Technology
News

CNET Japan

キヤノン、移動ロボット市場に参入–日本電産子会社に映像解析ソフトを提供

キヤノンは8月5日、カメラを用いて自己位置推定と環境地図作成を同時に行う「Visual SLAM技術」を含む映像解析ソフトウェアの提供を開始したと発表した。日本電産グループの日本電産シンポと協業を開始する。

アカツキ、eスポーツ実業団を設立–ゲーム会社で働きながら選手として活動

アカツキは8月6日、eスポーツ実業団「Team UNITE」(チーム ユナイト)を発足したことを発表。ゲーム会社で働きながらeスポーツ選手としても活躍するという、eスポーツチームの新たなエコシステムの構築を目的としているという。

Windows 10の「スマホ同期」、連携スマホのアプリ操作が可能に–ただし「Galaxy」限定

Microsoftは、テスター向け最新プレビュービルド「Windows 10 Insider Preview Build 20185」の提供を始めた。

KDDIら、テレビ操作で注文した食料品をドローン配達–長野県伊那市で

KDDIと伊那ケーブルテレビジョン(ICT)、長野県伊那市は、テレビ操作で注文した食料品などをドローンで配達するサービス「ゆうあいマーケット」を開始した。

LINE、指定のURLからグループビデオ通話に参加できる「LINEミーティング」機能を公開

LINEは8月6日、コミュニケーションアプリ「LINE」において、指定のURLにアクセスするだけでグループ通話に参加できる新機能「LINEミーティング」の提供を開始した。

Mad Catzのアーケードスティックが復活–新製品「EGO Arcade FightStick」を発売

香港に拠点を置くMad Catz Globalは8月6日、トーナメントグレードのジョイスティックや高耐久ボタンを採用したアーケードスティック「EGO Arcade FightStick」を国内発売すると発表。ゲームパッドやゲーミングマウスの新製品とあわせて、4月下旬に販売する。

Algoage、顔画像解析AI活用し建設現場で健康管理–大豊建設のシステム開発へ

Algoageは、顔画像解析AIを活用し、健康リスクの予測・分析機能を備えた、大豊建設の作業員健康管理システムの構築を開始した。

PASMO、Apple Payへの対応を発表–2020年中には利用可能

PASMO協議会は8月6日、2020年中にApple PayにおいてPASMOを利用できるようにすることを発表した。

「CLIP STUDIO PAINT」にGalaxy版登場–Sペンの筆圧感知に対応

セルシスは8月6日、サムスンのGalaxyシリーズに対応した「CLIP STUDIO PAINT for Galaxy」を、8月21日より全世界のGalaxy Storeでリリースすると発表した。

神戸市、職員向けに「ARグラス」を使った体験会–将来の活用アイデアを検討

神戸市は、先進的な技術の活用で社会課題を解決する「Be Smart KOBE」で採択された「ARを利用した新しい情報インフラの実証実験」に向けた最初の取り組みとして、ARグラスを利用した地図情報共有サービスを体験するデモを市職員向けに実施した。

マイクロソフト、「Edge」で起きたクラッシュ問題の原因を説明–グーグルが協力

先日、デフォルト検索エンジンがGoogleに変更されている場合にChromium版「Edge」がクラッシュする問題が発生した件について、マイクロソフトが原因を説明した。

フォースタートアップス、SMBCグループと提携–スタートアップのデータプラットフォーム構築

フォースタートアップスは8月6日、三井住友銀行、SMBCベンチャーキャピタル、SMBCヒューマン・キャリアの3社と、成長産業支援の強化に向けた業務提携の覚書を締結したと発表した。

新型スマートウォッチ「Galaxy Watch3」発表–心電図機能や回転式ベゼルを搭載

サムスンがスマートウォッチの新製品「Galaxy Watch3」を発表した。回転式のベゼルが復活し、心電図や血中酸素飽和度の測定機能も搭載されるが、一部の機能は後日提供となるようだ。

ドコモのサービス紹介で成果報酬が得られる「ドコモ アフィリエイト」–d払いやdマガジンなど

NTTドコモは8月6日、ウェブサイトやブログなどで「d払い」や「dマガジン」といった商品やサービスを紹介すると、成果に応じて報酬を得ることができる「ドコモ アフィリエイト」の提供を開始した。

都市型フードデリバリーナンバーワンを目指す–シン、「Chompy(チョンピー)」を正式スタート

シン(SYN)は8月6日、フードデリバリーサービス「Chompy(チョンピー)」の正式サービスをスタートすると発表した。

サムスン、「Galaxy Note20」「Galaxy Note20 Ultra」発表

サムスンは新しいフラッグシップモデル「Galaxy Note20」「Galaxy Note20 Ultra」を発表した。

PC感覚で使える5G対応タブレット「Galaxy Tab S7/S7+」発表

サムスンがタブレットの新機種「Galaxy Tab S7」と「Galaxy Tab S7+」を発表した。米国で販売されるタブレット端末としては初めて5Gに対応するほか、クリップ式キーボードを用意し、ノートPCに近い使い勝手を実現している。

日鉄興和、マンションエレベーターに「非接触ボタン」–手をかざすだけ、触らず操作

日鉄興和不動産は、分譲マンションに手をかざすことによりエレベータを操作できる「非接触ボタン」の機能を搭載すると発表した。新たな生活様式や居住者のニーズに対応する。

ノイキャン対応の無線イヤホン「Galaxy Buds Live」登場、約1万8000円

サムスンは米国時間8月5日、「Unpacked」イベントで新型ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Live」を発表した。

リマールエステート、香港CM2とパートナーシップを締結–アジアの不動産DXを加速化

リマールエステートは、アジアにおける不動産デジタルトランスフォーメーション(DX)の加速化を目的として、AIとブロックチェーンで不動産トークン化を提供する、香港のCM2とパートナーシップを締結した。

Engadget

鬼才ゴードン・マレーのスーパーカー『T.50』公開。古くて新しい技術が「ルールブックを書き換える」

1970~80年代のF1にいくつもの名車を生み出した鬼才デザイナー、ゴードン・マレー氏が、2022年に発売予定の究極のスーパーカー「T.50」を初公開しました。

自動レーザー照射で猫ちゃんを退屈にさせない「Smart Dot」先行販売開始

ジーフォースは8月5日からMakuakeにて、猫専用ガジェット・トイ「Smart Dot」のクラウドファンディングを開始しました。一般販売予定価格は7700円(税込み)ですが25%OFFなどの早割り価格で購入可能です。プロジェクト期間は9月13日までです。

ビックカメラ、Nintendo Switch 抽選受付を開始 8月7日午前6時59分まで

ビックカメラのネット通販サイト「ビックカメラ.com」は、任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」の抽選販売を行います。申し込みは8月7日午前6時59分まで受け付けています。

共有スマホでも安心、PIN保護付き「安全なフォルダ」機能がGoogle製ファイル管理アプリに搭載

Androidのファイル管理アプリ、Files by GoogleにPINを使ったファイル保護機能「安全なフォルダ(Safe Folder)」が追加されます。いわゆるセキュリティフォルダですが、Galaxyなどの一部端末では独自に対応していることがあるものの、Android自身にはその仕組みはありませんでした。

『あつまれ どうぶつの森』が実売2000万本突破、歴代記録を大幅更新。任天堂Q1売上も倍増

四半期に一度のお楽しみ、任天堂がQ1(4~6月)の決算を発表しました。 売上高は前年同期比で倍の3581億円、営業利益は4.3倍の1447億円(利益率40.4%)、純利益は5.4倍の1064億円という好調な内容です。

鳥っぽいラジコン飛行機「MetaFly」GREEN FUNDINGで先行販売開始

スパーキークリエイトは、XTIM SASの代理店としてラジコン飛行機「MetaFly」の先行販売をGREEN FUNDINGにて開始しました。一般販売予定価格は1万6500円(税込み)ですが、32%OFFなど割り引き価格で購入可能です。プロジェクト期間は9月15日23:59までです。

アップルを意識するサムスンが「Galaxy Note20」を投入する狙い(佐野正弘)

なぜサムスンは「Galaxy Note20」シリーズでアップルをライバルに据えるのでしょうか。IT業界に詳しいジャーナリストの佐野正弘さんが分析します。

Apple Silicon版MacBook Airは駆動時間がさらに長く? 内蔵バッテリーらしき写真が公開

アップルのバッテリーが韓国規制当局による安全認証を受け、公開された写真から新型MacBook Airが準備中である可能性が浮上。

Uber Eats、配送料を無料する定額サービスEatsパス

Uber Eatsは、月額980円のサブスクリプション(定額)サービス「Eatsパス」を提供開始しました。

PayPay、9月から10%還元 全額還元のジャンボも同時開催

スマホ決済のPayPayは9月から、対象のオンライン加盟店でPayPayを使うと、10%のPayPayボーナスを付与する「またまたオンラインがお得!10%戻ってくるキャンペーン」を実施します。

PASMO、年内にiPhone / Apple Watchに対応

PASMO協議会は、交通系ICのPASMOが年内にApple Payに対応し、iPhone / Apple Watchで利用可能になると発表しました。サービスの内容や開始日は詳細が決まり次第案内します。

iPhone 12(仮)内部に磁石のリング? 無線充電マット固定のためか

今年のフラッグシップiPhone 12(仮)は例年より発売が遅れると予告されながらも、量産は順調に進んでいると見られています。

黒船来航から5Gまで──日本の国際通信150年史を振り返る「バーチャル博物館」KDDIがウェブ公開

日本の国際通信150年の歴史を振り返る「KDDI バーチャルミュージアム」をKDDIがウェブ上で公開しました。スマートフォンやPC、VRゴーグルからアクセスできます。

「子どもは新型コロナに免疫ある」トランプ大統領の誤った投稿をFacebookが初めて削除

Facebookが、ドナルド・トランプ大統領による「子どもはCOVID-19に対してほぼ免疫がある」という誤った考えを主張する動画を含む投稿を…

Pixel 4a 5GとPixel 5、10月に予約開始か。フランスGoogleがうっかり漏洩

フランスのGoogleがPixel 4a発表のブログ記事の中で、Pixel 4a 5GとPixel 5を10月8日から予約開始すると掲載していました。

ペンの遅延が低減した Galaxy Note20 / Ultra はテレワーク需要に応える完成度(山根博士)

山根博士いわくサムスン電子の最新スマホ「Galaxy Note20 / Ultra」はニューノーマル時代に相応しいとのこと。一体どのように進化したのでしょうか。独自の視点で解説して頂きました。

27インチiMac(2020)はサードパーティ製メモリに交換可能。公式CTOとの価格差は最大約16万円

アップルは27インチiMacの新モデルを発表しましたが、本製品は前2019年モデルと同じくユーザーがメモリスロットにアクセス可能で、メモリ交換や増設が可能な仕様となっています。

国産フードデリバリー Chompy 本格始動。送料無料でUber Eatsに対抗、そのカラクリは

Uber Eats対抗となる国産フードデリバリー「Chompy」 (チョンピー)が本日(8月6日)より正式サービスを開始しました。

mineo、SIMフリー iPhone SE 第2世代を発売 4万6800円から

格安スマホのmineoは8月7日、国内版SIMフリー「iPhone SE(第2世代)」を発売します。申し込みはWEBで受け付けます。

『まるで鉛筆』な木製デジタルペン、ワコムが8月7日発売

ワコムは8月7日、三菱鉛筆とのコラボ製品デジタル鉛筆「Hi-uni DIGITAL for Wacom」を発売します。ワコムストアと一部家電量販店にて販売予定でワコムストアの販売価格は税込み3960円です。

ITpro

クラウドのリスク緩和に役立つ7つのヒント(上)(クラウドのリスク緩和に役立つ7つのヒント)

 クラウドサービスは企業に定着し、クラウド旋風に乗る業務は年々増えている。かつては、クラウドサービスというと基本的なストレージや顧客管理などに限られていたが、今やERPなど...

データから未来を予測、プレディクティブアナリティクスとは(下)(データから未来を予測、プレディクティブアナリティクスとは)

 プレディクティブアナリティクスのモデルでは、予測モデリングのあらゆる手法を活用できる。特定の製品やサービスでのみ使える手法も多いものの、決定木、回帰、ニューラルネット...

GDPR準拠、グローバルITリーダーの4割近くが遅れを認識(CIOニュース)

 英Harvey NashとオランダKPMGは、世界のITリーダーを対象にした年次調査の最新版「Harvey Nash / KPMG CIO Survey 2018」の結果を発表した。データセキュリティとプライバシーへの対応強化に乗り出...

Siriが待望の進化、Shortcuts機能を搭載(Computerworldニュース)

 米Appleの開発者向けイベント「WWDC 2018」を迎えるにあたって皆が望んでいたのは、「Siri」が何らかの進化を遂げることだった。うれしいことに、iOS 12でその願いがかなった。「Shortcuts(...

データから未来を予測、プレディクティブアナリティクスとは(中)(データから未来を予測、プレディクティブアナリティクスとは)

 現在の企業では、プレディクティブアナリティクスのあらゆる活用法が見られる。導入企業の業種は、金融、ヘルスケア、小売、サービス、医薬、自動車、航空宇宙、製造など、多岐に...

安値で買えるワイヤレス充電パッド2製品(Computerworldニュース)

 iPhoneやAndroidスマートフォンのうち、最近発売された製品は、便利なワイヤレス充電に対応している機種も多い。しかしこの機能を活用していない人もいると思う。

英内務省の機関、ITモダナイゼーションプロジェクトに失敗(Computerworldニュース)

 英内務省の機関である前歴開示・前歴者就業制限機構(DBS)が実施したITモダナイゼーションプロジェクトが、「無能の極み」との烙印を押された。予定より4年以上遅れているうえ、費...

iOS 11.4が登場、AirPlay 2実装やHomePodステレオペアなど(CIOニュース)

 米Appleは、2018年3月末にリリースしたiOS 11.3で、バッテリー管理機能、アニ文字、ARKitなどを強化したが、昨年の開発者向けイベント「WWDC」で発表した主要な機能のいくつかを、いまだに...

IT部門のコラボレーションツール、社員に選択を任せるメリットは(中)(IT部門のコラボレーションツール、社員に選択を任せるメリットは)

 IT部門が使うコラボレーションソフトウエアの選択権を当人たちに与えることで、生産性が高まり、フラストレーションが抑えられるとPalm氏は言う。CIOが統制を完全に放棄すべきではな...

企業のサイバーレジリエンス、侵害の衝撃を抑えるには(前)(企業のサイバーレジリエンス、侵害の衝撃を抑えるには)

 従業員全員がセキュリティの専門家である必要はない。しかし、開発など技術系の社員であれば、会社全体にとってセキュリティが持つ重要性を理解する必要がある。防御のオペレーシ...

Appleの自動運転車、Volkswagenのバンを改造して登場か(Computerworldニュース)

Appleの自動運転車、Volkswagenのバンを改造して登場か

Apple、2017年にiPhoneのバッテリーを有償で交換した人に50ドルを返金(Computerworldニュース)

 米Appleは昨年末、バッテリーの劣化で予期せぬシャットダウンや性能低下に見舞われているiPhone 6/6s/7ユーザーに向けた措置として、新品のバッテリーへの交換料金を正規の79ドルから...

CPU脆弱性、新種「Variant 4」の存在が明らかに(CIOニュース)

 CPU脆弱性「Meltdown」「Spectre」の幻影は、これから何年にもわたってコンピューティング業界を悩ませることになりそうだ。両脆弱性に関しては、初動のパッチ提供の取り組みが終わりに...

データやプライバシーの侵害通知、プラン策定のヒント(後)(データやプライバシーの侵害通知、プラン策定のヒント)

 通知に関して同じような要件が複数の法令で定められていたとしても、個別の状況に対して同じように当てはまるとは限らない。それぞれの法令が中心的な概念をどのように定義してい...

ITリスク管理とイノベーションを両立するためのヒント(中)(ITリスク管理とイノベーションを両立するためのヒント)

 自社のリスクやインシデントについて現状を把握するうえで、監視ツールは重要な役割を果たしている。だが、監視ツールには限界がある。特に、環境の変化への対応という面において...

Firefox 61 Developer Edition、デバッグ機能を強化(CIOニュース)

 米MozillaのWebブラウザー「Firefox 61」の「Developer Edition」が公開された。コードのデバッグ機能や、開発ツールの使い勝手が強化されている。

データやプライバシーの侵害通知、プラン策定のヒント(前)(データやプライバシーの侵害通知、プラン策定のヒント)

 自分の会社でデータ侵害が生じたことが判明し、世界各地にいる顧客の個人情報が流出したとする。これが2018年5月25日を過ぎてからの話なら、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDP...

Microsoftが「Surface Hub 2」を発表、コラボレーションに主眼(Computerworldニュース)

 米Microsoftは、デジタルホワイトボード「Surface Hub」の新型モデル「Surface Hub 2」を発表した。ソフトウエアとハードウエアのそれぞれでコラボレーション機能を強化している。販売開始は...

AIの搭載でBIが賢く便利に(下)(AIの搭載でBIが賢く便利に)

 AI機能の搭載を後押ししているのは、処理能力の向上、より先進的なアルゴリズム、クラウドコンピューティング、標準インタフェースだ。

Huawei Watch 2、eSIM搭載の2018年モデルが登場か(CIOニュース)

 数々の情報リークで有名なEvan Blass氏が、中国Huawei Technologiesのスマートウオッチ「Huawei Watch 2」に関して、eSIMを搭載した2018年モデルの情報を流した。

TechCrunch Japan

LINEが指定URLにアクセスするだけで最大500名でグループ通話を行える新機能「LINEミーティング」公開

 LINEは8月6日、コミュニケーションアプリ「LINE」において、トークを作らずとも、指定URLにアクセスすると最大500名がグループビデオ通話に参加できる新機能「LINEミーティング」の提供を開始した。スマートフォン版LINEのバージョン10.13.0以上、パソコン版バージョン6.2.0以上で利用可能。 Read More

Disrupt 2020でバーチャルネットワーキングを最大限に活用する方法

 「Disrupt… Read More

トップモバイルアプリ、競争激化で人気に陰り

 モバイルアプリのダウンロードと利用がかつてないほどに増えている。App Annie(アップアニー)の最近のデータによると、モバイルユーザーのアプリ平均所持数は2015年12月時点で85個だったが、2019年12月時点では93個に増えている。 Read More

サムスンのGalaxy Tab S7では5G対応モデルも登場へ

 サムスンは5Gに本腰を入れている。同社は次世代ワイヤレス技術のアーリーアダプターであり、新たに発表されたGalaxy Note20にも導入した。そしてサムスンの新型タブレットは、アップグレードオプションとして5Gへの接続に対応することになる。 Read More

NVIDIAのGPUで新型コロナ研究中のAIスタートアップElixがアステラス製薬と共同研究開始

 AIスタートアップのElixは8月6日、アステラス製薬との共同研究を7月から進めていることを明らかにした。 Read More

データエンジニアの悪夢を解消するプラットフォームDatafoldがまもなくデビュー

 … Read More

米国障害者法は施行30周年を迎えるが、テック業界のアクセシビリティ対応はまだ始まったばかり

 Americans with Disabilities Act of… Read More

オンデマンド配達のDoorDashが2000品目を扱うデジタルコンビニを米国8都市で立ち上げ

 オンデマンド配達スタートアップDoorDash が、家庭用品アイテムや、コンビニエンスストアで目にするような種類の商品を扱うデジタル店舗を開いた。 Read More

シード期起業家・起業を目指すU25向けのアクセラレータープログラム「Re:Vive」が第1期募集を開始

 Next Edgeは8月6日、シード期の起業家・起業を目指すU25向けのアクセラレータープログラム「Re:Vive」の第1期募集を開始した。募集期間は8月26日までで、採択企業には4ヵ月間のプログラムを提供する。 Read More

東大・仏国立研究所発スタートアップのコーピー、AI運用・品質管理プラットフォーム「CONFIDE」をプレローンチ

 東京大学・フランス国立情報学自動制御研究所(Inria)発のAIスタートアップであるコーピーは8月6日​、ドメイン特化AIの運用・品質管理を簡単に実現可能にするサービス「CONFIDE」(コンファイド)をプレローンチした。 Read More

TwitterのAndroid版でダイレクトメッセージに不正アクセスの可能性

 Twitter(ツイッター)は、同サービスのAndroidアプリユーザーのダイレクトメッセージが、セキュリティーのバグによって露出した可能性があることを発表した。ただしこの脆弱性が悪用された形跡は見つかっていない。 Read More

ダークモード対応のモバイル向けG Suiteが登場、Docsには自動補完機能、パワポやワードの編集も可能に

 グーグルは米国時間8月5日、モバイル版G Suiteの生産性アプリの大幅なアップデートを発表した。これらのアップデートの中には、Docs、Sheets、Slidesにダークテーマが追加されたほか、モバイル上のDocsにGoogleのSmart Composeテクノロジーが追加された。 Read More

サムスンがスクリーンやヒンジを改善した新折り畳みスマホ「Galaxy Z Fold 2」を発表

 サムスンはバーチャル開催のUnpackedイベント向けに5つの「パワーデバイス」を約束していた。Note 20、Galaxy Watch 3、Tab S7、Buds Liveはもう分かっている。で、残る1つは? 我々はこれまでの記事をベースに、Samsungが新たなフォーダブルをデビューさせるはずと推測した。 Read More

FB MessengerをFacebook外の顧客でも利用できるビジネス向けプラグインをリリース

 Facebook(フェイスブック)は、そのMessenger(メッセンジャー)サービスを、各企業が自社のウェブサイト上で簡単に活用できるようにし続けている。 Read More

SpaceXがStarshipのホップ飛行と着陸動画を公開

 SpaceXは米国時間8月4日の火曜日の夜、宇宙船Starshipの開発プログラムを大きく進展させ、プロトタイプ機ことSN5をRaptorエンジン1基で推進し、約500フィート(約150m)の高度まで飛行させた。 Read More

ウェブサイトのビジターを見込み客にするQualifiedは営業とマーケティングの革命を目指す

 Salesforceの役員だったクレイグ・スウェンスラッド氏とショーン・ホワイトリー氏が創業したQualifiedが、シリーズAで1200万ドル(約12億7000万円)を調達した。CEOのスウェンスラッド氏によると、同社の目的は彼がSalesforceのCMOだったときに直面した問題を解決することだという。 Read More

オンライン連載小説のスタートアップRadishがソフトバンクとKakaoから67億円を調達

 … Read More

マイクロソフトがXboxクラウドゲームと連動するモバイルゲームアクセサリ発表

 Microsoftは米国時間8月4日午前、公式ブログでいくつかの新製品を発表した。製品ランナップでは、ゲームアクセサリに興味を持つ人なら誰でも知っているはずのブランドから5種類の認定デバイスが登場する。また9月15日のXbox Game Pass Ultimate発売を前に、すべての製品の予約受付が開始されている。 Read More

量子コンピューティングのRigettiが約83億円のシリーズCラウンドをクローズ

 IBMやMicrosoft、D-Waveといった業界大手に挑む量子コンピューティングスタートアップのRigetti Computing(リゲッティ・コンピューティング)は米国時間8月4日、7900万ドル(約83億円)のシリーズC資金調達ラウンドをクローズしたと発表した。 Read More

新型コロナ下でも成長を続けるDisney+が会員数6050万に到達

 The Walt Disney CompanyのCEOであるBob Chapek(ボブ・チャペック)氏によると、Disney+の有料会員は8月3日現在で6050万人あまりに達した。チャペック氏はその数字を、最新の決算報告で発表した。 Read More

TECHWAVE

完璧じゃないことが希望、台湾デジタル大臣 オードリー・タン氏 すべてを語る #IVS2020

ITスタートアップ&投資家らが一堂に集あつまるカンファレンス&ネットワーキングイベント「IVS(Infinity Ventures Summit)2020 ONLINE」で、台湾のデジタル大臣 唐鳳=オードリー・タン(A […]

「全ての人が集い弔うために」斎場の「Insta 360 Pro2」ライブ配信に注目集まる

葬祭から婚礼、介護にいたる事業を展開する「こころネットグループ」(ジャスダック:6060)傘下の北関東互助センター(栃木県宇都宮市)が2020年7月9日にオープンした、多様な葬儀スタイルに対応した新しい斎場「とわノイエ […]

全米トップ検索サイトyelp 掲載店舗の41% の小売店が閉鎖 岩瀬昌美 @masamiiwase1

 ここアメリカではレストラン、ネイルサロン、ヘアサロンと少しづつ店舗が開き出していますが、アメリカでポピュラーな店舗検索サイトのyelp によると掲載店舗の41% の小売店が閉鎖されたままであり,そのうちの多くは廃業した […]

アメリカではCOVID-19で死んだはずのあのダサい商品がミレニマル世代にカムバック 【岩瀬昌美 @masamiIwase1 】

コロナの影響はいたるところに見られまだステイホーム中のアメリカですが、AD AGEの最新号ではコロナの影響で消費者心理に大きな影響が出ているとのことです。 ミレニマル世代はエコやヘルシーがキーワードでしたが、今売れている […]

コリジョン・フロム・ホーム活用法:ネットワーキング編

新型コロナウイルスの影響を受け、多くのイベントがオンラインに移行しており今世界では実に多くのオンラインセミナーやイベントをみかけるようになりました。オンラインイベントでのネットワーキングを皆さんはどのように考えていますか […]

悪質動画スパムが再び深刻化、Facebookに「Video〜」というメッセージが届いたら要注意

Facebookのメッセージに「YouTube Video XXXX(名前)」という内容のメッセージが届いたら要注意。 例えそれが信頼できる友人や知人からのメッセージだとしても、決してクリックしてはならない。 クリックし […]

「HOMMA ONE」完成、日本住宅連合が米国で住宅販売へ

「日本の技術の集約した建売住宅を米国で販売する」ー シリアルアントレプレナー本間毅氏が2018年7月31日に発表した「HOMMA ONE(ホンマ ワン)」のプロトタイプが遂に完成した。場所はアメリカ合衆国カリフォルニア州 […]

日本一の初号機を上回るペースで2600万円達成、glafitの「X-SCOOTER LOM」のクラウドファンディング

スマートモビリティ製品の開発を行うglafitが昨日(2020年5月28日(木))スタートした新製品「X-SCOOTER LOM(クロススクーター・ロム」のクラウドファンディング・キャンペーンは、開始後およそ18時間ほど […]

TechWAve YouTubeプロジェクト再起動

2年ぶりにTechWaveのYouTubeチャネルが再稼働します。さまざまな取材コンテンツなどをアップしていきますので、フォローをよろしくお願いいたします。 YouTubeプロジェクトで今後進めること TechWave新 […]

開始後53分で達成、glafitの「X-SCOOTER LOM」のクラウドファンディング・キャンペーン

スマートモビリティ製品の開発を行うglafitがは本日(2020年5月28日(木))スタートした新製品「X-SCOOTER LOM(クロススクーター・ロム」のクラウドファンディング・キャンペーンは、開始後53分で目標額の […]

クラウドファンディング日本一を達成したglafitが最新プロジェクト「X-SCOOTER LOM」のキャンペーン開始

スマートモビリティ製品の開発を行うglafit社は本日(2020年5月28日(木)、最新モデル「X-SCOOTER LOM(クロススクーター・ロム」のクラウドファンディング・キャンペーンを開始した。 正規の販売予定価格は […]

コリジョン・フロム・ホーム活用法:スタートアップ編

新型コロナウイルスの影響により、全世界で新規ビジネスの機会が模索されています。スタートアップの資金調達方法についてもチャレンジングな状況が続いています。そんな中、開催されるコリジョン・フロム・ホーム。あの北米最速成長率を […]

北米最速成長率を誇るテックカンファレンス”コリジョン”:ヘルステックスタートアップ”Headspace”の 共同創始者兼CEOリッチ・ピアソン登壇決定!

2020年2月、シリーズCラウンドで93Mドル(約102億円)を調達した瞑想アプリHeadspaceの共同創始者兼CEOのリッチ・ピアソン氏がCollision from Homeに登壇することが決定。 Headspac […]

ビジネスや個人に不況を乗り切る力を与える3つのテクノロジー(ゲスト投稿)

寄稿 TechWaveではさまざまな分野・国と地域からの寄稿を受け付ける取り組みを始めています。新型コロナウイルスの脅威を切り抜けつつある中国圏のゲストライター Mr.BlockChain 氏による寄稿です。パンデミック […]

[3分でわかる] テレワーク環境(入門編 1/2)、低コストで15年日常運用実績あり

[Re:workRe:work] テレワーク・リモートワークへの対応を余儀なくされている今、テレカンファレンス環境構築に頭を悩まされてはいないだろうか? 最大の問題は、使い勝手。マイクやスピーカー、カメラまでも搭載された […]

北米最速成長率を誇るテックカンファレンス”コリジョン”にWHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェソス氏が登壇決定!

北米カンファレンス史上最速の成長率を誇るテクノロジーカンファレンス、Collision(コリジョン)がにWHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェソス氏の登壇が決定しました。 世界保健機関(WHO)によると、オンラインで開催 […]

フェイスブック 今日ローンチされるフェイスブックショップは業界を一掃する⁉ 【岩瀬昌美 @masamiIwase1 】

今日FacebookのCEO マーク・ザッカーバーグが 今日アメリカでローンチされるFacebook SHOPについて 自身がSTORYでE-プレスコンフェランスを出しました。 その驚愕の内容は、 「今31%のスモールビ […]

ビジネスチャット「Slack」一時障害、「チャットが使えないから仕事がてきない」その落とし穴

ビジネスチャットサービスの世界的サービス「Slack」は日本時間の本日(2020年5月13日)早朝から11時30分頃にかけて、サービスが使用しにくい状態になった。現在は復旧済みと発表。 ビジネスチャットに依存することの多 […]

ecboが新展開、飲食店を全国向けミールキット対応店にする「ecbo kitchen(エクボキッチン)」スタート

店舗や施設の遊休スペースを荷物預かり所として活用するシェアロッカー事業「ecbo cloak(エクボクローク)」を展開するecbo社は本日(2020年5月12日)、飲食店のメニューをミールキット(料理キット)として全国に […]

コロナ下の高級食材D2Cが高級レストランを破壊する?

アメリカの高級寿司屋のネタはそれこそ日本直送ということで、おひとり様が数百ドルと言うところもままありました。 それがこのコロナ下、高級寿司レストランは自粛閉店またはテイクアウトのみのため、高級レストランに卸していたWHO […]

THE BRIDGE

なぜ、yutoriはZOZOを選んだのか

何年かスタートアップで取材を続けていると、初めての取材に緊張した面持ちだった起業家があっという間に世の中を動かす経営者に変身してしまう事態に遭遇する。嬉しくもあり、同時にスタートアップ初期の未完成さが名残惜しい。 数日前にZOZOへグループインしたニュースで話題を集めたyutoriの代表片石貴展氏も、私の中ではその1人だ。今回のニュースに関して取材でオフィスを訪れたとき、彼は”インスタ起業家”では...

「GO FUND」が初の投資実行、ファーストクローズを近日に控え新たなLP参画も明らかに

クリエイティブエージェンシーの The Breakthrough Company GO(以下 GO)は4月、同社初となるファンド「The Breakthrough Company GO FUND(以下 GO FUND)」の組成を発表した。そして、今日発表のあったフードデリバリアプリ「Chompy」を運営する SYN の調達は、GO FUND からの初の出資案件であることが明らかになった。 組成発表...

個店にフォーカス・配達料も安いフードデリバリ「Chompy」、プレシリーズAラウンドで6.5億円を調達——東急デパ地下からのお取り寄せも

東京・渋谷などを中心にフードデリバリサービス「Chompy(チョンピー)」を運営する SYN(シン)は6日、プレシリーズ A ラウンドで6.5億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、ANRI、Coral Capital、DCM Ventures、Delight Ventures、The Breakthrough Partners GO FUND。これは、同社が設立後まもない昨年6月に...

Amazonの自動配達ロボ「Scout」がエリア拡大中、国内はどうなる

ピックアップ:Amazon’s Scout robot deliveries expand to additional cities in Georgia and Tennessee ニュースサマリー:米Amazonが、自動配達ロボット「Scout」のサービス提供を新たにジョージア州アトランタとテネシー州フランクリンで開始する。これまでと同様に、小規模で特定の顧客をターゲットにした運用が行われる予...

拡大するスマートメーター活用ビジネス

ピックアップ:Kamstrup unveils first-of-its-kind smart meter solution ニュースサマリ―:デンマークのKamstrup社は、北米市場に向けてノイズパターンから漏水を検知する、最新の水道用スマートメーターソリューション「flowIQ 2200」の提供を開始した。同社は2020年初頭にスイスで開催されたイノベーションアワードで「Aqua Pro G...

米母親の74%がコロナ禍に不安、ママ友マッチングで“孤育て”解決を目指す「Social Mama」

ピックアップ:FemTech Apps Like SocialMama Make a Difference This International Friendship Day ニュースサマリー:ママ友作りアプリ「Social Mama」は、7月30日の国際友情デーを記念して、オンラインの「ママチャット」イベントを開催した。このイベントでは、母親たちがリアルタイムでチャットをしたり、国境を超えて育児...

密を測るAIセンサーでソーシャルディスタンシングを促進するDensity

サンフランシスコを拠点とし、AIを利用して人数を数える赤外線センサーを開発するスタートアップのDensityは7月28日、5,100万米ドルの資金調達ラウンドを完了した。 新型コロナウイルスのパンデミックにより、世界中の都市が企業、特に飲食店に対して、密を避けるために顧客数を制限している。さらにリモートワークへの移行と不景気から企業が物理的なオフィスを持つ必要性が疑問視されている。 Density...

株主総会開催効率化の「株主総会クラウド」が正式ローンチ、ユーザからのフィードバックを受け新機能を追加

ケップルは6日、スタートアップをはじめとする非上場企業の株主総会開催において、招集通知、委任状回収、開催履歴をオンライン完結できる SaaS「株主総会クラウド」を正式ローンチした。6月初めのβローンチからの2ヶ月間を経て、初期ユーザ約40社からヒアリング。それを受けて新機能が追加されることも明らかになった。 スタートアップを含む非上場企業の株主総会では、株主の多くの出席を伴った総会が開かれることは...

B向けKYCを提供するオーストリア発「kompany」、シリーズBラウンドでグローバル・ブレインなどから600万ユーロ(約7.5億円)を調達

B 向け KYC サービスを提供するオーストリアの RegTech スタートアップ kompany は5日、シリーズ B ラウンドで600万ユーロ(約7.5億円)を調達したと発表した。このラウンドはスイス拠点のマルチファミリーオフィス Fairway Global Investments がリードし、日本のグローバル・ブレイン、European Super Angels Club、kompany ...

「ネットで生鮮品を買う」はキャズムを超えるか

本稿はスタートアップ自身がストーリーを投稿する「POST」記事です 感染症拡大が小売に与える影響の大きさはご存知の通りです。 「ネットで生鮮品を買う」という大きなパラダイムシフトは起こるのかーー。 その答えは「ある課題」をクリアするために小売各社が大きく動いている今の現状をお伝えすることでご理解いただけるかもしれません。私たちフーディソンもまた、このコロナ禍という大きなうねりの中で、生鮮食料品のネ...

生鮮品ネットスーパー「perrot(ペロット)」フーディソンが公開

生鮮流通のデジタル化を手掛けるフーディソンは8月5日、生鮮食品のネットスーパー「perrot(ペロット)」の公開を伝えている。これは今年4月から開始した「うおポチマルシェ(β版)」の名称を変更したもので、このタイミングで商品ラインナップ等の拡充も実施している。 商品は魚や肉、野菜などの単品商品から、食材をセットにしたキットなどが選択可能。配送は注文日の翌日から1週間先までが選べる。配達時間は午後1...

月商1500万円生産者もーー食べチョク運営が6億円を調達、生産者は2200軒に拡大

生産者のオンライン直売所「食べチョク」を運営するビビッドガーデンは8月5日、6億円の増資を公表した。ジャフコをリード投資家に数社が第三者割当増資を引き受けたもの。調達ラウンドはシリーズBで、これに参加したのはリードに加えて既存投資家のマネックスベンチャーズ、 VOYAGE VENTURES、デライト・ベンチャーズ、NOWの各社。出資比率や払込日などの詳細は非公開。 調達した資金はマーケティング、人...

フィットネスクラブのデジタル化「hacomono」運営にALL STAR SAAS FUNDが1億円出資、新型コロナ影響で利用拡大

フィットネスジムやヨガスタジオなどの運営をデジタル化する「hacomono」を手掛けるまちいろは8月5日、ALL STAR SAAS FUNDを引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。2013年創業の同社が外部から資本を受け入れるのはこれが初めて。株価や払込日などの詳細は非公開。 hacomonoはフィットネスやヨガ教室、ダンススクールなど、月謝で運営する店舗の入会や予約、各種決済、会員管...

ベトナムのC2Cマーケットプレイス「Sendo」、合併ではなくシリーズDラウンドで資金調達を開始へ

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 ベトナムの EC マーケットプレイス「Sendo」は、急成長する EC 部門に資本を投入すべく、シリーズ D ラウンドで資金調達を開始する予定であると発表した。同社の CFO JJ ...

中国のEVスタートアップXpeng(小鵬)、 シリーズC+ラウンドで3億米ドルを追加調達——中国のEV市場復活への楽観論を反映か【報道】

電気自動車(EV)スタートアップの Xpeng Motors(小鵬)は、シリーズ C+ の一環として3億米ドルを追加調達し、今回のラウンドでの調達総額は8億ドルに達した。 重要視すべき理由:今回の取引は、2019年下半期に対する失望の後、中国の EV 市場に対する楽観論が高まっていることを反映している。2019年半ば、中国政府が購入補助金を約50%削減したことで、EV 販売は急落した。 また、20...

35億円調達のフォトシンス、キーレス社会の新戦略「Akerun ID」発表ーー三井不動産とは実証実験も

スマートロック「Akerun」を開発・展開するフォトシンスは8月4日、キーレス社会を実現するアクセス認証基盤「Akerun Access Intelligence(アケルン・アクセス・インテリジェンス)」と新サービス「Akerun来訪管理システム」を公表した。三井不動産とは来訪管理システムにおいて実証実験も開始する。 また、同社はこれに合わせて増資の実施も公表している。第三者割当増資の引受先となっ...

貸付投資「Funds」運営、電通と資本業務提携——企業がファン株主予備軍を育める「FinCommunity Marketing」を共同展開

企業と個人をつなぐ貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds」を運営するファンズ(旧クラウドポート)は4日、電通と資本業務提携を締結したことを明らかにした。ファンズが電通から調達した金額については明らかにされていない。 昨年11月、電通のスタートアップ支援プログラム「GRASSHOPPER」第2期のデモデイでグランプリに輝いた同社は、Finance とファンマーケティングを掛け合わせた「Fin...

宿泊権利売買サイト運営のCansell、新型コロナ対応で長期滞在特化の「Ellcano(エルカノ)」をローンチへ

宿泊権利売買の「Cansell」を運営する Cansell は4日、withコロナ・ポストコロナ対応時代に対応し、長期滞在に特化した宿泊予約リクエストアプリ「Ellcano(エルカノ)」をローンチすると発表した。ローンチ時期は9月を予定している。 Ellcano は、長期旅行・出張(3日〜)、ワーケーション(1週間〜)、ホテル住まい(2週間〜)を対象としたサービス。ユーザが尋ねたい宿泊施設を選び期...

小売デジタル化のhey、米Bain Capitalが70億円出資ーー予約集客のクービックを買収【報道】

STORESなどのコマース、決済プラットフォーム企業を傘下に運営するヘイ(hey)は8月4日、シリーズEラウンドの第三者割当増資の実施を公表する。 引受先となるのは米投資会社のBain Capital、香港投資会社のAnatole、ゴールドマン・サックス、PayPal、YJキャピタル、既存投資家としてWiLが参加する。シリーズE全体で調達した資金は非公開だが、同社の説明によるとBain Capit...

オフライン広告プラットフォーム「Bizpa(ビズパ)」が正式版を公開——βローンチから9ヶ月で、取扱広告商品数は27,000点を突破

ビズパは4日、同社のオフライン広告プラットフォーム「Bizpa(ビズパ)」の正式版をローンチした。Bizpa は2019年11月にβローンチ。今年4月の資金調達発表時には、正式版ローンチに向けて、ユーザフィードバックをもとに、広告商品を探しやすく使いやすい UI へと改善していく計画だとしていた。 Bizpa は屋外看板やデジタルサイネージ、紙媒体や店舗内ポスター、交通広告など幅広いオフライン広告...

WIRED

マイクロソフトは、GitHubのユーザーがくれた「チャンス」を生かせるか

マイクロソフトが買収を表明したGitHubは、いまやエンジニアたちにとって欠かせない存在だ。競合サーヴィスへの流出が懸念される一方で、マイクロソフトが進めてきたオープン路線に共感する声も出始めている。こうした機会をマイクロソフトは生かし、今後もGitHubを成長させ続けることができるのか。

地球と宇宙を“汚染”から守る、NASAの「惑星保護官」の知られざる悩み

米航空宇宙局(NASA)には、宇宙を汚染から守る「惑星保護官」という職務が存在する。汚染物質を地球から宇宙に持ち出したり、逆に持ち帰ったりしないようにするのが彼らの任務だ。その基準となる「クリーンであること」の定義については、そもそも宇宙に関する国際的な規制が冷戦時代に定められたものもあるほど古く、基準が科学に追いついていないのだという。火星探査に向けた計画が進められるなか、いかに基準をアップデートしていく必要があるのか。

2,500kmを無人飛行する大型ドローン、ブルガリア発の航空機として70年ぶりに開発中

ブルガリアで70年ぶりに開発されている航空機が注目を集めている。重いバッテリーではなくガソリンエンジンで飛行し、約360kgの貨物を積み最長で約2,500kmを飛ぶ無人のドローンだ。往来の配送用ドローンがバイク便とすれば、これはクロスカントリー・トラックともいえる。長距離の輸送ビジネスにチャンスを見出した兄弟のプロジェクトは成功するのか。

絵文字について研究者が真面目に議論したら、とても「熱い🔥」ものになった

日本から生まれた際に176種類だった絵文字は、現在は3,000種以上のコレクションを誇る。しかし、これまでは学術的な観点から研究されたことはなかった。近年は言語学者などが会議を開催して研究を持ち寄り、絵文字について熱く議論を繰り広げている。いったいどんな議論が交わされているのか。

コミコンを動揺させたジェームズ・ガン監督の解任と、ディズニーの事情

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』とその続編を監督したジェームズ・ガンが、過去の不適切なツイートを理由にディズニーから解雇された。コミコンでは名物司会者が元ガールフレンドによる虐待行為の申し立てが原因で出演が取り消されるなど、多くのファンが熱狂する「夢の世界」に立て続けに現実的な問題が押し寄せている。

「ポケモンGO」は消えていない──いまも根強い人気で大きく稼ぐ、その秘密に迫る

2016年に爆発的人気を誇った「ポケモンGO」。その最盛期が終わったからといって、人気が絶えたわけではない。リリースから2年間、このゲームは少しずつ様相を変えながら堅実に人気と収益を保ち続けていたのだ。その持続力の秘密を探った。

この映像だけ見れば、VWの電動レースカーが山岳地帯で出した記録の凄さがわかる

フォルクスワーゲンの電気レーシングカーが、山岳地帯を駆け抜ける過酷なレース「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」で打ち立てた過去最速の記録。その凄さがひと目でわかる映像がYouTubeにアップされた。車載カメラがとらえたクルマの動きと、ドライヴァーであるロマン・デュマの華麗なる運転テクニックをご覧あれ。

まるでバットモービルのような3輪のクルマが、自律走行時代の「運転」の意味を教えてくれた

見た目がバットモービルのような3輪の奇妙なクルマが発売された。ドアがなく、フロントガラスは半分しかないこのクルマは、とにかく騒々しくて快適とはいえず、快適に通勤にはまったく向いていない。だがまるでオートバイのような走行体験は、自律走行車が普及していく未来に向けて、クルマを運転する楽しさを改めて実感させてくれた。『WIRED US』版によるレヴュー。

アヴォカドの食べごろの期間が2倍に? 鮮度を保つ不思議なコーティング剤の秘密

アヴォカドの食べごろの期間を2倍に伸ばすというコーティング剤を米企業が開発し、スーパーなどでの利用が始まった。このコーティング剤、実は決して新しい成分でも発明でもない。野菜や果物の特性を利用し、防御力をパワーアップさせるものなのだ。いったいどんな仕組みなのか。

初代の“魔法”を受け継いだ「ルミネス リマスター」は、音と光と振動でプレイヤーを催眠状態へと誘う

「Rez」「Child of Eden」などで知られるクリエイターの水口哲也が、2004年に発表した『ルミネス』。音を軸にテトリスを再構築したこのパズルゲームの傑作が、今年『ルミネス リマスター』として復活した。初代の魔法をそのまま受け継いだリニューアル版は、ゲームにおける音楽の楽しさをさらに洗練させている。

男性の科学者は、女性と比べて「名字」だけで呼ばれやすい:研究結果

男性の科学者は、女性の科学者と比べて名字だけで呼ばれることが多い──。そんな研究結果をコーネル大学の研究者らが発表した。さらに別の実験では、名字だけで呼ばれるのは社会的に高い評価を受けている人であると、人々が考えがちであることが示されている。このようなジェンダーにまつわる偏見は、いったいなぜ生じるのか。

なぜFacebookでフェイクニュースの拡散が許されるのか? 「危害がないから」とザッカーバーグは言った

虚偽の情報を拡散するフェイクニュースサイトは、なぜFacebookから消えないのか──。そんな問いに答えたフェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグは言論の自由を引き合いに出しながら、「人に危害を加える」ような書き込みや情報については削除を徹底するのだと語った。では「危害がない」情報は? どうやらフェイクニュースは、それに該当するようだ。ザッカーバーグの説明を聞いてみよう。

ビヨンセとジェイ・Zの新作『Everything Is Love』に、進化するアルバムのかたちを見た

ビヨンセとジェイ・Zのジョイントアルバム『Everything Is Love』が発売された。シンプルで無駄なものを省いたこのアルバムは、ふたりの私的な3部作のフィナーレを飾るのにふさわしい出来映えとなっている。そして同時に「音楽業界のいま」を象徴し、ストリーミングの登場によって大きく変化した「アルバム」のかたちをあらわす作品でもある。

新型MacBook Proを分解したら、キーボード刷新の「真実」が明らかになった

アップルが新型のMacbook Proを発売した。より高速になったCPUや増量できるメモリーなどの着実な進化に加えて、話題になっているのがキーボードの刷新だ。第3世代となったバタフライキーボードの内部には、「タイピングの際の音を抑える」ためにシリコンの薄い膜が張られた。だが分解してみると、アップルの主張とは違った真実が見えてきた。

NASAの月探査計画を、中国はライヴァル視していない

米航空宇宙局(NASA)が、月への有人着陸に向けて2020年代に完成を目指している「月軌道プラットフォームゲートウェイ」計画。その有効性について、中国当局は疑問をもっているようだ。このほどアムステルダムで開かれたカンファレンスで、中国国家航天局の幹部が語ったこと。

マイクロソフトは「Surface Go」で、教育市場に食い込めるか

マイクロソフトがタブレット端末の低価格モデル「Surface Go」を発表した。日本では8月28日に発売されるこの端末によって、Surfaceシリーズのラインナップにリーズナブルな価格のモデルが揃う。一般消費者向けでの人気が期待されているが、マイクロソフトにとっては教育市場にどこまで食い込んでいけるかが重要な意味をもっている。

出会いから20年、坂本龍一とAlva Notoが語るイメージなき創造の立地点

2018年6月13日から17日まで、スペインのバルセロナにて音楽とアート、テクノロジーのフェスティバル「Sónar 2018」が開催された。6月15日に開催された坂本龍一とAlva Notoことカールステン・ニコライの対談「Two musical innovators」では、ふたりの出会いから現在に至るまでの音楽活動を振り返りつつ、抽象的なイメージを音楽として具現化するかというプロセスについて語り合われた。映画、空間にまで自らの創作を拡張する音楽家が創造のプロセスを開陳する。

アーモンドミルクは「ミルク」ではない──非乳製品の表記規制に米当局が動き出す

アーモンドミルクや大豆ミルクといった牛乳の代用品は、「ミルク」ではない──。このような見解を米食品医薬品局(FDA)が打ち出し、1年以内にも規制に乗り出すことが明らかになった。FDA長官のスコット・ゴットリーブによると、近くパブリックコメントの募集を開始し、新たなガイドラインを出す方針という。

ピニンファリーナの華麗なる復活は、2億円超の電動ハイパーカーから始まる

フェラーリなどの多数の名車のデザインを手がけたイタリアのピニンファリーナが、独自の電気自動車(EV)を開発中であることを明らかにした。何とお値段が2億円超というハイパーカーを皮切りに、同社は高級車ブランドとして事業展開していくという。その壮大な計画の一端を、ここで明らかにしよう。

人は夢のなかでも「いいね!」やツイートをする、その理由が明らかに

睡眠中に見る夢の内容とデジタルメディアの利用には、どこまで相関性があるのか──。そんな素朴な疑問に関する研究結果が、このほど発表された。デジタルメディアの使いすぎで睡眠の質が落ちると報告する研究こそ多くあるが、夢の質や内容に与える影響を調べた研究はほとんどない。こうしたなか明らかになった研究結果は、いったいどんな内容だったのか。

GIZMODO

あ、iMac Proも微アップデートされてた…

Apple気づかんかった。つい先日には突如iMacが刷新されましたが、その背後でひっそりとiMacProも微妙にアップデートされていました。変更内容としては、ベースモデルのプロセッサが3.2GHz8コアXeonWプロセッサから3.0GHz10コアXeonWプロセッサに変更されています。…それだけ?ええ、それだけです。なお、iMacでは新たに表示品質を高める「Nano-textureガラス」のオプシ

Google Play Musicは12月に終了も、かなり前から機能制限を開始

12月にサービス停止するGoogle Play Music。8月末にはMusic Managerを使った音楽の予約、購入、アップロード、ダウンロードができなくなり、10月にはGoogle Play Musicアプリから音楽視聴やストリーミングができなくなります。そして12月にはデータが失われるので、それまでにYouTube MusicにGoogle Play Musicの音楽ライブラリを移動する必

重ねてスッキリ無印良品の引き出し収納ボックスオススメ4選

無印良品の引き出し収納ボックス。その中から、外寸の縦や横、高さなどが共通していてスッキリ積み重ねて並べられる「引き出し収納ボックス」を4つご紹介します。見た目に統一感が出てキレイなうえに、無駄な空間ができず、デッドスペースを有効活用できそうです。

神曲を紡ぎ続ける現人神、米津玄師。素で『ゴースト・オブ・ツシマ』にハマる

「菅田将暉のオールナイトニッポン」のゲストに登場した米津玄師さん。「また暇な時間は何してる?」に対して「ゴースト・オブ・ツシマっていうゲームやってる」と。ゲームの解説と、どう楽しいのかを楽しげに話していました。8月6日のフォートナイトでのライブも楽しみです。

ようやく! PASMOが年内にApple Payへ対応するよー

Image:PASMOあぁ、またひとつ、財布からカードが消える(よきかな!)。本日、PASMOのApplePay対応が発表されました。Androidではすでに「モバイルPASMO」がスタートしていますが、iOSは置いてけぼり食らっている状態。「なんで我だけ…」と歯ぎしりしていたiPhonexPASMOユーザーも少なくないはずなので、これは嬉しい報告でしょう!特にPASMO定期券の人は捨てるに捨てら

URLにアクセスするだけなの楽ちん! LINEのグループビデオ通話にすぐ参加できる新機能「LINEミーティング」

LINEに、指定のURLにアクセスするだけでグループ通話に参加できる新機能「LINEミーティング」が追加されました。これまでのグループ通話との違いは、グループ化せずとも複数人とビデオ通話ができる点。LINEでのオンライン飲みが捗るんじゃないの〜?

インテリアにもOK!鍵やスマホがピタッとくっつくマグネット内蔵小物ホルダー

天然木材でインテリアにも素敵なマグネット式小物ホルダー。磁石を内蔵なので鍵やリモコン、スマホなど磁石で付くものをピタッと装着。玄関やリビング、キッチン、デスクで活躍します。

GoPro印のバッグシリーズが登場。ド直球ガジェットバッグじゃないか…!

定番アクションカムのGoProから、耐久性の高そうなバッグシリーズがリリースされました。ポーチから大型バッグまで、タフなガジェットバッグとして重宝しそうです。GoProのオンラインストアにて現在販売中。

Galaxy Tab S7ハンズオン:iPad Proの対抗馬になれる予感

今回発表のGalaxy Tab S7にはAndroidタブレットに求めうる機能すべて(もしかしたら必要性を感じてなかったものまでも)が詰め込まれています。WindowsやXboxとの連携機能が追加され、ペン周りも進化。端子周り以外に弱点が見当たらないタブレットです。

そら豆とビーストマシンきました!サムスンが今日発表した新製品まとめ

本日ストリーミング配信されたSamsung(サムスン)発表イベント「Galaxy Unpacked 2020」。見逃したみなさまのために録画とポイントをまとめておきます。発表の中身はすばらしくて、スマホはもちろん、ヘッドフォン、タブレット、ウォッチの市場でもAppleと互角に渡り合える体力を蓄えてきた感を強くしました。

熱中症リスクが光と音ですぐわかるタニタの温湿計

タニタ(TANITA)の「コンディションセンサー SIRACEL(シラセル)TT-556」は、室内の温度と湿度をモニターして、光と音声でお知らせしてくれるという、賢い温湿計。 タニタの商品ページによると、温度はマイナス5.0℃~50.0℃(0.1℃単位)で、湿度は20%~90%(1%単位)という精度とのこと。

Galaxy Watch3ハンズオン:Apple Watchの強敵、ついに登場か

これまでSamsungのスマートウォッチは、アップデートのたびにApple Watchに近づいてきましたが、つねに何かがズレていました。でもSamsungはついに、世界一売れているスマートウォッチの真のライバルを生み出すことに成功したのかもしれません。 8月5日、SamsungのUnpackedで発表されたGalaxy Watch3は、2018年のGalaxy Watchをアップデートしたもので

Galaxy Note 20 Ultraハンズオン:期待通りの美しさと性能

Galaxy S20 Ultra(以下S20 Ultra)が発表されたとき、僕はあんなに大きくて、パワフルで、バカ高いスマホを作ってしまうSamsung(サムスン)の心意気はすごいと思いました。でもそれと同時に感じたのは、ちょっと話盛りすぎというか、実体が尻すぼみというか、やり過ぎじゃないかな?ってことでした。でも今回、Note 20 Ultraを手にすると、Samsungはついにフラッグシップの

ちっさ! 片手で握れる200インチのAndroid内蔵プロジェクター

モバイル小型プロジェクター「POKEPRO」は、片手で持てちゃうくらい小さいプロジェクター。 145×55×30mm、約139gという軽量ボディながら、壁面やスクリーンに最大200インチの大画面を投影できます。明るさは100 ANSIルーメンと控えめですけど、バッテリー内蔵で約2時間で使えます。サイズを考えれば頑張っていますね。ちなみに三脚とリモコンも付属します。 しかも!OSにAndroid

ミッション成功! スペースXの宇宙船と宇宙飛行士が地球に帰ってきた!!

スペースXのクルー・ドラゴン宇宙船が、メキシコ湾に安全に着水しました。これにより、民間企業による初の宇宙飛行士の打ち上げと、45年ぶりのNASAによる地上帰還の両方が成功したことになります。

マリカーしようぜ! 『スーパーマリオブラザーズ』仕様のゲーミング・チェア

X Rockerからスーパーマリオブラザーズをモチーフにした座椅子とゲーミングチェアが登場しました。ゲーミングチェアにはステレオスピーカーとサブウーファーを内蔵。日本での発売は未定となっています。

【きょうのセール情報】Amazonタイムセールで、900円台のLightning急速充電・同期対応ケーブル3本セットや700円台のApple Watch用ミラネーゼループバンドがお買い得に

Amazon(アマゾン)で毎日開催されているタイムセール。本日2020年8月6日は、900円台のLightning急速充電・同期対応ケーブル3本セットや700円台のApple Watch用ミラネーゼループバンドなど、今すぐ欲しい人気のアイテムがお得に多数登場しています。

今日発表された「Galaxy Z Fold 2」で折りたたみスマホはまた大きく進化する

初代Galaxy FoldでSamsung(サムスン)はまったく新しいタイプのモバイルデバイス創造への大きな一歩を踏み出しました。しかし、多くのイノベーティブなガジェットの第1世代のように、Foldはテクノロジーのデモに過ぎないという面がありました。が、今日発表されたGalaxy Z Fold 2 5G(以下、Fold 2)でサムスンはフレキシブルディスプレイ技術の洗練と進化を図り、初代Foldの

豆型完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Live」、AirPods Proの廉価なライバルに?

Samsung(サムスン)が今日発表したワイヤレスイヤホンのGalaxy Buds Liveは、小さくて光沢のある豆のようなデザインで登場しました。こちら、Apple(アップル)のワイヤレスイヤホンことAirPods Proに対抗すべく投入される製品です。

5つの新製品を50秒でおさらい。サムスン/Galaxy新製品まとめ #SamsungUnpacked

Image:Samsung2020年8月6日、Samsung(サムスン)が新製品のオンライン発表会「SamsungUnpacked」を配信しました。ラインナップはリーク情報でうっすらわかっていましたが、新製品のどこが注目ポイントなのかはやっぱ発表をみてみないとわかりませんね。発表されたラインナップにあっと驚くものはないのですが、どのプロダクトも「ここに力入れてます!」ってポイントがはっきりしていて

Nikkei Technology Online

F1の空力設計と「かわいい」は、こうつながる

身長40cm、体重4kgほどの「LOVOT」のボディには、「かわいい」を実現するためのさまざまな技術が詰まっている。温かい体やつぶらな瞳、そして親しみを感じさせる音声…。コストを考える...

尊敬し合って互いに燃える、それが幸せな開発の秘訣

今や日本発の文化として世界共通語になった「かわいい」。その要素が満載の「LOVOT」は、デザイナーのこだわりと、それを信じて開発を進めた技術者の共同作業によって生まれた。

自然電力、太陽光の「トラッキング付き非化石証書」取得、「RE100」に利用可

自然電力(福岡市)は6月14日、経済産業省の「非化石証書トラッキング実証実験」に参加し、自社グループが保有する太陽光発電所から「トラッキング情報付き非化石証書」を取得したと...

2018年の再エネ・世界導入量、REN21が公表

REN21は6月18日、毎年発行している「自然エネルギー世界白書2019(Renewables 2019 Global Status Report)」を発表した。

発光でカラスに対抗、「包括委託」の草刈りが奏功、岡山の山あいの太陽光

 岡山県久米郡美咲町の山あいに、太陽光パネルの出力が約2.37MW、連系出力が1.98MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「PVNext EBH 美咲町発電所」がある。

ナノチューブに巨大な光起電力、次世代太陽光に道

東京大学と大阪大学らの研究グループは6月20日、独マックスプランク固体研究所およびイスラエル・ワイツマン科学研究所との共同研究で、真性半導体である二硫化タングステン(WS2)のナノチューブに巨大な光起電力効果を発見したと発表した。

長野県内メガソーラー計画で、土地所有を巡り「住民監査請求」

長野県富士見町で進んでいるメガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設計画を巡り、 今年5月末、住民有志が住民監査請求の手続きに踏み切った。

「パワコンの基礎が傾き、法面は崩れ、布基礎が割れる」、熊本地震で被災したメガソーラー(前)

 2016年4月に起きた熊本地震は、震度7をはじめとする強い揺れが続いたことで、熊本県を中心に、甚大な被害を及ぼした。この地震で大きく動いた断層の直上やその近隣と、それ以外の場...

三重県最大72MWのメガソーラー、九電工など着工

九電工などは、三重県において、同県では最大級となる出力約71.9MWの「宮リバー度会ソーラーパーク発電所」の建設を開始した。

「非FIT再エネ」の非化石証書も発行へ、日本ユニシスが認定業務

 日本ユニシスは6月13日、固定価格買取制度(FIT)を利用していない再生可能エネルギー(非化石電源)の認定業務を開始すると発表した。同社が唯一の第三者機関として実務を担うこと...

タカラレーベン、勝浦市で30Wのメガソーラー、135億円調達

 タカラレーベンは6月14日、千葉県勝浦市で開発を進めているメガソーラー「LS千葉勝浦発電所」について、新生銀行を主幹事とするプロジェクトファイナンスを組成したと発表した。

再エネ産業の雇用、2018年に世界で1100万人、IRENA調査

 国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は6月13日、世界の再エネ産業における雇用総数が2018年に1100万人に達したとする調査結果を発表した。

東京都、第一本庁舎を「再エネ100%」に、日立造船が供給

東京都は6月13日、都庁第一本庁舎で受電する電力について、8月から「再生可能エネルギー100%」に切り替えると発表した。都では、再エネを活用して、都庁舎で使用する電力のCO2排出量をゼロにする「都庁舎版RE100」を推進している。

石狩市と北電、再エネで連携協定、洋上風力・バイオマスなど

北海道石狩市と北海道電力は6月13日、洋上風力発電などの再生可能エネルギー発電事業などに関して連携し、地域活性化に取り組むことを目的とした地域連携協定を締結した。

ファースト・ソーラー、60MWのメガソーラー着工、「道の駅」に太陽光寄贈

ファースト・ソーラー・ジャパン(東京都千代田区)は、京都府南山城村にメガソーラー(大規模太陽光発電所)「南山城村・伊賀市太陽光発電所」の建設を進めている。2022年12月に運転...

ベトナムの鉄骨工場で太陽光売電事業、現地企業と共同

Abalanceの子会社で太陽光発電事業を手掛けるWWB(東京都品川区)は、ベトナムの大手鉄骨製造企業Dai Dungが運営する鉄骨工場に太陽光発電設備を設置し、5月19日に売電を開始した。

FIT抜本見直し、市場ベースの「FIP」軸に議論へ

経済産業省は6月10日、再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会を開催し、固定価格買取制度(FIT)の抜本的な見直しに関し、論点整理とIEA(国際エネルギー機関)...

法アセス対象の太陽光、運転開始期限を「5年」に

経済産業省は6月10日、再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会を開催し、一定規模以上の太陽光発電所が新たに環境影響評価法(環境アセスメント)の対象となる...

大島造船所、「完全バッテリー駆動式」自動運航船を建造

大島造船所(長崎県西海市)は、蓄電池からの電気だけで航行する「完全バッテリー駆動式自動運航船 e-Oshima」を建造し、6月12日に命名式を開催した。蓄電池が航行用の動力源のほか、通...

日新電機、研修施設に自家消費太陽光、「自己託送」で再エネ比率向上

日新電機は6月12日、研修施設「日新アカデミー研修センター」(京都市)で「自家消費太陽光発電ソリューション」と「直流配電ソリューション」を順次開始すると発表した。

Techable

衛星データとAI画像認証を活用!駐車場用スペースの自動検出プログラムを3社が共同開発

akippa株式会社・さくらインターネット株式会社・株式会社Ridge-iの3社は、衛星データとAI画像認証を活用し、駐車場用スペースの自動検出プログラム(以下、スペース自動検出プログラム)を開発。 同プログラムを利用し...

今後の実用化に期待!埼玉県が「Webサイト 原寸大表示システム」の試作品を公開

オンラインショッピングの普及を背景として、埼玉県は2019年度に「Webサイト 原寸大表示システム」を開発。今回、インターネット上で試作品が公開されている。 これまでの原寸大表示システムの課題を解決 「Webサイト 原寸...

高校のクラブ活動と連携!NTT西日本と熊本eスポーツ協会による実証実験の内容とは?

西日本電信電話株式会社(NTT西日本)と熊本eスポーツ協会は、eスポーツに関する実証実験を行うことを明らかにした。実験にあたっては、熊本県と熊本市それぞれの教育委員会による協力のもと、高校のeスポーツクラブと連携する。 ...

バッテリー上がりを30秒で解決するジャンプスターター「パワーローバー」はスマホ充電も!

車を所有している人は経験があるかもしれないが、ロードサービスに助けを求める最も多い理由がバッテリー上がりだ。バッテリー上がりそのものは深刻な故障ではなく、ロードサービス到着後ものの10分ほどで解決する。 問題は、サービス...

次世代ライブ「LINE LIVE-VIEWING」スタート! 第1弾ラインナップを公開!

以前Techable(テッカブル)でも取り上げた、LINE株式会社の有料オンラインライブ「LINE LIVE-VIEWING」がいよいよスタートする。 豪華アーティストや人気声優たちのライブ配信が続々と決定し、このたびそ...

施工管理の遠隔化をサポート!リノベる、HoloLens 2などを用いた実証実験を開始

テクノロジーを活用したリノベーション・プラットフォーム事業を展開するリノべる株式会社(以下、リノべる)は、遠隔施工管理における新たな実証実験の開始を発表。 同実験では、日本マイクロソフト株式会社のウェアラブルデバイス「H...

手術室内外の遠隔コミュニケーションを支援!アルムとゲティンゲが業務提携

株式会社アルム(以下、アルム)は、ゲティンゲグループ・ジャパン株式会社(以下、ゲティンゲ)と業務提携を行うことを発表した。両社は今後、手術室向けソリューションの提供において協力していく。 医療関係者向けのアプリ「Join...

国内初! 自治体運営のドローン配送事業、長野県伊那市で始動!

長野県伊那市は、KDDI株式会社とともに「空飛ぶデリバリーサービス構築事業」として実証を重ねてきた、ドローンを活用した買物サービス「ゆうあいマーケット」の本格運用を開始する。 伊那ケーブルテレビジョン株式会社との連携によ...

キュートな英会話AIロボット「Musio」が挑む、日本の英語教育市場のイノベーション

テクノロジーの進化により、今や一般家庭用としてのロボットが本格的に普及し始めている。 お掃除ロボットや玩具としてのロボットなど、目的別に様々なロボットがあるが、今回取り上げるのは英語学習に特化したロボット「Musio」だ...

テーマはContactless FabCafeがコンテストを実施

FabCafe Globalと株式会社ロフトワークは、クリエイター向けのコンテスト「YouFab Global Creative Awards 2020」を開催。8月1日から10月31日までの期間で作品を募集している。 ...

店舗・施設の空き状況がリアルタイムにわかる「VACAN」、掲載数400件を突破!

株式会社バカンが提供する、施設のリアルタイム空き情報がマップ上でわかるサービス「VACAN」の掲載数が400件を突破したようだ。 「VACAN」については、2020年6月に関東エリアで一般公開を開始した際にTechabl...

Yahoo! MAP、夏祭りや海水浴場など夏のイベントの開催状況がわかる機能を追加

ヤフー株式会社が提供する「Yahoo! MAP」に、花火大会や夏祭り、海水浴場やプールなど夏のイベントの開催期間や延期、中止などの開催状況が確認できる機能が追加された。同機能は、9月末までの期間限定提供となる。 なお、2...

AI恋愛ナビゲーションアプリ「Aill」、トライアルを経て事前登録を開始!

株式会社AILLが開発した世界初のAI恋愛ナビゲーションアプリ「Aill (エール)」は、企業間トライアルを経てこのたび、関東圏を中心に事前登録を開始した。 2019年11月~2020年3月に実施したトライアルには企業1...

ロボットの書いた演劇が2021年1月に初演!

「ロボット」という言葉が初めて登場したのは1920年のこと。チェコで上演された演劇「R.U.R」上で取り上げられたのだという。今年はロボットが世に出て100周年ということで、チェコではこれを記念した演劇プロジェクトが進行...

1on1対面を実現! オンライン握手会「リミートライブ」、実証実験へ

株式会社ヴァレントは、オンライン握手会サービス「RE:MEET LIVE(リミートライブ)」を2020年6月3日にリリース。ファンミーティングをオンライン化する同サービスは、ウイズコロナ時代の新たな体験の提供を目指してい...

世界最軽量なスマートグラス! リコーが両眼視デバイスを開発

株式会社リコーは世界最軽量となる49gのスマートグラスを発表した。独自の薄型プラスチック導光板を採用し、長時間の快適な使用感を実現している。 ディスプレイユニットを工夫 従来型のスマートグラスではディスプレイユニットとレ...

イヤホン忘れ・紛失なし! ケースごとスマホ背面に取り付けられる「Snapods」

出先で音楽を聴こうとしてワイヤレスイヤホンがないことに気づいた、という経験はないだろうか。コンパクトなワイヤレスイヤホンは持ち運びしやすい反面、なくしやすく、携帯し忘れもありがちだ。 そこで、必要なときにいつでもさっと出...

MITが医師とAIのハイブリッド診断を最適化! AIに頼るタイミングを判断してくれる

医師と協力してがんを診断したりする医療AIの活躍に期待がかかるが、どの程度AIに頼るべきかの判断がむつかしいようだ。 また、AIの診断精度を高めようとすればするほど、医師はトレーニングデータの準備に時間と労力を割かなけれ...

商談や契約もWeb上で!農業のオンライン総合展示会「AGRI EXPO ONLINE」

株式会社アクセスインターナショナルは、農業生産者と農業関連企業向けのオンライン総合展示会「AGRI EXPO ONLINE」を通年で開催。同展示会を通じて、業界全体の発展に貢献していく。 企業との商談や契約がWeb上で完...

呼び出しボタンをQRコードに!WASD株式会社のクラウドチャイム「デジちゃいむ」

WASD株式会社が、クラウドチャイム「デジちゃいむ」の正式サービスを今月1日から開始した。接客オペレーションの効率化に加え、withコロナ時代の感染対策にも役立つサービスとなっている。 呼び出しボタンをQRコードに置き換...

ITmedia

Baidu、自動運転プラットフォーム「Apollo」でIntel傘下のMobileye技術を採用

中国Baiduが、自動運転プラットフォーム「Apollo」でIntel傘下のMobileyeの意思決定モデル「RSS」とLiDARなどのセンサー不要のカメラキット「Surround Computer Vision Kit」を採用する。

ソフトバンクと中国Baidu(百度)、自動運転バス「Apolong」の日本での実証実験を2018年度中に開始へ

ソフトバンクグループの自動運転企業SBドライブは、中国Baidu(百度)と提携し、Baiduの自動運転プラットフォーム「Apollo」搭載バス「Apolong」の日本での実証実験を2018年度中に開始すると発表した。

欧州の一部のWikipedia、EUの著作権新指令抗議で検索結果の代わりに声明文表示

欧州連合(EU)がスニペット表示に著作権料を課す条項を含む新指令案の投票を7月5日に実施する。イタリア、スペイン、ポーランドなど欧州の一部のWikipediaはこれに抗議するため、3日と4日の2日間、検索結果の代わりに抗議文を表示している。

仮想通貨狙った「フィッシング」日本語版“上陸” 「ビットフライヤー」の偽メールも 巧妙手口が続々

「フィッシング」の手口を使って、仮想通貨を盗み取ろうとするサイバー攻撃が国内で本格化している。日本語の偽メールによるフィッシングは、昨秋から少なくとも1500件程度確認。攻撃者たちが日本を標的に定めた恐れがある。

全国の喫茶店が激減、トップの大阪は4割減……コーヒー消費は家庭中心に

全国で喫茶店が減り続けている。都道府県別では大阪がトップを続けるが、4割以上減少。個人経営の店が半数近くに減る一方、法人・団体経営の店舗の従業員数は増えており、大規模なチェーン店が広がっているとみられる。

全国の喫茶店が激減、トップの大阪は4割減…コーヒー消費は家庭中心に

全国で喫茶店が減り続けている。都道府県別では大阪がトップを続けるが、4割以上減少。個人経営の店が半数近くに減る一方、法人・団体経営の店舗の従業員数は増えており、大規模なチェーン店が広がっているとみられる。

落書き、嵐山の竹林など京都の名所で深刻…SNS目的か、立ち入り禁止区域に侵入、問われるマナー

京都の観光客のマナー違反が深刻だ。最近、嵯峨嵐山の竹林で落書きされた100本以上の竹が見つかったが、寺社などでは立ち入りや写真撮影が禁止されている区域へ入り、撮影したりする行為も後を絶たない。

落書き、嵐山の竹林など京都の名所で深刻……SNS目的か、立ち入り禁止区域に侵入、問われるマナー

京都の観光客のマナー違反が深刻だ。最近、嵯峨嵐山の竹林で落書きされた100本以上の竹が見つかったが、寺社などでは立ち入りや写真撮影が禁止されている区域へ入り、撮影したりする行為も後を絶たない。

AIは“美しさ”を感じるか ディープラーニングの先にある未来

美意識や言葉にできない感覚は人間だけの特権なのか。世界のエリートビジネスマンが注目している“美意識”をめぐり、コンサルタントと人工知能の専門家が異色対談。

船井電機が有機ELテレビ投入 55V型で約26万円 HDD内蔵で2番組同時録画も

船井電機が予告通り有機ELテレビを投入。ミニマルデザインで「映像に没頭できるテレビに仕上げた」。価格と録画機能を武器に「日本の有機ELに新しい選択」(同社)とアピールする。

DeepMindのAI、マルチプレーヤーゲームで人間以上のチームワークを発揮

DeepMindが、マルチプレーヤーFPS「Quake III Arena」で複数のAIエージェントを訓練したところ、人間のプレーヤーより強くなっただけでなく、勝つためにチームメンバーと協力し合うようになったという論文を発表した。

くるくる巻くとライトになる 「PAPER TORCH」発売

電子基板をプリントした紙のような懐中電灯「PAPER TORCH」(ペーパートーチ)が7月4日、IoT商品開発プラットフォーム「DoT.」(Design of Things)で発売された。丸めるだけで点灯し、巻き加減を調節することで調光できる。

PR: まるで「カンブリア大爆発」――乱立するデータベース技術、どれが“正解”?

乱立するデータベース技術、どれが“正解”なのだろうか? IoTビジネスを支える要件とは

アスクル、倉庫火災で営業減益 LOHACOは「おおむね回復」

アスクルの2018年5月期は、営業利益が41億円(前年比52.7%減)。17年2月に倉庫火災が発生し、営業減益となったが、損傷した物流拠点の譲渡益などで補った。影響が出ていたLOHACOも「おおむね従前の状態にまで回復した」という。

未来のバイクか カンガルーっぽい変形ロボット「CanguRo」

千葉工業大学・未来ロボット技術研究センター(fuRo)が、搭乗型の変形ロボット・RideRoid(ライドロイド)シリーズ「CanguRo」を開発した。

5000円の本を無料で……IPv6解説書「プロフェッショナルIPv6」電子版無償配布 クラウドファンディングで制作資金を確保

IPv6の解説書「プロフェッショナルIPv6」の電子版の無償配布が7月4日にスタートした。5000円以上する書籍の電子版を無償配布するという異例の取り組み。可能にしたのはクラウドファンディングによる支援だ。

日本語のフリーフォントを試せる「ためしがき」登場 見栄えを一覧で比較

日本語のフリーフォントを、好きな言葉や文章を入力して試せるWebサイト「ためしがき」が登場。

“ダッシュボタン”作れるデバイス、ソラコムが発売 省電力「LTE-M」を利用

ソラコムが、「AWS IoT 1-Click」に対応するボタン型デバイスの提供を始める。Amazon Dash Buttonのように、商品の発注や、メッセージ通知などに使うボタンを開発できる。省電力の通信規格「LTE-M」を利用する。

謝罪マスターと炎上専門家が考える、ネットの便利さと危険性 竹中功×おおつねまさふみ対談第2回

炎上対策会社「MiTERU」を立ち上げたネットウォッチャー、おおつねまさふみ氏と、吉本興業の謝罪会見を仕切ってきた竹中功氏との対談第2回。

「緊急ご連絡」「重要なお知らせ!」 ソフトバンクかたるフィッシングメール出回る

「【重要なお知らせ!】」などの件名で、ソフトバンクをかたるフィッシングメールが出回っていると、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けた。

ZDNet Japan

セゾン情報、ファイル連携の最新版「HULFT-WebConnect Ver.3」をリリース

セゾン情報システムズは8月6日、ファイル連携ミドルウェア「HULFT」をインターネット経由で利用可能にするクラウドサービスの新版「HULFT-WebConnect Ver.3」の提供を同月17日に開始すると発表した。

FBI、「Windows 7」サポート終了によるリスク拡大を注意喚起

FBIが、「Windows 7」システムを稼働させている企業に対し、セキュリティアップデートが提供されないことからハッキングの被害に遭うリスクが高まっていると注意喚起している。

東大とソフトバンクら、AIの研究機関設立–研究と事業化のエコシステム目指す

東京大学、ソフトバンク、ソフトバンクグループ、ヤフーは「Beyond AI 研究推進機構」を設立し、7月30日に研究を開始した。同機構では、10年間で10件の事業化と3件の新学術分野の創造を目指している。

マイクロソフト、「Edge」で起きたクラッシュ問題の原因を説明–グーグルが協力

先日、デフォルト検索エンジンがGoogleに変更されている場合にChromium版「Edge」がクラッシュする問題が発生した件について、マイクロソフトが原因を説明した。

対談:リモートワークの拡大で見えてきた「クラウドセキュリティ」の真価

[PR]急激にテレワークが浸透する中で、抜け穴となっているのがセキュリティだ。クラウドセキュリティ サービスを展開しているゼットスケーラーの髙岡 隆佳氏と同社のサービスを利用している朝日新聞の上野 賢一氏、佐藤 肇氏とZDNet Japan編集長の國谷 武史が語る。

富士通、ハイブリッドIT環境向け閉域網基盤を提供開始

富士通は、各種クラウドサービスや同社データセンターを接続する閉域ネットワーク基盤サービス「Digital enhanced EXchange」の提供を開始した。

米国選挙への干渉を試みるハッカーの情報提供に1000万ドルの報奨金

米国務省は、選挙を妨害する狙いで外国政府と協力したり、外国政府のために「違法なサイバー活動」を行う人物の特定につながる情報に、最高1000万ドルの報奨金を提供すると発表した。

富士通がDX企業になるカギは「全社員13万人をDX人材にできるか」

富士通の時田隆仁社長が先頃、2020年度の経営方針をオンライン会見で説明した。その中で、筆者が注目したのは「全社員13万人をデジタルトランスフォーメーション(DX)人材へ転換させること」だ。この取り組みが、富士通を「IT企業からDX企業へ変革させる」カギと見るからだ。

ニューノーマル時代に求められるネットワーク戦略–パフォーマンス&セキュリティ要件を満たす「Cloudflare」

[PR]ネットワークのパフォーマンスとセキュリティの両面を高い基準でサポートするネットワークソリューション「Cloudflare」について解説する。

コロナ下でも好調、構造改革で復活の富士通・日本電気–5Gさらに伸びるITサービス

21世紀の成長産業筆頭として、ITサービス産業がある。リモートワーク・リモート会議・リモート診療・オンライン学習・Eコマース・ネット金融・QRコード決済・ネット広告・ゲーム・音楽配信・動画配信・人材紹介・カーシェアリングなど、さまざまな成長分野がある。これに伴い、ITインフラの構築・高度化が喫緊の課題となっている。

F5、「Silverline」の東京リージョンを開設–AI/MLを活用した新製品も追加

F5ネットワークスジャパンは8月5日、マネージドセキュリティサービス「Silverline」の新拠点として東京リージョンを開設するとともに、「Silverline Shape Defense」を国内で提供すると発表した。人工知能(AI)や機械学習(ML)などの最新技術を活用した高度な保護・防御機能を提供するとしている。

アサヒグループ、国内グループ企業の間接材調達で「SAP Ariba」を活用

アサヒグループホールディングス(アサヒグループ)は、調達・購買SaaS「SAP Ariba」を導入。国内グループ企業における間接材の調達改革を実施した。

日立製作所、統合開発基盤「Justware」をリモート開発支援に向け機能強化

日立製作所は、システム開発の効率化や品質向上を実現する統合開発基盤「Justware」において、リモート開発支援に向けた機能強化を図り、円滑なプロジェクト運営を実現する開発環境として10月1日に提供を開始する。

サンコーシヤ、世界の販社と工場間をつなぎサプライチェーンを最適化

雷防護の製品・サービスを提供するサンコーシヤは、グローバルの販社と工場間をつなぎ、サプライチェーン最適化を実現する目的でオラクルのSaaSを採用した。

新型コロナのパンデミックからいかに回復するか–IDCのプレジデントが考える5段階

IDCのプレジデント、クロフォード・デル・プレット氏はIT業界のエキスパートとしてトップクラスの人物だ。同氏が、新型コロナのパンデミックから企業が業績を回復する過程となる5つのステージや、ニューノーマルでの成長に最も大きな影響を及ぼすテクノロジーについて語ってくれた。

第一生命、顧客提案力の向上にAIやVRなどを活用する実証実験

第一生命は、アビームコンサルティングと共同で顧客に対応する「生涯設計デザイナー」の教育に人工知能や仮想現実などの技術を活用する実証実験を行う。

富士通「VPS」シリーズに新バージョン–製造プロセス情報の作成機能を強化

富士通は8月5日、デジタルプロセスが開発を手掛ける「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA デジタル生産準備 VPS」シリーズの新バージョンを発売した。同ツールは、製造業における生産準備業務のデジタル化を支援する。

データダイレクト・ネットワークス、TintriとMicrosoft SQLの連携を開始

データダイレクト・ネットワークスは、TintriのストレージでMicrosoft SQL Serverのデータベースを管理できる連携ソリューションの提供を開始した。

Zoom、中国ユーザーへの提供は現地パートナーからのみに–直接販売を中止へ

ビデオ会議サービスのZoomが、中国の顧客への直接販売を近く中止するようだ。中国の顧客は現地のパートナー企業を通じて利用することになるという。

コロナ禍でインターネット障害は顕著に増加–ThousandEyes調べ

ネットワーク可視化サービスのThousandEyesによれば、ネットワークの障害発生数は1月と比較して3月に63%増加し、6月も44%増加している。