Music
News

音楽ナタリー

King Gnu初野音ワンマン、2020年1月にWOWOWオンエア

King Gnuが本日10月22日に開催した東京・日比谷野外大音楽堂公演の模様が、2020年1月にWOWOWで放送される。

ti-ti.uu来春に新作音源「letter」発売決定、リリース記念ツアーも

ti-ti.uuが来春に新作音源「letter」をライブ会場および通販限定で発売する。

さくらしめじ、HY名嘉俊によるメッセージソング「合言葉」配信リリース

さくらしめじの新曲「合言葉」が明日10月23日に配信リリースされる。

嵐がヘリで登場、2014年ハワイ公演より「A・RA・SHI」ライブ映像公開

嵐の楽曲「A・RA・SHI」のライブ映像がYouTubeで公開された。

Kis-My-Ft2「Edge of Days」MVで世界に希望の光を照らすスパイに

Kis-My-Ft2の新曲「Edge of Days」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

平沢進+会人(EJIN)、東阪で単独ライブ開催

平沢進+会人(EJIN)が2020年2月に大阪、3月に東京で単独公演を開催する。

和田彩花「NEWTOWN」でソロ初パフォーマンス、ポエトリーリーディングで思い伝える

和田彩花(ex. アンジュルム)が10月20日に東京・パルテノン多摩およびパルテノン大通り、デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオで開催されたカルチャーフェス「NEWTOWN 2019」にて、ソロ初パフォーマンスを行った。

セクゾ佐藤勝利&キンプリ高橋海人、高校生の主張に共感「ジャニーズも食欲には勝てない」

佐藤勝利(Sexy Zone)、高橋海人(King & Prince)が本日10月22日に東京・MAGNET by SHIBUYA109 MAG’s PARKの屋上で行われた映画「ブラック校則」のイベントに出席した。

SUPER★DRAGONの“カラフルな”2nd写真集、毅の暴露に玲於「こんなところで…」

SUPER★DRAGONが本日10月22日に東京・HMV&BOOKS SHIBUYAにて2nd写真集「WARNA WARNI」の発売記念イベントを行った。

ペトロールズ、約4年ぶりのアルバム「GGKKNRSSSTW」を明日リリース

ペトロールズが明日10月23日に2ndアルバム「GGKKNRSSSTW」をリリースする。

never young beach、高橋一生×蒼井優の映画「ロマンスドール」に新曲書き下ろし

never young beachが2020年1月24日に公開される映画「ロマンスドール」の主題歌および劇中歌を担当する。

sumika書き下ろしの主題歌「願い」が流れる「おっさんずラブ-in the sky-」予告映像

sumikaによる主題歌「願い」を使用したドラマ「おっさんずラブ-in the sky-」の予告映像がYouTubeで公開された。

宮本浩次、初のソロ全国ツアー来春開催

宮本浩次が2020年3月よりソロとして初の全国ツアーを開催する。

図鑑、本日“図鑑の日”に初のベスト盤発売

図鑑が“図鑑の日”である本日10月22日に初のベストアルバム「ベスト オブ 図鑑~MADE IN FUKUOKA~」をリリースした。

片寄涼太、「0キス」より綾瀬楓として出演する劇中コカ・コーラCM公開

片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈がダブル主演を務める映画「午前0時、キスしに来てよ」より、劇中に登場する「コカ・コーラ」のCM映像がYouTubeで公開された。

ものぐさ大野智、「郵便局の年賀状印刷」で楽をする

大野智(嵐)が明日10月23日から放送される郵便局の年賀状印刷テレビCM「ものぐささんゆうびん」篇に出演する。

SKE48松井珠理奈、徐々に活動再開「ご心配おかけして、すみません」

休養中だったSKE48の松井珠理奈が、活動を再開することを発表した。

金子ノブアキが10年ぶりの月9出演、「シャーロック」でボクシングジムの会長役

金子ノブアキ(RIZE)が10月28日(月)21:00より放送のフジテレビ“月9”枠ドラマ「シャーロック」にゲスト出演する。

SHADOWS「PMAM」来年1月に開催、今回も2ステージ制で

SHADOWSが自主企画イベント「PMAM vol.6 (Pit Me Against Myself)」を2020年1月19日に東京・新宿LOFTで開催する。

天月-あまつき-「かいしんのいちげき!」がマンガ化

天月-あまつき-の楽曲「かいしんのいちげき!」をコミカライズした作品の連載が、本日10月21日にマンガアプリ・Palcyにてスタートした。

BARKS

斉藤和義、ライブ映像作品7本をdTVで配信

A.B.C-Z、5thシングル「JOYしたいキモチ」新ビジュアル&ジャケット一挙公開

韻シスト、新作『IN-FINITY』携え全国ツアー開催&新MV解禁

アリアナ・グランデ、カップル10組の“愛の形”を切り取った日本版新MV公開

DracoVirgo、オリジナル楽曲第3弾「阿弥陀の糸」配信リリース

カリード、初来日公演決定

みきなつみ、47都道府県ツアー完走「私はもっと先を見てるし、もっと先へ行きたい」

ジョー・ウォルシュ、フー・ファイターズの公演にゲスト出演

【インタビュー】植田真梨恵、1年ぶりシングルに新機軸「きれいなものを描きたい」

Hi-STANDARD、9月に新木場STUDIO COASTで<PRE-AIR JAM SHOW 18>開催

【ライブレポート】D’ERLANGER、ツアーファイナルで被災地へ想いを「日本全国に届けたい」

アリアナの婚約者、インスタグラムの投稿全てを削除「ネットは邪悪な場所」

HIPPY、広島での災害を経て8月4日のワンマンライブ開催を改めて決意

CNCO、9月に初来日決定

【ライブレポート】KICK THE CAN CREW、<JOIN ALIVE>初参戦「みんな、めちゃくちゃいい顔してるよ」

<サマーソニック 2018>ペアチケットを3組6名様にプレゼント

矢野顕子トリオ、自身初のCD作品は10年分の想いを詰め込んだ書籍型装丁

ブリトニー・スピアーズの「Toxic」を歌う(?)犬が話題に

L.A.&上海が熱狂<Anisong World Matsuri 2018>秋のNY開催も決定

【連載】青SHUNコラム第190回『9/8、名古屋で開催決定!アイドルイベント「青春☆ワンダーランド」出演者第一弾発表』

CINRA.NET

坂本龍一、療養と復帰を映すドキュメンタリーでピアノソロ3曲披露

11月28日にWOWOWで放送されるドキュメンタリー番組『ノンフィクションW 坂本龍一の700日 ~MUSIC, ART & LIFE』の詳細が明らかになった。 2年以上にわたって取材を敢行した同番組。がんの闘病生活から新たな創作活動に臨む姿までを映し出す。さらに番組ではニューヨークのアバター・スタジオで収録されたピアノソロによる演奏の模様も放送。演奏曲目は、『ノンフィクションW』シリーズのテーマ曲である“Litany”をはじめ、山田洋次監督作『母と暮せば』のメインタイトル曲、代表曲である“Merry Christmas Mr.Lawrence”の3曲となる。 なお同番組は、WOWOWの3つのチャンネルで実施する『TOUCH!WOWOW2015 ザッツ・ワンダーテインメント!!』の一環で無料放送され...

どついたるねん×NDG、クリスマスにオールナイトでツーマン

ライブイベント『どついたるねん vs NATURE DANGER GANG』が、12月25日に東京・下北沢のSHELTERで開催される。 AVメーカーHMJMとコラボした映画『劇場版 どついたるねんライブ』が8月に公開されたどついたるねんと、初期メンバーのひとりであるMMEEGG!!!が年内で脱退することを発表しているNATURE DANGER GANG。 昨年に引き続きオールナイトで開催される同イベントは、どついたるねんとNATURE DANGER GANGのツーマンライブ。昨年は両バンドが交互に5回ずつライブを行った。また今回の発表とあわせて、どついたるねんが2016年1月7日から全国47都道府県を巡るワンマンツアーの会場が新たに発表になっている。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。 ...

R-指定とDJ松永によるCreepy Nuts初ミニアルバム、先行配信曲も

Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)の1stミニアルバム『たりないふたり』が、2016年1月20日にリリースされる。 MCバトル『ULTIMATE MC BATTLE』で3年連続日本一に輝いたラッパーのR-指定と、TOC(Hilcrhyme)の専属DJとしても活動するトラックメイカーのDJ松永によるCreepy Nuts(R-指定&DJ松永)。 8月にリリースされたシングル『刹那』に続く新作となる『たりないふたり』には、タイトル曲を含む全5曲を収録する。またMOP of HEADの楽曲をリエディットしてラップを乗せた収録曲“爆ぜろ!! feat. MOP of HEAD”の先行配信が本日11月25日からiTunes Storeでスタート。なお彼らはMOP of HEADのライブツアー『Pil...

天狗バンドthis is not a business、ビジネスできず解散

this is not a businessが解散を発表した。 解散の理由は、「this is not a businessと名乗りながらもビジネスしたかったのに、思ったようにビジネスできず」バンド活動の継続が困難だと判断したため。バンドの解散に伴い、レギュラー出演中のFM PORT『TOKYO→NIIGATA MUSIC CONVOY』も12月1日の放送回をもって降板する。なお各メンバーの今後の活動については発表されていない。 this is not a businessは、音楽で生計を立てることを志したが挫折し、それぞれに本職を持つ「負け犬」5人によって結成。天狗の覆面を被った姿で活動しており、各メンバーのプロフィールなどは明かされていない。2013年4月に初音源“WITH A MISSION”...

Underworldの約6年ぶりオリジナルアルバム、3月にリリース

Underworldのニューアルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』の日本盤が、2016年3月16日にリリースされる。 彼らにとって2010年リリースの『Barking』以来、約6年ぶりのオリジナルアルバムとなる同作。メンバーのカール・ハイドによるソロアルバムや、ブライアン・イーノとハイドのユニット「ENO・HYDE」などでの活動を経て発表する。世界に先駆けてリリースされる日本盤には、ボーナストラック“Twenty Three Blue”が収録される。Underworldのオフィシャルサイトではアルバムの一部を視聴できる音源も公開中だ。 なお同作のアートワークも担当しているTOMATOがデザインしたTシャツが付属する日本限定仕様も用意される。詳細...

鈴木慶一、ASA-CHANGらが演奏、NHK Eテレ音楽物語から生まれた音源集

アルバム『ムジカ・ピッコリーノ メロトロン号の仲間たち』が、11月25日にリリースされる。 NHK Eテレで放送されているテレビシリーズ『ムジカ・ピッコリーノ』から生まれた同作。今年4月から9月にかけて放送された第3シリーズのレギュラーメンバーによる演奏を中心に、ゲストも参加した全32曲が収められる。収録曲はゴンドウトモヒコによる楽曲をはじめ、J.S.バッハの“無伴奏チェロ組曲”や民謡の“津軽じょんから節”、QUEEN“I was born to love you”、テレビゲーム『MOTHER』の楽曲“エイトメロディーズ”など。 演奏メンバーは、鈴木慶一(Gt,Vo)、斎藤アリーナ(Gt,Vo)、ASA-CHANG(Dr)、戸松恵哉(Key)、徳澤青弦(Vc)、ゴンドウトモヒコ(Euph,F.Hr)...

ジザメリの来日公演が延期に、メンバー急病のため

The Jesus & Mary Chainの来日公演『THE JESUS & MARY CHAIN "PSYCHOCANDY" 30th Anniversary Japan Tour』が延期になることがわかった。 『THE JESUS & MARY CHAIN "PSYCHOCANDY" 30th Anniversary Japan Tour』は、The Jesus & Mary Chainの1stアルバム『Psychocandy』の発売30周年を記念して企画された同作の再現ライブツアー。今回の公演延期はウィリアム・リード(Gt,Vo)の急病によるもの。リードは11月21日にイギリス・ロンドン市内の病院に入院し、現在は回復に向かっているが医師から飛行機での移動を控えるよう指示を受けたという。 延期...

Buena Vista Social Clubが解散ツアー、3月に日本公演

Buena Vista Social Clubの来日公演が、2016年3月15日に東京・三鷹の武蔵野市民文化会館大ホールで開催される。 キューバの老ミュージシャンたちによって結成された同バンド。ライ・クーダーがプロデュースを手掛けた1997年のアルバム『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』で『グラミー賞』最優秀トラディショナル・トロピカル・ラテン・アルバム賞を受賞し、1999年にはヴィム・ヴェンダース監督が彼らの来歴や演奏を捉えたドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』も公開された。 来日公演は「Adios Tour」と銘打った世界ツアーの一環となる。同ツアーをもって彼らは活動を終了する予定だ。メンバーはオマーラ・ポルトゥオンド(Vo)を含む14人。現時点で決定している日本公演は東京公...

rei harakami×プラネタリウム『暗やみの色』、科学未来館で再上映

rei harakamiが音楽を担当したプラネタリウム用コンテンツ『暗やみの色』の再上映が、12月5日から東京・お台場の日本科学未来館で開催される。 『暗やみの色』は、日本科学未来館のプラネタリウム投影機「MEGASTAR-II cosmos」のコンテンツとして制作され、2005年に公開された作品。同作のサウンドトラックが12月2日に再発される。 今回の再上映は、同作の公開から10周年を記念して開催。上映スケジュールの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。また、初日の12月5日には2005年12月16日に日本科学未来のシンボルゾーンで開催されたrei harakamiのライブ『4%―音楽と宇宙に浸るプレミア・ナイト』の音源をプラネタリウムの立体音響システムで再生する『in memory of r...

フランク・ザッパの1973年ロサンゼルス公演を爆音上映

フランク・ザッパのライブ映像作品『ロキシー・ザ・ムーヴィー』の上映イベントが、12月22日に東京・渋谷CLUB QUATTROで開催される。 『ロキシー・ザ・ムーヴィー』は、1973年12月にアメリカ・ロサンゼルスのロキシー・シアターで行なわれたFrank Zappa & The Mothers of Inventionのライブ4公演の模様を収めた映像作品。10月28日にDVDとBlu-rayでリリースされ、12月23日にはオリジナルTシャツや「ロキシー読本」などを付属したデラックスエディションがリリースされる。 デラックスエディションの発売を記念して開催される今回のイベントでは、『ロキシー・ザ・ムーヴィー』本編を音楽ライブ用の音響セッティングで上映。さらに12月に『フランク・ザッパを聴く――アルバ...

USJ年越し宴にヤスタカら4組、アトラクションは夜通し乗り放題

『ユニバーサル・カウントダウン・パーティ2016』が、12月31日に大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開催される。 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンをオールナイト営業する同イベント。アーティストによるライブや花火、光の演出などでカウントダウンを楽しむことができる。 出演者はm-flo、中田ヤスタカ(CAPSULE)、DAISHI DANCE、武田真治の4組。カウントダウンの瞬間は映画『ミニオンズ』のキャラクターであるミニオンも登場する。さらに当日は1月1日21:00までの26時間にわたって会場内のアトラクションが乗り放題となる予定だ。なおユニバーサル・スタジオ・ジャパンがオールナイトで営業するのは1年で大晦日の日のみとなる。チケットは現在販売中。 イベント情報 『ユニバーサル・...

『CDJ』時間割、クドカン&神木隆之介やとんかつDJなど16組も追加

12月28日から4日間にわたって千葉・幕張メッセ国際展示場1~11ホールとイベントホールで開催される『COUNTDOWN JAPAN 15/16』のタイムテーブルと追加出演者が発表された。 今回追加されたのは、12月28日のASTRO ARENAに出演するDJ'TEKINA//SOMETHING a.k.a ゆよゆっぺ、29日のASTRO ARENAに出演するあゆみくりかまき、タナシンドローム、DJやついいちろう(エレキコミック)、TOO YOUNG TO DIE!(神木隆之介、桐谷健太、清野菜名、皆川猿時、宮藤官九郎、WAGDUG FUTURISTIC UNITY、向井秀徳)、とんかつDJアゲ太郎と藤原大輔(MU-STARS)、ハヤシヒロユキ(POLYSICS)、30日のASTRO ARENAに出演する...

SHISHAMOが次週『Mステ』に登場、地上派で演奏初披露

SHISHAMOが11月27日にテレビ朝日系で放送される『ミュージックステーション』に出演することがわかった。 12月2日にニューシングル『君とゲレンデ』をリリースするSHISHAMO。タイトル曲はゲレンデを舞台に「君」を巡る想いを歌った「アッパーなのに切ない」楽曲になっている。 『ミュージックステーション』では“君とゲレンデ”を披露。SHISHAMOが地上波のテレビ番組で演奏を披露するのは今回が初となる。なお番組にはSHISHAMOに加え、近藤真彦、Superfly、星野源、My Little Lover、ラブ・クレッシェンド(SKE48)が出演する。 番組情報 『ミュージックステーション』 2015年11月27日(金)20:00からテレビ朝日系で放送 出演: 近藤真彦 ...

ART-SCHOOLが1年ぶりにワンマン、「この日の為に僕は生きてきた」

ART-SCHOOLのワンマンライブ『ART-SCHOOL LIVE 2016 Easter』が、2016年2月13日に東京・新木場のSTUDIO COASTで開催される。 「新たな環境で活動を行う準備期間」として、今年2月13日に行われたSTUDIO COASTでのワンマンライブをもって活動を休止していたART-SCHOOL。12月31日に出演する『COUNTDOWN JAPAN 15/16』から活動を再開することが先日発表されていた。 『ART-SCHOOL LIVE 2016 Easter』は、活動休止前最後のライブと同じ日に同じ会場で開催。チケットの先行予約はART-SCHOOLのモバイルサイトで11月20日22:00から受け付ける。一般発売は2016年1月17日10:00からスタート。なお...

音楽スポットをプレイリストと巡る、KKBOX×Time Out新企画

KKBOXとタイムアウト東京によるプロジェクト「TOKYO MUSIC BOX」がスタートした。 1500万曲を配信する音楽ストリーミングサービス「KKBOX」と、東京の情報を紹介するタイムアウト東京が連動する同プロジェクト。都内のミュージックカフェやバーなど、コミュニティーを通じた音楽体験ができる場所を案内するとともに、店主やスタッフ、常連客が選曲したプレイリストを紹介している。毎週金曜に更新し、全20回を予定。本日11月20日に特設サイトもオープンしたので、あわせてチェックしてみよう。 なお現在、KKBOXでは1か月間のフリートライアルを実施中。同サービスではSEKAI NO OWARIが10月に開催した台北公演の模様を11月27日から独占配信するほか、大木伸夫(ACIDMAN)、黒木渚、ホリエ...

堂島孝平デビュー20周年祝う新アルバム『VERY YES』、全貌判明

12月16日にリリースされる堂島孝平のニューアルバムの詳細が発表された。 同作は、堂島のデビュー20周年を記念するアルバム。タイトルは『VERY YES』となり、フジテレビ系番組『オモクリ監督~O-Creator's TV show~』に堂島が監督として出演した際に書き下ろした楽曲“NO GOODBYE”を含む全9曲が収録される。 初回限定盤には、2月22日に東京・中野サンプラザで行われた『堂島孝平 活動20周年記念公演 オールスター大感謝祭!』から17曲のライブ映像を収めたDVDが付属。同公演にはNONA REEVES、東京スカパラダイスオーケストラ、レキシ、桜井秀俊(真心ブラザーズ)、YO-KING(真心ブラザーズ)ら多数のゲストが出演しており、現在DVDのトレイラー映像も公開されている。 ...

ブライアン・ウィルソンが来日、『Pet Sounds』50周年祝う再現ライブ

ブライアン・ウィルソンの来日公演が、2016年4月に開催される。 The Beach Boysのメンバーとして数多くの作品を発表しているほか、ソロとしては11作目となるアルバム『No Pier Pressure』を今年4月にリリースしたブライアン・ウィルソン。8月には自身の半生を描いた伝記映画『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』が日本公開された。 2012年に行われたThe Beach Boysの日本ツアー以来、約4年ぶりの来日公演となる今回は、4月12日と13日に東京・有楽町の東京国際フォーラムホールA、4月15日に大阪・オリックス劇場でライブを開催。1966年にリリースされたThe Beach Boysのアルバム『Pet Sounds』の発売50周年を記念し、同作の再現ライブを披露する。なお...

Perfume武道館公演が映像作品化、副音声付き10DAYSダイジェストも

Perfumeのライブ映像作品『Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP「LIVE 3:5:6:9」』が、2016年1月13日にリリースされる。 今年でメジャーデビュー10周年と、結成15周年を迎えたPerfume。同作は、9月21日から計10日間にわたって行われた記念イベント『Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP』の一環で行われたライブシリーズ『LIVE 3:5:6:9』の日本武道館公演を収めた作品となる。 初回限定盤には本編に加えて、『Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP』をダイジェストで収めたディスクが付属。記者会見からファンクラブ会員限定イベント『P.T...

ピノキオピー初のライブ盤『祭りだヘイカモン』から映像公開

12月9日にリリースされるピノキオピーのライブアルバム『祭りだヘイカモン』からダイジェスト映像が公開された。 ピノキオピーにとって初のライブアルバムとなる同作。10月6日に東京・渋谷のclub asiaで開催されたピノキオピー初のワンマンライブ『祭りだヘイカモン』の音源を全編にわたって収録している。また初回限定盤には、全編のライブ映像を副音声のオーディオコメンタリー付きで収めたDVDが付属する。 公開されたダイジェスト映像では、ターンテーブルやサンプラーを駆使し、ボーカロイドの音声と自身のボーカルを融合させたライブパフォーマンスの一部を垣間見ることができる。なおピノキオピーは2016年にライブツアーの開催を予定しているという。 ボーカロイドとフォークを繋ぐボカロP、ピノキオピー...

スペシャによる音楽×カルチャーの新企画『TOKYO MUSIC ODYSSEY』

スペースシャワーTVによる音楽とカルチャーのイベント『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2016』が2016年に開催される。 『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2016』は、音楽を中心に親和性の高い様々なカルチャーを巻き込んで展開される複合イベント。音楽の発信や新たな才能の発掘を通して、より多くの人が音楽を体験できる場を提供するという。 同イベントは5つの企画で構成。様々な音楽コンテンツで功績を残したアーティストやクリエイターを表彰する『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS』、スペースシャワーが推薦するアーティストによるショーケースライブ『SPACE SHOWER NEW FORCE』、音楽映画やサブカルチャー系映画の上映会『SPACE SHOWER MOVIE CURA...

CDJournal

RO69

ニュース – 5人のギター・レジェンドが集結する奇跡のプロジェクト=ジェネレーション・アックス、主宰スティーヴ・ヴァイが語る「ギターと私」

日本では“ボヘミアン・ラプソディ”をやる予定なんだけど、…

Cut 編集部日記 – 刀ステ新作公演から蒼木 陣×櫻井圭登×三好大貴、CUT11月号にて同級生鼎談!

約1ヵ月後に開幕が迫る、刀ステの新作公演「舞台『刀剣乱舞』…

ニュース – レッチリ、グリーン・デイ、スマパンらも登場! アニメ『シンプソンズ』にカメオ出演したロック・アーティストたちをご紹介

現在シーズン32の製作が決定しているアメリカの番組『シンプ…

ニュース – 宮本浩次、来年3月からソロとして初となる全国ツアー開催

宮本浩次が、ソロとしては初となる全国ツアーを開催する。 同…

ニュース – サイダーガール、来年1月に新アルバム発売&自身最大規模の全国ワンマンツアーも

サイダーガールが、来年1月15日(水)に3rdアルバム『SODA POP…

ニュース – SOIL&“PIMP”SESSIONS、新AL『MAN STEALS THE STARS』リリース記念ワンマンツアー開催

SOIL&“PIMP”SESSIONSが、12月4日(水)発売のニューアルバム…

ニュース – ユニゾン 次章へと導くサインとは、KEYTALK 新AL『DON’T STOP THE MUSIC』を語る……オフショット公開

10月14日(月)~10月20日(日)の間にエントリーされた邦楽ブ…

ニュース – イギー・ポップがフリー・ジャズ、ポエトリー・リーディングに挑戦?! 全方位から老いと死に抗う新作、その名も『フリー』を語る!

自由を追求するのは当人にとって決死の行為であり、他人を傷…

ニュース – 新種のクモにデフ・レパード、アイアン・メイデンのメンバーらにちなんだ名前が付けられる。メタル好きの生物学者が命名

メタル・ファンだというブラジルの生物学者が、新種のクモに…

ニュース – 咽頭がんの治療中と報道されたエディ・ヴァン・ヘイレン、最新の姿をキャッチしたファンがSNSに写真を投稿

先週ヴァン・ヘイレンのギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレ…

ニュース – UVERworld、約2年ぶりのアルバム『UNSER』発売決定。初回盤には結成記念日公演を完全収録

UVERworldが、12月4日(水)に約2年ぶりとなるアルバム『UNSER…

ニュース – 【音楽文】本日10/21更新の邦楽の新着記事はミセス、ユニゾン、計5本です

本日10月21日に更新した「音楽文」の邦楽の新着記事は5本です…

ニュース – 【本人の言葉で紐解く】宮本浩次は横山健とタッグを組んだ“Do you remember?”にどんなロックの物語を込めたのか?

2019年8月10日、16時20分。ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019のPARK…

山崎洋一郎の「総編集長日記」 – 今月の編集後記──ビートルズ『アビイ・ロード』特集号

『アビイ・ロード』とか『レット・イット・ビー』とかの、ビー…

ニュース – フランク・オーシャン、新曲“DHL”をリリース。ジャスティスらが手掛けたさらなる新曲2曲のリミックスも

フランク・オーシャンが、新曲“DHL”を公開した。 「Stereo…

ニュース – 今年発表した2枚、そして来年リリースの『Van Weezer』からさらに次の『Okay Human』まで! リヴァースが全部まとめて語る!

90年代や00年代初期とは違って、僕らがショウをやって速弾き…

ニュース – 【連載】ロック恋愛♂解体新書♀ 椎木知仁(My Hair is Bad)編

世にラブソングは多く存在していて、そこに描かれる恋愛観もま…

ニュース – 岡村靖幸、ライムスターとの共同制作作品“マクガフィン”を発表

岡村靖幸が、10月19日にZepp Diver City で行われたツアー「や…

ニュース – HEY-SMITH、「ハジマザ」10周年は仙台・東京・大阪でサーキットフェス&夏に野外2Days開催

HEY-SMITHが、来年2月に「OSAKA HAZIKETEMAZARE TOUR 2020」を…

ニュース – 今週10/25の『Mステ』出演者はこちら

10月25日(金)放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション…

amass

ケブ・モ(Keb’ Mo’) 初クリスマスアルバム『Moonlight, Mistletoe & You』が全曲リスニング可

ブルース・ギタリスト/シンガーソングライターのケブ・モ(Keb' Mo')が初のホリデイ/クリスマス・アルバム『Moonlight、 Mistletoe & You』をリリース。YouTube、Spotify、Apple Musicで聴けます http://amass.jp/127151/ 

TYLA’s DOGS D’AMOURの来日公演が決定

ザ・ドッグス・ダムール(The Dogs D'Amour)のヴォーカリスト、タイラ率いるTYLA's DOGS D'AMOURの来日公演が決定。2020年3月10日(火)&11日(水)に東京・新宿LOFTにて行われます http://amass.jp/127150/ 

田中フミヤが新アルバム『Right Moment』を12月発売

田中フミヤ(Fumiya Tanaka)が新アルバム『Right Moment』を海外で12月25日発売。一部聴けます http://amass.jp/127149/ 

ゲイリー・ニューマン、オーケストラ共演ライヴ作品を12月発売、ライヴ映像1曲あり

ゲイリー・ニューマンは、オーケストラ共演公演を収めたライヴ2CD+DVD作品『When the Sky Came Down (Live at The Bridgewater Hall、 Manchester)』を海外で12月13日発売。ライヴ映像あり http://amass.jp/127148/ 

マイ・モーニング・ジャケットのジム・ジェイムズが米TV番組でパフォーマンスを披露

マイ・モーニング・ジャケットのジム・ジェイムズが米TV番組でパフォーマンスを披露。曲は最新作から「Back To the End of the World」。パフォーマンスには同作でコラボしたテディ・アブラムス、ルイビル・オーケストラも参加。映像あり http://amass.jp/127147/ 

ベン・フォールズ・ファイヴ「Kate」をファンクアレンジでカヴァー、ベン・フォールズ本人も参加した演奏映像公開

ベン・フォールズ・ファイヴの「Kate」をファンク・アレンジでカヴァー。米ファンク・グループScary Pocketsがパフォーマンス映像を公開。演奏には、ベン・フォールズ本人と女性ヴォーカリストのマイヤ・サイクスが参加しています。 http://amass.jp/127146/ 

ブルース・ホーンズビー 4/29ブルックリン公演から「Never In This House」のライヴ映像公開

ブルース・ホーンズビー&ザ・ノイズメイカーズがオフィシャル・ライヴ映像を公開。4月29日ブルックリン公演の映像で、曲は「Never In This House」。パフォーマンスにはニューヨークの室内楽団yMusicも参加 http://amass.jp/127145/ 

ベス・ハート 仏ラジオ局RTL Franceセッションから「Sister Dear」ほか計4曲のパフォーマンス映像公開

ベス・ハート(Beth Hart)がフランスのラジオ局RTL Franceのスタジオにてパフォーマンスを披露。新たに「War in my mind」「Sister Dear」ほか計4曲のパフォーマンス映像が公開されています http://amass.jp/127144/ 

ロン・セクスミスがハンク・ウィリアムズの「Why Don’t You Love Me」をカヴァー

ロン・セクスミスがハンク・ウィリアムズの「Why Don't You Love Me」をカヴァー。自宅で撮影されたアコースティックギターの弾き語り映像を公開しています。 http://amass.jp/127143/ 

グレン・ハンサード 「Race To The Bottom」のミュージックビデオ公開

映画『ONCE〜ダブリンの街角で』主演コンビによるデュオ=スウェル・シーズンや、ザ・フレイムスでの活躍でも知られるグレン・ハンサード。「Race To The Bottom」のミュージックビデオを公開 http://amass.jp/127142/ 

KOMPAKT人気コンピシリーズ最新作『Pop Ambient 2020』発売、第1作目のアナログ盤再発も決定

ドイツの電子音楽レーベルKOMPAKTの人気コンピシリーズの最新作『Pop Ambient 2020』が11月22日発売。またシリーズ20周年を祝して第1作目『Pop Ambient 2001』のアナログ盤再発も決定 http://amass.jp/127141/ 

NIN トレント・レズナー&アッティカス・ロス音楽担当 米TVドラマ版『ウォッチメン』のサントラ3作発売決定

ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーとアッティカス・ロスは、米テレビドラマ版『ウォッチメン』の音楽を担当。サントラは計3タイトル・リリースされることが決定。第1弾は11月4日、第2弾は11月25日、第3弾は12月16日にリリース http://amass.jp/127140/ 

ブライアン・メイも称賛、インドネシア男性による「Bohemian Rhapsody」のアコースティックギターカヴァーが話題に

ブライアン・メイも“素敵なアコースティックカヴァー”と称賛。インドネシアの男性ギタリストによるクイーン「Bohemian Rhapsody」のアコースティックギター・カヴァーが話題に http://amass.jp/127139/ 

平沢進+会人(EJIN)の単独ライヴが東京・大阪で開催決定

平沢進+会人(EJIN)の単独ライヴが東京・大阪で開催決定。2020年2月22日(土)、23(日)に大阪・グランキューブ大阪、3月13日(金)、14(土)に東京・ZEPP TOKYOにて行われます http://amass.jp/127138/ 

アリシア・キーズが米TV番組『Jimmy Kimmel Live』でパフォーマンスを披露

アリシア・キーズが米TV番組『Jimmy Kimmel Live』に出演しパフォーマンスを披露。曲は「Show Me Love」。映像あり http://amass.jp/127137/ 

亡くなった父親が60年かけて集めたカントリーミュージックのレコードコレクション8000枚、一括購入者募集中

亡くなった父親が60年かけて集めたカントリーミュージックのレコードコレクション約8000枚。残された家族はこのコレクションを高く評価し愛してくれる人に譲ることを決める。家族はコレクションがバラバラになるのは望まず全てを買い取ってくれる人を探しています http://amass.jp/127136/ 

デヴィッド・クロスビーのドキュメンタリー映画『Remember My Name』 本編クリップ映像公開

デヴィッド・クロスビーのドキュメンタリー映画『Remember My Name』から本編クリップ映像公開。クロスビーは、ジョン・コルトレーンが男性用トイレでハイな状態で演奏しているのを観たことを話題にしています http://amass.jp/127135/ 

スーサイド関連楽曲オンリーのミックス音源68分公開

アラン・ヴェガとマーティン・レヴによる元祖電子パンク・デュオ、スーサイド(Suicide)。関連楽曲オンリーのミックス音源68分が公開。LAポストパンク・トリオAUTOMATIC制作。英The Vinyl Factoryのミックスシリーズの最新音源 http://amass.jp/127134/ 

「ワースト・アルバム・カヴァー 28選」を米Team Jimmy Joが特集紹介

「ワースト・アルバム・カヴァー 28選」を米サイトTeam Jimmy Joが特集紹介しています。今回は“ワースト”というよりは“なぜその写真をアルバム・カヴァーに使う?”系のセレクトです http://amass.jp/127133/ 

リチャード・マークス 米Pasteセッションのパフォーマンス映像公開

リチャード・マークス(Richard Marx)のパフォーマンス映像が公開。米ニューヨークにある米Paste Magazineのスタジオで行われたパフォーマンスの映像で、曲は「Endless Summer Nights」と「This One」 http://amass.jp/127132/ 

iLOUD

The Flaming Lips「There Should Be Unicorns」

Wayne Coyne(ウェイン・コイン)率いるアメリカのロック・バンド、The Flaming Lips(ザ・フレーミング・リップス)が、「There Should Be Unicorns」のMVを公開しました。「There Should Be Unicorns」は、The Flaming Lipsがリリースしたニュー・アルバム『Oczy Mlody』(オクシィ・ムロディ)収録曲です(日本盤CDはコチラ)。

新作『Oczy Mlody』は、オリジナル・スタジオ・アルバムとしては2013年の『The Terror』以来となる通算14作目の作品になりますね。

[全文を読む...]

DJ Shadow、来日決定(2017年5月)

DJ Shadow(DJシャドウ)の来日が決定しました。日程は、2017年 5/18(木)東京 恵比寿LIQUIDROOM。東京一夜限りの公演となっています。

DJ Shadowは昨年、2011年の『The Less You Know, the Better』以来となる通算5作目のニュー・アルバム『The Mountain Will Fall』をリリースしてますね。

[全文を読む...]

Ultra Music Festival (UMF) Miami 2017をチェック

今年も9/16(金)、9/17(土)、9/18(日)に4回目となる東京開催、<Ultra Japan 2017>をアナウンスし話題を集めているダンス・フェス、Ultra。そんなUltraの言わば総本山となるのが、毎年3月に米マイアミで開催される<Ultra Music Festival>(UMF Miami)です。

[続きは以下をご覧ください]

[全文を読む...]

Sam Feldt & Hook N Sling「Open Your Eyes」

オランダを拠点に活動するハウス・ミュージック・プロデューサー/DJ、Sam Feldt(サム・フェルト)が、オーストラリア出身でLAを拠点に活動するプロデューサー/DJ、Hook N Sling(フックンスリング)とコラボレーションした「Open Your Eyes」のPVを公開しました。「Open Your Eyes」は、Sam FeldtがSpinnin' Recordsからリリースしたニュー・シングルです。

Sam Feldtは、今年に入って HAEVN「Bright Lights (Sam Feldt Extended Remix)」もリリースされています。

[全文を読む...]

Arca「Anoche」

ベネズエラ出身のプロデューサー、Alejandro Ghersi(アレハンドロ・ゲルシ)のプロジェクト、Arca(アルカ)が、「Anoche」のPVを公開しました。「Anoche」は、4/7にXL Recordingsからリリースするニュー・アルバム『Arca』収録曲です。ビデオの監督はJesse Kanda and Alejandro Ghersi。

新作『Arca』は、2014年の『Xen』、2015年の『Mutant』に続くサード・アルバムで、XL Recordingsからの初リリース作となっています。Arcaは、新作より「Piel」も公開してます。

[全文を読む...]

ANOHNI「Paradise」

ANOHNI(アノーニ/Antony Hegarty)が、「Paradise」のPVを公開しました。「Paradise」は、ANOHNIが3/17にリリースする『Paradise - EP』収録曲です。ビデオの監督はColin Whitakerで、出演はEliza Douglas。

『Paradise - EP』は、「Paradise」のほか、「In My Dreams」「Jesus Will Kill You」「You Are My Enemy」「Ricochet」「She Doesn't Mourn Her Loss」を収録した内容となっています。

[全文を読む...]

EDC Japan 2017、日程別ラインナップ発表(2017年4月)

4月29日(土・祝)と4月30日(日)にZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園特設会場で開催される<EDC Japan 2017 (Electric Daisy Carnival Japan 2017)>が、日程別ラインナップを発表しました。

日程別ラインナップは、4/29がBAGGI、Dubfire、Duke Dumont、Fatboy Slim、Galantis、Gryffin、Kaskade、Louis The Child、Marshmello、Martin Garrix、Sander Van Doorn、Sunnery James & Ryan Marciano、4/30がAfrojack、Armin van Buuren、Axwell & Ingrosso、Carnage、Cut Snake、Jauz、Joyryde、Knife Party、Nicole Moudaber、Seven Lions、Yellow Claw、Zedd、となってます。

イベントの詳細は以下をご覧ください。

[全文を読む...]

Afrojack「Wave Your Flag (ft. Luis Fonsi)」

Afrojack(アフロジャック)が、プエルトリコ出身のシンガー、Luis Fonsi(ルイス・フォンシ)をフィーチャーした「Wave Your Flag」のPVを公開しました。「Wave Your Flag (ft. Luis Fonsi)」は、AfrojackがWall Recordings / RCA Recordsからリリースしたニュー・シングルです。

[全文を読む...]

Zedd & Alessia Cara「Stay (Lyric Video)」

Zedd(ゼッド)が、Alessia Cara(アレッシア・カーラ)とコラボレーションした「Stay」のリリック・ビデオを公開しました。「Stay」はZeddがリリースしたニュー・シングルです。

この曲が誕生したきっかけは、Zeddが<HALO awards 2016>(Nickelodeon HALO Awards:米Nickelodeonが主催する、社会貢献活動などに尽力したティーンを表彰するもの)でAlessia Caraと共演したことだったそうですよ。

[全文を読む...]

Busy P「Genie (ft. Mayer Hawthorne)」

Ed Banger RecordsのBUSY P(ビジー・P:Pedro Winter)が、Mayer Hawthorne(メイヤー・ホーソーン)をフィーチャーした「Genie」のPVを公開しました。「Genie (ft. Mayer Hawthorne)」 は、BUSY Pが2/24にリリースするニュー・シングルです。ビデオの監督はArnaud Deroudilhe。

「Genie」のシングルには、Joe GoddardとReckonwrongのリミックスも収録予定です。BUSY Pは、2013年に『Still Busy - EP』、2014年に『Reworking Is Not a Crime - EP』、2015年に『Gypsy Life - EP』をリリースしてますね。

[全文を読む...]

American Football、来日決定(2017年6月)

American Football(アメリカン・フットボール)の来日が決定しました。日程は、2017年 6/6(火)東京 恵比寿 Liquidroom、6/7(水)東京 赤坂 Blitz、6/9(金)大阪 梅田 Akaso、となっています。

2014年に再結成し、昨年17年ぶりとなる新作をリリースした、マイク・キンセラ率いる伝説のエモ/ポスト・ロック・バンド、American Football。今回のジャパン・ツアーは、2015年の来日公演以来のものとなってます。

[全文を読む...]

The Chainsmokers & Coldplay「Something Just Like This (Lyric Video)」

Andrew TaggartとAlex Pallからなるニューヨークを拠点に活動するエレクトロニック・ダンス・ミュージック・デュオ、The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)が、Coldplay(コールドプレイ)をフィーチャーした「Something Just Like This」のリリック・ビデオを公開しました。「Something Just Like This」は、The Chainsmokersが4/7にリリースする初のフル・アルバム『Memories... Do Not Open』(メモリーズ...ドゥー・ノット・オープン)収録曲です。ビデオを手がけたのはJames Zwadlo。

The ChainsmokersとColdplayは、日本時間の今朝ロンドンで開催された<BRIT AWARDS 2017>に予告なく登場し、この「Something Just Like This」を世界初披露(パフォーマンス)して話題となってます。

[全文を読む...]

Temples「Strange Or Be Forgotten」

イギリスのロック・バンド、Temples(テンプルズ)が、「Strange Or Be Forgotten」のPVを公開しました。「Strange Or Be Forgotten」は、Templesが3/3にリリースするセカンド・アルバム『Volcano』(ヴォルケーノ)収録曲です。ビデオの監督はJames Beale。

ジェームス・バッグショー(Vo/G)、トーマス・エジソン・ワームスレイ(B)、サム・トムズ(Dr)、アダム・スミス(Key)からなるTemples。彼らは、この夏フジロックで来日することがアナウンスされてますね。

[全文を読む...]

Jamiroquai「Cloud 9」

Jamiroquai(ジャミロクワイ)が、「Cloud 9」のPVを公開しました。「Cloud 9」は、Jamiroquaiが3月31日にリリースする7年ぶり通算8枚目のニュー・アルバム『Automaton』(オートマトン)収録曲です(CD盤はコチラ)。

Jamiroquaiは、来日が決定してますね。日程は、2017年5月25日(木)東京 国際フォーラム HALL A、です。

[全文を読む...]

Spoon「Can I Sit Next To You」

アメリカのインディー・バンド、Spoon(スプーン)が、「Can I Sit Next To You」のPVを公開しました。「Can I Sit Next To You」は、Spoonが3/17にMatadorからリリースするニュー・アルバム『Hot Thoughts』(ホット・ソーツ)収録曲です(iTunesはコチラ)。ビデオの監督は芸術家のMarcel Dzama。

新作『Hot Thoughts』は、2014年の『They Want My Soul』以来となる通算9作目のスタジオ・アルバムで、デイヴ・フリッドマンを共同プロデューサーに迎え制作した作品となっています。

[全文を読む...]

Katy Perry「Chained To The Rhythm (ft. Skip Marley)」

Katy Perry(ケイティ・ペリー)が、Skip Marley(スキップ・マーリー:ボブ・マーリーの孫です)をフィーチャーした「Chained To The Rhythm」のPVを公開しました。「Chained To The Rhythm」(邦題は「チェーン・トゥ・ザ・リズム 〜これがわたしイズム〜」)は、Katy Perryがリリースしたニュー・シングルです。ビデオの監督はMathew Cullen。

この「Chained To The Rhythm」は、先日のグラミー賞授賞式で初披露(パフォーマンス出演しました)されたことでも話題でした。Katy Perryは、2013年の『PRISM』以来となる通算5作目のアルバムを準備中です。

[全文を読む...]

Lana Del Rey「Love」

米ニューヨーク出身の女性シンガー・ソングライター、Lana Del Rey(ラナ・デル・レイ)が、「Love」のPVを公開しました。「Love」は、Lana Del Reyがリリースしたニュー・シングルです。ビデオの監督はRich Lee。

2015年のアルバム『Honeymoon』以来となるこの新曲「Love」は、Benny Blanco、Rick Nowels、Emile Haynieらが楽曲プロデュースで参加したものとなっています。

[全文を読む...]

Laidback Luke & Ralvero「XOXO (ft. Ina)」

オランダ出身のエレクトロニック・ダンス・ミュージック・プロデューサー/DJ、Laidback Luke(レイドバック・ルーク)が、同じくオランダ出身のプロデューサー/DJ、Ralveroとコラボレーションした「XOXO (ft. Ina)」のPVを公開しました。「XOXO (ft. Ina)」は、彼らがMixmash Records(Laidback Lukeのレーベル)からリリースしたシングルです。

Laidback Lukeもこのタイプの楽曲をひとつ出しましたね。RalveroとInaは、昨年Mixmashから「Run Wild」もリリースしています。

[全文を読む...]

The Weeknd「Reminder」

カナダ出身のAbel Tesfaye(エイベル・テスフェイ)によるプロジェクト、The Weeknd(ザ・ウィークエンド)が、「Reminder」のPVを公開しました。「Reminder」は、The Weekndがリリースしたニュー・アルバム『Starboy』(日本盤CDはコチラ)収録曲です。ビデオの監督はKid Studio。

新作『Starboy』は、2013年の『Kiss Land』、昨年の『Beauty Behind the Madness』に続く三枚目のオリジナル・スタジオ・アルバムで、全米チャート1位を記録してますね。

[全文を読む...]

Galantis「Rich Boy (Lyric Video)」

スウェーデン出身のエレクトロニック・ダンス・ミュージック・デュオ、Galantis(ギャランティス)が、「Rich Boy」のリリック・ビデオを公開しました。「Rich Boy」は、Galantisがリリースしたニュー・シングルです。ビデオの監督はWe Wrk Wknds。

この「Rich Boy」は、 昨年のシングル「No Money」「Love On Me」「Pillow Fight」に続くシングルとなっています。

[全文を読む...]

Rooftop

トークイベント「町あかりの歌謡曲研究所」次回は山口百恵特集!

 
天才シンガー・ソングライター町あかりとコミニティFM界のレコード狩人(長井英治&鈴木啓之)がロックカフェロフトからお届けする歌謡音楽バラエティ「町あかりの歌謡曲研究所」次回2019年11月14日(木)の第15回は「マイクを置いて40年目だよ!山口百恵特集」を開催する。
 
歌謡曲研究所と言ってもけして堅苦しくはなく、かつてのドリフの「国語算数理科社会」や「三波伸介の凸凹大学校」のように、昭和の歌謡曲レコードを聴きながら、あれこれ3人で歌謡曲についてしゃべりまくるイベント。 ぜひ、凸凹大学校へ全員集合。
 
現在チケット予約受付中。イベント詳細はこちらをチェック。
 

雪がコンセプトのアイドルグループJewel☆Neige、メジャー2ndシングルのタイトル決定!

 
“煌めくジュエルは希望の光”がキャッチフレーズの、純白に輝く7人組アイドルグループ【Jewel☆Neige】(読み:ジュエルネージュ)が、12月11日(水)に発売するメジャー2ndシングルのタイトルが「Snow Memories」に決定した。また合わせて新しいアーティスト写真が公開となった。
 
Jewel☆Neigeは雪をコンセプトに活動しており、今年4月に待望のメジャーデビューを果たしたばかり。メジャーデビューシングル「Snow Flake Remind」はオリコンウィークリーチャートで7位を獲得し、注目を集めている。
 
メジャー2ndシングル発売にともない各地でリリースイベントが開催されている。10月25日(金)にソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館8Fにて開催されるリリースイベントで、「Snow Memories」の初披露が決定した。ぜひ会場に足を運んで彼女たちのパフォーマンスを体感してほしい。
 
今後のスケジュールは随時更新されるので公式HPやSNS等をチェックして会場に足を運ぼう。

アニメ音楽フェス「リスアニ!LIVE TAIWAN 2019」が11/22(金)よりParaviで独占配信決定!

 
10/19(土)、 10/20(日)に台湾で行われるアニメ音楽フェス「リスアニ!LIVE TAIWAN 2019」今回、 「リスアニ!」10周年イヤー×動画配信サービス「Paravi」プロジェクト第3弾として、 イベントの模様を凝縮して11/22(金)からParaviで独占配信することが決定。 全11組のアーティストのLIVEが見られるのはParaviだけ。
 
なお、 第1弾として「リスアニ!LIVE SPECIAL EDITION ナツヤスミ」独占配信中、 第2弾として「サイン入りグッズのプレゼントキャンペーン」も実施中。ぜひ合わせてチェックしてみてほしい。

牙狼〈GARO〉で共演した南里美希と松野井雅が初のトークイベント『美希と雅の感謝祭 〜Secret Afternoon〜』開催!

 
牙狼〈GARO〉で共演した南里美希と松野井雅が、2019年11月23日(土)にロフトプラスワンで初のトークイベント『美希と雅の感謝祭 〜Secret Afternoon〜』を開催。
 
この日のためだけのスペシャル企画をご用意。作品から時が経ち、大人になった“お姉さん”たちの、秘密のトークを覗いてみよう。シークレットゲストの登場もあるかもしれないとのこと。
 
チケットは10/25(金)12時から発売、イベント詳細はこちらをチェック。
 

歌うコスプレイヤーによる音楽レーベル「コスカレーズ」声帯まひから復活の倉坂くるる。雨音瑠美、かえるちゃん、ひのきおが新曲リリース!


 
 
2019年6月に発足した「歌うコスプレイヤー」による音楽レーベル「コスカレーズ」のオーガナイザーを務める倉坂くるるが、長期の喉の病気からの復活作を本日10月21日にリリースした。
 
タイトルは、「Dreaming Voice」。同曲は、倉坂くるる本人が作詞を手がけ、自身の音楽活動復帰と今後への思いを込めた歌詞となっている。
 
「コスカレーズ」は、本格的な”歌”をテーマに有名コスプレイヤーたちが集う音楽レーベル。フォロワー14万人を誇るトップコスプレイヤーの倉坂くるるの他、雨宮留菜、ないる、雨情華月、伊波ユリなど、豪華な顔ぶれが揃っている。さらに、同タイミングには、かえるちゃん、雨音瑠美、ひのきおの新曲も続々リリースされた。「歌うコスプレイヤー」というジャンルを作り、新たなシーンを生んでいくこと間違いなしの「コスカレーズ」に今後も注目必須である。
 

倉坂くるるコメント

「今年の5月に声帯まひになり、声が出なくなって、大好きな歌の活動をいつ再開できるか不安で毎日泣いていた日々、暖かい言葉をかけて励まし支えてくれた方たちへのありがとうの気持ちを、歌詞に込めました。私の曲って、イェーイ!みたいな明るい曲が多くて、しっとりめの曲は初の試みだったので、レコーディングは緊張したなぁ。沢山の方に聞いていただけると嬉しいです。倉坂くるる『Dreaming Voice』、どうぞよろしくお願いします。」
 

かえるちゃんコメント

「コスプレイヤーらしい歌詞と曲調でみんなと一緒に元気に盛り上がれる一体感になれる曲です(●´ω`●)
聞いて、元気になってくれると嬉しいです」

硬度10ダイヤモンドパワー! 「キン肉マン」の人気超人、悪魔将軍を日本の製造業が本気で作ったらこうなった!

 
精密鋳造メーカーである株式会社キャステムは、 日本のものづくりの技術を結集させ、 漫画「キン肉マン」の人気超人である悪魔将軍のマスク(1/1スケール)をグッズ史上、 最も原作に近づけて製造することに成功した。
 
この前代未聞の商品、 限定3体を100万円(税込)で東武百貨店池袋店8階催事場(東京)で開催されている『キン肉マン友情の40周年展』及び自社ECサイト『IRON FACTORY』にて、 2019年10月22日(火)の10:00より、 展示及び販売する。
 
 
悪魔将軍といえば、 超人界で不可能といわれていた硬度10のダイヤモンドパワーをもつ超人。 硬度に自信を持つロビンマスクのサファイア製の鎧を、 更に硬い悪魔将軍のダイヤモンドパワーで粉砕するシーンはキン肉マンの名場面の一つとして有名だ。これまでも原作再現とした悪魔将軍のフィギュアは発売されてきたものも、 再現は造形に留まっており、 ダイヤモンドパワーについては塗装や異材質にて表現されていた。そこで、 キン肉マン40周年特別企画として日本の製造業が立ち上がり、 「サイズ・造形・硬度・ダイヤモンド」の原作再現に挑んだ。
 
ロビンマスクを完全再現したことでお馴染みの精密鋳造メーカー、 キャステム。 今回も1/1スケールにこだわり、 「誰がどの角度から見ても、 ゆでたまご先生が描く悪魔将軍」というコンセプトをもとに、 造形に数ヶ月の時間を費やした。 その後、 キャステムの50年の歴史を持つ精密鋳造技術にて、 ステンレスで金属化。
 
精密鋳造にて金属化された悪魔将軍は11Kg。 この超重量級の悪魔将軍のマスクを手磨きで鏡面まで仕上げた。
 
 
ナノダイヤモンド粒子(10~100nm)を均一に分散共析させるアイテックの特許技術(特許5435477号)により、 悪魔将軍の表面全体に本物のナノダイヤモンドを共析させ、 超高硬度の悪魔将軍を完成させた。マスクの外観をよく見ると、 ナノダイヤモンドが共析している様子が伺える。
 
 
まさに日本の製造業の技術が結集した「これぞジャパンクオリティー」の一品。ここまで原作に近い悪魔将軍を再現したグッズは「史上初」。そして、 本物の恐怖を手にすることが出来るのはたったの3名のみ。作者も認める造形と仕上がりに、 キン肉マンファン待望の一品となることは間違いない仕上がりとなっている。尚、 購入特典として購入者には証明書及び作者ゆでたまごの直筆サインが付属。
 

作者ゆでたまご コメント 

「悪魔将軍はこんなマスクを着けて闘っているのか!と作者ながら驚きました。 とにかく、 企画と製作力が生んだ凄い商品です!」
 

悪魔将軍 (ダイヤモンドパワーVer.)

・販売価格 
¥1,000,000(税込)
・限定数 
3体
※キン肉マン友情の40周年展:2体
※ECサイト「IRON FACTORY」:1体
・商品サイズ 
1/1スケール(全高約31cm)
・重量 
約11Kg
・材質 
ステンレス(SCS13)
目の部分はウレタン樹脂に塗装
・表面処理 
鏡面研磨後、 ナノダイヤモンド複合メッキ
・購入特典 
証明書及び作者ゆでたまごの直筆サイン
・生産国 
日本
・作品名 
キン肉マン
 
※1 目のパーツはマジックテープで取り付けております。 接着の繰り返しによりマジックテープの粘着力が低下したり、 マジックテープ自体が剥がれる恐れが御座います。 予めご了承ください。 
※2 人が被れるサイズにはなっておりますが重量11Kgと超人仕様となっておりますので、 観賞用のオブジェとしてご使用ください。 被る、 身に着けるといったご使用方法は禁止されておりますので、 予めご了承ください。 
※3 職人の手作業により製作しておりますので、 商品に若干の個体差が発生する可能性が御座います。 
※4 御注文を頂いてから納品までに約3ヶ月の日数を頂いております。 
 
 

アイドルがお酒を飲んでもいいじゃない! 『アイドランク』4巻発売&完結記念トークイベント開催!

 
「アイドルがお酒を飲んでもいいじゃない!」赤羽に新宿・銀座に浅草、ビアフェスに果ては公園飲みまで、読むほどに飲みたくなる痛快酒ドルコメディ『アイドランク』(COMICメテオ連載)がついに完結した。それにともない、11月9日の最終巻発売を記念して、飲みイベント「マンガディグトークvol.4『アイドランク』4巻発売&完結記念イベント 歌舞伎町でNO DRUNK,NO IDOL☆」を2019年11月16日(土)にロックカフェロフトで開催することが決定。
 
出演は宮場弥二郎・さきしまえのきに加え、ゲストにせんべろ酒場通いが趣味の”リアル酒ドル”今野亜美。作品の裏話や、取材という名で飲んだお酒や飲酒ポイントなど、『アイドランク』がもっと楽しくなる&飲みたくなるトーク間違いなし。今野からはアイドルと飲酒を並行して楽しむコツも紹介するとのこと。この日だけのオリジナルカクテルも発売&プレゼント抽選会もあり。お酒飲みながらみんなでアイドル&ドランクを満喫しよう。
 
 
※トーク終了後、単行本『アイドランク』ご持参の方には宮場弥二郎・さきしまえのきサインを開催。(色紙等へのサインはお断りさせていただきます)

「井上陽水トリビュート」ジャケット写真公開!「私が陽水 ~みんなの陽水トリビュート~」企画スタート!

 
井上陽水のデビュー50周年を記念したトリビュートアルバム「井上陽水トリビュート」が11月27日にリリース。
 
音楽シーンのレジェンドから、若き才能まで、幅広い世代から豪華なアーティストが、井上陽水の名曲の数々をトリビュートすることが 発表されていますが、今回、ジャケット写真が公開された。
 
ジャケット写真でもアートデイレクターのとんだ林蘭と、ワイヤーアート作家の小川学が井上陽水をトリビュート。様々な生きものをワ イヤーを使った立体ドローイングを制作する小川学が井上陽水をワイヤーアートで表現し、多くの人気アーティストのアートワークも手 掛けるアートディレクター・とんだ林蘭とのコラボレーションしたトリビュート作品となっている。
 
そしてこの度、全国の皆さんから井上陽水のトリビュート作品を大募集することが決定。
 
企画タイトルは題して「私が陽水 ~みんなの陽水トリビュート~」イラスト、ポエム、引き語りの動画、モノマネ?なんでもOK!「私が陽水」になったつもりで、様々な作品を制作しよう。歌唱される方はすべて歌わなくず、短くても、歌の一部でもかまわないとのこと。
 
最優秀作品賞・・1点、優秀作品賞・・・・・2点、ユーモア賞・・・1点 には、世界に1つ、あなたの作品を印刷した「井上陽水トリビュート」 発売記念盾を贈呈。(※作品の内容によっては印刷方法をご相談させていただきます。)
上記受賞作品は井上陽水トリビュート特設サイトおよび、UNIVERSAL MUSIC 公式Twitterアカウント(@umusicjapan)で発表。また、上記の受賞者の方に加え、投稿いただいた方から抽選で10名様に井上陽水トリビュート記念品を贈呈。応募はSNS上で投稿、応募期間は2019年11月20日(水)まで。詳細は井上陽水トリビュート特設サイトをチェック。
 
 

サイダーガール3枚目アルバムの発売が決定! 全国15会場を巡るワンマンツアー開催!

若者を中心に人気を集める炭酸系ロックバンド・サイダーガールが、2020年1月15日に3rdアルバム『SODA POP FANCLUB 3』をリリースし、合わせて自身最大規模となる全国ワンマンライブツアー『サイダーガールTOUR2020 サイダーのゆくえ-SPRING HAS COME-』を行なうことを発表した。
 
前作の2ndアルバム『SODA POP FANCLUB 2』から約1年2ヶ月、より一層パワーアップしたサイダーガールが届けるファン待望の今作は、今年5月からMBS/TBSにて放送されたドラマ『都立水商!〜令和〜』のエンディングテーマである4thシングル「クローバー」をはじめとする全10曲を収録。サイダーガールの真骨頂と言える炭酸系サウンドといわれる爽快感や儚さはもちろん、季節を感じられる楽曲やキラキラした遊び心のあるポップなサウンドが惜しみなく詰まった作品となっている。
 
リリース形態は、初回限定盤と通常盤の2形態。初回限定盤には、初公開となるアルバムレコーディングに潜入したレア映像やメンバーインタビュー、そして今作のために収録されるスタジオライブが入ったスペシャルな映像がDVDで同梱される予定。
 
さらに、今作をひっさげた全国ツアーの開催も同時に発表された。2020年3月よりスタートし、ツアーファイナルの新木場STUDIO COAST公演を含む、自身最大規模となる全15会場のワンマンライブツアーとなっている。最新アルバムの楽曲をいち早く聴ける機会として、ぜひ足を運んでほしい。
 
本ツアーの最速チケット先行受付は、10月22日正午よりサイダーガールオフィシャルファンクラブにてスタートする。
 
Yurin(Vo. & Gt.)コメント
早いもので三枚目のフルアルバムを出させていただくことになりました。2020年、賑やかになりそうなこの年に賑やかな曲たちを演奏していくのが楽しみです。是非お越しください!
 
知(Gt.)コメント
ソーダポップという言葉がより似合う爽快感のあるアルバムが出来ました。炭酸を飲んだ時の喉の刺激だったり、只々スッキリする後味だったり、胸がギュッとなる感覚を、全国のあなた達と味わえたらなと思います。よろ!
 
フジムラ(Ba.)コメント
衝動・葛藤・希望、自分たちの様々な感情をこの一枚に詰め込みました。聴いてくれる皆さんの生活やこれからの人生にそっと寄り添ってくれるアルバムだと思います。そしてこのアルバムと共に皆さんに会いに行けるということが嬉しくて仕方がありません。春にライブハウスで会えるのを楽しみにしています!

下北沢basementbarとTHREEにてP-VINE主催のサーキットイベント、『PICK UP THE GEMS』が開催!

 
世界中のグッドミュージックを長年にわたりリリースし続け、国内のアーティストも素晴らしい作品を出し続けてきたレーベル、P-VINEが国内の若手アーティストを集めショーケース・サーキットイベントを主催することを発表。
 
6月にアルバム『CROSSING』をリリースし、太く暖かいビートとVo.の憂いと潤いのあるスタイルがファンを増やしているecke、ダンスフロアとマッドチェスターのミックスされたフレイバーを発信するHalf Mile Beach Club、先日12月4日のアルバムリリースが発表されたFor Tracy Hydeの夏botの新バンド、エイプリルブルー、現在アルバムを制作中のCHIIO、マイペースな活動を続けながら密かにファンを増やしているsikisiが第1弾で発表され、今後第2弾、第3弾と追加発表を予定している。
 

葬儀屋vs怪談師、外じゃ言えない本当の話! リアルの現場を知る二人の心霊現象トークイベント大阪で開催!

 
登録者7万人、日本一の葬祭系Youtube「葬儀葬式ch」の一級葬祭ディレクター佐藤信顕と、「ぼくたちのいるところ。」のベーシスト、そして元火葬師で元葬儀屋の人気怪談師下駄華緒の二人で喋り倒すトークイベント「葬儀屋vs怪談師〜外じゃ言えない本当の話〜怖いって何だろう? リアルの現場を知る二人の心霊現象トーク」が2019年11月10日(日)大阪ロフトプラスワンウエストで開催される。
 
「怪談師と葬儀屋さんの」のリアルで公には言えないガチの怖い話、「火葬場で本当に起きた怖い事」「幽霊って見たことある?」っていう外じゃ喋れない必見のトークライブ。滅多にみられない現役葬儀屋と現役怪談師の滅多にみられないガチトーク。
 
チケットは現在発売中、イベント詳細はこちらをチェック。
 

治安維持法をテーマにしたバラエティ企画トークイベント開催! ゲストに小林多喜二の公式後輩活動家アスカらが登壇!

 
略して国賠同盟青年部…阿佐ケ谷ロフトになぜか100人を集めた衝撃の旗揚げ企画は、こともあろうに治安維持法をテーマにしたバラエティ企画。研究者や運動家は口々に「不謹慎だ」「なんてことをしてくれたんだ」と大絶賛。あれから一年、2019年11月14日(木)の企画第2弾は小林多喜二最後の地、やっぱり阿佐ヶ谷で多彩なゲストを迎えての、やっぱりバラエティ。
 
「なんでいまさら治安維持法?」いまだからこそ治安維持法。司会は例の都議会議員、原田あきらVSロフト店員山崎尚哉。ゲストは、小林多喜二の公式後輩活動家アスカ、なぜか現代に治安維持法の痕跡を追う謎の青年写真家ケンタロー、表現の不自由展アーティストなど多彩かつ重たげなゲストを集めておきながらバラエティに仕上がるその瞬間を見とどけよう。イベント詳細はこちらをチェック。

UVERworld、約2年ぶりニューアルバム「UNSER」リリース!

 
12月に東京ドーム2デイズ公演を控えているUVERworldが、12月4日に約2年ぶりとなるアルバム「UNSER」(アンサー)をリリースすることを発表した。
 
オリジナルアルバムのリリースは約二年半ぶり、記念すべき10枚目作品となり「ODD FUTURE」「GOOD and EVIL」「EDENへ」「Touch off」など収録される予定。初回限定盤の特典にはUVERworld結成19年を迎えた2019年6月6日の沖縄公演を完全収録、ブルーレイ盤とDVD盤の2タイプがある。
 
また、アルバムリリースを記念して11月4日札幌、11月13日名古屋で11月17日福岡でのラジオ公開収録も決定した。
 
10月16日に発売した『ROB THE FRONTIER』はオリコンデイリーシングルランキング(10/16付)と、オリコン デイリーデジタルシングルランキング(10/16付) でともに1位を獲得。
 
12月19日、20日の東京ドームのライブは両日ともに完売、12月19日は通常の公演、12月20日にはUVERworld名物となっている男性限定ライブ“男祭り”での開催となり、男祭りは2017年にUVERworld自身が樹立したさいたまスーパーアリーナでの23000人の男祭りの日本記録を自ら塗り替える
約2倍の規模、45000人を動員する。
 
 

横川圭希&選挙ウォッチャー・ちだい「「ドッキドキ選挙報告会 ~大きな声では言えないヤツを大きな声で言う」トークイベント開催!

 
注目選挙の裏側をたっぷり語る、横川圭希&ちだいのトークショーが2019年11月10日(日)にロックカフェロフトにて11回目の開催決定。今回ももちろん口が滑りまくりの大きな声では言えないヤツを、あえて大きな声で言っちゃうロックンロールトークイベント。
 
会場の皆さんの気になる質問に答えるQ&Aタイムもあり。今ならもれなく参加者全員に「選挙ウォッチャー」のステッカーをプレゼント。イベント詳細はこちらをチェック。

加藤ミリヤ、藤原ヒロシによるアートワークプロデュース! 15周年ベスト「M BEST Ⅱ」第一弾コラボレーション!

デビュー以来ガールズカルチャーを牽引し、トレンドを発信してきた加藤ミリヤの15周年を記念した11月27日のベストアルバム「M BEST Ⅱ」のCDジャケット・アーティスト写真が公開された。
 
2011年にリリースされ驚異的なヒットを記録したベストアルバム「M BEST」では、ファッション誌「VOGUE JAPAN(ヴォーグ ジャパン)」がプロデュースし、ギャル文化の垣根を越えた、トレンドセッターとしての加藤ミリヤを捉えた官能的で優美なアートワークだったが、今年2019年の活動15周年にリリースされる「M BEST Ⅱ」では、加藤ミリヤが活動をしてきたうえで大切にしてきた信念をさらに強く感じる作品となっている。
 
今作のアートワークでは、世界的にも活躍しストリートカルチャーやファッション界を長く見つめ続けてきた、藤原ヒロシとのタッグが実現。ミリヤ自身、当時女子高生にしてBUDDHA BRANDやECDの楽曲をサンプリングし、ストリートカルチャーと密接に繋がってきた背景や、さらには作り出すその詞曲が、多くの女性の恋愛や悩みを代弁しJ-POPシーンでも支持を集め、ロンドンオリンピックにまつわるテーマソングなど世界も視野に活動するなど、デビュー以来精力的にクリエイター・歌手として広いフィールドで表現し続けてきた姿を集約したアルバムの内容にふさわしい。
 
15周年を迎え、出産を経てもなおパワフルに活動を続ける加藤ミリヤが、スーツを着たジェンダーレスな姿で佇む姿をおさめた今回のアートワークは、まさに現代女性の象徴的な一面を体現している。
 
 
さらに、今回のコラボレーションで生み出されたプロダクツは、音楽の聴き方が形を変えていく中で、あえて物質としてのCDパッケージの素材やギミックにこだわり、アイデアが詰め込まれたものになっている。
 
初回盤にはビジョンコントロールフィルムが施されており、見る角度によってミリヤの表情の見え方が変わるこだわりの仕様になっており、特典DVDのほかにアートブックとDigital Lyric Bookへのパスも封入されている今までにみたことのないレアなパッケージだ。
 
さらに、今日10月21日(月)23:59~24:54オンエアの日本テレビ系「東野加藤のこの歌が聴きたいベストテン」では結婚・出産を発表後初めてのテレビ出演となり、新曲「PARADE」の初歌唱もオンエアされる。
 
未だCDやDVDの収録内容は明かされていないが、今後も15周年という節目にふさわしい豪華なコラボレーションが発表されていく予定で、15年間の記録をコンパイルする以上にこだわった仕様になるベストアルバム「M BEST Ⅱ」は必見だ。常に進化しつづける加藤ミリヤを表現した意欲的な作品の続報に期待だ。
 

藤原ヒロシ コメント

前から知り合いだし、何か面白い取組が出来るなら、とお断りする理由はありませんでした。ケースのギミックもそうですが、写真やプリントや、贅沢にやらせていただいました。感謝してます。
 

加藤ミリヤ コメント

敬愛する藤原ヒロシさんの世界観が散りばめられたM BEST Ⅱは最高にクールで唯一無二のスタイリッシュな作品です。私にとってとても大事な宝物になりました。
 

百々和宏(MO’SOME TONEBENDER)主催トーク&ライブ第22回のゲストは青木ロビン!

 
百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)が主催するトーク&ライヴ・イベント"Rock, Talk, Smoke....Drunk?"の第22回が、11月22日(金)に虎ノ門Rethink Loungeにて開催される。 
 
同イベントは、"ロックと酒とタバコの伝道師"百々和宏が気心の知れたゲストを迎え、アルコール片手にミュージシャン同士のざっくばらんなトークとスペシャルなライヴをお届けする企画。
これまでに、斉藤和義、宮藤官九郎、山中さわお(the pillows)、古市コータロー(THE COLLECTORS)らを迎え、毎回満員御礼の大盛況となっている。
 
第22回のゲストはMO'SOME TONEBENDER時代から、縁のあるバンドdownyの青木ロビンを迎える。
チケットは、10月23日(水)10:00よりイープラスにて販売開始。
 

BACK-ON、新曲ティザー映像シリーズの最新動画は刺激的な逆再生!

 
来年でメジャーデビュー15周年を迎えるロックバンドBACK-ONの新曲ティザー映像第三弾として、『TOKYO BE-BOP』が公開された。
 
今回は第一弾として謎が謎を呼ぶ衝撃を与えた、すでに公開済みの動画『Good morning』の続編と呼べるような内容で、某温泉地にてロケを決行。これまた、『Good morning』で登場した謎めいた2人組が再び現れ、ビートに合わせ温泉でハチャメチャに暴れまくる一連が逆再生されるというもの。逆再生という違和感の中、ワンカメで撮影された臨場感のある刺激的な動画になっている。
 
また、わずかにメンバーも客演しているのと、ところどころ目に飛び込んでくる温泉あるあるポスターにじわじわと笑いを誘われて、思わず二度見してしまうこと受け合いである。
 
尚、近くこの『TOKYO BE-BOP』も含んだ新譜について発表される予定。ぜひ、ニューフェーズに突入したBACK-ONの次なる動きを心待ちにして欲しい。
 

GIRLFRIEND、映画「地獄少女」主題歌「Figure」配信スタート!

 
平均年齢19歳の4人組ガールズバンド「GIRLFRIEND」。配信シングルを3ヶ月連続でリリースする事が決定した。第1弾は映画「地獄少女」主題歌として起用される「Figure」が11/15(金)より配信がスタート。「地獄少女」は、午前0時にだけアクセスできるサイト「地獄通信」に怨みを持つ人間の名前を書き込むと現れる地獄少女・閻魔あいを通して、人間の弱さや悲しみを描くダークファンタジー。伝説的人気テレビアニメとして2005年より放映されて以降、コミック(「なかよし」で連載)をはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、舞台、そして、遊技機など幅広く展開され、確固たる人気を博してきた。主演:玉城ティナ,監督:白石晃士により満を持して実写映画化され、11/15(金)新宿バルト9ほか全国ロードショーで公開が決定している。
 
 
©地獄少女プロジェクト/2019映画『地獄少女』製作委員会
 
主題歌「Figure」は「カタチにとらわれないで」というメッセージが込められたGIRLFRIENDの新境地となる仕上がりとなっている。第2弾はGIRLFRIENDにとって初のクリスマスソングを12月に配信予定。そして第3弾となる1月配信リリース楽曲の詳細も今後チェックして頂きたい。
 
11/23(土)@ TSUTAYA O-WEST(東京), 12/1(日) アメリカ村DROP(大阪)でのメジャーデビュー3周年記念イベント「GIRLFRIEND% ~3rd BIRTHDAY SPECIAL~」の開催に向け精力的に活動中の中、3ヶ月連続配信シンングルリリースとなるGIRLFRIEND今後の活動から目が離せない。
 

ねごと、LAST TOUR FINAL映像作品より「水中都市 -LAST LIVE-」公開!

 
2019年7月20日のライブをもってバンドを解散した ねごと。ラストライブは、全25曲演奏され、まさにベスト選曲なライブとなった。そのラストライブを収録したBlu-rayが10月23日発売となる。
 
今回、ラストライブ映像作品から、「水中都市」のライブ映像がYouTubeにて公開された。
 
「水中都市」は中野雅之サウンドプロデュースによる楽曲で、ねごとの最後のオリジナルアルバムとなった「SOAK」に収録されている楽曲。ベストアルバム「NEGOTO BEST」にも収録されているのでぜひチェックしよう。
 
完全生産限定盤は、ねごとのこれまでの思い出を振り返るようなイラストジャケットになっており、同ライブの音源を収録した2枚組の CDに加え、当日の模様を写真におさめたLAST TOUR FINAL MEMORIAL PHOTOBOOKと当日の演出でも使用された銀テープ、ジャケット絵柄両面ポスターも封入される。通常盤は、ねごとの象徴でもあるバクの風船が空に浮かぶアートワークとなっている。
 
 
また、各CDショップでは購入者特典として「お口ぽかーん!LAST TOUR ~寝ても覚めてもねごとじゃナイト~」復刻パスステッカー、Amazonではオリジナルミニトートバッグが先着でプレゼントされる。
 

太田裕美、デビュー45周年記念アルバム「ヒロミ☆デラックス」の収録曲試聴スタート!

 
1974年11月1日にシングル「雨だれ」でデビューした太田裕美が、デビュー45周年を迎える今年2019年11月1日にメモリアル・アルバム「ヒロミ☆デラックス」を発売する。本日その一部収録曲の試聴が特設サイトでスタートした。
 
試聴可能楽曲は次の4曲。
 
たゆたうもの(新曲)
木綿のハンカチーフ feat. 高嶋ちさ子 ピアノクインテット(セルフカバー新録)
さらばシベリア鉄道 feat. 高嶋ちさ子 ピアノクインテット(セルフカバー新録)
First Quarter-上弦の月- (Reiwa Mix)(BOX「太田裕美の軌跡」1999年)
 
「ヒロミ☆デラックス」収録曲は45周年にふさわしく、太田裕美を代表する2曲「木綿のハンカチーフ」「さらばシベリア鉄道」を高嶋ちさ子 ピアノクインテットの演奏によるセルフカバーで新録収録。ヒャダイン、プロデュースによる新曲「ステキのキセキ」「たゆたうもの」を収録。太田裕美自作の新曲「桜月夜」収録。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」劇中曲「恋のうた」を太田裕美名義アルバムでは初収録。太田裕美の人気曲「上弦の月」「僕は君の涙」「金平糖」「道」を、日本が世界に誇る名エンジニアGoh Hotoda氏によるニューミックス(Reiwa Mix)で収録。など、バラエティに富んだ内容となっている。
 

ALL DIGITAL MUSIC

音楽制作費を25%還元。海外の音楽家を誘致する施策「Record in Iceland」、音楽大国アイスランドで開始

アイスランド政府と同国の音楽業界は、自国の音楽スタジオや人材を海外の音楽クリエイターと繋ぎ、音楽産業の国際化を促進する、文化支援プロジェクト「Record in Iceland」(...

米ライブビジネス大手のAEGがチケット販売のAXSを子会社化、ライブ・ネイションに対抗。チケット業界勢力図は2強時代に

世界規模でライブビジネスを展開するグローバルエンタテインメント企業のAEGは、ライブコンサートや音楽フェス、スポーツなどで幅広く導入されるオンラインチケット販売プラットフォーム「A...

歌詞とミュージックビデオで外国語を学ぶアプリ「Lirica」、ソニーミュージックから100万ドルの資金調達

ミュージックビデオを見ながら、外国語の歌詞で語学を学べるモバイルアプリを開発する、ロンドンの音楽スタートアップ「Lirica」が100万ドル(約1億円)をシードラウンドで調達した。...

Spotify、音楽制作のマーケットプレイス「SoundBetter」買収。音楽からの収益化や人材不足問題に挑む音楽系スタートアップと、Spotifyの思惑

Spotifyは、フリーランスの音楽プロデューサーやシンガー、作曲家、エンジニアなど音楽のプロに楽曲制作の仕事を発注できる、音楽クリエイター向けのマーケットプレイス「SoundBe...

ソニーミュージック、音楽物販企業を買収。音楽業界はマーチャンダイズ戦略で世界を狙う

ソニーミュージック・グループのイギリス支社ソニーミュージックUKは、ロンドンに拠点を構え、20年以上の実績を誇る音楽マーチャンダイジング専門会社「コントラバンド」(Kontraba...

ミックステープの音楽ストリーミング「Audiomack」が変える、インディーズアーティストの序列と、音楽エコシステムの役割

ワーナーミュージックは、急成長している音楽ストリーミングサービス「Audiomack」とパートナー契約を締結した。Audiomackと契約を交わすメジャーレコード会社はワーナーミュ...

Spotify、ポッドキャストのデータ分析ツールを無料提供、音声コンテンツの情報可視化が加速

サブスクリプション型音楽ストリーミングサービスの最大手Spotifyは、ポッドキャスト制作者向けのデータ分析ツール「Spotify for Podcasters」の一般提供を開始し...

ソニーミュージックが音楽ビジネスを再編、新会社「ソニーミュージック・グループ」設立

ソニーは、日本以外の音楽事業と音楽出版事業の中核を統合し、新しい企業グループ「ソニーミュージック・グループ」を設立する。 この大規模な組織再編により、世界展開するソニーミュージック...

アマゾンの音楽ストリーミング利用者は3200万人、Amazon Music Unlimitedが70%大幅成長

アマゾンのサブスクリプション型音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」が好調な成長を続けていると、フィナンシャル・タイムズが報じている。 現在、A...

ソニーミュージックがポッドキャスト・ビジネスに進出、異色の新会社を設立

ソニーミュージックはポッドキャストのジョイントベンチャーを設立し、急成長し続けるポッドキャストのビジネスに進出する準備を始めている。 ソニーミュージックが新設したポッドキャスト・ベ...

作曲家と音楽プロデューサーの正当評価がアメリカの音楽業界で進む理由と、2019年以降の課題

全米の音楽チャートを取りまとめるビルボード・チャートは、ヒット曲を作る作曲家や音楽プロデューサーに特化したランキングとして新たに「Hot 100 ソングライター & Ho...

TikTokの運営会社ByteDanceがサブスクリプション型音楽ストリーミングサービスに参入へ

TikTokを運営する中国のByteDanceが、年内に独自のサブスクリプション型音楽ストリーミングサービスをリリースするとして、アプリ開発を進めていると報じられた。 ブルームバー...

元Spotify Japanの野本晶氏が、インディーズレーベルのライセンシング団体Merlin日本代表に就任

世界のインディーズ・レーベルやディストリビューターのデジタル権利団体「Merlin」は、Spotify Japanにてライセンシング&レーベルリレーションズ・ディレクターや、アーテ...

Apple Musicが音楽出版を強化、作曲家支援で変わるインディーズとメジャーの境界線

Apple Musicは音楽出版チームを強化している。 Spotifyとの熾烈な競争が加熱するApple Musicは、元YouTubeのリンジー・ロスチャイルドを北米地域のクリエ...

インドの音楽ストリーミングGaanaがユーザー数1億人越え、アーティスト向けデータ分析ツール公開へ

インド最大の音楽ストリーミングサービス「Gaana」(ガアナ)は、月間アクティブユーザー数(MAU)が1億人を超えたことを発表した。2018年12月に発表したMAUは8000万人だ...

4000万人以上が使う音楽ストリーミングBoomplayが2000万ドルの資金調達。もはや無視できないアフリカ音楽市場

サブスクリプション型音楽ストリーミングサービスの「Boomplay」が、2000万ドル(約22.4億円)の資金を調達した。2015年に開始したBoomplayは現在まで月間アクティ...

Apple MusicがSpotifyを有料会員数と成長率で抜く

Apple Musicがアメリカの有料会員数でSpotifyを抜いた ウォール・ストリート・ジャーナルが、アメリカの音楽サブスクリプションを詳細にレポートしている。アップルは先日、...

2018年のグローバル音楽市場は191億ドルで4年連続成長、音楽ストリーミングが世界に浸透。IFPIが発表

世界の音楽業界を代表する音楽団体、IFPI(国際レコード連盟)が2018年のグローバル音楽市場売上をまとめた最新レポート「Global Music Report 2019」を公開し...

アマゾンが音楽フェスに進出 会場でフェスグッズが受け取れる宅配ロッカーをコーチェラ・フェスに設置

米アマゾンは、音楽フェスで北米最大規模の「コーチェラ・フェスティバル」に、今年初めて本格進出する。 まず、フェス参加者がアマゾンで買ったフェス用グッズを直接会場に届けてその場でピッ...

音楽ストリーミングの成功を左右する「スキップレート」に、アーティストや音楽業界はどう向き合うべきか

SpotifyやApple Musicなど、音楽ストリーミングサービスによる音楽業界の復活の波は、あらゆる部分に影響を与えている。それにはアーティストや作曲家の楽曲制作や、レコード...

Spincoaster

Ejji Smith / Train

カナダ、トロントを拠点に活動するSSW、Ejji Smithが、10月3日(木)にニュー・シングル『Train […]

Mime / Caught in Shower

東京を拠点とする新世代R&Bバンド、MimeがMusic Bar Sessionに登場した。 昨年リ […]

Mom / シングストリート

現役大学生SSW/プロデューサーのMomがTOKYO SOUNDSのMusic Bar Sessionに登場し […]

THREE1989 / UNIVERSE

1989年生まれの3人組アーバン・ポップ・バンド、THREE1989。彼らの1Stアルバム『Time Line […]

yonawo – 矜羯羅がる(kongaragaru)

福岡出身の4人組バンド、yonawoがMusic Bar Sessionに登場した。 yonawoは荒谷翔大( […]

INTERVIEW / MARTER

〈JAZZY SPORT〉所属のMARTERは、稀有な音楽家だ。東京出身ながらも14歳でLAに移住。その後バー […]

Rootscoaster Vol. 171 / Kvi Baba

1999年生まれの新世代ラッパー/新世代・Kvi Babaが9月25日(水)に1stアルバム『KVI BABA […]

特別鼎談 / 冨田ラボ × 松下マサナオ × 石若駿

次世代ミュージシャンが一堂に会し、ジャズを超えた(beyond JAZZ)次世代の音楽(beyond NEXT […]

REPORT / Spotify Early Noise Night #12

9月13日(金)にSpotify主催イベント、『Early Noise Night #12』が大阪・心斎橋Mu […]

SPIN.DISCOVERY Vol. 12 出演アーティスト / 6. 釈迦坊主

「新しい音楽の発見」をテーマに、Spincoasterが今注目しているアーティストにスポットライトを当てる音楽 […]

SPIN.DISCOVERY Vol. 12 出演アーティスト / 5. LEX

「新しい音楽の発見」をテーマに、Spincoasterが今注目しているアーティストにスポットライトを当てる音楽 […]

SPIN.DISCOVERY Vol.12 出演アーティスト / 4. Kvi Baba

「新しい音楽の発見」をテーマに、Spincoasterが今注目しているアーティストにスポットライトを当てる音楽 […]

SPIN.DISCOVERY Vol. 12 出演アーティスト / 3. vividboooy

「新しい音楽の発見」をテーマに、Spincoasterが今注目しているアーティストにスポットライトを当てる音楽 […]

Hollow Suns / Into the Water

東京発の4人組オルタナティブ・ロック・バンド、Hollow Sunsが9月14日(土)に通算3枚目のEP『In […]

SPIN.DISCOVERY Vol.12 出演アーティスト / 2. Tajyusaim Boyz

「あれもリボで買う これもリボで買う 俺がリボで買う これはいつ終わる」「リボ リボ リボ リボ リボ リボ […]

SPIN.DISCOVERY Vol.12 出演アーティスト / 1. YUNGYU

「新しい音楽の発見」をテーマに、Spincoasterが今注目しているアーティストにスポットライトを当てる音楽 […]

INTERVIEW / Tkay Maidza

ジンバブエ生まれ、オーストラリア育ちのラッパー/SSWのTkay Maidzaによる初来日公演が、9月16日( […]

((( O ))) / Nature’s Joint

June Marieezyによるプロジェクト、((( O )))がこの度アルバム『((( 1 )))』のリリー […]

SPIN.DISCOVERY vol. 12

「新しい音楽の発見」をテーマに、Spincoasterが今注目しているアーティストにスポットライトを当てる音楽 […]

REPORT / Koji Nakamura『Epitaph』試聴会

ナカコーことKoji Nakamuraが6月26日(水)にリリースした最新アルバム『Epitaph』のハイレゾ […]

AMP

来日目前!コミュニオンズ最新インタビュー「『ブルー』から連想するのは、空気、天、メランコリー、夢」

コペンハーゲンの4ピースバンドであるコミュニオンズ。アイスエイジを筆頭とするコペンハーゲンシーンの新世代として […]

布袋寅泰と共演、U2ボノとも共作するイタリアの至宝ズッケロ インタビュー

世界で最も売れたイタリアのアーティスト、ズッケロ。ベルリンの壁崩壊後、クレムリンにて初めてパフォーマンスをした […]

スティーヴィー・ワンダー&アリアナ・グランデ、コラボ曲のMV公開

スティーヴィー・ワンダーとアリアナ・グランデのコラボレーション楽曲「フェイスfeat.アリアナ・グランデ」のミ […]

アリアナ・グランデ、オリコン年間ランキング洋楽部門1位

アリアナ・グランデが5月に発売したアルバム『デンジャラス・ウーマン』が、2016年のオリコン年間ランキング(集 […]

ブルーノ・マーズ、LINE LIVEでスペシャル番組配信決定

ブルーノ・マーズのニューアルバム『24K・マジック』のヒットを記念して、LINE LIVEでスペシャル番組が配 […]

新作は「架空の東京のホテル」がテーマ。デヴェンドラ・バンハートが歌詞を書くときに聴く音楽とは

カエターノ・ヴェローゾからエルヴィス、ビートルズ、イギリス諸島のフォーク・ミュージック、現在では消滅してしまっ […]

レディー・ガガ、最新MVは前作の“その後”

レディー・ガガが、最新アルバム『ジョアン』より「ミリオン・リーズンズ」のミュージックビデオを公開した。 今回の […]

クリス・ブラウン、アッシャーとグッチ・メイン客演の新曲リリース

クリス・ブラウンが、豪華ゲストを迎えた最新シングル「パーティー feat. アッシャー&グッチ・メイン」を本日 […]

マック・ミラー&アリアナ・グランデ、最新MVで共演

マック・ミラーが、全米初登場2位を記録したメジャー移籍第2弾アルバム『ザ・ディヴァイン・フェミニン』の日本盤を […]

ワン・ダイレクションのルイとスティーヴ・アオキがコラボ曲発表

ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソンが12月10日、自身のアーティスト活動の出発点でもある英オーディション […]

ジーザス&メリー・チェイン、19年ぶりのニューアルバム発表へ

ジーザス&メリー・チェインが、19年ぶりとなるニューアルバム『Damage and Joy / ダメージ・アン […]

第59回グラミー賞、ビヨンセが最多9部門にノミネート

第59回グラミー賞のノミネーションが発表され、ビヨンセが年間最優秀レコード賞、年間最優秀楽曲賞(以上、「フォー […]

ザ・エックス・エックス、来日公演でミーグリ実施 サンファの出演も決定

いよいよ明日(12月6日)、約3年ぶりとなる来日公演を行うザ・エックス・エックスが、ライブ終了後にバックステー […]

DNCEが都内でイベント開催 POPSPRING出演決定

元ジョナス・ブラザーズのジョー・ジョナス率いるDNCEがデビューアルバム『DNCE』のプロモーションのために来 […]

ザ・ウィークエンド、『スターボーイ』が世界中のiTunesで1位

ザ・ウィークエンドの3枚目のアルバム『スターボーイ』が11月25日に世界同時リリースされ、発売から12時間で8 […]

スティング、来日イベントで新旧名曲披露 来日公演も発表

スティングが11月28日、ニューアルバム『ニューヨーク9番街57丁目』の国内盤CD購入者を対象としたイベントを […]

今週の注目音楽ビデオ:ザ・ウィークエンド、ジム-イー スタック、OK Go、THE TIMERS

今週の注目新作から、見逃しているかもしれないあの作品まで、音楽に関する注目の映像をまとめてご紹介します。今週は […]

スティング、6年ぶりに日本上陸

スティングが11月27日、ニューアルバム『ニューヨーク9番街57丁目』のプロモーションのために来日した。 今回 […]

サーカ・ウェーヴス、新作はアラン・モウルダーがプロデュース

リバプール発のガレージロックバンド、サーカ・ウェーヴスが、2017年3月にセカンドアルバム『ディファレント・ク […]

ブリトニー・スピアーズ、ティナーシェと共演したセクシーなMV公開

YouTube総再生回数30億回を誇るブリトニー・スピアーズが、新たなミュージックビデオを公開した。 このほど […]

レミファ

コカ・コーラのCM「Anthem」の歌手と曲名は?

2016年のコカ・コーラのキャンペーンCMの歌手と曲名 どんなCM? 2016年1月20日

コカ・コーラのCM「Anthem」の歌手と曲名は?やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

高梨沙羅出演、クラレのCMの歌手と曲名は?

女子スキージャンプ・高梨沙羅出演、クラレの企業CMの歌手と曲名 どんなCM? 2015年8

高梨沙羅出演、クラレのCMの歌手と曲名は?やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

2015年、音楽好きの心に残った作品は?音楽ブロガー42人の2015年ベストアルバムまとめ

音楽ブロガー42人の2015年ベストアルバムをまとめました 2015年の暮れに、各音楽メデ

2015年、音楽好きの心に残った作品は?音楽ブロガー42人の2015年ベストアルバムまとめやさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

戸田恵梨香出演、金麦(糖質75%オフ)のCMの歌手と曲名は?

戸田恵梨香出演、サントリー「金麦<糖質75%オフ>」CMの歌手と曲名 どんなCM? 201

戸田恵梨香出演、金麦(糖質75%オフ)のCMの歌手と曲名は?やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

ベースラインに痺れる!思わずベーシストに惚れてしまう6曲

皆さん、彼氏にしてはいけない3Bってご存知ですか? 「彼氏にすると苦労してしまうよ!」とい

ベースラインに痺れる!思わずベーシストに惚れてしまう6曲やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

アサヒノンアルコールビールテイストのCMの歌手と曲名は?

アサヒ「ノンアルコールビールテイスト」CMの歌手と曲名 どんなCM? 2016年1月からオ

アサヒノンアルコールビールテイストのCMの歌手と曲名は?やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

邦楽フェスのお客さんは洋楽アーティストをどれぐらい知っているのか?来場者100人に聞きました

邦楽フェスのお客さんは海外のアーティストをどれぐらい知っているのか? レミファ編集部のふと

邦楽フェスのお客さんは洋楽アーティストをどれぐらい知っているのか?来場者100人に聞きましたやさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

エレクトロックスにおすすめの服装と注意事項

エレクトロックスにおすすめの服装と注意事項 2014年に始まり、すっかりおなじみになった国

エレクトロックスにおすすめの服装と注意事項やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

CDJのお客さん100人に聞いた「2016年ブレイクしそうなアーティスト」

CDJ(カウントダウンジャパン)15/16に来ている邦楽ロック好きのお客さんは、2016年

CDJのお客さん100人に聞いた「2016年ブレイクしそうなアーティスト」やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

マイクロソフトSurface Pro 4(サーフェスプロ4)のCMの歌手と曲名は?

日本マイクロソフト株式会社のSurface Pro 4(サーフェスプロ4)のCMで使われて

マイクロソフトSurface Pro 4(サーフェスプロ4)のCMの歌手と曲名は?やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

CDJに登場するボカロP・じん(自然の敵P)って何者?

近年、ロックフェスに登場するアーティストは、ロックバンドばかりとは限りません。 アイドルが

CDJに登場するボカロP・じん(自然の敵P)って何者?やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

カウントダウンジャパン(CDJ)初出演のおすすめアーティスト6組

2003年に初開催され、今年で開催13年目! rockin’onが開催しているフェスである

カウントダウンジャパン(CDJ)初出演のおすすめアーティスト6組やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

ドコモのiPhone、iPadのCM(久保田紗友、村上虹郎出演)の歌手と曲名は?

NTTドコモのiPhone、iPadのCMで使われている曲をご紹介します。 どんなCM?

ドコモのiPhone、iPadのCM(久保田紗友、村上虹郎出演)の歌手と曲名は?やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

白猫プロジェクト(コロプラ)のCM、年末年始バージョンの歌手と曲名は?

株式会社コロプラのスマートフォンゲーム「白猫プロジェクト」のCMで使われている曲をご紹介し

白猫プロジェクト(コロプラ)のCM、年末年始バージョンの歌手と曲名は?やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

フェスで大盛り上がり!9mm Parabellum Bulletってどんなバンド?

12月に入り、いよいよ年末フェスが近づいてきました。 せっかくのフェス、大きなステージを前

フェスで大盛り上がり!9mm Parabellum Bulletってどんなバンド?やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!ジョジョと素敵なアーティスト紹介(第3部)

きさま!ジョジョの奇妙な冒険を見ているなッ! シブいねェ…全くおたくシブイぜ。 もしかして

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!ジョジョと素敵なアーティスト紹介(第3部)やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

レディオクレイジー(レディクレ)におすすめの服装(男子・女子別)

東のカウントダウンジャパンに対して、すっかりお馴染みとなった西の年末音楽フェス、レディオク

レディオクレイジー(レディクレ)におすすめの服装(男子・女子別)やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

星野源が好きな人にぜひおすすめしたいブラックミュージック6選

ミュージシャン業だけに限らず、俳優業や文筆家など、多方面に話題を振りまくシンガーソングライ

星野源が好きな人にぜひおすすめしたいブラックミュージック6選やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

血の繋がったチームワーク!兄弟姉妹アーティスト12選

今回ご紹介するのは、兄弟や姉妹でグループを組むミュージシャンたち。 彼らはお互いのことをわ

血の繋がったチームワーク!兄弟姉妹アーティスト12選やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

これはかっこいい!イケメンバンドマン8選

かっこいいバンドマンってたくさんいますよね。 顔はもちろん、歌声とか仕草とか、その人の作り

これはかっこいい!イケメンバンドマン8選やさしい音楽メディア レミファで公開された投稿です。

地下室TIMES

12/23 SHOW CASE vol.Special 2019年バンド総集編 開催のお知らせ

 お久しぶりです。お世話になっておりますBASEMENT-TIMESです。

 気が付けばもう秋口、今年はストアメインでやっておりましたが、令和元年2019年だというのにみなさんがCDを買い漁っていただいたおかげで今年は発送地獄でした。ありがとうございます。いい加減にせえよマジで。3人だぞ。バンプのコピバンもできない人手でやってんぞ。人が死ぬぞ。本当にありがとうございました。

 そんなわけで、今回BASEMENT-TIMES Online-Store企画、「SHOW CASE vol.Special」ということで関西読者への日頃の感謝と、東京ばかりでイベントを敢行していたお詫びを兼ねまして、偉い人たちにかなり無理を言って梅田CLUB QUATTROを押さえました。過去に開催した渋谷DUO以来最大キャパ。どのぐらいデカいかというと、さっきスケジュール確認したら10月にレぺゼン地球がライブやるらしいです。ウケる。そのぐらいデカい。

 出演バンドはうちの取り扱いバンドばかり、オギャオギャのバブバブの若手のみでやります。もうすでに1次販売で7割埋まってるそうでバンドって夢があるなと他人事のように言っております。赤字だったら俺がアコムでレイクだったぞ、どうする気だったんだ俺。

今回は第二弾出演バンド解禁という事で、
Hue’s / 時速36km / Jurassic Boys
以上3組の出演を発表しました。
現段階ですでに7バンド、ジャンルごちゃ混ぜ、東西若手が揃いました。
やるならとことんやりたいので、もう少し追加発表があるかも?

頑張ります。

 併せまして「書くこと書き尽くした。真似事するサイトも増えてきたしやることは終わった」と拗ねていたサイトの更新も10月から再開しようと思います。やりたいことができましたので。逆張りオタクよろしく拗ねず捻くれずまた童心で楽しんでいただきたい。まぁまさに俺が言えたセリフではないが。よければ是非また気の向いたときに読んでいただければ幸いです。

 概要以下のようになります。予約も以下から!ぜひともお願いします。

BASEMENT-TIMES Presents
「SHOW CASE Vol.Special」

2019/11/17(日)
【開場】13:00 【開演】14:00
梅田CLUB QUATTORO(大阪府)
Ticket all standing ¥3,500

第一弾発表
Suspended 4th
PK shampoo
CRYAMY
オレンジスパイニクラブ

第二弾発表
Hue’s
時速36km
Jurassic Boys

チケットぴあ
https://t.pia.jp
Pコード:158-366

イープラス
https://eplus.jp/

ローソンチケット
https://l-tike.com
Lコード:57427

Copyright © 2019 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

人造の天才「ずっと真夜中でいいのに。」はどうやって世の中を騙し成功したのか

 音楽雑誌を見開くと、1ページあたり3回ぐらい”天才”という言葉が使われている。誇張じゃなくて本当だ。今や音楽業界において天才はYouTuberになりたい小学生よりも多い。天才の大安売りである。

 インターネットをくるくるやれば再生数8,000、フォロワー340人の天才たちが、バンドという狭い箱の中でひしめき合っている。これだけ天才ばかりの世界は日本の音楽業界と木の葉隠れの里ぐらいなもんである。いよいよチャクラを練るかファンと寝るかぐらいの差異しかない。全員ロックリーみたいな髪型してるしな、顔面はマイトガイのくせによ。何の話だこの記事は?とにかく天才ばっかなんですよ自称他称含めて。

 まだバンドマンに金を貸したことがない、ピュア音楽キッズのみなさんにここでお役立ち情報なんですけども「音楽業界に突如現れた正体不明の天才」みたいな肩書、一番信じちゃいけないぜ。バンドマンの「今日のライブの上がりで金返すから2万だけ…」と同じぐらい信用しちゃいけない。音楽業界には天才は突然現れないし、インディーズバンドのライブの上がりは2万もでない。あとバンドマンがいいねしてるモデル崩れは全員バンドマンと繋がってるこれはマジ。俺の言う事だけ信じろ。マジだから。どんなに世の中がお前らを騙しても俺だけは嘘をつかないし俺こと石左は吉沢亮をもうちょっとかっこよくした感じのシュッとしたイケメンです。マジです。

 スマホの見過ぎで脳が萎縮したみなさんにも、泥酔した時の俺ぐらいには判断能力がギリギリあるとおもいますんで、天才呼ばわりされてる全員が全員本当の天才(定義不明だが)とはおもっちゃいないでしょう。が、世の中には人造の天才が多すぎる。造られた天才像というか。カリスマというか。

 その最たる例が最近だとこの

「ずっと真夜中でいいのに。」だなと。秒針噛もうとしたら分針とか目にぶっ刺さるだろ。あぶねーからよせよ。

異常なスタートダッシュ

 たとえばの話なんですけど、俺がマジでみなさんの性癖に直撃するメッチャ良い曲(みなさんにとって)を作ったとします。んで俺本名伊藤っていうんですけど、伊藤の個人ツイッターアカウント(フォロワー30人ぐらい)とかYouTubeチャンネル(おかあさんがチャンネル登録してる)でMV作って宣伝したとします。売れます?

2018年6月4日より活動開始。動画投稿サイトYouTubeへユニットの処女作となる「秒針を噛む」のミュージックビデオをアップロード。ボーカロイドクリエイターのぬゆりが作曲(ACAねと共作)・編曲として参加、アニメーターのWabokuが映像を手がけた。全くの新人ながら動画は驚異的な伸びを見せ、およそ1週間で20万再生を記録。リスナーによるファンアート、カバー動画の拡散などでさらなる伸びを見せ、翌年1月時点で1300万回再生を突破した[1]。また、2019年4月17日には2000万回再生を突破した。

 驚異的な伸び、見せます?

 まあ例えが極端すぎるからもうちょっと現実的な例にすると、この秒針を噛むという曲とMVが、仮にあなたの作った作品だったとして、”驚異的な伸び”、見せることできそうですか?俺は無理、下準備とか後ろ盾がないと絶対無理。多少広告に金突っ込んだり他のメディアで宣伝したところでここまでの爆発は無理だし、ずっと真夜中はヤバい。太陽光を失った地表は冷え切り草木は枯れ磁場は狂い人々は凍り付いた地上を捨て光のない地下で残り少ない物資を奪い合い不毛な争いをするようになる。ずっと真夜中はヤバい。なんにもよくない。ずっと真夜中はやめろ。秒針は噛むな。見ろ。

 

計算しつくされたブーム

 俺は頭の良い人間、実績を叩き出している人間には好き嫌いは置いといて敬意は絶対に持つようにしているんですけども、彼ら「ずっと真夜中でいいのに。」はその類。ちゃんとブームを設計して、計算して、世の中を見事に騙しているなと随所から感じる。頭が良い。いっそ一緒に一族郎党根こそぎ金をむしり取るような宗教とかやりませんか?絶対うまくいく。待ってます。

 まず少なくともこの人たちチームにネット周りが強い人間がいることは間違いなくて、YouTubeのメタタグ(メタタグって?って人はこの記事をどうぞ)のつけかたもそうだし、見間違いじゃなきゃ今見たら前と変わってたし、再生数や人気に応じてちゃんと細かく対応してんなと。

 Twitter上でも、元フォロワーの多いデザイナーを起用したり、各所で力を持ってるアカウントが宣伝してたりで、これに関しては状況証拠なのでなんとも言えないけれども、ちゃんと多くのキッズに届くように効果的に宣伝したなと思います。

 アートワーク自体も、元々覇権を握っていたEveのテイストに意図的に寄せてると俺は思うし、事実ファン層はダダ被りしてる。これを読んでるファンの方、Eve好きでしょう?俺は好きです。

 

 作曲コンセプトもだ。コード進行っていう、なんつったらいいのか、楽曲の雰囲気を決める大枠みたいなもんを、絶対F E Amの進行で作ってるこの人ら。徹底してる。変則系とか挟むけども、軸は執拗にこの進行。


 おれはこれをずっと椎名林檎進行(椎名林檎が日本に流布したから)と呼んでるんだけど、最近だとあいみょんの愛を伝えたいだとかとか、シャルルとかメーベルだとか、Eveの曲だとか、とにかく使われまくっている。世間に「このコード進行、無敵じゃね?」ってバレ始めたらしい。人々の言う「エモい」の正体は、ただのE7。虫の走光性と大差ない。

まあ、これ構造知らない人からすると無意識に「めちゃ良い曲やんけ」ってなっちゃうわけで、料理でいうウェイパーみたいなもんですね。実際俺もめっちゃ好き。この進行以外で曲作りたくないぐらい好きだし「良い曲やん」つってよくよくコード進行とってみるとこの進行のことがまあまあある。かなり、ある。

 めちゃめちゃ悪い言い方をするなら、楽曲のリードフレーズとかドラム自体もボカロ・歌い手方面の中学生が好きな、細かい刻みのフレーズが多い。俺はこれを「ニコ動イントロ」って呼んでるんだけども、ニコ動イントロ+椎名林檎進行+ツイッターの暴力=売れる。っていう単純だけど確実な方程式に則って徹底した結果がこの成功です。

俺は軽々しく言ってるけど実際この精度でやるのはかなり困難。マジで尊敬する。難癖つけてはいるが、メロディは美しいし構成もいい。編曲家の奴、ヤバいぜ。

ここまでつらつら「そんなやり方卑怯だ騙し討ちだ」と叫んできたけども、商品としての完成度は本当に高いし、こんなもん聴かされた中高生はそら打ちのめされるだろうなと。

伝わらない例えだと思うけど、トヨタ車みたいな音楽だ。音楽的に新しいとか、なにか表現したいことがあるんだろうとか、そういう気配はないけれど、客が満足することに徹底的に重点を置いて商品として創作を徹底しているし、クオリティは文句のつけどころもない。最近の音源なんかは特に。

世の中は、天才に飢えすぎている。冒頭でナルトの話したけども、あれは読んでる側が天才を求めすぎた結果だとおもうし、嘘でも本当でも天才にすがりたいのが消費者なんだろう。

この人たちに天才なんて言うのは失礼だと俺は思いますよ。天に恵まれたものとか時の運で掴んだ成功じゃなくて、頭を使って考えて努力して自分の考えに人生を賭けられる勇気があったから、こその成功なわけだし、露骨に金でプッシュされたアーティストよりよっぽどかっこいい。

まんまと騙された人も騙されたついでにこれを機にいろんな音楽を聴いてほしいです。ずっと真夜中でいいのに。みたいな、音楽を聴く入り口になるようなアーティストの存在は、音楽全体にとってプラスだ。ありがたい話よ。

ずっと真夜中でいいのに。の成功の構造概要、納得していただけましたでしょうか。

それでは。

Copyright © 2019 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

最近の「音楽好きなのにレコード持ってないの?」って風潮に異議を唱えたい

 こんにちは。「音楽好きなのにレコード持ってないの?」という圧に負けてレコードを買ってしまったクソ雑魚です。

 DJユースの名機、日本が誇るTechnicsのSL1200mk5を買ってしまった。どうだ!カッコいいだろうー

 とまあ公衆の面前で自慢するのはここまでにしておきまして、昨今のレコードブームと何故かオシャレアイテム的な扱いの風潮、CDよりも音が良くて暖みがあるとの評判。それらに惹かれて買ってしまったのは間違いないのだが、あまりにもべた褒めされていると疑りをいれたくなるのが人の性。

 音質が良いとか言うけど、大枚はたいて買ってしまった手前、みんな引っ込みがつかなくなってるだけじゃないのか。2時間並んで食ったラーメンがマズかったとしても、なんか認められないあの現象と同じことが起きてるだけじゃないのかと思うワケです。

 ということで今回はレコードの良いところ悪いところ、ホントに音は良いのか?とホントに買う価値はあるのかとか、そういう話をしていこうと思います。

こりゃ絶滅寸前まで行くわけだ

 買う前からある程度予想はついていたが、買ってみると身に染みてよくわかった。レコードは欠点だらけだし、マジで時代に合ってなさすぎる。初代モンハンと同じくらい色々不便。実際に触ってみるとCDにシェアを取られまくり絶滅寸前まで追い込まれた理由がよくわかる。

 ザックリ言えば「高い・デカい・手間が掛かる」の三重苦。負の吉野家。ただ音楽を聴くだけなのにコストが掛かり過ぎる。ということでまずはレコードのダメなところの話をしていこう。

 

クソ高い

 クソ高いなんて書くと老害が「それが本来の音楽の価値じゃ」とかほざきだしそうだが、正直言ってアップルミュージック、スポッティファイなどの配信で月1000円聴き放題に慣れてしまった我々にはクソ高い。

 レコード盤が1枚1000円~5000円、レコードプレーヤーが安くて1万~、持ってなければスピーカー+アンプで2万~、さらにこれに加えて針やカートリッジ、後はフォノイコライザーやケーブル類まで含めると相当な金が掛かる。

 最低限のものだけ揃えたとしても2,3万は余裕で掛かる。Nintendo Switchが買えてしまう。スイッチなら家でも外でも遊べるし友達と一緒にワイワイ出来るのに対して、レコードの方はただ音楽が流れるだけ。20年前のガラケーですらオマケくらいで搭載していた機能しかできない。流石にこれはクソ高いと言わざるを得ないだろう。

 因みにCDはデジタルなので、安物の機材で揃えたところでよっぽど問題ないが、レコードはゴリゴリのアナログの物質主義なので積んだお金がダイレクトに質に影響してくる。安物を買うと壊れたりピッチがおかしかったり音が悪かったりとかも少なくないようだ。僕の知り合いは安物ばかり買うせいで始めたばかりなのにもう3代目のプレーヤーを買おうとしてる。南無阿弥陀仏。

 

クソデカい

 とにかくデカい。

 比較のためにCDを置いたが、伝わるだろうかこのデカさ。ちなみに実際見ると写真でみるよりもさらにデカく見える。

 レコードの盤の方はデカくても飾っといたりできるのでまだ良いが、問題はプレーヤーの方。高さこそないものの電子レンジくらいの大きさがあるし上に物は置けないし、賃貸住みの人間にとってはシャレにならないくらいスペースを圧迫しやがる。

 家の大きさも財布の中身もコンパクト化している今の若者にとっては結構致命的なデカさである。

 

手間が掛かる

 スマホで音楽を聴く際は、鼻ほじりながら数タップするだけで流れるが、レコードはそういうわけにもいかない。

 毎回聴くたびに軽く掃除して優しく針を乗せて再生が終わったらイチイチ裏返して、とまあめちゃくちゃ大変というワケでないが地味に手間がかかる。名古屋市のごみの分別と同じくらい面倒くさい。

 この世には手間が掛かるからこそカワイイじゃんというドMも少なからずいるが、しなくていい苦労を買うほど暇じゃないしな。毎日する作業はできるだけ楽な方が良いに決まっている。そういうヤツは一度20年落ちのアルファロメオでも買って、無事に死亡してほしいなと思う。

 

レコードの良いところ…?

 ということでレコードのダメなところの次は、レコードの良いところを…と言いたいのだが、正直なところ良いところなんて音質くらいしかないし、音質に関してもCDの上位互換ってわけでもない。CDより良いところもあるし、悪いところもあるという感じ。割と好みの部分ではある。

 音質以外の部分は、まあせいぜい「自分が持ってる」感が強いことだろうか。所有感というか。

 単純にCDよりもデカいので、それだけで満足感が大きいし、あとCDは一度パソコンに取り込んでしまえば本体は必要なくなるが、レコードの場合は聴くたびに必ずレコードが必要になるところもポイント。

 レコードを聴こうと思うと必ず盤が必要になるので、自分が持ってる感がCDとは段違いなのである。アルバム一枚一枚への思い入れも全く変わってくる。

 特にお気に入りの一枚をレコードで手に入れた時の満足感は、レコードならではのものじゃないだろうか。数少ない長所の一つだが、これに関しては明らかにCDに勝っていると思った。

 

レコードの音質

 ということでいよいよ本題に入りたいと思う。音質に関して。

 先ほども書いたが音質が良いと言われているが、CDの上位互換というワケでは全くない。というか音のクリアさや正確さのような部分は割りと負けてる。よく言えばナチュラルな音だが、悪く言うとローファイな音といった感じだ。

 だがその分レコードの音にはCDにはない、何とも言えない生々しさと妙な説得力がある。これはもう言葉で説明するよりも実際に聴いてもらうしかない部分だと思うが、どことなく生演奏っぽいというか。

 ライブをレストランで食う出来立ての料理だとして、CD、MP3を冷凍食品だとすると、レコードはその中間のテイクアウトといった感じ。マスタリングの違いもあると思うが、CDよりも空間に馴染むし、ホントにこの場にいる感がする。この妙な説得力はレコードならではのものだろう。

 残念な部分としてはレコード特有のプチプチといったノイズも乗ることだろうか。アレも味と言えば味なんだけど、ずっとなり続けたりすると結構ムカついてくるしな。最初のうちはプチプチ言ってても物珍しさで「レコードっぽい!すげー!」となっていたが、慣れてくると若干ウザい。

 

レコードはCDよりもほんのちょっと良い代わりに膨大なめんどくささと金が掛かる、コスパ極悪の趣味

 買うか買わないべきかというと正直微妙なライン。というかレコードを買ったおかげで、普段のApple Musicのラクさと有難みが身に染みたし、レコードが廃れた理由が良く分かった。

 流行ってるからとか、オシャレだからといって手を出すにはヤバすぎる趣味だと思う。ハンドドリッパーとか鉄製のフライパンとかメイソンジャーとかがホコリまみれで家にあるようなやつには絶対続かない趣味だ。

 確かにレコードにしかない魅力はある。大好きな一枚をレコードで持っておく満足感は割とマジで他には代えがたいし、親父からもらった古いレコードを鳴らした時には何とも言えない感動があった。音楽が好きなら是非一度体験しておく価値はあると思う。

 あと所有感が凄いという話の延長だが、レコードはプレゼントにも割と最適かと思う。形に残るしもらうと割と本気で嬉しい。

 だがその魅力と「高い・デカい・手間が掛かる」の三重苦を天秤にかけると結構微妙なところなのだ。繰り返しになるが、レコードはCDよりもほんのちょっとだけ良いだけだし、音楽が聴ける以上のことは何もできない。正直コスパは極悪だ。リスクとリターン、ギブとテイクが完全に釣り合っていない。

 是非一度は体験してほしいと思うが、学生とか金がないバンドマンとかが無理して買う必要性は全くないと思う。レコードを買うよりも、そのお金でライブにいったりもっと沢山の音楽を聴いた方が100倍良い。

 社会人になって金が余り始めたら是非足を踏み入れて欲しいなと思います。

 ということで今回はこのあたりで!

Copyright © 2019 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

カネコアヤノは俺にすら寄り添ってくれる。

急に泣きたくなる時って人生で幾度となく訪れる。さぁ、炒飯をたくさん作ってお腹いっぱいの状態でたくさん寝てやるからな!と決意表明をした5分後にガス停められたり、基本的に俺は自分の情けなさに呆れて泣きそうになる。まぁ産声以来泣いた事ないけど俺は。

人の優しさなのかはわからないけれど俺はカネコアヤノを聴いてるとたまにわけもなく泣きたくなる時がある。カネコアヤノは人を選んでない。きっと俺へも歌ってくれている。という事にした。何で良いのかわからない。けれどめちゃくちゃいいんだよ。

“お腹が痛くなったら、手当てをしてあげる”

電車やらでお腹痛くなる時って世界で一番身近な絶望かつ神に祈る瞬間だと思ってる。そんな時に手当てをしてくれる人間を優しいと言わずして何と呼ぶ?

ギター1本で歌い上げるこの曲が俺は特にお気に入りで、人に優しくなれそうになる。等身大で、健気で、嘘が無い。この冷凍都市日本で生まれ育った俺たちが生活をする上で灰汁と全く同じタイミングで出てくる不安や悩みを解決してくれる事はないけれどそれに寄り添って支えてくれる優しさや安心がこの人の歌にはある。

 

“代官山 青山 表参道 銀座 六本木
が似合う大人になりたい
なりたくない
わりと、どっちでもいいや
まだまだ先がみえない”

 俺は東京でひいひい言いながら行政や周りの人間に迷惑をかけながら生きているけど、活動範囲は専ら中央線。中央線で酒を飲み映画を観て麻雀を打って井の頭公園でまた酒を飲んだ。そういうわけで港区を代表する上記のようなエリアにはほとんど足を踏み入れたことが無い。港区の奴らってチリ産ワインが安いのは現地の人が搾取されているからとかほざきながら大きい皿に乗ってる小さい肉喰いそうだよな、なんて適当な偏見した持ち合わせていない。けれどあぁいった地価が高いエリアはハイセンスで煌びやかで憧れてしまうのはわかる。青山にある魔法障壁なようなガラスで覆われたプラダの横を歩くジジィはスタンド使いのような格好をしていてとても強そうだ。六本木にいる犬に服を着せて連れ歩くババァは何だかスカして見えるけど現代社会の勝者であるように思える。服を着た小型犬。勝利のアイコンだと思う。犬に服を着せるのは好きにすればいいけど、寒さに弱い犬種なの!って反論だけは頂けないな。じゃあこの国に連れて来てはダメだよね。

何の話してるの?

 

 カネコアヤノの歌は”今”を歌ってる。それは”現在”でもいいし”NOW”でもいいし、”刹那”でもいい。何言ってるかわかる?俺はわからない。評論家ってすげぇよな。マジでお前さっきから何言ってんのかわからないんですけど笑って時が沢山ある。俺が馬鹿なのが悪い。でも日々の生活は変わっていくし、今は楽しいかもしれないけれどこれからはそうなるかはわからない。そんな危うさを楽曲から感じる。わかるだろ。

 

 下北沢の小さなライブハウスで大きな声で楽しそうに揺れながら歌うカネコアヤノを観た。俺は今までアコースティックギターを抱えて歌う女性の音楽を好きになる事はほとんどなかった。その反動かはわからないけど生で観て以来とっても好きな音楽になりました。別に新しい音楽とは思わない。本人も思っていないだろう。2019年に鳴る音楽ではないかもしれない。評論家の人達からもカタカナと画数の多い言葉を使ってたくさん褒められてるわけでもないように思える。でもなぜか感じる圧倒的なオリジナリティ!なんで? 俺はこの人間の生活に寄り添ってくれるような音楽が好きだ。そしてみんなにも好きになって欲しい。何の予定もない晴れた日にカネコアヤノを聴きながら散歩をして欲しい。

Copyright © 2019 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

みんな、これから知らん音楽の話してくる奴いたら絶対に逆ギレしよう。負けんじゃねえよ。

 こんにちは典型的な日本人のみなさん。苦笑い、今日もしてますでしょうか。

 自分は人の顔色なんか全部いっしょにみえてしまうので、失礼があってはいけない… と知らん人と話してる間ずーっと苦笑いしてるんですけどそれを良いことにずっと自分のペースのトークで俺たちを振り回してくる奴いないですか。ほらB型の奴とか「ひょっとしてB型?」とかよく人に言われる奴、気を付けろや。あれ褒められてねーから。
「え、O型なんだけどよく言われるわ笑」
じゃねえんだよ。自己中心の半サイコ野郎をオブラートに包むとそういう味になるだけだから。ゴリラ全員B型だから。遠まわしに「コミュ力、ゴリラですか?」って訊いてるんだからなこっちはよ。

「B型ですか?」なんてのは俺たちができる唯一の、ささやかな抵抗であって、実際のシーンでは延々とそいつのペースで知らん話をされて苦笑いし続けるんですけど、こんなのは自分も苦しいばかりか相手にも失礼なんじゃないかと最近思い始めたんですよ。やめようもう。鼻毛が出てる奴を野放しにするのが優しさだとは思わない俺は。社会は俺たちのお母さんじゃない。一歩外に出れば他人なんかわざわざ誰も注意はしてくれないんですよ。欠点は野放しにされ、周囲に内心で蔑まれるだけなんですよ。寂しい。最寄りのコンビニの店員に「ボーボボ今日も鼻毛真拳撃ってたよ笑」ってバックヤードで言われるだけ。でもそんなのは寂しいじゃないですか。

 だから俺は、俺だけはちゃんとみなさんに言ってやろうと思うんです。

「そんなバンド知ってるわけねえだろ、鼻毛出てるぞ」

 と。

 本題なんですけど、いや急に「こんぐらいは知ってて当然」みたいなトーンでマイナーな音楽の話大声で始めるやついるじゃないですか。まあ俺なんですけど。そういう奴にはきちんと「知らねえよ」「通夜の最中だぞ」「鼻毛しまえ」と間違ってる点を指摘したほうがいいです。ちなみにこれらは、ギリ伝わると思って祖母の出棺中に「水中、それは苦しいのミュージックビデオみたいになっとるな」と口走った俺が親族に注意された実例です。親族でよかった。外だったら「あ、名前は知ってる…」と苦笑いされるばかりか鼻毛も出たまんまだった。

 

 人間は、特に日本人は、まったく知りもしないし世に広く知られていないものでも「当然このぐらいは知ってるよね」みたいなトーンで話を進められると、気圧されて知らない自分が恥ずかしい申し訳ないみたいな様子になってしまう。人に嫌われることを恐れすぎている。俺たち敗戦国は。GHQに心の強さまで規制されてしまった。

 俺も人の子、気持ちはよくわかるし、人生の様々なシーンでそういう人々の苦笑いを見かけてきた。でももうやめにしませんか? と。アメリカ人がそんな弱気なコミュニケーションしますか?しなさそうですよねヤツら。アメリカ人の知り合いそんなにおらんから知らないですけどたぶんしない。俺たちも心の中にアメリカ人を飼う時が来た。それが今。今飼ってください。名前も決めろ。

 これからはどんなに同調圧力を帯びたトーンで知らないことを言われても、胸のアメリカ人に「What?」と言わせろ。keep your self。想像するアメリカ人はできるだけ筋肉があってステーキ毎日食ってるようなやつがいいです。素でちょっと日本人バカにしてる感じのヤツ。一瞬でいいからそれになれ。「知らない」と、言うんだ。

 

知らない話、つらすぎる

 小見出しにするほどのことじゃないんですけど、知らない話をうんうん聞いてるの本当にツラいんですよ俺は。

 その知らん話する人に悪気がある場合もない場合もあるけれどどちらにせよ、その話、知らんわけで。しかも知らん話を「お前も知ってるよな」っていうテンションで話されるとき、その不快指数は湿度100%の部屋で和紙で千羽鶴を折るのに匹敵すると言われてるとか。本当に苦しい。

 相手に悪気がない場合は、相手もかわいそうでしょう。ピエロですよ。向こうだけ「盛り上がってる!楽しい!」ってなってるわけですからね。自分が嫌われたくないからって人をピエロにしちゃいけない。自らの心の弱さが自分ばかりか他人を愚弄していいわけがない。

 知らないなら苦笑いしてないでちゃんと「知らない」と言えば、説明してくれるし知らない人に合わせたトーンで話してくれるはず。それを「知らない」と言えないとその日ずっと心に「なんであそこで見栄を張ってしまったんだ…」と胸につかえて家への帰り道が自己嫌悪で足取り重くなる。俺はなる。心のアメリカ人も呆れ顔にもなりますわな。

 ちゃんと「知らない」と言える勇気さえあれば、そんなことにはならないのです。ちょっと自分を強く持つだけ。知らない話を「ああ、なんとなくわかってますよ」みたいな顔して乗り切るより全然簡単。

 

 逆になんですけど、世の中には最悪なヤローも一定数いて、別に自分がその曲作ったわけでもなしに音楽で偉そうにしたいヤツがいるわけですよ。想像しただけでウゼー。鼓膜ビリビリになる呪いとかかからんかな。

 人間なんて自分が詳しいこと以外知らないんだから無知はなんにも悪いことじゃないのに、それを弱気なシャイボーイたちの罪悪感に付け込んで優位に立とうとする浅ましさ、許せん。

 そういう手合いに知らん音楽の話をされたら

「Vulfpeck?あーAngeberの元メンがやってるやつでしょ?」

とか言っておけば

『Angeberきいたことあるわ、そうなんだ』

 みたいなこと言ってくるので

「そんなバンドいねーよシャバゾウが。ちなみにAngeberはドイツ語で見栄っ張りって意味な。お前の事だよマウント猿が」

 つって死なせましょう。そいつの悪い部分を死なせましょう。あなたが殺すことで、これからそいつと話すハメになるやつらやそいつ自身を救うことになる。しっかり葬れ。

 

 せっかくお互いに好きな音楽があるならせめて楽しく話題にしたいもんですね。そのために、誠実に会話に臨む勇気を持ってくれればなと。

 それでは。

 

Copyright © 2019 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

NUMBER GIRL実は3曲くらいしか知らなくてとりあえず祝福した君達へ……。

 俺個人の感覚で言えば、初めて聴いた時に大して気に入らなかった音楽は後になって自分の中で大きな位置を占めている事が少なからずあるように思う。Radiohead、andymori,ハヌマーン、そしてNUMBER GIRLも。初めて彼等の音楽を目にしたのは多分中学生の頃だったと思う、スペースシャワーTVで放送されていた「復活してほしいバンドTOP20」的な名前のコーナーだった。その2位(1位はELLEGARDEN、じゃあ今の1位って何?)の発表でNUMBER GIRLの透明少女のPVが流れる。

 

 カッコいいバンド名だな、という印象以外は特になかった。

 俺は実家に住んでいた頃に兄や弟のCDを部屋から盗み出して勝手に聴く、という悪癖があったのでその日もいつも通りに弟の部屋から知らないCDを盗んだ。その中にはNUMBER GIRLのベスト盤があり、その日から俺はNUMBER GIRL原理主義者。思春期真っ最中の俺はまさかアジカンよりカッコいいバンドが日本にあるとは思っていなかった。

 

メジャー1stアルバムから。

 17歳の頃、特に気に入っていて繰り返し聴いていた。タイトルとは違い俺は三島由紀夫に「童貞は何をやってもダメ」と言われて書籍を壁に叩きつけて「苦しみながら死ね!」となどと言いながら彼の事調べて猛省していたりしていたが、今聴いても情緒的な気分にさせてくれる。NUMBER GIRL再結成。何が1番驚いたってNUMBER GIRL好きな奴らこの国にこんなに居たのかよ、という事。俺が通ってた高校にNUMBER GIRLが好きな奴らは本当に1人もいなかった。軽音楽部に溢れんばかりの期待を片手に入部し女子部員から言われた「道脇くん、シドって知ってる?シドやらない?」もちろん知らなかったけれどとりあえず聴いてみる事にした。いやむっず笑。弾けるかこんなもん!嘘じゃん弾けたら。茜色の空を観る前に俺の軽音楽部生活は終わり告げた。

 俺だけ。俺だけなんだよこういうの聴いてんのはよ。弟の部屋から盗んだ癖にそうやってプライドを保っていました。

 

 メジャー2ndアルバムから。

 思春期の鬱屈とした退屈で退屈でとにかく退屈な教室は野球部の笑い声がいちいち癪に触るし、クラスでお前最早憎まれてるだろ、女子にキモいメール送った?と言えるくらいのイジられキャラがしょうもないイジりを受けてるを見るのも不愉快だった。携帯を没収されるのが嫌で教師と格闘してる馬鹿女を見るのだけはちょっとおもしろかったけれど。

 授業中に触ってんのバレたんだから取られるだろそりゃ。「嫌だ!」の一言だけで闘う奴はなかなか天晴れと言わざるを得ない。この地獄にいる愉快な仲間の一員として俺の出来ることは遮音性抜群のイヤホンでNUMBER GIRLを聴く事とガキ使のフリートークを見る事だけでした。この曲を聴いてる間は全部どうでも良くなりますよ。

 

 メジャー3rdアルバムから。

 NUMBER GIRLよりカッコイイ、と自信持って言えるバンドが俺の中には無くて。そう思ってる奴等はたくさんいるんだろうけどもっと増えて欲しいなと思いドンドン勧めて行くぜ。

 今聴いても色褪せない、って文句をたまに目にするけれど、それはThe Beatlesに対しても思うし良い音楽っていうのは永遠に残り続けるんじゃねぇのか、って思う。NUMBER GIRLで俺が1番好きな所はやっぱり向井のシャウトになる。このシャウトが唯一無二の音を盤石にしている。

 

 代表的な曲が1番好き、ってもうNUMBER GIRLと後はジャミロクワイくらいだと思う。おれはききOMOIDE IN MY HEADができるくらいこの曲が好きなんだけど、上記のOMOIDE IN MY HEADが断トツで好きで今までの人生で1番観たYouTubeの動画であることはもう間違いない。

 夏にNUMBER GIRLが復活する。今でも疑ってるし俺が日比谷野音に行けることも疑っている。どいつもこいつもこのバンドはLiveバンドだって言いやがる。知った時には解散してんだから観れるわけねぇだろボケがよ、といつも舌打ちしたい気分だったがこの夏観れちゃいます。友達くらいなら殺してでも行っちゃいます。

 NUMBER GIRLを詳しく知らない人達が俺と同じ原理派になってくれたら嬉しく思います。

 向井の俺抑えのコードを”ひとり暮らし感”って呼ぶのいいよな。

Copyright © 2019 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

Suchmosの新アルバム"ANYMAL"がサイケデリックロック過ぎてファンが悲鳴を上げている

 聴こえる!聴こえるぞ!サチモスの新譜を聴いて悲鳴を上げているTHE KIDSたちの叫びが…!

 Suchmosの新譜が大変なことになってると話題ですね。まだ聞いてない人は


Suchmos – In The Zoo

 この曲を聴いてもらえればバッチリです。アルバムは12曲入ってるけど11曲はこんな感じ。一曲だけ申し訳程度にオシャレなR&Bテイストの曲が入ってるけど、後は全部ドサイケ。

 ちなみにコメント欄を見てもらえればSTAY TUNEで目覚めたファンたちの阿鼻叫喚が見られます。みんな「周りに流されずに自分たちのやりたいことをやってるから!」と必死に言い聞かせてるけど、こんな”可愛かった女子大生がアメリカに留学に行って渡辺直美みたいになって帰ってきた”みたいな変わり様に動揺が隠しきれないのがにじみ出ていて面白いです。

 聴いていただいたとおりブラックミュージックのブの字は当然のようにないし、全然オシャレじゃないし、おまけにポップさも全くない。というか思いっきりサイケデリックロックになっております。圧倒的な60年代の香り。ベトナム戦争の真っ只中、ヒッピー文化とドラッグとインドの匂い、あの空気感がそこにはある。

 こちらはサイケデリックロックで最も有名なバンドの一つ、グレイトフルデッド。黙って聴かせれたらサチモスと違いがわからないだろう。国民的オシャレバンドが急にグレイトフルデッドになったらそりゃファンは混乱するよな。

 しかし何故こうなった。マリファナに命でも救われたりしたのか?女子高生、女子大生なら付き合ったカレシの影響で~とかで音楽の趣味が変わるのは、まあわかる。だが二十歳を過ぎた男に音楽趣味の変化が訪れるのは非常に稀だ。

 というかよく一人もメンバー脱退しなかったな。6人もいるしここまで急激に音楽性の変化があると一人くらいついてこれないヤツがいてもおかしくないのに。やっぱりバンド関係なしに普段から仲が良いのか?

 

確かに予兆はあったけど

 今思えば伏線は沢山あった。

 例えば自主レーベルとか。発表当時は後輩バンドとかをレーベルで囲うつもりなのかと思ってたけど全然見当はずれだったみたいで、マジで自分たちのやりたいことをやるためにレーベルを立ち上げたってことみたいだだ。このアルバムは自主じゃなかったら絶対に出せなかった。

 ちなみに『レーベル名は「First Choice Last Stance」の頭文字を繋げたもので、「この先何があろうとも、オレたちは最初の頃から何も変わらないSuchmosであり続ける」という決意が込められている。』らしいが…。まあいいや。


Suchmos – VOLT-AGE

 こちらが世間がサチモスに「おや?」と思い始めた一曲。ワールドカップの曲なのにめちゃくちゃノリづらく盛り上がらない曲ということで、人質でも取られてるんじゃないかと話題になった。

 当時は「オシャレが過ぎた結果サイケっぽくなった」のだと思っていたが、これもミスリーディン。これも今回のアルバムに繋がる一つのピースだったわけだ。

 他にも前回のミニアルバムにもサイケっぽい曲があったし、今年初めのシングルカットも思いっきりサイケだった。

 とまあ今思えば以前からサインは沢山出ていたのである。確かにかなり極端ではあるが、ちゃんと段階を踏んでのリリースだといえる。

 というかむしろリスナーのほうで「こうあって欲しい」という気持ちが先行した結果、サインが出ていても無視していたというか「今回はたまたま」くらいに思い込んでいたのではないだろうか。

 

完成度はめちゃくちゃ高い

 結局のところ今回ヤバいのは、サイケに寄ってきたところというよりも、その寄り方が急すぎるし極端すぎるからだと思う。

 最近は国内だとTempalayとか海外だとPortugal the manやTame Impala邦楽でも洋楽でもサイケの流れが来ているが、どのバンドもド直球ではなくて。


Portugal. The Man – Feel It Still

 それぞれアプローチは違うけど、今っぽいビートに乗せてみたりとか、サイケのフィールは取り入れているがベースは現代的だったりとか。サイケデリックロックってそもそも今の若者ウケが最悪なので、そのまま原液のままでは出さずに飲みやすくして出しているわけです。

 ところがサチモスはというと、そういう配慮一切ナシ。二十歳のお酒覚えたての子に無言でテキーラやスピリタスのショットを差し出してくるようなやり方。もちろん現代的なところがないわけではないけど、基本的には60~70年代のルーツのものがベースになっている。平たくいってしまえば玄人向けの音楽なのである。

 

 ただ、一般ウケしない、ファンが期待していたアルバムではない、というのは明らかだがそれダメであるとは限らない。というかむしろ個人的には今回のアルバム、めちゃくちゃ良作だと思っている。

 今までのサチモス的な価値観で言えば何とも言えないところだが、単純に一つのサイケバンドとして聴けばめちゃくちゃ完成度が高いアルバムだと思う。もとから高かった演奏技術もさらに磨きが掛かってるし、一般ウケという意味でも”ポップさ”はないけど、持ち前のポップセンスはいまだ健在。

 あとキャリア的に今ちょうど脂が乗っている時期だと思うのだ。どのバンドでも割と当てはまるが、このくらいの時期はちょうど音楽の技術が上がってきて、かつまだまだ新しいことにチャレンジするというタイミングで割と名盤がでやすいころなのである。

 なので今までサイケに興味がなかったけど、今回のでピンと来た人はもちろん、何か違うと思ってる人も、是非しばらく聞いてみて欲しいなと思う。新しい何かをこじ開けられるパワーを持ったアルバムだと思う。

 

 ちなみに「聴くと眠くなる」はサイケには誉め言葉。半分起きてて半分寝てる状態をキープできるようになればサイケの悦楽がわかってくるはず。

 あとインタビューでも言っていたし音楽性的にもそうだけど、恐らくライブではかなりの長尺のアドリブパートをやると思うが、それも一音一音噛みしめるように聴く、というよりはダラっと半分聴いてて半分聴いてないような感じで酩酊感を楽しむのがサイケ流でございます。

 あとサイケをディグるなら、個人的にはゆらゆら帝国とゾンビーズとビートルズの中期のアルバム、リボルバーとサージェントペッパーが超おススメ。あとさっきも出たけどPortugal the manもマジでおススメ。

 

正直言ってめちゃくちゃワクワクしている

 今回のアルバム、ツイッターとかの反応を見ていると、音楽性がガラっと変わったことでファンは戸惑ってるけど、それとは裏腹に業界人とか感度の高い人たちから凄い反応があったみたいだし、そういう意味でも面白いなと思う。

 一度売れるところまで売れてミーハーなファンが沢山つくと、本人達の意思にかかわらず”大衆のもの”となってしまうものけど、今回のアルバムでもう一度大衆のものから”最前線のもの”に戻ったなと思うワケです。

 これは服の流行りとかと似ていて、例えばちょっと前に流行ったMA-1とか思い浮かべてもらうとわかりやすいと思う。まだ流行る前、みんながマネして着始める前にMA-1を着てたらオシャレだけど、流行りまくって誰もがMA-1を着るようになると逆にオシャレじゃないというか。今頃着てたらちょっと遅れてるくらいの感じになってるじゃないですか。

 音楽も同じように、流行りまくって大衆に行き渡った時点でもう最前線ではなくなるのである。本人達がどこまで意図していたかはわからないが、とにかく一度売れるところまで売れて後は落ちていくだけのところから、もう一度上に向かって進んでいくような、感度の高い人が注目するようなポジションに戻ったなと思う。

 あと音楽的にも昨今で一番成功したバンドが、こういうアルバムを出した後に音楽シーン全体がどういう反応を示すかも気になる。

 それに音楽云々を抜きにして単純に「せっかく掴んだ大成功を明後日の方向へぶん投げた男達」という意味でも面白いなとも思う。一度掴んだ天下に胡坐をかかないそのスタンスも漢気があってマジで応援したくなる。

 正直言うと僕はこのアルバムが出るまでしばらくSuchmosのことに注目してなかったけど、もう一回要注目のバンドになったし、ここからどうなるのかワクワクしている。

 ということで今回はこのあたりで!

Copyright © 2019 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

お前らが知らないうちに邦楽バンドでヒップホップが流行ってる

 みなさんまだ4つ打ち聴いてますか?


フレデリック – オドループ

 音楽用語に詳しくない人でもこれを聴けばすぐわかるはず。この手のノリの良いビートが4つ打ち。いわゆるダンスビートというヤツです。あまりに使い勝手がいいのでウチのサイトでは昔、卑怯ドラムなんて呼んでました。あと、一応説明しておくと、キック(ドッドッドッドッという音の低いドラム)が等間隔でなるリズムパターンが4つ打ちね。

 みなさんも身に覚えがあると思うけど、最近までどのバンドも、プライドとかオリジナリティはないのかよってくらいこのビートばかりだった。ホントに。

 確かにめちゃくちゃ優秀なビートだとは思う。使うだけで問答無用で客をノらせれるし、曲を作るのも簡単。序盤で手に入って終盤までずっと使えるチート級に強い武器みたいなもん。ダークソウル3のダークソード。音楽の世界はゲームバランスがクソ。

 そんなこともあって元々ダンス寄りのバンドはもちろん、硬派なロック、オシャレなやつもオシャレじゃないやつも、みんな4つ打ちだった。というのが去年ぐらいまでの話。

 そう、最近になってようやく4つ打ちブームの終わりが見えてきました。このブーム始まりが9mmとか時雨辺りだったとすれば、もう軽く10年以上経っててホントに凄い流行り様だったなと思うけど、ようやく落ち着いてきた。

 

 ということで本題に入りましょう。4つ打ちブームが去った後の次のトレンド、というのが今回の記事のテーマでございます。

 次に流行るのは、タイトルにも書いたけどヒップホップ。まだ本格的にブームというほどではないけど、かなり来ている。時間の問題という感じ。

 とまあ、こう書いてはみたんだけど”ヒップホップ”って言われてもピンと来てない人が少なくないと思う。多分ヒップホップ=ラップって思ってると僕が意味不明なこと言ってるように見えると思う。


J Dilla – Life

 これとかを聴いてもらえれば、わかりやすいと思う。この曲はラップはないけど、ノリがヒップホップでしょ?

 このヒップホップ特有のリズム感やループの中で曲を展開してくようなやり方を取り入れるのが邦楽バンドのトレンドになっていくんじゃないのか、という話でございます。


くるり – 琥珀色の街、上海蟹の朝

 例えばコレとかね。くるりはくるりなんだけど、以前のくるりのソリッドな感じのビートとは違って、かなりゆったり。あとこの曲はラップもしてるからさらにヒップホップ感が強いしな。

 ここまで書けばわかってもらえたはず。多分みなさんの知ってるものの中でも、今っぽいとか、オシャレ、と思う曲はこんな感じの曲調になってるはず。

 今ちょうど、もともとヒップホップ色の強かったバンドはもちろん、今まであまりヒップホップと縁がなかったようなバンドまで、様々な方面からこちらの方に向かってきている状態。

 ということで後半は、目前に迫ったヒップホップブームの中で重要になってくるんじゃないかと思うバンドを紹介してきたいと思います。

King Gnu


King Gnu – It’s a small world

 もう既に最重要バンドだけど、この話をするならKing Gnuについて触れないわけにはいかない。今回書いてるヒップホップブームのターニングポイントになるバンドだと思う。

 音楽性は歌メロは超がつくほどJ-pop的だし、本人達もJ-popを作ってると語ってはいるが、ビートなんかはかなりヒップホップだし、スクラッチが入ったりラップが入ったりしていてかなりヒップホップだ。「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイルバンド」という肩書通りの音楽性といえる。

 今回の邦楽バンドのヒップホップブーム、という文脈の中でKing Gnuが重要なのは、このバンドがちゃんと”ロックバンド”なところ。

 最近の流れでヒップホップを取り入れていたバンドはKing Gnu以前にもいたんだけど、ほぼ全部オシャレ系のバンドだったんですよね。この頃のロック系は結構保守的なので今までは全然いなかった。

 その中でヒップホップやその他沢山の音楽の要素をふんだんに取り入れながらも、ロック的なカッコよさを持って、さらにめちゃくちゃ売れた、というところがポイントなワケです。

 彼らを皮切りにロック色の強いバンドにもヒップホップの流れがくるはず。多分来年ごろには、今まで全くそんな兆候がなかったバンドが突然ラップしたりヒップホップビートをやり始めて、アレ?ってなることが増えると思う。

 

Tempalay


Tempalay – 革命前夜

 Tempalayの音楽性をジャンルでいうならサイケデリックに分類されると思うんだけど、このバンドも最近かなりヒップホップ的な要素を取り入れるようになってきた。

 上の曲はかなりそういう感じだし、アルバム曲の中にはトラップ(不良っぽいヒップホップ)を取り入れた曲があったり、かなり積極的。洋楽シーンからの影響も強いバンドだと思うので、その辺もあるのかもしれない。

 Tempalayみたいな若者の支持を集めるトレンドのバンドが、ヒップホップを取り入れ始めると、いよいよ本格的にブームが巻き起こるなと思います。地盤が固まってきてる。

 あと余談だけど、サイケとヒップホップの組み合わせってめちゃくちゃ良いんですよね。どっちのジャンルもループが重要なポイントだし。ビートルズの名曲の一つに、ミスチルの元ネタになったTomorrow Never Knowsという曲があるんだけど、これも今聴くと完全にヒップホップ+サイケだしな。そういうのもあって、彼らがヒップホップに寄ってきてるのは自然な流れったのかなと思います。

 

INNOSENT in FORMAL


INNOSENT in FORMAL – Highway

 上の二つはもう結構な知名度だったけど、是非チェックしておいて欲しいのがこのバンドINNOSENT in FORMAL。

 聴いてもらえればわかるけど、最近では珍しくかなりガッツリラップをする。ラップを取り入れたバンドというとAメロとかはラップでサビは歌うってパターンが多いが、イノセントは割と全編ラップで通す曲が多い。そういう意味でもかなりヒップホップ色の強いバンドといえる。あとこの曲とか、ヒップホップのサンプリングの手法を取り入れていて面白いなと思う。他のバンドは全然やらないけど、ヒップホップの3大要素はラップ、ビート、サンプリングだからな。その辺りもしっかり押さえててグッド。

 注目のポイントはラップの部分で、言われてみるとピンとくると思うけど、ラップが日本語ラップ、nobody knows+とかあの辺の雰囲気が強い。バックの演奏や見た感じは洋楽指向な感じだけど、芯の部分が邦楽的。

 勘の良い人は気づいたかと思うけど、King Gnuと同じパターンなんですよね。アレもバックは洋楽的だけど歌メロは超J-pop。

 結局のところ日本人がグッとくる部分ってのはそういう邦楽的なところなワケで。INNOSENT in FORMALはKing Gnuと同じくその匙加減が上手いなと思います。

 これからのヒップホップ+バンド音楽の中で、重要なポジションになっていくバンドだと思います。要チェック。

 

Nulbarich


Nulbarich – Sweet and Sour

 出自も音楽性も超商業主義なバンドNulbarich。

 海外だとMaroon 5と同じポジションだと思うんだけど、両者とも共通して売れるためなら手段は問わないそのスタンスのおかげで、巷で流行ってる音楽の写し鏡になるんですよね。Maroon 5なんて20年近くやっているので、年代順に曲を並べて聴くと、どの時代にどんな音楽が流行ったか如実にわかる。

 で、件のNulbarichはデビュー時はSuchmosがブレイクしや直後だったので割とそれっぽい傾向で、2ndはポップ路線、そして最近出た3rdアルバムは、そうかなりヒップホップに寄ってきてました。前まで4つ打ちばっかやってたのに急に全体的にメロウになった。このバンドがヒップホップに足を突っ込むならヒップホップブームもいよいよ、と言えるでしょう。

 ちなみにフロントマンのJQがNulbarichになる前、ヒップホップのトラック提供とかもしていたみたいなのでクオリティはめちゃくちゃ高いです。Ring Ring Ringって曲とかビートがめちゃくちゃカッコいい。バンドのスタンスはあんまり好きになれないけど、音楽はホントに良いなと思います。

 

WONK


WONK – Midnight Cruise

 先ほど、ヒップホップを取り入れるのはオシャレ系の音楽のバンドの方が早かった、と書いたけどWONKはそっち側の方。

 洋楽では以前からヒップホップが流行りまくっていて。 一見ヒップホップから遠そうに見えるジャズなんかもヒップホップを取り入れて”新世代ジャズ”なんて呼ばれて一世を風靡しました。

 WONKはその辺りのシーンの感覚を日本に持ち込んだバンドだと思う。新世代ジャズの重要人物の一人Jose Jamesと交流があったりするし。

 演奏も実力も本場の人たちに引けを取らないほどのクオリティだし、あと本場のヒップホップシーンの中でもかなり先進的なことをやっているFlying Lotusってのがいるんだけど、それっぽいアプローチの曲もかなりあるし、クオリティの高さと音楽的な面白さを両立できてる稀有なバンドだと思います。

 単純にカッコいいのでそれだけで超おススメなんだけど、今海外のシーンの一番面白い部分とリアルタイムで同期してるバンド、としても是非チェックしておくべきだなと思います。

 

いかがだったでしょうか

 以上要チェックのバンドと個人的なおススメでした。

 ヒップホップの流行りの兆しは数年前からあったとはいえ、まだまだ最近の流れなので、現状だと普段はロックっぽい曲をやっているバンドが曲単位でヒップホップを取り入れたりすることも結構多かったりする。

 でも今回紹介したバンドもそうだけど、確実にヒップホップの流れは来てます。時代を先取りしたいなら、是非ヒップホップに注目して聴いてみてください。

 ということで今回はこのあたりで。

Copyright © 2019 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

ぼくのりりっくのぼうよみ、絶対引退しない説

 大学に入学した時、近くの駅に閉店セールをやってるABCマートがあったんですけど、最近行ったらまだ閉店セールやってました。

 まさにそれよ、最近のぼくのりりっくのぼうよみくんは。

 彼、絶対引退しないと思うんですよ。絶対しない何賭けてもいいマジで。この場にいない花京院の魂も賭けていい。

 あんなね、計算高くて頭も回る人間が引退するにしてもタダで引き下がるわけがないんですよ。

 じゃあ一体この引退群像劇は何なのか?今日はそういったことをのたまいたいと思います。

 「引退商法」という言葉でこの件について語る人かいるんですけども、引退商法ってのは

 「やめるからせっかくだし、最後の最後にファンから絞れるだけ絞ったるぞ!」

 ってやつ。

 最近だと安室奈美恵が引退するにあたって膨大な種別のグッズを展開し、しまいには安室奈美恵フィギュアを2万円で5種販売。人間FGOみたいな状態になって一部ファンから怒りを買ってたんですけども、あくまでそいつは「引退」が先にあっての商売なんですよ。

 今回のぼくりり御大のお葬式はね、そんな甘っちょろいもんじゃなくてかなり計画的な犯行というか、この「引退」自体が商売の一環というか。

「ぼくのりりっくのぼうよみという名前を捨てるついでに大騒ぎして知名度稼いで華々しく再スタート切ったろう」

 つまるところ、こういうことだと思います。散るなら派手に、肉を切らせて骨を断つ。野武士の発想ですね。

 

タレント活動に不利すぎるネーミング

 前にインタビューした時も音楽活動にこだわることはないと言っていて、最近じゃユーチューバーやってみたり、テレビ出てみたり、ツイッターでおばさん殴ったり、幅広く活動されてますし、マルチタレントをやりたいんだろうなってのは誰が見てもだと思います。

 ぼくのりりっくのぼうよみ、というネーミングはインパクトとおぼえやすさから、実際のところ今の彼の人気にかなり貢献したんだけれども、俳優業とか、コメンテーターとか、各種タレント業をやるのにはマジで邪魔。

 ニュース番組とかで名前表示するのにも長すぎてスタッフとかめちゃめちゃ困るだろうし。格好つかない場面も多々あるだろうし。
だからば、不要な名前とミュージシャンというパブリックイメージを捨てるついでに、デカい祭りを起こして次の活動に繋げたろ!ってことだろうと。

 

やめたいのは本当だと思う

 かといって、やめたいってのも嘘じゃないと思うんですよ。というか、当初はマジでやめたそうだったし。

 インタビューで語っている「ぼくりりは失敗だった」とか、ツイッターで言ってたように「天才を演じるのがしんどい」とか、それらは多分嘘じゃなくって、最近だと崎山くんとか、ちょっと前だとあいみょんとかもそうだけど、実態を置き去りにして会社側が一方的に「若き天才現る!」みたいなイメージ押し付けて客からもそれを求められ、強制的にそれを演じさせられるようなやり方は実際演者側はかなりキツいし。人道的に厳しい、人の精神を壊すやり方だと思います。よくないよ。

 それで飛んだりおかしくなったりする人たくさんいるしね。死ななくて良かったよ本当に。

 引退宣言をした頃、本人にとってもかなりマズい発言を繰り返してて、それまで賢くキャラクターを演じてきた彼がそういうこと口走るってことは本当に精神的にキてるんだな… と勝手に見てたんですけども、意外と世間はそれにすら厳しくて。

 結構一方的なこと言う人とかネタにする人とかわんさか出てきてマジか、と。精神が参ってる人をオモチャにするなよと、俺はちょっと怒ってたんですよ。けど途中(竹田くんが出てきたあたり)から

「これ、ぼくりりくん完全に面白がってんな」

と。

 どこからか、恐らく当人も意図しないうちにさっき言ったような知名度を稼いで再デビューするような方向にシフトチェンジしていったんじゃないでしょうか。

 

本当にやめたいなら静かに辞職してるはず。

 そもそも論なんですけども、本当にやめたい人ってスパッと引退するし、街で声とかかけられたくないからできるだけ目立たないように辞めるんですよ。それこそ飛ぶなりなんなりで。タレントでいることにうんざりしてるならそれこそ悪目立ちするようなことしない。

 それに、10代からこういう生活をおぼえた身でメンタリティを一般人に戻せた人間を俺は見たことがない。

 童貞よりもセカンド童貞(交際経験はあるが、その後何年も異性と関わりがない状態の方)の方が、なまじ女との幸せをリアリティとして知ってる分ツラいと言うように、蜜の味を知った人間はそう簡単に蜜を諦めれない。瀬戸内寂聴みたいに出家したって生臭坊主やりますよ人間は。

 

天才、辞職します。

 本人は、天才かどうか、しきりにファンに問うていましたけども、俺は彼は本物の天才だと思います。

 ただ、ファンが、レーベルが、求めるような「天才ミュージシャン」というようなものじゃなくて、なんというか、人として気が狂ってる点。その一点。

 音楽業としては、事務所の力や画策、彼の声や名前タレント性とか行動力みたいなもんが彼の地位を確立していて。音楽的にはむしろ曲をつくってるトラックメーカーや編曲家を賞賛すべきだと思います。作品としてすごく良いものを作ったけど、それはぼくりりくんの才能とは全く別の部分だなと。

 演じていた、天才少年の像もなんか違くて、クラウドファンディングで開始した意識高いインタビューとか、著名人との絡みとか、あんなもん本人と会社のオジさんたちが喜んでただけで、ファンは全くついていけてなかったし。みんな「何見せられてんだこれ」ってなってたと思います。

 ただ、例えば今回の件のように炎上の勢いで人気をブーストしたり、ファンの感情を恣意的に揺さぶったり、リテラシーの低い人間を手篭めにする能力は本当に異様だと思う。まぎれもなく天才。

 普通、人気が伸び悩んで、たしかに再スタート切ったり別の方法を講じた方がいいような状況に陥っても、そう簡単に現状を見限ったりできないんですよ人間は。

 ただぼくりりくんはそういう行動力が異常に高い。人間感情ないんか?ってぐらい、見切り発車気味に判断して行動に出てる。イカれです。生き方として普通に危ない。

 カリスマは、イカれてる奴にしか宿らない。彼はまぎれもなく天才だしカリスマ。思ってもないことガンガン言えるのも、アホなファン転がして遊ぶ悪辣さも、行動の異様なスピード感も、全て旗手の素質。

 大学とか大変だと思いますけども、落ち着いたらでいいから思う分野でこれからも暴れてください。ほら出資めちゃくちゃ集められそうだし、起業家とかいいかも。
本当に応援してます。

 

2019/01/29 ぼくのりりっくのぼうよみ、葬式に捧ぐ。

Copyright © 2019 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

これから聴きはじめれば間違いなし洋楽ロック5選 2019

最近の洋楽のバンドが聴かれなさすぎる。是非聴き始めてほしい洋楽ロックバンド5選 Part1はこちら

 みんな邦楽か洋楽を聴いても昔のばっかりで誰も最近の洋楽バンドを聴いてないので、取っ掛かりになるような良いバンドを紹介する!という記事を前に書いたんだけど、割と好評だったので第2弾を。

 去年サマソニに行ったんだけど、マジでガラガラで今ってホントにみんな洋楽聞いてないってのを痛感しました。

 確かに遠目から見ると最近の洋楽はヒップホップ一辺倒だし、マジでバンドがいないので探す気も起きない気持ちは凄くわかる。それでも世界は広いので、毎年ちゃんと良いバンドが出てきてるし、どのバンドも着実に進化してる。

 邦楽ばっかり聴くのも別に否定はしないけど、音楽が好きなら今の洋楽バンドを全パスするのはマジでもったいないと思う。

 ということで、今回もみなさまの取っ掛かりになるような良いバンドをチョイスしましたので是非聞いていってもらえればと思います。

FEVER 333


FEVER 333 – WE’RE COMING IN

 2017年に結成されたアメリカの3人組ロックバンド。メンバーそれぞれがハードコア界隈では名の通ったバンドの出身。去年フジロックに来たときも話題になりましたね。

 音楽性はいわゆるラップコア。そういう風に言われると別段新しいわけでもなく、むしろ手垢がつきまくっているような印象だが、聴いてみると一気に印象が変わる。

 再生ボタンを押したその先は、衝撃的な熱量。スピーカー越しとは思えないような迫力。iPhoneが凶器に変わる。Youtubeの画面越しで事件の当事者になれる。中学生の頃初めてレイジ・アゲインストザ・マシーン聴いた時のよう。

 ロックという音楽で出来ることなんて、もうとっくの昔に出尽くしてしまったと思っていたが、そんなのは僕の勘違いだったと思い知らせてくれた。

 ちなみに上の曲は、一曲通して”ファ”の音しかの一音しか登場しない。小学生のリコーダーの教科書の1曲目に採用したいほどのシンプルさ。スタンスがロック。こういうの大好き。

 あと個人的に好感度が高いのは、メタル臭が少ないところ。最近はラップ+ロックだとほぼ全部メタルっぽいというかラウドっぽいというか。でもレイジを聴いて育った俺達には、こういう音楽が必要なんだよな。

&nbsp

twenty one pilots


twenty one pilots – Stressed Out

 ラップ+ロックはメタル系しかいなくなったと書いた直後に紹介するのもアレだけど、こちらも最近では珍しい非メタル系のラップロックバンド。ワンオクとかパニック・アット・ザ・ディスコ、フォール・アウト・ボーイなどが所属するエモ界の重鎮レーベルFueled by ramenの変わり種、といった感じの立ち位置。売れまくってるのでもう変わり種でもなくなった感じはするけど。

 全体的にちょっと緩めで、ちょっと捻くれた感じなポップさがツボの音楽だと思うけど、個人的にはドラムが凄いいい仕事をしてるなと思う。楽曲の構成をみるとバンド音楽というよりも、わりと結構ヒップホップよりな作りをしているけど、ドラムの緩急で緊張感が生まれてちゃんとバンド音楽になってるんだよな。ジョシュ・ダンはここ数年のベストドラマー。

 ビップホップやエモ系が好きな人はもちろん、個人的にはバンドマンに聴いてほしいバンド。2010年代以降のビート表現の手法を学ぶにはちょうどいいバンドだと思う。

&nbsp

Pale Waves


Pale Waves – Television Romance

 エヴァネッセンスじゃないよ。大丈夫。

 10世代の代表格的なバンドthe 1975も所属しているレーベル、Dirty Hitの4人組。見た目と音楽のギャップが凄い。ちなみにあの格好はThe Cureが元ネタっぽい。因みに音楽も結構The Cure。やっぱりルーツがしっかりしてるバンドは強いなと思う。

 レーベルメイトが売れすぎているせいで、どこで紹介されててもthe 1975~というくだりがあるし、僕も紹介にthe 1975と書いてしまったけど、1975フォロワーみたいな聴き方ではもったいないくらいくらいカッコいい。

 この流れだと日本でも近いうちこういうサウンドのバンドがチラホラ現れるんじゃないかと思う。そういう意味でも要チェックなバンドだと思います。

&nbsp

Portugal. The Man


Portugal. The Man – Feel It Still

 上に貼った曲だけ聴くとポップなメロディに、オーガニックな質感のバンドサウンドがよく合う今どきのオシャレミュージックだと思うだろうが、その正体はひねくれにひねくれたサイケデリックロック。ジャンキーのための音楽だ。リード曲とそうでない曲の差が激しいタイプのバンド。

 サマソニでライブを見たが、最後まで一言も喋らなかったり、メンバーに一切照明を当てなかったり、ずっと後ろで意味不明な動画を流し続けたり、音楽は結構ハードな感じだったりと、Feel it stillだけ聴いて見に来た客をおちょくってるかのようなライブ、というか完全におちょくっていて最高だった。

 これを聴いて良いなと思った人は是非アルバムごと聴いてほしい。アルバムは結構サイケだけど、メロはポップなので割と聴けると思う。そんで3回くらい聞いたら病みつきになる。みんなもこちらの世界に来て欲しい。

 ちなみにバンド名はポルトガルザマンだけど、全然ポルトガルは関係ない。アメリカのアラスカ出身。この辺も意味不明で好き。

&nbsp

Temples


Temples – Shelter Song

 男ばっかりの4人組、細身のルックス、モジャモジャの髪、ザラついたサウンド、もちろんベースはピック弾き。そう、まごうことなきイギリスのバンド。聴くイギリス。イギリスを蒸留して作ったテキーラをサイケで割ったような酒。それがTemples。バンドが流行らないこのご時世だからこそ、こういうの聴きたくなるよな。

 2014年に出した1stの出来がとても良かったんだけど、こういうタイプのバンドって音楽の志が高すぎて2枚目からはポップさがほとんど無くなってとっつき辛いのが出たりすることが多くて。Kula shakerとかさ。Templesもそういう風になるんじゃないかと心配してたんだけど、大丈夫でした。2ndもそこそこにポップで初めての人にもちゃんと勧められる出来。

UK好きやサイケ好きのみなさんのプレイリストに加えてもらえればと思います。

&nbsp

洋楽はスポッティファイとかアップルミュージックで聴けて良いよな

 いかがだったでしょうか。ベタ過ぎるのよりはちょっと面白いのをと思ってたら、アクの強いバンドばっかりになっちゃって、ここから聴き始めると道を踏み外しそう感じになったけど。

 何かピンとくるバンドがいたら、是非ここから色々手を伸ばしていってもらえればなと思います。洋楽だとスポッティファイとかアップルミュージックで大体聴けるし。関連アーティストとかで掘っていくと幸せになれるんじゃないでしょうか。

 ということで今回はこのあたりで。

Copyright © 2019 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

この期に及んでまだバンドを聴いてるヤツは"時速36km"みたいな音楽を待っていたんじゃないか

 こんにちは、この間一緒に飲んでたネイリストのギャルに「最近バンドは何が流行ってんの?」と訊かれたので適当にいくつか聴かせたら「イケボじゃないからムリーそれよりマツエクしたから見てー笑」と言われたのでその場でマツ毛もぎ捨ててやりました。バンド音楽のCD取り扱っております。石左と申します宜しくお願い致します。

 とはいえバンドは時代錯誤なんだろうと思うフシもあって、たとえば海外じゃヒップホップが完全に主流になりつつあるし、国内でも「好きなバンドは?」と訊くと高確率で「米津さん!」と言われる始末。米津さんはバンドじゃなくて、成人男性個人だろうが。なんだその取引先みてえな距離感は。

 もう一般の方が知ってるバンドなんていうのはRADWIMPS、クリープハイプ、ゲスの極み乙女。がギリなんじゃないでしょうか。WANIMAなんかバンドじゃなくてバイク屋かなんかだと思われてるんじゃ。

 だのにこの逆風の中いまだにバンドに固執してる人たちなんてのはかなり稀な存在で、特にインディーズバンド聴いてる奴なんていうのは奇特も奇特。自分の事客観視するのは難しいと思いますんで別のジャンルで例えると、腐女子の中でもピプマイとか刀剣乱舞とかじゃなくてこの2019年にD.Graymanの夢小説書いてる腐女子ぐらい奇特。わかったか、自分がいかにヤバい状態か。このサイトなんて魔法のiらんどみたいなもんだからな。インディーズバンドの派閥で喧嘩してんのなんて、ラビ神田のカプもっと増えないかな…って言いながら神田ラビのカプ書いてる腐女子叩いてる腐女子とさして変わらんからな。

 でも、俺はそうってだけでみなさんに当てはまるかはわからないんですけど、俺はどうしても電子音とかアイドルの顔面とかでテンション上がらないんですよね。同じ大音量で音楽聴いても、クラブで爆アゲみたいなことなったことないし。性癖でしょうねこれはもう。性的なことって「なんでこんなんで興奮すんの?」って言われても説明できないし。

 そんな俺の性癖に直撃のバンドが出てきたんですけど、どうですかねこれ。ジャン!

 

 時速36kmです。通称”時速”。こいつら最近やっと自動車免許取ったばっかりの癖にとんでもない名前つけやがる。しかも別にそんなに速くないし。Uber Eatsぐらいのスピード。名古屋のババアの原付の方が速え。

 売れるバンドも、売れないバンドも、結局のところカタにハマりがちで、そのハマったカタが売れるカタだったりそうでなかったりっていう違いだけってケースがバンドには非常に多い。

 例えば、女目線の不道徳なラブソングを、それらしい髪の長さの線の細いボーカルが歌ったらば、クリープハイプが耕したファン層に一定の支持は得るだろうし、最近めちゃくちゃに多い(月1で新種が報告される)のはマイヘアから才能と心意気をゴッソリそぎ落としたようなバンドだけれど、どれもこれもある程度人気が出ている。

 けどそんなんは本当につまんなくて、正規品のクロックス変えないヤツにドンキホーテが偽物売ってるような「そりゃまあ、買う奴いるよな」っていう商売。音楽じゃなくて商売。

 クロックスでたまたま例えたけど、よく考えてみてください。クロックスってすごくないかと。あれって俺たちが小学生の時存在しなかったじゃん。

 なんかの模倣じゃなくて「サンダルって親指の付け根痛くなるから、もっと覆いかぶせる形のサンダル作ったら便利じゃない?」っていう着想から作られたわけで、俺はクロックスを売ったことがないからわかんないけど、今みたいに世間に浸透するまでめちゃめちゃ苦労したと思いますよ。馴染みのない形してるし、俺も初めて見た時「あひるのくちばしみたい」とか思ったし。

 そいつをここまで世に広めて、偽物が出回るぐらいに一般化させたのってマジですごくないかと。プロジェクトXとかでやってほしい。ていうかプロジェクトXはだいたいそういう話だからみんな見て是非。

 

 時速36kmはそういうバンド。俺が好きなのはそういう。好きだし、応援したい。

 こういうの、なかったよな。っていう、良くも悪くもカタにはめられないヤツ。一言で片付かないバンド。

 ラブソング全盛の現代に、人生不満の歌詞をギチギチに詰め込んで正攻法で行くバンド久しくいなかった。

 何かに似てるバンドとか、もうすでに界隈(?)があるような音楽って本当キャリア序盤楽なんですよ。そこに飛び込んで仲良くしておけばある程度人気が出るから。

 ただこういうバンドはマジで苦労する。たぶん今までもこういうバンドは他にいたのかもしれないけどその最初の苦労が大きすぎて消えていったんじゃないかと。

 このコンセプトってBUMP OF CHICKEN以来で、正統派すぎて20年近く忌避され続けてきた。それがついに、という感じ。

 だからといって初期BUMPそのままというわけでもなく、20年の間に正統派も形を変えたみたいで、音楽性的にはバンド音楽の20年ゆっくりやってきた進歩が詰め込まれている。ギターのサウンドから編曲まで、今を生きるバンドっていう音している。

 が、なんというか、精神性が少年的というか、良い意味で大人びてないスレてない暗さで、聴く人間からのウケも狙ってない、そういう無鉄砲な危うさが良い。ああバンドってそういえば、陰キャなんて言葉がなかった時代から日陰者の為の音楽だったよなって思い出すようなバンドをやっている。冴えない学生が手に取れる音楽がやってきたなと。俺はずっとこういうの待ってたし、これからも待ってるし、こういうのが聴きたくてアレでもないコレでもないとバンドを聴いたりしている。そういう人に、是非聴いてほしい。

 

 一年前の録音。音が悪い。

 ただ、この半年や一年で露骨に音像もパフォーマンスもしっかり上げてきている。努力と苦労と成長が見える。

 作詞作曲者が二人いる珍しい編成だけれど、それが良い方向に働いてて成長速度2倍でメキメキ実力をつけている。

 バンド性と名前のとっつきづらさでまあまあ損してると思うんですけど、それを覆して着々と人気が出てきてて、都内、特に下北沢じゃモリモリ人を呼ぶし、今年は全国行ったるぞ!という勢い。時速 SUP ROKI CRYAMYという感じでホーム箱Daisy Barじゃお馴染みの並びになりつつある。バンドは目を離すとすぐに売れる。時速はもうここからが早いと思う。みるみる売れるからホント今のうち今年のうちである。知らんぞマジで。

 馬券なら間違いなく買いのバンド。バンドばっかり聴いてる、冴えないあなたに是非。

 それでは。

Copyright © 2019 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

で、バズリズム2019はともかくとして、2018年度のランキングは当たっていたのか?

 バンド業界ってのは音楽業界で言えば本当にちっちゃい井戸みたいなもんであって、滅多にテレビメディアなんかに露出することがない。井の中の蛙大海を知らずと言うが、海に行こうにも手段がないのだ。

 言うなれば、差別階級みたいなものだ。テレビ様なんかはもうジャニーズ様とかKPOP様たちの占有物で、俺らみたいな下々の者が足を踏み入れていい場所じゃないのだ。

 だから昨年末の紅白歌合戦でのSuchmosの

「臭くて汚ねえライブハウスから来ました!」

 って啖呵はマジで皮肉が効いてて最高。あの後色々言われたみたいだけど俺はスゲーかっこいいと思いました。

 

バンドはテレビにマジで出たい

 そんなテレビの出演枠、それこそ冠番組を持ってるジャニーズ事務所とかAKB48、LDHのみなさんからすれば当然の舞台なんだろうけど、音楽の零細企業であるバンド稼業の人間からすれば喉から全身が出るぐらい欲しい。たかだか30秒や1分の出演で人生が、生涯所得が、10倍以上変わることだってある。大げさでなく、本当の話です。

 思い当たる実例で言うと

 

 リーガルリリーなんかは関ジャムという番組に出演した途端に、紹介された楽曲(この曲)の再生数が爆発的に回り出し、当時はYouTubeって再生数の伸びグラフが見れたんだけれどその折れ線グラフは津波みたいな形になって、ワンマンライブの会場は2ランク上がり、2年が経過しようとしている今でもグングンと勢いを伸ばしている。

 こういう言い方をすると「テレビパワーだけで売れたバンド」みたいに聴こえちゃうけど、そんなことはなく元々インディーズではかなり人気のあったバンドだし、テレビに出ても売れないバンドはたくさんいるわけで、まぎれもなく彼女たちの力で売れたんだけれど、もし関ジャムに出演していなかったら、今のようじゃ状況じゃなかったのも事実だ。そのぐらいテレビには未だに力がある。

バズリズム2019

 そんなわけで、先日放送されたバズリズムのような番組は、バンド業界においてはお祭り騒ぎの一大事であり、事実バンド側も、ファン側も、SNS上じゃ大騒ぎだった。江戸の農村にジャスコができたぐらいの騒ぎ。出てないバンドまでバズリズムで大喜利していた。オイそういうところだぞ!!

 なんだけど、俺はこのランキングに毎年なんかちょっと懐疑的で「金の匂いが、するぜ!」というのと「何を基準にしてるのか、まったくわからないぜ!」と、個人的にはめちゃめちゃいびつなランキングだと思う。

 そりゃテレビのランキングだから金が絡むのは当たり前だけどそれにしてもパワープレイすぎませんか!?っていうバンドがまあまあいるし、もうすでに売れてるバンドと全く名前を聞かないバンドが隣り合ってるのもわからん。というか、セールスの伸び率なのか、トップセラーランキングなのか、わからん。バンドじゃない人もまあまあいるのに歌い手とかは含まれないし、マジでわからん。

 

 いいんですよ別に、好きにやってくれて、ランキングなんかね。「主観ッス!」って言われたらおしまいだもん。未来をピタリと言い当てることもできないしね。1位のバンドが明日全員死ぬかもしれないし。

 ただ、このバンドというちっちゃい村に、やっとできたジャスコですよ。村人みんなが有難がって神棚に飾るようなランキングなわけで、これがさ、ムチャクチャなのは、いくらなんでも村民が可哀想だろと、オイ聞いてるかバカリズム、怒ってるぞ俺は。貴様の頭、持つとしたら、こうだ。(髪を掴み生首を切るジェスチャー)

 

というわけで2018年のランキングを精査したい

 今年のランキングがどうなるかはあと360日ぐらいわからないままなので、去年のランキングの答え合わせをしようかなと。

 
そんなわけで*去年のヤツ

 くじ引きで決めた?

 ヤベーランキングでてきたぜオイ。モンドセレクション以下。6位のBiSH!高度なギャグ。民放にしても攻めすぎだぜ!!

 

 全部洗うと、クソ長き記事になるので気になった部分だけ。いや本当は全部気になるんだけど。かすってる部分あるこれ?

 

1位 CHAI

 やっとる。SONY MUSICが日テレを札束で愛撫してる音が聞こえるぜ!!

 これはもう去年の時点は俺はもう、もう!文句がもうすごかったんですけど。いくら業界の後押しが強くたって、こんな一筋縄ではいかぬ音楽性のバンドが一朝一夕で売れるわけがない。事実、プッシュの割にはセールスには直結していない。少なくとも1位の伸び方ではない。今年のランキングのどこにもいないのも、ヤバい。

 見た目に反して実力派の実直なバンドなので、もっとジワジワ長い時間をかけてしっかり人気が出ていくバンドだと個人的には思います。もっと大切に扱われて欲しい。

 

9位 Saucy Dog

 個人的に1位は、Saucy Dogかなと。

 MASH A&Rで優勝し、そのままの勢いで突入した2018年。もちろん元々期待されていたバンドだったけれどそれにしても去年一年の躍進は異様の一言。業界のパワーみたいなものもなく、順当に、爆発的に売れた。

 今流行りの中性的な声質とか、直接表現の少ない歌詞性とか、確かに売れる要素の詰まったバンドだったけれど、筆頭曲がバラードにもかかわらずこの伸び方はちょっと誰も予想していなかった。ちょっと違うけど、聴かせるラブソングメーカーと考えれば次期Back Number筆頭。2019年はドラマのタイアップでもキメてさらに大ジャンプカマすんじゃないでしょうか。

 

13位 おいしくるメロンパン

 おいしくるメロンパンもトビ方がえげつなかった。

 サウシーと同じくコンテスト出身だが、彼らとはまた別の層に火が付いて人気を加速させた印象。

 俺が聴くとデパートの女性下着コーナーにいるような居心地の悪さを感じるぐらい音楽がマジでメス。メスミュージック。聴いてるとホルモンバランス崩れそう。

 業界の評価よりも、ファンからの支持を着実に集めて売れたバンド。13位という位置づけもそういう所から来てそう。2018年1月時点ではTOP3には確実に入る勢いだったと思いますし。そういう意味でもこのランキングはいびつだなと。

 

16位 coldrain

 スタッフに5年前からタイムスリップしてきた奴がいるなこれ。

 なぜ今?というのが率直な感想。既に売れとる。俺が数1Aとかやってた時から売れとる。絶対本人たちも困惑しとる。武道館公演おめでとうございました。

 

17位 Lenny code fiction

 誰?

 日本人に黒人の方の顔が見分けがつかないように、バンドにあまり普段触れない生活をなさってるみなさんからすると、同じくバンドに見えますでしょうが、マジで浮いてる。BiSHより遠い。ジャクソン5の中に一人だけケニア人いる感じ。おわかりいただけますでしょうか。

 これが入るなら歌い手もKPOPもYouTuberも入れていいし、ていうかBiSHいるならアイドルもアリになる。どちらかというとアニソン歌手としての側面が強く、メジャーレーベル主導の、前で言えばフランプールとかああいう区分のバンドだ。イケメン連れてきてタイアップでゴリゴリに売るタイプのバンド。

 売り出した時期的におあつらえ向きだったのはわかるが、こういう毛色の違う所に引っ張り出してくるのは彼らにも他のバンドにもメリットがないはず。なぜ?という

 

まとめ

 最後に、感じた違和感で大まかに区分してみた。

・毛色が違いすぎる
 BiSH ReN Lenny code fiction 日食なつこ

・玄人好みすぎる
 CHAI ドミコ 2 MONO NO AWARE Tempalay 愛はズボーン

・今年バズる!というバンドじゃない(既に売れてたり、横ばいだったり)
 Ivy to fraudulent game フレンズ coldrain サイダーガール

・ランキング位置よりも売れた
 ハルカミライ Hump Back Saucy Dog おいしくるメロンパン King Gnu SUNNY CAR WASH

 他は順当に、着実に売れて言っているか、失礼なので名前は挙げないが全く去年は反響がなかった。

 ハルカミライ SIX LOUGE Hump Backのナインスアポロ勢強かったですね去年。たぶん今年も強い。特にハルカミライがヤバそう。所属バンドも増えているし勢い止まらないんじゃないかと。

 露骨に何かしらの力でランキングに捻じ込まれてるバンドは、やっぱりあんまり反響がなかったみたいだし、それだったらばもっと他の有力なバンドを出してあげてほしいなと思います俺は。

 邦楽のファンはけっこう楽しみにしているランキングなので、視聴者の為にも。

 2019年のランキングも、ええ… という感じですが、今回はこの辺で。

 それでは~。

Copyright © 2019 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

音楽業界に就職したい人を全力で諦めさせる記事

「このバンドの記事書いてください」とか「俺の曲を聴け」だとか「この曲パクりじゃないすか?」とか、当サイトのメールボックスにはちょくちょく読者のみなさんからのおたよりが届くのだが、中でも多いのがこういうの。

こんばんは。将来音楽関係のレーベルとかレコード会社とかで働きたいという夢があるんですがやっぱり大学は東京近辺じゃないと厳しいですか?もし働けたとしてロックというジャンルに関わりたいと思ったらやっぱりインディーズレーベルなどの小さい会社に行くべきでしょうか?

僕は今大学三年生で来年就活が始まります。
音楽にちょっとでも関わる仕事をしたいと思っているのですがどんな仕事がありますか?また、どうやったら音楽に関わる仕事に就けますか?

音楽が好きで、将来は音楽に関わる仕事をしたくて、思いついたのがライターでしたが、音楽ライターは石左さんの記事を読んで辞めようと思いました。そうなると、音楽に関わりたければレーベルスタッフか自らがバンドマンになるしかないのでしょうか?

 要約すると「音楽が好き…よし!じゃあ音楽業界に就職してサポートする側に回るぞ!でもどうすればいいかわからん!」という感じだろうか。大変甘っちょろくてよろしい!俺がヤフー知恵袋じゃなくてよかったなお前ら!

 結論から申しますと、ホントに音楽業界に就職するのはお勧めしない。食べるの大好きなデブが食肉加工工場で働くのが好きとは限らんのと同じで、音楽が好きでもそれを仕事にするのが向いてるかどうかはまた別の話。

 そもそも動機がズレてんですよ。それこそよくいる意識高い系みたいな感じで。アイツら壊れたファービーみたいに事あるごとに起業したい起業したい!っていうけど、大体そういうヤツが上手くいかないのは手段と目的が入れ替わってからなわけで。どういうことか?説明しましょう。

 本来ならば「何か人の役に立つものを思いついた」とか「こういう仕事がしたいけど、そういう会社がない」みたいな感じの目的が先にあって、それの手段として起業があるわけなんだけど、アイツらの場合は「起業したい」ってのが先にきちゃってるせいで具体性が全くないから、実態がないセミナーみたいなののカモにされたり誰にも需要がないウェブサービスを作っちゃったりするんだよな。誰でもいいからカレシ欲しいって言ってる女子大生と何も変わらん。好きな男がいるから付き合いたい!ならわかるがテメー誰でもいいから付き合いたいなんて失礼なやつと誰が付き合いたいって言うんだ。クリスマスが来るからって焦って付き合ったカップルが長続きするはずがない。落ち着いて考えてみればそんなの上手くいくはずがないのはすぐにわかるはず。

 音楽が好きだから音楽業界に就職したいっていうのは、つまりそういうことなワケです。ただ音楽が好きだから音楽に関わりたいってだけでなんの具体性もないまま就職すると痛い目にあうぞ、という話でございます。少しでも音楽に関わりたいならそのままファンを続けるのが一番。マジで悪いこと言わねえからやめとけ。何も考えずにツッコんで失敗したヤツをクソほど見た。

 日本は相変わらず新卒至上主義から変わってないし、一度しかない新卒カードで大穴に賭ける前にもう一度よく考えて欲しい。

 あとついでに書いとくけど、音楽業界は当然のように給料は安いし安定性も全然ないし、深夜3時に余裕でメール帰ってくるし、生活リズムも休みも全部クチャクチャ。土日休みの友達と遊ぶどころか自分の時間すら確保できるか怪しい。普通に結婚して家庭持ってなんてのもかなりハードルが高いだろう。離職率もハンパじゃないしな。知り合った人の半分は1年以内に「退職のご挨拶」って件名のメールを送ってくる。

 そんでもって将来性も絶望的だ。市場規模だけみても2007年に3,911億円あった市場が2016年には2,457億まで落ちてる。10年で40%オフ。値の下がり方がPCパーツのそれ。しかもこの中にAKBの握手券商法とか混じってるって考えると実態はさらに絶望的。ここから良くなる兆しも全くないしな。書いてて悲しくなってきた。

 とまあここで記事を終わらせてもいいんだけど、このくらいのどっかで聞いたことあるような正論じゃまだ諦めてくれてないと思うので、今回はみなさんの意志を徹底的に粉砕するまで記事を続けたいと思います。

興味のない音楽ばかり扱うと心が死ぬぞ

 突然だが、音楽系のニュースサイト、ナタリーでもロッキンオンでもバークスでもなんでもいいけど開いてみて欲しい。記事を開いて読んでみたいと思った見出しが幾つあっただろうか。大体の人は一つも無いかあっても一つか二つ、多い人でも3~4割が限度じゃないかと思う。

 ここでニュースサイトを開いてもらったのは「お前の音楽の守備範囲は狭いからやめとけ」ということを言いたかったからではない。まあホントに何一つ興味のあるのが見つからない場合は止めた方が良いと思うけど。

 話がズレたが、わざわざニュースを見てもらったのは、音楽業界で働くってことはつまり今しがたニュースサイトを開いて見た、興味のない方の見出し、そっちの方も相手しないといけないぞ、ということを言いたかったのだ。

 これが食べ物の話だったら、苦手な料理でも我慢して食えってなだけで済むが、音楽の場合は残念ながらそういうわけにもいかない。食べ物なら口で咀嚼して胃で消化するだけだが、音楽は耳で聞いて脳の感情的な部分で消化する娯楽なので、ホントに相いれないものは相いれない。ガンジーとかナイチンゲールみたいな偉人でも無理。特になんの訓練も受けていない地下アイドルの歌を4時間聞かせ続けられて笑顔でいられますか?全ての人間は平等に愛せない。でも仕事にするとそれをやらないといけない。一切興味のないものなら心を無にすればいいが、下手に好きなものほど心にくる。お覚悟を。

 

 そしてただでさえ厄介なこの問題がさらに厄介なのは、世代がズレるとさらにキビしくなるところ。

 若いうちはまだ良いのだ。世に送り出される音楽の大半は若い人向けに作られてるから。興味のない音楽だろうと多少良いなって思える部分もあるだろうし、自分の大好きな音楽だって巡ってくる。悲惨なのは年を取った後。

 これはもう自分次第だけど、上手いこと自分の好みを時代に合わせてアップデートできないと、毎日が逆懐メロ状態になる。俺達からしてみれば毎日演歌か昭和歌謡を聴かされているような感じなんだろう。興味のない音楽に囲まれて過ごす地獄。でもそういうオジサンが結構な割合でいる。

 僕がたまに行くライブハウスの店長とかも完全にそれで、見た目から察するに80年代あたりのバンドブームらへんでライブハウスを始めたんだろうけど、時代の流れについていけてないのか、どんな良いバンドがやっててもどんなクソなバンドがやっててもずっとポカーンとした顔で見ている。多分、音楽性も価値観もファッションも全部理解できないのだろう。なんか見てるこっちがツラくなってくる。でも今更別の仕事を始められないだろうし、多分彼は明日も明後日も1年後も10年後も、ずっとポカーンとしてるのだろう。彼は彼で本当に音楽が好きなのに、悲劇だ。

 もちろん上手く自分をアップデートできるオジサンもいる。下手な若者よりも若者に詳しかったりする。でもそれに失敗すると良くてドロップアウト、悪いと興味のない音楽を聴かされ続ける生き地獄が待っている。

 あなたは上手くやっていける自信があるだろうか。

 

とりあえずバイトしてみると良いと思う

 とまあネガティブなことばかり書いてしまったが、少しは建設的なことを。

 ここまで読んでもそれでも音楽業界で働きたいって人、まだいると思う。というかそれくらいの気概がないと絶対に無理だと思うけど。

 そういう人はライブハウスなりCD店なりレーベルの雑用なり、なんでもいいけど一度音楽系のバイトをしてみることを強くお勧めする。

 僕がここで「この仕事はこうで、この仕事はこうでこうだからおススメできない」とかいうことを書くこともできるんだが、それは僕の主観でしかないわけで、僕は営業マンの仕事なんてバカかサイコパスにしか務まらんと思ってるが、それが天職な人もいるわけで、つまり人に聞いた話は本当に役に立たんということ。

 だから自分の目で実際に見てどんな仕事の種類あってどんなことをしているとかを勉強できるバイトを一度やってみると良いと思う。音楽業界のクソなところも良いところも体感できるし、自分に向いているか向いてないかよくわかるだろう。動機ややりたいこともかなり具体的になるはず。

 貴重な時間をたった1000円程度で切り売りするわけだから、折角なら身になるものをしてほしいと思う。

 僕も学生時代ライブハウスでバイトして色々思い知ったクチで。先ほどの興味のない音楽のくだりも、その時こってり味わった話だ。

 ちなみにライブハウスの場合、興味のないジャンルの音楽とか意味わからんアイドルならまだマシで、僕がバイトしてたところは公演が埋まらないからか、プロレスとか開催したりしてて。一番最初は物珍しさでちょっと楽しかったけど、2回目以降は普通に興味ないしな。僕はその時の蛍光灯デスマッチとゴキブリデスマッチで飛び散った破片を掃除している時に心の何かが折れてバイトをやめました。

 ということで、みなさん心は折れましたでしょうか。

 それでも心は折れないし、具体的なビジョンがあるって人は是非音楽業界に入って頑張ってほしいなと思いますホントに。頭の固い時代遅れのオッサンとかが沢山いるだろうけど、それに負けずこの絶望的な音楽業界を楽しい方向に変えていってほしい。お願いします。

 では今回はこのあたりで。

Copyright © 2018 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

欧米で大人気!最強のオシャレBGM、Lo-fi Hip Hop

 タイトルがLo-fi Hip Hopだけじゃ誰も読んでくれなさそうなので欧米で大人気とつけました。本当に流行ってるので嘘ではないんだけど。

 


lofi hip hop radio – beats to relax/study to

 Lo-fi Hip Hopがどんな音楽かは、この動画を聴いてもらえればすぐわかると思う。超良くないすか?

 Lo-fiって聞くとガレージロックみたいなのを連想したり、ヒップホップって聞くともっとゴリゴリな感じかと思うかもしれないけど、Lo-fi Hip Hopっていうとこういうチルな感じのジャンルになります。曲の作りとかは全然違うけどエレクトロニカとか好きな人とかも結構ハマるんじゃないかと思う。

 ちなみに上のやつはユーチューブの生放送で、24時間似たようなのが流れっぱなしになってます。Lo-fi Hip Hopで検索すると似たような音楽チャンネルが沢山でてきます。まあどれ聴いてもそんなに違いはないっちゃないんだけど。

 で、この手の音楽が海外のオタク層を中心に割と流行っていて、上のラジオで常時一万人のリスナーがいたり、固定の動画で1千万回くらい再生数があったりする。いわゆる歌モノでもなければ売れ線って感じでもないのにめちゃくちゃ伸びてる。

 音楽的にハマる人はめちゃくちゃハマると思うし、主張が激しくない音楽なので作業BGMとして使っても非常に優秀だし、良い音楽だと思うんだけど、どうも日本での知名度がイマイチみたいなので今回記事にしました。

インターネット産まれヒップホップ育ち。メガネ掛けたヤツは大体友達


kudasai – the girl i haven’t met

 音楽に詳しい人か勘が鋭い人なら気づくと思うけど、このLo-fi Hip Hopというジャンル、名前にヒップホップとはついているものの、いわゆるヒップホップとはまた若干別の音楽だったりする。ロブスターとザリガニくらい違う。

 わかりやすいところで言えばメインの活動場所。ヒップホップといえばクラブだったりするけど、Lo-fi Hip Hopのメインはインターネット。サウンドクラウドとかユーチューブだったりが主戦場。その辺りも音楽性に反映されていて、パソコンの前とかで聞く前提で作られているから全く盛り上がらずにひたすらチルに徹底していたりとかする。良くも悪くもBGM的機能に特化したジャンルだ。

 あとルーツもヒップホップから来たというよりかはヴェイパーウェイブとかのインターネット音楽の流れから来ているらしい。アニメの画像が使われていたりするのはその辺りの流れを汲んでいるからだ。

 


Madlib – Slim’s Return

 こちらはジャズ系の音楽のサンプリングにビートを乗せて、という作りは共通してるけど別ジャンルで、ジャジーヒップホップと呼ばれるジャンルのもの。

 並べて聴いてみると結構違いがハッキリしていると思う。

 

 今まではミュージシャン→リスナーの一方通行だったが、この手のインターネット音楽ではリスナーがそのまま作り手だったり、レーベルに当たる部分もユーチューブチャンネル担っていたり、そういう面もとてもインターネット的で面白いと思う。

 


Laxcity – I failed my exams, came home to produce my feelings (Extended)

 最後に個人的に好きなのを。音楽性的にジャズのサンプリングって感じじゃないし完全なLo-fi Hip Hopムーブメントではない感じだと思うんだけど、とてもノスタルジックで好き。

 あとLo-fi Hip Hop良いじゃんと思った方は有名どころだけどNujabes辺りを聴き始めるとヒップホップの本流の方にも手をだしていけるようになると思う。

 では今回の記事はこのあたりで。

 


Nujabes – Flowers

Copyright © 2018 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

テラスハウスに出てほしいバンドマン選手権2018

 こんにちは!YOUと徳井義実の忌み子です。

 今冬もやってまいりました。テラスハウスに出てほしいバンドマン選手権!

 私、三度の飯よりテラスハウス。親の葬式をテラスハウスの放送の為に切り上げる。表札にはもちろんTERRACE HOUSE。そんな正真正銘のテラスハウサーでございまして、今回は是非テラスハウスのTEの字も知らないであろうみなさんにも、NETFLIXへ入会、そしてテラスハウスに入居していただこうと筆をとった次第です。

 

 そもそも、みなさんテラスハウスを誤解してはいませんでしょうか。

「意識高い男女が”アタシの恋愛観”をこれ見よがしに披露してくる自意識の塊みたいな番組なんでしょ?」
「モアナと伝説の海みたいな女と俳優の成りそこないが乳繰り合うやつでしょ?」
「メチャメチャオシャレな空間でマジでしょうもない喧嘩とかするのをドラマチックに切り取ってくるんでしょ?」

 お待ちください!!!まずはこの映像をば!!!

 

 寸分たがわずその通りでございます!!!

 みなさんのね、想像以上にね、テラスハウスはTERRACE HOUSE!数分見ただけでアレルギーで死にそうになるでしょう。全身、かきむしりたいでしょう!!

 ご安心ください。テラスハウスの最大の魅力はスタジオトークの時間にございます。

 

 一説によると皮膚炎を掻いてる時の快感指数は合成薬物のそれに匹敵するとかしないとか。

 かゆくなった精神をこのスタジオパートで山里良太、徳井義実の両名がかきむしってくれることでカタルシスを得る。というのがテラスハウスの真の楽しみ方。

 そうなってくるともう、出演者の真剣な眼差し、無意味な大自然のカットイン、どう見てもバカの自称実業家が親の金で立てたカフェテラスを居抜いた住居セット。全部が面白い。

 ただの、意識だけ高いあいのりじゃございません。わかっていただけましたでしょうか。

 

 さて、テラスハウスの魅力の一端が伝わったところで、本題に入りたいと思います。

 この度、ゲスの極み乙女。のベーシスト休日課長がTERRACE HOUSEに入居!ということで話題になっておりますが、これを機にバンドマンのみなさんにもバシバシテラスハウスの、山里良太の、毒牙にかかってほしいな!ということで、テラスハウスに出てほしいバンドマン選手権2018と題しまして、山里良太、徳井義実、YOUさんに挙動の一挙手一投足をいじられ尽くしてほしいバンドマンを厳選致しました。

 みなさんの推し(バンド)メンの入居を想像しながら是非参考までにお読みいただければと思います。それでは。

 

崎山蒼志

 裸足のままきてしまってほしい男グランプリ。

 年齢、ルックス、経歴、すべてがテラスハウスの為に用意されているんじゃないかと見まごう程に文句のつけようがないテラスハウスダービーぶっちぎり一位の人材。

 初登場時の掴みも、素足のまま海辺に現れ

「裸足のまま、来てしまったようだ…」

 の一言で完璧。

 テレビ出演、アルバムリリース、単独ツアー、と来たらもう、次はテラスハウス。テラスハウスしかない。

 テラスハウスでギターを披露して、”高学歴女子”みたいな奴に

「確かに、上手だけど、訴えかけるものがないね」

 みたいなこと言われて欲しい。そのあとスタジオで山ちゃんにボロクソに言われるところまでワンセットで見たい。

 

My Hair is Bad 山本大樹

 ここは椎木くんではなく、バヤさん。

 椎木くんの陰な良さはテラスハウス的ではないし、たぶん、普通に良い人になってしまう。

 それに、女が少しでも手を出そうとしようものならTwitterで「しいきともみ」アカウントにリプライ毎日送ってる狂信者がテラスハウスまで刃物持って押しかけかねない。

 その点バヤさん。テラスハウスにも通用する陽の波動を兼ね備えつつ、楽器演奏はもちろん料理スキルも完備。高身長イケメン、画面映えも良し。

 懸念点としては、バンドマン全体に言えることだけど酒を飲むと何が起こるかわからん。静かにワインを嗜みながら談笑、みたいな図が想像つかない。

 

WANIMA

 3人セットで出演して場をメチャクチャにしてほしい。テラスハウスじゃなくてバコバコバスツアーみたいになりそう。やってほしい。

 

ぼくのりりっくのぼうよみ

 竹田くんと一緒に出て欲しい。

 入居当初は普段の、アーティスト用の「ぼくのりりっくのぼうよみ」として出演して、礼儀正しく、聡明な若者像でやってほしいんだけど、徐々に本性を出して

リプ欄の説教ババア軍団うざすぎワロタ

— ぼくのりりっくのぼうよみ (@sigaisen2) 2018年9月27日

 歌手志望の女とかにぶちかましてほしいなと。

「ぼく」のココロ、軽井沢で是非取り戻していただきたい。

 

セントチヒロ・チッチ

 別に戦慄かなのでも、香椎かてぃでも、いいんですけど、アイドルやってる女性が動画で動いてるの好きなんですよ俺。自撮りと全然違うから。

 それはさておきセントチヒロ・チッチ、最近ギターを弾き始めたみたいでもうバンドマンってくくりでもいいかなと。

 リーガルリリーにバックバンドやらせて銀杏BOYZ歌ったり、これ見よがしにバンド聴いてます!アピールをしたり、サブカルバンドカルチャーみたいなところの客層をガンガン狙ってる感じで、WACKの経営は賢いゼ!!と唸るばかりなんですけれども、そうじゃなくて、こっちじゃなくて、バンドじゃなくて、TERRACE HOUSE!!テラスハウスという”陽”のフィールドに是非攻め込んでほしいなと。

 WACKでもZOCでもミスiDでも、誰でもいいので、是非ご自慢のカリスマ性という奴を、ノンフィクションの舞台で発揮していただければなと。

 

川谷絵音

 休日課長の参戦の一報を聞きつけた折にみなさん思ったはず

「そっちじゃなくてこっちを出せ」

 休日課長でも十分面白いんだけれど、俺たちが本当に見たいのはそれじゃなくて、絵音。

 連日ワイドショーで報道されて並の人間なら活動停止どころか心肺停止するレベルのストレスに晒されたのにも関わらず見事復帰、以前以上の活躍を見せる鬼メンタリティ。

 俺が今本当に見たいのは、絵音の恋愛。課長はいいよ、普通に幸せになってほしいマジで。

 

みんなは誰に入居してほしい!?

 さていかがだったでしょうか。みなさんにも入居してほしいバンドマンの1ダースや2ダース、いるとおもいます。

 ぜひ、思い思いの入居者を集めてスマブラみたいに闘わせましょう。想像で。

 それでは、よきテラスハウスを!

Copyright © 2018 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

なぜ映画ボヘミアンラプソディはQUEENを良く知らない人でも楽しめるのか

みなさんは何回見ましたか?僕はまだ3回しか見れてないです。

ボヘミアンラプソディの勢いが本当に凄い。ニュースによると興行収入が5億ドルを超したらしい。ピクサー映画規模である。この調子で伸び続けると5年後に千葉県に東京クイーンランドがオープンしてしまう。そういうレベルまで来た。

ホントにめちゃくちゃ良い映画なのでこの結果には異存は全くないんだけれど、冷静に考えて半世紀ほど前に結成されたバンドがこんなに話題になることのはヤバい。

そのころの日本ってまだ演歌で盛り上がってたような時代ですよ。それが定年ギリギリのビンテージ人間達の間で流行るならまだしも、若い子までヤベえヤベえ言ってる始末。僕の知り合いで一番ミーハーな女(好きな映画は「君の名は。」と「シンゴジラ」)が

「ボヘミアンラプソディ見てきた。マジ泣けたー」

とか言って自撮りをインスタにアップしていたくらいだ。映画見るまでフレディーマーキュリーの名前すら知らなかった彼女でも泣ける出来映え。日本中が髭面タンクトップズボンインのオッサン見て大盛り上がりしてるのマジでヤバい。

あとこの映画が凄いのは、クイーンをよく知らなくても楽しめるところ。普通に考えたら、クイーンを良く知らずにこの映画をみることなんて、シリーズ物の途中から見始めるようなものだと思うんだけど、ちゃんと楽しめるように出来てるんですよね。じゃなければこの大ヒットを説明できない。映画の評判というか口コミで良さが広まって、そんなにクイーンに詳しくない層まで広がったからこそのこの結果だと思う。

というわけで今回の記事では、なぜボヘミアンラプソディはQUEENを良く知らない人でも楽しめるのか、なぜ映画のラストシーンがあんなに泣けるのか、考えていきたいと思う。


Queen – Live at LIVE AID 1985/07/13

本題に入る前にまだ見てない人のために映画の内容にについて軽く説明を。

大丈夫です。ネタバレもクソもないタイプの映画なので多分大丈夫。

構成としては序盤でバンド結成の経緯、中盤でバンドの成功と段々孤立していくフレディーマーキュリーが描かれて、クライマックスは上に貼った動画の「ライブエイド」っていうイベントのシーンで終わります。まだ見てない人は映画館に行く前にライブエイドだけは見ておくと2倍楽しめます。どのみち映画見終わった後、自分で絶対に見るし。是非見てから映画館へ。

最高のコンディションでクイーンの音楽を聴くだけの映画

結論から言うと、この映画の正体は完璧なコンディションでクイーンの音楽を聴くものだと思う。

みなさんも音楽ファンなら身に覚えがあると思うが、音楽というヤツは聴くときのコンディションによって聴こえ方が全く違う。

ちょうど腹減ってるときに食べる料理はめちゃくちゃ美味いみたいな感じで、ずっと楽しみにしてたライブで聴く歌は、冷静に考えてみればCDで聴けるものとそう大差ないはずなのに、信じられないほど良く聞こえたりするし、落ち込んでるときに聴く音楽はなんかいつもより微妙に聴こえたり、逆になんかめちゃくちゃ沁みたりとか。

いつでも同じように聞こえるとしたら、BGMでウィーアーザチャンピオンが掛かるたびに俺は号泣するハメになる。とにかく、音楽と言うヤツはそういう性質がある。

つまりこの映画はクライマックスのライブエイド以前の一時間半を掛けてじっくりリスナーを温めて、温めて、最後にライブエイドをぶち込む、そういう映画だと思うのだ。普段聴く音楽はわざわざリスナー側のコンディションを整えたりしてくれることもないので、良く聴こえるかどうかは本人次第になるが、この映画の場合は強制的に音楽空腹状態になる。泣くに決まってる状態まで一時間半かけて”仕上げられる”のだ。

なんとういうか映画というよりかはライブに近いような。ライブエイドのシーンで涙が堪えられなくなるのはこれがあるからこそだと思うのだ。

そう思って映画を見てみると、もちろん映画の尺の都合もあるとは思うが、途中で挿入される歌は大体途中で切れたりしていて、じっくり聞きたいけど聴かせてくれないような、そういう箇所が多々あったりして上手いこと焦らしてくる。

クイーンをあまりよく知らない人にとっても、映画の中でバンドとフレディの生い立ちと曲のバックグラウンドをコッテリ説明してくれるので、ラストシーンがやってくるころには、もはや昔から知っているバンドのような感覚になるはず。

「ライブエイド」という万人が納得する最強のクライマックス

先ほどの話と若干似ているが、こっちも映画の最後のライブエイドについての話。

皆さんは「三幕構成」という言葉を聴いたことがあるだろうか? 映画とか小節、漫画などのストーリー展開に関する言葉で意味は「起承転結」とか「序破急」と大体一緒な感じ。

大体の場合、脚本は3つのセクションに分けることができて、そのまんまだけど、それぞれ第一幕、第二幕、第三幕と呼ばれている。それぞれのセクションには役割があって、第一幕では作品の舞台設定とか登場人物の紹介、第二幕では事件が起きたり巻き込まれたりとか、主人公に何かしらの困難が降りかかる。そして第三幕ではその問題が解決、スッキリして映画が終了といった具合だ。

コナンの映画でも中盤で事件発生したり何かしらのトラブルで蘭との関係がこじれたりするけど、クライマックスで犯人退治+なんかついでに他の問題も解決したり。他の映画でも大体そんな感じ。一部の前衛的な映画を除けば脚本の基本は問題発生とその解決になっているのだ。

で、映画の構成を説明してなにが言いたいかというと、映画の面白さって第二幕の問題発生、言い換えれば緊張状態が、クライマックスで解決、解放されることによって生まれるものだということ。押さえつけたバネが跳ね上がるような、Bメロでタメにタメてサビで解放するような、そういうイメージだ。その落差が大きいほど、映画の中に没入、感情移入してればしてるほど、強烈な印象を観客に与えることができる。

そういう面でボヘミアンラプソディを見てみると、この映画も多分に漏れずバッチリ三幕構成で出来ている。序盤でバンド結成して、中盤でフレディの葛藤やバンドの不和が描かれて、それが消化されるのがクライマックスのライブエイド、という構成だ。

ボヘミアンラプソディや他には映画「セッション」なんかもそうだが、映画のクライマックスが音楽で終わる映画、僕はこれを音楽エンドと呼んでいるのだが、この音楽エンドって一番最強の映画の終わりじゃないかと思うのだ。

理由は簡単、音楽は理屈じゃないから。音楽は感情にダイレクトに伝わってくるし、言葉や理屈で説明しないからこそ誰にでも伝わる。

逆に音楽エンドじゃないクライマックスってリスクがあるというか。例えば推理モノの映画だったとしたら、トリックがイマイチ理解できなかったり、トリックに納得いかなかったりしたらスッキリしないだろう。どんでん返しに映画だったら伏線をちゃんと見れていないと意味がわからないまま終わるし。とまあ他にも映画のクライマックスは色々なタイプがあるが、どうしても見る側は人間なので好みもあるし、相性もある。でもクライマックスで上手く観客の感情を誘導できないと、モヤモヤのまま映画が終わってしまう。

音楽エンドはハズすことの少ない、命中率の高いクライマックスだと思うのだ。

そういう意味では、ボヘミアンラプソディの映画の終わり方は最強だ。他のどんなエンディングよりも感情的かつ、観客全員が納得できる。確実に客の涙腺を破壊するたったひとつの冴えたやりかただ。映画のヒットの要因の一つだと思う。

余談だが、ディズニー映画に音楽エンドが多いのもこれが理由じゃないだろうかと思う。最近だとリメンバーミーとか。音楽エンドって命中率が高いので万人向けの映画にはうってつけの手法だと思うんだけど、考えてみればこの方法、ディズニー作品にも採用されている、ある種鉄板のエンディングなのかもしれない。

クイーンの音楽の良さ

ここまでは理屈でこの映画が良かったという話だったが、やっぱり最後はクイーンの音楽がキモだったなと思う。


Queen – We Are The Champions

先ほど「コンディションが良い状態で聴く音楽はめちゃくちゃ沁みる」という話と「音楽エンドの映画は最強」という話をしたが、ボヘミアンラプソディが最高の映画たりうるのは、その最高におぜん立てされた状態でぶち込まれるのが、世界最強のバンド、クイーンの音楽だということ。

しかもそのキャリアの中でも最も脂がのっていて、一番アツいライブの演奏。何千、何万人の熱狂にこたえられる器とパフォーマンスと実力。フレディの声の圧倒的説得力。名曲中の名曲たち。歌詞の1ライン1ラインにこもったそれぞれのアツい想い。こんなもん泣くに決まってる。思い入れがある古参ファンはもちろん、初めて聴いたって人も泣いちゃうに決まってる。この映画を見たら最後、泣くか、号泣するか、そのどちらか。

この映画のウリの一つはライブエイドの完全再現だが、こうやって考えてみると、やりたかったからやったというよりも、こうせざるを得なかったんじゃないかと思う。一つでもウソがあってはいけないというか、ライブの興奮を余すことなく観客に伝えるためにはこうしかないというか。ということで徹底的にこだわったんじゃないだろうか。

あとついでみたいな感じで失礼だが、主演のラミ・マレックをはじめとした俳優たちの演技も素晴らしかったと思う。割と平坦な構成になりがちな伝記映画というジャンルで、最後の最後まで観客の目をつかんで集中させる彼の演技。正直、見た後は俳優とかよりもクイーンとフレディ本人で頭がいっぱいになりがちだが、それができるのも彼の演技があったからではないかと思う。彼らがいたからこそボヘミアンラプソディは単なる映画じゃなくて”体験”になることができたと思う。

ボヘミアンラプソディは「音楽を鑑賞する時のコンディション」+「映画として完璧なクライマックス」+「クイーンの音楽」という強力な要素が3つ、ラストのライブエイドに集約された最強のクライマックスを持った映画、という話でした。こんだけ揃っていればクイーンをあまり知らない人でも一気にハマってしまうのは当然だと思う。この記事が

「話題らしいけど、QUEENよく知らないしなー」

と二の足を踏んでいた方の踏ん切りになれば幸いです。

それでは。

Copyright © 2018 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

RADWIMPSは、全然BUMP OF CHICKENじゃ、なーーーーい!!

 俺が耳鼻科医じゃなくてよかったなあ!!お前らァ。

 RADWIMPSとBUMP OF CHICKENも聴き分けられない鼓膜なんかミスiDの処女膜と同じなんだよ。わかるか?言ってる意味。そう、いらねえってことだよ今すぐ破れッ!!

 RADWIMPSがBUMP OF CHICKENに似てる問題(似てないが)は、もう十年以上前から言われている話で、RADWIMPSが出始めの頃なんか「BUMPの偽物」「藤原基央じゃない方のBUMP」「野田洋次郎 OF CHICKEN」ぐらいのこと言われてたもんで。特に当時中学生でBUMP大好きだった自分なんかは目の敵にして「あれはバンド好きじゃないヤツが聴く音楽だ!」と、聴きもしないのに嫌いだったんだけど、ある時好きな女の子がクラス会のカラオケで歌ってるのを聴いて、なんかこう、連絡取る口実が欲しかったから「そのバンドのCD貸してよ」つって借りて聴いてみたら一発で「なんだよ…イイジャン…」となりそれからRADWIMPSもBUMP OF CHICKENも大好きになりました。このエピソード、頭からケツまで全部ダサい。

 なんだけど、初めて聴いたときから「別にBUMP OF CHICKENに似てはなくない?」と思っていて。ここ最近まで「似てる」と思ったことが一度もなかったんですよね。

 なかったんですけど。

 

 最近MV出してた曲がニュースで流れてきて、何気なく聴いてみたら

「あ、似てるかも」

 と初めて思ったんですよ。

 いやBUMP OF CHICKENとRADWIMPSが似てるっていうか、藤原基央と野田洋次郎の歌い方がちょっと似てるところある、かもと。

 や、似てないんですよ。繰り返しますけど。BUMPとRADは。マジで似てない。なのに巷では

「BUMP OF CHICKENってあの、RADWIMPSっぽいやつでしょ?」

 ぐらいのこと言い出す奴まで現れて、そういうヤツに限ってセックスピストルズ聴きもしないでヴィヴィアンウェストウッドの財布とか使ってるからな。お前の人生全部そう!!ほんと、お前は全部そう。そんなんだからお前の兄ちゃん最終学歴が代々木アニメーション学院なんだよテメー。

歌しか聴かない勢の存在

 よく言われる話で、日本人は音楽をボーカル偏重で聴く傾向にあるなんて聞きますが、まさにその通りで、洋楽でも日本でヒットする曲ってサビがちゃんとあるボーカルの曲だし、EDMみたいな本来サビ(一番盛り上がる所、ドロップ)部分をインストに任す音楽ジャンルですら、Aviciiみたいな歌ありきの楽曲だったり、日本風にアレンジした歌アリEDMが人気だったりで、とにかく日本人は歌ばっかり聴く人が多いらしい。

「音楽?流れたら聴くよ!」

 ぐらいの、ふつーに音楽好きな人ほどそういう傾向が強くって、俺が勝手に唱えてる説だけど渋谷歩いてる女の92%はベースの音を聴き取れない。少なくとも、うちのかーちゃんは無理です。ちなみに下北沢だと71%ぐらいまで割合が下がります。

 これ本当に冗談でもギャグでもなくて、マジでみんな楽器聴いてないしベース本当に聴こえないらしい。いや聴こえちゃいるんだろうけど「どの音?」って言われる。ベーシストのみなさーん!!自殺なら中央線がオススメでーす!!(普段俺が乗らないので)

 そういう歌しか聴かない勢からすると、声が似てる=パクり らしい。ゲシュタポかよ。糾弾基準がガバガバすぎる。

 で、さっき確かに似てると思った!って言いはしましたけど、いや、そこまで似てるか?というのが正直な気持ちで

 

 特にキャリア序盤の曲なんかは藤原の、張ったストレートな歌い方に対して、野田洋次郎は結構吐息多めの柔らかい歌が多いし、キーも断然RADWIMPSの曲の方が高い。

 

声の”藤原基央度”

 良いボーカルって2種類あると俺は思ってて、クセがメチャメチャ強いボーカルと、普遍的で聴きやすい声のボーカル、この2タイプに分かれるんですけど、俺の中では。

 藤原基央の歌ってクセだらけで真似しても完全に再現する方が難しい声質してるんですよ。

 

 あんまり良い例じゃないけれど、この頃の藤原基央の藤原基央度を100としたとき、ここからどんどん基央度が上がり、涙のふるさとらへんで120藤原基央を突破。最近は落ち着いて85基央ぐらいの感じなんだけど、声から謎の波動というか、変な周波数が出てるんですよねこの人。

 例えばよくモノマネされる歌手、そうだな、ミスチル桜井とかなんか、すごい良い声してるんだけど声質自体は聴きやすい声で、歌う癖真似ると誰でもそこそこ似る。のだけどBUMP OF CHICKENは真似ようにもなかなか似ない。

 と考えた時に

 

 RADなんかはどっちかっていうと、声質はフラット気味で、低音だけちょっと似てるクセがあるけれど精々30藤原基央ぐらいしかない。全然藤原基央度低い。

 むしろ

 

 NOVELSとかの方がまだ似てる。それでも60基央ないけど。

 色んな特殊声質のボーカルがいるけれど、BUMP OF CHICKENの藤原基央は、その方面では他の追随を許さないクセの極東のようなボーカルで、野田洋次郎の声の良さは「BUMPっぽい」と言われるところよりは、BUMPよりも聴きやすくてデコボコのない端正な声にあるんじゃないかと。

 

声以外なんかもう、なに一つ似てない

 声だけにフォーカスを当てたけれど、ほかの部分なんか説明不要なぐらいなんにも似てない。マジで似てない。

 2バンドともキャリアの長いバンドだからいちいち説明するのは長いし割愛するけれど、どの時代のどのBUMP、RADを切り取っても、演奏面で似てることは一切ない。

 シンプルが故に、演奏面でBUMP OF CHICKENに似てるバンドはいっぱいいたんだけど、RADを真似て上手くいったバンドが1つもいない。本当に。というか、アルバムごとに「なに、それは」みたいな新しい編曲を持ってくるし。ほかのバンドが真似ようとした頃にはもう本人が「はい、じゃー次いっきまーす」的な感じで別のことやってる。そういうバンド。

 メロディの癖も全然違うし

 

 これはBUMPもだけど、別の歌手が歌っても「ああ、RADWIMPSだ」となる特徴的なメロディをしている。この曲聴いて「BUMPっぽい」と思わないでしょ。

 

 一番違うのは歌詞で、声の面で藤原基央がクセックセの歌手だとしたらば、野田洋次郎は歌詞がクセだらけ。

 BUMP OF CHICKENの曲ってご存知の通り結構ストレートで

「嫌なこともあるけど、前向きに頑張ろうぜ!」

 的な曲が多く(ド暗い曲もなくはないが)恋愛詞も少ないし、人情系の詞が多い。

 のに対して野田洋次郎はもう本当に、そういう記事がもうあるのでよかったらこれを読んでください。

 RADWIMPSの歌詞は恋愛でベロベロに酔っぱらった状態で書かれているからすごい

 

似てません

 わかっていただけましたでしょうか。

 それでもお分かりいただけない方にとっておきを用意しました。

 

 似てるってのはこういうことです。反省してください。

 それでは。

Copyright © 2018 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

俺たちにとっての本当のBTS防弾少年団、挫・人間

 webザコのみなさん、こんにちは。今日もプロフィール、スラッシュ(これ→/)で区切ってますか!?

 最近はなんか、BTS防弾少年団のナニガシが原爆をモチーフにしたTシャツがどうこうで各陣営なにやらアツくなっておりますが、キムチとメイプルストーリーぐらいでしか韓国とかかわりを持たない俺たちのようなインターネットゼロ年代の人間には全く関心ごとにならないというか。でもそれはマズいなと思ってちょっと調べてみたんですけど

「방탄소년단(読み:バンタンソニョンダン、日本語訳:防弾少年団)」というグループ名は、「10代・20代に向けられる社会的偏見や抑圧を防ぎ、自分たちの音楽を守り抜く」という意味が込められている

 はぁ~~~~(ハルヒが無茶言い出したときのキョンを想像してください。私はいまそれです。)

 俺は思うんですけど、世界トップレベルのコンポーザーが制作した楽曲に、キレのあるダンスを乗せて、整い散らかした顔面から放たれる音楽が、俺たちみたいな未だにニコニコ動画有料会員のヒトモドキを守ってくれるはずないだろうと。馬鹿が。10代・20代に向けられる社会的偏見や抑圧だと?生まれつきキモくなってしまった人間は60代・70代になっても死ぬまで差別されるんだよ!!!むしろ、イケてる10代に何歳になっても一生差別される側なんだよ俺たちは。オイ、守ってくれよ。なあ。BTSさんよ…?その国営音楽で日本の内需を食い散らかしたカネで俺たちの健康保険料を払ってくれよ!!!!

 BTS防弾少年団ではなく、檄!帝国華撃団で育った俺たちが聴くべき音楽、向かうべきザナルカンド、わかりますね?

 挫です。挫・人間、その人です。

 ていうか、新大久保でチーズダッカルビ食ってるような女には本当は音楽なんか必要ないんだよ。音楽なんかよりananの「本命になりたい!セフレ沼から抜け出す8の方法」みたいな特集の方がよほど救ってくれるよ、お前を。

 本当に救いを求める困窮した人間が、なにを聴いたらわからねえ。そんな世の中は間違っている。そんなわけで、今日は挫を布教しようと思います。チェケ。

 かといって挫・人間を聴くのもまあ、絶対に間違ってるわけですが。

 やっぱファーストインプレッションって大事なので比較的キャッチーなミュージックビデオを配置しましたが、どうでしょう。この時点で9割5分の方が脱落したかと思います。作戦通りです。

 たぶんスチャダラパーリスペクトなんだろうけど、顧客層のほとんどがわからないのにそういう所徹底する。実に、オタクですね。

 響かない人には全く響かないと思うんですけど、クる人間には、キやがる。歌詞もメロディもロケーションも表情も。

 ずっと、ふざけたような、照れ隠しみたいなスラングとか冗談歌っておいて、タイアップでも試聴でも、一番聴かれない、一番最後の最後のサビにだけ本当のことを歌うんですよねこの人。

大人になったこの僕に
もし願いが叶うなら
あの子がずっと忘れない
サヨナラがしたい

届きませんように

 つらい。

 俺たちみたいなのは、もしもの話ですら幸せを願えない。ただの妄想なんだから付き合いたいとか結婚したいとか、言えば良いのに、言えない。誰にかわからないけど何故かおこがましくて、言えない。なんか急にテンション下がってきた。

 いつだかボーカルの下川リヲと秋葉原で飲んでた時、下川が突然頭を抱えだして

「ウワアア俺はオタクにもバンドマンにもなりきれない最低の◯◯(放送禁止用語)なんだあーーー!!!」

 と叫びだしたんだけど、こういう屈折を抱える人間の言う事しか俺は信じられん。

 

 常々思ってるんだけど、体育教師って学生時代から体育が得意なやつが体育大とか出た末になるけれど、あれおかしくない?

 体育なんかできるやつなんか教えなくてもスイスイ勝手にできちゃうわけで、そんなやつよりも本当に手を差し伸べるべきは逆上がりもできないドンくさい奴ら。

 だけども元々運動が苦労なくできたやつに、運動音痴たちの気持ちなんかわかるわけないし、本当に体育の先生を務めるべきは、元々運動が苦手だったヤツだと。デキる奴に、デキない奴は救えない。

 冒頭の話に戻るけれど、上手くやれない冴えないやつにはポップソングは眩しすぎる。

 そういう人間にとっての体育教師は、挫・人間みたいなやつらであるべき。

 

 そんな挫、最近はメジャーチックなMVをリリース。挫・人間からこういう曲聴けると思わなかったけど、老若男女に聴かれるような曲も普通に書けるんだね、この人。

 アルバムとか過去のリリースとか聴くとハチャメチャやってるイロモノバンドっぽいけど、やってしまえばなんでも作れるし、そこらのバンドマンより理屈で音楽を理解してるタイプの、努力の人だと勝手に思ってる。本人は、こういうこと言われたくないんだろうけどね。

 有線でもいやに聴くし、ワンマンの会場はでかくなって、知らないうちに遠くなっちゃったような寂しさもあるけれど、それだけ下川の救済活動が伝播してるということで、世界が正しく機能している証拠かなと。

 JPOPにもKPOPにも居場所がないあなたが挫・人間で救われますように。

 

それでは。

Copyright © 2018 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

知ってますか?Youtubeのメタタグを見るとそのバンドが、人からどう見られたいか一目瞭然なんすよ

 音楽雑誌のヘッドラインの「○○が語ったホンネ。三万字インタビュー」みたいなのを見るたびに、なーにが本音じゃ!と思う。

 雑誌そのものの存在を否定するわけではないが、インタビューで本音、というものに関しては疑問が残るのだ。

 一応曲がりなりにもウェブマガジンを名乗りインタビューをしたりされたりした経験から語らせていただくと、インタビューで本音なんてのは、芸能人のスッピン自撮りと一緒。普段より薄いだけでバッチリ化粧してるし、ゴリゴリにsnowされたスッピン風の何かである。

 何故かというと、インタビューで本音を語ったところで何の掲載する側も掲載される側もなんのメリットもないから。雑誌はバンドのことを「カッコいいもの」として推していきたいので格好のつかない本音なんてのは載せたくないし、バンド側だってマイナスになるようなことをワザワザ言う必要は全くない。

 面接でありのままの自分を語るヤツなんて一人もいないのと一緒である。「一つ内定をもらっておくと、気持ちに余裕が出て本命のところで失敗しにくくなるので、受かりやすそうな御社を志望いたしました」なんていう”本当の気持ち”を語ったところで「ほほう、こいつはキモが座っているのう、面白い!採用じゃ!」なんてなるはずがないのだ。

 つまり何が言いたいかというと、本音なんてものは自分の口から出るはずがない、ということだ。

 本音ってのは深夜三時の呟いた瞬間に消されるツイートとか、宴会の時のトイレタイムとか、本当に心底どうでもいいと思ってるヤツと話してる時とか、そういう油断したタイミングにだけ一瞬出てしまうものなのである。アクションゲームと一緒だ。普段から見えている部分が弱点で殴ったら大ダメージなんていうソードスターヤマトみたいなボスキャラみたことないだろ?普段は隠されているからこそ、弱点たりうるのだ。

 

 隠されているものがあれば、それを覗いてみたくなってしまう。それが人間の性、ホモサピエンスの習性だ。

 我々はもはやスッピン風自撮りでは満足できないのである。ミュージシャンの秘部、一瞬の隙、カッコつけてない素の部分、本当の意味での本音を覗いてみたいと思ってしまうのだ。

 というところで、今回の本題に入ろう。簡単に言えば発見してしまったのである。たまたまだったけど。ミュージシャンの本音を覗く術を見つけてしまったのだ。しかも自宅に居ながら。簡単に。

 知り合いにその話をしたら、それを覗くのは性格が悪すぎる。とシンプルにドン引きされてしまったが関係ない。俺には昨日も明日もない、俺はひりつくようにこの刹那に食らいついて生きるだけのただの猿だからである。

Youtubeのメタタグを見るとそのバンドが、人からどう見られたいか一目瞭然

 百聞は一見に如かず、論より証拠、同情するなら金。ということで、何をしているか説明するよりも先に実際のものを見てもらった方が早いだろう。


Nulbarich – NEW ERA

このままでは読みづらいので文字に起こそう。

“keywords”:”Nulbarich,ナルバリッッチ,NEW ERA,JQ,Guess Who?,cero,Awesome City Club,Sugar’s Campaign,星野源,ikkubaru,LUCKY TAPES,山下達郎,never young beach,Yogee New Waves,1983,Suchmos,Jamiroquai,maroon5,D.A.N.,Special Favorite Music,STAY TUNE,Shiggy Jr.”

 

 勘の良い読者は何してるか気づいたと思うが、頭の上にでっかいクエスチョンマークを浮かべている人たちのために説明しよう。

 これはYoutube動画のメタタグ、メタキーワードと呼ばれているもので、動画を投稿する際に設定できるものだ。

 わかりやすく言えばツイッターとかインスタのハッシュタグのようなもの。投稿の内容だったり関連がありそうなものをタグ付けする感じだ。

 ただ似たようなものではあるのだが両者には違いがあって、ハッシュタグがそれを見た人間のためのものであるのに対して、メタタグは機械が読み取るためのものだ。なのでメタタグは画面に表示されないのだが、チョチョっとソースを覗くとちゃんと書いてあるんだよな。

 

 とまあ、まどろっこしい説明はここまでにしておこう。平たく言えばバンドがどのバンドの関連動画に表示されたいのか、人からどう見られたいのかが表示されているというワケだ。

 これが面白いことに、普通に見る分には画面に表示されたりしないので、どのバンドもアレコレやりたい放題、関係あるバンドから全然関係ないバンドまでタグづけしまくっているのだ。

 とりあえず例として、たまたま目についたNulbarichのメタタグを見てみたけど、早速だなこれは…

 確かインタビューとかで「Suchmosとかは個人的には特別意識していない」とか言ってたけど、ビッチリcero、星野源、Suchmosとか載ってるもんな。僕はデビューしたばかりのころからずっと「こんなもんSuchmosで耕されたオシャレ音楽の畑を横取りしたいだけだろ」って言ってたけど、どうやら間違いじゃなかったようです。

 あと燦然と輝く”STAY TUNE”の8文字な。一つだけ凄く具体的。

 ということで今回は、バンドのYoutubeのメタタグを覗いてはツッコみと罵詈雑言を吐き捨てるといった趣味の悪い内容の記事に御座います。

 このゲスな遊びのやり方は記事の最後に紹介するので、みなさんもガンガンメタタグを覗いて、自分の世界ランクを落としていって欲しいなと思います。

 

ポルカドットスティングレイ


ポルカドットスティングレイ – パンドラボックス

keywords”:”J Rock,椎名林檎,東京事変,米津玄師,ICHIDAIJI,ずっと真夜中でいいのに,あいみょん,reol,ヨルシカ,sumika,mrs.green apple,EVE,テレキャスターストライプ,一大事,雫,エジマハルシ,ウエムラユウキ,ミツヤスカズマ,福岡 バンド,バンド,邦楽ロック,邦ロック,大正義,女性ボーカル,VIVA LA ROCK,JAPAN JAM,NUMBER SHOT,JOIN ALIVE,RUSH BALL,WILD BUNCH,rock in japan,ロックインジャパン,SCHOOL OF LOCK,スクールオブロック,COUNTDOWN JAPAN,SWEET LOVE SHOWER,MONSTER bash,SUMMER SONIC,ラディアン,スマホを落としただけなのに”

 自分のバンド名より先に現れる「椎名林檎!東京事変!」だから具現化した椎名林檎の同人誌とか言われんだよ。

 以前このサイトで

「椎名林檎モドキとして売り出すのは椎名林檎にも本人たちにも失礼だろう」

 という記事を書いたところ事務所であるユニバーサルミュージックさんに

「根も葉もない内容、告訴する!」

 と脅迫のお電話いただいたんですけど、根と葉、バッチリありました!!お電話お待ちしてます!!

 他にもどこのファン層に売っていきたいのかハッキリ出ていて面白いですね。

 ちなみにメタタグを設定したのは本人達じゃない可能性はあるけど、少なからず本人達又は事務所スタッフのうち一人はこう考えているってことだからな!言い逃れはできんぞ!

 じゃあ次いきましょう。

 

おいしくるメロンパン


おいしくるメロンパン – 水葬

keywords”:[“おいしくるメロンパン”,”おいしくる”,”メロンパン”,”おいメロ”,”hameln”,”ハーメルン”,”indoor”,”thirsty”,”ピーヒョロピッピッピ”,”ナカシマ”,”峯岸翔雪”,”原駿太郎”,”nazca”,”dry flower”,”命日”,”蜂蜜”,”RO69JACK”,”RO JACK”,”ROCK IN JAPAN FESTIVAL”,”ロッキン”,”COUNTDOWN JAPAN”,”CDJ”,”JAPAN COUNTDOWN”,”ジャパカン”,”バンド”,”スリーピース”,”色水”,”シュガーサーフ”,”砂と少女”,”5月の呪い”,”桜の木の下には”,”caramel city”,”泡と魔女”,”あの秋とスクールデイズ”,”look at the sea”,”oisicle melonpan”,”oisicle”,”melonpan”,”おいしくなるメロンパン”,”原”,”峯岸”,”渋谷JACK”,”ニコニコ動画”,”ニコニコ”,”ニコ動”,”歌い手”,”残響”]

「おいしくなるメロンパン」がじわじわくる。

 最近歌い手とかニコニコ系からガンガンファンを仕入れてるなーというイメージがあったけど、やっぱりバンドの方針だったってことで間違いなさそうですね。以前「歌い手のファンを乱獲している」という記事を掲載したけれど、読みとしては良い線だったみたい。

 しかしおいしくるメロンパン、意外(?)に硬派なメタタグ設定。基本的には自分たちと関連がある単語しか設定しておりません。

 あとRO JACK出身な部分を本人たちも強味として認識しているみたいでしっかり設定されている。集客元をちゃんと分析して自分たちで完全に理解している賢さがメタタグ一つでよくわかります。

 

Mr.nuts


Mr.Nuts – 帰り道

“keywords”:[“Mr.Nuts”,”Mr.”,”Nuts”,”札幌”,”北海道”,”バンド”,”インディーズ”,”Skream!”,”7月”,”MY HAIR IS BAD”,”9th”,”APPOLO”,”SUPER BEAVER”,”ONE OK”,”ROCK”,”日本語”,”帰り道”,”T/ssue”,”HUMPBUCK”,”タワレコ”,”RADWIMPS”,”BUMP OF CHICKEN”,”バンプ”,”ラッド”,”新海”,”青春”,”河川敷”]

 日本で一番有名なマイヘアイズバッドなバンド、Mr.Nuts。

 覗いてみたら案の定マイヘアがイズバッドしてたしナインスのアポロしてました。

「何かを真似たり参考にするのが悪いわけじゃないけど、流行りものの人気にあやかろうとするやり方はどうかと」

 ということを書きましたら

「俺の才能に嫉妬するな」

 という反論いただいたんですけど、あんまりイジワル言いたくないけどホントよくねーよ。音楽性に感銘を受けてエッセンスを取り入れるのと、参照元の人気にあやかろうとする模倣は、本当に意味が違う。俺が勝手に赤地に黄色でMって看板立ててハンバーガー屋やったら一発で訴えられるでしょ。そういうことだよ。

「Mr.Nutsはマイヘアのパクリなんかじゃ、なーい!!」

 って弁護してるコメント欄の純粋な中学生たちに胸が痛まんのか。俺はなんかもう、本当につらい。見てて、つらい。

 

teto


teto – 高層ビルと人工衛星

keywords”:[”teto”,”テト”]

 本人達と面識あるからこそ、どんな恥ずかしいメタタグを入れてるか、と思い覗いてみたらこのザマ。俺の負け。負けました。

 一応メタタグ入れなくても関連とか検索にはでるけど、やっぱり無いのは不利らしいからちゃんと入れといたほうが良いと思うよ。

 ていうかパクってるバンドの方がタグにteto、TETO、テト!!!つってtetoよりtetoつっとる。もう君らの方がtetoだよ。本人よりも。

 

yahyel


yahyel – TAO

keywords”:[“yahyel”,”ヤイエル”,”山田健人”,”Beatink”,”FutureClassic”,”Ninjatune”,”Hyperdub”,”D.A.N.”,”88rising”,”Joji”,”Suchmos”,”Y.M.O.”,”Futurebass”,”RinaSawayama”,”XLrecordings”,”YoungTurks”,”XXX”,”Dutch”,”mount kimbie”,”warp”,”warp records”,”4ad”,”music video”,”techno”,”house”,”yayel”,”yahel”,”kento yamada”,”DATS”,”wonk”,”BTS”,”TWICE”,”BLACK PINK”,”STAY TUNE”]

 流石アート気質なバンドだけあって、知らん横文字が多いなーと思っていたら最後の最後で”STAY TUNE”!止めらんねえなコレ!見た瞬間「イエス!!!」という気持ちになりましたワタクシ。

 あと最後の方に並んでるK-pop勢がシュール。そういう市場を狙っているのはなかなか鋭いと思います。

 

嘘とカメレオン


嘘とカメレオン – されど奇術師は賽を振る

keywords”:[“嘘とカメレオン”,”されど奇術師は賽を振る”,”N氏について”,”ポルカドットスティングレイ”,”ポルカ”,”緑黄色社会”,”Hump Back”,”ハンプバック”,”MOSHIMO”,”SHISHAMO”,”Lie and a Chameleon”,”フェイトンに告ぐ”]

 ご丁寧に”ポルカドットスティングレイ”に加えて略称の”ポルカ”まで入ってる。

 とりあえず女ボーカルのバンドのところにぶっこもうという魂胆だろうか。

 僭越ながらアドバイスなんですけど、たぶん椎名林檎、東京事変もメタタグに入れた方が集客かすめ取れますよ。

 

Half time Old


Half time Old -『0』

keywords”:[“ドラマストア”,”バンドごっこ”,”RADWIMPS”,”BUMP OF CHICKEN”,”[Alexandros]”,”Mrs. GREEN APPLE”,”LAMP IN TERREN”,”名古屋”,”バンド”,”サイダーガール”,”Halo at 四畳半”,”神はサイコロを振らない”,”T/ssue”,”米津玄師”,”sumika”,”SUPER BEAVER”,”Half time Old”,”phonon”,”ゼロと白”,”SIX LOUNGE”,”THE NINTH APOLLO”,”My Hair is Bad”,”ACIDMAN”,”ハルカミライ”,”クアイフ”,”リアクションザブッタ”,”打首獄門同好会”,”UNISON SQUARE GARDEN”,”フレデリック”,”Shout it Out”,”カウントダウン”,”ロッキングオン”,”ナインスアポロ”,”ユアネス”,”SHE’S”,”シーズ”,”ワタナベマホト”,”マホト”,”カイワレハンマー”,”生田斗真”,”セプテンバーミー”]

 顔が似てるからYouTuberぶち込むという荒業。本当に表示されるのか関連動画に。

 

KEYTALK


KEYTALK – MATSURI BAYASHI

keywords”:[“KEYTALK”,”キートーク”,”小野武正”,”ぺーい”,”首藤義勝”,”ジョニー”,”寺中友将”,”巨匠”,”アーロン”,”八木優樹”,”オムスター”,”涙の貴公子”,”センチメンタル八木”,”ロックツ”,”インヴォーカル”,”4つ打ちダンスロック”,”パンク”,”ギターポップジャズ”,”フュージョン”,”ポップロック”,”テクニカル”,”ハイブリッド”,”オリジナリティ”,”Getting Better”,”J-WAVE”,”THE KINGS PLACE”,”HELLOW WONDERLAND”,”祭り”,”祭囃子”,”夏”,”ダンス”]

 誰も見てないところで遊ぶんじゃない武正。

 結局、売れるバンドや結果を出すバンドはこんなところでダサいことをしないっていうのがよくわかる並び。ただ誰がセンチメンタル八木で検索するんだ。

 

疲れた

 疲れました。

 この先はみなさんの目で直接見て欲しい!

 ここに載せなかったけど他にも沢山覗いてみたが、一番多く入れられていたタグは「ポルカドットスティングレイ」と「米津玄師」。立ち位置があやふやなバンドとかは大体いれてた。今売れてる勢いにあやかりたいんだろうな。

 次点はマイヘアイズバッド。あとマイヘアを入れてるバンドは高確率でナインスアポロって入っていた。自分とこのレーベルの名前なんて一文字も入ってないのに、全然関係ないレーベルの名前がドッカンと載ってる。もう今のレーベル辞めて頭下げてナインスに入れてもらった方がいいんじゃないのか。

 

遊び方

 ということでどうやってYoutubeのメタタグを見るのかご紹介しよう。

 ちなみにパソコンに疎い人が、こういうテクノロジー系に触れるとすぐハッキングだ!とか騒ぎだすけど、全然そういうのじゃないです。

 サーバーから我々のパソコンかスマホに送られてきたデータ、ソースというやつを見てるだけです。隠れてて見えないだけのものを見てるだけです。

 

PCの場合

大体どのブラウザを使っていても操作は一緒。

1.見たい動画のページ上で右クリック「ソースを表示」を選択。

2.文字がビッチリ入った画面が表示されるので、そこでCtrl+Fを押して「keyword」で検索を掛ける。

3.そこにメタタグが書いてあります。検索しても引っ掛からなかった場合はもともとメタタグを設定してないソリッドな動画というワケです。

 

iPhoneの場合

 デフォルトのブラウザではソースが見れないので、アプリを入れる必要がある。アプリはソースが見れればなんでも良いけど「View Source」というアプリがタダだったのでそれを使うと良いかもしれない。

 以下「View Source」アプリの使い方

1.Youtubeのアプリで見たい動画を開く。動画右上の矢印マークをタップ。リンクの共有から「コピー」をタップ。
  ※YoutubeアプリじゃなくてもURLさえコピーできればなんでもオッケー。

2.「View Source」アプリを開く。画面上のアドレスバーにさっきコピーしたURLを貼り付けてGO。

3.ソースが表示される。一応右上のアイコンから検索が掛けれるけど、ハイライトするだけで検索結果まで飛んでくれない不親切設計なので、自分でメタタグを探してください。

 

Androidの場合

1.「アンドロイド ブラウザ ソース」でググれ。

 

終わりに

 思うんですけど、全員が全員「米津玄師」とか入れても、結局そのバンドの動画の関連動画に米津玄師が出てくるだけで米津玄師の動画には全く表示されないんですよね。やめたほうがいいと思います。

 メタタグに売れてるバンドをぶち込むよりも、ぶち込まれるようなかっこいいバンドになる方が効率良いみたいです。まあ言うのは簡単なんだけどね。でも理想を言えばそう。

 みなさんも「むむ!これは!」と思ったバンドがあったらちょっとメタタグを覗いてみたらいかがでしょうか。

 それでは。

Copyright © 2018 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

「この調子だとバンド音楽はあと10年もしないうちに消滅する」

 この間、ヴィジュアル系周りの興行で飯を食っている人に酒を飲ませてもらった折にこんな小言をきいた。

「もう、こっち(V系)はだめだ。歌い手に食い尽くされる」

 俺も憶えのある話で、ちょっと盛り上がったのでよく話を訊くと、要するに本来(?)V系を聴いてバンギャになる人生を歩む人生だった中高生が、まふまふだとか、Eveだとか、スター歌い手の台頭によって、歌い手厨という一派に属するようになった、と。

 かろうじてV系にはR指定というヒーローがいて、そのおかげでなんとか首の皮一枚で生き残っちゃいるが、V系のプレイヤーというのは他のミュージシャンよりも選手寿命が短いそうで、そう何十年も先を見れるような状況にない。そういう話らしい。

 私ども、どうみても冴えない野暮ったいマッシュルームカットの、とてもじゃないが”ヴィジュアル”を自称しがたいバンド音楽側の人間からすると、対岸の火事のようにも聞こえる話だが、俺の目には国境の橋はごうごうと燃えており、川辺の家々を焼き払い始めている様がありありと見て取れる。この国も、そろそろヤバい。

 俺は思うんですが、もうこの調子だと国内のバンド音楽なんていうのは10年そこら持たないんじゃないかと。いや全盛期の盛り上がりと比べればもう既に死んでいる産業と呼んで差し支えない状況なのかもしらん。

バンドはインターネットに弱い

 V系の話に立ち返れば、クラスの片隅で周囲に馴染めないあまり

「私はあのバカたちとは違う…かわいそうなかごの鳥、誰にも理解されない”闇”を抱える孤独な少女…」

 みたいなところにアイデンティティを見いだし、自己演出の一環としてこれ見よがしにKERAを学校に持ってきたり、グルーミーのでかいストラップをかばんにつけてきて先生に没収されたりするうちにV系を聴くようになり、服飾の専門学校を中退してマイナーバンドに貢ぐ為に風俗で働き、たぬきで叩かれ、24才ぐらいで卒業といいつつ飼い始めた猫に昔推していた上手のギターの名前をつける。そういう人生を歩む予定だった人が、SNSやYouTubeの台頭で歌い手に青田買いされている、という話だ。ちょっとクラスに馴染めなかったぐらいで風俗嬢に直行するデスエスカレーターが整備されているV系という文化もどうかと思うが、むこうさんにとっては深刻な問題らしい。

 極端な書き方をしたものの、V系以外のバンド音楽もおおむね入り口はこんな感じで、普通に生きていたら音楽なんて買ってまで聴くようなもんじゃなく、何らかしらで捻くれたやつか、もしくは生まれつき音楽に感性の鋭い変態か、家庭の事情か悪い先輩に勧められてか、道を外れる形で聴き始めるもんである。

 少なくとも俺は、小学校四年生の時、同じクラスだった岩木啓太くんに

「BUMP OF CHICKENっていう、ヤバいバンドがいるらしいゼ…」

 と、極めてヤクい感じで誘われたのが音楽の聴き始めだった気がする。クリムゾンも、Winnyも、こいつに教えられました。おかげで人生台無しです。

 その岩木くんは当時流行っていたおもしろフラッシュ倉庫からBUMPを知ったようで、今思えばアレこそが俺たち20代中盤の世代がバンド音楽に傾倒したデカい間口だった気がする。

 現代で言うとYouTubeがきっとそれに当たるんだろうけど、今度はインターネットがバンドにとって逆風になっていて、SNSや動画サイト上で強い立ち回りができる”歌い手”の台頭で、バンドよりも彼らが先回りをしてしまってバンドのファン層の新規流入が途絶え、先細りしていく一方である。

 わかりやすいので歌い手を例に出したが、これに準ずるミュージシャン稼業は年々増えていて、YouTuberがバンドやったり、人気ボカロPにフォロワーの多い女を抱き合わせにして売り出したり、SNS上でリツイートを狙いまくるやり方でファンをかき集めたり、インターネット社会に強い音楽が台頭しまくっている。

 対してバンドは本当に弱い。ネット社会に。そもそも聴いている人間が「そういう安っぽいやり方、ヤダ」と思ってバンドを聴いてたりするし、スタンスのかっこよさも込みで魅力だったりして、ネット上で本当になんにもできない。

 30万と半年かけて必死の思いでつくったMVのRT数を、米津玄師/Lemon、歌ってみた!wつって無名の歌い手が軽々超えて行く。そりゃあ、そうだよな。

 ドームとか武道館とかZeppとか、デカイ公演の頻度を見るにどんどん歌い手はその領土を広げているし、バンドが好き!と言っている中学生のプロフィールにバンドたちの名前とともに歌い手の名前が並ぶのもよく見るようになった、それも、ここ2年の出来事だ。

 

YouTube砂漠

 さらに問題なのは、YouTubeでなんでもとりあえず聴けるようになったことだ。これが逆効果だ。

 最近、人に連れられてデカい化粧品コーナーに立ち寄ったのだけど

「どれがいいと思う?」

 と訊かれて全く困り果ててしまった。数がありすぎるし、全部同じに見える。

 たぶん、音楽を聴き始めようと一念発起した少年少女がYouTubeを開いた際も同じ状態になるんだとおもう。

「一体どれを聴けばいいんだ…」

 音楽業界では常日頃からやれCDが売れない、若者が音楽を聴かない、と嘆きまくっているが、そりゃそうだろと思う。初心者にやさしくなさすぎる。

 これこそ音楽業界の怠慢で、なぜか音楽は一部の頑固なおっさんがラーメン屋の店主のごとく腕をがっしり組んで

「音楽は自分で探して聴くもんだ!!」

 と無意味なソリッドさを振り回すが、そんなもん、子供には無理である。集中力ないんだから。それは誠実なんじゃなくて、不親切なだけだ。それで歌い手やYouTuberに顧客を取られて嘆いてるんだから世話ない。ちゃんとガイドラインを作れよと思う。

 この地図なしコンパスなしの音楽砂漠のせいでインターネットの各地に

「好きな音楽は天月くん!星野源!ミオヤマザキに、ドヴォルザークです!」

 という合成魔獣(ヘルキメラ)が爆誕。

 こんなものはレイバンのサングラスに上ゴスロリ下フンドシ、ピンクのタイツにエアマックス履いたバケモノと同じである。

 例えばファッションは、他の人が着てる服が目に見えるし、ファッション雑誌だったりWEARだったり、なんのかんのガイドラインが整っているのでこういう事態にはならない。が、音楽はなる。全然なる。

 何を聴いて良いかわからないからガムシャラに手に届くものをより集めた結果がこういう形である。仕方ない。

 が、結果的に、最終的に、何を好きになるかは別として、ガイドラインをつくり、その人が本当に好きなものに巡り会いやすい環境を用意してあげて、判断能力をつけさせてあげるような仕組みが必要なんじゃないかと俺は思う。その上で、歌い手が好き、EXILEが好き、クラシックが好き、バンドが好き、バンドだったらこういうバンドが好き、と各々好きなものをちゃんと理解して手に取れるようになれば状況は変わってくるんじゃないかと。

 少なくとも、わけもわかってない中高生に強引なやり口で押し売るのは半ば詐欺のようなもんだと俺はおもうのだ。

 

バンドが聴かれる事で、世の中は良くなるのか

 散々、バンドが聴かれない!ヤバい!と騒いだが、果たして国内の音楽産業におけるバンド音楽の割合が増える事で、人々の暮らしがよりよくなるのだろうか?

 絶対ならないと思う。むしろ、ボーカロイドとかアニメ音楽がメインカルチャーになった方が国の経済的にはマシだと思う。

 例えばイギリスなんかは、音楽が輸出産業として無視できない割合を占めており、国営でミュージシャン育成カリッジを設けたりしている。たしか、the kooksとかそこ出身だった気がする。

 韓国なんかもK-POPと看板を掲げて国を挙げてアイドル産業を輸出している。同じアジア人で非英語話者なのにもかかわらず現状を見るに大成功をおさめていると言える。

 そういう経済的な観点で見るに、日本の音楽産業は絶望的だ。希望があるとすれば、それこそボーカロイドやアニメカルチャーである。このままだと東京五輪では開会式に初音ミクが千本桜を歌う事になる。ヒエーーーーーーー

「誰も困らないなら、別にバンド音楽、消滅してもいいじゃん!」

 それはそうだけど、それじゃ困るのだ。俺が。

 そりゃバンド音楽がもっと幅を利かせて日本の音楽のメインカルチャーになったとて、海外に通用するレベルに到達するかと言われると、かなり難しいだろうし、むしろ海外の方が「バンド古くね?」みたいな方に走り出しているので産業としては絶望的だ。終わってる。そもそも日本人と外人じゃ音楽性癖がかなり違うし。無理。

 だけども結局俺は国内外問わずバンドが好きだし、なくなってもらっちゃ困る。すげえかっこいいバンドになるはずだった少年が、歌い手やYouTuberになってもらっちゃ、困るのだ。俺が。ごく個人的に。

 

音楽寿命

 バンドが普及しても世の中なんかこれっぽっちも良くならないと言ったが、一点だけ、胸を張ってバンドを勧められる大義名分がある。

 槍玉に挙げた音楽と比べて、バンドは音楽を楽しめる時間が長い、と思う。

 味付けの濃い、SNS映えするような音楽って10代のうちしか聴けないのだ。いやずっと好きな人もいるかもしんないけど、多くは20代になる前に卒業してしまう。そのうち聴いてた事も思い出さなくなる。

 10代がこんなクソ長い文章をここまで読んでいるかいささか疑問だけれど、想像してほしい、30歳になって歌い手のツイッターにリプライ飛ばしている自分を。想像できないと思います。

 音楽には、耐用年齢がある。

 別に、バンド音楽じゃなくてもいいんだけれど、せっかくだったら大人になって振り返っても

「あれは聴いててよかったな」

 と思える。ずっと聴ける音楽を選んで聴いて欲しいと思う。人生レベルで見たら、幸福度にかなり影響があるはず。

 なんか自分も、いろいろ聴いてはみましたけど、今じゃ思い出せない音楽ってたくさんあるし、音楽に限らず「若気の至り」で済んでしまうような時間とか労力とかはできるだけつかってほしくないなと。

 音楽産業が衰退してどうこう、という話をよく訊きますが、メインの消費者である学生たちに、「売れるから」ってその場しのぎの商品を売りつけて、その結果「音楽なんて大人になってまで聴くもんじゃない」と20代中盤を待たずして市場から逃す、そういう商売をしているから市場がしぼむんだろうよと。

 ちゃんと、大人になっても、ずっと楽しめるような音楽を聴く耳と判断能力を育ててあげることが市場全体の活性に繋がると思います。言うのは簡単だけどね。

 

 とにかく、もうバンド音楽はそろそろヤバい。最近本当に新しいバンドが流行らないしね。

 それでは。

Copyright © 2018 BASEMENT-TIMES All Rights Reserved.

Public Rhythm

Staff Blog: 更新終了のお知らせ

2013年8月にスタートしたPublic

Computer Magicの新プロジェクトCody & Danzがデビュー・EPをリリース、収録曲のMVが公開

Computer Magic名義での活動

ドラマーのClive Deamerがスリの被害に

近年はRadioheadのライヴ・サポー

Toro Y Moiが新曲「You and I」のMVを公開

Toro Y Moiが新曲「You an

Jamiroquaiが新MV「Superfresh」を公開

Jamiroquaiが新MV「Super

nemui pj(kidkanevil+Noah)がデビュー・EPを7月にリリース

kidkanevilとNoahの新プロジ

Deerhoofがニュー・アルバム『Mountain Moves』を9月にリリース、Juana MolinaやStereolabのLætitiaSadier等が参加

Deerhoofがニュー・アルバム『Mo

The Afghan WhigsのギタリストDave Rosserが死去

The Afghan Whigsのギタリ

The Horrorsがニュー・アルバム『V』を9月にリリース

The Horrorsがニュー・アルバム

5月の公演が中止となっていたJamiroquaiの日本武道館公演が9月に開催決定

今年5月に東京で単独公演を開催予定だった

Haimが新作の制作ドキュメンタリーを7月にApple Musicでリリース

Haimがセカンド・アルバム『Somet

Mitskiのジャパン・ツアーが11月に開催

日本生まれの日米ハーフで現在はニューヨー

Juana Molinaとトクマルシューゴの2マンライヴが8月にWWW Xで開催

今春に3年半ぶりのオリジナル・アルバム『

テクノロジーと芸術表現の新たな関係性を切り開くワークショップシリーズ「Resonance」がスタート、第1回講師はevala 

テクノロジーと芸術表現の新たな関係性を切

Death Gripsのサイド・プロジェクトThe I.L.Y’sが新MVを公開

Death GripsのZach Hil

Liam Gallagherが初のソロ・アルバム『As You Were』を10月にリリース

Liam Gallagherが初のソロ・

The fin.が新曲を公開、9月にはワンマンを含んだジャパンツアーも

The fin.が先月公開した「Afte

Liam Gallagherの単独公演が開催決定

「SONIC MANIA」及び「SUMM

Mount Kimbieが10月に来日、yahyelとの東京・大阪公演が決定

先日久しぶりの新曲を相次いでリリースし、

Depeche Modeが新MV「Going Backwards」を公開

Depeche Modeが新MV「Goi

Festival Junkie

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

【Red Bull TV】北ヨーロッパ最大級のフェスRoskilde Festivalが、レッチリ、MØら豪華出演者を中継!

Red Bull TVによる海外フェスのライブストリーミングシリーズ「Season of Festivals」 […]

シカゴで開催される最強の都市型フェスLollapalooza

シカゴで開催される最強の都市型フェスLollapalooza(ロラパルーザ)が7月28〜31日の日程で開催され […]

本日発売のBRUTUSにてFestival Junkieが「行っておきたい世界のフェス」をセレクト

雑誌の特集などでもフェス特集と多く見かける時期になりましたが、6/15発売のBRUTUSは、「Summer T […]

【Red Bull TV】アメリカの老舗フェスBonnaroo中継ラインナップ決定!

Red Bull TV(レッドブルTV)による海外フェスのライブストリーミングシリーズ「Season of F […]

【Red Bull TV】Primavera Soundが現在ライブストリーミング配信中!

スペイン・バルセロナで開催中のプリマベーラ・サウンドがRed Bull TVにてストリーミング配信中!本日より6/3 AM2時(日本時間)より3日間の配信が予定されており、LCD Soundsysyem、SUEDE、DINOSAUR JR.を筆頭に注目のアーティストも!

6つの人気海外フェスをRed Bull TVが独占中継!まずは6/3のPRIMAVERA SOUNDから!

スポーツ・音楽・ライフスタイルなどを発信するインターネットテレビ局、Red Bull TV(レッドブルTV)が世界各国の人気フェスを800組、400時間にわたって独占ストリーミング配信することを発表!

音楽×創造性×技術!時代の先端を行くフェス Sónar Barcelona

「Sónar Barcelona」(ソナー・バルセロナ)が6月16〜18日の3日間にわたりスペインの観光都市バ […]

超スリリング!魅惑の天然トランスミュージックフェス「Gnawa Festival」とは?

Photo via Festival Gnaouwa Official   世界中の刺激的なフェス紹 […]

流行の発信地NYで開催される都市型フェスGovernors Ball

Photo via Governors Ball Official HP   今回ご紹介するのは、毎 […]

唯一無二の一体感を堪能できるデンマークの老舗フェス Roskilde Festival

今回ご紹介するのは、6月末から7月に渡って開催されるRoskilde Festival(ロスキレ・フェスティバ […]

コーチェラ2016ライブ中継のタイムテーブルを日本時間に変換してみた!

現在開催中の「Coachella Valley Music and Art Festival」(コーチェラ)が今年も生中継を配信しています。そこで今回は3日間の配信スケジュールを日本時間でまとめてみました!

初グラスト紀行② ロンドンから往復13ポンドでグラストンベリーに行ってきた!

日本のフジロックフェスティバルと同じく、自然に囲まれたキャンプフェスのグラストンベリーフェスティバルは都心部か […]

初グラスト紀行① はじめてのグラストンベリーで活躍した5つのアイテム

日本の夏フェスですら何を持っていけばいいのか迷うのに、海外フェスましてや世界最大級の開催規模を誇るグラストンベ […]

砂漠の祭典「Burning Man」の思わず息を飲む写真10選

砂漠に街を建設して、最終日には全てに火を放ち荒涼とした砂漠へと戻すお祭りBurning Man(バーニングマン […]

保護中: Monthly Pick-up bands by Festival Junkie(Rie Ogura,UK)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

【MOVIE】グラストンベリー2015潜入レポート(オリジナル長編ムービー)

2015年の「Glastonbury Festival」のFestival junkieオリジナル潜入レポート動画を公開!

【MOVIE】NIGHTLIFE@Glastonbury2015 グラストンベリー夜遊びver

【MOVIE】海外フェスのゴミ事情〜グラスト終演後のメインステージを歩いてみた

【MOVIE】海外フェスに必要な持ち物大公開(3DAY’S CAMP)

INDIE NATIVE

DYGL、日本ツアー・ファイナルとなるEXシアターで行われたライブレポートが公開!

7月に待望の2ndフルアルバム『Songs of Innocence & Experience』を発表し、8月のフジロックで見せてくれた熱いパフォーマンスも記憶に新しいDYGL。9月のヨーロッパ公演と並行する形 ... 続きを読む

YUNGBLUD、米のTV番組 The Late Show に出演したパフォーマンス映像が公開!

ロンドンを拠点に活動するドミニク・ハドソンによるプロジェクト YUNGBLUD (ヤングブラッド)、米のTV番組 The Late Show に出演、新作EP『the underrated youth』から Imagin ... 続きを読む

UKレスターのバンド Easy Life、ニューシングル「Nice Guys」を配信リリース!

UKレスター5人組バンド Easy Life (イージー・ライフ) がニューシングル「Nice Guys」を配信リリース!Easy Life は今年EP『Spaceships Mixtape』を発表、今年は3枚のシングル ... 続きを読む

CRISTINA QUESADA、ニューシングル「Think I Heard A Rumour」のMV公開!

スペインの首都マドリードを拠点に活動するキュートなインディーポップ・プリンセス CRISTINA QUESADA (クリスティーナ・ケサダ)、今年2月に発表したニューアルバム『Think I Heard a Rumour ... 続きを読む

Blaenavon、セカンドアルバム『Everything The Makes You Happy』を 10/25 リリース!

UKハンプシャー出身のインディーロック・バンド Blaenavon (ブレナヴォン) がセカンドアルバム『Everything The Makes You Happy』を 10/25 リリースを発表!同時に先行シングル「 ... 続きを読む

UKの姉妹率いるバンド The Orielles、ニューシングル「Come Down On Jupiter」のMV公開!

UKハリファックス/リヴァプール出身の姉妹率いる4人組バンド The Orielles (オリエレス) がニューシングル「Come Down On Jupiter」のミュージックビデオを公開!バンドは2018年にロンドン ... 続きを読む

シカゴのシンガー Jimmy Whispers、Woods のメンバーが手掛けた新曲「Your Car」のMV公開!

シカゴのシンガーソングライター Jimmy Whispers が4年半ぶりのニューシングル「Your Car」のミュージックビデオを公開!2015年に発表したデビューアルバム『Summer in Pain』以来となる新曲 ... 続きを読む

精鋭揃いのガールズロック・バンド Nasty Cherry、ニューシングル「Music With Your Dad」をリリース!

今年 Charli XCX のレーベル Vroom Vroom Recordings からデビューした、精鋭揃いのガールズロック・バンド Nasty Cherry が4枚目となるニューシングル「Music With Yo ... 続きを読む

熊本のシューゲイズポップ・バンド My Lucky Day、デビューEPに先がけシングル「no title」を先行リリース!

熊本のシューゲイズポップ・バンド My Lucky Day が5曲入りのデビューEPに先がけ自主制作CDRシングル「no title」を先行リリース!ミックス・マスタリングは同郷で元talk の Kensei Ogata ... 続きを読む

Dominic Fike が Clairo の「Bags」をカバーしたスタジオライブ映像公開!

フロリダ州出身23歳のシンガー/ラッパー Dominic Fike (ドミニク・ファイク) がオーストラリアのラジオ局 triple j の人気企画 Like A Version に出演!Clairo の「Bags」をカ ... 続きを読む

日本のガールズ・ロックバンド SPOOL、ニューシングル「ghost」のMV公開!

日本のガールズ・ロックバンド SPOOL がニューシングル「ghost」のミュージックビデオを公開!バンドは今年2月に TESTCARD RECORDS からセルフタイトルのデビューアルバム『SPOOL』を発表しています ... 続きを読む

Fickle Friends、ニューシングル「Amateurs」を配信リリース!

UKブライトン出身の4人組インディーポップ・バンド Fickle Friends (フィックル・フレンズ)、来年リリースのセカンドアルバムから先行シングル「Amateurs」の試聴が間も無く開始される。Fickle Fr ... 続きを読む

The Flaming Lips、オーケストラをフィーチャーしたライブアルバム『The Soft Bulletin』を 11/29 リリース!

米のサイケロック・バンド The Flaming Lips (ザ・フレーミング・リップス) が 1999年に発表したアルバム『The Soft Bulletin』のライブアルバムでコロラドのオーケストラ The Colo ... 続きを読む

Marilyn Manson (マリリン・マンソン) がカバーした、あのフォーク・ソングが遂に配信!

ロック界において唯一無二の Marilyn Manson (マリリン・マンソン) が、これまで過去約70年に渡って、幅広いジャンルの多くのアーティストがレコーディングしてきた、アメリカのフォーク・ソング「God’s Go ... 続きを読む

The National の Matt Berninger が Phoebe Bridgers をフィーチャーした新曲をリリース!

The National のボーカリスト Matt Berninger が Phoebe Bridgers をフィーチャーした「Walking On A Strings」を Dead Oceans からリリース!2018 ... 続きを読む

Steve Gunn、アコースティックバージョンの楽曲を集めたEP『Acoustic Unseen』を配信リリース!

11月に来日公演を開催する米フィラデルフィア発のSSW/ギタリスト Steve Gunn (スティーヴ・ガン)、アコースティックバージョンの楽曲を集めたEP『Acoustic Unseen』を配信リリース!米フィラデルフ ... 続きを読む

Vulfpeck、最新アルバム『Hill Climber』ボートラを追加した初CD化日本盤が 11/20 発売決定!

世界中で中毒者が増え続けているLA発のミニマル・ファンク・バンド Vulfpeck (ヴルフペック)、最新アルバム『Hill Climber』が日本盤限定としてボーナス・トラックを追加して遂に初CD化、11/20 発売が ... 続きを読む

Beck (ベック) がニューアルバム『Hyperspace』を 11/22 リリース!

Beck (ベック) がニューアルバム『Hyperspace』を 11/22 リリース!ニューシングル「Hyperlife」、「Uneventful Days」2曲の試聴が開始されました。アルバムには、ファレル・ウィリア ... 続きを読む

フランスのプロデューサー Madeon、今年3枚目となるニューシングル「Be Fine」をリリース!

フランス・ナント出身のDJ/プロデューサー Madeon (マデオン) が今年3枚目となるニューシングル「Be Fine」を配信リリース! Be Fine – SingleMadeon価格: 250円 pos ... 続きを読む

Wolf Parade、2年ぶりのニューシングル「Against the Day」を配信リリース!

カナダ・モントリオールの4人組インディーロック・バンド Wolf Parade (ウルフ・パレード) が Sub Pop からニューシングル「Against the Day」を配信リリース!この曲は2017年に7年ぶりに ... 続きを読む

UNCANNY

[Interview]Teams + Noah + Repeat Pattern - “KWAIDAN”

 USのプロデューサーTeamsと日本在住の写真家/ビートメイカーRepeat Pattern、北海道出身の女性アーティストNoahのコラボレーションによるコンセプト・アルバム『KWAIDAN』。昨年8月にリリースされた本作は、1965年に公開された日本の映画『怪談』からインスピレーションを受けて制 […]

Qrion、最新EP『Waves』のリリースを発表

Qrionの最新EP『Waves』のリリースが発表された。 すでに先週リリースされているタイトルトラック「Waves」を収録した同作には、全3曲が収録。2019年10月25日に自身のレーベルよりリリースされる。 また今月、CIRCUS Tokyo、CIRCUS Osakaにて開催された東京、大阪公演 […]

Vegyn、新曲「It’s Nice To Be Alive」をリリース──ストリートパフォーマーによるダンスを収録したMVも公開

Vegynの新曲「It’s Nice To Be Alive」がリリースされた。 Vegynはサウス・ロンドンを拠点とする26歳のプロデューサー。来月には〈PLZ Make It Ruins〉より、デビューアルバム『Only Diamonds Cut Diamonds』のリリースを予定し […]

[Interview]Floating Points – “Crush”

 「豊かな社会」と表された、かつての時代──。疲労すら「消費される疲労」と位置づけられた当時の諸問題は、すでに一部の者が語るだけのものではなく、今や誰もが認識する自明のものとなっている。ソーシャルネットワークに見られるような個から、国家単位を個とする闘争まで、欲望を隠すこともなく他者を冷たく断絶する […]

Kllo、新曲「Back To You」をリリース&MVを公開

Klloの新曲「Back To You」がリリースされた。同じくミュージックビデオも公開されている。 Klloは、オーストラリア、メルボルンを拠点に活動する、Simon LamとChloe Kaulの従兄弟によるデュオ。2017年にファーストアルバム『Backwater』をリリースし、2018年には […]

Panda Bear、新曲「playing the long game」をリリース&MVを公開

Panda Bearの新曲「playing the long game」がリリースされた。 Panda Bearは、今年2月に6枚目となるソロ・アルバム『Buoys』をリリース。同アルバム未収録の今作「playing the long game」は、新たに制作された作品となっている。 また、同時に公 […]

加藤りま、最新MV「Love Me, I Love You」を公開──監督はLAの映像作家、Albert Choi

加藤りまの最新ミュージックビデオ「Love Me, I Love You」が公開された。 「Love Me, I Love You」は、今夏〈FLAU〉より、セカンドアルバム『Sing-Song』をリリース。「Love Me, I Love You」は、同作に収録されている。 監督は、LAの映像作家 […]

FKA twigs、最新MV「home with you」を公開

FKA twigsの最新MV「home with you」が公開された。 「home with you」は、FKA twigs自身が作曲/プロデュースを手がけており、公開されたMVもまた、彼女自身が監督をつとめている。 なお、FKA twigsの5年ぶりとなる最新アルバム『MAGDALENE』の発売 […]

Noah、新曲「像自己」をリリース&MVを公開──新作『Thirty』からのセカンド・シングル

Noahの新曲「像自己」がリリースされた。 Noahは、4年ぶりの新作となる『Thirty』のリリースを発表しており、「像自己」は同作からのセカンド・シングルとなっている。 また、「像自己」のミュージックビデオも公開されており、Jessy LanzaやAllie Xなどの映像を手がける、John S […]

「Battle Train Tokyo CLIMAX」が恵比寿KATAにて開催──CRZKNY、Guchon、Weezyなどが参加したコンピレーションアルバムもリリース

「Battle Train Tokyo CLIMAX」が恵比寿KATAにて、2019年10月12日(土)に開催される。 DJカルチャーとダンスカルチャーを再融合させたシカゴ発のストリートカルチャー、ジューク/フットワークに焦点を当てたダンスバトルトーナメント、「Battle Train Tokyo」 […]

Chromatics、最新アルバム『Closer To Grey』をリリース──全12曲を収録

Chromaticsの最新アルバム『Closer To Grey』がリリースされた。 これまでChromaticsは、アルバム『Dear Tommy』のリリースを発表しており、「Shadow」「Black Walls」「Blue Girl」など、多数の楽曲をリリースしていた。本作『Closer To […]

TAWINGS、ファーストアルバム『TAWINGS』を11月にリリース──シングル「水仙」をリリース&MVを公開

TAWINGSのファーストアルバム『TAWINGS』が、2019年11月20日にリリースされる。 TAWINGSは、Cony Plankton(vo, g)、eliy (ba)、Yurika(dr)による、2016年に結成された3人組のバンド。アルバムには、7インチやカセットに収録されていた楽曲の新 […]

Foxes in Fiction、新作『Trillium Killer』をリリース──5年ぶりとなるアルバムが完成

〈PLANCHA〉より、Foxes in Fictionの最新アルバム『Trillium Killer』が、2019年10月4日にリリースされる。 Foxes in Fictionは、カナダのオンタリオ州トロント出身で、現在はブルックリンで活動する、Warren Hildebrandによるソロ・プロ […]

CFCF、初来日ツアーが決定──東京、新潟、大阪の3都市で開催

CFCFの初来日ツアー「CFCF JAPAN TOUR 2019 – LIQUID COLOURS RELEASE TOUR –」の開催が発表された。 CFCFは、モントリオールを拠点に活動するコンポーザー、Michael Silverによるソロ・プロジェクト。これまで、〈Paper Bag〉〈Ac […]

「Local X6 World Lotic – halloween nuts – 」の開催が発表──Loticが初来日

「Local X6 World Lotic – halloween nuts – 」の開催が発表された。同公演は、2019年10月26日、WWW Xにて開催される。 本公演は、WWW初の主催によるハロウィン・ナイトとして開催。ベルリンから、Loticが初来日公演を行うほか、L […]

NTsKi、7FOによるコラボレーション作品「D’Ya Hear Me! e​.​p.」がリリース──Bim One Production、CVNがリミックスで参加

〈EM Records〉より、NTsKiと7FOによるコラボレーション作品「D’Ya Hear Me! e​.​p.」が、2019年10月28日にリリースされる。 本作は、Brenda Ray「D’Ya Hear Me!」のカヴァーとなっており、Bim One Production、CV […]

CRYSTALの三宅亮太によるソロ・ユニットSparrows、最新アルバム『Berries』をリリース──Fazerdazeらが共演

〈FLAU〉より、Sparrowsの最新アルバム『Berries』が、2019年9月27日にリリースされる。 Sparrowsは、東京に本拠を置くシンセサイザーバンドCRYSTALのメンバー、三宅亮太によるソロ・ユニット。その最新作となる本アルバムは、「偽物の、空想のバンド」というテーマで制作された […]

Vegyn、デビューアルバム『Only Diamonds Cut Diamonds』のリリースを発表──JPEGMAFIA共演の新曲を公開

Vegynのデビューアルバム『Only Diamonds Cut Diamonds』が、2019年11月8日にリリースされる。 Vegynは、サウス・ロンドンを拠点とするプロデューサー。Frank Oceanのアルバム『Endless』『Blonde』での共演でも知られている。プレスリリースによれば […]

「AVYSS 1st Anniversary “SECRET PARTY”」が開催

「AVYSS 1st Anniversary “SECRET PARTY”」が、2019年9月27日(金)に開催される。 同公演は、『AVYSS』の一周年を記念した「AVYSS 1ST Anniversary」の前日にプレ・パーティとして開催。haruru犬love dog天使、NTsKi、Le M […]

Danny Brown、新曲「Best Life」を公開──Q-Tipがプロデュース

Danny Brownの新曲「Best Life」が公開された。プロデュースは、Q-Tip。 同曲は、2019年11月22日にリリースされるDanny Brownの最新アルバム『uknowhatimsayin¿』に収録。同アルバムは、Q-Tipがエグゼクティブ・プロデュースを担当し、Flying L […]

Mikiki

武田理沙とトクマルシューゴ――ポップと前衛の間で遊び、葛藤する二人武田理沙『Metéôros』リリース記念対談 – INTERVIEW

武田理沙とトクマルシューゴ――ポップと前衛の間で遊び、葛藤する二人 武田理沙『Metéôros』リリース記念対談

明けない夜をPortishead『Dummy』と共に – EASTOKLAB日置逸人の極私的金字塔

明けない夜をPortishead『Dummy』と共に

チャンス・ザ・ラッパーやエド・シーランら魅了したイエバ。ポップ・シーン最注目の歌姫を紹介 – COLUMN

チャンス・ザ・ラッパーやエド・シーランら魅了したイエバ。ポップ・シーン最注目の歌姫を紹介

赤い公園 『消えない – EP』 これまでとこれから、そして〈いま〉のバンドの姿勢を詰め込んだ新体制初作品 – REVIEWS

赤い公園 『消えない - EP』 これまでとこれから、そして〈いま〉のバンドの姿勢を詰め込んだ新体制初作品

THE PIANO ERA 2019――アントニオ・ロウレイロやカイル・シェパード、ゴールドムンド、高木正勝ら出演の〈音楽の未来に出会うフェス〉 – COLUMN

THE PIANO ERA 2019――アントニオ・ロウレイロやカイル・シェパード、ゴールドムンド、高木正勝ら出演の〈音楽の未来に出会うフェス〉

FESTIVAL de FRUE 2019――トン・ゼー、ビリー・マーティン、ララージ、大友良英、cero……つま恋の空の下に集う〈ふるう〉人々の祭典 – COLUMN

FESTIVAL de FRUE 2019――トン・ゼー、ビリー・マーティン、ララージ、大友良英、cero……つま恋の空の下に集う〈ふるう〉人々の祭典

Kuro 『JUST SAYING HI』 TAMTAMのヴォーカリストが現行R&Bのモードを咀嚼。Shin Sakiuraや君島大空、EVISBEATSらと作った初ソロ – REVIEWS

Kuro 『JUST SAYING HI』 TAMTAMのヴォーカリストが現行R&Bのモードを咀嚼。Shin Sakiuraや君島大空、EVISBEATSらと作った初ソロ

キタニタツヤ 『Seven Girls’ H(e)avens』 ヨルシカのサポートも担うSSWが、ナイーヴな歌唱とタイトなリズムで独自の世界を生み出す – REVIEWS

キタニタツヤ 『Seven Girls' H(e)avens』 ヨルシカのサポートも担うSSWが、ナイーヴな歌唱とタイトなリズムで独自の世界を生み出す

Sunrise In My Attache Case 『Fireworks』 山下達郎からチェインスモーカーズまでを養分に、リゾート&アーバンなサーフ・ロックを展開する関西の4人組 – REVIEWS

Sunrise In My Attache Case 『Fireworks』 山下達郎からチェインスモーカーズまでを養分に、リゾート&アーバンなサーフ・ロックを展開する関西の4人組

サンパ・ザ・グレイト 『The Return』 ザンビア系オーストラリア人ラッパー/シンガーのアーシーなネオ・ソウル絵巻 – REVIEWS

サンパ・ザ・グレイト 『The Return』 ザンビア系オーストラリア人ラッパー/シンガーのアーシーなネオ・ソウル絵巻

ヴァー 『The Never-Ending Year』 シガー・ロスと同郷アイスランドのポスト・ロック・バンドが奏でるダイナミックでメロディアスな激情サウンド – REVIEWS

ヴァー 『The Never-Ending Year』 シガー・ロスと同郷アイスランドのポスト・ロック・バンドが奏でるダイナミックでメロディアスな激情サウンド

ジョー・アーモン・ジョーンズ 『Turn To Clear View』 南ロンドン・ジャズから目が離せない。ジョージア・アン・マルドロウら参加のメロウでソウルフルな2作目 – REVIEWS

ジョー・アーモン・ジョーンズ 『Turn To Clear View』 南ロンドン・ジャズから目が離せない。ジョージア・アン・マルドロウら参加のメロウでソウルフルな2作目

ヤン・ガルバレク&ヒリヤード・アンサンブル 『Remember Me, My Dear』 〈オフィチウム〉から25年、アルメニアの作曲家に始まりスコットランドの歌で終わる新作 – REVIEWS

ヤン・ガルバレク&ヒリヤード・アンサンブル 『Remember Me, My Dear』 〈オフィチウム〉から25年、アルメニアの作曲家に始まりスコットランドの歌で終わる新作

GANG PARADE、m-flo、PIZZICATO FIVEが表紙で登場! タワーレコードのフリーマガジン〈bounce〉432号発行 – TOPICS

GANG PARADE、m-flo、PIZZICATO FIVEが表紙で登場! タワーレコードのフリーマガジン〈bounce〉432号発行

ライトニング・シーズが初来日! Billboard Liveで最強サッカー・アンセム“Three Lions”を大合唱しよう – COLUMN

ライトニング・シーズが初来日! Billboard Liveで最強サッカー・アンセム“Three Lions”を大合唱しよう

【Pop Style Now】第59回 ジュリアン・ベイカーが歌う〈東京〉、リズ・フェア9年ぶりの新曲など、今週の洋楽ベスト・ソング52019年10月4~11日 – SERIES

【Pop Style Now】第59回 ジュリアン・ベイカーが歌う〈東京〉、リズ・フェア9年ぶりの新曲など、今週の洋楽ベスト・ソング5

ハウシュカと共にドビュッシーをリメイクした、JessicaとMizuha Nakagawaへのインタヴューが公開 – TOPICS

ハウシュカと共にドビュッシーをリメイクした、JessicaとMizuha Nakagawaへのインタヴューが公開

【西山瞳の鋼鉄のジャズ女】第19回 BABYMETAL『METAL GALAXY』を全曲レヴュー!メタラーのジャズ・ピアニストがHR/HM愛を綴ります – SERIES

【西山瞳の鋼鉄のジャズ女】第19回 BABYMETAL『METAL GALAXY』を全曲レヴュー!

tip top nap、Mahina Apple & Mantis、角銅真実、浦上想起――TOWER DOORSが10月第2週に紹介した楽曲をプレイバック – TOWER DOORSブログ

tip top nap、Mahina Apple & Mantis、角銅真実、浦上想起――TOWER DOORSが10月第2週に紹介した楽曲をプレイバック

「フェスティバル/トーキョー19」対談 マグダ・シュペフト × 小林エリカ――聞こえない声に耳をすます – INTERVIEW

「フェスティバル/トーキョー19」対談 マグダ・シュペフト × 小林エリカ――聞こえない声に耳をすます