Architecture
News

ケンプラッツ

ワークプレイスが創る会社の未来(日経不動産マーケット情報の本)

オフィスは今、「企業価値を創造するワークプレイス」の時代へ。変革を支えるプロ集団が考え方、取り組み方を詳細に解説。「アフターコロナ」も勝ち抜くワークプレイス改革の本質を...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2020(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2019年に完成または2020年以降に完成予定の都内118の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産の価格がわかる本 改訂版(日経不動産マーケット情報の本)

不動産で収益向上をめざす実務者必読!! オフィスビル、商業施設、ホテルなどのアセットごとに、価格の評価に関する知識を習得できます。

決定版!グリーンインフラ(日経コンストラクションの本)

新ビジネスで市場拡大へ。第一線の識者50人以上が国内外の最新事例を解説します!

土はなぜ崩れるのかセット(日経コンストラクションの本)

Q&A形式で学ぶ「土はなぜ崩れるのか」をセットにしました!

これからできる大規模オフィスビル調査データ2019(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2018年に完成または2019年以降に完成予定の都内126の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産テック 巨大産業の破壊者たち(日経不動産マーケット情報の本)

不動産会社化するグーグル、アマゾン、ソフトバンク―。巨大IT企業の目には何が映っているのか?

エコハウス時代の換気トラブルを徹底取材(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 今後増すと見込まれる換気設備の重要性とリスクを踏まえ、日経ホームビルダー7月号の特集では、近年発生したトラブルの事例を徹底取材。その内容を7つに分類しました。

冷凍よりも「調理して高く売れ」、転換期の保存(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

5月24日号の特集「稼げる保存」は、文化財の「活用」を訴え続けているデービッド・アトキンソン氏のインタビューから始まります。同氏は、日本のこれまでの建築保存を「冷凍保存」と...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2018(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

都内128の大規模ビルプロジェクトの詳細データを収録!<日経不動産マーケット情報(編)/ 本体24,000円+税、読者特価:本体10,000円+税 / 発行日:2018年5月31日>

平均年収は680万円に回復するも…5年ぶり労働実態調査どう読む?(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 2018年5月10日号の特集は「労働実態調査2018 脱・長時間労働」です。一級建築士365人のアンケート回答を得て、年収や労働時間、やりがいなどを分析しました。同様の調査を10年前の2008年...

現場ロボット普及前夜、建設会社が手を結べば…(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 古くは「桃太郎」、ベテラン世代は「七人の侍」、現役世代は「ドラゴンボール」……。こういうタイプのストーリー展開を「戦士集結型物語」と名付けるとすると、今号の特集「真の...

家ブログを侮ってはいけない(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 住宅を建設する際に、インターネット上のブログへ工事や打ち合わせの内容を細かく記録する“家ブロガー”が増えています。手間をいとわずにそうした取り組みに注力する建て主は、...

創刊42年、「座して待つ」からの脱却(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 新築需要だけではこの先食っていけない──。今や建築実務者の多くが感じている危機感でしょう。しかし、それ以外に一体どうやって稼げばいいのか──。そのヒントを探るのが4月12...

注目の話題は「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月26日~4月1日のアクセスランキング1位は、2017年が「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」、2016年が「引き戸が人気、省エネ先進国ドイツの窓の最新トレンド」、2015年が「パッシブデ...

注目の話題は「ユニクロの新オフィス公開」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月19日~3月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「ユニクロの新オフィス公開、物流倉庫の最上階」、2016年が「24時間換気があるのに換気不足」、2015年が「『さすが免震と思ったの...

注目の話題は「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月12日~3月18日のアクセスランキング1位は、2017年が「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」、2016年が「ぎふメディアコスモスの屋根に水たまり」、2015年が「またか、東洋ゴム工業が免震材...

中高層建築は木材をこう使う(木材活用 最前線)

東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの2...

激甚化する水害(日経コンストラクションの本)

激甚化する水害や土砂災害について、豊富な写真と資料を交えてメカニズムや社会に与える影響を解説。<気候変動による水害研究会(著)/ 価格:本体2,000円+税 / 発行日:2018年3月27日>

注目の話題は「『働き方改革』を先導する本社移転」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 2月26日~3月4日のアクセスランキング1位は、2017年が「『働き方改革』を先導する本社移転」、2016年が「地震被害で有罪判決、構造設計者の反論」、2015年が「谷口吉郎がホテルオークラ...

ArchDaily

New Zealand Luxury Lodge Features Panoramic Views of Lake Wakatipu

Design Base Architects have shared new details of Waimarino Luxury Lodge, a development on the shores of Lake Wakatipu in Queenstown, New Zealand. The high-end accommodation aspires to create a sustainable destination and an eco-conscious property that connects with nature through villas topped with living roofs. Waimarino – Maori for Still Waters – aims to be a modern, minimalist luxury that reimagines traditional hunting style lodges dotted across New Zealand.

Vertical Urbanization As Seen From Above

Because of the decrease in the availability of land area and the ever-increasing price per square meter, cities often tend to grow vertically. When we picture large metropolitan areas, we almost always imagine high-rise buildings, and the recognizable skyline becomes an icon that immediately evokes the places in which they are located.

UC Berkeley College of Environmental Design’s Virtual Summer Programs: Now Accepting Applications

The College of Environmental Design (CED) at the University of California, Berkeley is offering a slate of introductory and advanced virtual programs for those interested in the fields of architecture, landscape architecture, environmental planning, urban design and sustainable city planning.

Danube Mixed-use Building / COSA Colboc Sachet architectures + DeA architectes + Denu & Paradon architecture

An eco-neighbourhood is emerging on a brownfield site on the outskirts of Strasbourg. At its eastern entrance, COSA is responsible for the coordination of the Block I project and for supporting DEA architectes and Denu & Paradon architecture in the design of the apartment buildings.

Science Labs & Music Center at Panyaden International School / Chiangmai Life Architects

At Chiangmai Life Architects (CLA) our culture is predicated on meeting the challenge of well designed, beautifully executed sustainable buildings.

#11 II House and Office / Beautbureau

The first House #11 was the childhood home of the architect-owner of #11 II. The modest two-bedroom, two-storied detached house with a two-car garage housed the family of five, which later moved out due to the need for more space. The structure was then demolished, and the property emptied, for nearly two decades. One of the siblings has recently returned to the neighborhood to re-build on the old family lot. The architect superimposed #11 II –a new three-bedroom, two-storied house—on top of the approximate L-shaped footprint of the first. Over the old lawn where mango trees grew, at the southwest corner of the lot, now sits an addition –a double-storied building that houses the architect’s office.

Royal Museum of Fine Arts Antwerp / KAAN Architecten

After winning an international competition in 2003 commissioned by the Flemish Government, Dutch architecture office KAAN Architecten has worked intensively on the complex masterplan, renovation, and extension of the Royal Museum of Fine Arts in Antwerp bringing contemporary allure to a glorious, overlooked beauty of the 19th century. 

Zhengzhou Art Museum and Zhengzhou Archives / TJAD/Zeng Qun Architecture Design Studio

Background. Zhengzhou is a rapidly developing regional center. The conflict between its urbanization process and historical memory provides a dualistic and complex background for this project. Zhengzhou art museum and Zhengzhou Archives are located in a cluster architecture area rising from the wilderness in the west of Zhengzhou. Three buildings including this project, together with the Zhengzhou Museum and Zhengzhou Theater, forms the future ‘Cultural Center’ group of the city. There is no urban atmosphere, no surrounding texture constraints, and huge-scale land using, which seems to provide absolute freedom for design. However, the strong planning axes and the dialogue relations with the surrounding buildings bring challenges to the scale and form of this building.

Hut / Takayuki Kuzushima and Associates

This building is a hut-like house on the outskirts of Aichi Prefecture. The area around the building is a peaceful place with fields and bamboo forests. The planned site has two main houses, and a study hut and an agricultural equipment shed attached to them. Several decades ago, there was a livestock hut.

The Laken House / makeAscene

Sits by a lagoon but in the suburb of Bangkok, this week-end getaway house features a laid-back ambience where the dwellers could be unwinded in its serene settings, away from the busy urban routines. Isolated yet within reach from CBD. The overall layout was mainly organized around this dual aspect quality. The arrival front facing the entry road and the opposite reflecting the water surface in. The 2 main axis of the massing are also perfectly aligned the perfect view angle for any living corners in the residence and the other to the entrance from the main road. This creates interesting twist and interlocking massing articulation.

NK Home / Kiên Trúc NDT

NK Home is located in a densely populated area in Bac Ninh province. The project has an area of ​​81m2 (4.5m x 18m) and the main façade is North. This is a typical tube house in Vietnam with the common feature of a narrow façade and an elongated living area. The house is designed for a young couple who love nature so one of their fundamental requirements is to create a living space with a lot of trees and to increase outdoor spaces to the maximum.

Skyview House / William / Kaven Architecture

Situated on a narrow corner lot in Northwest Portland’s Alphabet District, the four-story Skyview residence maximizes panoramic views of Portland’s tallest buildings, five bridges, and several of the Cascade Mountains’ most iconic peaks. Inverting the typical residential program, Skyview’s primary living quarters, entertainment spaces, and kitchen are located on the top floor, where unobstructed views become the backdrop for floor-to-ceiling glass walls that part at the corners. The 30-foot elevation, accessible via a commercial elevator or a floating staircase, raises everyday living above the power lines and traffic noise of a bustling neighborhood.

Children’s School / Salas Arquitectura + Diseño

The new facility is intended for children between three and six years old, it adds to the existing centre classrooms, playground areas, a canteen, offices and common services. It is placed on the ground floor, displayed tangent to the existing school looking for the most favourable orientations.

Mocoli House / Orense Arquitectos

Mocoli house tries to be a sculpture that captivates by its purist line, reflection and silence; an encounter with yourself and create captivating tours which are the main axles in the search of generating a new connection between the natural and a space to live in achieving in its interior various nuances of centinal light, where nature is the main character and remains marked by pure architecture that in the most intimate spaces achieves a spiritual connection, escaping from the day to day tension.

Ducasse Paris School Campus / Arte Charpentier Architectes

The major new training centre of 5 000 m², dedicated to the transmission and promotion of French gastronomic expertise, is located in the outlying district of Meudon-la-Forêt on the edge of the forest.

T House / Sanden+Hodnekvam Architects

The site is located in the outskirts of Trondheim, Norway. The area consists of smaller wooden houses, forest and a big lake, and is preserved by the municipality with strict regulations. The building is a reinterpretation of the traditional housing buildings in the area, Trønderlåna.

What is Architecture? Insights from Peter Cook, Anna Heringer, Moon Hoon, and Greg Lynn

Simple in form but complex in substance, “What is Architecture?” remains an existential question for a lot of architecture students and young professionals. In an attempt to define this ever-changing interrogation and expose the different visions out there, the interview series: WIA – What is architecture? asks four, straightforward, questions to world-leading architectural designers and thinkers. Seeking to uncover their opinion on what architecture is and what it can do, these short videos reveal responses to “What is architecture? What can architecture do? What is your architectural position? and What is your design method?”.

Foster + Partners Transforms Historic Industrial Building into Offices for Acciona in Madrid, Spain

Foster + Partners is leading massive refurbishment works on a historic building in Madrid. The renovation project that will put in place an office building for Acciona, seeks to revitalize an abandoned old industrial building built in 1905, generating over 10,000 square-meters of new spaces.

Thanh Long Bay Gallery / MIA Design Studio

Thanh Long Bay is located at Viet Nam’s coastal which is Ke Ga's Lighthouse. The project has a model house section as well as being a welcome hall for new coming-to-town guests. Due to the main purpose of the building is for guests and showroom gallery, the inside space requires clearness with the capability of hosting numbers of people when needed.

Kengo Kuma Designs Luxury Villas for Red Sea Project in Saudi Arabia

Kengo Kuma & Associates has designed a series of luxury villas for a new tourism development in Saudi Arabia. The project was commissioned by The Red Sea Development Company (TRSDC) as part of The Red Sea Project. Featuring seven typologies, the design will include villas built on land and overwater. The project aims to set new standards in sustainable development as a global tourism destination.

Dezeen

West Stow Lodge by Project Orange features a traditional exterior and a pared-back interior

Oak joinery, white-painted bricks, and concrete flooring were used to make the interior of this new house in Suffolk, England, more contemporary than its traditional pitched-roof exterior (+ slideshow). (more…)

Interactive online documentary Refugee Republic awarded twice at Dutch Design Awards 2015

Dutch Design Week 2015: agency Submarine Channel won two prizes at this year's Dutch Design Awards with its web narrative that presents life and experiences in a refugee camp. (more…)

Lukstudio suspends metal wires to look like drying noodles at Chinese restaurant

Shanghai-based Lukstudio has reinterpreted a traditional Chinese food drying rack with a metal grid structure and hanging wires for a noodle bar in Changsha (+ slideshow). (more…)

Ben Jones’ Dot Net video uses animation to recreate Battles’ “technicolour sounds”

Music: director Ben Jones has collaborated with experimental rock band Battles on a riotous animation-heavy film that questions society's addiction to "screen time". (more…)

FCC Arquitectura and Paulo Lobo transform old Portuguese wine estate into a tourist attraction

A wine estate near the city of Lixa, Portugal, has been converted into a hotel for wine tourism, featuring rustic stone structures and contemporary buildings clad in pre-weathered steel or timber slats (+ slideshow). (more…)

Lose track of time on Dezeen’s new clocks Pinterest board

We've created a clocks Pinterest board full of unique time-keeping devices to remind UK readers to turn their clocks and watches back an hour as British Summertime officially ends tonight. Follow Dezeen on Pinterest | See more clock-related design on ...

This week, Sagrada Família reached a milestone and Nike launched Back to the Future shoes

This week on Dezeen: Antoni Gaudi's Sagrada Família basilica entered the final stage of construction this week 90 years after the architect's death, while Nike celebrated Back to the Future day with the release of its eagerly anticipated self-lacing shoes. (more…)

Daniele Cristiano’s Calibro sideboard references an old ammunition box

Italian designer Daniele Cristiano has created a multipurpose storage unit that is shaped to look like a vintage ammunition chest. (more…)

MOS Architects creates modular house made entirely from corridors

Chicago Architecture Biennial 2015: New York-based studio MOS Architects has created an installation that explores the possibility of building homes using only corridor and hallway-like spaces (+ slideshow). (more…)

Floris Schoonderbeek’s Groundfridge chills food without electricity

Dutch Design Week 2015: this globe-shaped fridge by Dutch designer Floris Schoonderbeek is intended to be buried underground, keeping food cool without using electricity. (more…)

US job of the week: designer at Atelier de Troupe

Our US job of the week on Dezeen Jobs is for a designer at Los Angeles studio Atelier de Troupe, which designed 18 new suites for the boutique hotel L'Hôtel du Ministère (pictured). Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Snøhetta’s new building for SFMOMA nears completion

San Francisco Museum of Modern Art has released the first images of Snøhetta's near-complete extension building showing its striated facade and atrium. (more…)

Staab Architekten chosen to extend Berlin’s Bauhaus-Archiv with “almost frail” design

Berlin architect Volker Staab has won a competition to extend the Bauhaus archive and museum in the German capital, designed by founder Walter Gropius in the 1960s. (more…)

“Robotic construction and 3D printing are the future” says Wolf D Prix

Combining robotic fabrication with 3D printing offers "amazing" opportunities for architecture and could help solve the global refugee crisis, according to Coop Himmelb(l)au founder Wolf D Prix (+ interview). (more…)

The Dezeen Jobs guide to getting your first job in the design industry

How can young designers break into the industry? In the first of a new series of careers-advice columns from Dezeen's recruitment platform Dezeen Jobs, Rob Bye offers some tips. (more…)

Bird heads and leaping golfers adorn Jason Page’s alternative golfing suits

Dutch Design Week 2015: golf outfits have received a graphic makeover from Design Academy Eindhoven graduate Jason Page, whose collection of alternative attire is designed to make the sport more accessible. (mor...

Rick Owens opens first Los Angeles store in 1920s ribbon factory

Fashion designer Rick Owens has opened his first store in Los Angeles on North La Brea avenue – installing architectural elements influenced by a legendary filmmaker within a former industrial space (+ slideshow). (more…)

Assemble’s Granby Workshop social enterprise in Liverpool will sell locally produced homeware

Turner Prize-nominated architecture collective Assemble has launched a Liverpool-based workshop selling homeware made in collaboration with local artists and craftspeople (+ slideshow). (more…)

Job of the week: project architects at DSDHA

Our job of the week on Dezeen Jobs is for architects at DSDHA, whose projects include a house designed to camouflage with its surroundings. Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Gaudi’s Sagrada Família enters final stage of construction

The Sagrada Família basilica has entered its final stage of construction, over 100 years since its foundation stone was laid and 90 years after its designer Spanish architect Antoni Gaudi died. (more…)

Plataforma Arquitectura

Vivienda Social São João de Deus / Brandão Costa

El barrio de viviendas sociales de São João de Deus, se adaptó originalmente a un diseño que siguió los parámetros de diseño británico del movimiento 'Ciudad Jardín': edificios de pequeña escala dispuestos racionalmente y de manera fragmentada sobre el suelo, siguiendo la naturaleza del topografía y adaptación a la exposición solar, configurada en planta concéntrica.

Sede de Procuradores / Jorge Vidal

El proyecto nace de la voluntad de construir una atmósfera confortable, sensual y representativa de la tarea que desarrolla el ICPTB. Un ambiente definido por materiales naturales y nobles que mejoran con el paso del tiempo. Las relaciones establecidas entre los materiales –relaciones de proximidad, contacto y narrativa– acercan el espacio a la belleza de un clásico.

Sigma Coffee / Atelier Waterside

Este proyecto de renovación va dirigido a una pequeña tienda de café, Sigma Coffee. Una cafetería destinada a la comunidad y cuyo objetivo es transmitir la visión de la marca a través de un espacio relajante y compartido. La escala de la renovación radica en la sala de estar, separada de la unidad residencial original, ubicada en el primer piso de una vivienda colectiva. Esta casa de 8 pisos es parte de la Comunidad Tiyu Dong, construida en la década de 1990. Frente a la tienda, se encuentra un sector con hierba silvestre. Por lo tanto, pensar en cómo introducir el paisaje verde en el espacio interior ha sido el punto de partida del diseño.

Fábrica de redes sociales / People’s Architecture Office

Fábrica de redes sociales (Social Network Factory) se encuentra en los terrenos del Centro de Arte y Cultura Sea World en Shekou, Shenzhen. Es una instalación de arte que se focaliza en activar el espacio público.

Casa privada en Kratigos / b-group

La casa se encuentra en una colina en Kratigos Mytilene con vistas panorámicas del mar Egeo y con la exuberante vegetación de la pendiente adyacente. El diseño toma en consideración y aprovecha la orientación de la parcela, así como las formaciones del terreno, permitiendo que la residencia se abra completamente hacia la vista azul del paseo marítimo y la vista verde de la pendiente mientras que la elevación noroeste asegura la privacidad de la residencia. Las líneas geométricas dinámicas y los principios del diseño contemporáneo se entrelazan para ofrecer el diseño final tanto para el edificio como para su paisaje.

Ladrillos de vidrio en casas argentinas: Iluminación natural y privacidad con bloques traslúcidos

A la hora de crear espacios arquitectónicos, numerosos arquitectos y arquitectas coinciden en que no solo es importante, sino también necesario, incorporar luz natural en los interiores, abordando diversas estrategias para regular su cantidad y definir cualidades como su matiz y direccionalidad. A pesar de esto, en proyectos residenciales, donde los requerimientos de privacidad suelen ser mayores que en, por ejemplo, edificios de usos compartidos –oficinas, restaurantes, locales-, a la hora de definir las características de los cerramientos muchos optan por operar con materiales que aseguren grados de protección visual más altos y diluyan el contacto con los exteriores públicos -ya sea mediante la incorporación de elementos opacos, o mediante envolventes y tamices-. Sin embargo, hay algunos materiales que permiten asegurar el ingreso de una gran cantidad de luz natural controlada durante el día, pero sin que ello implique una pérdida de privacidad.

Premiación Obra del Año 2020: Edificio Bonpland / Adamo Faiden

El próximo martes 9 de marzo, haremos el anuncio de una nueva edición, el Premio Obra del Año 2021, y como antesala de este nuevo capítulo hemos organizado una serie de encuentros virtuales con cada uno de los ganadores del ODA 2020 para conocer en profundidad a los tres proyectos elegidos por nuestros lectores. De esta manera, llevaremos a cabo la premiación de la Obra del Año 2020 a través de una experiencia completamente digital que será posible gracias a la colaboración de nuestros partners Crest y Fundermax.

Casa de los pórticos / Adrián Avilés Arquitectos

Revalorización Patrimonial: El programa arquitectónico se desarrolló en una preexistencia patrimonial, que por su clasificación municipal, permitió ejecutar cambios significativos que permitieron valorar, rescatar y restaurar, tanto sus elementos constructivos como su materialidad. Adicionalmente los espacios fueron modificados estrictamente en relación a la función del programa arquitectónico.

Oficinas Carazo Arquitectura / Carazo Arquitectura

Nuestra visión del futuro de los espacios de oficinas se plasma en este proyecto en donde prima la calidad de vida y el confort natural de sus usuarios, reduciendo lo mejor posible el impacto al ambiente, en vez de enfocarse en la tecnología como único o principal elemento de un sitio de trabajo. 

Condominio Sense Xangri-lá / Ideia1

Sense es un barrio ubicado en la ciudad costera de Xangri-Lá, en el sur de Brasil. El desarrollo alberga 144 sitios para casas que bordean un lago. El diseño de las instalaciones incluye un club social con salones, una piscina al aire libre sobre el lago y un pequeño complejo de spa. Otras estructuras, como una puerta de entrada, una cancha de tenis cubierta y una barbacoa, también están dispuestas sobre las áreas comunes del desarrollo.

El concepto principal del diseño es el lujo y la simplicidad, centrándose en la elegancia inherente de cada material. El diseño tiene como objetivo hacer referencia a la esencia de la arquitectura brasileña, a través del hormigón, la madera y el vidrio, que materializa los edificios; así como la integración entre construcción y naturaleza.

Comienzan las obras de renovación de la pirámide de Tirana en Albania diseñada por MVRDV

La construcción del proyecto de MVRDV para la pirámide de Tirana en Albania comenzó a partir del 4 de febrero de 2021. Rehabilitando lo que una vez fue un monumento comunista, la propuesta transforma la estructura brutalista en un nuevo centro para la vida cultural de Tirana. Preservando la cáscara de hormigón, la intervención abrirá el atrio del edificio y los alrededores, mientras que un pequeño pueblo de cafés, estudios, talleres y aulas impregnará el sitio.

Casa Green Box / ALE Estudio

Cuando Rafa y Marisa vinieron a nuestro estudio para pedirnos que les ayudáramos con la reforma de la casa que acababan de adquirir en una urbanización a las afueras de Madrid, nos explicaron cómo era el hogar en el que querían vivir. Pensaban en una casa eficiente y sostenible, donde hubiera mucha luz natural y las estancias fueran abiertas y despejadas para poder acoger a sus hijas y nietos con comodidad.

Galería de dibujo de Richard Rogers / Rogers Stirk Harbour + Partners

Rogers Stirk Harbour + Partners (RSHP) con Château La Coste presentan el trabajo final de Richard Rogers que comenzó antes de su retiro en junio de 2020. Château La Coste, un área de 500 hectáreas de excepcional belleza natural es un lugar de destino internacional, reconocido por el arte y la arquitectura.

Pabellón Block West / Automated Architecture (AUAR) Labs

Con el telón de fondo de un gobierno que no financia suficientemente la vivienda asequible, nuevas colaboraciones con laboratorios de investigación y grupos comunitarios reclaman la producción local de viviendas en Bristol (Reino Unido). Bajo la dirección del laboratorio de investigación AUAR Labs, de Bartlett School of Architecture, UCL, la organización de arte digital dirigida por ciudadanos Knowle West Media Centre (KWMC) y la científica social Claire McAndrew (Bartlett School of Architecture), la comunidad local de Knowle West "se ha puesto al día" con la tecnología del diseño y la automatización de la construcción, co-diseñando, fabricando y ensamblando por completo su propio prototipo de vivienda. Llamado "Block West", el prototipo de vivienda está construido con 145 bloques de madera en forma de lego y fue ensamblado por la comunidad en menos de dos semanas.

Startup de Colombia utiliza residuos de café para hacer viviendas sociales

Entre los problemas sociales que enfrenta Colombia, se encuentra la falta de vivienda digna para gran parte de la población. Una encuesta realizada por el centro de estadísticas de población del país reveló que el 35% de los colombianos se encuentra dentro del rango de pobreza, sin acceso a condiciones de vida adecuadas.

Casa en Tatarka Hill / Drozdov & Partners

Según la leyenda, Kiev es una ciudad construida por siete colinas. Uno de ellos es Tatarka, un barrio histórico en el centro de la ciudad que forma una estrecha colina serpenteante entre Podol y Lukyanovka. El sitio donde se planificó construir esta casa unifamiliar se encuentra justo en esta colina, a la cual solo se puede llegar desde la calle Nagornaya por una calle lateral estrecha que baja la colina y conduce a un característico anfiteatro. Utilizamos esta característica del paisaje en la creación de un entorno de vida, ubicando el volumen principal de tal manera que tenga la mejor percepción posible de todo el territorio. El espacio habitable principal está elevado y tiene conexión con toda la parcela a lo largo de su perímetro.

IDOM presenta el nuevo Estadio de San Lorenzo en Argentina

La oficina española de arquitectura IDOM se encuentra al frente del nuevo estadio de San Lorenzo en Boedo, Argentina.

Casa Mocoli / Orense Arquitectos

Casa Mocolí intenta ser una escultura que cautiva por su línea purista, reflexión y silencio; el encuentro con uno mismo y crear recorridos atrapantes son ejes principales en la búsqueda de generar una nueva conexión entre lo natural y el espacio a habitar logrando en su interior diversos matices de luz cenital, donde la naturaleza es protagonista y queda enmarcada por la misma arquitectura, que en sus espacios más íntimos consigue una conexión espiritual escapando de la tensión del día a día.

Miguel Eyquem, fundador de la Ciudad Abierta de Ritoque, fallece a los 98 años

El arquitecto chileno Miguel Eyquem, cofundador del Instituto de Arquitectura de la Pontificia Universidad Católica de Valparaíso y miembro fundador de la Ciudad Abierta de Ritoque, falleció en la madrugada de hoy según indica por redes sociales la Corporación Cultural Amereida - Ciudad Abierta.

Ventanas redondas: De los barcos a la arquitectura contemporánea

Hay dos razones principales por las que las ventanas de los barcos son redondas. Son más fáciles de sellar y, sobre todo, son más resistentes a la alta presión que ejerce el agua sobre ellas. Esto se debe a que las esquinas son los lugares donde, naturalmente, se concentran las tensiones, debilitando la estructura en su conjunto. Es también por eso que las ventanas de los aviones son pequeñas y redondeadas; las altas presiones se distribuyen en las formas curvas, reduciendo la probabilidad de grietas o roturas.

designboom

jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian

moved by the music of the traditional chinese string instrument ruan-xian, jeff dayu shi has formed a set of bamboo presented at beijing design week 2015. The post jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian appeared first ...

neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch

when touched, the packages will timidly glow right where the contact was generated, thanks to a thermochromic paint coating that makes it sensitive to heat. The post neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch appe...

gwwo constructs dupont environmental education center

a four-story timber structure located on a protected marshland unites the natural and urban worlds, providing an educative program for the community. The post gwwo constructs dupont environmental education center appeared first on designboom | archite...

custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched


the ‘big bad wolf’ track monster was created with no cutting or welding to XJR1300 frame and everything except the tank, handlebar, and rear light was custom made.

The post custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched appeared first on designboom | architecture & design magazine.

magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms

esparto grass rugs, woven by the women of murcia, traditionally assume circular or rectangular forms, magma and dhiama modify this tradition for a new look. The post magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms appeared first on desig...

schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop

created for the design workshop of studio renova ring, a steel and timber combined table and stool set has been developed. The post schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop appeared first on designboom | architecture...

ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink


the company’s advanced thermal technology cools and heats food and beverages while maintaining precise temperatures for hours.

The post ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink appeared first on designboom | architecture & design magazine.

MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam

the furniture showroom uses internal courtyards, skylights, with an emphasis on eco-friendly techniques to give visitors a comfortable experience. The post MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam appeared fi...

anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport


located in a grove of trees, the three-sided, partially-covered structure provides protected parking for a single car, with two additional uncovered spots for guests.

The post anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport appeared first on designboom | architecture & design magazine.

frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum


the display focuses on the bold ideas that are the driving force behind gehry’s creativity, tying together their background and process with his unwavering conviction.

The post frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum appeared first on designboom | architecture & design magazine.

galway hotel paris concept by architect taras kashko

located in the city's historic district, the conceptual lodge features 25 guest and grand guest rooms, with a lounge/bar, and shops at the ground floor level. The post galway hotel paris concept by architect taras kashko appeared first on designboom |...

philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience


shadow, light and and sound intercept and surround architectural elements, immersing visitors in an environment where spacial dimensions seem to participate in an orchestrated score.

The post philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience appeared first on designboom | architecture & design magazine.

d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam


the design aimed to turn the space into one that could look and feel nicer than at home while the challenge was found when illuminating the dark space that only had a few big windows in the front façade.

The post d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam appeared first on designboom | architecture & design magazine.

stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano


this updated version has a shallower depth than its predecessor, responding to the fact that television screens today are much thinner compared to those of the past.

The post stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano appeared first on designboom | architecture & design magazine.

model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you


the new ‘no.3’ twin tube single arc cantilever frame features elegant double curved down tubes that increases lateral stiffness for speed while absorbing road shock for comfort.

The post model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you appeared first on designboom | architecture & design magazine.

jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york


just steps from the city's elegant fifth avenue, construction work has finally begun on the much-anticipated skyscraper.

The post jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york appeared first on designboom | architecture & design magazine.

morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square


in zocalo square, the heartland and most significant public space in mexico city, morag myerscough and luke morgan have realized a landmark installation that encourages visitors and passersby to consider their surrounds.

The post morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square appeared first on designboom | architecture & design magazine.

miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut

comprising 1.200sqm, the design of this penthouse was primarily driven by the desire to create airy spaces that would unite comfort with a minimalist feel. The post miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut appeare...

bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality


conceived as aesthetically pleasing sex toys and displayed during dutch design week, the designer hopes the unusual and intricate pair of objects will break the barriers between art and objects of lust.

The post bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality appeared first on designboom | architecture & design magazine.

renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car


the idea of simplicity, visible and aesthetically assumed structure, geometric elegance and light guided the designers in the creation of the ‘coupé c’ concept car.

The post renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car appeared first on designboom | architecture & design magazine.

architecturephoto.net

【ap job更新】 株式会社 岸研一建築設計事務所が、設計スタッフ(正社員・準社員・パート・アルバイト)を緊急募集中

株式会社 岸研一建築設計事務所の、設計スタッフ(正社員・準社員・パート・アルバイト)の緊急募集のお知 […]

小松隼人建築設計事務所による、山口・岩国市の住宅「岩国の家」

小松隼人建築設計事務所が設計した、山口・岩国市の住宅「岩国の家」です。 山口県岩国市の中心部近くに位 […]

久米貴大+チャンヴィタン・ワタンヤ / Bangkok Tokyo Architectureによる、タイ・バンコクの、既存戸建住宅を改修増築したギャラリー「Sōko」

久米貴大+チャンヴィタン・ワタンヤ / Bangkok Tokyo Architectureが設計し […]

井上亮+吉村明 / Inoue Yoshimura studioによる、神奈川・川崎市の住宅「庇窓の2世帯住宅」

井上亮+吉村明 / Inoue Yoshimura studioが設計した、神奈川・川崎市の住宅「庇 […]

久米貴大+チャンヴィタン・ワタンヤ / Bangkok Tokyo Architectureによる、タイ・チェンマイでの最小限自主施工住宅のプロトタイプ「Hut A」

久米貴大+チャンヴィタン・ワタンヤ / Bangkok Tokyo Architectureが設計し […]

堀部安嗣が「2020毎日デザイン賞」を受賞。選考委員には、岸和郎・深澤直人・岡﨑乾二郎らが名を連ねる

堀部安嗣が「2020毎日デザイン賞」を受賞しています。選考委員には、岸和郎・深澤直人・岡﨑乾二郎・大 […]

【ap job更新】 ビャルケ・インゲルス率いる「BIG」が、東京をベースとする建築士を募集中

ビャルケ・インゲルス率いる「BIG」の、東京をベースとする建築士募集のお知らせです。詳しくは、ジョブ […]

abanba / 番場俊宏+番場絵理香による、神奈川の、横浜市電保存館「しでんほーる」

abanba / 番場俊宏+番場絵理香が設計した、神奈川の、横浜市電保存館「しでんほーる」です。 横 […]

小松隼人建築設計事務所による、山口・周南市の住宅「周南の家」

小松隼人建築設計事務所が設計した、山口・周南市の住宅「周南の家」です。 敷地は山口県周南市の中心市街 […]

隈研吾による、フランス・パリの、日本の腕時計ブランドの店舗「Grand Seiko Boutique Vendome」の写真

隈研吾のウェブサイトに、フランス・パリの、日本の腕時計ブランドの店舗「Grand Seiko Bou […]

中川エリカの建築展「JOY in Architecture」について、藤村龍至・西田司・萬玉直子が語っている動画

中川エリカの建築展「JOY in Architecture」について、藤村龍至・西田司・萬玉直子が語 […]

毛綱毅曠が1972年に完成させた住宅「反住器」の現在の様子を紹介する動画。同建築を訪問した藤森照信のコメントも収録

毛綱毅曠が1972年に完成させた北海道の住宅「反住器」の現在の様子を紹介する動画です。同建築を訪問し […]

「そこはまるで“ポツンと一軒家”~震災後の集団移転で~」(NHK)

「そこはまるで“ポツンと一軒家”~震災後の集団移転で~」という記事が、NHKのサイトに掲載されていま […]

加瀬谷章紀+綱川大介 / I.R.A.による、東京・足立区の住宅「鍵形の家」

加瀬谷章紀+綱川大介 / I.R.A.が設計した、東京・足立区の住宅「鍵形の家」です。 駅から徒歩1 […]

隈研吾建築奨学財団が設立、2021年度の奨学生を募集。建築学専攻の院生が対象で返済は不要

隈研吾建築奨学財団が設立されていて、2021年度の奨学生を募集しています - kengo-kuma- […]

田中裕之建築設計事務所による、宮崎市の飲食店「TAKE RESTAURANT&CAFE」

田中裕之建築設計事務所が設計した、宮崎市の飲食店「TAKE RESTAURANT&CAFE」 […]

乾久美子と中川エリカが「リサーチと設計」をテーマに対談している動画。ギャラリー・間での個展に合わせて企画されたもの

乾久美子と中川エリカが「リサーチと設計」をテーマに対談している動画。中川のギャラリー・間での個展に合 […]

【ap job更新】 水戸・東京・九州を拠点に図書館・学校等の公共建築を手掛ける「三上建築事務所」が、2022年度の意匠・構造・設備の設計スタッフ(新卒・経験者)を募集中

水戸・東京・九州を拠点に図書館・学校等の公共建築を手掛ける「三上建築事務所」の、2022年度の意匠・ […]

斉藤智士 / 建築設計事務所SAI工房による、大阪・狭山市の住宅「M+K邸」

斉藤智士 / 建築設計事務所SAI工房が設計した、大阪・狭山市の住宅「M+K邸」です。 大阪の南東に […]

【ap job更新】 Ishimori Architectsが、設計スタッフを募集中

Ishimori Architectsの、設計スタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当 […]

建築系検索エンジンKenKen!

アトリエ設計事務所のオンライン企業説明会【建築学生・若手向け】

アトリエ設計事務所によるオンライン企業説明会を開催します(参加無料)。アトリエ設計事務所の代表者から、具体的な業務内容や採用情報に加え、仕事の“やりがい”や、“おもしろ...

伊東建築塾「自分の興味をカタチにする」作品展示会

10代向けのクリエイティヴスクール「GAKU」(渋谷PARCO9階)にて、伊東建築塾による中高生の作品展示会&トークイベントを開催

一般社団法人 建築環境設計支援協会 2020年度冬期講座(オンライン)のご案内

一般社団法人 建築環境設計支援協会(SABED)では、年2回講座を開講しています。2020年度冬期は、建築 CFD、屋内環境を主な対象とした照明(昼光照明)シミュレーション、BIM(Building Inform...

アート・アーカイヴ資料展XXI 槇文彦と慶應義塾 Ⅰ:反響するモダニズム

本展では三田キャンパスと日吉キャンパスを軸に、慶應義塾と槇文彦の関係性を結節点として彼の建築を取り上げる。長い伝統をもつ三田キャンパスや、それとは全く異なる歴史を辿った...

わたしらしい住まいづくり 第30回記念セミナー「3.11&コロナ後の建築」上野千鶴子氏

東京大学入学式祝辞で日本中をざわつかせ、多くの人の心を突き動かした社会学者・上野千鶴子氏。上野氏に建築を熱く語っていただきます。わたしらしい住まいづくりだから聞ける上野...

「保坂猛」オンライン建築家講演会「LOVE HOUSE から LOVE2 HOUSE へ」

建築家の保坂猛さんのオンライン講演会を開催いたします。保坂氏は大学院在学中より建築設計SPEED STUDIOを同級生と設立。現在は保坂猛建築都市設計事務所を設立し、様々な設計に取り組...

建築家セミナー2021 建築家 豊田啓介 『建築情報学から広がる未来』

今回の建築家セミナーの講師は、建築にデザインとデジタル技術を掛け合わせた『コンピューテーショナルデザイン』を提唱する建築家の豊田啓介氏。第一部として豊田氏のご講演、第二...

パビリオン・トウキョウ2020

藤森照信、妹島和世、藤本壮介、平田晃久、石上純也、藤原徹平、会田誠 他

建築設計 2.0.1-設計者とユーザーの関わり方-

本イベントは、芝浦工業大学 建築研究会1年生と4年生が『バーチャルSNS cluster』で設計者とユーザーの設計段階における新たな関わり方を模索します。 イベント参加者は、私たちの研究内...

東京のワクワクする未来を考える 都市計画家 饗庭伸×コミュニティデザイナー 山崎亮

第5回目は、饗庭さんがコミュニティデザイナーの山崎亮さんをゲストに招き対談します。山崎さんはコミュニティデザイナーとして、地域の人が地域の課題を自分たちで解決するために...

広瀬鎌二建築展SH+第3回/VR展

去る11/14~19に建築会館ギャラリーで開催された「広瀬鎌二建築展SH+第3回」をVRで再構成しました。図面・写真・原図・動画など、様々なコンテンツをバーチャルに体験できます。

都市計画家 饗庭伸×哲学者 篠原雅武 「東京のワクワクする未来を考える」

このプログラムは、ニューヨーク在住の都市建築家である重松健さんと、東京在住の都市計画家である饗庭伸さんをコーディネーターとしてお招きし、それぞれが掲げる未来の東京の都市...

JIA建築セミナー2020「2030年、活動と建築と人がつなぐものーワークショップのパイオニアたち」

「プレイフルラーニング」をキーワードに先進的かつ独創的な学の場つくりを実践する上田信行先生(同志社女子大学名誉教授・ネオミュージアム館長)と、建築家の小堀哲夫氏(小堀哲...

「改正省エネ法」情報交換セミナー 第3回「説明義務制度」にポジティブに取り組む!そ

2021年度から300㎡未満の住宅・建築物の設計時に建築士に課せられる義務への備え シリーズ第3回目ですが、初めての方でも受けられます!

謳う建築

建築×詩(ことば)のコラボレーション 多彩な文芸家が、住まいを体感し創作します。

隈研吾展

現代日本を代表する建築家のひとり、隈研吾(1954-)の大規模な個展

重松健×乙武洋匡 「東京のワクワクする未来を考える」

このプログラムは、ニューヨーク在住の建築・都市計画家である重松健さんと、東京在住の都市計画家である饗庭伸さんをデュアルコーディネーターとしてお招きし、それぞれが掲げる未...

【建築家登壇! 無料講演会のご案内】Japan Home & Building Show

著名な建築家・学識者が登壇し、建築業界の動向・最新情報を発信します。様々なテーマを取り上げ、講演会を通じて皆さんの課題解決となるヒントを提供します。聴講料無料! オンラ...

ひろしまたてものがたりフェスタ2020

建築公開イベント「ひろしまたてものがたりフェスタ2020」では、11月20~23日の4日間で広島・呉市内の22建物でのガイドツアーや特別公開を行います。

オープンしなけん2020

品川区にある歴史的・魅力的建築物を巡る1日限りのイベント「オープンしなけん2020」を今年も開催します。

建設通信新聞

公告一般入札・阪神高速道路

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【阪神高速道路】 〈簡易…

入札結果・京都市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市】 (2月28日)▽京都市醍醐…

連載・住民の感性を考慮した長寿命化修繕計画(8)

【国際建設技術協会国際建設技術研究所 研究第三部主任研究員(ニュージェック)保田 敬一/飽きのこない…

研修計画は197コース/国土交通大学校

 国土交通大学校は、2017年度の研修計画を策定した。「国民の安全・安心の確保」「生産性向上による成…

入札結果・近畿整備局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近畿整備局】 (2月21日)▽京都御…

建設論評・成長戦略を競う時だ

 大手ゼネコンを始めとする建設業界の業績が好調だ。2017年度の第3四半期決算では、四半期決算を開示…

入札結果・近江八幡市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近江八幡市】 (2月28日)▽近江八…

話題縦横・JAPIC研究会が提言/“日本を元気にする”複数プロジェクト

【地方創生の起爆剤として注目】 日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、宗岡正二会長)の国土・未来プ…

入札結果・東近江市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【東近江市】 (2月27日)▽市立能登…

催し物・第3回なら景観フォーラム

 ◇奈良県主催「第3回なら景観フォーラム」 11日午後1時30分から午後4時まで、奈良市の奈良県文化…

本日、一部地域で新聞が届かないため、電子版を公開いたします

17年度予算・木津川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 京都府木津川市の2017年度予算案は、一般会計が前年度…

17年度予算・寝屋川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 大阪府寝屋川市の2017年度予算案は一般会計が前年度比…

入札結果・京都市上下水道局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市上下水道局】 (2月23日)▽…

コンペ&プロポーザルDigest

【◆発注者【件名・設計範囲】委託方法=末尾は本紙掲載日】◎募 集◆大阪府【守口警察署新築工事基本・実…

17年度予算・伊丹市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。伊丹市   骨格で2.2%減 兵庫県伊丹市の2017年度…

三方よしのインフラメンテ/JFMAら/福島で3月7日にシンポ

 日本ファシリティマネジメント協会 (JFMA、山田匡通会長)とインフラメンテナンス国民会議は7日、…

JIA日本建築大賞・優秀建築賞・新人賞・25年賞・環境建築賞

 日本建築家協会(JIA)は、25日に開いた優秀建築選公開審査でJIA建築大賞のほか、新人賞、環境建…

二川幸夫写真集『天上の庭』/3月4日からGAギャラリーで展示

 建築写真家であり出版人としても建築の表現を追求した二川幸夫が遺した最後の写真集『天上の庭』(エーデ…

公告一般入札・西日本高速道路新名神京都事務所

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【西日本高速道路新名神京…

AKICHIATLAS

新建築論考コンペティション 2021

今年から始まった論考コンペ。審査員は青木淳氏。課題は「コロナの時代の私たちと建築」

複合施設のプロポーザル

複合施設のプロポーザル

UKIHAデザインコンペ 第2回

「UKIHAデザインコンペ」は、ヒノキやスギなどの地域材や耕作放棄地等の未利⽤の樹⽊(柿など)を活⽤するためデザインの知恵を借りて、オリジナルの商品を製作していくプロジェクト。特賞作品は、実際に試作・製品化される。

Architecture and Utopia: Henning Larsen Foundation 2020/21 Competition

スケッチとわずかな単語で建築的なユートピアを表現するアイディアコンペ。主催はヘニング・ラーセン財団。

気候変動やサステイナブル、所得創出など、住宅の多様な社会問題に取り組んでいるプロジェクトを表彰。完成前でも応募可。

気候変動やサステイナブル、所得創出など、住宅の多様な社会問題に取り組んでいるプロジェクトを表彰。完成前でも応募可。

ウッドワン指定商品を使った作品をアワード

ウッドワン指定商品を使った作品をアワード

International Prize of Sacred Architecture 2020

宗教建築を対象として4年に1度開かれるアワードで、今年が7回目。

スポットが当たっていなかったり危機に直面している文化遺産を25組選出し、地域と連携して保存活動を支援するプログラム。隔年開催で2020年は愛媛県の岩松地区が選出され、ハワイの財団から住宅復元改修工事の支援を受けている。

スポットが当たっていなかったり危機に直面している文化遺産を25組選出し、地域と連携して保存活動を支援するプログラム。隔年開催で2020年は愛媛県の岩松地区が選出され、ハワイの財団から住宅復元改修工事の支援を受けている。

第56回 セントラル硝子国際建築設計競技 / Central Glass International Architectural Design Competition

今年のテーマは「交感する空間」

第14回 建築九州賞(作品賞)

九州地方のローカリティに基づき建築分野の文化向上に貢献した作品を顕彰する。住宅部門と一般建築物部門の2つの部門がある。

令和二年度 とやま県産材建築物コンクール

富山県産材の利用の促進に関し、優良な事例の施設の建築主及び設計、施工に関わった者を顕彰

子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン、子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン、子どもたちを産み育てやすいデザインを顕彰する。対象は商品や建築・空間、コンテンツ、活動、リサーチなど。

子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン、子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン、子どもたちを産み育てやすいデザインを顕彰する。対象は商品や建築・空間、コンテンツ、活動、リサーチなど。

ナショナルギャラリー創立200年を記念してウェルカム空間を再構築する実施コンペ。事前審査で選ばれた5チームがコンペティションステージへ進む。2024年5月竣工。

ナショナルギャラリー創立200年を記念してウェルカム空間を再構築する実施コンペ。事前審査で選ばれた5チームがコンペティションステージへ進む。2024年5月竣工。

アメリカの建築雑誌が毎年最も活躍した建築家10名を選出するアワード。経験10年以内が対象、未完成作品も含め5〜8作品を提出する。

アメリカの建築雑誌が毎年最も活躍した建築家10名を選出するアワード。経験10年以内が対象、未完成作品も含め5〜8作品を提出する。

No Waste Challenge

廃棄物と消費主義の気候変動への影響をテーマとする、国際的なデザインコンペティション

PHASE FREE AWARD 2021

「フェーズフリー」をわかりやすい形で皆さんに知ってもらうこと、より多くの「フェーズフリー」を皆さんに生み出してもらうこと、さらに、皆さんからの「フェーズフリー」が社会に新しい気づきを生むこと、この3つを目的に開催される「フェーズフリーアワード」

イギリスの構造技術者協会が主催する構造に焦点を当てた国際アワード

イギリスの構造技術者協会が主催する構造に焦点を当てた国際アワード

Tree House Park Design Competition For Young Architects

イスタンブール郊外チェキメキョイの森林に建てる、現代のツリーハウスデザインを募集する。志願理由とポートフォリオによって選出された10組が、デザインステージに進む。

イギリスのウェブマガジンが主催するアワードで、カテゴリーは建築・インテリア・プロダクト・グラフィック・教育プログラム・メディアと幅広い。2019年6月1日から2021年6月2日の間に竣工・引き渡し完了している作品が対象。プロダクト関係は、その間に最終プロトタイプができているか、生産に入っていることが条件。

イギリスのウェブマガジンが主催するアワードで、カテゴリーは建築・インテリア・プロダクト・グラフィック・教育プログラム・メディアと幅広い。2019年6月1日から2021年6月2日の間に竣工・引き渡し完了している作品が対象。プロダクト関係は、その間に最終プロトタイプができているか、生産に入っていることが条件。

IOC IPC IAKS Architecture and Design Award for Students and Young Professionals 2021

30歳以下の若手建築家と学生を対象としたスポーツレジャー施設のアイディアコンペ。コミュニティや都心をアクティブな場に変える革新的なアイディアを求む。

10+1

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫刻という幸いについて」が開催されます。 - 彫刻家・青木野枝は、大気や水蒸気をモティーフに、万物がうつろいゆくなかの生命の尊さをあらわしてきました。その彫刻は、鉄や石膏という固く重い素材を用いながら、周囲の空気をまとって、とても軽やかに見えます。 作品のほとんどが展示場所に合わせて作られ、展示が終

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画として、2月15日に磯崎新氏と浅田彰氏による対談が行われます。 日時 2020年2月15日(土)14:00- 会場 国立国際美術館 B1階 講堂 (大阪府大阪市北区中之島4-2-55) 参加費 無料、定員130名、要事前申込 申込方法の詳細はウェブサイトをご確認ください ウェブサイト イ

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しかし、「公=みんなのもの・場所」としてとらえてみると、「公」とは、一人ひとりの「私」が重なり合い、立ち上がっていくものとして考えることができます。「公」と「私」をどのように認識するかによって、まちでの生活や個人のふるまいを妨げたり、逆に広げたりすることにもつながるのではないでしょうか。 今回のディス

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どのような出来事の変遷を経て、形成されてきたのでしょうか。それをなぞろうと、私ではない他者の記憶や記録というフィルター越しに風景を眺めなおしたとき、「いま」の捉えかたはどのように変容するのでしょうか。 今回のディスカッションでは、記録の少ない敗戦直後の東京の姿を探るため、米軍やアメリカ人個人によって

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してきました。  本展は、演出家・アーティストである高山明(Port B)の企画によって、どこでも再現可能な形態でつくられた都市のインフラ/構成要素を「模型」として捉え、現在の東京のリアルな姿を浮かび上がらせる試みです。高山明の演劇的手法によって、展示空間は日々生成変化する場となり、東京という都市に接

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。[ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水)19:00 - 21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョ

ソトノバ・アワード2019公開最終審査会(千代田・2/8)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 2019年12月-2020年1月にかけて、募集をした、ソトノバ・アワード2019。2017年、2018年に引き続き、3回目の開催です。日本全国から10のプロジェクトの応募がありました。二次審査でもある、公開最終審査会には、10のプロジェクトが選出されました。そこで、公開最終審査会を開催します。応募者のプレゼンと審査を傍聴できるほか、一般投票賞が当日参加者の投票により決まります。 [ウェブサイ

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開催します。 藤森氏は建築史家としての活動を経て1991年45歳で建築家デビュー。以降28年にわたり、どこか壊かしさを感じる藤森流の建築を数多く発表しています。 本セミナーでは近作解説のほか、素材の調達方法、建築を移動可能に仕上げる「木造モノコック」などにも触れながら、藤森氏の設計スタイルについてお

展覧会「Daisuke Motogi / DDAA LAB Exhibition "FRUITS BOWL"」(渋谷区・2/4-2/16)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築家・元木大輔が代表をつとめるDDAAによる展覧会&quot;FRUITS BOWL&quot;を開催します。同名のZINEの販売のほか、会期中の2月8日にはフルーツサワーを出すイベントも。ぜひ足をお運びください。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月4日(火)- 2月16日(日) 開館時間 12:00 - 20:00 会場 ユトレヒト (東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマ

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

<p><img src="https://www.10plus1.jp/information/assets_c/2020/02/symposium_200307-thumb-400xauto-2359.jpg" /></p> 日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのような変容をもたらすのか、テクノロジーは建築デザインをどこに導こうとするのかをテーマにシンポジウムを企画する。 かつて近代建築を語る際、「機能的なものは美しい」という命題が繰り返された。戦後日本において、幾人かの建築家はテクノロジーの進歩を素直に建築に表現すれば自ずと近代建築になり、今は見た目が無骨で

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="https://www.10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水) 19:00-21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ

202003 リサーチとデザイン ──ネットワークの海で建築(家)の主体性と政治性を問う |青井哲人|連勇太朗|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_am_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2364.jpg" /></p> 観察と実践をめぐる中動態的モデル:コーンとサンドウィッチ 青井哲人──編集部から投げかけられたテーマは「リサーチとデザインの関係をめぐって」というものです。関連する近年の話題として、貝島桃代さんがキュレーターを務めた2018年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の日本館展示「建築の民族誌(Architectural Ethnography)」がありました。デザインを直接に扱ってはいませんが、当然

202003 いまこそ「トランスディシプリナリティ」の実践としてのメディアを ──経験知、生活知の統合をめざして |南後由和|貝島桃代|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_nk_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2361.jpg" /></p> 都市や空間の枠組みからの解放と創造 編集──本日はよろしくお願いします。今日は南後さん、貝島さんの近年のご関心、お仕事から、世界的なさまざまな建築・都市メディアの展開、そして今号で更新が最後となる「10+1 website」の20年間、そしてこれからのメディアのあり方、議論の方法など、多岐にわたるお話を伺いたいと思っています。南後さんがサバティカルから一時帰国された際に、進行中のとても興味深い研

202003 独立した美術・批評の場を創出するために |五十嵐太郎|鷲田めるろ|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_iw_thumb-thumb-400xauto-2362.jpg" /></p> ビルバオの衝撃から芸術祭まで 編集──五十嵐太郎さんと鷲田めるろさんには、雑誌時代から「10+1」において美術や建築をめぐるさまざまな議論を展開していただきました。最終号の本対談では美術と建築のあり方を総括していただき、今後の展望についてお話を伺いたいと思います。まずは「10+1」が活動してきた26年の間における美術、建築の動向についてお聞かせください。 鷲田めるろ氏 鷲田めるろ──よろし

建築の概念の拡張 |石上純也|田根剛|

<p><img src="https://www.10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_it_thumb-thumb-400xauto-2374.jpg" /></p> ───本対談は、2018年4月、「石上純也──Freeing Architecture」展(カルティエ現代美術財団)の開催およびそのカタログである『自由な建築』(LIXIL出版)の発行を機に、非公開で行われました。それからおよそ2年を経て、両氏ともに注目すべき活動を展開され続けていますが、ここで語られていることは、両氏の活動の軌跡を捉えるためだけでなく、現代の建築を考える上でも確かな意義があるもの

建築の概念の拡張 |石上純也|田根剛|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_it_thumb-thumb-400xauto-2374.jpg" /></p> ───本対談は、2018年4月、「石上純也──Freeing Architecture」展(カルティエ現代美術財団)の開催およびそのカタログである『自由な建築』(LIXIL出版)の発行を機に、非公開で行われました。それからおよそ2年を経て、両氏ともに注目すべき活動を展開され続けていますが、ここで語られていることは、両氏の活動の軌跡を捉えるためだけでなく、現代の建築を考える上でも確かな意義があるもの

202003 リサーチとデザイン ──ネットワークの海で建築(家)の主体性と政治性を問う |青井哲人|連勇太朗|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_am_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2364.jpg" /></p> 観察と実践をめぐる中動態的モデル:コーンとサンドウィッチ 青井哲人──編集部から投げかけられたテーマは「リサーチとデザインの関係をめぐって」というものです。関連する近年の話題として、貝島桃代さんがキュレーターを務めた2018年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の日本館展示「建築の民族誌(Architectural Ethnography)」がありました。デザインを直接に扱ってはいませんが、当然

202003 いまこそ「トランスディシプリナリティ」の実践としてのメディアを ──経験知、生活知の統合をめざして |南後由和|貝島桃代|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_nk_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2361.jpg" /></p> 都市や空間の枠組みからの解放と創造 編集──本日はよろしくお願いします。今日は南後さん、貝島さんの近年のご関心、お仕事から、世界的なさまざまな建築・都市メディアの展開、そして今号で更新が最後となる「10+1 website」の20年間、そしてこれからのメディアのあり方、議論の方法など、多岐にわたるお話を伺いたいと思っています。南後さんがサバティカルから一時帰国された際に、進行中のとても興味深い研

202003 独立した美術・批評の場を創出するために |五十嵐太郎|鷲田めるろ|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_iw_thumb-thumb-400xauto-2362.jpg" /></p> ビルバオの衝撃から芸術祭まで 編集──五十嵐太郎さんと鷲田めるろさんには、雑誌時代から「10+1」のなかで美術や建築をめぐるさまざまな議論を展開していただきました。最終号の本特集では美術と建築のあり方を総括していただき、今後の展望についてお話を伺いたいと思います。まずは「10+1」が活動してきた26年の間における美術、建築の動向についてお聞かせください。 鷲田めるろ氏 鷲田めるろ──よろし

第12回:大変動の時代の建築 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 変化の時代に何ができるか 私たちの社会はいま、巨大な変化のうねりのなかにある。その変化は地球規模の気候変動にも、あるいは同じくグローバルな社会変動にも現れている。この圧倒的スケールの変化のなかで、私たち一人ひとりに何ができるのか? 建築にいったい何ができるのか? ときに無力感に苛まれながらも、さまざまな分野のなかで多様な人々が日々奮闘している時代に、私たちは生きている。 筆者自身も、この変化