Architecture
News

ケンプラッツ

不動産の価格がわかる本 改訂版(日経不動産マーケット情報の本)

不動産で収益向上をめざす実務者必読!! オフィスビル、商業施設、ホテルなどのアセットごとに、価格の評価に関する知識を習得できます。

決定版!グリーンインフラ(日経コンストラクションの本)

新ビジネスで市場拡大へ。第一線の識者50人以上が国内外の最新事例を解説します!

土はなぜ崩れるのかセット(日経コンストラクションの本)

Q&A形式で学ぶ「土はなぜ崩れるのか」をセットにしました!

これからできる大規模オフィスビル調査データ2019(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

2018年に完成または2019年以降に完成予定の都内126の大規模ビルプロジェクトの詳細データを、加工が可能で独自の分析に便利なExcelファイル形式で収録しています。

不動産テック 巨大産業の破壊者たち(日経不動産マーケット情報の本)

不動産会社化するグーグル、アマゾン、ソフトバンク―。巨大IT企業の目には何が映っているのか?

エコハウス時代の換気トラブルを徹底取材(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 今後増すと見込まれる換気設備の重要性とリスクを踏まえ、日経ホームビルダー7月号の特集では、近年発生したトラブルの事例を徹底取材。その内容を7つに分類しました。

冷凍よりも「調理して高く売れ」、転換期の保存(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

5月24日号の特集「稼げる保存」は、文化財の「活用」を訴え続けているデービッド・アトキンソン氏のインタビューから始まります。同氏は、日本のこれまでの建築保存を「冷凍保存」と...

これからできる大規模オフィスビル調査データ2018(CD-ROM)(日経不動産マーケット情報の本)

都内128の大規模ビルプロジェクトの詳細データを収録!<日経不動産マーケット情報(編)/ 本体24,000円+税、読者特価:本体10,000円+税 / 発行日:2018年5月31日>

平均年収は680万円に回復するも…5年ぶり労働実態調査どう読む?(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 2018年5月10日号の特集は「労働実態調査2018 脱・長時間労働」です。一級建築士365人のアンケート回答を得て、年収や労働時間、やりがいなどを分析しました。同様の調査を10年前の2008年...

現場ロボット普及前夜、建設会社が手を結べば…(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 古くは「桃太郎」、ベテラン世代は「七人の侍」、現役世代は「ドラゴンボール」……。こういうタイプのストーリー展開を「戦士集結型物語」と名付けるとすると、今号の特集「真の...

家ブログを侮ってはいけない(編集長が語る日経ホームビルダーの見どころ)

 住宅を建設する際に、インターネット上のブログへ工事や打ち合わせの内容を細かく記録する“家ブロガー”が増えています。手間をいとわずにそうした取り組みに注力する建て主は、...

創刊42年、「座して待つ」からの脱却(編集長が語る日経アーキテクチュアの見どころ)

 新築需要だけではこの先食っていけない──。今や建築実務者の多くが感じている危機感でしょう。しかし、それ以外に一体どうやって稼げばいいのか──。そのヒントを探るのが4月12...

注目の話題は「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月26日~4月1日のアクセスランキング1位は、2017年が「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」、2016年が「引き戸が人気、省エネ先進国ドイツの窓の最新トレンド」、2015年が「パッシブデ...

注目の話題は「ユニクロの新オフィス公開」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月19日~3月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「ユニクロの新オフィス公開、物流倉庫の最上階」、2016年が「24時間換気があるのに換気不足」、2015年が「『さすが免震と思ったの...

注目の話題は「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 3月12日~3月18日のアクセスランキング1位は、2017年が「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」、2016年が「ぎふメディアコスモスの屋根に水たまり」、2015年が「またか、東洋ゴム工業が免震材...

中高層建築は木材をこう使う(木材活用 最前線)

東京都目黒区のホテル雅叙園東京において、「木材活用フォーラム2017」が2017年11月に開催された。同フォーラムで開かれた3つのパネルディスカッションの概要を紹介する。セッションの2...

激甚化する水害(日経コンストラクションの本)

激甚化する水害や土砂災害について、豊富な写真と資料を交えてメカニズムや社会に与える影響を解説。<気候変動による水害研究会(著)/ 価格:本体2,000円+税 / 発行日:2018年3月27日>

注目の話題は「『働き方改革』を先導する本社移転」など(バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング)

 2月26日~3月4日のアクセスランキング1位は、2017年が「『働き方改革』を先導する本社移転」、2016年が「地震被害で有罪判決、構造設計者の反論」、2015年が「谷口吉郎がホテルオークラ...

木造のコツは「燃え抜けない」設計(木材活用 最前線)

中大規模木造には、新しい木質材料や技術工法が次々と登場しており、また法制度の整備も進んでいる。中大規模建築の木造化・木質化について防火の観点から、桜設計集団代表の安井昇...

2017年4月号 「意匠と雨仕舞いは両立せず?」 後編(事例で分かる雨漏り修理のツボ)

 築5年の鉄骨造の店舗併用住宅で、大量の雨漏りが発生。2階の外壁は意匠性塗装仕上げ、1階は磁器質タイル。見栄えのする外観だが、外装材に十分な防水性能が備わっていなかった。前...

ArchDaily

Mishel House / Zozaya Arquitectos

The house is located in Zihuatanejo on a hill more than one hundred meters above sea level, so it has very privileged views of the Pacific Ocean.

Natura Building / Diez+Muller Arquitectos

The Tumbaco Valley: Tumbaco Valley has become a highly developed residential zone, achieving in recent years a significant population growth. The vast majority of people who inhabit the valley work in the city, which has meant that this area is being transformed into a small dormitory town. This resulting in: long journeys, vehicular congestion, pollution and an extended development, lacking services and equipment. The project emerges from the interest of a group of people to attack this problem. Thus, a mixed-use building (offices and housing) is proposed, promoting certain concepts: work close to home, work and live in contact with nature, and consolidation of the city.

The Gaslight Workspace / dMFK + Bureau de Change Architects

On behalf of I.S.A. (Holdings), dMFK architects and Bureau De Change architects have completed the transformation of an Art Deco building on Rathbone Street, creating a contemporary and flexible workspace in this vibrant corner of Fitzrovia. The Gaslight embraces innovative modern design, whilst celebrating the distinct design heritage of the building and paying homage to the area, famed for its history of artisanal workshops and craftsmanship.

The American-Inspired Russian Architecture

From the famous Kitchen Debate between Nikita Khrushchev and Richard Nixon to the popularity of Henry Ford within the USSR, the hundreds of factories designed by Detroit engineer Albert Kahn for Soviet Russia, and skyscrapers erected in Moscow, the Cold War had a peculiar side to it, that is the Russian fascination with American culture and technology.

Zicht Zag Installation / Zoetmulder

‘Zicht Zag’ by ZOETMULDER in the ruins of a burned down church in Rotterdam Dutch design agency ZOETMULDER designed a folly, an intentionally useless structure, to give new meaning to the ruins of the burned down Juliana Church in Rotterdam. The minimal design and natural materialization enhance the experience of these bittersweet yet beautiful surroundings. Fate strikes on August 6, 2017. The Juliana Church on Heijplaat, in the harbour of Rotterdam, burns down. ZOETMULDER looked at it as a spatial gift, a publicly accessible space: Julianaplein. A new village square for the residents of Heijplaat.

When Machines Design: Artificial Intelligence and the Future of Aesthetics

Are machines capable of design? Though a persistent question, it is one that increasingly accompanies discussions on architecture and the future of artificial intelligence. But what exactly is AI today? As we discover more about machine learning and generative design, we begin to see that these forms of "intelligence" extend beyond repetitive tasks and simulated operations. They've come to encompass cultural production, and in turn, design itself.

Guha / RAW Architecture

Guha is an combination of new and renovation project based on previously "The Guild" located in Taman Villa Meruya. The Project consist of Omah Library, Dental Clinic, residence and Realrich Sjarief’s studio named Guha Bambu, The studio is Realrich Architecture Workshop (well known by name of RAW Architecture).

Brickell Flatiron, Miami’s Tallest All-Residential Tower, Is Now Completed

Miami’s tallest luxury condominium, the recently completed Brickell Flatiron tower is designed by architect Luis Revuelta, with interiors created by Italian design architect Massimo Iosa Ghini. Standing tall at 736-feet-high, the residential building is the newest icon of Brickell's Financial District

The Women’s House of Ouled Merzoug / Building Beyond Borders

Text by Hannah Van Breen. In Ouled Merzoug, a small earthen village near the Atlas Mountains of Morocco, a piece of land was offered by the community to the recently founded women’s association AFOM (Association des Femmes d’Ouled Merzoug). Within the postgraduate certificate Building Beyond Borders, organized by UHasselt SEE, the participants designed and built in close collaboration with local women and workers. The end result of this participatory process is a Women's House: a meeting, working and learning place in the centre of the village. A place where women can share their crafts with the community and visitors. In this project, the limits of the sustainable buildings were challenged by maximizing the use of local and regenerative materials and the confrontation between traditional and contemporary building techniques.

Harvard GSD Announces Series of Online Public Events for April

Harvard GSD is presenting during the month of April 2020, an online series of talks and webinars via Zoom, where attendees can interact and submit questions. Accessible for everyone who registers, the events are also streamed live to the GSD's YouTube page.

BIG’s Twist Museum Photographed Through the Lens of Jacob Due

The new Twist Museum by Bjarke Ingels Group is open in Norway. Traversing the winding Randselva river, the inhabitable bridge is torqued at its center, forming a new journey and art piece within the Kistefos Sculpture Park in Jevnaker. The project was recently captured through a series of images by photographer Jacob Due. The photos explore the museum's formal approach and place the design in its larger natural context.

Cage House / T -architects

We met the client who had a request to design a new 76-square-meter house (4,5 meters wide and 17 meters long) in the urban area of Thanh Hoa, a city in the middle part of Vietnam. The owner wished to have a three-story house providing a space for a family of four people, a young couple and two children. Before the concept stage, they gave us some requirements to follow: a house differently compared to around ones in the neighborhood and a house with a strong connection between the family members.

Spotlight: Jean Prouvé

A figure whose work blurred the line between the mathematical and the aesthetic, French industrial designer, architect, and engineer Jean Prouvé (8 April 1901 – 23 March 1984) is perhaps best remembered for his solid yet nimble furniture designs, as well as his role in the nascent pre-fabricated housing movement. His prowess in metal fabrication inspired the Structural Expressionist movement and helped to usher in the careers of British High-Tech architects Richard Rogers and Norman Foster.

Fish Trap house IV Houli / Cheng Tsung FENG

Artist Cheng Tsung FENG applies Taiwanese traditional fish traps as the theme of artwork. Invited hundreds of local in Taichung to workshops to learn weaving the art craft of the fish trap. With them hundreds of fish trap was made and hang bamboo sign with their wishes on it. People surround hand by hand unite together. Rewrite the precious art craft which is going to vanish into our memory and body.

House in Coombe Park / Eldridge London Architects & Designers

Eldridge London’s House in Coombe Park, Kingston, is located in a secluded enclave of inter-war suburban bungalows and takes a markedly contrasting approach to the redevelopment of the site from the pastiche neoclassical neighbours being built nearby. 

Kaleidoscope Kindergarten / SAKO Architects

Kaleidoscope in Tianshui is a kindergarten located in Tianshui City, Gansu Province, China. The first fascinating feature is using ten different colors that apply to a total amount of 438 pieces of colored glass as the main design element. The team adopts the color elements on the places above the glass doors and windows, including the handrails of corridors and stairs. It supposed to be the kindergarten that applies the most significant numbers of colored glass in the current world.

CAIUS Office / Studio Glume

CAIUS is a fashion business consulting firm founded by former media fashion professionals. The office is situated in Huangpu District, Shanghai in a lane house with unique Long Tang atmosphere. In contrast to the traditional building façade, the designers have created a contemporary interior space, applying modern gestures that are minimalist and transitional, along with the finishing touch of raw elegance.

Studio Inkline / INKLINE Design Studio

INKLINE studio and workshop is an office project we embarked on to house our design studio and the workshop for our furniture/product manufacturing. The design is an example of Vernacular Architecture heavily inspired by Japanese crafts – Origami, which is easily seen in the design of the roof. Origami was used to develop the roof structure which is the main element of the structure as it canopies over the frame of the building. Several iterations later using parametric modelling in Revit to control the undulation of the roof structures after establishing nodes and folding line, we realized this. A roof structure with open façade to portray a welcoming embrace to the studio which has the entrance also used for the showroom of products and furniture.

Venus House / Ming Architects

The brief for this intermediate terrace house in Singapore requires discreet separation of spaces for the clients, a large inter-generational family. Due to the family size, more floor area was required than the usual building envelope could support. As the site is small, the challenge was to create sufficient space and yet achieve privacy between the separate spaces and zones for the individual family members. In a highly dense built-up country like Singapore, creation of space within tight limits is a necessity for successful architecture. 

Zoning Mountain / studio velocity

In Toyama City, Toyama Prefecture, the office, salon and office staff are planning to place three houses on one site. Toyama is surrounded by a steep, folding screen-like mountainous area of ​​3000m class such as the Northern Alps and Tateyama Mountains on three sides, and the mountains carry clean snow-melt water nearby, and a large plain like a deep bay. Blessed with a beautiful and rich natural environment that spreads out, you can see the four seasons changing.

Dezeen

West Stow Lodge by Project Orange features a traditional exterior and a pared-back interior

Oak joinery, white-painted bricks, and concrete flooring were used to make the interior of this new house in Suffolk, England, more contemporary than its traditional pitched-roof exterior (+ slideshow). (more…)

Interactive online documentary Refugee Republic awarded twice at Dutch Design Awards 2015

Dutch Design Week 2015: agency Submarine Channel won two prizes at this year's Dutch Design Awards with its web narrative that presents life and experiences in a refugee camp. (more…)

Lukstudio suspends metal wires to look like drying noodles at Chinese restaurant

Shanghai-based Lukstudio has reinterpreted a traditional Chinese food drying rack with a metal grid structure and hanging wires for a noodle bar in Changsha (+ slideshow). (more…)

Ben Jones’ Dot Net video uses animation to recreate Battles’ “technicolour sounds”

Music: director Ben Jones has collaborated with experimental rock band Battles on a riotous animation-heavy film that questions society's addiction to "screen time". (more…)

FCC Arquitectura and Paulo Lobo transform old Portuguese wine estate into a tourist attraction

A wine estate near the city of Lixa, Portugal, has been converted into a hotel for wine tourism, featuring rustic stone structures and contemporary buildings clad in pre-weathered steel or timber slats (+ slideshow). (more…)

Lose track of time on Dezeen’s new clocks Pinterest board

We've created a clocks Pinterest board full of unique time-keeping devices to remind UK readers to turn their clocks and watches back an hour as British Summertime officially ends tonight. Follow Dezeen on Pinterest | See more clock-related design on ...

This week, Sagrada Família reached a milestone and Nike launched Back to the Future shoes

This week on Dezeen: Antoni Gaudi's Sagrada Família basilica entered the final stage of construction this week 90 years after the architect's death, while Nike celebrated Back to the Future day with the release of its eagerly anticipated self-lacing shoes. (more…)

Daniele Cristiano’s Calibro sideboard references an old ammunition box

Italian designer Daniele Cristiano has created a multipurpose storage unit that is shaped to look like a vintage ammunition chest. (more…)

MOS Architects creates modular house made entirely from corridors

Chicago Architecture Biennial 2015: New York-based studio MOS Architects has created an installation that explores the possibility of building homes using only corridor and hallway-like spaces (+ slideshow). (more…)

Floris Schoonderbeek’s Groundfridge chills food without electricity

Dutch Design Week 2015: this globe-shaped fridge by Dutch designer Floris Schoonderbeek is intended to be buried underground, keeping food cool without using electricity. (more…)

US job of the week: designer at Atelier de Troupe

Our US job of the week on Dezeen Jobs is for a designer at Los Angeles studio Atelier de Troupe, which designed 18 new suites for the boutique hotel L'Hôtel du Ministère (pictured). Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Snøhetta’s new building for SFMOMA nears completion

San Francisco Museum of Modern Art has released the first images of Snøhetta's near-complete extension building showing its striated facade and atrium. (more…)

Staab Architekten chosen to extend Berlin’s Bauhaus-Archiv with “almost frail” design

Berlin architect Volker Staab has won a competition to extend the Bauhaus archive and museum in the German capital, designed by founder Walter Gropius in the 1960s. (more…)

“Robotic construction and 3D printing are the future” says Wolf D Prix

Combining robotic fabrication with 3D printing offers "amazing" opportunities for architecture and could help solve the global refugee crisis, according to Coop Himmelb(l)au founder Wolf D Prix (+ interview). (more…)

The Dezeen Jobs guide to getting your first job in the design industry

How can young designers break into the industry? In the first of a new series of careers-advice columns from Dezeen's recruitment platform Dezeen Jobs, Rob Bye offers some tips. (more…)

Bird heads and leaping golfers adorn Jason Page’s alternative golfing suits

Dutch Design Week 2015: golf outfits have received a graphic makeover from Design Academy Eindhoven graduate Jason Page, whose collection of alternative attire is designed to make the sport more accessible. (mor...

Rick Owens opens first Los Angeles store in 1920s ribbon factory

Fashion designer Rick Owens has opened his first store in Los Angeles on North La Brea avenue – installing architectural elements influenced by a legendary filmmaker within a former industrial space (+ slideshow). (more…)

Assemble’s Granby Workshop social enterprise in Liverpool will sell locally produced homeware

Turner Prize-nominated architecture collective Assemble has launched a Liverpool-based workshop selling homeware made in collaboration with local artists and craftspeople (+ slideshow). (more…)

Job of the week: project architects at DSDHA

Our job of the week on Dezeen Jobs is for architects at DSDHA, whose projects include a house designed to camouflage with its surroundings. Visit the ad for full details or browse other architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.

Gaudi’s Sagrada Família enters final stage of construction

The Sagrada Família basilica has entered its final stage of construction, over 100 years since its foundation stone was laid and 90 years after its designer Spanish architect Antoni Gaudi died. (more…)

Plataforma Arquitectura

Casa Orozco: el proyecto de Luis Barragán y José Clemente Orozco en Guadalajara

Este artículo forma parte de una colaboración con el sitio web coolhuntermx, fue originalmente publicado con el título "Luis Barragán y José Clemente Orozco, la casa que proyectaron juntos", escrito y fotografiado por David Lozano Díaz en colaboración con Lorena Darquea.

Casa de campo adosada / QBi Corp.

Esta lujosa residencia, es un ejemplo absoluto de un diseño que satisface las preferencias de la pareja de propietarios -más que solo encantar el gusto del arquitecto. Los clientes, que tienen exitosos negocios, también cuentan con mucha experiencia en la vida, por lo que tienen una concepción arquitectónica diferente. Mientras que él ama el estilo único y creativo, ella favorece algo que sea práctico y conveniente. Combinados, inspiraron al arquitecto Tran Le Quoc Binh para un diseño ingenioso.

El potencial compositivo del ladrillo a la vista en 13 edificios residenciales

La rotación, el desplazamiento y el entrelazado de bloques son algunas de las operaciones que permiten la diversidad de composiciones con el uso de ladrillos a la vista en la arquitectura. La conformación de estos elementos individuales, generalmente utilizados para la construcción de muros, se ha explorado de manera creativa para componer fachadas de edificios residenciales, que representan la identidad formal del edificio en sí y su relación con el contexto en el que se emplaza.

Ciudad de México busca evitar propagación de COVID-19 sin suspender plan de reconstrucción por sismos de 2017

Debido a los recientes acontecimientos relacionados a COVID-19, el gobierno de la Ciudad de México en conjunto con la Comisión para la Reconstrucción de la Ciudad de México anunció que el plan de reconstrucción relacionado a los sismos del 19 de septiembre de 2017, no deberá suspenderse por lo que se tomarán medidas sanitarias y de distanciamiento que permitan continuar con los apoyos y procesos.

Casa Verde / Zen Architects

Situada en un estrecho terreno en Melbourne, Casa Verde fue inspirada por la conexión de nuestros clientes con el paisaje y representa el uso innovador de los principios del diseño sustentable.

Gilles Saucier de Saucier+Perrotte Architectes: “La arquitectura es algo que nunca olvidarás”

Gilles Saucier, un importante arquitecto canadiense y socio del estudio Saucier+Perrotte Architectes, fundado en 1988 en Montreal, me invitó a su estudio para debatir sobre sus metodologías comentándome, entre otras cosas, de qué manera comienza sus proyectos de diseño y cuáles son sus principales fuentes de inspiración. Con el simple hecho de observar y visitar sus edificios, uno puede pensar que este arquitecto le otorga una especial relevancia al rendimiento y la eficiencia. Sus edificios impecablemente construidos y vanguardistas parecen rememorar a los coches de carreras de Fórmula 1. Pero cuando uno ingresa en la oficina de Saucier, un laboratorio oscuro y misterioso donde el arquitecto experimenta en primera persona con raíces de árboles, ramas, madera, vidrio, rocas, resina, cera de abejas y otros materiales orgánicos, el verdadero enfoque e intención de su trabajo comienza a salir a la luz.

Casa Mishel / Zozaya Arquitectos

La casa se encuentra en Zihuatanejo en un cerro a más de cien metros de altitud sobre el nivel del mar, por lo que goza de unas vistas muy privilegiadas al océano pacífico.

Edificio Urban Style 2 / F2M Arquitectos

Urban Style 2 es un edificio de vivienda multifamiliar compuesto por seis unidades de dos ambientes, resueltas en cuatro niveles, ubicado en Villa Urquiza.

Hotel Navakitel Design / Junsekino Architect and Design

Nakhon Si Thammarat es una de las ciudades más antiguas en el sur de Tailandia, y es la ubicación del Hotel Navakitel Design. El sitio está rodeado de comercio y residencias.

Este hotel consta de 68 unidades de alojamiento, vestíbulo en la planta baja y terraza abierta en el tercer piso para organizar las actividades del hotel.

El Festival Mundial de Arquitectura mantiene su planificación para diciembre y ofrece tiempo adicional de inscripción

El Festival Mundial de Arquitectura (WAF) y el Festival Mundial de Interiores (INSIDE), están programados para celebrarse entre el 2 y el 4 de diciembre en Lisboa. La organización tiene la intención de mantener la fecha del evento, mientras que las oficinas de arquitectura y diseño de todo el mundo continúan enviando sus proyectos.

Casa Takenoyama 3 / Tomoaki Uno Architects

Después de resolver los problemas de deslizamiento de tierra, habernos informado sobre las restricciones por la normativa y los posibles métodos de construcción, se nos hizo muy difícil idear un plan para aprovechar al máximo el terreno.

Pequeño ático en Gràcia / NORA studio

Esta intervención trata de dar una nueva vida a un antiguo ático, anteriormente usado como el depósito de agua del edificio. La idea primaria era acumular las diferentes actividades que se podían albergar en el mínimo número de espacios, además de conectar lo máximo posible estas actividades con la terraza, que es casi tan grande como el apartamento.

Balcones costeros / Pseudonyme

Tres balcones se elevan sobre el mar; con vistas a la playa, marcan el inicio de un vasto proyecto de reurbanización costera, destinado a fortalecer el carácter de este pequeño pueblo en la costa de Ópalo.

Aeropuerto Internacional Florianópolis / Biselli Katchborian Arquitetos

El aeropuerto internacional de Florianópolis se sometió a un proceso de privatización en 2017. Las demandas del operador actual llevaron al diseño de una terminal con dos niveles operativos (embarque y desembarque) y diez puentes de salida. Esta estructura completamente nueva se instaló frente a la pista principal, en un territorio sin ocupación previa, para permitir que la terminal existente se desactive. Para permitir su implementación en el lado terrestre, se diseñaron nuevos accesos desde la ciudad y nuevas áreas de estacionamiento. En el lado aéreo, se construyeron nuevas calles de rodaje y una nueva plataforma de aviación.

Sobre la disminución de emisiones en ciudades después del COVID-19

De Wuhan a Nueva York, el epicentro del coronavirus se mueve de este a oeste y deja atrás una asombrosa cantidad de muertes. Hemos leído alarmantes informes, así como noticias contradictorias que nos recuerdan todos los días que vivimos tiempos difíciles y sin precedentes. Sin embargo, he aquí una buena noticia: las emisiones en las ciudades están disminuyendo, y la naturaleza sigue su curso regenerativo. Pero ¿cuánto durará esto?

Despacho brasileño Terra e Tuma presenta “Copia sinvergüenza” en la Ciudad de México

Como parte de la agenda cultural de LIGA, Espacio para arquitectura en la Ciudad de México, el cuarteto brasileño Terra e Tuma, conformado por Danilo Terra, Fernanda Sakano, Pedro Tuma y Juliana Terra, presenta un proyecto que describe su arquitectura de oficio: un trabajo de copia y repetición. Tal y como se anuncia en el sitio web oficial de LIGA, la inauguración prevista para el día miércoles 18 de marzo, fue cancelada con motivo de los recientes acontecimientos relacionados a COVID-19 en la Ciudad de México. Sin embargo, a través de publicaciones digitales como esta, se busca dar difusión al proyecto par abrir el diálogo y la reflexión en torno al mundo de la arquitectura.

Construyendo empatía: diseño centrado en humanos y nuevos territorios, según Zarith Pineda

El diseño centrado en el ser humano coloca a las personas en el centro de nuestras ciudades. Utilizando esta filosofía para repensar los enfoques tradicionales de planificación, la diseñadora arquitectónica y urbana Zarith Pineda fundó Territorial Empathy. El laboratorio de investigación de Pineda se especializa en mitigar conflictos urbanos a través de intervenciones arquitectónicas. En los últimos años, su equipo ha estado trabajando para crear una comprensión más profunda de la equidad y la empatía.

Edificio Natura / Diez+Muller Arquitectos

El Valle de Tumbaco: El valle de Tumbaco se ha convertido en una zona apetecida y de alto desarrollo residencial, logrando en los últimos años, un crecimiento poblacional importante. La gran mayoría de personas que habitan el valle, trabajan en la ciudad, Como resultado de esto: largos desplazamientos, congestión vehicular, contaminación y un desarrollo que se extiende, carente de servicios y equipamiento. El proyecto nace del interés de un grupo de personas de atacar esta problemática. Es así, que se plantea un edificio de usos mixtos (oficinas y vivienda) que promueva ciertos conceptos: trabajar cerca de casa, trabajar y vivir en contacto con la naturaleza, generar y consolidar ciudad.

Cómo la iluminación de ‘color ajustable’ mejora el estado de ánimo y la productividad

La iluminación de color ajustable es una tecnología de iluminación relativamente nueva, que permite a los usuarios controlar el color de la luz en cualquier momento luego de ser instalada, ajustando su tono e intensidad según las preferencias individuales o las necesidades específicas del uso de cada espacio.

Edificio Copal Tulum / Studio Arquitectos

Un gran pulmón verde que integra a su contexto natural con las actividades sociales que se desarrollan en el complejo de 56 residencias de lujo en Aldea Zama, Tulum.

designboom

jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian

moved by the music of the traditional chinese string instrument ruan-xian, jeff dayu shi has formed a set of bamboo presented at beijing design week 2015. The post jeff dayu shi forms bamboo music room for chinese musician feng mantian appeared first ...

neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch

when touched, the packages will timidly glow right where the contact was generated, thanks to a thermochromic paint coating that makes it sensitive to heat. The post neretin stas imagines intimate care product packaging that reacts to human touch appe...

gwwo constructs dupont environmental education center

a four-story timber structure located on a protected marshland unites the natural and urban worlds, providing an educative program for the community. The post gwwo constructs dupont environmental education center appeared first on designboom | archite...

custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched


the ‘big bad wolf’ track monster was created with no cutting or welding to XJR1300 frame and everything except the tank, handlebar, and rear light was custom made.

The post custom motorcycle by el solitario keeps the original yamaha frame untouched appeared first on designboom | architecture & design magazine.

magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms

esparto grass rugs, woven by the women of murcia, traditionally assume circular or rectangular forms, magma and dhiama modify this tradition for a new look. The post magma and dhiana rugs re-interpret traditional weaving forms appeared first on desig...

schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop

created for the design workshop of studio renova ring, a steel and timber combined table and stool set has been developed. The post schemata architects creates classroom influenced furniture for the workshop appeared first on designboom | architecture...

ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink


the company’s advanced thermal technology cools and heats food and beverages while maintaining precise temperatures for hours.

The post ember travel mug adjusts to any ideal temperature for your drink appeared first on designboom | architecture & design magazine.

MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam

the furniture showroom uses internal courtyards, skylights, with an emphasis on eco-friendly techniques to give visitors a comfortable experience. The post MW archstudio playfully displays the products of thao ho home furnishing in vietnam appeared fi...

anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport


located in a grove of trees, the three-sided, partially-covered structure provides protected parking for a single car, with two additional uncovered spots for guests.

The post anthony pellecchia utilizes steel, concrete, & wood in villa lucy carport appeared first on designboom | architecture & design magazine.

frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum


the display focuses on the bold ideas that are the driving force behind gehry’s creativity, tying together their background and process with his unwavering conviction.

The post frank gehry exhibition opens at tokyo’s 21_21 design sight museum appeared first on designboom | architecture & design magazine.

galway hotel paris concept by architect taras kashko

located in the city's historic district, the conceptual lodge features 25 guest and grand guest rooms, with a lounge/bar, and shops at the ground floor level. The post galway hotel paris concept by architect taras kashko appeared first on designboom |...

philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience


shadow, light and and sound intercept and surround architectural elements, immersing visitors in an environment where spacial dimensions seem to participate in an orchestrated score.

The post philippe parreno infills milan’s hangarbicocca with a sound and light experience appeared first on designboom | architecture & design magazine.

d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam


the design aimed to turn the space into one that could look and feel nicer than at home while the challenge was found when illuminating the dark space that only had a few big windows in the front façade.

The post d+z architecten transform warehouse into homely office in amsterdam appeared first on designboom | architecture & design magazine.

stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano


this updated version has a shallower depth than its predecessor, responding to the fact that television screens today are much thinner compared to those of the past.

The post stefano giovannoni’s monolithic tivù tv-stand produced by internoitaliano appeared first on designboom | architecture & design magazine.

model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you


the new ‘no.3’ twin tube single arc cantilever frame features elegant double curved down tubes that increases lateral stiffness for speed while absorbing road shock for comfort.

The post model no.3 bicycle by budnitz will handle everything the city throws at you appeared first on designboom | architecture & design magazine.

jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york


just steps from the city's elegant fifth avenue, construction work has finally begun on the much-anticipated skyscraper.

The post jean nouvel’s 53W53 skyscraper breaks ground in new york appeared first on designboom | architecture & design magazine.

morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square


in zocalo square, the heartland and most significant public space in mexico city, morag myerscough and luke morgan have realized a landmark installation that encourages visitors and passersby to consider their surrounds.

The post morag myerscough & luke morgan add immersive camera obscura to mexico city square appeared first on designboom | architecture & design magazine.

miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut

comprising 1.200sqm, the design of this penthouse was primarily driven by the desire to create airy spaces that would unite comfort with a minimalist feel. The post miaSkamla features elevated pool in penthouse with surrounding views of beirut appeare...

bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality


conceived as aesthetically pleasing sex toys and displayed during dutch design week, the designer hopes the unusual and intricate pair of objects will break the barriers between art and objects of lust.

The post bastiaan buijs’ sex toys straddle the line between art and functionality appeared first on designboom | architecture & design magazine.

renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car


the idea of simplicity, visible and aesthetically assumed structure, geometric elegance and light guided the designers in the creation of the ‘coupé c’ concept car.

The post renault design teams celebrate le corbusier with coupe c concept car appeared first on designboom | architecture & design magazine.

architecturephoto.net

杉中浩之+杉中真由美+杉中俊介+杉中瑞季 / 多和良屋による、神奈川・横浜市の住宅「反町の家」

杉中浩之+杉中真由美+杉中俊介+杉中瑞季 / 多和良屋が設計した、神奈川・横浜市の住宅「反町の家」で […]

ジュリアンウォラル・スぺーシーズ+2.5アーキテクツ(森藤文華・葛沁芸)による、千葉・勝浦市の住宅「UBARA BEACHOUSE」

ジュリアンウォラル・スぺーシーズ+2.5アーキテクツ(森藤文華・葛沁芸)が設計した、千葉・勝浦市の住 […]

荒川修作+マドリン・ギンズが2005年に完成させた集合住宅 三鷹天命反転住宅をテーマにしたドキュメンタリー「死なない子供、荒川修作」が期間限定で公開

荒川修作+マドリン・ギンズが2005年に完成させた集合住宅 三鷹天命反転住宅をテーマにしたドキュメン […]

グラフィックデザイナー 西村祐一 / Rimishunaと、京都国立近代美術館のキュレーター 本橋仁の展示デザインによる、展覧会「チェコ・デザイン 100年の旅」

グラフィックデザイナー 西村祐一 / Rimishunaと、京都国立近代美術館のキュレーター 本橋仁 […]

トラフによる、東京・代官山の店舗「ミナ ペルホネン ネウトラーリ」の写真

トラフのウェブサイトに、東京・代官山の店舗「ミナ ペルホネン ネウトラーリ」の写真が掲載されています […]

藤本壮介が基本構想とデザイン監修を、佐藤可士和がグランドプロデューサーを務めた、屋上が公園状になっている「ユニクロ パーク横浜ベイサイド店」の写真

藤本壮介が基本構想とデザイン監修を、佐藤可士和がグランドプロデューサーを務めた、屋上が公園状になって […]

萬玉直子+西田司+神永侑子+西田幸平+オンデザインによる、神奈川の「まちのような国際学生寮 神奈川大学新国際学生寮・栗田谷アカデメイア」の写真

萬玉直子+西田司+神永侑子+西田幸平+オンデザインによる、神奈川の「まちのような国際学生寮 神奈川大 […]

ERI SUMITOMO ARCHITECTS / 住友恵理+ENJOYWORKSによる、神奈川の「葉山の住宅」

ERI SUMITOMO ARCHITECTS / 住友恵理+ENJOYWORKSが設計した、神奈川 […]

佐野健太建築設計事務所による、東京・新宿区の宿泊施設「Hotel D」

佐野健太建築設計事務所が設計した、東京・新宿区の宿泊施設「Hotel D」です。佐野は伊東豊雄建築設 […]

高橋勝建築設計事務所による、滋賀・甲賀市の、築143年缶詰茅葺き民家の耐震・断熱改修「神山の家」

高橋勝建築設計事務所による、滋賀・甲賀市の、築143年缶詰茅葺き民家の耐震・断熱改修「神山の家」です […]

チームラボアーキテクツによる、京都・中京区の飲食店「Vegan Ramen UZU KYOTO」

チームラボアーキテクツによる、京都・中京区の飲食店「Vegan Ramen UZU KYOTO」です […]

田根剛のAtelier Tsuyoshi Tane Architectsによる、東京・南青山の店舗「ARTS&SCIENCE 青山」の写真

田根剛のAtelier Tsuyoshi Tane Architectsによる、東京・南青山の店舗「 […]

青木淳・中山英之・藤村龍至ら東京藝大建築科の教員が、新入生向けに推薦図書を紹介

青木淳・中山英之・藤村龍至ら東京藝大建築科の教員が、新入生向けに推薦図書を紹介しています - arc […]

吉田昌弘 / KAMITOPENによる、東京・台東区の店舗「馬嶋屋菓子道具店」

吉田昌弘 / KAMITOPENが設計した、東京・台東区の店舗「馬嶋屋菓子道具店」です。店舗のウェブ […]

大松俊紀 / 大松俊紀アトリエによる、椅子「Shades of Brunelleschi」

大松俊紀 / 大松俊紀アトリエによる、椅子「Shades of Brunelleschi」です。 円 […]

最も注目を集めたトピックス [期間:2020/3/30-4/5]

アーキテクチャーフォトで、先週(期間:2020/3/30-4/5)注目を集めたトピックスをまとめてご […]

レンゾ・ピアノに、新型コロナウイルスによるイタリアでの外出制限状態の様子を聞いているインタビュー

レンゾ・ピアノに、新型コロナウイルスによるイタリアでの外出制限状態の様子を聞いているインタビューが、 […]

domusが、建築とデザインが根底にある映画の名作を10作品セレクトして紹介

domusが、建築とデザインが根底にある映画の名作を10作品セレクトして紹介しています - www. […]

ギャラリーエークワッドでの建築展「マギーズセンターの建築と庭」が開催延期に伴い、会場の様子の動画を公開

ギャラリーエークワッドでの建築展「マギーズセンターの建築と庭」が開催延期に伴い、会場の様子の動画を公 […]

コールハースらによる、田舎をテーマに行われた展覧会 Countryside, The Futureの関連書籍『Koolhaas: Countryside, a Report』

コールハースらによる、田舎をテーマに行われた展覧会 Countryside, The Futureの […]

建築系検索エンジンKenKen!

第12期 家づくり学校 受講生募集のお知らせ

家づくり学校は、実際に建てるための知識を学び、自分らしく生きる道を見つける場です。住宅の設計は楽しいもの。しかし勉強しなければいけないことがたくさんあり、実際の仕事では...

藤森照信 『建築が人にはたらきかけること』刊行記念 トークイベント

藤森照信先生の「建築が人にはたらきかけること」の刊行を記念して宮沢 洋さんをゲストに迎えトークイベントを開催します。

光嶋裕介×ドミニク・チェン 「未来をつくる建築」

情報学研究者で起業家のドミニク・チェンさんと、建築家の光嶋裕介さん。共に、海外の地で育ち、日本文化の外からそれぞれの世界を学び、いま日本で独自の働き方をする同世代として...

トークイベント&サイン会『藤森照信 建築が人にはたらきかけること』刊行記念 藤森照信×門井慶喜

建築史家であり、建築家・藤森照信さんの新刊書籍『藤森照信 建築が人にはたらきかけること』の刊行を記念した対談&サイン会を開催いたします。対談ゲストには小説家の門井慶喜さんをお招きします。

Japan Home & Building Show 2020

「Japan Home & Building Show」は、建材やインテリア製品、構造材・部材、設備、サービスなど住宅から商業施設、まちづくりにおける建築に関する幅広い製品が出展する展示会です。

住宅における良好な温熱環境の 実現に向けた実務者向け講習会

本講習では、住宅における良好な温熱環境実現研究委員会」における研究成果をもとに、温熱環境改善の必要性、住宅改修における水回り設計に資する温熱環境暫定水準案、温熱環境改善...

『 SDGs×建築×環境 』 第1回 地域から考えるSDGs

群馬の地で、SDGs をより身近なものに感じていただくため、住環境について考えます。

住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査 第4回報告会

この度、平成26年度より国土交通省の採択を受け実施して参りました「スマートウェルネス住宅等推進調査事業」に関する【第4回報告会】を開催いたします。

建築家講演会 保坂 猛 『自然現象と人と建築』のご案内

若手建築家の保坂猛さんをお招きし、講演会を開催いたします。自然の光を取り込み、自然と一体となって風景をつくることを目指した建築は、シンプルで素直でありながらダイナミック...

インポッシブル・アーキテクチャー ―建築家たちの夢

約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」を、図面、模型、関連資料などを通して読み解きながら、未だ見ぬ新たな建築の姿を展望します

光の教会

建築家・安藤忠雄による「光の教会」をテーマにした展覧会

ベクターワークス de オフィスレイアウト講座

人気の汎用CADソフト「Vectorworks」を使ったオフィスレイアウトを短期でマスター!全7回の集中コースが、東京・表参道のスクールで2月に開講。「Vectorworks」は、感覚的な操作性の良さから...

企画展 高山明/Port B「模型都市東京」展

演出家・アーティストである高山明(Port B)の企画によって、どこでも再現可能な形態でつくられた都市のインフラ/構成要素を「模型」として捉え、現在の東京のリアルな姿を浮かび上...

増田信吾+大坪克亘展 それは本当に必要か。

若手建築家ユニット 増田信吾+大坪克亘の個展

第29回 わたしらしい住まいづくり

女性建築士が企画運営し、毎年開催している「わたしらしい住まいづくり」。今年のテーマはリノベーションです。今回は1月25日(土)港図書館の読み聞かせ&ワークショップからスタートします。1月28日(金)~2月9日(日)は、金山の都市センターで開催。作品展や住まいの相談会、2月1日(土)には毎年好評のセミナーがあります。ぜひ、ご来場ください。

「持続する豊かさを求めて」 長谷川逸子×冨永美保

建築家・長谷川逸子さんの著作集『長谷川逸子の思考』(左右社)刊行を記念して、ゲストに冨永美保さん(トミトアーキテクチャ)をお招きしたトークイベントを開催します。

クラシックホテル展 -開かれ進化する伝統とその先-

ホテルの原点とでもいうべき日本を代表する11のクラシックホテルを中心に、その変遷を辿るとともに、建築空間に積み重なる”ものがたり”に焦点を当てます。

JIA三重 建築文化講演会2020

日本建築家協会東海支部三重地域会(JIA三重)では、建築文化の創造と発展に貢献することを目的として、毎年「建築文化講演会」と題し、話題の建築家の先生をお招きして講演会を開催...

第16回全国高等専門学校デザインコンペティション

この度、東京都立産業技術高等専門学校は、主管校として一般社団法人全国高等専門学校連合会が主催する「第16回全国高等専門学校デザインコンペティション」(通称:デザコン20...

伊賀市指定有形文化財旧上野市庁舎見学会

市指定の有形文化財(建造物)となった旧上野市庁舎は、日本の戦前・戦後のモダニズム建築をリードした建築家・坂倉準三が設計した庁舎建築を代表する建物です。旧上野市庁舎の魅力...

建設通信新聞

公告一般入札・阪神高速道路

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【阪神高速道路】 〈簡易…

入札結果・京都市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市】 (2月28日)▽京都市醍醐…

連載・住民の感性を考慮した長寿命化修繕計画(8)

【国際建設技術協会国際建設技術研究所 研究第三部主任研究員(ニュージェック)保田 敬一/飽きのこない…

研修計画は197コース/国土交通大学校

 国土交通大学校は、2017年度の研修計画を策定した。「国民の安全・安心の確保」「生産性向上による成…

入札結果・近畿整備局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近畿整備局】 (2月21日)▽京都御…

建設論評・成長戦略を競う時だ

 大手ゼネコンを始めとする建設業界の業績が好調だ。2017年度の第3四半期決算では、四半期決算を開示…

入札結果・近江八幡市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【近江八幡市】 (2月28日)▽近江八…

話題縦横・JAPIC研究会が提言/“日本を元気にする”複数プロジェクト

【地方創生の起爆剤として注目】 日本プロジェクト産業協議会(JAPIC、宗岡正二会長)の国土・未来プ…

入札結果・東近江市

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【東近江市】 (2月27日)▽市立能登…

催し物・第3回なら景観フォーラム

 ◇奈良県主催「第3回なら景観フォーラム」 11日午後1時30分から午後4時まで、奈良市の奈良県文化…

本日、一部地域で新聞が届かないため、電子版を公開いたします

17年度予算・木津川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 京都府木津川市の2017年度予算案は、一般会計が前年度…

17年度予算・寝屋川市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。 大阪府寝屋川市の2017年度予算案は一般会計が前年度比…

入札結果・京都市上下水道局

《凡例》(予)は予定価格。東京都の予定価格は消費税込みの価格 【京都市上下水道局】 (2月23日)▽…

コンペ&プロポーザルDigest

【◆発注者【件名・設計範囲】委託方法=末尾は本紙掲載日】◎募 集◆大阪府【守口警察署新築工事基本・実…

17年度予算・伊丹市

《凡例》単位は100万円、(新)は新規事業。伊丹市   骨格で2.2%減 兵庫県伊丹市の2017年度…

三方よしのインフラメンテ/JFMAら/福島で3月7日にシンポ

 日本ファシリティマネジメント協会 (JFMA、山田匡通会長)とインフラメンテナンス国民会議は7日、…

JIA日本建築大賞・優秀建築賞・新人賞・25年賞・環境建築賞

 日本建築家協会(JIA)は、25日に開いた優秀建築選公開審査でJIA建築大賞のほか、新人賞、環境建…

二川幸夫写真集『天上の庭』/3月4日からGAギャラリーで展示

 建築写真家であり出版人としても建築の表現を追求した二川幸夫が遺した最後の写真集『天上の庭』(エーデ…

公告一般入札・西日本高速道路新名神京都事務所

《凡例》①参加資格②資料受付日、場所③工事概要。予は予定価格④工期⑤入札日 【西日本高速道路新名神京…

AKICHIATLAS

ウッドワン指定商品を使った作品をアワード

ウッドワン指定商品を使った作品をアワード

トロールの森 2020

現代アート展の空間表現作品(インスタレーション、彫刻、建築等)募集

デザイナーや企業等の優れた活動成果を表彰して日本のインテリア…

デザイナーや企業等の優れた活動成果を表彰して日本のインテリアデザインの質的向上をはかり、くらしにおけるインテリアの重要性、デザインの力を社会に発信。

第8回 ヒューリック学生アイデアコンペ

今年の課題は「Legacy@Sendagaya」

第11回 JIA・テスクチャレンジ設計コンペ

今年のテーマは「冬を楽しむ半屋外空間」

北海道における意欲的な建築創作活動を促進し、地域社会における…

北海道における意欲的な建築創作活動を促進し、地域社会における健全な批評精神の醸成を通じて、地域文化の発展に寄与するために優秀な建築作品の表彰を行う。

建築設計の分野で優れた成果を発揮した構造設計者を顕彰し、構造…

建築設計の分野で優れた成果を発揮した構造設計者を顕彰し、構造デザイン活動の活性化を図り、建築文化の発展に寄与することが賞の目的。構造設計者の優れた業績に対して社会評価が行われる機会の少ない状況を改善しようという、故松井源吾教授の高邁な思想に基づいて、1990年に設立された「松井源吾賞」を継承する形で、2006年に発足した表彰システム。

第47回 日新工業建築設計競技

今年の課題は「遊びのうえに暮らす」

三協アルミのエクステリア関連の商品を使用した作品のコンテスト

三協アルミのエクステリア関連の商品を使用した作品のコンテスト

Airbnbユニークな空間づくりコンテスト

突飛もない形状、予想外の立地、没入型コンセプト、ストーリーのあるお部屋。お家の概念をまったく変えてしまうようなアイディアを募集。

CTBUH 2020 STUDENT DESIGN COMPETITION

現代社会における高層建築の価値を、都市・環境・社会などの相対視によって再定義するアイディアコンペ。敷地は実在する場所から各自が自由に設定する。

アジア太平洋の文化遺産の保存に関する賞。10年以内に改修が行…

アジア太平洋の文化遺産の保存に関する賞。10年以内に改修が行われたプロジェクトで、あらゆる建築物のほか、歴史的街区や都市施設、集落も含む。また歴史的文化遺産のコンテクストに建つ新築も対象。

Tokyo Midtown Award 2020 – デザインコンペ

東京ミッドタウンに関連するテーマとする、プロのデザイナーだけでなく、生活者、学生の方までが参加できるオープン形式のコンペ。

子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン、子どもたちの創造性…

子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン、子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン、子どもたちを産み育てやすいデザインを顕彰する。対象は商品や建築・空間、コンテンツ、活動、リサーチなど。

都市と建築に関わる近年の活動や業績で、設計監理、施工、行政、…

都市と建築に関わる近年の活動や業績で、設計監理、施工、行政、教育、まちづくり、発注など建築士としての多様な立場を通じて行った未来につながる社会貢献に対して、その活動・業績を担った建築士もしくはそのグループを顕彰。

第2回 せつび萌えフォトコンテスト

「せつび萌え」の写真を広く募集

空き家活用のアイディアコンテスト

空き家活用の新しいアイディア募集

第15回「街並みの美学」トラベルスカラシップ

大学院修士1年生を対象に『街並みの美学』の観点から、卒業設計作品と研究旅行計画を審査し、研究のための旅行費用を支給。

公営住宅の建て替え設計競技

公営住宅の建て替え設計競技

SUGIMOTO建築デザインコンペティション 2020

これからの時代を担う、若手建築家と建築学生を対象にした建築デザインコンペ

10+1

建築の概念の拡張 |石上純也|田根剛|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_it_thumb-thumb-400xauto-2374.jpg" /></p> ───本対談は、2018年4月、「石上純也──Freeing Architecture」展(カルティエ現代美術財団)の開催およびそのカタログである『自由な建築』(LIXIL出版)の発行を機に、非公開で行われました。それからおよそ2年を経て、両氏ともに注目すべき活動を展開され続けていますが、ここで語られていることは、両氏の活動の軌跡を捉えるためだけでなく、現代の建築を考える上でも確かな意義があるもの

202003 リサーチとデザイン ──ネットワークの海で建築(家)の主体性と政治性を問う |青井哲人|連勇太朗|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_am_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2364.jpg" /></p> 観察と実践をめぐる中動態的モデル:コーンとサンドウィッチ 青井哲人──編集部から投げかけられたテーマは「リサーチとデザインの関係をめぐって」というものです。関連する近年の話題として、貝島桃代さんがキュレーターを務めた2018年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展の日本館展示「建築の民族誌(Architectural Ethnography)」がありました。デザインを直接に扱ってはいませんが、当然

202003 いまこそ「トランスディシプリナリティ」の実践としてのメディアを ──経験知、生活知の統合をめざして |南後由和|貝島桃代|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_nk_top-thumb-240x240-2360-thumb-400xauto-2361.jpg" /></p> 都市や空間の枠組みからの解放と創造 編集──本日はよろしくお願いします。今日は南後さん、貝島さんの近年のご関心、お仕事から、世界的なさまざまな建築・都市メディアの展開、そして今号で更新が最後となる「10+1 website」の20年間、そしてこれからのメディアのあり方、議論の方法など、多岐にわたるお話を伺いたいと思っています。南後さんがサバティカルから一時帰国された際に、進行中のとても興味深い研

202003 独立した美術・批評の場を創出するために |五十嵐太郎|鷲田めるろ|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2020/03/2003_iw_thumb-thumb-400xauto-2362.jpg" /></p> ビルバオの衝撃から芸術祭まで 編集──五十嵐太郎さんと鷲田めるろさんには、雑誌時代から「10+1」のなかで美術や建築をめぐるさまざまな議論を展開していただきました。最終号の本特集では美術と建築のあり方を総括していただき、今後の展望についてお話を伺いたいと思います。まずは「10+1」が活動してきた26年の間における美術、建築の動向についてお聞かせください。 鷲田めるろ氏 鷲田めるろ──よろし

第12回:大変動の時代の建築 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 変化の時代に何ができるか 私たちの社会はいま、巨大な変化のうねりのなかにある。その変化は地球規模の気候変動にも、あるいは同じくグローバルな社会変動にも現れている。この圧倒的スケールの変化のなかで、私たち一人ひとりに何ができるのか? 建築にいったい何ができるのか? ときに無力感に苛まれながらも、さまざまな分野のなかで多様な人々が日々奮闘している時代に、私たちは生きている。 筆者自身も、この変化

対談「磯崎新×浅田彰」「インポッシブル・アーキテクチャー」展(大阪府・2/15)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 国立国際美術館で開催中の展覧会「インポッシブル・アーキテクチャー──建築家たちの夢」の関連企画として、2月15日に磯崎新氏と浅田彰氏による対談が行われます。 日時 2020年2月15日(土)14:00- 会場 国立国際美術館 B1階 講堂 (大阪府大阪市北区中之島4-2-55) 参加費 無料、定員130名、要事前申込 申込方法の詳細はウェブサイトをご確認ください ウェブサイト イ

 ディスカッション「どこまでが『公』? どこまでが『私』?」(千代田区・1/29)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 日常生活のなかで、「公」的な場所と「私」的な場所は、対比関係にあるものとしてとらえがちです。しかし、「公=みんなのもの・場所」としてとらえてみると、「公」とは、一人ひとりの「私」が重なり合い、立ち上がっていくものとして考えることができます。「公」と「私」をどのように認識するかによって、まちでの生活や個人のふるまいを妨げたり、逆に広げたりすることにもつながるのではないでしょうか。 今回のディス

ディスカッション「記憶・記録を紡ぐことから、いまはどう映る?」(千代田区・2/19)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 社会状況や人の営み、時には自然災害によって移ろいゆく土地の風景。いま、私たちが目にする風景は、どのような出来事の変遷を経て、形成されてきたのでしょうか。それをなぞろうと、私ではない他者の記憶や記録というフィルター越しに風景を眺めなおしたとき、「いま」の捉えかたはどのように変容するのでしょうか。 今回のディスカッションでは、記録の少ない敗戦直後の東京の姿を探るため、米軍やアメリカ人個人によって

高山明/Port B「模型都市東京」展(品川区・2/8-5/31)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した保管・展示施設として、これまで様々な展覧会を開催してきました。  本展は、演出家・アーティストである高山明(Port B)の企画によって、どこでも再現可能な形態でつくられた都市のインフラ/構成要素を「模型」として捉え、現在の東京のリアルな姿を浮かび上がらせる試みです。高山明の演劇的手法によって、展示空間は日々生成変化する場となり、東京という都市に接

AIT ARTIST TALK #78 「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。[ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水)19:00 - 21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョ

ソトノバ・アワード2019公開最終審査会(千代田・2/8)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 2019年12月-2020年1月にかけて、募集をした、ソトノバ・アワード2019。2017年、2018年に引き続き、3回目の開催です。日本全国から10のプロジェクトの応募がありました。二次審査でもある、公開最終審査会には、10のプロジェクトが選出されました。そこで、公開最終審査会を開催します。応募者のプレゼンと審査を傍聴できるほか、一般投票賞が当日参加者の投票により決まります。 [ウェブサイ

トークイベント 藤森照信×南伸坊「藤森照信建築と路上観察」(3/10・新宿区)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築史家、建築家の藤森照信氏と、イラストレーター、エッセイストの南伸坊氏によるトークイベントを開催します。 藤森氏は建築史家としての活動を経て1991年45歳で建築家デビュー。以降28年にわたり、どこか壊かしさを感じる藤森流の建築を数多く発表しています。 本セミナーでは近作解説のほか、素材の調達方法、建築を移動可能に仕上げる「木造モノコック」などにも触れながら、藤森氏の設計スタイルについてお

展覧会「Daisuke Motogi / DDAA LAB Exhibition "FRUITS BOWL"」(渋谷区・2/4-2/16)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 建築家・元木大輔が代表をつとめるDDAAによる展覧会&quot;FRUITS BOWL&quot;を開催します。同名のZINEの販売のほか、会期中の2月8日にはフルーツサワーを出すイベントも。ぜひ足をお運びください。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月4日(火)- 2月16日(日) 開館時間 12:00 - 20:00 会場 ユトレヒト (東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマ

シンポジウム「建築デザインにおいてテクノロジーという視点は有効か」3/7・新宿区

<p><img src="http://10plus1.jp/information/assets_c/2020/02/symposium_200307-thumb-400xauto-2359.jpg" /></p> 日本建築学会建築論・建築意匠小委員会では、テクノロジーの発展が建築家とエンジニアの協働にどのような変容をもたらすのか、テクノロジーは建築デザインをどこに導こうとするのかをテーマにシンポジウムを企画する。 かつて近代建築を語る際、「機能的なものは美しい」という命題が繰り返された。戦後日本において、幾人かの建築家はテクノロジーの進歩を素直に建築に表現すれば自ずと近代建築になり、今は見た目が無骨で

トーク「建築の感情的経験」(渋谷区・2/19)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> レジデンス・プログラムを通じてオランダより招聘しているアーティスト、ペトラ・ノードカンプによるトークを行ないます。これまでの活動と映像作品を紹介しながら、創作の出発点となる建築や都市環境と、私たちの経験や記憶との関係性について探求します。 [ウェブサイトより] 会期 2020年2月19日(水) 19:00-21:00(開場18:30) 会場 特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ

第12回:大変動の時代の建築 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 変化の時代に何ができるか 私たちの社会はいま、巨大な変化のうねりのなかにある。その変化は地球規模の気候変動にも、あるいは同じくグローバルな社会変動にも現れている。この圧倒的スケールの変化のなかで、私たち一人ひとりに何ができるのか? 建築にいったい何ができるのか? ときに無力感に苛まれながらも、さまざまな分野のなかで多様な人々が日々奮闘している時代に、私たちは生きている。 筆者自身も、この変化

展覧会「超看板 SIGNS & BEYOND Vol.2」(渋谷区・1/10-19)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 「超看板」は、建築家、デザイナー、アーティストなど、異なる分野で活動するコラボレーターと協働し、既成概念にとらわれず、「看板=サイン」を広義に捉え、そのあり方や可能性について様々な角度から考察、探求するプロジェクトです。前回開催から3年ぶりとなる本展示では、東京「村世界」を会場に、札幌文化芸術交流センター[SCARTS]テクニカルディレクター・岩田拓朗、建築家・加藤正基、ネオンベンダー・山本祐

座談会「彫刻という幸いについて」(府中市・2/23)

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> 府中市美術館で開催中の展覧会「青木野枝 霧と鉄と山と」(3月1日まで)の関連企画として、座談会「彫刻という幸いについて」が開催されます。 - 彫刻家・青木野枝は、大気や水蒸気をモティーフに、万物がうつろいゆくなかの生命の尊さをあらわしてきました。その彫刻は、鉄や石膏という固く重い素材を用いながら、周囲の空気をまとって、とても軽やかに見えます。 作品のほとんどが展示場所に合わせて作られ、展示が終

第11回:建築の「時間デザイン」と「メンテナンス」という哲学 |加藤耕一|

<p><img src="http://10plus1.jp/img/logo_10plus1-meta.gif" /></p> パリ、ノートル=ダム大聖堂の屋根火災 2019年4月15日の夕刻、パリのノートル=ダム大聖堂の尖塔で火災が発生し、夜のあいだに大聖堂の屋根全体を焼き尽くす大惨事となった。筆者にとって最愛の建築ともいうべきパリ大聖堂がこれほどの被害を受けたことは、個人的にいまなお大きな衝撃なのだが、これから進むであろう大聖堂の修復は、建築の時間デザイン(文化財修復/リノベーション)の問題を考えるうえで、私たちに本

202001 アーバニズム、建築、デジタルデザインの実践とグラデュアリズム |中島直人|秋吉浩気|中村健太郎|谷繁玲央|

<p><img src="http://10plus1.jp/monthly/assets_c/2019/12/1912_nant_05-thumb-400xauto-2355.jpg" /></p> 政治的、産業的な意思決定の中心から疎外された建築家 谷繁玲央──今日はよろしくお願いします。「10+1 website」の4月号では八束はじめさん、市川紘司さん、連勇太朗さんによる鼎談「平成=ポスト冷戦の建築・都市論とその枠組みのゆらぎ」が行われました。そこではゼロ年代の建築家の動向や、今後の建築家の職能はどうあるかが議論されました。この20年ほどの間、建築の言説が停滞していることと並行し、建築