMOMA nears completion

San Francisco Museum of Modern Art has released the first images of Snøhetta's near-complete extension building showing its striated facade and atrium. (more…)

Staab Architekten chosen to extend Berlin’s Bauhaus-Archiv with “almost frail” design

Berlin architect Volker Staab has won a competition to extend the Bauhaus archive and museum in the German capital, designed by founder Walter Gropius in the 1960s. (more…)

“Robotic construction and 3D printing are the future” says Wolf D Prix

Combining robotic fabrication with 3D printing offers "amazing" opportunities for architecture and could help solve the global refugee crisis, according to Coop Himmelb(l)au founder Wolf D Prix (+ interview). (more…)

The Dezeen Jobs guide to getting your first job in the design industry

How can young designers break into the industry? In the first of a new series of careers-advice columns from Dezeen's recruitment platform Dezeen Jobs, Rob Bye offers some tips. (more…)

Bird heads and leaping golfers adorn Jason Page’s alternative golfing suits

Dutch Design Week 2015: golf outfits have received a graphic makeover from Design Academy Eindhoven graduate Jason Page, whose collection of alternative attire is designed to make the sport more accessible. (mor...

Rick Owens opens first Los Angeles store in 1920s ribbon factory

Fashion designer Rick Owens has opened his first store in Los Angeles on North La Brea avenue – installing architectural elements influenced by a legendary filmmaker within a former industrial space (+ slideshow). (more…)

Assemble’s Granby Workshop social enterprise in Liverpool will sell locally produced homeware

Turner Prize-nominated architecture collective Assemble has launched a Liverpool-based workshop selling homeware made in collaboration with local artists and craftspeople (+ slideshow). (more…)

Job of the week: project architects at DSDHA

Our job of the week on Dezeen Jobs is for architects at DSDHA, whose projects include a house designed to camouflage with its surroundings. Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Gaudi’s Sagrada Família enters final stage of construction

The Sagrada Família basilica has entered its final stage of construction, over 100 years since its foundation stone was laid and 90 years after its designer Spanish architect Antoni Gaudi died. (more…)

Plataforma Arquitectura

Día Mundial de la Fotografía: 15 fotógrafos de arquitectura que debes seguir en Instagram

La fotografía sigue siendo uno de los medios de representación y comunicación más utilizados en arquitectura. Aunque no incorpora la dimensión temporal, el nivel de fidelidad con el que la fotografía representa las otras tres dimensiones del mundo construido permite que sea una de las herramientas favoritas para transmitir las imágenes de los edificios.

Caja Familiar / Crossboundaries Architects

Hemos aprendido que para criar a un niño feliz, sano y lleno de esperanza, se necesita una familia, se necesitan profesores, se necesita el clero, se necesita a la gente de negocios, a los dirigentes de la comunidad, a los que protegen nuestra salud y seguridad, nos necesita a todos nosotros. Sí, se necesita una aldea para criar a un niño.”  - Hillary Clinton 

Las 10 mejores ciudades de diseño del 2019

Las tendencias de diseño a menudo son el resultado de influencias culturales extranjeras, creaciones de vanguardia y soluciones innovadoras para las necesidades en constante evolución de las personas. Aunque el mundo del diseño parece un gran tablero de humor, algunas ciudades han logrado eclipsar al resto con sus proyectos recientes.

Casa de Vacaciones en Vitznau / Lischer Partner Architekten Planer

La intención de los clientes era vivir en una casa de madera. Sin embargo, la geología desafiante, la ubicación en la ladera y el entorno existente nos llevó a diseñar una construcción sólida en la que la cáscara de hormigón encierra y protege un núcleo blando de madera. Los paneles de madera prefabricados fueron armados, sellados y aislados en el lugar y revestidos de hormigón a través de una sola piel. La construcción en madera se erige como "una casa dentro de una casa", y en combinación con la cáscara de hormigón, fue posible optimizar sus dimensiones de soporte de carga, ya que no tiene que resistir las fuerzas de cizallamiento.

Residencia Inje / YKH Associates

Uno de los principales desafíos del diseño de esta vivienda fue responder con el contexto en donde se ubica, la ladera de la montaña Seolak. La solución fue crear junto con la topografía natural, cuatro volúmenes escalonados rodeando un patio, recordando el antiguo diseño del patio coreano tradicional. Este patio central, no solo acomoda varias actividades familiares, sino que también ofrece una vista de la montaña, transmitiendo tranquilidad y un ambiente contemplativo, evitando la vista desagradable de la tumba y la cabaña adyacente. La casa de 400 m2 con cinco camas y cuatro baños, tiene cuatro alas: ala Master Suite, ala de estar y comedor, ala de cocina y servicios, y ala de invitados y galería.

Haus am Moor / Bernardo Bader Architects

Haus am Moor ("La Casa de la Mora") es una cabaña rural ubicada en Vorarlberg, Austria, en la que los arquitectos han utilizado madera local de picea, abeto y olmo, para revestirla interior y exteriormente.

Casa en Fontinha / Aires Mateus + SIA arquitectura

En la Sierra de Grandola, la casa se diseña en el equilibrio entre la creación de una casa patio, un espacio central de protección en relación con el cielo, y la vista del lejano mar. 

Almacén Redfern / Ian Moore Architects

Esta reutilización adaptativa de un antiguo almacén ha mantenido el exterior casi intacto, con solo unas pocas ventanas nuevas insertadas en las aberturas existentes. Este toque suave se ha extendido al interior, donde se han expuesto las paredes de ladrillo originales y se han resaltado las grandes estructuras de madera del techo como el punto de partida para la renovación a una casa familiar. El informe requería una casa de 4 dormitorios, con alojamiento independiente para invitados, una oficina en casa, para ser utilizada como laboratorio de genética equina y un amplio espacio de garaje para almacenar una colección de autos deportivos clásicos.

Casa do Monte / Leopold Banchini + Daniel Zamarbide

Fundada en 1147 por los agustinos y reconstruida después del terremoto de 1755, la capilla Nossa Senhora do Monte domina la ciudad de Lisboa. El popular barrio construido alrededor de este patrimonio histórico se aferra a la empinada pendiente. Accesible solo desde escaleras estrechas, muchas casas han sido abandonadas a lo largo de los años.

Logran salvar edificio en Londres que sería demolido por diferencias entre diseño y construcción

Después de 2 años, GROUPWORK y Amin Taha Architects ganan moción contra la demolición del edificio 15 Clerkenwell Close.

Cómo se utiliza la madera en la arquitectura argentina: ejemplos de casas, oficinas, restaurantes y pabellones

La madera como recurso constructivo es una cuestión milenaria, tuvo su origen incluso antes de que se desarrollaran las herramientas necesarias para trabajarla y explotar su potencial. Este material se caracteriza principalmente por su gran versatilidad, donde sus ilimitadas formas de uso y su gran capacidad para dotar a los espacios de atmósferas acogedoras, lo convierten en una materia prima frecuentemente elegida en la arquitectura.

El Equipo Mazzanti: espacios sociales para el aprendizaje

PLANE—SITE ha lanzado un nuevo video que muestra el trabajo y las ideas del arquitecto bogotano Giancarlo Mazzanti, fundador de El Equipo de Mazzanti. En esta entrevista en video, Mazzanti elabora sobre su enfoque experimental para la investigación de diseño y explora varios de sus espacios para el aprendizaje. Su firma está detrás de numerosas escuelas y centros educativos, diseñados para fomentar el movimiento lúdico y exploratorio y las relaciones sociales. Como se puede apreciar en el video, Mazzanti crea escenarios para jugar en la vida diaria.

Casa Valente / Moirë arquitectos

El proyecto responde a los requerimientos para una vivienda permanente ubicada en el Bosque Peralta Ramos, toma como premisa buscar una estrecha relación de todos los ambientes con el exterior, aprovechando la relación con el entorno, las visuales y el asoleamiento.

Casa W / ar-Architects

Ubicado en un terreno en la esquina noroeste en una densa zona residencial cerca de Seúl, Casa W es para una pareja y sus dos hijos adolescentes. Si bien el terreno esquina permite que la casa sea más abierta, también se ve más expuesta a las casas vecinas. Con estas condiciones, la solicitud de la familia fue muy específica; intimidad. La solicitud fue tan lejos como para sacrificar los requisitos básicos de una casa, como la ventilación y la luz solar.

Casa VM2 / Alejandro Szilak

La obra se desarrolla como una caja metálica revestida en chapa en sus caras este y oeste, dejando la norte y sur entreabierta a las visuales más largas y el contacto con el exterior. Esta relación con el entorno circundante, está basada en controlar la intimidad de la vivienda y resolver las necesidades suscitadas por las personas que la utilizan.

Eco(in)movilismo: movilidad urbana e inmovilismo cultural

André Gorz ya lo escribió en 1974: «La ecología es como el sufragio universal y el descanso dominical: en un primer momento, todos los burgueses y todos los partidarios del orden os dicen que queréis su ruina, y el triunfo de la anarquía y el oscurantismo. Después, cuando las circunstancias y la presión popular se hacen irresistibles, os conceden lo que ayer os negaban y, fundamentalmente, no cambia nada».

¿Cómo serían las principales ciudades de Estados Unidos si Frank Lloyd Wright o Robert Moses las hubieran diseñado?

Estados Unidos es uno de los países que más ha brindado oportunidades para desarrollar algunos de los edificios más icónicos en la historia de la arquitectura, permitiendo a los profesionales dejar su huella y su propio estilo arquitectónico. Sin embargo, algunas de las ideas más ambiciosas vienen con precios muy altos que no siempre se pueden pagar por lo que, por más emocionantes que puedan llegar a ser, tanto edificios, como puentes y torres no pudieron evolucionar más que en planos archivados.

Santiago Calatrava recibe multa por negligencia en su puente de Venecia

El arquitecto español Santiago Calatrava fue multado por el Tribunal de Cuentas de la ciudad a pagar 78.000 euros por errores que aumentaron el costo de la construcción del Puente de la Constitución sobre el Gran Canal de Venecia.

23 lugares en París que todo arquitecto debe visitar

París, la ciudad que nació a orillas del Sena, creció desde una pequeña isla, Île de la Cité, hasta la vasta metrópoli que hoy en día se extiende más allá de Ménilmontant, el distrito vingtième.

Nobu Hotel Los Cabos / WATG + Studio PCH

El Nobu Hotel Los Cabos es un moderno y lujoso resort ubicado en el extremo sur de la península de Baja California. El hotel abrió sus puertas en marzo de 2019. Se basa en la marca Nobu como un hotel moderno y lujoso en la intersección de una cocina exquisita, innovación y creatividad. La propiedad incluye el restaurante Nobu Los Cabos, 200 habitaciones y suites, múltiples entornos de piscina, un jardín del chef, un spa, espacios para reuniones y eventos, tiendas y lugares para comer y beber.

designboom

jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian

moved by the music of the traditional chinese string instrument ruan-xian, jeff dayu shi has formed a set of bamboo presented at beijing design week 2015. The post jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian appeared first ...

neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch

when touched, the packages will timidly glow right where the contact was generated, thanks to a thermochromic paint coating that makes it sensitive to heat. The post neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch appe...

gwwo constructs dupont environmental education center

a four-story timber structure located on a protected marshland unites the natural and urban worlds, providing an educative program for the community. The post gwwo constructs dupont environmental education center appeared first on designboom | archite...

custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched


the ‘big bad wolf’ track monster was created with no cutting or welding to XJR1300 frame and everything except the tank, handlebar, and rear light was custom made.

The post custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched appeared first on designboom | architecture & design magazine.

magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms

esparto grass rugs, woven by the women of murcia, traditionally assume circular or rectangular forms, magma and dhiama modify this tradition for a new look. The post magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms appeared first on desig...

schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop

created for the design workshop of studio renova ring, a steel and timber combined table and stool set has been developed. The post schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop appeared first on designboom | architecture...

ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink


the company’s advanced thermal technology cools and heats food and beverages while maintaining precise temperatures for hours.

The post ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink appeared first on designboom | architecture & design magazine.

MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam

the furniture showroom uses internal courtyards, skylights, with an emphasis on eco-friendly techniques to give visitors a comfortable experience. The post MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam appeared fi...

anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport


located in a grove of trees, the three-sided, partially-covered structure provides protected parking for a single car, with two additional uncovered spots for guests.

The post anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport appeared first on designboom | architecture & design magazine.

frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum


the display focuses on the bold ideas that are the driving force behind gehry’s creativity, tying together their background and process with his unwavering conviction.

The post frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum appeared first on designboom | architecture & design magazine.

galway hotel paris concept by architect taras kashko

located in the city's historic district, the conceptual lodge features 25 guest and grand guest rooms, with a lounge/bar, and shops at the ground floor level. The post galway hotel paris concept by architect taras kashko appeared first on designboom |...

philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience


shadow, light and and sound intercept and surround architectural elements, immersing visitors in an environment where spacial dimensions seem to participate in an orchestrated score.

The post philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience appeared first on designboom | architecture & design magazine.

d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam


the design aimed to turn the space into one that could look and feel nicer than at home while the challenge was found when illuminating the dark space that only had a few big windows in the front façade.

The post d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam appeared first on designboom | architecture & design magazine.

stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano


this updated version has a shallower depth than its predecessor, responding to the fact that television screens today are much thinner compared to those of the past.

The post stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano appeared first on designboom | architecture & design magazine.

model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you


the new ‘no.3’ twin tube single arc cantilever frame features elegant double curved down tubes that increases lateral stiffness for speed while absorbing road shock for comfort.

The post model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you appeared first on designboom | architecture & design magazine.

jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york


just steps from the city's elegant fifth avenue, construction work has finally begun on the much-anticipated skyscraper.

The post jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york appeared first on designboom | architecture & design magazine.

morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square


in zocalo square, the heartland and most significant public space in mexico city, morag myerscough and luke morgan have realized a landmark installation that encourages visitors and passersby to consider their surrounds.

The post morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square appeared first on designboom | architecture & design magazine.

miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut

comprising 1.200sqm, the design of this penthouse was primarily driven by the desire to create airy spaces that would unite comfort with a minimalist feel. The post miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut appeare...

bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality


conceived as aesthetically pleasing sex toys and displayed during dutch design week, the designer hopes the unusual and intricate pair of objects will break the barriers between art and objects of lust.

The post bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality appeared first on designboom | architecture & design magazine.

renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car


the idea of simplicity, visible and aesthetically assumed structure, geometric elegance and light guided the designers in the creation of the ‘coupé c’ concept car.

The post renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car appeared first on designboom | architecture & design magazine.

architecturephoto.net

【ap job更新】 YUUA建築設計事務所が、設計スタッフ(正社員・プロジェクト社員)を募集中

  アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました YUUA建築設計事務所の、設計スタッフ(正社員・プロジェクト社員)募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチ […]

永山祐子・小堀哲夫・Eurekaら16組の建築家が参加して、東京の杉並区役所内で行われる建築展『杉並建築展2019「ひらかれた建築」』が開催 [2019/8/27-9/5]

永山祐子・小堀哲夫・Eurekaら16組の建築家が参加して、東京の杉並区役所内で行われる建築展『杉並建築展2019「ひらかれた建築」』が開催されます。会期は2019年8月27日(火)~9月5日(木)9:00-17:00( […]

成瀬・猪熊建築設計事務所による、韓国・ソウル市の、地下鉄ノクサピョン駅でのプロジェクト「Dance of Light」

成瀬・猪熊建築設計事務所による、韓国・ソウル市の、地下鉄ノクサピョン駅でのプロジェクト「Dance of Light」です。ローカルアーキテクト等の情報はページの下部に掲載しています。 これは、ソウル市が2016年から推 […]

ツバメアーキテクツによる「紋付建具 / Graphic Threshold」

ツバメアーキテクツが設計した「紋付建具 / Graphic Threshold」です。 幼児教室・相談室・オフィスなどのインテリアの設計。部屋を仕切ったりつなげたりして使うことが想定されたために、引き違いの建具をメインに […]

最も注目を集めたトピックス [期間:2019/8/12-8/18]

アーキテクチャーフォトで、先週(期間:2019/8/12-8/18)注目を集めたトピックスをまとめてご紹介します。リアルタイムでの一週間の集計は、トップページの「Weekly Top Topics」よりご覧いただけます。 […]

御手洗龍建築設計事務所による、東京・目黒区の住宅と店舗「stir」

御手洗龍建築設計事務所が設計した、東京・目黒区の住宅と店舗「stir(ステア)」です。 暮らしの気配が漂う狭い路地、分刻みで電車が行き交う鉄道高架、2020年に向けて建設中の幅の広い都市計画道路。敷地は異なる3つの環境に […]

スイス連邦工科大学・貝島桃代スタジオの学生作品の画像

スイス連邦工科大学・貝島桃代スタジオの学生作品の画像が公式サイトに多数掲載されていますスイス連邦工科大学チューリッヒ校・貝島桃代スタジオの学生作品の画像が公式サイトに多数掲載されています。貝島は、塚本由晴・玉井洋一と共に […]

成瀬・猪熊建築設計事務所の内装設計による、大阪の宿泊施設「ナインアワーズなんば駅」

成瀬・猪熊建築設計事務所の内装設計による、大阪の宿泊施設「ナインアワーズなんば駅」です。施設の公式サイトはこちら。 これは、カプセルホテルに革命を起こすプロジェクトです。 そもそもカプセルホテルという宿泊形態は、1979 […]

会田友朗 / アイダアトリエによる、宮崎・都城市の、元ショッピングモールを改修した「都城市立図書館」の写真

会田友朗 / アイダアトリエのウェブサイトに、宮崎・都城市の、元ショッピングモールを改修した「都城市立図書館」の写真が掲載されています会田友朗 / アイダアトリエのウェブサイトに、宮崎・都城市の、元ショッピングモールを改 […]

藤原・室 建築設計事務所が設計した、広島の住宅「東広島の家」

藤原・室 建築設計事務所が設計した、広島の住宅「東広島の家」です。 敷地は、長年売れ残った土地が点在する、計画された住宅街の一角。 一定のプライバシーは保ちながらも、 建物や敷地周囲とのつながり感をつくる方法はないのだろ […]

藤原・室 建築設計事務所による、広島の住宅「東広島の家」

藤原・室 建築設計事務所が設計した、広島の住宅「東広島の家」です。 敷地は、長年売れ残った土地が点在する、計画された住宅街の一角。 一定のプライバシーは保ちながらも、 建物や敷地周囲とのつながり感をつくる方法はないのだろ […]

濱田慎太建築事務所による、山口・山口市の「住宅展示場サエラ ゲートハウス」

濱田慎太建築事務所が設計した、山口・山口市の「住宅展示場サエラ ゲートハウス」です。 山口県の住宅展示場に建つ「ゲートハウス」のプロジェクトです。 展示場への入場ゲートという主な機能に加え、案内所、公衆トイレ、イベントス […]

STA土屋辰之助アトリエによる、東京・葛飾区の住宅「HouseHT」

STA土屋辰之助アトリエが設計した、東京・葛飾区の住宅「HouseHT」です。 東京都葛飾区のグリッド状の町割りの一角に位置する住宅である。周囲は住宅街でありながら、ちらほらと町工場やその名残も目に入り、緑道や45度の道 […]

ミツィ・スタジオによる、ロンドンのハイドパークに完成した曲面の屋根が特徴的な「The Serpentine Coffee House」の写真

ミツィ・スタジオによる、ロンドンのハイドパークに完成した曲面の屋根が特徴的な「The Serpentine Coffee House」の写真がdezeenに掲載されていますミツィ・スタジオ(Mizzi Studio)が設 […]

吉岡徳仁に、自身が手掛けた東京2020聖火リレートーチについて聞いているインタビュー「想いをかたちにするデザイン」

吉岡徳仁に、自身が手掛けた東京2020聖火リレートーチについて聞いているインタビュー「想いをかたちにするデザイン」がopenersに掲載されています吉岡徳仁に、自身が手掛けた東京2020聖火リレートーチについて聞いている […]

田辺雄之建築設計事務所による、静岡・熱海市の店舗「Organic Box」

田辺雄之建築設計事務所が設計した、静岡・熱海市の店舗「Organic Box」です。お店の場所はこちら(GoogleMap)。 静岡県熱海市の海へと繋がる熱海銀座通り商店街に面するオーガニックカフェ。間口が5mほどの既存 […]

前田圭介 / UIDによる、東京・台東区の宿泊施設「茶室ryokan asakusa」の写真

前田圭介 / UIDが設計した、東京・台東区の宿泊施設「茶室ryokan asakusa」の写真が、japan-architects.comに掲載されています 前田圭介 / UIDが設計した、東京・台東区の宿泊施設「茶室 […]

長坂常 / スキーマ建築計画による、韓国・ソウルの事務所兼店舗「ブルーボトルコーヒー 聖水カフェ」

長坂常 / スキーマ建築計画による、韓国・ソウルの事務所兼店舗「ブルーボトルコーヒー 聖水カフェ」です。 場所はソウル、ソンスー。元町工場の多く立ち並んだ地域だが、若いアーティストが移り住んだことで徐々に見直され、最近で […]

藤野高志 / 生物建築舎による、群馬・前橋市の店舗「敷島のパン屋」の動画

藤野高志 / 生物建築舎が設計した、群馬・前橋市の店舗「敷島のパン屋」の動画です。お店の公式サイトはこちら。またこちらのサイトには、このお店のスタディ模型等が展示された際の様子の写真が閲覧できます。

トラフが会場構成を手掛けた、福岡アジア美術館での「おいでよ!絵本ミュージアム」の写真

トラフが会場構成を手掛けた、福岡アジア美術館での「おいでよ!絵本ミュージアム」の写真が、トラフのサイトに掲載されていますトラフが会場構成を手掛けた、福岡アジア美術館での「おいでよ!絵本ミュージアム」の写真が23枚、トラフ […]

建築系検索エンジンKenKen!

第2回ナノ会議

ランドスキップ代表 溝口達也さんをお招きします。Landscapistとは聞き慣れない言葉ですが、辞書によると「風景や庭園の造作を魅力的に整える人」です。彫刻から庭へ転向をしている溝口...

【フライデーナイト特別公開イベント】フランク・ロイド・ライトの「自由学園明日館」

ライトが設計した建築群(全てアメリカ)がユネスコの世界文化遺産に登録されました。日本にあるライトの建築「自由学園明日館」にて、夜間の特別公開イベントを行います。ライト研...

JARA2019(建築パース2019展)

発足以来39年間続いている建築ヴィジュアライゼーションの作品展。

NPO木の建築フォラム主催 講習会応用編4「地震津波被害・耐震診断・耐震補強」

本講座は、木造建築物の過去の地震被害、津波被害をもう一度腰を据えて見つめ直し、耐震診断法及び耐震改修技術について学ぶことを通して、既存木造建築物の耐震化、地震被害の軽減...

木の建築サロン講座 深尾精一「各地域で取組む木造建築に期待する」

木の建築サロン講座とは、講師のお話を聴きながら講師と参加者がより身近な立場でディスカッション・意見交換しやすい環境を目指した講座です。サロン的な雰囲気で軽食と飲み物を準...

板倉構法(落とし込み板壁)の構造と防火性能に関する講習会〔総合編〕【大阪会場】

板倉構法は、耐力壁として木摺りタイプで壁倍率最大2.2倍、桟付きパネル式で最大3.4倍の国土交通大臣認定を取得しています。講習会受講者に対しては、確認申請時に添付するための認定...

ケンチクトークセッション「都市のパブリックをつくるキーワード」〈ゲスト:大西 麻貴〉

RADの川勝真一さんをファシリテーターに、実際に各地の公共建築の設計に取り組んでいる建築家をお招きし、それぞれの実践を通した思考にふれながら、これからの都市に求められる公共...

第3回なごやマチケントークショー&名古屋の建築とまちなみを考える会2 テーマ「公共空間の使い方」

ゲスト(50音順):青木奈美さん(SOCIAL TOWER PROJECT)/謡口志保さん(ウタグチシホ建築アトリエ・名古屋渋ビル研究会)/丹羽洋己さん(KAKUOZAN LARDER)

谷口吉郎・吉生建築館開館記念「トーハクとMOMATにまつわる、建築と展示の話」木下史青×保坂健二朗

谷口吉郎・吉生記念金沢建築館の開館、及び『谷口吉郎建築作品集』(淡交社)刊行を記念し、谷口吉郎、吉生の建築を舞台に活躍する木下史青氏、保坂健二朗氏をお招きしてのトークイ...

耐火木造+RC造庁舎「長門市本庁舎建設工事 完成見学会」

木造とRC造のハイブリッド構造に免震構造を組み合わせた合理的な架構計画により、機能性・柔軟性・安全性を兼ね備えた、2時間耐火木造庁舎が実現しました。講演会では、地域産木材を...

巡回展「きたれ、バウハウス」新潟市美術館

2019年、バウハウス開校100年を日本で祝う巡回展「きたれ、バウハウス」が8月3日に新潟市美術館でスタートし、2020年にかけて5つの美術館へ巡回いたします。

ARCHI-THURSDAY Vol.02 「建築倉庫」×「21.5世紀」

建築に携わっている、または建築に興味・関心がある方々を集めたファンイベント「ARCHI-THURSDAY」Vol.02「建築倉庫」×「21.5世紀」の開催決定

チームラボ かみさまがすまう森 – earth music&ecology

廃墟となった湯屋に巨大な立体物が群立する、永遠に変化し続ける新作《廃墟の湯屋にあるメガリス》も初めて公開。遺跡と廃墟が点在する御船山楽園に、昼間も見られる作品が展示され...

住まいの光を考えましょう 〜光で空間を美しく、そして持続可能な環境〜

今回は「光」をテーマに、光の科学的な性質から、住宅における光の生かし方を考えます。

家づくり学校特別公開講座2019『建築家のなすべき仕事――三澤文子、自分を語る』

そもそも仕事をすることはどういうことなのか、住宅をつくる姿勢はどうあるべきなのか。今まで住宅の設計を通して考え続けてきたことや、行動してきたことが、これからの未来にどの...

寺子屋WS 2019@渋谷|夏休み 建築 ワークショップ

Archihack Associationが主催する毎夏恒例の建築・まちづくりの短期集中ワークショップです。

浅井裕雄+吉田澄代/裕建築計画 JIA優秀建築賞・JIA東海住宅建築賞大賞受賞記念 講演会・祝賀会

名古屋を拠点に活動する裕建築計画(浅井裕雄+吉田澄代)の2大賞受賞記念講演会・祝賀会です。

構造展 -構造家のデザインと思考-

建築倉庫ミュージアム、企画展『構造展 -構造家のデザインと思考-』を開催 〜世界初、日本の構造家50名の構造デザインと思考プロセスを展示〜

シカゴ/ライト/ニューヨーク建築徘徊の旅

近・現代建築の源流となり、ミース建築のシカゴ建築群、フランク・ロイド・ライトのプレイリー期の住宅の宝庫、オークパークを訪れ、現地中堅設計事務所との懇親会の一時を過ごしま...

スキルアップ講習会「現場で活かす!高断熱高気密の指差し指南」

住宅の耐用年数は「断熱」「気密」「計画換気」で決まります。最大の問題点となっている「施工現場」と「監理体制」について、多数の事例写真を紹介しつつ解説します。断熱・気密と...

建設通信新聞

公告一般入札・阪神高速道路

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【阪神高速道路】 〈簡易…

入札結果・京都市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市】 (2月28日)▽京都市醍醐…

連載・住民の感性を考慮した長寿命化修繕計画(8)

【国際建設技術協会国際建設技術研究所 研究第三部主任研究員(ニュージェック)保田 敬一/飽きのこない…

研修計画は197コース/国土交通大学校

 国土交通大学校は、2017年度の研修計画を策定した。「国民の安全・安心の確保」「生産性向上による成…

入札結果・近畿整備局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近畿整備局】 (2月21日)▽京都御…

建設論評・成長戦略を競う時だ

 大手ゼネコンを始めとする建設業界の業績が好調だ。2017年度の第3四半期決算では、四半期決算を開示…

入札結果・近江八幡市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近江八幡市】 (2月28日)▽近江八…

話題縦横・JAPIC研究会が提言/“日本を元気にする”複数プロジェクト

【地方創生の起爆剤として注目】 日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、宗岡正二会長)の国土・未来プ…

入札結果・東近江市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【東近江市】 (2月27日)▽市立能登…

催し物・第3回なら景観フォーラム

 ◇奈良県主催「第3回なら景観フォーラム」 11日午後1時30分から午後4時まで、奈良市の奈良県文化…

本日、一部地域で新聞が届かないため、電子版を公開いたします

17年度予算・木津川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 京都府木津川市の2017年度予算案は、一般会計が前年度…

17年度予算・寝屋川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 大阪府寝屋川市の2017年度予算案は一般会計が前年度比…

入札結果・京都市上下水道局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市上下水道局】 (2月23日)▽…

コンペ&プロポーザルDigest

【◆発注者【件名・設計範囲】委託方法=末尾は本紙掲載日】◎募 集◆大阪府【守口警察署新築工事基本・実…

17年度予算・伊丹市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。伊丹市   骨格で2.2%減 兵庫県伊丹市の2017年度…

三方よしのインフラメンテ/JFMAら/福島で3月7日にシンポ

 日本ファシリティマネジメント協会 (JFMA、山田匡通会長)とインフラメンテナンス国民会議は7日、…

JIA日本建築大賞・優秀建築賞・新人賞・25年賞・環境建築賞

 日本建築家協会(JIA)は、25日に開いた優秀建築選公開審査でJIA建築大賞のほか、新人賞、環境建…

二川幸夫写真集『天上の庭』/3月4日からGAギャラリーで展示

 建築写真家であり出版人としても建築の表現を追求した二川幸夫が遺した最後の写真集『天上の庭』(エーデ…

公告一般入札・西日本高速道路新名神京都事務所

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【西日本高速道路新名神京…

AKICHIATLAS

国際インテリアデザイン協会が主催するアジア建築アワード、20…

国際インテリアデザイン協会が主催するアジア建築アワード、2017年7月以降完成の作品が対象。

LOCAL REPUBLIC AWARD 2019

グローバルやマスの台頭により現代社会で失われつつある「LOCAL REPUBLIC」の概念を持ち、未来に向けて勇気と理想を持って活動しているプロジェクトを募集

第32回 日経ニューオフィス賞

創意と工夫をこらしたオフィスを表彰。新築またはリニューアル、建物全体あるいは部分など規模・業種は問わない。

若手建築家の展覧会出品作品の募集

若手建築家の展覧会出品作品の募集

建築設備分野において従来あまり意識されることのなかった審美性…

建築設備分野において従来あまり意識されることのなかった審美性などの「感性」に関する要素に焦点をあて、これに「機能性」「経済性」と環境問題も視野に入れた「社会性」を加えた4つの評価軸により、優秀な「環境・設備デザイン」を顕彰する。

第21回 日本建築学会関東支部 提案競技「美しくまちをつくる、むらをつくる」

実在の市街地を対象に、今後の「まち」をテーマに、建築・都市の専門家、地元に暮らす子どもから内外の大人までが参加する提案競技。

各需要分野における優れたステンレス製品(建築・土木部材、製品…

各需要分野における優れたステンレス製品(建築・土木部材、製品、機能性部材、 モニュメント・オブジェ、その他)を表彰し、ステンレスの普及および需要開発の促進を図るとともに、社会環境との調和と文化の向上に寄与することを目的とする顕彰プログラム。

(仮称)豊田市博物館新築工事設計委託設計者選定プロポーザル及び(仮称)豊田市博物館展示・収蔵環境等設計委託設計者選定プロポーザル

博物館等の設計プロポーザル

多世代交流・健康増進拠点施設整備基本計画デザイン等支援業務プロポーザル

多世代交流・健康増進拠点施設の基本計画デザインプロポーザル

第14回 日本構造デザイン賞

建築設計の分野で優れた成果を発揮した構造設計者を顕彰し、構造デザイン活動の活性化を図り、建築文化の発展に寄与することが賞の目的。構造設計者の優れた業績に対して社会評価が行われる機会の少ない状況を改善しようという、故松井源吾教授の高邁な思想に基づいて、1990年に設立された「松井源吾賞」を継承する形で、2006年に発足した表彰システム。

第60回 BCS賞

毎年、優良な建築物を表彰することにより、建築に係わる事業企画の質および計画・設計、施工、維持管理その他建築技術の進歩向上を図り、もって良好な建築資産を創出し、わが国建築文化の進展と地球環境の保全に寄与することを目的とする。

第40回 石川建築賞

石川県内において竣工した建築物(新築・増築・改修・保存再生)を表彰する建築賞。建築意匠、街並みの景観等の設計計画及び、工事監理、施工管理、安全管理などの技術面で優良であると認められるものを表彰する。

第53回 日本サインデザイン賞 / 53nd SDA Award

優れたサインデザイン作品を広く社会にアピールすることにより、サインデザインの普及及び啓発を図ることを目的として、1966年以来続けられてきたわが国で唯一のサインデザイン賞。

INTERNATIONAL OPEN PUBLIC COMPETITION FOR THE CONCEPTUAL DESIGN FOR THE CENTRAL PEDESTRIAN ZONE IN BANJA LUKA

バニャ・ルカ中心部にかける歩道橋のデザインコンペ。

INTERNATIONAL OPEN PUBLIC COMPETITION FOR THE CONCEPTUAL DESIGN OF THE BRIDGE IN DOLAC NEIGHBORHOOD IN THE CITY OF BANJA LUKA

バニャ・ルカのヴルバス川にかかる橋とその周辺地域の、基本構想案コンペ。

第12回 京都・花灯路 創作行灯デザインコンペ

京都の嵯峨・嵐山地域と東山地域の寺院・神社をはじめ、多数の歴史的な文化遺産や街並みを陰影のある和の灯りで演出する行灯デザインを募集。

第1回 介護の視点から暮らしをイノベーションするデザインアワード

ユニバーサルデザインの公募

京都デザイン賞 2019

京都伝来の文化を継承しつつ、新しいデザイン手法を使って京都の新しいデザインを作り出す作品を募集。

気候や敷地・建物条件を十分考慮した環境配慮設計と高精度なシミ…

気候や敷地・建物条件を十分考慮した環境配慮設計と高精度なシミュレーションによる、ハイレベルな作品を表彰

第6回 宇宙建築賞

今年の課題は「宇宙農業施設」

10+1

201908 なぜそこにプーさんがいるのか──『Inui Architects──乾久美子建築設計事務所の仕事』書評 |大村高広|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2019/07/1908_ot_000-thumb-400xauto-2317.jpg" /></p> このテキストは「書評を」と依頼を受けて書かれたものである。が、竣工した建物の解説と写真を主とする建築家の作品集の「書評」を書くということはいったいどういうことなのだろう、と戸惑ってしまったことをまずは告白しておこうと思う。おそらくそれは、その建築家について直接語るということ、今回でいえば乾久美子論を書くということにきわめて接近する行為でありながら、しかしそれとは決定的に異なる営みとなるはずだ。明

201908 シン・ケンチク |青木淳|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2019/07/1908_aj_000-thumb-400xauto-2312.jpg" /></p> [撮影=山岸剛] 1 その、部分において感覚される手続的幾何学性 fig.1──乾久美子建築設計事務所+東京建設コンサルタント《釜石市立唐丹小学校/釜石市立唐丹中学校/釜石市唐丹児童館》1階ワークスペース[撮影=山岸剛] 《唐丹小学校/唐丹中学校/唐丹児童館》(2018)の構造は、華奢でもなく、ごつくもない。 おそらく歩留まりをよくするためだろう、寸法体系は尺貫法による。ただし、半

201908 建築のそれからにまつわるArchitects |乾久美子|中山英之|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2019/07/1908_in17_inn-thumb-400xauto-2319.jpg" /></p> 「小さな風景からの学び」から建築をつくる 司会──LIXIL出版の長島と申します。今日は乾久美子さんの『Inui Architects──乾久美子建築設計事務所の仕事』(LIXIL出版)と、中山英之さんの『建築のそれからにまつわる5本の映画 , and then: 5 films of 5 architectures』(TOTO出版)、このTOTOとLIXILの2社による新刊の合同刊行記念イベン

レクチャー&ディスカッション「《静かなレトリック》と『建築におけるフィクションについての12章』」立石遼太郎(台東区・7/13)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/07/tateishi_lecture_190713-thumb-400xauto-2310.jpg" /></p> 10+1 website 2018年4月号の論考「建築の修辞学──装飾としてのレトリック」の著者、立石遼太郎氏がnoteで連載を開始。これにあわせて、7月13日にレクチャー&ディスカッションが、東京藝術大学上野キャンパスで開催されます。 − 「語りえぬものについては、沈黙せねばならない」ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン 僕の修士制作である《静かなレトリック》(2015)は、弁論・叙述の技術であ

トークイベント・写真展「TOKYO ARCHITECTURE」(千代田区・8/2-4)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 高度成長、国際競技大会、日本万国博覧会を経て2020年。私たちは何を更新してきたのでしょうか。その何を受け継ぎ、新しくすべきでしょうか。本イベントは、このテーマを著名建築家やさまざまな立場のトップランナーと共に議論するものです。今、都市のあり方も、ものづくりの意義も、私たちの生き方・働き方も変革期を迎えています。それらをより良いものに更新できるデザインの素地は、すでに存在しているでしょう。

東京プロジェクトスタディ(千代田区ほか・募集 -7/21)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/07/tps2019-thumb-400xauto-2313.jpg" /></p> &quot;東京で何かを「つくる」としたら&quot;という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつくり、リサーチや実験を繰り返しながらそのプロジェクトの核をつくる試みです。8月~2月にかけて、複数のプロジェクト&quot;スタディ&quot;(勉強、調査、研究、試作)を展開します。 ナビゲーターは、アーティスト、ディレクターなど、関心や属性の異なる「つくり手」が担当。東京という

「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」(ウェブサイト)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> コミュニティのあり方をさまざまな手法で記録・収集し、アーカイブを試みるアーティスト・コレクティブのAuto-community Archivists(オートコミュニティ アーキビスツ)による「記憶の家族 アーカイブ・プロジェクト」のウェブサイトが公開されました。 − だれもが生れながらに属するであろうコミュニティ、家族の成り立ちや暮らしの痕跡を記録、収集し、公開するためのアーカイブプロジェク

篠山建築学校2019(募集・-7/27)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/07/arch-sc-thumb-400xauto-2314.jpg" /></p> 近年、全国的に空き家問題が深刻な課題となっており、丹波篠山市も例外ではありません。空き家となった古民家等が取り壊され、伝統的な景観が失われつつあることも憂慮されます。 丹波篠山市を拠点とする地域工務店のグループ住倶楽部(スクラム)では、持ち前の在来工法の技術と地域でのネットワークを活かして、工務店の立場からこのような地域課題の解決に貢献する活動に取り組んでいます。 その一環として、本プロジェ

ソトノバ・スタジオ「タクティカル・アーバニズムクラス:Park(ing)Dayを実践!」(募集・-7/31)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/07/sotonoba_studio_0731-thumb-400xauto-2315.jpg" /></p> ソトノバが、ソトノバやパブリックスペースに関する能動的な学習と交流の機会として開催する人材育成講座、「ソトノバ・スタジオ」。 第3弾は、「タクティカル・アーバニズムクラス:Park(ing) Dayのノウハウを学び、実践する!」です。[...] 本クラスは、短期的なアクションから長期的変化を促す思想とアプローチである、「タクティカル・アーバニズム」(Tactical Urbanism)について

TOKYO2021 建築展(中央区・8/3-8/24)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 都市の前提が揺らぐ現代社会の変化を背景に、ポストオリンピック・パラリンピック=2021年以後の東京の都市状況を「東京=島京2021」をキーワードに考えたいと思います。建築の教育現場では建築家から架空の設定をもとに課題が出され、それに対して提案が制作されます。課題には時代性や出題者の建築観が盛り込まれます。今回は建築家である中山英之、藤村龍至が「東京=島京2021」の現状に対するオルタナティブを問う

講演会「建築家・藤井厚二を語る」(目黒区・8/24)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/07/mmat_20190713-thumb-400xauto-2316.jpg" /></p> 目黒区美術館で開催中の展覧会「太田喜二郎と藤井厚二──日本の光を追い求めた画家と建築家」の関連イベントとして、8月24日に講演会「建築家・藤井厚二を語る」が開催されます。 日時 2019年8月24日(土)14:00 - 15:30 会場 目黒区美術館 (東京都目黒区目黒2-4-36) 講師 谷藤史彦(ふくやま美術館前副館長)、松隈 章(竹中工務店) 参加 定員70名(先着順・席に限りが

CIRCULATION SAITAMA(埼玉県・募集 -8/23)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> JR京浜東北線やJR埼京線などの鉄道網により都心へのアクセスがよく、居住者の多いさいたま市ですが、東京ーさいたまという縦のラインが強調されがちなため、さいたま市内の横の移動が意識されることがあまりありません。 しかし、レジャー施設や公園、飲食店がたくさんあるさいたま市内をバスや自転車を駆使して移動し楽しみ尽くす視点があってもいいと思います。東京を経由せず、実は多様な魅力が内在するさいたまの価

建築レクチュアシリーズ217 長谷川豪、田根剛(大阪・6/14, 7/19)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/06/aaf_217_2019-thumb-400xauto-2306.jpg" /></p> 大阪を拠点に活動を行う2人の建築家、芦澤竜一氏と平沼孝啓氏が1組のゲスト建築家をお呼びして、年に7回(2カ月に1度、午後7時から)開催する建築レクチュアシリーズ。建築家として作家的な思想をお聞きしながら、作品づくりの手法や建築へのアプローチなどを探ります。 日時 ■ゲストスピーカー:長谷川豪 2019年6月14日(金)19:00 - (18:00開場、20:30終了) ■ゲストスピーカー:田

「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」公開記念トーク(京都・6/29)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> フレデリック・ワイズマン監督の最新作「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」公開を記念し、北小路隆志さんをお迎えしトークイベントを開催します。 精神異常犯罪者の矯正院にはじまり、高校、セントラルパーク、軍事演習場に、移民やマイノリティたちが集まる町と、アメリカという国を部分的にクローズアップ、アーカイブ化するようにして撮影を続けてきたフレデリック・ワイズマン。その最新作でカメラを向けたのは「

トークイベント「イチから考える 記録/メディア」(大阪・7/6)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/06/ichikara190706-thumb-400xauto-2307.png" /></p> 文章や写真、映像など、さまざまなメディアを通じて対象に向き合うことは、「なにか」についてイチから考えることでもあります。 今回は、ふたつの記録集の実践を通して、あらかじめあるフォーマットに対象を当てはめるのではなく、対象自体から「かたち」を立ち上げていくような試み、「記録/メディア」をイチから作っていくことの意味について、考えます。 [ウェブサイトより] 会期 2019年7月6日(土)

早稲田まちづくりシンポジウム 2019 アーバニズムの現在と未来(新宿区・7/21)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/06/toshiforum2019-thumb-400xauto-2308.jpg" /></p> アーバンデザインの手法として住民参加型の「まちづくり」が日本各地で行われるようになり、多くの経験が蓄積されている。その内容は多様で、ボトムアップによる合意形成の方法も市民参加本家アメリカをしのぐほど洗練されてきた。一方、これらのアドホックな「まちづくり」の運動を束ね、これらを大きな都市ビジョンと接続することで、都市に変化をもたらす可能性は十分に議論がされてきただろうか? もし、雲の様に広がる様々

建築家フォーラム第180回「建築という物語による都市の編纂(キュレーション)」(墨田区・7/16)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 7月の建築家フォーラムの講演者は、多方面に天才的能力を持つ建築家・入江経一さんです。 近年、日本の近代建築は文化的建築物を未来に伝えることが非常に困難となっています。第180回のフォーラムでは、建築を個の視点ではなく都市や文化を編纂してゆく装置の一つとして考察し、建築界の《保存と再生》等が偏った状態で継続している点に注目します。講演者は、日常SNSを通じて的確な論点で建築と建築家の役割を社会に

展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」(港区・7/5-27)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> Logistics Architecture(ロジスティクス・アーキテクチャ)研究会は、展覧会「ブルーインフラがつくる都市 -東京港湾倉庫論-」を開催いたします。 2018年春からLogistics Architecture研究会はAI、IoT、ロボット、自動運転などの導入が進む物流が建築と都市を変えていくという問題意識を持ち、建築、都市計画、物流、IT、社会学、地理学の専門家をゲストに招き、物

新南蛮文化シリーズ講演会「建築家・内藤廣が見たスペインの激動の時代」(千代田区・7/8)

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2019/06/arquitecto-hiroshi-naito-thumb-400xauto-2309.jpg" /></p> マドリードの建築家フェルナンド・イゲーラスのアトリエで70年代中頃に勤務していた著名な建築家内藤廣。イゲーラス作品の専門家で著書もあるハコボ・ガルシア-ヘルマンが来日し内藤廣とのトークを行う。 [ウェブサイトより] 会期 2019年7月8日(月) 18:30 - 20:00 会場 Instituto Cervantes (東京都千代田区六番町2-9) ウェブサイト 参加の申し込みはウ

「神社」建築の始まりと多様性(愛知県・7/20)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 「遺構として残る神社建築はせいぜい平安時代であるから、いわゆる「神社建築史」の最初の記述に疑問を抱く人は多いだろう。そこをどのように考えるかについて、日本建築史に興味を持つ方々に実例も交えて提案する。 との主旨で、日本建築史が専門で、神社建築を主要テーマに研究を進められている、黒田龍二・神戸大学教授をお招きし、「神社建築の始まりと多様性」と題して講演していただきます。その上で,参加者のみなさまとこ