Design
News

JDN

モノとコト | ネブライザー式ディフューザー「orb」

プロダクトデザイナーの柴田文江さんがデザインを手がけた、ネブライザー式ディフューザー「orb」。アロマ製品の開発から香りのある空間までトータルに提供する香りの専門ブランド「アットアロマ」より、2020年10月26日に発売 […]

投稿 ネブライザー式ディフューザー「orb」デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

富山で生まれる次のデザインを紹介する「富山デザインウエーブ2020」が12月4日から開催

富山で生まれる次のデザインを紹介するデザインイベント「富山デザインウエーブ2020」が、12月4日から12月10日まで富山県民会館にて開催される。 「富山デザインウエーブ」は“富山から世界に発信するデザインムーブメント” […]

投稿 富山で生まれる次のデザインを紹介する「富山デザインウエーブ2020」が12月4日から開催デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

【求人情報】花王の“よきモノづくり”を担う、商品デザイナーを募集

大手化学メーカー・花王株式会社が、商品デザイナー(パッケージデザイナー)を募集している。 清潔で美しくすこやかな暮らしに役立つ商品と、産業界の発展に寄与する工業用製品の分野において価値ある商品とブランドの提供を目指す同社 […]

投稿 【求人情報】花王の“よきモノづくり”を担う、商品デザイナーを募集デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

M meets M 村野藤吾展 槇 文彦展

M meets M。ちょうどひと世代の差がある二人の建築家が、ここ横浜の街で出会います。 大規模再開発が決まり、一部は保存されますが、惜しまれながら姿が消えていく村野の旧庁舎。一方、6,500人の職員を包括し、横浜の新し […]

投稿 M meets M 村野藤吾展 槇 文彦展デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

謳う建築

詩人であり建築家の立原道造は、「住宅・エッセイ」(1936年)において、人生をひとつの中空のボールに例え、「住宅する精神は、ボールの表面を包み、エッセイする精神は、中空のボールの内部の凹状空間の表面を包まうとする」と述べ […]

投稿 謳う建築デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

【求人情報】化粧品関連の広告を手がける株式会社デザイン・オフィス小山が、コピーライターとグラフィックデザイナーを募集

創立47周年を迎える広告制作会社・株式会社デザイン・オフィス小山が、コピーライターとグラフィックデザイナーを募集している。 時代のニーズに合わせ、さまざまな業種の広告を手がけてきた同社。近年は大手基礎化粧品通販会社の仕事 […]

投稿 【求人情報】化粧品関連の広告を手がける株式会社デザイン・オフィス小山が、コピーライターとグラフィックデザイナーを募集デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

空間デザイン事例 | 豊島区立 トキワ荘マンガミュージアム

手塚治虫をはじめとする現代マンガの巨匠たちが住み集い、若き青春の日々を過ごした伝説の木造アパート「トキワ荘」。そんなトキワ荘が、2020年7月に当時の建物の様子はそのままに、マンガミュージアムとして生まれ変わりました。 […]

投稿 豊島区立 トキワ荘マンガミュージアムデザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

大橋裕之 個展『越境』

東京・阿佐ヶ谷のVOIDにて、漫画家・大橋裕之の個展「越境」が12月6日まで開催されています。 本展示では、自身初となるキャンバスペイント作品10点に加え、ドローイング作品や各種グッズなどの展示・販売を行います。また、会 […]

投稿 大橋裕之 個展『越境』デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

原画展「ぜんぶ、堀内誠一 子どものわたしも 子どもだったわたしも みんな堀内誠一とむすばれている」

東京・荒川区ゆいの森あらかわにて、原画展「ぜんぶ、堀内誠一 子どものわたしも 子どもだったわたしも みんな堀内誠一とむすばれている」が2021年1月24日まで開催します。 『ぐるんぱのようちえん』『たろうのおでかけ』(福 […]

投稿 原画展「ぜんぶ、堀内誠一 子どものわたしも 子どもだったわたしも みんな堀内誠一とむすばれている」デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

SURVIVE – EIKO ISHIOKA /石岡瑛子 グラフィックデザインはサバイブできるか

石岡瑛子(1938-2012)は、1960-70年代の東京で、資生堂、パルコ、角川書店などのアートディレクター(AD)として、広告界にセンセーションを巻き起こし、当時世の中にある「女性」のイメージをことごとく覆し、198 […]

投稿 SURVIVE – EIKO ISHIOKA /石岡瑛子 グラフィックデザインはサバイブできるかデザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

がまくんとかえるくん誕生50周年記念「アーノルド・ローベル」展

「アーノルド・ローベル」という名前になじみがなくても、仲むつまじくたたずむ「がまくんとかえるくん」の顔を見れば、ピンとくる人は多いはず。深い友情で結ばれたふたりのかえる。そのお話は、日本でも小学校の教科書に採用されるなど […]

投稿 がまくんとかえるくん誕生50周年記念「アーノルド・ローベル」展デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

見たい、知りたい!今月のイベント―2020年11月

11月も半ばになり、冬の訪れを感じる季節になってきました。クリスマスを通り越しておせちなどのワードを見かけると気持ちが焦る時期ですね……。 今月は、アートブックからテキスタイル、グラフィック、写真、プロダクトなど多様なテ […]

投稿 見たい、知りたい!今月のイベント―2020年11月デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

LONG LIFE DESIGN 2 祈りのデザイン展

d47 MUSEUMでは2012年の開館以来、伝統工芸から若い世代によるクリエイション、観光や食文化まで、様々なテーマで47都道府県の個性を紹介してきました。 この「LONG LIFE DESIGN」展は2年毎に企画する […]

投稿 LONG LIFE DESIGN 2 祈りのデザイン展デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

レターズ ゆいほどける文字たち

「アール・ブリュット ゼン&ナウ」は、国内外のアール・ブリュットの動向において、長く活躍を続ける作家と、近年発表の場を広げつつある作家を、さまざまな角度から紹介する展覧会シリーズです。 第1回目にあたる「レターズ ゆいほ […]

投稿 レターズ ゆいほどける文字たちデザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

関の工場参観日

岐阜県関市内の工場を見学・体験することができるイベント「関の工場参観日」が、11月19日から3日間開催します。 「関の工場参観日」は関のものづくりの現場を見学・体験するイベントで、2020年で7回目を迎えます。いつも私た […]

投稿 関の工場参観日デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

パッケージ幸福論2020

東京・南青山のGallery 5610にて、「パッケージ幸福論2020」が11月29日まで開催しています。 故・鹿目尚志さんの呼びかけたパッケージデザイナー達が、普段の仕事から一歩離れた柔軟な形で作品を発表した展覧会が母 […]

投稿 パッケージ幸福論2020デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

「日本空間デザイン賞2020」受賞作品が発表。大賞に3作品が選出

日本最大の空間アワード「日本空間デザイン賞2020」の贈賞式が11月13日に行われ、受賞作品が発表された。 「日本空間デザイン賞」は、多様な空間デザインの価値を包括的に顕彰しようと、2019年に創設されたアワード。日本か […]

投稿 「日本空間デザイン賞2020」受賞作品が発表。大賞に3作品が選出デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

真ん中に遊び心を。新たなエンターテインメント体験を提供するタイトーの空間づくり(1)

連載シリーズ「Vectorworks活用事例」では、設計に携わる方々にとって空間をつくる上で欠かせない設計ツール「Vectorworks」をどう工夫して使っているか、お話をうかがってきた。 今回フォーカスするのは、アミュ […]

投稿 真ん中に遊び心を。新たなエンターテインメント体験を提供するタイトーの空間づくり(1)デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

ル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレによる家具作品展「MADE IN CHANDIGARH」

京都・ 新風館に2020年6月にオープンしたジョン スメドレー京都店にて、ル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレによる家具作品展「MADE IN CHANDIGARH」を、2020年12月6日まで開催しています。 ジョン […]

投稿 ル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレによる家具作品展「MADE IN CHANDIGARH」デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

真ん中に遊び心を。新たなエンターテインメント体験を提供するタイトーの空間づくり(2)

デザイン共有にVectorworksの3Dを活用。初期段階で社内や協力業者と納得したデザインを構築 雨谷:「ストアデザインマニュアル」や「店舗設計指針」の運用を検討していく中で、設計の初期段階から3Dによる検証を行ってい […]

投稿 真ん中に遊び心を。新たなエンターテインメント体験を提供するタイトーの空間づくり(2)デザイン情報サイト[JDN] に最初に表示されました。

CINRA.NET

蜷川実花の大規模回顧展、新作含む約460点展示

『蜷川実花展』が、11月28日から新潟・新潟県立万代島美術館で開催される。 今年で制作活動20周年を迎える蜷川実花。1月から5月にかけて東京・品川の原美術館で行われた『蜷川実花:Self-image』展をはじめ、国内外で数多くの展覧会を開催しているほか、2020年に開催される『東京オリンピック・パラリンピック』競技大会組織委員会の理事を務めるなど幅広い活動を続けている。 『蜷川実花展』は、約460点の作品を9つのパートで紹介する回顧展。色彩鮮やかな花や桜を捉えた代表的な作品群や、アイドルや俳優のポートレート、東京のアンダーグラウンドカルチャーを捉えた『TOKYO INNOCENCE』、極彩色の世界に隣り合わせる暗部に目を向けた『noir』、モノクロームのセルフポートレート『Self-image』に加...

ボッティチェリの作品が世界各地から集結、画業紐解く回顧展

『日伊国交樹立150周年 ボッティチェリ展』が、2016年1月16日から東京・上野の東京都美術館で開催される。 サンドロ・ボッティチェリは、『春』や『ヴィーナスの誕生』などで知られる初期ルネサンスの画家。出身地であるフィレンツェでメディチ家の庇護を受けながら、宗教画や神話画、大型の祭壇画、個人のための肖像画など幅広い主題の作品を発表した。 同展は、イタリア政府の全面的な協力を受けて開催される回顧展。世界各地から集められた20点を超えるボッティチェリの作品に加えて、ボッティチェリの師フィリッポ・リッピ、フィリッポの息子でありボッティチェリの弟子でもあったフィリッピーノ・リッピの作品を交えた70点以上の展示作品を通して、ボッティチェリの初期から晩年までの画業を紐解いていく。 イベント情報 ...

蛭子能収の「不条理」な世界を巡る『新春 えびすリアリズム』展

蛭子能収の個展『新春 えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~』が、2016年1月1日から東京・渋谷のパルコミュージアムで開催される。 1973年に雑誌『ガロ』で入選し、漫画家としてデビューした蛭子能収。不条理でシュールなギャグ漫画を数多く発表する一方、1980年代以降は映画監督、タレント、俳優など幅広い活動を続けている。 同展では学生時代の作品から初公開の新作まで、不条理な世界観を表した蛭子の作品群を年代順に展示。1月3日には蛭子による「似顔絵サイン会」が開催されるほか、関連イベントも多数企画されているという。詳細は会場のオフィシャルサイトをチェックしよう。 なお、11月30日には蛭子による31点の言葉を掲載した日めくりカレンダー『生きるのが楽になる まいにち蛭子さん』が刊行される。 ...

蒼井優がフランスで古城巡り、『美の巨人たち』特別編が2週連続放送

特別番組『KIRIN ART GALLERY 美の巨人たちSP フランス・ロワール“古城巡り”~愛と野望に彩られた究極の美~』が、11月21日と28日にテレビ東京で放送される。 『KIRIN ART GALLERY 美の巨人たち』の特別版として2週にわたって放送される同番組では、レギュラー放送でナレーションを担当している蒼井優が、フランス・ロワール地方の古城を巡る様子を放送。同じくナレーションを担当する小林薫は、ナビゲーターとして登場する。 11月21日に放送される前編ではブロワ城、アンボワーズ城、60分に拡大して送る28日放送の後編では、童話『眠れる森の美女』で王女が目覚めた城のモデルになったというユッセ城などを、建築様式や城にまつわるエピソードを交えながら紹介。さらにロワール川流域の川下りやシャ...

「三宅一生の仕事」紐解く展覧会、会場デザインは吉岡徳仁&佐藤卓

『MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事』が、2016年3月16日から東京・六本木の国立新美術館で開催される。 同展は、衣服デザイナー・三宅一生の約45年間にわたる仕事を紹介する展覧会。三宅が活動を開始した1970年から現在までの作品の展示を通して、三宅の服作りに対する考え方や制作工程を紐解いていく。 会場は、三宅の原点である1970年代の服を展示するルームA、身体に焦点を合わせた「ボディ」のシリーズを展示するルームB、生地を服の形に裁断縫製してからプリーツ加工を行う「製品プリーツ」という独自の技法を用いたプリーツなど、従来の服作りとは異なる方法で作られた三宅のデザインを複数のテーマで紹介するルームCの3部屋で構成。ルームAとルームBの空間デザインは吉岡徳仁、ルームCの会場とビジュアルデザイン...

アラーキーに密着する『日曜美術館』、糸井重里や水原希子も出演

写真家・荒木経惟の特集『写狂老人'時'記 ~写真家 荒木経惟75歳の日々~』が、11月22日にNHK Eテレの『日曜美術館』で放送される。 前立腺がんを患い、2013年末に右目を失明した荒木。今年はポートレート展『男 ―アラーキーの裸ノ顔―』や、約千点の作品を展示した『淫夏』、打ち砕いたレンズで青山墓地の風景を撮影したシリーズを発表した『ネガエロポリス 右眼墓地』といった個展を開催するなど、75歳を迎えた現在も精力的な活動を行なっている。 同特集では、荒木の撮影現場に密着。活動の軌跡も振り返りながら、荒木が現在考えていることを明らかにしていくという。なお番組には、糸井重里、水原希子らが出演する。 番組情報 『日曜美術館 写狂老人'時'記 ~写真家 荒木経惟75歳の日々~』 ...

ミナ ペルホネンの帯&シムラの着物を展示販売、トークに糸井重里

志村ふくみと志村洋子の監修による着物と、ミナ ペルホネンの帯を展示販売するイベント『シムラの着物ミナの帯』が、11月20日から東京・表参道のTOBICHI2で開催される。 同イベントでは、紬織の重要無形文化財保持者である志村ふくみと長女である洋子を中心に、アトリエシムラが制作した着物6作品と、皆川明(ミナ ペルホネン)が用意した多数のテキスタイルデザインからアトリエシムラが選んでだ5つの帯が展示販売される。 会期中には、アトリエシムラがその場で着物の仮仕立てを披露する「仮仕立てライブ」が行われるほか、アトリエのスタッフが購入者向けに着物と帯の説明を行なう「はじめての、お見立て。」も開催。また11月20日に志村ふくみ、洋子と糸井重里、11月23日に皆川明と糸井によるトークイベントも行なわれる。「はじめ...

荒廃した現実風景×『SW』キャラ、ルーカスも賞賛する仏写真家の個展

セドリック・デルソーの個展『DARK LENS』が、11月20日から東京・渋谷のDIESEL ART GALLERYで開催される。 フランス・パリ在住の写真家セドリック・デルソー。パリ郊外の廃れたエリアやドバイの建設現場といった実際の風景に、映画『スター・ウォーズ』シリーズのキャラクターや乗り物をはめ込んだ作品シリーズ『DARK LENS』で注目を集めた。ビルの建設現場に着陸するミレニアム・ファルコンや、雲の中を徘徊するAT-ATの姿など、現実とフィクションの要素が入り混じった同シリーズは、『スター・ウォーズ』の生みの親であるジョージ・ルーカスからも賞賛されている。 デルソーにとって日本では初の写真展となる今回の展覧会では、『DARK LENS』シリーズから約14作品を展示するほか、同展のために制作...

エドツワキ新作絵画展『QUAKENESS』、細野晴臣ら寄稿の画集も

エドツワキの個展『QUAKENESS』が、11月21日まで東京・恵比寿のPOSTで開催されている。 イラストレーターとして様々な雑誌やブランドとのコラボレーションを行なうほか、CDジャケットや書籍の挿画など幅広い作品を手掛けるエドツワキ。『QUAKENESS』展ではこれまでに発表してきた作品とは異なり、アクリルなどを用いたマチエールが特徴的な新作ペインティングを発表する。 さらに展覧会にあわせて同名の作品集を刊行。同書には細野晴臣、菊竹寛(YKG Gallery)が寄稿しており、細野は「『作品』というこの世的な思惑をも脱ぎ捨て、まるで地球の肌をそのまま切り取ったような、生命の原点に同化するような・・。これはEd TSUWAKIという生命体に起こっている現象と言えるかもしれない」と綴っている。同書のア...

セクシー&キュートな女子描くconix、初個展『conix expo』

conixの個展『conix expo』が、11月14日から東京・中目黒のVOILLDで開催される。 デフォルメされたタッチでセクシーな女性を描いたイラストや漫画を発表しているconix。今年6月に刊行された中原昌也の著書『中原昌也の人生相談 悩んでるうちが花なのよ党宣言』には装画や挿絵を提供した。 初の個展となる同展では、ペインティングやドローイングをはじめ、立体作品なども展示予定。展覧会オリジナルのステッカーやTシャツも販売される。 11月13日には作家を囲むオープニングレセプションが同会場で行われるほか、会期中となる11月21日に小山健を招く「お絵描きイベント」、11月24日にconix、都築潤、とんぼせんせいによるトークイベントを開催。さらに会期中の週末には『スナックコニックス』と題す...

横尾忠則のイラストレーションの総決算、『幻花』挿絵原画展に371点

『横尾忠則 幻花幻想幻画譚』展が、12月12日から兵庫・神戸の横尾忠則現代美術館で開催される。 横尾忠則現代美術館の開館3周年を記念して行われる同展では、1974年から75年にかけて新聞に連載された瀬戸内寂聴こと瀬戸内晴美の時代小説『幻花』のために、横尾が描いた挿絵の原画全371点を展示。これらの原画は室町時代末期を舞台にした『幻花』に対して、ストーリーと関係のない現代的なモチーフや瀬戸内の肖像画が登場したり、原稿よりも挿絵の方が先に描かれることもあったという。同作品群について横尾は、自らの「イラストレーションの総決算」と語っている。 イベント情報 『横尾忠則 幻花幻想幻画譚』 2015年12月12日(土)~2016年3月27日(日) 会場:兵庫県 神戸 横尾忠則現代美術館 時間:1...

古屋兎丸の原画展『禁じられた遊び』、20年の画業を紐解く

古屋兎丸の原画展『禁じられた遊び』が、12月1日から東京・銀座のヴァニラ画廊で開催される。 古屋兎丸は、2016年に実写版映画が公開される『ライチ☆光クラブ』をはじめ、園子温監督による同名映画を原案にした『自殺サークル』、現在連載中の『帝一の國』『女子高生に殺されたい』などの作品で知られる漫画家。1994年に『Palepoli』でデビューして以降、一貫して少年少女の姿を描いた作品を発表している。 古屋の画業20周年を記念して開催される同展では、古屋による漫画作品を年代順に紹介。初期作『ショートカッツ』から『帝一の國』『女子高生に殺されたい』の原稿、カラー原画や半立体作品などが展示される。また会場では、『ライチ☆光クラブ』原画の展示販売や、人形作家の清水真理が同作へのオマージュとして制作したドールの特...

ひびのこづえの衣装をダンサーが纏う『生きているコスチューム展』

ひびのこづえによる『生きているコスチューム展 ひびのこづえのほぼ3日のできごと』が、11月6日から東京・表参道のTOBICHIで開催される。 野田秀樹演出作の舞台衣装や雑誌、テレビCM、宇多田ヒカルらのPVなどで数多くの衣装を手掛けてきたひびのこづえ。ひびのが「ずっとやりたかった」展覧会だという『生きているコスチューム展』では、ひびのの衣装を纏ったダンサーの稲川千鶴が会場内で時間を過ごす様子を3日にわたって公開する。 会場では長年ひびのとタッグを組んでいるesper.が、衣装を着た稲川にメイクを施す場面から見ることができるほか、国広和毅がギターによる生演奏を披露。初日の11月6日は公開リハーサルとなる。なお稲川の会場での過ごし方は決められておらず、国広とのコラボレーションによる即興ダンスが披露される...

アサヒ・アートスクエアが閉館へ、建物の老朽化などが原因

アサヒ・アートスクエアが2016年3月末をもって閉館することがわかった。 アサヒ・アートスクエアは、アサヒビールによるメセナ活動の発信拠点として2004年に開館。2007年からNPO法人アートNPOリンクとパートナーシップを結び、アート、音楽、舞台芸術、映像など多彩なジャンルのイベントを開催してきた。同スペースが入居するスーパードライホールが築26年を経て老朽化してきたことなどから、閉館の決定に至ったという。

『グッドデザイン賞』2015年度の大賞が発表

公益財団法人日本デザイン振興会が主催する『グッドデザイン賞』の大賞が発表された。 『2015年度グッドデザイン大賞』に選出されたのは、WHILL株式会社のパーソナルモビリティ「WHILL Model」。デザインで社会の課題を解決しようというクリエイターの意志や、操作性も考慮した乗り物ならではのデザイン、小さいチームが独自の技術で量産に成功したストーリーが製品に込められている点などが評価された。 『グッドデザイン大賞』は、時代性、提案性、審美性、象徴性といった観点から評価が行われ、毎年1点が選出。2015年度は『グッドデザイン賞』受賞作1337点から選出された大賞候補8点に対し、審査委員や『グッドデザイン賞』賞受賞者、受賞展来場者による投票が実施され、最多得票数を獲得した1点が大賞に選ばれた。

村上隆が表現する新たな「悟り」とは、新作『円相』シリーズ発表

村上隆の個展『円相』が、11月8日まで東京・元麻布のKaikai Kiki Galleryで開催されている。 同展は、村上隆の海外初個展を開催した、パリ、香港、ニューヨークに拠点を置くギャラリーペロタンによるポップアップ展示となり、村上の新作『円相』シリーズを紹介。禅における空虚、統合、無限を意味する「円相」を主題にした同シリーズは、禅宗に関する様々な作品を手掛けてきた村上にとって、これまでの作品とは別の「悟り」を表現した作品となっているという。 また東京・六本木の森美術館では2016年3月6日まで『村上隆の五百羅漢図展』も開催中。詳細は各会場のオフィシャルサイトをチェックしよう。 イベント情報 村上隆 『円相』 2015年10月31日(土)~11月8日(日) 会場...

リンゴがテーマのアート×食イベント『ふぞろいのappleまつり』

『m社 & パンラボ presents「ふぞろいのappleまつり」』が、11月6日から東京・中目黒のVOILLDで開催される。 長野・伊那郡でリンゴ農家を営む鈴木農園と共にオリジナルのリンゴの育成やプロモーションを行っているm社と、東日本大震災で被災した岩手・陸前高田で『希望のりんごプロジェクト』を発足し、リンゴの花見ツアーなどを企画している池田浩明が主宰を務めるパンの研究所・パンラボ。 2組によって企画された同イベントでは、STOMACHACHE.、安部コウセイ(HINTO)、とんだ林蘭によるイラストを施した実際に食べることができるリンゴや、acco、おおくぼひでたか、片岡メリヤス、magmaらによるリンゴをテーマにしたグッズを販売。さらにリンゴやパンにまつわるポップアップショップが展開される。...

YMO+宮沢章夫、ホンマタカシらが「東京」を提示、都現美で大規模展

『東京アートミーティングVI “TOKYO”―見えない都市を見せる』展が、11月7日から東京・清澄白河の東京都現代美術館で開催される。 同展は、サブカルチャーやポップカルチャー、アートなどの文脈が交差していた1980年代の文化を継承する一方で、多様化を続ける現在の東京が持つ「創造力」の可能性を多角的に探る展覧会。東京のクリエイターがそれぞれの視点でキュレーションした「東京」を提示するセクションと、国内外の作家が「東京」をテーマに制作した新作の展示という2つのパートで構成される。 キュレーターとして参加するのは、YMO+宮沢章夫、蜷川実花、ホンマタカシ、岡田利規、EBM(T)、松江哲明の6組。ホンマタカシがキュレーションする『何かが起こる前夜としての東京』では、自身の『東京郊外』シリーズの展示に加え、...

JRの映像作品展、若者の暴動や移民をテーマにした3作品

『24fps ― JRの映像 展』が、11月8日から東京・神宮前のワタリウム美術館で開催される。 フランスに生まれ、現在はパリとニューヨークを拠点に活動するJR。弾圧や貧困、差別のもとで暮らす人々を世界各地で撮影し、巨大な写真を現地の人々と共に建物の外壁や通りに貼る活動を展開している。 同展では、若者の暴動や移民をテーマに昨年から今年にかけて制作された映像作品と関連作品を展示。上映される映像作品は、1892年から1952年までアメリカへの移民の入り口だったエリス島をモチーフに、移民として島に来たが、入国が認められずに幽霊になった男を主人公にしたロバート・デ・ニーロ主演の『エリス Ellis』、「2005年パリ郊外暴動事件」をテーマにニューヨークシティバレエ団が制作したパフォーマンスをもとにした『レボ...

『グッドデザイン賞』2015年度の大賞候補8点が発表

公益財団法人日本デザイン振興会が主催する『グッドデザイン賞』の大賞候補8点と、『グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)』に選出された19点が発表された。 大賞候補に選ばれたのは、exiii株式会社の電動義手「HACKberry」、WHILL株式会社のパーソナルモビリティ「WHILL Model」、トヨタ自動車株式会社の乗用車「ミライ」、一般社団法人周南ツーリズム協議会の道の駅「ソレーネ周南」、一級建築士事務所スターパイロッツ+長野県木島平村の「道の駅FARMUS木島平」、合同会社五穀豊穣の和食給食推進事業「和食給食応援団」、シャープ株式会社の液晶ディスプレイ「フリーフォームディスプレイ」、株式会社タクラム・デザイン・エンジニアリングのビッグデータビジュアライザー「地域経済ビッグデータビジュアライゼーションの...

desain.net

メガネバンド型の磁気治療器が登場、ジンズとピップが共同で開発 (Fashionsnap)



メガネバンド型の磁気治療器が登場、ジンズとピップが共同で開発 (Fashionsnap)

スティーヴン・ホールがアイデアを考える上での孤独の重要性を語ったSpirit of Space制作のインタビュー映像…



スティーヴン・ホールがアイデアを考える上での孤独の重要性を語ったSpirit of Space制作のインタビュー映像 (ArchDaily)
Isolation is an Idea Provoker: Interview with Steven Holl (ArchDaily)

コンスタンチン・グルチッチがVerdeqのためにデザインした、自動車のソフトトップルーフの余剰素材を再利用したバッグ「SOFTOT…



コンスタンチン・グルチッチがVerdeqのためにデザインした、自動車のソフトトップルーフの余剰素材を再利用したバッグ「SOFTOTE」(designboom)
Konstantin Grcic upcycles convertible car soft-top roofs into SOFTOTE bag for Verdeq (designboom)

Louis Vuittonがヴァージル・アヴローによるNBAとのメンズウェアカプセルコレクションを発表…



Louis Vuittonがヴァージル・アヴローによるNBAとのメンズウェアカプセルコレクションを発表 (designboom)
Virgil Abloh’s LVxNBA collection debuts with virtual selling experience at Madison Square Garden (designboom)

アルベルト・カンポ・バエザとミゲル・キスモンドが担当するニューヨーク州コールドスプリングのアートセンターMagazzino…



アルベルト・カンポ・バエザとミゲル・キスモンドが担当するニューヨーク州コールドスプリングのアートセンターMagazzino Italian Artの増築 (designboom)
Magazzino Italian Art to expand campus with building by Alberto Campo Baeza and Miguel Quismondo (designboom)

OMAとHassellが設計したオーストラリア、パースの歴史建造物を増改築した博物館「WA Museum Boola…



OMAとHassellが設計したオーストラリア、パースの歴史建造物を増改築した博物館「WA Museum Boola Bardip」(ArchDaily)
Museum Boola Bardip / Hassell + OMA (ArchDaily)

Coffey Architectsによるロンドンのかつて工業地帯だったキングスクロスに建てられたオフィスビル…



Coffey Architectsによるロンドンのかつて工業地帯だったキングスクロスに建てられたオフィスビル (dezeen)
Coffey Architects recalls industrial “found spaces” for King’s Cross office block (dezeen)

OMAが設計しているマイアミビーチの水中に建てられる長さ7マイルの彫刻公園 (dezeen)OMA designs…



OMAが設計しているマイアミビーチの水中に建てられる長さ7マイルの彫刻公園 (dezeen)
OMA designs underwater sculpture park The ReefLine for Miami Beach (dezeen)

デヴィッド・アジャイが計画している南アフリカ、ヨハネスブルグの図書館「Thabo Mbeki Presidential…



デヴィッド・アジャイが計画している南アフリカ、ヨハネスブルグの図書館「Thabo Mbeki Presidential Library」(designboom)
David Ajaye reveals Thabo Mbeki Presidential Library for Johannesburg, South Africa (designboom)

Zaha Hadid DesignがIzéのためにデザインしたドアハンドル「Nexxa」(dezeen)Zaha Hadid…



Zaha Hadid DesignがIzéのためにデザインしたドアハンドル「Nexxa」(dezeen)
Zaha Hadid Design creates sculptural Nexxa door handle for Izé (dezeen)

スペイン、バルセロナで進むカーフリー 中心部の1/3の道路が10年で公共広場に (dezeen)Barcelona to…



スペイン、バルセロナで進むカーフリー 中心部の1/3の道路が10年で公共広場に (dezeen)
Barcelona to convert a third of central streets into car-free green spaces (dezeen)

Valode &…



Valode & Pistreによる底面が斜めになったバルコニーが特徴的な南フランス、カステルノ=ル=レの集合住宅「Prado Concorde」(designboom)
Triangular white balconies protrude from Valode & Pistre’s housing complex in France (designboom)

ホヨン・ジュによるOSB合板と平ロープのみで作られた椅子「TEMP」(Yanko Design)The TEMP chair…



ホヨン・ジュによるOSB合板と平ロープのみで作られた椅子「TEMP」(Yanko Design)
The TEMP chair turns product - pacckaging into actual furniture! (Yanko Design)

隈研吾による石川県小松市、九谷焼の工房兼ミュージアム「九谷セラミック・ラボラトリー」(kkaa.jp)CERABO KUTANI…



隈研吾による石川県小松市、九谷焼の工房兼ミュージアム「九谷セラミック・ラボラトリー」(kkaa.jp)
CERABO KUTANI - the museum shows visitors the process of making Kutani porcelain by Kengo Kuma (kkaa.jp)

Arquitectura-Gによるスウェーデン、ストックホルム症候群のもととなった立てこもり事件の舞台だった銀行を改修したAcne…



Arquitectura-Gによるスウェーデン、ストックホルム症候群のもととなった立てこもり事件の舞台だった銀行を改修したAcne Studiosの旗艦店 (designboom)
Arquitectura-G curates an archeological atmosphere with its Acne Studios Stockholm interior (designboom)

Benoyによる中国、武漢のAlibaba本社設計コンペの勝利案  (ArchDaily)Benoy Wins…



Benoyによる中国、武漢のAlibaba本社設計コンペの勝利案  (ArchDaily)
Benoy Wins Competition to Design Alibaba’s Central China Headquarters in Wuhan (ArchDaily)

Biotopeが手がけたノルウェー最北部の町、ヴァードーに建てられたモニュメント (designboom)A…



Biotopeが手がけたノルウェー最北部の町、ヴァードーに建てられたモニュメント (designboom)
A timber-clad viewpoint designed by Biotope opens in norway’s arctic landscape (designboom)

青木淳と品川雅俊率いるASが設計した住宅「F」を見ながら行われた青木淳へのインタビュー記事『「落ち着く空間」を考える…



青木淳と品川雅俊率いるASが設計した住宅「F」を見ながら行われた青木淳へのインタビュー記事『「落ち着く空間」を考える 建築家・青木淳のおおらかな住宅を訪ねて』(Anglobal Community Mart)

スティーヴン・ホールが設計したアメリカ、ヒューストンの美術館「Nancy and Rich Kinder Museum」…



スティーヴン・ホールが設計したアメリカ、ヒューストンの美術館「Nancy and Rich Kinder Museum」 (ArchDaily)
Nancy and Rich Kinder Museum / Steven Holl Architects (ArchDaily)

Studio Gangによるウィスコンシン州の発電所を改修したベロイト大学の学生自治会棟 (ArchDaily)Studio…



Studio Gangによるウィスコンシン州の発電所を改修したベロイト大学の学生自治会棟 (ArchDaily)
Studio Gang transforms Wisconsin power plant into Beloit College student union (ArchDaily)

JDP

【大阪】鈴木元氏×ラルフ・ヴィーグマン氏スペシャルトーク、グッドデザイン賞・iF Design Award応募説明会を開催

「グッドデザイン賞」と「iF Design Award」、日本とヨーロッパを代表するデザイン賞を、大阪を中心とする関西のクリエイターや企業に伝えるため、説明会とトーク、交流会を開催します。デザインは、私たちの生きる環境をつくり出すことができるクリエイションであり、かつ環境からの影響や作用を受け、そのことの意義をつねに認識することで成立するクリエイションです。それはデザインが社会的な成熟を進める一方で、社会の課題やテーマがますます顕在化し、イノベーション(変革)の必要性が高まる中で、デザインに携わる立場であれば世界の誰もが意識しなければならないことでもあります。

今回は、「デザイン思考」の実践で国際的な注目を集めるIDEOなどでの経験を生かし、幅広い領域でのデザインワークを担う鈴木元氏と、歴史ある世界的デザイン賞としてデザイン分野の国際的な振興をリードするドイツ「iF Design Award」を長年にわたり統括するラルフ・ヴィーグマン氏をゲストに迎え、いまデザインが求められている状況や、デザインのあり方に対する認識、デザインとイノベーション、そして世界のデザイナーは何を考え何に挑んでいるのかを、ヨーロッパやアジアの最新状況も交えながら語る貴重な機会です。


日時 
414日(木)16:0021:00
会場 メビック扇町 交流スペース3 ロビー(大阪市北区扇町2-1-7 カンテレ扇町スクエア3F

内容
1部 グッドデザイン賞&iFデザイン賞説明会  16:0018:00 
61日まで応募受付中のグッドデザイン賞について、賞の目的や趣旨をはじめ、年間のスケジュールや参加費用、受賞後のプロモーションなど、2016年度のポイントを事務局から説明します。さらに「iF Design Award」は、賞へのエントリー方法やプロモーション内容などを日本オフィスより詳しく説明します。
16:0016:50 グッドデザイン賞説明会
16:5017: 20 iF Design Award説明会
17:2018:00 質疑応答(個別対応を含む)
2部 トーク「世界で動き、世界を動かすデザインとデザイナーのすがた 」 18:3019:20
鈴木元氏、ラルフ・ヴィーグマン氏
3部 交流会Mebic Talk-in) 19:3021:00 
参加費 説明会:無料/交流会:1,000

主催 公益財団法人日本デザイン振興会、iF International Forum Design GmbH
共催 クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町

参加申し込み
参加希望会場・日程、企業名、出席者名、連絡先を明記のうえ、info@g-mark.orgへメールでお申し込みください。

ゲスト略歴
鈴木 元(プロダクトデザイナー/グッドデザイン賞審査委員)
1975年生まれ。金沢美術工芸大学卒。ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)、デザインプロダクツ科修了。松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)、IDEOロンドン、ボストンオフィスを経て2014年に帰国。GEN SUZUKI STUDIOを設立。日用品、家電、家具など幅広い領域で、国内外の企業にデザインを行っている。2014年度よりグッドデザイン賞審査委員。金沢美術工芸大学、多摩美術大学非常勤講師。

ラルフ・ヴィーグマン(マネージング・ディレクター/iF International Forum Design GmbH)
1957年ハノーバー生まれ。1995年秋ハノーバーのiF Industry Forum Designのマネージング・ディレクターに就任、2000年からはInternational Forum Design及びIf Design Talents、iF Design Mediaのマネージング・ディレクターを兼任。iF Design Awardをメインに様々な活動を統括している。iFは1953年の創立以来、優れたデザインの象徴ともいえるアワードへと成長し、世界的に認知されている。www.ifworlddesignguide.com

 

メビック扇町イベント情報

【松山】佐々木千穂氏デザインセミナー、グッドデザイン賞応募説明会を開催

2016年度グッドデザイン賞の応募受付が、いよいよ4/6(水)より開始となります。今年度は、松山市にて審査委員の佐々木千穂氏をお迎えしたデザインセミナーと応募説明会を開催いたしますので、ぜひ奮ってご参加ください。 
※応募に際し、本イベントへの参加は必須ではありません。

2016年度グッドデザイン賞セミナー・応募説明会(松山)  
日時:2016年4月21日(木)
17:30-18:30 佐々木千穂氏(グッドデザイン賞審査委員)デザインセミナー
18:40-19:00 グッドデザイン賞応募説明会
会場: 松山アーバンデザインセンター
住所: 〒790-0012 愛媛県松山市湊町3丁目7番地12
共催: 公益財団法人日本デザイン振興会、松山アーバンデザインセンター

【お申込方法】
以下事項をご記入の上、info@g-mark.orgまでメールにてお申込下さい。
※ 個別で具体的な応募相談をご希望の場合はメールにその旨ご記載ください。
参加ご希望の会場名・日程(松山会場・4/21(木))
御社名
ご出席者名(複数の場合は出席人数)
ご連絡先TEL/E-mail

ご不明な点などございましたら、下記までお気軽にお問合せください。
公益財団法人日本デザイン振興会 グッドデザイン賞事務局 担当:渡部
メール:info@g-mark.org 電話:03-6743-3777

フライヤーはこちらからご覧いただけます。

【北九州企画展連動企画】青木俊介氏講演会、グッドデザイン賞応募相談会開催

日本デザイン振興会は、北九州市イノベーションギャラリー(福岡県北九州市)で1月より企画展「2015年度グッドデザイン賞 in 北九州」の開催に協力しています。この企画展は、特に優れたデザインとして高い評価を受けた「グッドデザイン・ベスト100」の中から約40点と、九州の 企業が手がけたデザインなど九州に関わりの深い受賞作、さらに長年にわたって人々から支持され続けている商品に贈られた「グッドデザイン・ロングライフデ ザイン賞」受賞作を展示しています。

4月8日に企画展連動企画として、2015年度グッドデザイン賞審査委員である青木俊介氏をゲストに迎え、これからのデザイン、デザインの可能性について、審査委員のご経験も交えてお話しいただく講演会を開催します。青木氏の専門であるロボットの世界を中心に、いまデザインができること、これからのデザインの役割などのヒントを探ります。また、2016年度のグッドデザイン賞応募相談会を同時開催。是非、お越しください。

講演概要 ※要申込
テーマ:デザインができること、これからのデザイン
講 師:青木 俊介氏(ロボットエンジニア、ユカイ工業㈱代表)
日 時:4月8日(金)17:30~18:30
会 場:北九州イノベーションギャラリー プレゼンテーションスタジオ
定 員:100名
参加費:無料
主 催:北九州市、北九州イノベーションギャラリー
共 催:公益財団法人日本デザイン振興会

講師略歴
東京大学在学中に、チームラボを設立、CTOに就任。その後、ピクシブのCTOを
務めたのち、ロボティクスベンチャー「ユカイ工学」を設立。ソーシャルロボッ
ト「ココナッチ」や、フィジカルコンピューティングキット「konashi」などloT
デバイスの製品化を手がける。 2014年には、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」を発表。

グッドデザイン賞応募相談会 ※申込み不要
場 所:北九州イノベーションギャラリー オープンスペース
時 間:13:00-19:00
参加費:無料

お問合せ 北九州イノベーションギャラリー(企画運営室)
TEL:093-663-5411 Mail:kikaku@kigs.jp

企画展「2015年度 グッドデザイン賞 in北九州」

<REPORT>Good Design in チ・カ・ホ(札幌)開催

去る3月4日(金)から6日(日)にかけて、北海道・札幌駅前地下歩行空間「チ・カ・ホ」を会場に、グッドデザインを「知る」「触る」「体験する」イベント「Good Design in チ・カ・ホ」を開催しました。会場となるチ・カ・ホは札幌の顔として、日々多くの人々に活用され、2012年度グッドデザイン賞を受賞しています。

本イベントでは、実際に座ったり触れる家具の展示、北海道の受賞対象、審査委員が選んだ一品など総勢約35点を展示。野球バットや縄跳びは実際に体験できるコーナーを設け、多くの方に体験していただきました。また、北海道では初めての開催となる話題のソニーのスマートDIYプラットフォーム「MESH」や、北海道大学によるサイエンス・カフェ「CoSTEP」のワークショップ、グッドデザイン賞の審査委員の視点に立ち、デザインを審査する体験プログラムなどを連日開催し、身近にある「デザイン」について知って、学べる3日間として、楽しんでいただけました。
今後も各地でデザインについて触れていただける機会を積極的に作っていきたいと思います。(廣嶋 まい/JDP)

Good Design in チ・カ・ホ
~「グッドデザイン」を知る!見る!楽しむ!3日間

会期 3月4日(金)-3月6日(日)11:00-19:00
会場 チ・カ・ホ [札幌駅前通地下広場]
北1条イベントスペース(東)[出口7と9の間] 
入場料 無料
主催 公益財団法人日本デザイン振興会、札幌駅前通まちづくり株式会社
http://www.jidp.or.jp/news/2015/0210.html

開催プログラム:
3月4日(金)
終日開催「エポンテ・ポン!「まる・さんかく・しかく」でデザインしよう」
15:00-「デザインの審査を体験してみよう!~よいデザインってなんだ?~」
17:00-「未来を変えるデザイン体験 無動力歩行支援機ACSIVE(アクシブ)(1)」
3月5日(土)
13:00-「未来を変えるデザイン体験 無動力歩行支援機ACSIVE(アクシブ)(2)」
15:00-「ソニー「MESH」でだれでも発明大会!(1) [親子向け]」
17:00-「ソニー「MESH」でだれでも発明大会!(2) [大人向け]」
3月6日(日)
13:00-「なまら つながさるデザイン ~札幌発サイエンス・カフェの事例から~ by 北海道大学 CoSTEP」
15:00-「プレイス・メイキング・ラボ  ~札幌北三条広場を自由にデザインしよう!~ by 日本設計」

ソニー「MESH」でだれでも発明大会! レポート(ミライスト通信)
http://miraist.com/2016/03/mesh-workshop




「オリンピックとデザインの政治学」発刊記念トークイベントを開催 「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会にまつわる騒動を再考する」

1月27日 、当会評議員である、デザインジャーナリストの森山明子氏と建築文化論者の若山滋氏による緊急対論書「オリンピックとデザインの政治学」(朗文堂刊)が発刊されました。2015年は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を巡り建築・デザインの両分野で混乱が発生、両分野とも業界の構図に対する不信が渦巻いた1年でした。本著は、昨年の騒動を入り口とし、これまでデザインとジャーナリズム、デザインと政治や国家がどのように関わってきたのか、歴史に照らして検証するものです。

あのとき何があり、どうすべきだったのか?
ビジョンと意思決定の質が、企業や都市、国の浮沈を左右する中、デザインは何を希望として、どう歩んできたのか?
GOOD DESIGN Marunouchiディレクターの藤崎圭一郎氏がモデレーターを務め、「オリンピックとデザインの政治学」共著者の二人が昨年の騒動を改めて振り返り、あるべきデザインの像を語ります。建築業界やデザイン業界の内外、書籍の既読未読に関わらず必聴のイベントです。

書籍「オリンピックとデザインの政治学」について 

「オリンピックとデザインの政治学」発刊記念トーク
「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会にまつわる騒動を再考する」
日程:3月29日(火)18:00開場 18:30-20:00
会場:GOOD DESIGN Marunouchi
スピーカー:「オリンピックとデザインの政治学」(朗文堂刊)著者
森山明子氏(デザインジャーナリスト/武蔵野美術大学教授)
若山  滋氏(建築文化論者/名古屋工業大学名誉教授)
モデレーター:藤崎圭一郎氏(デザインジャーナリスト)
定員:30名まで着席可
参加費:500円/お茶付き
お申込み方法:「3/29トーク希望」と明記の上、gdm@g-mark.org まで、お名前、 参加人数、ご連絡先をお知らせください。先着順にて受付いたします。 

Aging Style x GOOD DESIGNトーク #01 「歩行と姿勢のデザイン」

高齢化社会、いつまでも健康で充実した日々を送るため、より一層「QOL=人生の質」が問われています。老若男女関わらず健康は普段の生活の質の向上が鍵。そして生活を豊かにするのはデザインの役割です。「Aging Style x GOOD DESIGNトーク」では、医師や専門家が自ら立ち上げた医療・健康・美容情報サイト「Aging Style」とコラボレーションし、今注目度が高い「健康とデザイン」について毎回1テーマを決め、医療従事者、デザイナー・研究者、メーカーなどがそれぞれの専門性から、「健康をつくるデザイン」についてディスカッションします。

第1回目のテーマは「歩行と姿勢のデザイン」。歩行と健康の関連性の研究や著作をお持ちの青栁幸利氏、歩行の仕組みを研究・ロボティクスに応用し2015年度グッドデザイン賞を受賞した歩行支援機「ACSIVE」を開発された佐野明人氏、それぞれの立場から「歩行のデザイン」をお話しいただきます。また、近年のグッドデザイン賞から歩行に関するデザインをご紹介するほか、長年グッドデザイン賞審査委員を務められ、感性工学の分野に取り組まれているプロダクトデザイナーの橋田規子教授にも参加いただき、プロダクトデザインの視点からディスカッションに参加いただきます。幾つかのプロダクトは会場で実際にお試しいただける予定です。

Aging Style x GOOD DESIGNトーク #01「歩行と姿勢のデザイン」
日程:3月30日(水)18:30開場 19:00-20:30
会場:GOOD DESIGN Marunouchi (東京都千代田区丸の内3−4−1 新国際ビル1F)
パネリスト:東京都健康長寿医療センター研究所  老化制御研究チーム副部長・運動科学研究室長 青栁 幸利氏
名古屋工業大学(つくり領域) 機能工学専攻 教授 佐野明人氏
プロダクトデザイナー/芝浦工業大学デザイン工学部デザイン工学科 教授 橋田規子氏
モデレーター:山嵜幸恵氏(Aging Style)
定員:30名 
参加費:1000円/お茶付き(当日会場にて申し受けます) 
申込方法:「3/30 Aging Styleトーク参加」と明記の上、お名前、ご参加者人数、ご連絡先をgdm@g-mark.org までお知らせください。先着順にてご案内いたします。 

<Aging Styleとは> 
「Aging Style(エイジングスタイル)」は、厳選された医師や専門家が中心となって立ち上げた医療・健康・美容情報サイトです。ネット上にあふれる健康や美容、医療情報の真偽を見極める指針となり、読者の生活の質(QOL)向上に役立つような情報を日々発信しています。 

【インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター特別企画】デザイナーのための「意匠制度の改正に関する説明会」

来たる4月1日より、画像デザインの登録要件に関する特許庁の意匠審査基準が緩和されます。スマートフォンなどのデジタル製品の急速な普及により、インターフェイスやインタラクションなど操作画像のデザインの重要性が高まる中、画像を含む意匠に関する審査基準の緩和により、意匠登録可能なものが拡充されます。また、誰でも自分のPCで画像デザインの意匠権調査ができるサービス「画像意匠公報検索支援ツール」が、昨年秋から始まっています。さらに、昨年5月から、我が国でも「ハーグ協定に基づく意匠の国際登録制度」の利用が始まり、海外で意匠権を取得する際の有効な選択肢が増えました。こうした意匠制度に関する近年の改正項目のうち、デザイナーが特に知っておくべき情報について、特許庁意匠課のご担当者からわかりやすく説明していただく会を、下記のとおり開催します。

当日は、産業構造審議会意匠制度小委員会の委員を務められているロフトワークの林千晶さんにもゲストとしてお越しいただき、今回の改正に関してデザイナーが持つべき視点などについてご意見をいただきます。
皆さまのご参加をお待ちしています。

デザイナーのための「意匠制度の改正に関する説明会」
日時:2016年4月14日(木)17:00-19:00
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ内
   インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー 5F)
プログラム:
 ・ハーグ協定に基づく意匠の国際登録制度
 ・画像を含む意匠に関する意匠審査基準の改訂
 ・画像意匠公報検索支援ツール(デモンストレーション含む)
 ・質疑応答、意見交換
スピーカー:
 伊藤宏幸(特許庁 意匠課 意匠制度企画室長)
 林千晶(ロフトワーク 代表取締役、
     産業構造審議会意匠制度小委員会、意匠審査基準ワーキンググループ委員) 
参加費:無料(定員50名・先着順)
申し込み方法:
 タイトルを「意匠制度の改正に関する説明会」とし、 以下事項をご記入の上、info@g-mark.orgまでメールにてお申込下さい。
 ・ 御社名
 ・ご出席者名(複数の場合は出席人数)
 ・ご連絡先E-mail

参考: 
 林千晶さんのコラム
 http://www.loftwork.jp/column/2016/20160119_law_design.aspx
 http://www.loftwork.jp/column/2016/20160119_law_design2.aspx

備考:
 当日は 15:00-16:30でグッドデザイン賞の応募説明会も同じ会場で行います。
 お時間の都合がつく方はこちらにもご参加ください。

タイ「Design Excellence Award 2016 (DE賞)」デザインセミナー開催

グッドデザイン賞と連携関係にあるタイのデザイン賞「Design Excellence Award 2016 (DE賞)」の応募が開始となり、その記者発表会ならびにオープニング記念イベントとして、グッドデザイン賞審査委員/DE賞審査委員である色部義昭氏(グラフィックデザイナー)のデザイン・セミナーが、3月11日(金)タイ・バンコク近郊にて開催されました。

デザインを学ぶ学生や、同会場で開催中 のタイ・ファニチャー・フェアの出展者や来場者を中心に100名ほどが集まり、 「デザインにできることは何か?」を深く掘り下げた内容で講演いただきました。 「Design Excellence Award 2016 (DE賞)」は、タイで販売・制作されているデザインが応募可能で、受賞対象はグッドデザイン賞に応募した場合、一次審査が 免除されます。締切は4/30です。




Design Excellence Award 2016 

【GOOD DESIGN Marunouchi】震災から5年、人々の取り組みとデザインの新たな萌芽を展示

OOD DESIGN Marunouchi Exhibition #04 Afrer 311 震災から5年のデザイン

東日本大震災から5年が経ちました。未だ復興の道半ばですが、この5年の間、多くの人が震災に向き合い、地域や人々と交わり、新しい取り組みやデザインが生まれています。GOOD DESIGN Marunouchiでは、これら2011年以降に生まれたデザイン50点以上を展示、復興に直接的に貢献してきたデザインや、災害に備えるためのデザインだけでなく、被災地を中心とした地域の抱える多様な課題を解決しようとする様々な取り組みをご紹介します。

展示例:
《つながりを作る》
大槌町ヤタイ広場| 石巻工房

《復興ものづくり》
醤油 [奇跡の醤] |イチゴ [食べる宝石「ミガキイチゴ」] |「はらくっつい東北」三菱地所グループ Rebirth東北フードプロジェクト |雄勝硯 |女川ポスター |気仙沼漁師カレンダー2016 ほか

《これからの生活を作る》
野外調理ストーブ [万能熱機] |小型水力発電機 [Cappa+++] |地図 [避難地形時間地図(逃げ地図)] ほか

《地域ー人 新しい関係を作る》
my home town わたしのマチオモイ帖 |日本食べる通信リーグ

《備えるデザイン》
和菓子 [えいようかん] |受水用袋 [災害時応急受水用袋] |イマバリレスキュータオル [イマバリレスキュータオル] |自転車 [ノイズカーゴ] ほか

《震災を振り返る、今を知る 関連書籍》
デジタルアーカイブ [東日本大震災アーカイブ] |フリーペーパー [石巻VOICE]| ISHINO Making |仙台の文化を対象とした文化批評誌 [エスミーム] |『震災学』東北学院大学 ほか

展示全デザインとその詳細はウェブサイトよりご覧いただけます。

GOOD DESIGN Marunouchi Exhibition #04 
After 311 - 5 years of design since the disaster
March 11 Fri - April 10 Sun
Open 11:00 - 20:00 Daily
5 years have now passed since the Great East Japan earthquake. While we are still only midway through the reconstruction process, over these past 5 years, many people have faced the disaster, became closer to the region and the community, and generated new endeavors and design.This exhibition will display over 40 works of design that have been created since 2011.Not only will we exhibit designs that have directly contributed to the restoration, or call for preparedness against future disasters, we will also introduce several efforts which seek to help solve the various issues shared by the local regions, including the disaster-striken areas.

All exhibition items are shown at the official website


第3回Singapore Good Design Mark特別賞審査会をシンガポールNational Design Centerにて開催

Design Business Chamber Singapore(DBCS)主催のシンガポールにおける包括的なデザイン賞、 "Singapore Good Design Mark" (SG Mark)の第3回審査会が3月3日(木)にシンガポールのNational Design Centerにて開催されました。当会は、2014年からSingapore Good Design Markを主催するDesign Business Chamber Singapore(DBCS)と連携協定を結び、デザイン賞の設立および運営のサポートを行っています。

今年は96件の応募があり、そのうち45件がSingapore Good Design Markを受賞しました。さらにその中から特別賞(プラチナ;ゴールド)を選ぶ特別賞審査会には、日本からグッドデザイン賞審査委員の佐々木千穂さんに参加していただきました。Singapore Good Design Markの受賞結果は3月下旬以降、ウェブサイトに掲載される予定です。


Singapore Good Design Mark

第5回India Design Mark 審査会をバンガロールにて開催

インドの産業デザイン振興を目的としたデザイン賞「India Design Mark」の第5回審査会が3月3日(木)・4日(金)にバンガロールのJN TATA Auditoriumにて開催されました。India Design Markは、「インドで生産されているもの」「インドでデザインされたもの」「インドで販売されているもの」のうち2つの条件を満たせば応募することができ、生活用品から事務用機器、産業機器、自動車、バイクなど幅広く応募されています。当会は、2010年からIndia Design Markを主催するIndia Design Councilと連携協定を結び、デザイン賞の設立および運営のサポートを行っています。

今年は137件の応募があり、そのうち59件がIndia Design Markを受賞しました。日本からは、Sony Electronics Asia Pacificの川鯉卓也さんに審査委員として参加していただき、審査会後のセミナーでもご講演いただきました。審査会場は週末の3月5日(土)・6日(日)には一般公開され、デザインセミナーやワークショップが行われた他、India Design Markの受賞作品の展示とともに、日本のグッドデザイン賞の2015年度ベスト100の中から22点も展示されました。会場には多くの若いインド人デザイナーや関係者、家族連れなどで賑わい、日本の製品に強い関心が寄せられていました。India Design Mark2016の受賞結果は3月下旬にウェブ上で公開される予定です。

India Design Mark

 

【締切間近!!】東京都主催のデザイナー向け講座「TOKYO DESIGN EXERCISE」

東京都が主催し、日本デザイン振興会が企画・運営をおこなうデザイナーを対象としたデザインコンサルティング講座「TOKYO DESIGN EXERCISE」を開講します。本講座は中小企業と効果的にデザイン開発を行うために有用な知識の幅や視野を広げるための講座です。いま、デザイナーには従来のデザイン作業のみでなく、様々な要件や人をつなぎ合わせるディレクション能力、企業の未来のビジョンを描き実現化に取り組むマネジメント能力が求められています。

4回目となる本年は[ Planning ][ Realize ][ Direction ][ Management ]の4テーマを設け、各回、最前線で活躍されているプロデューサー、ディレクター、また他分野とデザインの架け橋となる方々にお話を伺い、デザイナーやデザインに関わる人々が産業とデザインの良き「つなぎ手」となるためのヒント獲得を目指します。新たな価値をつくるためにデザインの力を発揮したいと考える、意欲ある方々の受講をお待ちしています。※初回の締切は、2月29日とさせていただきます。

TOKYO DESIGN EXERCISE 概要
スケジュール・講師:
【Planning】
第1回 3月 9日(水)16:30-18:00 矢島 里佳(クリエイティブ・ディレクター/株式会社和える 代表取締役)
第3回 3月14日(月)19:00-20:30 吉泉 聡(デザイナー・クリエイティブディレクター/TAKT PROJECT Inc. 代表取締役)
【Realize】
第4回 3月15日(火)19:00-20:30 永田 宙郷(プランニングディレクター/株式会社イクス 代表取締役)
第5回 3月16日(水)19:00-20:30 倉本 仁(プロダクトデザイナー/株式会社ジンクラモトスタジオ 代表取締役)
【Direction】
第6回 3月17日(木)19:00-20:30 矢野 直子(株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン室長)
第7回 3月22日(火)19:00-20:30 小関 隆一(デザイナー/リュウコゼキデザインスタジオ 代表)
【Management】
第2回 3月 9日(水)19:00-20:30 ナカムラケンタ(実業家、編集者/株式会社シゴトヒト 代表取締役)
第8回 3月23日(水)19:00-20:30 水野 祐(弁護士/シティライツ法律事務所代表、Arts and Law 代表理事)
受講対象: 独立している、またはこれから独立しようと考えているデザイナー/プランナー、プロデューサーなどで中小企業とのデザイン共働に関心のある方/企画力、プロデュース力等のデザイン業務を超えたスキルアップを考えるインハウスデザイナー
 受講料: 全8コマ 24,000円 / 各講座 3,000円
定 員: 各回 30名
会  場: インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー5Fデザインハブ内)
主  催: 東京都
企画運営: 公益財団法人日本デザイン振興会
詳細・お申込み: http://www.tokyo-design.ne.jp/consulting/

東京ミッドタウン・デザインハブ 第56回企画展 地域×デザイン -まちを編みなおす20のプロジェクト-2月18日より開催

東京ミッドタウン・デザインハブの次回展は、「地域×デザイン」展。
いま全国で地域の特色を活かした様々な取り組みが行われています。本展ではこのような取り組みを、もともとその地が持つ価値を改めて見出し「まちを編集」すること、また生活・文化やコミュニティの「編みなおし」と考え、デザインの視点から分析、紹介します。

本展は当会とプロジェクトデザインで社会を変革する力を持った人材育成を目指す事業構想大学院大学が共同で企画運営を行います。デザインと会場構成には、自身も地域とのプロジェクトを実施しているUMA/design farmの原田祐馬氏と、建築家ユニットのdot architectsを迎え、多角的な視点で地域のプロジェクトを紹介していきます。期間中には、トークショーなど多数のイベントを開催予定。随時、特設サイトでご紹介しますのでどうぞご覧ください。

東京ミッドタウン・デザインハブ 第56回企画展
地域×デザイン -まちを編みなおす20のプロジェクト-

会期 2月18日(木)-3月6日(日)11:00-19:00
会場 東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)
入場料 無料
概要 地域の特色を活かしたプロジェクトを紹介する展示とトークイベントを開催
主催 東京ミッドタウン・デザインハブ
対象 ・まちづくりに関わる方 
        ・
地域のプロジェクトに関わるデザイナー、クリエイター 
        ・
地域のプロジェクトを立案される地方自治体の方、コンサルタント
    ・まちづくりやコミュニケーションに関わる教育関係者、学生 
        ・
地域を活かした取り組みに関心のある方 
企画運営 公益財団法人日本デザイン振興会、事業構想大学院大学
アートディレクション UMA/design farm
会場構成 dot architects
特設サイト http://www.jidp.or.jp/lds2016/ 

紹介プロジェクト 
[北海道]ジャガイモ焼酎 北海道 清里/清里焼酎醸造所
[山形]丸アールの活動/株式会社マルアール
[宮城]松島流灯会 海の盆/松島流灯会 海の盆実行委員会
[宮城]石巻工房/石巻工房
[福島]Eyes,JAPANのヘルスケア2.0、FUKUSHIMA Wheelプロジェクト/株式会社Eyes, JAPAN
[埼玉]川越市 路線バスの復活モデル「イーグルバス」/イーグルバス株式会社
[神奈川]Fablab Japanものづくりネットワーク/Fablab Japan
[栃木]OHYA UNDERGROUND/LLPチイキカチ計画
[静岡]403architectureと浜松の人々
[長野]小布施若者会議/小布施若者会議実行委員会
[新潟]燕三条 工場の祭典/「燕三条 工場の祭典」実行委員会
[奈良]たんぽぽの家の取り組み/社会福祉法人 相模福祉村
[兵庫]淡路はたらくカタチ研究島/淡路地域雇用創造推進協議会
[山口]YCAM 地域開発ラボ/山口情報芸術センター
[徳島]たからのやま/株式会社たからのやま
[愛媛]市民を巻き込んだデザインワークショップ「ことばのちから」/松山市ことばのちから実行委員会+松山市+ビンデザインオフィス有限会社
[佐賀]2016/ARITA/百田桃園
[全国]地域伝統産業の復活「和える」/株式会社和える
[全国]東北食べる通信と日本食べる通信リーグ/NPO法人 東北開墾、日本食べるリーグ

「東京ビジネスデザインアワード」提案最終審査会、観覧者受付中!

「東京ビジネスデザインアワード」 は、東京都が主催し、公益財団法人日本デザイン振興会が企画・運営をおこなう、都内のものづくり中小企業とデザイナーとの協業による新事業創出を目的としたデザインコンペです。第4回目となる本年度は、各社の持つ技術・素材など13件の「テーマ」に対し全国のデザイナーから全157件の提案が寄せられ、審査会による一次審査、テーマを提供した企業も交えての二次審査を経て10件が選ばれました。

1月27日に東京ミッドタウンにて
開催する提案最終審査では、各企業のテーマに対するデザイン提案について受賞デザイナーがプレゼンテーションをおこない、最優秀賞(1 件・賞金100万円)、優秀賞(2 件・各20万円) を決定します。中小企業の技術に対して、デザイナーがどのようなビジネス提案をおこなったのか、ぜひご注目ください。観覧者を募集中です。

2015年度「東京ビジネスデザインアワード」提案最終審査会
日時 1月27日(水) 13時半-17時(開場13時)
会場 東京ミッドタウン・カンファレンス Room7
申込み 観覧希望の方は、氏名/会社名/メールアドレス/電話番号を明記し、tokyo-design@jidp.or.jpまでご連絡ください。

東京ビジネスデザインアワード






【GOOD DESIGN Marunouchi】エツィオ・マンズィーニ氏と考えるサステナビリティとソーシャルデザイン”Design, When Everybody Designs – An Introduction to Design for Social Innovation”

GOOD DESIGN Marunouchi(東京・丸の内)では、1月20日(水)にサステナブルデザインの世界的なリーダーであるエツィオ・マンズィーニ氏をゲストにお迎えし、同氏の近著 "Design, When Everybody Designs - An Introduction to Design for Social Innovation"(※)を題材にしたトークイベントを開催します。

現代の世界で、私たちが持続可能性を保ちつづけるために、デザインの手法をどう活用できうるか、ソーシャルイノベーションをどのように実現していけるのか、事例をとりあげながら、現代におけるデザインとデザイナーの役割を改めて考え直します。 後半は来場者とのディスカッションを積極的に行う予定です。本プログラムは基本的に通訳なし(英語)で実施します。

【GOOD DESIGN Marunouchi】 エツィオ・マンズィーニ氏と考えるサステナビリティとソーシャルデザイン
"Design, When Everybody Designs - An Introduction to Design for Social Innovation"

日時:2016年1月20日(水) 18:30オープン、19:00-20:30 Talk+懇親会
場所:GOOD DESIGN Marunouchi(千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F)
    ※参加費無料
出演:エツィオ・マンズィーニ氏 
定員:35名(先着順)
申込み:peatix 

エツィオ・マンズィーニ氏(Prof. Ezio Manzini):
サステナブルデザインの世界的なリーダー。社会変革と持続性のためのデザインの国際ネットワークDESISの創始者。
現在、ミラノ工科大学名誉教授、ロンドン芸術大学教授、同済大学(中国)、上海大学(中国)、江南大学(中国)客員教授。  

※日本では未出版の原書を僅少ながら取り扱いします(3,300円)。ご希望の方はgdm@g-mark.org宛に購入希望部数をご連絡ください。請求書・領収書の発行も可能です。   

 

デザインハブの「新年初見せ」は人気のクラフトデザイン展

東京ミッドタウン・デザインハブの2016新春企画は「日本クラフトデザイン展」。日本を代表するクラフトデザインの最新作品を多数紹介する展覧会として、熱心なクラフトファンをはじめ、暮らしを豊かにするクラフトデザインを生活に取り入れてみたい、そんな皆様からの支持を集めて55回目となる定評ある企画です。今回は大賞受賞作品の小泉誠氏のスツール(写真)をはじめ、陶磁・漆・木・竹・ガラス・金属・テキスタイル・ジュエリーなど、素材を活かした高度な技と感性によって作られた作品の数々で、現代の暮らしのスタイルを提案します。
期間中には出展作品の素材別解説や、受賞者インタビュー、ワークショップなども開催されます。


東京ミッドタウン・デザインハブ特別展
「-暮らしが選ぶクラフト- 第55回日本クラフト展」

会 期:2016年1月8日(金)~17日(日)  11:00~19:00 会期中無休(最終日は16:00閉館)
会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ
入場料:無料


イベント&ワークショップ(会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター)
詳細は日本クラフトデザイン協会のウェブサイトをご覧ください。
http://www.craft.or.jp/home/craft55.html

<1月8日(金)>
受賞者インタビュー 14:00~15:30  聴講無料

<1月11日(月・祝)>
暮らしを楽しむ お花とお茶の時間
・お花の時間 11:00~13:00 参加費:2000円 要申込
・お茶の時間 参加無料 当日自由参加
煎茶 13:00~13:30(13:30から煎茶サービス)、15:00~15:30(15:30から煎茶サービス)
コーヒー 14:00~14:30(14:30からコーヒーサービス)、16:00~16:30(16:30からコーヒーサービス)

<1月14日(木)>
テクニカルワークショップ
プライ-スプリット技法を学ぶⅡ 14:00~17:00 
参加費:2000円  要申込

<1月16日(土)>
親子ふれあいワークショップ
カラフル模様のフェルトコースター 10:30~12:30/14:00~16:00 
参加費:1組2000円 要申込

お問い合わせ:公益社団法人日本クラフトデザイン協会  
TEL:03-3370-1324

<REPORT>新潟県・燕三条の受賞記念イベント

新潟県の燕市・三条市の一帯は金属加工業を中心とした製造業が盛んで、毎年この地域に拠点を置く企業からは数多くのグッドデザイン賞受賞作が生まれています。その中には日本を代表する分野の製品なども含まれ、燕三条発のジャパン・クオリティとして市場で高い評価を受けています。
2015年度はこのエリアからは6社13点の受賞があり、うち1点は特別賞の「グッドデザイン・ものづくりデザイン賞」に選ばれています。
12月24日に、今年度グッドデザイン賞受賞企業関係者などを招いた「2015年度燕三条受賞商品プレゼンテーション」が、燕三条地場産業振興センターで開催されました。はじめに出席した受賞5社による受賞製品のプレゼンテーションが行われ、それぞれの製品の特徴やデザインの意図はもとより、各社の製品開発ポリシー・経営姿勢に至るまでが率直に述べられ、説得力に富んだ内容が来場者から好評を博しました。
その後、2015年度審査副委員長の柴田文江氏から各社へ表彰状が贈呈されたのち、柴田氏の特別講演が催されました。柴田氏はデザインをデザイナーだけのものとすることなく、企画者、開発者、営業担当者など、ものづくりに携わるさまざまな立場ごとにデザインの理解を進めることで、ものづくり経営の中核にデザインが位置することの意義が語られました。そして、デザイナーの仕事はデザイナー自身の中にあることを発露するのでなく、むしろ企業や開発製造の現場、市場などの中にある重要な要素をクライアントとともに見つけ出し、価値付けていくことであるという趣旨などにも、会場に集まった来場者は熱心に聞き入っていました。

秋元 淳(JDP)



D&AD Creative Directors in Conversation vol.7 齋藤精一氏 2016/1/20開催

世界で最も厳しいと定評のある審査を経て選考される50年以上の歴史をもつデザイン・広告賞、D&AD賞。デザインと広告は時代の変動と共に社会を映し出し、デザインは必ずしも表に見えないが人がより良い暮らしを送るためのシステムや環境を、広告は社会を反映する共通言語を創造してきました。当賞は、デザインと広告が社会にどんな価値を与えることができるか、またどんな責任を担うべきか、この業界の普遍的なテーマのもと1963年より世界的な展開を続けています。

その歴史において、輝かしい賞を受賞し、審査のみならずD&ADの活動に多方面で携わり、尽力いただいた齋藤精一氏(ライゾマティクス代表)をお迎えし2015年度の受賞作品スクリーニングをはじめ、審査の基準、審査の現場についてお話しいただきます。また、対談相手としてデザイン、広告、コミュニケーション、教育分野において深い洞察力と鋭いステートメントを発信し続ける菅付雅信氏(グーテンベルクオーケストラ代表)をお迎えします。

出演:
齋藤精一 氏 (ライゾマティクス代表)
2015年度デジタルマーケティング部門イエローペンシル(金賞)他、多数受賞。
2016年度デジタルデザイン部門審査員。

菅付雅信 氏(編集者/グーテンベルクオーケストラ代表)
日 時:2016年1月20日(水)18:30–21:00(18:30受付開始/19:00開会) 
会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ内
    インターナショナル・デザインリエゾンセンター
参加費:500円
主 催:D&AD
協 力:公益財団法人日本デザイン振興会、Shutterstock
参加申し込みはこちらから


<REPORT>京都府中小企業技術センター共催事業「京都グッドデザイン戦略支援セミナー」 京都デザインマネジメント勉強会

日本デザイン振興会では、その主たる事業のひとつとして、地域のデザイン振興機関と連携し、各地域の企業や産業へのデザイン導入やデザイン活用の推進に取り組んでいます。その一つとして、京都府のものづくり系企業に対し長年にわたりグッドデザイン賞への応募推進をいただいている京都府中小企業技術センターとの共同講座「京都グッドデザイン戦略支援セミナー京都デザインマネジメント勉強会」を2013年に立ち上げました。

本講座は、府内に多い中規模の主にBtoBの技術開発から製造までを手掛けるモノづくり系企業のデザイナーやデザインマネージャーに対し、デザインマネジメントの考え方を浸透させると共に、継続的にグッドデザイン賞を受賞できる企業を育てたいとのリクエストを同センターよりいただき、新しいタイプの地域デザイン振興モデルを目指しスタートしました。京都府内には精密機械を含む工作機器や検査機器などを手掛けるメーカーが多いものの、それぞれの業務領域や用途は多様で、企業形態も様々なため、地域としての「一般的な解」のようなものを探すのは難しく、座学中心の講座では対応しにくいことが分かりました。開講3年目の本年は、これまでの反省を踏まえ以下の点を改善しました。

・第一義としてグッドデザイン賞受賞を目指す講座であることを打ち出す。 
・応募予定製品を明確にしてもらい、審査プロセスをなぞる形で具体的にフィードバックする。 
・商品開発の過程を講師と共に見直す中で、デザインマネジメントを実践的に体得してもらう。 
・講師を2名体制(馬場了氏・安次富隆氏)とし、座学の後の個別指導に時間を割く。 

2015年度講座は、9月14日のオープンセミナーの後、受講生を2つの担当講師グループに分けて約3週間に1回講座を開催、途中京都府中小企業技術センターの主任研究員による個別指導日を設けながら、全5回の講座を実施しました。最終講座では、講師より二次審査期間中に実施される「対話型審査」を想定した質疑応答をおこなった後、講評を実施。全体総評を行ったあと、全講座過程を3/4以上出席した受講生に対し、当会と京都府中小企業技術センターより修了証を授与しました。 
 
本年はこれまで最多となる14名が修了証を授与されたほか、参加各者とも講座を経て応募予定製品のブラッシュアップが図られ、来年の応募につなげるという目的に即した講座になったのではと感じました。また、講座のグループディスカッションを継続し、センターの施設や設備を利用して意見交換を行っていこうという流れも生まれています。修了者からも前向きな感想が聞かれました。

【修了者の感想】 
・製品開発のステップが明確になった。 
・2年間継続して受講し、やっと自分の仕事に考え方を取り入れられるようになった。 
・色々な企業の製品開発に触れ、広い視野をもてるようになった。 
・自社の技術から何ができるかでなく、市場の要求や使い手のマインドから開発することを学べた。 
・自社にデザイナーが自分のみで、デザインへの取り組み方に迷いがあったが、デザイナー同士で話す場が持てたことで方向性を見出せた。

今後は、本成果をグッドデザイン賞受賞につなげて、さらなるデザイン振興を図ることはもちろんですが、3年間の講座を振り返るとともに、より良い形での講座の継続に向け、同センターと検討したいと考えています。最後になりましたが、3年間講師をお務めいただいた馬場了氏、今年講師として加わっていただいた安次富隆氏、講座を円滑に運営頂いた上に受講生に対する手厚いサポートと的確な指導を行っていただいた京都府中小企業技術センターの加悦秀樹氏、皆様のご尽力に深く御礼を申し上げます。ありがとうございました。 (川口真沙美/JDP)    




燕三条でグッドデザイン賞受賞記念イベントを開催、柴田文江氏の特別講演も

新潟県燕三条地域の製造業支援を担う燕三条地場産業振興センター主催により、2015年度グッドデザイン賞を受賞した同地域のメーカーによるプレゼンテーションなどを行うイベントが、12月24日(木)に三条市で開催されます。
金属加工業を中心に高い技術とデザイン力を有するメーカーが多数活躍する燕三条地域からは、これまでに多くの「ジャパンクオリティ・デザイン」が生み出されています。2015年度も特別賞「グッドデザイン・ものづくりデザイン賞」を含めて13件のグッドデザイン賞受賞があり、それらの優れたデザインを生んだメーカー6社によるプレゼンテーションと、各社へのグッドデザイン賞表彰状の贈呈が行われます。
さらに、グッドデザイン賞審査副委員長の柴田文江氏による特別講演会を併催します。講演では、暮らしの質を高め、社会の適正な進化をもたらすデザインをテーマに、さまざまなジャンルの企業とのプロジェクトを手がける柴田氏の視点から、今日の企業経営や社会像とデザインとの関係が語られます。

日 時:12月24日(木) 15時~17時45分
会 場:燕三条地場産業振興センター リサーチコア 6F研修室(三条市須頃1-17)

プログラム:
第一部/グッドデザイン賞受賞企業プレゼンテーション
第二部/表彰式
第三部/柴田文江氏特別講演

参加は燕三条地場産業振興センターに申し込み(申し込み締め切り/12月22日)
申し込み方法:同センターのウェブサイトから参加申込書をダウンロードしてください。
http://www.tsjiba.or.jp/news/2015/12/3401/ 
問い合わせ先:燕三条地場産業振興センター 燕三条ブランド推進室 担当:中山
Tel. 0256-32-5806

MdN Design Interactive

iiyama PC、「CLIP STUDIO PAINT」推奨のイラスト・マンガ描画向けPCを発売

SENSE-17HP043-C-UCES-CSP株式会社ユニットコムは、「iiyama PC」ブランドの「SENSE∞」より、イラスト・マンガ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」推奨の17.3型ノートPC「SENSE-17HP043-C-UCES-CSP」を発売した。同製…

クリエイティブメディア、IPX4相当の防滴Bluetoothイヤホンを発売

Creative Outlier One Plusクリエイティブメディア株式会社は、Bluetoothワイヤレスイヤホン「Creative Outlier One Plus」を発売した。同製品は、IPX4相当の防滴性能を備えたワイヤレスイヤホン。約16gの軽量ボデ…

Funlogy、iPhoneの画面をテレビやプロジェクターに映せるHDMI変換ケーブルを発売

HDMI変換ケーブル株式会社Sandlotsは、同社が運営するプロジェクター直販サイト「FunLogy」にて、iPhone用HDMI変換ケーブルを発売した。同製品は、iPhone/iPadの画面をテレビやプロジェクターに映すことができるHDM…

エレコム、IPv6 IPoE対応の11ac無線LANルーターを発売

WRC-1167GST2エレコム株式会社は、11ac無線LANギガビットルーター「WRC-1167GST2」を8月上旬に発売すると発表した。同製品は、手持ちの無線ルーターからの買い替え時に便利な「らくらく引越機能」を搭載し、面倒な…

エレコム、Bluetooth対応コントローラーを装備したスマホ用VRグラスを発売

P-VRGBT01BKエレコム株式会社は、コントローラーを装備したVRグラス「P-VRGBT01BK」を8月上旬に発売すると発表した。同製品は、Bluetooth対応コントローラーが搭載されたオールインワンタイプのVRグラス。スマート…

青森でキャッシュレス化と無線Wi-Fi整備の実証実験、JR東などが準備に着手

東日本旅客鉄道株式会社(JR東)とJR東日本スタートアップ株式会社の両社は、ベンチャー企業との協業により新たなビジネス・サービスを実現する 「JR東日本スタートアッププログラム2018」の案件から、青森県での「…

ネット高校の「N高」、通学コースに仙台・立川・京都の3キャンパスを追加へ

「N高等学校」学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」(N高)は、通学コースの新しいキャンパスとして仙台キャンパス(宮城県)、立川キャンパス(東京都)、京都キャンパス(京都府)の3キャンパスを新たに開校する…

LINE Pay、「マイカラー」制度アプデでポイント付与率アップなどを実施

LINE Pay株式会社は、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上でスマホのおサイフサービスとして展開する「LINE Pay」において、8月1日からインセンティブプログラム「マイカラー」制度をアップグレードする…

さくら、サブドメイン向けSSLサーバー証明書を無料提供~簡単操作で常時SSL化が可能に

さくらインターネット株式会社は7月24日、SSL証明書を無料で利用できる機能を提供すると発表した。対象となるのは、「さくらのレンタルサーバ」で利用可能な62種類のサブドメイン。さくらのドメインとして提供する…

格安SIM比較、サービス満足度なら[mineo/BIGLOBEモバイル]、通信速度なら[UQモバイル]。ENECHANGE調べ

ENECHANGE株式会社では、格安SIM主要9社の利用者を対象に利用満足度調査を実施、人気トップ5社の調査結果を公開した。調査対象となったのは、Y!mobile、UQモバイル、楽天モバイル、mineo、LINEモバイル、イオンモバ…

サンワサプライ、HDMIケーブルを延長できる中継アダプタ「500-HDMI015_016」を発売

サンワサプライ株式会社は、7月24日、HDMIケーブル2本を接続し、延長・中継できるHDMI延長アダプタ2種を発売すると発表した。価格は3,222円~4,148円(税抜)。同社の直販サイト「サンワダイレクト」などで購入する…

焼き鳥が卓上でクルクル回る!しかも無煙の「自家製焼き鳥メーカー」発売

「自家製焼き鳥メーカー」サンコー株式会社は、同社が運営する直営サイト「サンコーレアモノショップ」において、コンパクトな焼き鳥製造機「自家製焼き鳥メーカー」を発売開始した。価格は5980円(税込)。本製品…

プリントパックが「2019年賀状デザインコンテスト」を実施中!300点以上の入賞を予定

プリントパック「2019年賀状デザインコンテスト」株式会社プリントパックは、2019年度年賀状印刷「プリントパックde年賀状印刷」で使用 / 販売する年賀状テンプレートデザインを募集中。現在、第2期の募集が行われ…

アドビ、デジタル印刷の可能性を引き出すカラー機能を追加したPDF Print Engineの最新版を発表

アドビシステムズ株式会社は7月24日、Adobe PDF Print Engineの最新版バージョン5(APPE5)を発表した。本バージョンでは、新しいカラー機能が追加され、正確なレンダリングが可能に。従来のデジタル印刷でも、紙は…

機動戦士ガンダム(全43話)について永遠に語りあえる、AIロボット「ガンシェルジュ ハロ」が登場

株式会社BANDAI SPIRITS ネット戦略室では、7月24日、同社の公式ショッピングサイトにおいて、機動戦士ガンダムに登場するあの「ハロ」と話ができるAIロボット「ガンシェルジュ ハロ」の発売を発表した。価格は138,…

キャリーバッグにくっつけたり、ショルダーバッグにもなる「ぬいぐるみバッグ」発売

ペンギンのキャリーオンバッグ株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーションは、同社のオンラインストアにおいて、キャリーバッグのハンドル部分にくっつけることができる「ぬいぐるみバッグ」(ペンギンのキャ…

格安スマホのmineo、ソフトバンク回線で月額基本料金6カ月間無料の「Sプラン」開始

イメージ株式会社ケイ・オプティコムは、同社が運営する格安スマホ(SIM)のmineo(マイネオ)において、ソフトバンク回線を利用した「Sプラン」の提供を9月4日から開始すると発表した。また、これを記念したキャン…

昼夜好きな時間に受け取れる配達代行サービス「TODOCU」、月額定額の届け放題プラン開始

「TODOCU」207株式会社は24日、夜間配達代行サービス「TODOCU(トドク)」について、月額定額の「届け放題プラン」を7月24日より開始すると発表した。本サービスは、スマホアプリ「LINE」を使って配達依頼ができる…

あ、こんな感じ! 直感にピピッとくる配色本「配色デザイン インスピレーションブック」発売

ソシム株式会社は、絵本感覚でパラパラ眺めるだけでイメージ通りの配色に出会える「配色デザイン インスピレーションブック」を7月24日に発売する。B5変形判/256P/1,800円(税抜)。多くのデザイナーの頭を悩ませ…

ウチの上司にも使わせたい? 体臭をチェックできるお手軽デバイス

ITライター・山口真弘の気になるグッズラボ  ウチの上司にも使わせたい? 体臭をチェックできるお手軽デバイス ~タニタ「ES-100」レビュー2018年07月24日 TEXT:山口真弘(ITライター) 自分の体臭、もしかして匂…

CBCNET

変わり続ける今の「本」について考えるブックフェアTRANS BOOKS レポート

2017年11月4日(土)、5日(日)の二日間、神保町にあるコワーキングスペ&#12...

Fresh milk, Blue screens MILK ON THE EDGE, Exonemo @ hpgrp Gallery New York

For English article please click here 先日会期が終了したエキソニモによる […]

POWER GRAPHIXX – 20年分の映像のモーション・リール

モーション・グラフィック・ヘッズなら正座して見たくなるPOWER GRAPHIXXによる20年分の映像のリール […]

「UIデザイナーのための Sketch入門&実践ガイド」BNN新社より刊行

「UIデザイナーのための Sketch入門&実践ガイド」がBNN新社より刊行された。...

毎日ひと作品を作り続けて10年、 BeepleことMike Winkelmannが3,650個目の作品を公開

先日、Motion Plus Design Tokyoというイベントでも来日したBeepleことMike Wi […]

グラフィックデザイン・プロダクションの進化を追ったドキュメンタリー ~ “graphic means”

コンピューターによるデスクトップ・パブリッシングが誕生しておおよそ30年。現在ではラップトップ1台で事足りるプ […]

好きな色を1px配置してください – 72時間後、世界中のユーザーを巻き込んだドラマと攻防とともに壮大なピクセルアートが出現

ソーシャルニュース掲示板サイト、redditにてエイプリルフールに72時間限定の実験的なプロジェクト̶ […]

花が集ってできた鏡のインスタレーション 『Flower Mirror』

創業300周年を向かえた大丸、それを記念した祝いの花が集ってできた鏡のインスタレーション「Flower Mir […]

ズーーーームで遊ぶカメラアプリ “ooo”

NYのおしゃれデザイン・スタジオ This Also によるアプリ“ooo”。 このア […]

日常に存在するモノの視点へ憑依 – tha社によるVRコンテンツ「POINT OF VIEW」

tha社によるVRコンテンツ「POINT OF VIEW」。 部屋の中に存在するモノをじっと見つめることで「憑 […]

QUICK, DRAW! マシーンラーニングを利用したお絵かきゲーム

「QUICK, DRAW!」はGoogleのA.I. Experimentsがリリースしたプロジェクト。 指定 […]

音楽家・トクマルシューゴによるユーザー参加型の新曲制作プラットフォーム「BRICOLAGE MUSIC」

音楽家・トクマルシューゴによるユーザー参加型の新曲制作プ&#12...

オバマ米大統領セレクトによるサマーチューン・プレイリストがリリース、ただ日本からだと…

現在、任期最後の夏バカンスを楽しんでいる様子の米国のオバマ大統領。11月の大統領選はなかなか混沌としております […]

監視社会をサバイブするための現代人のためのファッション – “ANTIBOT WEAR” エキソニモとPAOMコラボレーション・サービスがリリース

人類とロボットとの妥協無きコラボによって産み落とされた21世紀型タイポグラフィCaptcha。人間には読めるこ […]

バイオアーティスト50名の活動を紹介 – BNN新社より書籍「バイオアート―バイオテクノロジーは未来を救うのか。」刊行

BNN新社より書籍「バイオアート―バイオテクノロジーは未来を救うのか&#...

演奏の「かたち」から自由になろう!柔らかい3Dパッド搭載ミュージックギア「CMG」クラウドファンディングにて予約受付中

楽器デザイナー中西宣人とセンサ開発ベンチャーのタッチエンス株式&#20...

Cinderを使った「ダイナミック・コーディング」を紹介するハイレベルなワークショップをライゾマティクス・リサーチが開催

AntiVJのアーティストでもあり、世界的に活躍するクリエイティブ・コーダーのSimon Geilfus氏によ […]

実存しない彫刻が爆砕 ー 世界最高峰のVR劇場でのオーディオビジュアルイベント『VRDG+H』レポート

目の前には存在するように見えるが、実際には存在しない。すべては&#12...

淡々と、心地よく、佇むGIFたち

インターネットのみなさん、いかがお過ごしでしょうか。 GIFがFacebookやTwitterなどでも簡単に共 […]

まるで宇宙船のコントロールパネルのよう – DUB-Russellによる、次世代セミ・モジュラー・ビートマシーン・ソフトウェア「2020」

Sonar Sound Tokyo (2012), RBMA TOKYO(2014), ELEKTRA16 ( […]

マイナビニュース クリエイティブ

【コラム】兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第57回 飲み会に誘われた→たたかう、にげる?

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第57回は、新生活シーズンにはよく起こる「飲み会」、気乗りしない集いへのうまい断り方が語られます。

オンライン動画コンテストの入賞作品が決定! – あの西諸弁フランス人動画も

宣伝会議は、オンライン動画コンテスト「Brain Online Video Award(BOVA)」に応募された作品の中から、グランプリをはじめとした22の入賞作品が決定したことを発表した。

モノづくり施設「DMM.make AKIBA」を休日のみ利用できる新プランが登場

DMM.comは、同社が運営するモノづくりのためのコワーキングスペース「DMM.make AKIBA」の利用プランに関して、休日だけ利用可能な「Holiday会員プラン」を追加した。

タイププロジェクト、30秒でフォントを生成可能なソフト「Drop&Type」発売

タイププロジェクトは4日、フォントデザインの確認ツール「Drop&Type(ドロップ アンド タイプ)」を発売した。 <img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/SFPIH5r.SREU/5e5b05f2aa8931c0ab1c58823d7a5c1a"/>

3Dゲームエンジン”Autodesk Stingray”を使ったコンテンツ制作セミナー- Too

Tooは、建築設計やデザイン、ゲーム・映像制作に携わる人を対象としたセミナー「【Too】Autodesk Stingray活用セミナー - リアルタイムビジュアルコンテンツ制作&ゲーム制作に!-」を開催する。開催日時は4月22日 15:00~17:30(受付開始14:30)。会場は東京都・虎ノ門のThe Gallery Too(Too 本社内)。 <img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/SFPIH5r.SREU/f09635e07a8123ae40a03670ee6f5fc0"/>

3Dプリンタで作るロボット「PLEN2」の組み立てワークショップを開催

みらいスクールは、同社が運営する子ども向けの仕事体験や学び・遊びの体験プラットフォーム「Gifte!(ギフテ)において、3Dプリンタで作るヒューマノイドロボット"PLEN2"を組み立てる「3Dプリンタで作る!ロボット組立て教室」を含むふたつのワークショップを開催する。開催日はどちらも5月1日。

IMAGICAイメージワークス、アニメ制作チーム「ActNO5」を発足

IMAGICAイメージワークスは、2016年4月1日付でアニメーション制作チーム「ActNO5(アクトナンバーファイブ/「O」の正式表記はスラッシュ付き)」を発足した。

フォントパックが20%オフに! – 「DynaFont TrueType」DL版発売

ダイナコムウェアは、本日より同社の直販オンラインストア「DynaFontネットショップ」にて、DynaFont TrueTypeパッケージ製品のダウンロード版を発売した。同ショップではそれに際して、ダウンロード版の対象製品を通常価格の20%オフで購入できる「春の新生活応援!特価キャンペーン」を開催している。キャンペーン期間は本日4月1日~6月30日。

【レポート】IoTで変わる日本を象徴するコンテストに – RICOH THETA × IoT デベロッパーズコンテスト

リコーは3月31日、同社が開発した全天球カメラ「RICOH THETA」と連動するアプリケーションやガジェットを募る「RICOH THETA × IoT デベロッパーズコンテスト」を開催することを発表した。ここでは、同日、東京大学本郷キャンパス ダイワユビキタス学術研究館 ダイワハウス石橋信夫記念ホールにて行われた、同コンテストの説明会の様子をレポートする。

【レポート】エイプリルフールがネットで盛り上がるのはなぜ? – 企業の「ウソ」請負人に聞いてみた

今回は、企業のエイプリルフール企画を受注している面白法人カヤック代表 柳澤大輔さんに、ネットのお祭りと化したエイプリルフールが企業にまで広がった流れ、そして「面白法人」と掲げた同社が毎年感じているプレッシャーなどについて、お話いただきました。

【連載】日本のアニメのデジタル化、その最前線に迫る – ACTF2016 第4回 アニメ制作をデジタル化すると何が起きるのか、リアルな現場の声 – あにめたまご2016

練馬区立区民・産業プラザにて「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2016」が開催され、数多くのアニメ関係者が参加した。同フォーラムはペーパーレス作画をテーマにした初の大規模フォーラムとして1年前に発足したもの。今回のACTFでは作画のデジタル化とフローの改革に取り組んだ制作プロダクションから担当者が登壇し、実際の作品事例を通してデジタル作画に関する講演を行った。 <img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/SFPIH5r.SREU/d613845d92239deebb810650828d7302"/>

【連載】修羅場サバイバル ~健康で文化的なクリエイターになるために~ 第14回 肩こり・腰痛の「根っこ」を知る

この連載では、忙殺され身体を酷使しがちなクリエイターが「健康的に創り"続ける"」ための知識を公開。敷居が高いイメージになってしまった「健康」を広く手の届くものにすべく活動されている鍼灸師・若林理砂さんが、忙しいクリエイターにもできる「健康への第一歩」につながるエピソードを語ります。

新海誠原作のTVアニメ「彼女と彼女の猫」の企画展を開催

ウルトラスーパーピクチャーズは、新海誠氏原作のTVアニメ「彼女と彼女の猫 -Everything Flows-」の制作に使われた資料や原画などを展示する企画展を開催する。会期は4月9日~6月19日(水曜休館、ただし5月4日は開館)。開館時間は10:00~18:00(最終入館は17:30)。会場は京都府・烏丸御池の京都国際マンガミュージアム 2Fギャラリー4。

AGC旭硝子、ミラノサローネに出展- 5千枚のガラスインスタレーション展開

AGC旭硝子は、イタリア・ミラノで開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク 2016」(ミラノサローネ)に出展すると発表した。場所はSuperスタジオ・ピュー内ギャラリー(トルトーナ地区)。出展期間は4月12日~4月17日(12日~15日は業界関係者のみ)。 <img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/SFPIH5r.SREU/32e3eab53a1593b5bba7c296b3930d48"/>

【コラム】週刊こむぎ 第22回 さくらの季節と 一期一会

日々忙しく悩みをかかえるクリエイターにやすらぎを与えるため、精進を続けている「こむぎこをこねたもの」。まるくてかわいいかれらが、ゆる~い「おしえ」の言葉を週に1回更新します。

アイシン、ミラノサローネに出展-ミシンで「絵」を描いたテキスタイルを展示

アイシン精機は、イタリア・ミラノで開催される世界的なデザインの祭典「ミラノデザインウィーク 2016」(ミラノサローネ)に出展すると発表した。出展期間は4月12日~4月17日。

仮想空間で思わず叫び声!「PlayStation VR」を初体験 – AnimeJapan 2016

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、3月26日・27日に東京都・有明の東京ビッグサイトで開催されたアニメの祭典「AnimeJapan 2016」に出展した「PlayStation」ブースにおいて、今年10月に発売予定のPS4用バーチャルリアリティ(VR)システム「PlayStation VR」(税別価格 4万4,980円)を体験できるコーナーを展開した。本稿では一部コンテンツの体験レポートをお届けする。

【レポート】最新技術で「冴えカノ」加藤恵と会話を楽しむ実験展示 – AnimeJapan 2016

ソニーは、3月26日・27日に東京都・有明の東京ビッグサイトで開催された「AnimeJapan 2016」において、TVアニメ「冴えない彼女の育てかた」のメインヒロイン"加藤恵"を体験できる「加藤恵Project」を出展した。ここでは、4Kテレビとソニーのインタラクティブ技術を使って"加藤恵"との対話を楽しめる「加藤恵と過ごす日常の研究 ~あなたの4Kテレビでいっしょに暮らす恵~」の展示の様子をレポートする。

パナソニックなど企業も参画するファブスペース「The DECK」がオープン

The DECKは4月より、 大阪市・堺筋本町にオープンイノベーションファブスペース「The DECK(ザ・デッキ)」をオープンする。 <img border="0" width="1" height="1" src="http://rss.rssad.jp/rss/artimg/SFPIH5r.SREU/ea18f1506478a9879bc90fd72087e253"/>

【コラム】兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第56回 SNS疲れと「インターネット上の友達」

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第56回は、SNS疲れの原因はじめ「インターネット上のお友達」との付き合いを、カレー沢氏が冷静かつ単刀直入に分析します。

Dezeen

Light Soy Table Lamp by Heliograf

Dezeen Showroom: Sydney-based studio Heliograf looked to the iconic soy fish packets you get with sushi for its Light Soy Table Lamp, which it designed to draw attention to the harm single-use plastic is doing to our oceans. Read more

Salone del Mobile confirms move to September 2021 due to coronavirus

Milan's Salone del Mobile will take place from 5 to 10 September 2021, fair organisers have announced. Read more

Peter Barber Architects adds terraced houses to estate in south London

Peter Barber Architects has created six terraces of brick housing in Chalton, south London, for Greenwich-council owned developer Meridian Home Start. Read more

OPPO X 2021 is a shapeshifting phone that grows to the size of a tablet

Chinese electronics company OPPO has revealed a concept smartphone, called the X 2021, which expands by rolling out its screen on a miniature conveyor belt. Read more

OMA and Hassell completes top-heavy WA Museum Boola Bardip in Perth

Architecture firms OMA and Hassell have renovated a group of old buildings in Perth, Australia, and stitched them together with protruding metal-clad structures to create the WA Museum Boola Bardip. Read more

Honext develops recyclable construction material made of cellulose fibres from waste paper

Barcelona-based startup Honext has developed a sustainable construction board material made from a combination of enzymes and cellulose taken from the waste streams of paper production. Read more

Dezeen presents four online talks for Design Miami 2020

Dezeen has teamed up with Design Miami, Perrier-Jouët, Miami Design District and Uribe Schwarzkopf to livestream a series of talks as part of the annual festival. Read more

Dock Mill by Urban Agency set to be one of Europe’s tallest timber buildings

Architecture studio Urban Agency is extending an existing mill building in Dublin, Ireland, to create the 50-metres-high Dock Mill, which will be one of the tallest timber buildings in Europe. Read more

Dezeen wins another award… for Dezeen Awards!

Yes, there is an Awards Awards and Dezeen Awards has been honoured for the second year running, winning the prize for the best sector-specific event. Read more

Ten dining rooms in American homes that are a feast for the eyes

With glimpses of the seaside to views of the Rocky Mountains, we've rounded up 10 dining rooms in American houses that would be spectacular settings for a Thanksgiving dinner. Read more

Leading architects “clearly contravening” climate pledges says Architects Declare

High-profile studios including Zaha Hadid Architects are breaching promises made when they signed up to Architects Declare and undermining its efforts to prevent climate change, the network has told Dezeen. Read more

Formafantasma and Shahar Livne Design named design studios of the year at Dezeen Awards 2020

Design studio Formafantasma has been named studio of the year while material designer Shahar Livne has won the title of emerging designer of the year at Dezeen Awards 2020. Read more

Catch: The HIV Detector wins Dezeen Awards 2020 design project of the year

A compact, affordable device for detecting HIV by London-based designer Hans Ramzan has won the Dezeen Awards 2020 design project of the year. Read more

Dezeen Awards 2020 design project winners revealed

The 12 winning design projects for Dezeen Awards 2020 have been revealed. Winners include a pocket-sized HIV home testing kit, an installation designed entirely from seaweed and postage stamps that warn of the impact of climate change.  

Tej Chauhan designs Rado True Square watch for a science-fiction future

British designer Tej Chauhan has played with pop-culture visions of the future to create a sci-fi-inspired watch for Swiss brand Rado. Read more

Atelier-r
 creates Corten tourist route around ruins of Czech Republic castle

Architecture studio Atelier-r has added a series of Corten steel bridges and platforms to provide tourist access to the ruins of Helfštýn castle in the east of the Czech Republic. Read more

Rammed-earth domes will define Adjaye Associate’s Thabo Mbeki Presidential Library

Eight domed structures built from rammed earth will distinguish the Thabo Mbeki Presidential Library that architecture studio Adjaye Associates is developing in Johannesburg, South Africa. Read more

Dezeen Awards 2020 design winners to be revealed in video show today

The winners of the Dezeen Awards 2020 design categories will be announced today in the third and final show hosted by poet and broadcaster LionHeart and including a special message from Paola Antonelli. Watch the broadcast live here at 4pm GMT. Read more

“The heart and soul of Salone del Mobile” Manlio Armellini dies aged 83

Manlio Armellini, a tireless advocate for Italian design and one of the founding fathers of Milan's Salone del Mobile, the world's largest furniture fair, has passed away at the age of 83. Read more

Tempo sideboard by Estudio Andreu for Andreu World

Dezeen Showroom: Andreu World's in-house design team has created the Tempo sideboard collection, which is suited to both work and home environments. Read more

designboom

studio MM architect adds floating, glass-clad fitness studio to ‘cat hill’ house in the US


the studio extends over a natural ridge in the densely wooded site.

The post studio MM architect adds floating, glass-clad fitness studio to ‘cat hill’ house in the US appeared first on designboom | architecture & design magazine.

meet noo.ma: the furniture brand focusing on quality materials and reasonable pricing


first formed in 2017, the polish startup is on a mission to shake up the furniture industry through transparent pricing and production. 

The post meet noo.ma: the furniture brand focusing on quality materials and reasonable pricing appeared first on designboom | architecture & design magazine.

CAN adds mountaintop-shaped roof to edwardian house in south east london house

the mountain view house by CAN opens up progressively as guests move through the first floor, from the dark monochromatic front room. The post CAN adds mountaintop-shaped roof to edwardian house in south east london house appeared first on designboom |...

bright yellow columns complete ospacearchitects’
 tung yuan kindergarten in taiwan


inside, a huge Y-shaped column supports the kindergarten's concrete roof.

The post bright yellow columns complete ospacearchitects’
 tung yuan kindergarten in taiwan appeared first on designboom | architecture & design magazine.

sknypl designs colorful polyhedral pavilions for russian creativity week 2020

with their bright colors and sloping facades, the distinct structures completely transform the river waterfront. The post sknypl designs colorful polyhedral pavilions for russian creativity week 2020 appeared first on designboom | architecture & d...

carry your portfolio with the ‘bamboo urban mini velo’ custom city bike


architects mccloy + muchemwa collaborated with bamboo bicycle club to design a custom city bike to carry the emerging practice’s portfolio.

The post carry your portfolio with the ‘bamboo urban mini velo’ custom city bike appeared first on designboom | architecture & design magazine.

ASB glassfloor’s digital wallpaper turns any space into a HD screen


in combination with the lumiflex LED floor, ASB glassfloor's digital wallpaper can turn an entire room into a monitor.

The post ASB glassfloor’s digital wallpaper turns any space into a HD screen appeared first on designboom | architecture & design magazine.

jim caumeron frames the outdoors with ‘viewpoint house’ in the philippines


the design highlights the view of the park opposite with a huge picture window that's placed at the corner of the house.

The post jim caumeron frames the outdoors with ‘viewpoint house’ in the philippines appeared first on designboom | architecture & design magazine.

chinatown market takes away the ‘disposable’ from hotel slippers


chinatown market has unveiled its first in-house sneaker — their take on hotel slippers, giving us a new shoe to work from home.

The post chinatown market takes away the ‘disposable’ from hotel slippers appeared first on designboom | architecture & design magazine.

TORAFU ARCHITECTS creates a ‘forest of verbs’ for ‘MUJI IS’ exhibition in tokyo


together with TORAFU ARCHITECTS' founders, designboom visited the exhibition to discover the MUJI universe.

The post TORAFU ARCHITECTS creates a ‘forest of verbs’ for ‘MUJI IS’ exhibition in tokyo appeared first on designboom | architecture & design magazine.

the emergency bike, a city-proof all-electric ambulance vehicle taking over paris


wunderman thompson paris has collaborated with french electric bike retail brand ecox, in emergency bike — an ambulance on two wheels.

The post the emergency bike, a city-proof all-electric ambulance vehicle taking over paris appeared first on designboom | architecture & design magazine.

3XN, B+H, and zhubo selected to complete new shenzhen natural history museum

the competition-winning design rises seamlessly from the river, inviting visitors to journey along its accessible green rooftop. The post 3XN, B+H, and zhubo selected to complete new shenzhen natural history museum appeared first on designboom | archit...

odile decq discusses design of ‘antares’ as the tower nears completion in barcelona


to get an update on the much anticipated project, designboom speaks with its designer, french architect odile decq.

The post odile decq discusses design of ‘antares’ as the tower nears completion in barcelona appeared first on designboom | architecture & design magazine.

mysterious metal monolith discovered by utah officials in remote red rock country

speculation is abound at the origins of the enigmatic installation considering its remote setting. The post mysterious metal monolith discovered by utah officials in remote red rock country appeared first on designboom | architecture & design magaz...

studio cochi architects’ concrete house opens toward the lush landscape of okinawa island


floor-to-ceiling glass windows and doors blur the boundaries between structure and nature.

The post studio cochi architects’ concrete house opens toward the lush landscape of okinawa island appeared first on designboom | architecture & design magazine.

stone designs references spanish comics from the 1950s for madrid hotel interior


the project brings together three distinct brands under one roof: ibis styles, novotel and insólito.

The post stone designs references spanish comics from the 1950s for madrid hotel interior appeared first on designboom | architecture & design magazine.

social mask, the intelligent mask that can identify air-borne pathogens

in order to detect asymptomatic people, the social mask has an integrated biosensor has been integrated that can detect infected particles. The post social mask, the intelligent mask that can identify air-borne pathogens appeared first on designboom | ...

‘house shazai’ by nevertheless/yusuke sagawa mediates between opposing scales in japan


tiny windows between interior walls allow small rays of sunlight to penetrate the main living space from other rooms.

The post ‘house shazai’ by nevertheless/yusuke sagawa mediates between opposing scales in japan appeared first on designboom | architecture & design magazine.

stuart shanks & b^space studio insert pops of color within suburban house in new york


the house has been designed inside out, only allowing passers-by to catch careful glimpses of the bright interior.

The post stuart shanks & b^space studio insert pops of color within suburban house in new york appeared first on designboom | architecture & design magazine.

porsche 917 prototype is re-envisioned with ghostly minimalism by creative studio INK

finished in ethereal white and devoid of applied ornament, the iconic race car is stripped to its most basic elements. The post porsche 917 prototype is re-envisioned with ghostly minimalism by creative studio INK appeared first on designboom | archite...

NAVERまとめ - デザイン・アート

これは素敵な出逢い!Twitterで報告された可愛いモノたち

Twitterで見つけた可愛いモノやお洒落でかっこいいモノなど、心躍る素敵なアイテムをまとめました。

思わず『面白いモノ・凄いモノ作りましたね!』ってなるTwitterからの報告

Twitterでみかけた、思わず「面白いモノ作りましたね!」「凄いモノ作りましたね!」という気持ちにさせられそうになる様々な創作物やハンドメイド作品などをまとめてみました。

思わず『凄い発想のモノを作りましたね!』ってなるTwitterからの報告

ツイッターでみかけた、思わず「すごい発想のモノを作りましたね」という気持ちにさせられそうになる様々な創作物や作品などを報告したおもしろツイートをまとめてみました。

これは真似できないw…Twitterで見つけた「みんなの自信作」報告

日々生活していれば色々なことが起こるものです。Twitterで見つけた「みんなの自信作」報告をまとめてみました!

そうきたか!『斜め上を行く塗り絵・イラスト』のTwitter報告

Twitterで見かけたイラストの投稿です。塗り絵で表現された世界線や、本物と見まごうイラストなど様々な絵師たちのアイデアが面白い♪

え、待って!『既成概念が崩れるデザイン』のTwitter報告

ツイッターで見かけた今までの概念が崩壊するデザインのグッズです。奇想天外にして、こんなにキュートなアイテムがあっただろうか…(困惑)

新作もステキ…デザインが可愛すぎると話題のキャンドゥ商品♡

思わず衝動買いしてしまう...デザインが可愛いキャンドゥ商品をまとめました!

上質で心豊かな生活を…職人さんの技が光る名品が凄い

上質なものを生活に取り入れると心も豊かになる気がします。わさび専用のおろし金、繊細でモダンなデザインの急須、ユニークな耳かき、お手紙と一緒に贈れるお茶、日本の美を見事に昇華させた切子グラスや腕時計など、素敵な名品の数々をまとめました。

ちょw『あの・・こんなんできましたケド。』のTwitter報告

ツイッターで見かけた #創作物 の投稿です。技術が突出し、アイデアが爆発した素敵な作品が見る者に驚きを与えてくれました。

世界は美しいで満ちている…Twitterの幻想的な全国の絶景

Twitterであげられている、日本の様々な場所で撮られた写真があまりにも綺麗で素敵だったのでまとめました。自分はこんなにも美しい世界に住んでいたのだと思わず見入ってしまいます・・・。

『スキル&クオリティが素晴らしい!』ってなる作品のツイートが面白い

Twitterには様々な報告が溢れていますが、思わず「クオリティー、スキルが素晴らしい!」って思わず感心してしまう作品にまつわるツイートを紹介します。

江戸時代のタコも…Twitterで見かけた『心が和むイラスト』

ツイッターで見かけた #イラスト で癒やしをくれた瞬間です。心がほっこりするアイデアが秀逸♪

Twitterで見かけた「クセ強めのランドセル」がじわるw

好きな人には堪らない!Twitterのインパクトが凄い刺さるアイテム

Twitterで大きな話題になっている、好きな人にはたまらないであろうアイテムをまとめました。どのアイテムも、近未来的でなデザインがカッコ良かったり、発想と技術が凄かったりと、好きな人には刺さるアイテムです。

ツイ民が『このモチーフたまらない!』と盛り上がったグッズが秀逸

Twitterで見かけた心がときめくデザインが秀逸なグッズです。様々なモチーフが、みんなの心を鷲掴みしました。

これは侮れない…Twitterで見かけた『子供がガチった工作物』

ツイッターで見かけた子供たちによる創作物の投稿です。様々なアイデアのつまった作品が大人顔負けの凄技でした(汗)

思わずウットリ。。。ネットで話題の「画集」が美しい!

美しいイラストや絵が集まった本を眺めていると癒やされそうです♡

トキメキを隠せない…ツイ民垂涎の『コンセプトが素敵なグッズ』

Twitterで見かけた #おもしろグッズ の投稿です。コンセプトが秀逸で、どこか心に響く素敵なアイデアが光っていました。

万博ロゴのパンを焼いた…みんなが作った『いのちの輝き君』が秀逸すぎる

2025年大阪万博のロゴマークが決定した。twitterでは「いのちの輝き君」を創作する人がいる。

伝達力が凄まじい…Twitterで見かけた『切れ味鋭い広告』

ツイッターで見かけた耳目を引く #広告 の投稿です。凝縮された情報量とメッセージの鋭さが話題になっていました。